平岡 敏洋

最終更新日時:2017/02/09 18:12:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
平岡 敏洋/ヒラオカ トシヒロ/Toshihiro Hiraoka
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/システム科学専攻人間機械共生系講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部 物理工学科
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区吉田本町 Yoshida Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto
電子メールアドレス
メールアドレス
hiraoka @ sys.i.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
計測自動制御学会 The Society of Automotive Engineers of Japan
自動車技術会 The Japan Society of Mechanical Engineers
ヒューマンインタフェース学会 Human Interface Society
日本機械学会 The Society of Instrument and Control Engineers
日本人間工学会 Japan Ergonimcs Society
国際交通安全学会 International Association of Traffic and Safety Sciences
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
IEEE 米国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(情報学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程精密工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部精密工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1996/04/01〜1998/09/30 松下電器産業株式会社半導体研究センター Semiconductor Research Center, Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
プロフィール
(日本語)
1994年3月京都大学工学部精密工学科卒業,1996年3月京都大学大学院工学研究科精密工学専攻修士課程修了.同年松下電器産業株式会社入社.1998年10月京都大学大学院情報学研究科助手,2007年4月同研究科助教となり現在に至る.博士(情報学).専門は,ヒューマンマシンシステムの研究,とくに自動車の運転支援システムに関する研究に従事.計測自動制御学会,ヒューマンインタフェース学会,自動車技術会,日本機械学会,日本人間工学会,国際交通安全学会,IEEEの会員.2011年JSAEプロッフェショナルエンジニア認定.2013年計測自動制御学会論文賞(友田賞)受賞,2014年自動車技術会論文賞受賞.
(英語)
Toshihiro Hiraoka is an assistant professor in the Department of Systems Science, Graduate school of Informatics, Kyoto University. He received the degrees of Bachelor and Master of Precision Engineering from Kyoto University in May 1994 and May 1996, respectively, and the degree of Doctor of Informatics from Kyoto University in July 2005. He worked at Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. between April 1996 and September 1998. His current research topics are human-machine systems, especially driver-assistance systems. He is a member of The Society of Instrument and Control Engineers (SICE), Human Interface Society (HIS), Society of Automotive Engineers of Japan (JSAE), The Japan Society of Mechanical Engineers, and Japan Ergonomics Society. He received the Best Paper Award (Tomoda Award) in 2013 from SICE and the Best Paper Award in 2014 from JSAE.
個人ホームページ
URL
http://www.ids.sys.i.kyoto-u.ac.jp/~hiraoka/index_e.html
研究テーマ
(日本語)
運転支援システム,ヒューマンマシンインタフェース
(英語)
Driver-assistance system, human-machine interface
研究概要
(日本語)
研究の最終目標は,人間の生活の質 (QOL: Quality Of Life)を向上するような人間機械系の設計論を確立することである.また,私たちの身近に存在する代表的な人間機械系 (HMS: Human-Machine Systems) の一つに,運転者-自動車系 (Driver-Vehicle Systems)がある.より安全で,より快適な交通環境を実現するためには自動車単体の性能を向上させるだけでは不十分で,運転者-自動車-道路を含む系全体の最適化を図る必要がある.このような背景のもと,当面の研究目標として,QOM(Quality Of Moving: 移動の質)の向上に資する運転者-自動車系の設計論構築を目指す.
(英語)
Final research goal is to establish a design methodology of human-machine system (HMS) which can improve QOL (Quality Of Life). As you know well, one of the most representative human-machine systems (HMS) in daily life is a driver-vehicle system. In order to achieve safer, more comfortable, and more efficient traffic environment, we have to optimize the whole system including driver-vehicle-road in addition to improving vehicle performance. Consequently, my current research goal is to establish a design methodology of the driver-vehicle system in order to improve QOM (Quality Of Moving).
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
運転支援システム Driver-assistance system
運転行動解析 Driving behavior analysis
生態学的インタフェース設計 Ecological interface design
人間機械系 Human-machine system
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
知能機械学・機械システム
知能情報学
システム工学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
川上浩司, 平岡敏洋 習熟の余地を残すシステムデザインの母音合成装置への適用 ヒューマンインタフェース学会論文誌,18,3,55-62 2016/08 日本語
E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa, M. Kano Development of drowsiness detection method by integrating heart rate variability analysis and multivariate statistical process control SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI),9,1,10-17 2016/01 英語
櫻井宏樹, 松本修一, 葛西誠, 平岡敏洋 先々行車両の加減速情報が追従車両に与える影響 土木学会論文集D3,71,5,I_797-I_804 2015/12 日本語
平岡敏洋, 橘崇弘, 葛西誠, 松本修一 目標車頭時間の視覚情報提示が先行車追従行動に与える影響 土木学会論文集D3,71,5,I_857-I_864 2015/12
荒木卓, 川上浩司, 平岡敏洋 システムから不便益を得るユーザ特性に関する実験的考察 計測自動制御学会論文集,51,11,779-784 2015/11 日本語
Y. Hasebe, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Naito Card-type tool to support divergent thinking for embodying benefits of inconvenience Web Intelligence,13,2,93-102 2015/07 英語
Y. Hasebe, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Nozaki Guidelines of System Design for Embodying Benefits of Inconvenience SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI),8,1,2-6 2015/01 英語
H. Chigira, A. Maeda, M. Kobayashi, K. Fujiwara, T. Hiraoka, A. Tanaka, T. Tanaka A Study on Heart Rate Monitoring in Daily Life by Using a Surface-Type Sensor SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI),8,1,74-78 2015/01 英語
S. Takada, T. Hiraoka, H. Kawakami Effectiveness of forward obstacles collision warning system based on deceleration for collision avoidance IET Intelligent Transport Systems,8,6,570-579 2014/09 英語
高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第3報)-システムに対する能動的理解が利用動機づけに与える影響- 自動車技術会論文集,45,2,411-417 2014/03 日本語
川上浩司, 内藤浩介, 平岡敏洋, 戌亥来未 発明的問題解決理論TRIZを援用した不便益発想支援システム 計測自動制御学会論文集,49,10,911-917 2013/10 日本語
内藤浩介, 川上浩司, 平岡敏洋 発明的問題解決理論TRIZに基づく不便の効用を活かすシステムの設計支援手法 計測自動制御学会論文集,49,6,595-601 2013/06 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司 ウインドシールドディスプレイを用いた衝突回避減速度の視覚情報提示に関する実験的考察 自動車技術会論文集,44,3,937-942 2013/05 日本語
野崎敬太, 平岡敏洋, 高田翔太, 塩瀬隆之, 川上浩司 エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転者の動機づけに与える影響 ヒューマンインタフェース学会論文誌,15,2,111-120 2013/05 日本語
平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第1報)衝突回避減速度を用いた評価指標の提案 自動車技術会論文集,44,2,665-671 2013/03 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第2報)評価システムが運転行動に与える影響 自動車技術会論文集,44,2,673-678 2013/03 日本語
平岡敏洋, 野崎敬太, 高田翔太, 塩瀬隆之, 川上浩司 エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転技能の習熟に与える影響 人工知能学会論文集,28,3,249-254 2013/03 日本語
多田昌裕, 飯田克弘, 倉内文孝, 平岡敏洋, 金澤文彦, 有馬伸広 運転者挙動解析に基づくITS合流支援追突防止情報提供サービスの効果検証 土木学会論文集D3,69,1,1-11 2013/02 日本語
H. Kawakami; T. Hiraoka Incorporation of evolutionary computation for implementing the benefit of inconvenience International Journal of Advancements in Computing Technology,4,22,248-256 2012/12 英語
平岡敏洋, 西川聖明, 川上浩司, 塩瀬隆之 自発的な省燃費運転行動を促すエコドライブ支援システム 計測自動制御学会論文集,48,11,754-763 2012/11 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止警報システムが運転行動に与える影響 自動車技術会論文集,43,2,619-625 2012/03 日本語
松本修一,戸澤毅, 平岡敏洋, 山邉茂之, 川嶋弘尚 エコドライブ走行が追従車両に与える影響に関する基礎的研究 土木学会論文集 D3(土木計画学),67,5,I_1023-I_1028 2011/12 日本語
