寳関 淳

最終更新日時: 2016/07/04 17:03:03

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
寳関 淳/ホウセキ ジュン/Hoseki, Jun
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻/研究員
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生命科学専攻 応用微生物学講座 協力教員(特定准教授)
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(理学) 大阪大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009080
研究テーマ
(日本語)
細胞内におけるタンパク質品質管理機構に関わるレドックス制御
(英語)
Redox regulation on protein quality control of cells
研究概要
(日本語)
細胞内のタンパク質は適切に品質管理されているが、生活習慣や老化などにより、品質管理に障害や破綻が生じると糖尿病や神経変性疾患をはじめとする様々な疾患の病因となる。細胞内のレドックス状態も同様に適切に維持されているが、その異常も様々な疾患の原因となる。