平岡敏洋, 高田翔太 衝突回避減速度による衝突リスクの評価 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers,47,11,534-540 2011/11 日本語
平岡敏洋, 増井惇也, 西川聖明, 伊藤誠 運転支援システムにおける提供情報の信頼性が運転行動に与える影響--夜間時視覚支援システムの場合 自動車技術会論文集,42,4,953-960 2011/07 日本語
平岡敏洋, 増井惇也, 西川聖明 夜間時視覚支援システムに対するリスク補償行動の分析 計測自動制御学会論文集,46,11,692-699 2010/11 日本語
平岡敏洋, 熊本博光 操舵反力トルクの大きさがステアバイワイヤ車両の状態判別性と運転行動に与える影響 ヒューマンインタフェース学会論文誌,12,2,187-198 2010/05 日本語
平岡敏洋, 武内秀平, 増井惇也, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 夜間時視覚支援システムにおける支援情報の差異が運転行動に与える影響 自動車技術会論文集,41,2,495-500 2010/03 日本語
平岡敏洋, 寺門康弘, 松本修一, 山邉茂之 エコドライブ走行の教示内容および燃料消費量計の提示が燃料消費率低減効果に与える影響 ヒューマンインタフェース学会論文誌,12,1,71-80 2010/02 日本語
武内秀平, 平岡敏洋, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 夜間時視覚支援システムにおける赤外線映像の差異が歩行者の飛出しに対する回避行動に与える影響 自動車技術会論文集,40,6,1463-1469 2009/11 日本語
T. Hiraoka, M. Tanaka, S. Takeuchi, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (second report) - Forward obstacle collision warning system based on deceleration for collision avoidance Review of Automotive Engineering,30,4,439-447 2009/10 英語
T. Hiraoka, M. Tanaka, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (first report) - Proposal of a new index to evaluate collision risk against forward obstacles Review of Automotive Engineering,30,4,429-437 2009/10 英語
T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Automatic path-tracking controller of a four-wheel steering vehicle Vehicle System Dynamics,47,10,1205-1227 2009/10 英語
S. Kitajima, Y. Marumo, T. Hiraoka, M. Itoh Comparison of evaluation indices concerning estimation of driver\\'s risk perception - Risk perception of rear-end collision to a preceding vehicle Review of Automotive Engineering,30,2,191-198 2009/04 英語
平岡敏洋, 田中雅樹, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 衝突回避減速度を用いたリスク評価指標の提案 自動車技術会論文集,40,2,545-551 2009/03 日本語
田中雅樹, 平岡敏洋, 武内秀平, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止支援システム 自動車技術会論文集,40,2,553-559 2009/03 日本語
北島創, 丸茂喜高, 平岡敏洋, 伊藤誠 リスク認知に関する評価指標の比較検討 : 先行車に対する追突リスクの認知 自動車技術会論文集,40,2,597-602 2009/03 日本語
平岡敏洋, 熊本博光 生態学的マルチモーダルインタフェースを用いた車両状態提示がステアバイワイヤ車両の運転行動に与える影響 ヒューマンインタフェース学会論文誌,10,4,569-579 2008/11 日本語
T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Steering reactive torque presentation method for a steer-by-wire vehicle-feedback of a lateral acceleration at a center of percussion with respect to rear wheels- Review of Automotive Engineering,29,2,287-294 2008/03 英語
西原修, 坂谷祐輔, 北野弘明, 平岡敏洋, 熊本博光 ドライビングシミュレータによる事故多発地帯の再現と交通コンフリクト発生時における挙動分析 日本機械学会論文集(C編),74,738,250-258 2008/02 日本語
平岡敏洋, 中田和行, 田中雅樹, 熊本博光, 齋藤裕昭, 畑中健一 前方障害物の視認性に基づく環境適合型警報タイミングの効果評価 自動車技術会論文集,39,1,127-132 2008/01 日本語
平岡敏洋, 熊本博光 操舵反力提示による車両状態の判別性向上がステアバイワイヤ車両の運転行動に与える影響 ヒューマンインタフェース学会論文誌,9,4,513-522 2007/11 日本語
田中雅樹, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, 畑中健一, 齋藤裕昭 ドライビングシミュレータを用いた夜間運転支援システムの効果評価 自動車技術会論文集,38,5,185-190 2007/09 日本語
熊本博光, 岡部康平, 西原修, 平岡敏洋 合理的運転者の定量的ヒューマンエラーモデルとその解析 精密工学会誌,72,8,1040-1047 2006/08 日本語
西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 独立操舵車両における横力と制駆動力の最適配分(タイヤ負荷のMinimax最適化) 日本機械学会論文集(C編),72,714,537-544 2006/02 日本語
O. Katai, T. Horiuchi, T. Hiraoka Problem solving via fuzziness-based coding of continuous constraints yielding synergetic and chaos-dependent origination structures Integration of Fuzzy Logic and Chaos Theory,187,579-601 2005/11 英語
平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 タイヤ負荷のMinimax最適化による制駆動力配分(四輪アクティブ操舵による横すべり零化制御の場合) 日本機械学会論文集(C編),71,704,1238-1246 2005/04 日本語
平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 モデル追従型スライディングモード制御による四輪アクティブ操舵車両 自動車技術会論文集,35,4,163-169 2004/10 日本語
T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Model-following sliding mode control for active four-wheel steering vehicle Review of Automotive Engineering,25,3,305-313 2004/07 英語
T. Hiraoka, H. Kumamoto, O. Nishihara Sideslip angle estimation and active front steering system based on lateral acceleration data at centers of percussion with respect ot front/rear wheels JSAE review,25,1,37-42 2004/01 英語
岡部康平, 熊本博光, 平岡敏洋, 西原修 最大許容リスクモデルによる交差点事故の解析と出会い頭衝突防止装置の安全評価 精密工学会誌論文集,69,11,1625-1630 2003/11 日本語
K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Fundamental research about the effectiveness of a safe driving support system with information provision JSAE Review,24,4,387-392 2003/10 英語
平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 スライディングモード制御による四輪操舵車両の軌道追従 システム制御情報学会論文誌,16,10,520-530 2003/10 日本語
T. Hosokawa, T. Inoue, T. Hiraoka, H. Fujiwara Test sequence compaction methods for acyclic sequential circuits using a time expansion model Systems and Computers in Japan,33,10,105-114 2002/10 英語
熊本博光, 西原修, 平岡敏洋 棒浮き釣りの力学解析とアニメーション 精密工学会誌論文集,68,5,681-686 2002/05 日本語
細川利典, 井上智生, 平岡敏洋, 藤原秀雄 時間展開モデルを用いた無閉路順序回路のテスト系列圧縮方法 (テストと設計検証論文特集) 電子情報通信学会論文誌,J82-D-I,7,869-878 1999/07 日本語
細川利典, 平岡敏洋, 太田 光保 パーシャルスキャン設計による平衡再収斂構造のテスタビリティ評価 情報処理学会論文誌,40,4,1736-1744 1999/04 日本語
T. Hosokawa, T. Hiraoka, M. Ohta, M. Muraoka, S. Kuninobu Partial scan design methods based on n-fold line-up structures and the state justification of pure load/hold flip-flops IEICE Transactions on Information and Systems,E81D,7,660-667 1998/07 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Suzaki, T. Kubo, T. Hiraoka, Y. Nakagawa, T. Terada, T. Yoshioka, K. Ikeda Steering behavior model of drivers on driving simulator through visual information Proc. of APSIPA ASC 2016 (Asia-Pasific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference) 2016/12 英語
中川結翔, 平岡敏洋, 本村佳大 タイヤ力の飽和を考慮した緊急時の衝突回避制御 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016(SSI2016)講演論文集,821-826 2016/12
薗和希, 平岡敏洋 曲線路における運転技能の向上に資する運転支援システムの提案 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016(SSI2016)講演論文集,815-819 2016/12
平岡敏洋, 橘崇弘 安全運転と円滑運転を促す運転支援システムがドライバの動機づけと運転技能に与える影響 第14回ITSシンポジウム2016講演論文集 2016/11 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, サイトウアキヒロ, 藤井豊一, 安時亨 ゲームニクス理論に基づく高速道路走行ゲームが運転行動に与える影響に関する実験的考察 第54回土木計画学研究発表会講演集 2016/11 日本語
伊部達朗, 平岡敏洋, 阿部恵里花, 藤原幸一, 山川俊貴 運転中の能動的行為によるドライバの覚醒維持効果と運転安全性, 自動車技術会秋季学術講演会講演予稿集 2016/10 日本語
T. Hiraoka, T. W. Wang, H. Kawakami Cognitive function training system using game-based design for elderly drivers Proceedings of The 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (IFAC HMS2016) 2016/09
T. Hiraoka, T. Ibe, E. Abe, K. Fujiwara, T. Yamakawa Wakefulness keeping support system for drivers based on game using body movement and voice input command Proceedings of the 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2016/08
錯視を活用したサグ部における速度低下抑制手法の効果検証 西元崇, 植木宗司郎, 松本修一, 平岡敏洋 第36回交通工学研究発表会講演論文集 2016/08 日本語
H. Kawakami, T. Hiraoka, Y. Hasebe A scheme for representing benficial inconvenience Proc. of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2016), LNCS9747 (Design, User Experience, and Usability: Novel User Experiences),25-33 2016/07
平岡敏洋 手動操作に対する動機づけと技能向上を促す運転支援システム 信学技法SSS2016-10(電子情報通信学会・安全性研究会 (SSS)),116,109,13-19 2016/06 日本語
平岡敏洋, 高田翔太, サイトウアキヒロ ゲームニクス理論に基づく高速道路走行ゲームの構築 -制限速度と走行速度情報に基づく報酬の獲得が促す行動変容- 第30回人工知能学会全国大会(JSAI2016)論文集 2016/06 日本語
伊部達朗, 平岡敏洋, 阿部恵里花, 藤原幸一, 山川俊貴 能動的行為を伴うシステムを用いたドライバの覚醒支援 情報処理学会研究報告(第39回情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会),2016-EC-39,13,1-6 2016/03 日本語
川上浩司, 平岡敏洋 不便であることをトリガーとするインタラクションの動機付けに関する考察 情報処理学会研究報告(第39回情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会),2016-EC-39,5,1-6 2016/03 日本語
川上浩司, 平岡敏洋, 内藤浩介 不便から得られる効用の分析 計測自動制御学会 第43回知能システムシンポジウム 2016/03 日本語
平岡敏洋, 長谷部雄一, 川上浩司 時間制約と競争形式の導入によるブレインストーミングの活性化 -ブレストバトルによる参加者の能動的態度の促進- 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,785-787 2015/11 日本語
川上浩司, 平岡敏洋, 長谷部雄一 不便の効用を活用するシステムの十分条件 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,767-772 2015/11 日本語
,1315-1319 2015/11 英語
伊部達朗, 平岡敏洋 ドライバの能動的な覚醒維持を促すインタラクティブな運転支援システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,1272-1276 2015/11 日本語
平岡敏洋 QOM向上に資するスマートドライブを促す間接型運転支援システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,544-549 2015/11 日本語
橘崇弘, 平岡敏洋 安全運転と円滑運転に対する動機づけと技能向上を促す運転支援システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,525-529 2015/11 日本語
平岡敏洋, 王亭文, 川上浩司 Trail Making Gameを用いた高齢ドライバ向け認知機能訓練システム 情報処理学会研究報告(第39回情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会),2016-EC-39,12,1-4
平岡敏洋, 高田翔太, サイトウアキヒロ, 藤井豊一, 安時亨 ゲームニクス理論に基づく高速道路用安全運転評価システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015)講演論文集,550-553 日本語
Ken Sato; Tadashi Horiuchi; Toshihiro Hiraoka; Hiroshi Kawakami; Osamu Katai Decision making process via constraint-oriented fuzzy logic based on Chu Space theory IEEE International Conference on Fuzzy Systems,1,222-227 2000 英語
Toshinori Hosokawa; Toshihiro Hiraoka; Mitsuyasu Ohta; Michiaki Muraoka; Shigeo Kuninobu Partial scan design method based on n-fold line-up structures Proceedings of the Asian Test Symposium,306-311 1997 英語
Osamu Katai; Tadashi Horiuchi; Tetsuo Sawaragi; Sosuke Iwai; Toshihiro Hiraoka Chaotic behavior of fuzzy symbolic dynamics and its relation to constraint-oriented problem solving with hierarchical structures reflecting natural life IEEE International Conference on Fuzzy Systems,4,1955-1962 1995 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Hiraoka, M. Hayakawa Haptic interface of driver-assistance system based on safe driving evaluation Proc. of the 2015 IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety,170-175 2015/11 英語
H. Kawakami, T. Hiraoka Ideation support based on infomorphism for designing beneficial inconvenience Proc. of The 19th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2015) 2015/11 英語
H. Sakurai, S. Matsumoto, M. Kasai, T. Hiraoka Effect of acceleration information provision of pre-preceding vehicle in starting Proc. of 22nd World Congress on Intelligent Transport Systems 2015/10 英語
H. Chigira, T. Hori, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Watanabe, O. Mizuno Heart rate monitoring on steering wheel using surface type sensor Proc. of 22nd World Congress on Intelligent Transport Systems 2015/10 英語
T. Tachibana, T. Hiraoka, M. Kasai, S. Matsumoto Time-headway information display for reduction of traffic jam Proc. of 22nd World Congress on Intelligent Transport Systems 2015/10 英語
S. Takada, T. Hiraoka, A. Saito, T. Fujii, S. An Development of safe driving support system in expressway incorporating gamenics theory Proc. of 22nd World Congress on Intelligent Transport Systems 2015/10 英語
H. Kawakami, T. Hiraoka, T. Araki Making systems inconvenient to stimulate motivation of competent users Proc. of 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics,149-154 2015/10 英語
T. Hiraoka, K. Nozaki, S. Takada, H. Kawakami Safe driving evaluation system to enhance motivation for safe driving Proc. of FAST-zero 2015 Symposium,613-620 2015/09 英語
平岡敏洋, 林秉譽, 川上浩司 ドライバの安全運転意識を測定する改良版日本語Implicit Association Test ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集,829-836 2015/09 日本語
植木宗司郎, 松本修一, 平岡敏洋, 櫻井宏樹 錯視を活用したサグ部における速度低下抑制効果 第51回土木計画学研究講演集, CD-ROM 2015/06 日本語
平岡敏洋, 長谷部雄一, 川上浩司 ブレストバトル -時間制約と競争形式の導入による参加者の能動的態度の促進- 第29回人工知能学会全国大会(JSAI2015)講演論文集 2015/05 日本語
植木宗司郎, 松本修一, 平岡敏洋, 櫻井宏樹 錯視を活用したサグ部における速度回復効果に関する検討 土木学会関東支部第42回技術研究発表会 2015/03 日本語
E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa, M. Kano Development of drowsy driving accident prediction by heart rate variability analysis Proc. of Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2014 (APSIPA ASC 2014) 2014/12 英語
橘崇弘, 平岡敏洋, 葛西誠, 松本修一 車頭時間情報インタフェースによる渋滞抑制効果 第12回ITSシンポジウム2014 2014/12 日本語
長谷部雄一, 川上浩司, 平岡敏洋 システムが持つ不便さの体系的記述 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,961-966 2014/11 日本語
荒木卓, 川上浩司, 平岡敏洋 欲求階層説を用いた不便益事例における動機づけの分類 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,958-960 2014/11 日本語
川上浩司, 陸浙偉, 長谷部雄一, 荒木卓, 平岡敏洋 情報同形射形成と同形な思考プロセスによる発想支援 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,952-957 2014/11 日本語
In-vehicle Game-based Cognitive Function Training System for Elderly Drivers ,948-951 2014/11 英語
林秉譽, 平岡敏洋, 川上浩司 Implicit Association Test を用いたドライバの安全運転意識測定法の提案 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,449-452 2014/11 日本語
早川将史, 平岡敏洋, 川上浩司 安全運転能力に応じた触力覚情報提示による運転支援システム -ドライバの知覚特性を考慮した触力覚情報提示- 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,223-228 2014/11 日本語
櫻井宏樹, 松本修一, 葛西誠, 平岡敏洋 先々行車両の加減速情報が追従車両に与える影響 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,207-212 2014/11 日本語
阿部恵里花, 藤原幸一, 平岡敏洋, 山川俊貴, 加納学 心拍変動解析を用いたドライバの眠気検出の開発とそのスマートフォンアプリへの実装 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014(SSI2014)講演論文集,161-166 2014/11 日本語
E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa, M. Kano Drowsy driving accident prediction based on heart rate variability analysis Proc. of 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2014/08 英語
平岡敏洋, 橘崇弘, 葛西誠, 松本修一 目標車頭時間の視覚情報提示が先行車追従行動に与える影響 第49回土木計画学研究講演集 2014/06 日本語
櫻井宏樹, 松本修一, 葛西誠, 平岡敏洋 先々行車両の加減速情報が追従車両に与える影響 第49回土木計画学研究講演集 2014/06 日本語
阿部恵里花, 藤原幸一, 平岡敏洋, 山川俊貴, 加納学 心拍変動解析と多変量統計的プロセス管理によるドライバの眠気検出 日本人間工学会第55回大会講演集 2014/06 日本語
早川将史, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司 安全運転評価結果に基づく触力覚情報提示による運転支援システム 第28回人工知能学会全国大会(JSAI2014)講演論文集 2014/05 日本語
H. Kawakami, T. Hiraoka Contemplanting AI technologies from the viewpoint of benefit of inconvenience Proceedings of 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence,335-336 2013/12 英語
Y. Hasebe, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Naito A card-type tool to support divergent thinking for embodying benefit of inconvenience Proceedings of 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence,306-312 2013/12 英語
M. Hayakawa, T. Hiraoka, H. Kawakami Haptic Interface to Encourage Preparation for a Deceleration Behavior Against Potential Collision Risk ,824-825 2013/11 英語
長谷部雄一, 川上浩司, 平岡敏洋, 野崎敬太 不便の益を実装するシステム設計のガイド 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013(SSI2013)講演論文集 2013/11 日本語
荒木卓, 川上浩司, 平岡敏洋 習熟余地に着目したジェスチャによる個人認証システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013(SSI2013)講演論文集,294-295 2013/11 日本語
野崎敬太, 平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司 安全に対する動機づけ向上と行動変容を促す安全運転評価システム 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013(SSI2013)講演論文集,291-292 2013/11 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第3報)-システムに対する能動的理解が利用動機づけに与える影響- 自動車技術会秋季学術講演会前刷集,103-13,13-18 2013/10 日本語
M. Hayakawa, T. Hiraoka, H. Kawakami Haptic interface to encourage preparation for a deceleration behavior against potential collision risk Proc. of SICE Annual Conference 2013,1425-1428 2013/09 英語
長谷部雄一, 川上浩司, 平岡敏洋 ブレストバトル:ゲーム形式の創造的問題解決法 計測自動制御学会 第19回創発システムシンポジウム予稿集 2013/08 日本語
T. Hiraoka, S. Takada, H. Kawakami Proposal of non-dimensional parameter indices to evaluate safe driving behavior Proc. of 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2013), LNCS8013 (Human Interface and the Management of Information),470-479 2013/07 英語
野崎敬太, 平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司 安全運転に対する動機づけを高める運転支援システム 第27回人工知能学会全国大会(JSAI2013)予稿集, CD-ROM 2013/06 日本語
長谷部雄一, 川上浩司, 平岡敏洋, 内藤浩介 不便益系設計に対するカード型発散的思考支援ツールの提案 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'13) 2013/05 日本語
荒木卓, 川上浩司, 平岡敏洋 ジェスチャ入力システムにおける習熟余地の違いがユーザの利用動機付けに与える影響 第57回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI'13) 2013/05 日本語
前田健斗,川上浩司,平岡敏洋 フィジカルインタフェースの特徴を活用した個性的で即応的な表現のための母音合成装置 計測自動制御学会・第40回知能システムシンポジウム予稿集,pp.163-168 2013/03 日本語
川上浩司, 平岡敏洋, 三好修平 物理量の連続性が与える習熟の余地に関する検証 -ジェスチャ入力装置を事例とした実験的検討- 第55回自動制御連合講演会前刷集,603-608 2012/11 日本語
平岡敏洋, 川上浩司, 北側博之 電子地図情報の劣化と移動履歴の可視化が歩行による移動に与える影響 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集,7-12 2012/11 日本語
川上浩司, 平岡敏洋, 小北麻記子, 本吉達郎, 坂本牧葉 不便の効用を活用したシステム論の展開 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集,383-384 2012/11 日本語
K. Naito, H. Kawakami, T. Hiraoka Design support method for implementing benefit of inconvenience inspired by TRIZ Proc.of Conference TRIZ Future 2012,351-356 2012/10 英語
S. Takada, T. Hiraoka, H. Kawakami Effect of forward obstacles collision warning system based on deceleration for collision avoidance on driving behavior Proc.of 19th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM 2012/10 英語
高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司 自発的な安全運転を促す運転行動評価システム(第2報)-評価システムが運転行動に与える影響- ,125-12,15-20 2012/10 日本語
平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司 自発的な安全運転を促す運転行動評価システム(第1報)-衝突回避減速度を用いた評価法の提案- 自動車技術会秋季学術講演会前刷集,125-12,9-14 2012/10 日本語
野崎敬太, 平岡敏洋, 高田翔太, 塩瀬隆之, 川上浩司 エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転者の動機づけに与える影響 ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集,461-468 2012/09 日本語
K. Naito, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Inui Support System for Embodying Benefit of Inconvenience by referring TRIZ Proc. of 8th International Conference on Humanized Systems (ICHS2012),175-180 2012/08 英語
K. Nozaki, T. Hiraoka, S. Takada, T. Shiose, H. Kawakami Effect of active effort in eco-driving support system on proficiency of driving skill Proceedings of the SICE Annual Conference,646-651 2012/08 英語
平岡敏洋;野崎敬太;高田翔太;塩瀬隆之;川上浩司 エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転技能の習熟に与える影響 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM) 2012/06 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司 ウインドシールドディスプレイを用いた衝突回避減速度の視覚情報提示に関する考察, 日本人間工学会第53回大会講演集,264-265 2012/06 日本語
高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司 衝突回避減速度の視覚情報提示法に関する考察 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム予稿集,191-196 2012/03 日本語
戌亥来未, 内藤浩介, 川上浩司, 平岡敏洋, 塩瀬隆之 発明的問題解決理論TRIZを援用した不便益発想支援システムの提案 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム予稿集,173-178 2012/03 日本語
西村卓馬, 山下歩, 塩瀬隆之, 平岡敏洋, 中谷将人, 宗本晋作, 川上浩司 展示資料の相互関係性への着目を促すExhibition Contestの提案 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム予稿集,179-184 2012/03 日本語
山下歩, 西村卓馬, 塩瀬隆之, 平岡敏洋, 中谷将人, 宗本晋作, 川上浩司 赤外線カメラを用いた博物館来館者行動の分析 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム予稿集,185-190 2012/03 日本語
平岡敏洋, 西川聖明, 塩瀬隆之, 川上浩司 自発的な省燃費運転行動を促すエコドライブ支援システム 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2011講演論文集,466-471 2011/11 日本語
高田翔太, 平岡敏洋 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止警報システムが運転行動に与える影響 自動車技術会学術講演会前刷集,138-11,5-10 2011/10 日本語
T. Hiraoka, S. Nishikawa, H. Kawakami Driver-assistance system to encourage spontaneous eco-driving behavior Proc. of 18th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM 2011/10 英語
S. Takada; T. Hiraoka; H. Kawakami Forward obstacles collision warning system based on deceleration for collision avoidance Proceedings of the SICE Annual Conference 2011,184-191 2011/09 英語
西村卓馬, 塩瀬隆之, 平岡敏洋, 川上浩司 博物館における学び促進のための仕掛けと評価 ヒューマンインタフェースシンポジウム2011講演論文集,1145-1148 2011/09 日本語
尾林慶一, 川上浩司, 平岡敏洋, 即応的な発話を可能とする音声合成装置の身体的なユーザインタフェース ヒューマンインタフェースシンポジウム2011講演論文集,639-644 2011/09 日本語
三好修平, 川上浩司, 平岡敏洋 ジェスチャ入力システムにおける操作者の習熟を促す仕組みの検討 ヒューマンインタフェースシンポジウム2011講演論文集,621-626 2011/09 日本語
内藤浩介, 川上浩司, 平岡敏洋 発明的問題解決理論TRIZに基づく不便益システムの設計支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム2011講演論文集,287-292 2011/09 日本語
北側博之, 川上浩司, 平岡敏洋, 塩瀬隆之 移動履歴を反映したナビゲーション情報の劣化が認知地図の形成に与える影響 ヒューマンインタフェースシンポジウム2011講演論文集,219-224 2011/09 日本語
平岡敏洋, 西川聖明, 塩瀬隆之, 川上浩司 自発的なエコドライブを促す情報提示法の提案 第25回人工知能学会全国大会(JSAI2011)予稿集, CD-ROM 2011/06 日本語
西村卓馬, 村越隆之, 塩瀬隆之, 平岡敏洋, 川上浩司 ユーザの内部状態変化に適応した推薦を行う展示デザイン支援システム 第12回AI若手の集い(MYCOM2011)オンライン資料集 2011/05 日本語
村越隆之, 塩瀬隆之, 西村卓馬, 平岡敏洋, 川上浩司 操作履歴から推定した設計者の選好に基づく展示デザイン支援システムの設計 計測自動制御学会第38回知能システムシンポジウム予稿集,397-402 2011/03 日本語
石河栄祐, 塩瀬隆之, 西村卓馬, 宗本晋作, 平岡敏洋, 川上浩司 フィールド型計測手法による展示物閲覧行動分析 計測自動制御学会 第38回知能システムシンポジウム資料,431-434 2011/03 日本語
平岡敏洋 安全運転行動を促す間接型運転支援システム 平成22年度日本人間工学会関西支部大会講演論文集,63-66 2010/12 日本語
西川聖明, 平岡敏洋 達成動機づけ理論に基づくエコドライブ支援システム 第9回ITSシンポジウム2010 Proceedings,297-302 2010/12 日本語
平岡敏洋, 高田翔太 衝突回避減速度による衝突リスクの評価 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2010講演論文集, 2E3-1 2010/11 日本語
T. Hiraoka, S. Nishikawa, S. Yamabe, S. Matsumoto Sustainability verification of eco-driving behavior based on driving simulator experiments, Proc. of 17th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM 2010/10 英語
平岡敏洋, 増井淳也, 西川聖明, 伊藤誠 運転支援システムにおける提供情報の信頼性が運転行動に与える影響 自動車技術会学術講演会前刷集,96-10,17-22 2010/09 日本語
T. Hiraoka, J. Masui, S. Nishikawa Behavioral adaptation to advanced driver-assistance systems Proceedings of the SICE Annual Conference,930-935 2010/08 英語
松本修一, 戸澤毅, 平岡敏洋, 山邉茂之, 川嶋弘尚 エコドライブ走行が追従車両に与える影響に関する基礎的研究 第41回土木計画学研究・講演集, CD-ROM 2010/06 日本語
西川聖明, 平岡敏洋, 山邉茂之, 松本修一 ドライビングシミュレータ実験によるエコドライブ運転行動の長期的評価 第8回ITSシンポジウム2009 Peer-Review Proceedings,85-90 2009/12 日本語
増井惇也, 平岡敏洋, 西川聖明 夜間時視覚支援システムに対するリスク補償行動の分析 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集,23-28 2009/11 日本語
朴泰輝, 松本修一, 平岡敏洋, 川嶋弘尚 エコドライブ走行の燃料消費率低減効果に関する定量評価 第40回土木計画学研究・講演集(CD-ROM) 2009/11 日本語
平岡敏洋, 武内秀平, 増井惇也, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 夜間時視覚支援システムにおける支援情報の差異が運転行動に与える影響 自動車技術会学術講演会前刷集,96-09,1-6 2009/10 日本語
T. Hiraoka, Y. Terakado, S. Matsumoto, S. Yamabe Quantitative evaluation of eco-driving on fuel consumption based on driving simulator experiments Proceedings of 16th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2009/09 英語
平岡敏洋, 草部英典, 熊本博光 操舵反力トルクの大きさがSBW車両の運転行動に与える影響 ヒューマンインタフェースシンポジウム2009講演論文集,1055-1062 2009/09 日本語
T. Hiraoka; H. Kusabe; H. Kumamoto Experimental evaluation on effect of steering reactive torque of SBW vehicle on driving behavior Proc. of ICROS-SICE International Joint Conference 2009,4144-4150 2009/08 英語
平岡敏洋 自発的な安全運転を促すためのヒューマン・インタフェースについて 信学技報SSS2009-9(電子情報通信学会・平成21年度第2回安全性研究会),13-16 2009/07 日本語
武内秀平, 増井惇也, 平岡敏洋, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 夜間運転支援システムにおける情報提供の違いが運転行動に与える影響 計測自動制御学会第36回知能システムシンポジウム予稿集,297-302 2009/03 日本語
平岡敏洋, 寺門康弘, 松本修一, 山邉茂之 ドライビングシミュレータによるエコドライブ走行の燃料消費率低減効果に関する定量評価 第7回ITSシンポジウム2008 Peer-Review Proceedings,163-168 2008/12 日本語
伊藤誠, 平岡敏洋, 丸茂喜高, 稲垣 敏之 5205 追突回避支援に対する過信とその防止(DS2 ドライバモニタリングと追突回避支援,ディベロップメント・セッション) 日本機械学会 第17回交通・物流部門大会講演論文集,179-182 2008/12 日本語
T. Hiraoka, K. Nakata, M. Tanaka, H. Kumamoto Situation-adaptive warning timing of a forward obstacle collision warning system Proceedings of 15th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2008/11 英語
平岡敏洋, 寺門康弘 情報の可視化が運転者の動機付けと行動変容に与える影響 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008講演論文集,437-440 2008/11 日本語
田中雅樹, 平岡敏洋, 武内秀平, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止支援システム 自動車技術会学術講演会前刷集,106-08,7-12 2008/10 日本語
平岡敏洋, 田中雅樹, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 衝突回避減速度を用いたリスク評価指標の提案 自動車技術会学術講演会前刷集,106-08,1-6 2008/10 日本語
S. Kitajima, Y. Marumo, T. Hiraoka, M. Itoh Theoretical and empirical comparison about evaluation indices concerning driver's rear-end collision risk Proc. of 8th International Conference on Advanced Vehicle Control (AVEC'08),602-607 2008/10 英語
T. Hiraoka, H. Kumamoto Multimodal interface for active four-wheel steering vehicle Proceedings of 8th International Conference on,34-39 2008/10 英語
北島創, 安部原也, 伊藤誠, 平岡敏洋, 丸茂喜高, 和田隆広 前方障害物に対する衝突リスク評価の検討 自動車技術会学術講演会前刷集,106-08,13-16 2008/10 日本語
武内秀平, 平岡敏洋, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 夜間時視覚支援システムにおける赤外線映像の差異が運転行動に与える影響 自動車技術会学術講演会前刷集,110-08,11-14 2008/10 日本語
平岡敏洋, 日置荘平, 熊本博光 操舵反力トルクに対する運転者の知覚特性 ヒューマンインタフェースシンポジウム2008講演論文集,571-576 2008/09 日本語
T. Hiraoka; S. Hioki; H. Kumamoto Fundamental research on driver\\'s haptic characteristics concerning steering reactive torque Proceedings of the SICE Annual Conference,882-889 2008/08 英語
北島創, 丸茂喜高, 平岡敏洋, 伊藤誠 リスク認知に関する評価指標の比較検討 -先行車に対する追突リスクの認知- 自動車技術会学術講演会前刷集,5-08,1-6 2008/05 日本語
K. Okabe, T. Hiraoka, H. Kumamoto, M. Kamata Fundamental probabilistic analysis on effectiveness of safety-presentation type on safe driving support system Proc. of 9th International Probablistic Safety Assessment and Management Conference,18-23 2008/05 英語
岡部康平, 鎌田実, 平岡敏洋 AHSにおける安全確認型システム構成の有用性の基礎検討 計測自動制御学会第35回知能システムシンポジウム予稿集,317-320 2008/03 日本語
田中雅樹, 平岡敏洋, 武内秀平, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止支援システムの実験的検証 計測自動制御学会第35回知能システムシンポジウム予稿集,311-316 2008/03 日本語
平岡敏洋, 熊本博光 生態学的インタフェースの概念に基づくステアバイワイヤ車両のシステム検証 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2007講演論文集,309-314 2007/11 日本語
平岡敏洋, 中田和行, 田中雅樹, 熊本博光, 齋藤裕昭, 畑中健一 前方障害物の視認性に基づく環境適合型警報タイミングの効果評価 自動車技術会学術講演会前刷集,140-07,13-18 2007/10 日本語
T. Hiraoka, M. Tanaka, O. Nishihara, H. Kumamoto, H. Saito, K. Hatanaka Effective assessment of night vision enhancement system based on driving simulator experiments Proceedings of 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2007/10 英語
平岡敏洋, 野口顕太郎, 熊本博光 マルチモーダルインタフェースを用いた車両状態提示が運転行動に与える影響 ヒューマンインタフェースシンポジウム2007論文集,133-138 2007/09 日本語
中田和行, 田中雅樹, 平岡敏洋, 熊本博光, 齋藤裕昭, 畑中健一 前方障害物の視認性と警報タイミング設定が回避行動に与える影響 計測自動制御学会 第34回知能システムシンポジウム資料,325-330 2007 日本語
西原修, 平岡敏洋, 坂谷祐輔, 熊本博光, 山田哲也 ドライビングシミュレータによる事故多発区間における車両コンフリクト発生時の車両挙動分析 第5回ITSシンポジウム2006予稿集,309-314 2006/12 日本語
平岡敏洋 間接型運転支援システムが運転行動に与える影響に関する研究 計測自動制御学会システム情報部門学術講演会2006講演論文集,241-246 2006/11 日本語
H. Kumamoto, O. Nishihara, T. Hiraoka Causes of traffic accidents as deviations from rational driver model Proc. of 13th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM 2006/10 英語
O. Nishihara, T. Hiraoka, H. Kumamoto Exact minimax optimizations of tire workload for independent steering vehicles Proc. of FISITA World Automotive Congress,CD-ROM 2006/10 英語
田中雅樹, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, 畑中健一, 齋藤裕昭 ドライビングシミュレータを用いた夜間運転支援システムの効果評価 自動車技術会学術講演会前刷集,137-06,5-10 2006/09 日本語
平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 四輪アクディブ操舵車両における操舵反力制御(撃心横加速度に基づく操舵反力提示) 自動車技術会学術講演会前刷集,105-06,13-18 2006/09 日本語
T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Steering reactive torque control for steer-by-wire vehicle Proc. of 7th Int. Conf. Advanced Vehicle Control (AVEC'06),239-244 2006/08 英語
H. Kumamoto, K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara Traffic accident human error quantification considering "yes-no" type and "unknown" type danger Proceedings of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems,CD-ROM 2005/11 英語
T. Hiraoka, T. Kunimatsu, O. Nishihara, H. Kumamoto Modeling of driver following behavior based on minimum-jerk theory Proceedings of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2005/11 英語
熊本博光, 岡部康平, 西原修, 平岡敏洋 交通事故のヒューマンエラーにおける認知精度と旅行時間の解析的関係 2005年度精密工学会秋季大会講演論文集, CD-ROM 2005/09 日本語
野口顕太郎;平岡敏洋;西原修;熊本博光;山田哲也 リアルタイムシミュレータによる事故多発区間の運転挙動分析 日本機械学会 第9回運動と振動の制御シンポジウム講演論文集,225-228 2005/08 日本語
辻正鷹, 西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 前輪独立操舵車両のリアルタイムシミュレーション 日本機械学会 第9回振動と運動の制御シンポジウム講演論文集,233-238 2005/08 日本語
北野弘明, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, 山田哲也 リアルタイムシミュレータによる事故対策の事前評価 日本機械学会 第9回振動と運動の制御シンポジウム講演論文集,229-232 2005/08 日本語
西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 独立操舵車両の制駆動力配分と耐故障性 日本機械学会 第13回交通・物流部門大会TRANSLOG2004講演論文集,119-122 2004/12 日本語
K. Okabe, H. Kumamoto, T. Hiraoka, O. Nishihara Traffic accident factor analysis by quantitative perception-action model of drivers Proc. of 11th World Congress on Intelligent Transport Systems 2004/10 英語
平岡敏洋, 国松武俊, 西原修, 熊本博光 躍度最小化規範に基づく先行車追従行動のモデル化 自動車技術会学術講演会前刷集,113-04,27-30 2004/10 日本語
関口祐, 西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 前輪アクティブ操舵による高齢ドライバのむだ時間補償制御 自動車技術会学術講演会前刷集,114-04,17-20 2004/10 日本語
西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 タイヤ負荷のMinimax最適化による制駆動力配分:独立操舵車両の場合 日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2004講演論文集 2004/09 日本語
T. Hiraoka; S. Eto; O. Nishihara; H. Kumamoto Fault tolerant design for X-by-wire vehicle Proceedings of the SICE Annual Conference 2004,1940-1945 2004/08 英語
永野博基, 西原修, 平岡敏洋, 熊本博光 運転者の過渡的な操縦動作のモデリング 精密工学会2004年度関西地方定期学術講演会講演論文集,47-48 2004/07 日本語
岡部康平, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 認知モデルを用いたカーブ進入時における前方障害物衝突防止装置の定量解析 第2回ITSシンポジウム2003予稿集,253-260 2003/12 日本語
平岡敏洋, 入谷一耕, 古荘貴司, 岡部康平, 熊本博光 経路選択基準に対する地図情報の定量的影響分析 第2回ITSシンポジウム2003予稿集,323-330 2003/12 日本語
T. Hiraoka, I. Iritani, H. Kumamoto A quantitative evaluation of the effect of map information on route choice criteria Proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2003/11 英語
K. Okabe, T. Hiraoka, H. Kumamoto. O. Nishihara Perception-based driver model to assess safety devices for decrease of traffic accidents Proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems, CD-ROM 2003/11 英語
西原修, 江藤真吾, 坂井亮彦, 平岡敏洋, 熊本博光 SBW車両のリアルタイムシミュレーションと高齢ドライバの運転挙動 日本機械学会 第8回運動と振動の制御シンポジウム講演論文集,495-498 2003/10 日本語
西原修, 坂井亮彦, 江藤真吾, 平岡敏洋, 熊本博光 バイラテラル遠隔操縦車両のシミュレーション環境 日本機械学会 第8回振動と運動の制御シンポジウム講演論文集,499-502 2003/10 日本語
西原修, 工藤佳夫, 平岡敏洋, 熊本博光 前輪アクティブ操舵と制駆動力配分によるD*制御 日本機械学会Dynamics & Design Conference 2003講演論文集, CD-ROM 2003/09 日本語
平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 モデル追従型スライディングモード制御による四輪アクティブ操舵車両 自動車技術会学術講演会前刷集,77-03,5-10 2003/09 日本語
T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Active four-wheel steering system for zero sideslip angle and lateral acceleration control Proceedings of 10th IFAC Symposium on Control in Transportation System,403-408 2003/08 英語
古荘貴司, 平岡敏洋, 熊本博光 経路選択行動における選択肢集合形成過程に関する微視的および巨視的分析 第27回土木計画学研究・講演集 2003/06 日本語
岩崎宏司, 岡部康平, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光 錯視が与える測度抑制効果に関する基礎検討 計測自動制御学会 第30回知能システムシンポジウム予稿集,225-230 2003/03 日本語
岡部康平, 平岡敏洋, 熊本博光, 西原修 認知モデルを用いた安全運転支援システムの定量評価 計測自動制御学会 第30回知能システムシンポジウム予稿集,219-224 2003/03 日本語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修 撃心横加速度に着目した前後輪アクティブ操舵則に関する基礎的考察 第1回ITSシンポジウム2002予稿集,471-476 2002/12 日本語
岡部康平,平岡敏洋,西原修,熊本博光 リスク・ホメオスタシスモデルに基づく不安全行動と出合い頭衝突防止装置の定量解析 第1回ITSシンポジウム2002予稿集, pp.247-252 2002/12 日本語
西原修, 山本昌隆, 左国坤, 平岡敏洋, 熊本博光 SBW車両のリアルタイムシミュレーション 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会予稿集,311-312 2002/12 日本語
岡部康平, 平岡敏洋, 熊本博光 情報提供による安全運転支援システムの導入効果に関する基礎検討 自動車技術会学術講演会前刷集,114-02,21-24 2002/11 日本語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修 前後輪撃心横加速度に基づく横すべり角の推定と前輪アクティブ操舵 自動車技術会学術講演会前刷集,91-02,5-8 2002/11 日本語
H. Kumamoto, K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara Risk Homeostasis Analysis of Safety Systems for Accident Prevention at Intersections without Traffic Lights Proc. of 9th World Congress on Intelligent Transport Systems 2002/10 英語
T. Hiraoka, I. Iritani, K. Okabe, H. Kumamoto Route choice behavior model based on bounded rationality Proceedings of 9th World Congress on Intelligent Transport Systems 2002/10 英語
入谷一耕, 平岡敏洋, 岡部康平, 熊本博光 モデル構築のための経路選択行動分析 計測自動制御学会 第29回知能システムシンポジウム予稿集,81-86 2002/03 日本語
K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto Human Error Uncertainty Quantification for Right Turn Traffic Accidents Based on Risk Homeostasis and 3-Valued Logic Decomposition Proceedings of Asia Pacific Symposium on Safety,155-158 2001/11 英語
平岡敏洋, 岡部康平, 熊本博光, 天目健二 アンケートに基づく経路選択行動分析 自動車技術会学術講演会前刷集,106-01,5-8 2001/10 日本語
T. Hiraoka, H. Kumamoto, O. Nishihara, K. Tenmoku Cooperative steering system based on vehicle sideslip angle estimation from side acceleration data at percussion centers Proceedings of IEEE International Vehicle Electronics Conference 2001 (IVEC2001),79-84 2001/09 英語
T. Hiraoka, K. Okabe, H. Kumamoto, O. Nishihara, K.Tenmoku Analysis of route choice behaviour based on questionnaire and 3D traffic flow simulator Proceedings of 5th Int. Conf. on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems and Allied Technologies (KES2001),186-190 2001/09 英語
平岡敏洋, 岡部康平, 熊本博光, 天目健二 簡易型3D交通流シミュレータに基づく運転者の動的経路選択に関する考察 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, CD-ROM 2001/07 日本語
H. Kumamoto, K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara Probabilistic Risk Assessment of Automobile Collision Accidents at A Crossing without A Traffic Light Proc. Inter. Scientific School of Modeling and Analysis of Safety, Risk and Quality in Complex Systems,29-32 2001/06 英語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修, 天目健二, 撃心に着目したドライバモデルによる協調操舵系の安定性評価 -撃心コース誤差の予測値に対する修正操舵モデル- 自動車技術会学術講演会前刷集,92-00,19-24 2000/10 日本語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修, 天目健二 撃心に着目したドライバモデルの提案 -コース誤差の未来値に基づく修正操舵- 精密工学会2000年度関西地方定期学術講演会講演論文集,59-60 2000/08 日本語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修, 天目健二 自動車操舵におけるタスク階層性に基づく協調操舵系 第39回計測自動制御学会学術講演会予稿集, CD-ROM 2000/07 日本語
平岡敏洋, 今井敏之, 熊本博光, 西原修, 天目健二 車両センサの誤差を考慮したスライディングモード二輪操舵制御 第39回計測自動制御学会学術講演会予稿集, CD-ROM 2000/07 日本語
K. Sato, T. Horiuchi, T. Hiraoka, H. Kawakami, O. Katai Constraint-oriented fuzzy logic as interfacing media based on channel theory of information flow Proc. of the 4th Asian Fuzzy Systems Symposium,2,744-749 2000/05 英語
K. Sato, T. Horiuchi, T. Hiraoka, H. Kawakami, O. Katai Fuzzy logic as interfacing media for constraint propagation based on theories of Chu space and information flow Proc. of RSFDGrC'99, New Directions in Rough Sets, Data Mining, and Granular-Soft ComputingCOMPUTING,314-323 1999/11 英語
T. Hosokawa, T. Hiraoka, T. Inoue, H. Fujiwara Static and dynamic test sequence compaction methods for acyclic sequential circuits using a time expansion model Proceedings of the Asian Test Symposium,192-199 1999/11 英語
熊本博光, 西原修, 平岡敏洋, 天目健二 前輪操舵と直接ヨーモーメントの2入力スライディングモード操舵制御 1999年度精密工学会大会学術講演会講演論文集,169 1999/09 日本語
熊本博光, 西原修, 平岡敏洋, 天目健二 自動車操舵系における自動と手動操舵の協調制御 -車両横すべり角を用いないコース追従制御- 精密工学会1999年度関西地方定期学術講演会講演論文集,15-16 1999/08 日本語
O. Katai, T. Horiuchi, T. Hiraoka, H. Kawakami, K. Sato Fuzzy logic-based system coordination by redundant symbolization and reduction of environmental complexities Proc. of IEEE International Conference on Fuzzy Systems,111-116 1999/08 英語
平岡敏洋, 熊本博光, 西原修, 天目健二 自動車操舵系における手動操舵と自動操舵の配分 -PD制御器を用いた手動操舵のモデル化- 第38回計測自動制御学会学術講演会予稿集,699-700 1999/07 日本語
細川利典, 井上智生, 平岡敏洋, 藤原秀雄 時間展開モデルを用いた無閉路順序回路のテスト系列圧縮について 電子情報通信学会FTS研究会デザインガイア'98 1998/09 日本語
平岡敏洋, 細川利典, 太田光保 平衡再収斂構造を考慮したn重整列構造に基づく最適スキャンFF決定方法, 情報処理学会設計自動化研究会DAシンポジウム'98予稿集 1998/07 日本語
T. Hosokawa, T. Hiraoka, M. Ohta, M. Muraoka, S. Kuninobu A partial scan design method based on n-fold line-up structures Proc. of Asian Test Symposium,306-311 1997/11 英語
細川利典, 平岡敏洋, 太田光保, 村岡道明 n重整列構造に基づくパーシャルスキャン設計方法 情報処理学会設計自動化研究会DAシンポジウム'97予稿集 1997/07 日本語
平岡敏洋, 堀内匡, 片井修, 椹木哲夫, 大田浩史 制約充足問題に対する進化論的計算アプローチ 計測自動制御学会 第23回知能システムシンポジウム資料,69-74 1996/03 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
手動操作に対する動機づけと技能向上を促す運転支援システム [招待あり] 安全性研究会 (SSS) 電子情報通信学会 2016/06/21 日本語
自発的な安全運転を促すためのヒューマンマシンインタフェースについて [招待あり] 平成21年度第2回安全性研究会 電子情報通信学会 2009/07/24 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
よりよい「人とモビリティの関係」を目指して [招待あり] テクノバシンポジウム『2050年に向けた都市・交通・モビリティとエネルギーの未来 ~人口減少・超高齢社会に向けた産学官への提案』 テクノバ 2016/05/23 日本語
ドライバの動機づけに着目したエコドライブ支援システム [招待あり] 平成27年度エコドライブシンポジウム エコドライブ普及推進協議会/公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団 2015/11/17 日本語
Vehicle Stability Control by Active Four-Wheel Steering [Invited] International AVEC workshop Society of Automotive Engineers of Japan 2004/12/20 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ドライバの自発的な行動変容を促す運転支援システム [招待あり] 第160回電子セラミック・プロセス研究会 電子セラミック・プロセス研究会 2017/02/04 日本語
自動運転と運転支援 [招待あり] 経団連21世紀政策研究会 2015/12/07 日本語
素数ものさしを生み出した『不便益』とは? -手間がかかるこその益を生み出すシステム設計論- [招待あり] 京都大学附属図書館Lecture Series(第6回) 京都大学図書館機構 2015/04/21 日本語
ドライバの行動変容を促す運転支援システムの仕掛け [招待あり] 精密工学会北陸信越支部(富山県)特別講演会 精密工学会北陸信越支部 2015/01/09 日本語
ドライバーの行動変容を促す運転支援システム [招待あり] チュートリアル講座2014「自動車運転支援技術の基礎から最新動向まで システム制御情報学会/計測自動制御学会 2014/07/22 日本語
不便益と運転支援 [招待あり] 第11回お寺で宇宙学 2014/07/22 日本語
Driving Simulator using CarSim RT-Linux [Invited] CarSim/TruckSim User Conference 2005/11/14 英語
自動車操舵における人間機械系 [招待あり] 日本機械学会研究協力部会RC160 (ITS-AVCSSの現状と将来展望に関する研究分科会) 日本機械学会 2000/01/24 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
自動車技術ハンドブック編集委員会 新版自動車技術ハンドブック 人間工学編(第3分冊) 自動車技術会 2016/03 日本語
技術情報協会 自動運転、先進運転支援システムの最新動向とセンシング技術 技術情報協会 2015/09 日本語
技術情報協会 車載ディプレイのHMIと視認性、安全性向上 技術情報協会 2015/08 日本語
伊藤誠, 丸茂喜高, 平岡敏洋, 和田隆広, 安部原也, 北島創 交通事故低減のための自動車の追突防止支援技術 コロナ社 2015/05 日本語
技術情報協会 次世代自動車の夢を実現するセンサ開発と制御技術 技術情報協会 2012/10 日本語
進化技術応用調査専門委員会 進化技術ハンドブック第II巻 応用編:情報・通信システム 近代科学社 2011/11 日本語
技術情報協会 【最新版】車載用センサ/カメラ技術と安全運転支援システム 技術情報協会 2009/05 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第7回ITSシンポジウム・ベストポスター賞(学術部門) Best poster award in 7th ITS symposium ITS Japan ITS Japan 2008/12
第5回ITSシンポジウム・ベストポスター賞(技術部門) Best poster award in 5th ITS symposium ITS Japan ITS Japan 2006/12
計測自動制御学会 論文賞(友田賞) The Best Paper Award (Tomoda Award) of the Society of Instrument and Control Engineers 計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers 2013/09
計測自動制御学会 システム・情報部門 部門学術講演会 最優秀論文賞 The Best Paper Award of SICE SSI2013 計測自動制御学会 システム・情報部門 Systems and Information Division, The Society of Instrument and Control Engineers 2013/11
自動車技術会 論文賞 The Best Paper Award of Society of Automotive Engineers of Japan 自動車技術会 Society of Automotive Engineers of Japan 2014/05
計測自動制御学会 システム・情報部門 部門学術講演会 優秀論文賞 The Best Paper Finalist of SICE SSI2014 計測自動制御学会 システム・情報部門 Systems and Information Division, The Society of Instrument and Control Engineers 2015/11
2014年度技術部門貢献賞 Technical Division Contribution Award 自動車技術会 Society of Automotive Engineers of Japan 2015/08/21
Best Paper Award Best Paper Award The 19th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2015) The 19th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2015) 2015/11/24
第14回ITSシンポジウム ベストポスター賞 Best poster award in 14th ITS symposium ITS Japan ITS Japan 2016/11/10
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
“無駄”とは 関西テレビ スーパーニュースアンカー 2012/06/21
不便が楽しいものさし 読売KODOMO新聞 SPECIAL(特集) 2013/08/01
不便?それがいいのだ 朝日小学生新聞 1面 2013/08/02
不便益 NHK総合 おはよう日本 2013/09/27
The Cost of Convenience NHK World 2013/10/20
不便で良かった!「不便益」という考え JFN Online デイリーフライヤー 2013/11/27
安全運転促す自動車の座席開発 日本経済新聞 2014/10/28
商店街を「不便に面白く」 京大生ら常識破りのプロジェクト 京都新聞 2015/08/20
自動運転カーのドライバーは人間か、それとも機械か? 週刊プレイボーイ第50号 2013/12/02
不便だからこそ益 素数ものさし人気 京大 エコノミスト増刊 ザ・関西 2014年3/10号 2014/03/02
「気がつけば幸せ「不便の益」」第1回 かもめブックス online 2014/05/09
「気がつけば幸せ「不便の益」」第2回 かもめブックス online 2014/05/16
「気がつけば幸せ「不便の益」」第3回 かもめブックス online 2014/05/23
不便が世界を変える!? 望星2014年6月号 2014/05/15
「不便さ」の「良いこと」を探して 京大合格白書2014, Vol.2, pp.5-6 2014/05/25
不便だからこそ楽しかったりうれしかったり。“不便の益”がデザインを生む THE BIG ISSUE JAPAN 2015/04/01
2015年前期FBL/PBLテーマ「不便益をもつコトのデザイン」の取組み 京都新聞(夕刊) 2015/08/20
徹底検証『自動運転2020年実用化』ってホントに可能か? 週刊プレイボーイ第47号 2015/11/09

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金・奨励研究(A) 代表 仮想交通環境を用いた自動車運転モデル構築に関する基礎的研究 2001/04〜2002/03
科学研究費補助金・基盤研究(C) 分担 交通事故低減のためのスマートウェイ環境下での車両衝突リスクの定量的評価 2001/04〜2003/03
科学研究費補助金・基盤研究(C) 分担 走行軌跡曲率を指標とするステアバイワイヤ車両の操舵制御系 2001/04〜2003/03
科学研究費補助金・若手研究(B) 代表 運転者の認知行動分析に基づく近接車両衝突防止支援システムに関する研究 2004/04〜2006/03
科学研究費補助金・基盤研究(C) 分担 四輪独立アクティブ操舵システムのユニバーサルデザイン 2004/04〜2006/03
科学研究費補助金・若手研究(B) 代表 バイワイヤ車両における操作端の反力制御に関する研究 2006/04〜2008/03
科学研究費補助金・基盤研究(C) 分担 アクティブ操舵と制駆動力配分の相補的動作とオンライン最適化 2006/04〜2008/03
科学研究費補助金・基盤研究(A) 分担 非拘束モニタリングにもとづく追突防止支援と過信抑制インタフェース 2006/04〜2009/03
科学研究費補助金・若手研究(B) 代表 ドライバの認知的・身体的特性に基づく間接型運転支援システムに関する研究 2009/04〜2012/03
科学研究費補助金・基盤研究(A) 分担 自然な運転状況の中での人間―機械双中心型多層的追突回避マネジメント 2009/04〜2012/03
科学研究費補助金・基盤研究(B) 分担 不便の効用を活用したシステム論の展開 2010/04〜2014/03
科学研究費補助金・基盤研究(A) 分担 スキルの維持向上に基づき能力限界と機能喪失に備える相補的ヒューマンマシンシステム 2014/04〜2017/03
科学研究費補助金・基盤研究(C) 代表 力覚提示による衝突回避誘導とタイヤ力の飽和を考慮した減速・操舵による自動回避制御 2015/04〜2018/03
A-STEP(シーズ顕在化タイプ) 分担 ネックレス型心拍数ワイヤレス計測デバイスを用いた小型・低コストな車載用居眠り検知システムの基盤技術開発 2013〜2014

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2014/04〜2015/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2015/04〜2016/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 前期 工学部 2016/04〜2017/03
機械システム工学実験3 Mechanical and System Engineering Laboratory 3 後期 工学部 2016/04〜2017/03
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
野崎敬太 ヒューマンインタフェースシンポジウム2012 優秀プレゼンテーション賞 ヒューマンインタフェース学会 2012/09/05
髙田翔太 自動車技術会2012年度大学院研究奨励賞 自動車技術会 2013/03/01
長谷部雄一 計測自動制御学会 第19回創発システムシンポジウム 準ベストポスター賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2013/09/02
長谷部雄一 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2013/11/20
荒木卓 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2013/11/20
早川将史 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2013/11/20
林秉譽 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
阿部恵里花 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2014/11/23
早川将史 自動車技術会2014年度大学院研究奨励賞 自動車技術会 2015/03/01
伊部達朗 計測自動制御学会 システム・情報部門 部門研究奨励賞 計測自動制御学会 システム・情報部門 2015/11/20
橘崇弘 自動車技術会2015年度大学院研究奨励賞 自動車技術会 2016/03/11

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティWG委員 2013/04/01〜2014/03/31
システム運用WG委員 2013/04/01〜2014/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
自動車技術会 Soceity of Automotive Engineering of Japan 車両運動性能部門委員会 委員 Member, Committee of Vehicle dynamics division 2004/04/01〜
自動車技術会 Soceity of Automotive Engineering of Japan ヒューマンファクター部門委員会 委員 Member, Committee of Human factors division 2006/04/01〜
計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers システム・情報部門マンマシンシステム部会 副主査 Vice-chairperson, Technical Committee on Man-Machine Systems, Systems and Information Divisionation Division 2007/01/01〜2008/12/31
自動車技術会 Soceity of Automotive Engineering of Japan ヒューマンファクター部門委員会リスク認知評価指標検討ワーキンググループ 委員 Member, Working Group of Risk Evaluation Indices, Committee of Human factors division 2007/04/01〜2008/03/31
計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers システム・情報部門マンマシンシステム部会 主査 Chairperson, Technical Committee on Man-Machine Systems, Systems and Information Divisionation Division 2009/01/01〜2010/12/31
計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers システム・情報部門 幹事 Secretary, Systems and Information Divisionation Division 2013/01/01〜2014/12/31
自動車技術会 Society of Automotive Engineers of Japan ヒューマンファクター部門委員会 ドライバの動機づけ検討WG 幹事 Sectretary, Working Group of study on driver's motivation, Committee of Human factors division 2010/04〜2011/03
自動車技術会 Society of Automotive Engineers of Japan ヒューマンファクター部門委員会 モチベーション質問紙検討WG 主査 Chairperson, Working Group of study on motivation questionnaire, Committee of Human factors division 2014/04〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
International Journal of Intelligent Transportation Systems Research International Journal of Intelligent Transportation Systems Research Editorial Board Member 2003〜
システム制御情報学会 The Institute of Systems, Control and Information Engineers システム/制御/情報 Systems, control and information 学会誌校正委員 2001〜2002/00/00
国際交通安全学会 The International Association of Traffic and Safety Sciences (IATSS) IATSS Review IATSS Review 編集委員 2015/04〜
ヒューマンインタフェース学会 Human Interface Society ヒューマンインタフェース学会誌 Journal of Human Interface Society 会誌編集委員 2013〜
計測自動制御学会 The Society of Instrument and Control Engineers Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI) Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI) Associate Editor 2012〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
ITS Japan 第2回ITSシンポジウム プログラム委員 2003〜
ITS Japan 第2回ITSシンポジウム 実行委員 2003〜
ITS Japan 第3回ITSシンポジウム プログラム委員 2004〜
ITS Japan 第3回ITSシンポジウム プログラム委員 2005〜
ITS Japan 第4回ITSシンポジウム 実行委員 2005〜
ITS Japan 第5回ITSシンポジウム 組織委員 2006〜
計測自動制御学会 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2007 実行委員 2007〜
Automotive Engineers of Japan 9th International Symposium on Adavanced Vehicle Control Local Organizing Committee of AVEC'08 Vice-chairperson 2006〜2008
Automotive Engineers of Japan 9th International Symposium on Adavanced Vehicle Control Organizing Committee Member 2006〜2008/00/00
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008(SSI2008) 部門賞選考委員 2008〜
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010(SSI2010) SSI2010実行委員 2010〜
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010(SSI2010) SSI2010企画委員 2010〜
The 16th Asia Pasific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems Program committee chair 2012/01〜
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2013 現地実行委員会 副委員長 2013/01/01〜2013/12/31

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
ITS America 12th World Congress on Intelligent Transport Systems 2005
ITS Japan 第2回ITSシンポジウム 2003
自動車技術会 自動車技術会秋季学術講演会 2007
SICE SICE Annual Conference 2010 2010
SICE, ICROS ICROS-SICE International Joint Conference 2009 2009
SICE SICE Annual Conference 2008 2008
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2010
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2009
ERTICO 19th World Congress on Intelligent Transport Systems 2012/10/25
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2012/11/21
自動車技術会 自動車技術会春季学術講演会 2013/05/23
人工知能学会 人工知能学会全国大会 2014/05/14
Taiwanese Association for Artificial Intelligence The 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2013) 2013/12/07
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2005/05
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2006/06
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2007/06
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2008/06
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2009/06
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2010/06
日本機械学会 基礎セミナー 自動車の運動力学 2011/07
自動車技術会 自動車技術会秋季学術講演会 2015/10/15
FAST-zero 2015 Symposium 2015/09/09
ERTICO 22nd ITS World Congress 2011/10/06
自動車技術会 自動車開発における人間工学の理論と実践 2016/08/23
日本機械学会 第25回交通・物流部門大会(TRANSLOG 2016) 2016/12/02
自動車技術会 自動車技術会秋季学術講演会 2016/10/21
IFAC The 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (IFAC-HMS) 2016/09/01
自動車技術会 自動車技術会春季学術講演会 2016/05/25

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
第1回 研究者・メディア横断連携ワークショップ「研究者はメディアに出てコンテンツになるべき?」 素数ものさしや不便益は何故ウケているのか? 2014/03/02
自動車技術会関西支部学自研・2014年度第1回講演会 共生システム論分野・研究紹介 2014/04/19
第11回お寺で宇宙学 不便益について 2014/07/05
システム制御情報学会・計測自動制御学会 チュートリアル講座2014「自動車運転支援技術の基礎から最新動向まで」 ドライバーの行動変容を促す運転支援システム 2014/07/22
京機会(京都大学機械系同窓会)関西支部・第41回産学懇話会 不便益と運転支援システム 2014/10/11
精密工学会北陸信越支部(富山県)特別講演会 ドライバの行動変容を促す運転支援システム仕掛け 2015/01/09
京都大学附属図書館Lecture Series(第6回) 素数ものさしを生み出した『不便益』とは? -手間がかかるこその益を生み出すシステム設計論- 2015/04/21
日本機械学会研究協力部会RC160(ITS-AVCSSの現状と将来展望に関する研究分科会)第11回分科会 自動車操舵における人間機械系 2000/01/24
自動車技術会第5回車両運動性能部門委員会 ステアバイワイヤ車両における操舵制御 2002/02/18
International AVEC workshop Vehicle Stability Control by Active Four-Wheel Steering 2004/12/20
CarSim/TruckSim User Conference 2005 Driving Simulator using CarSim RT-Linux 2005/11/14
電子情報通信学会・平成21年度第2回安全性研究会 自発的な安全運転を促すためのヒューマンマシンインタフェースについて 2009/07/24
京機会(京都大学機械系同窓会)関西支部・第32回産学懇話会 ドライバに安全運転を自発的に「促す」運転支援システムとは 2010/02/20
自動車技術会第3回車両運動性能部門委員会 操舵反力トルクの大きさがSBW車両の状態判別性と運転行動に与える影響 2010/09/03
CREST「行動モデルに基づく過信の抑止」ワークショップ 運転支援システムにおける情報提供の信頼性が運転行動に与える影響-夜間時視覚支援システムの場合- 2012/02/17
計測自動制御学会先端融合システムズアプローチ創出委員会不便益システムWG主催 第1回不便益システム研究会 運転支援における不便益 2012/07/27
関西大学松下研究室セミナー 人を誘う新しいシステム設計論 ~不便益って何?~ 2013/07/08
計測自動制御学会システム・情報部門スマートモビリティシステム調査研究会 ドライバの動機づけに働きかける運転支援システム 2013/07/31
自動車技術会第10回車両運動性能部門委員会 衝突回避減速度を用いた車両前後方向の安全運転評価指標 2013/11/29
京都大学附属図書館Lecture Series(第6回) 素数ものさしを生み出した『不便益』とは? -手間がかかるこその益を生み出すシステム設計論- 2015/04/21
西日本高速道路エンジニアリング関西 交通技術分科会技術講演会『「ゲームニクス理論」と安全運転支援』 自発的な行動変容を促す運転支援システム ~『楽しい』安全運転という発想~ 2015/07/21
平成27年度エコドライブシンポジウム ドライバの動機づけに着目したエコドライブ支援システム 2015/11/17

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
JSAEシニアエンジニア(車両運動制御,研究) 自動車技術会 2008
JSAEプロフェッショナルエンジニア(人間工学・運転支援) 自動車技術会 2011/04
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
自動運転カーのドライバーは人間か、それとも機械か? 週刊プレイボーイ 第50号 2013/12/02
不便だからこそ益 素数ものさし人気 京大 エコノミスト増刊 ザ・関西2014年3/10号 2014/03/02
不便が世界を変える!? 望星2014年6月号 2014/05/15
不便だからこそ楽しかったりうれしかったり。”不便の益”がデザインを生む THE BIG ISSUE JAPAN 2015/04/01
徹底検証『自動運転2020年実用化』ってホントに可能か? 週刊プレイボーイ 第47号 2015/11/09
その他活動:その他
活動名 内容 期間
スマートウェイ推進会議作業部会 インフラ検討ワーキンググループ 阪神高速サブワーキンググループ 委員 2007〜2008
スマートウェイ推進会議作業部会 インフラ検討ワーキンググループ 京阪神地域サブワーキンググループ 委員 2008〜2009
ITS Japan ITS長期ビジョン検討会 アドバイザー アドバイザー 2008〜2009
自動車の知能化・人工知能応用に関する研究会 学識経験者として参加 2014/07〜2015/03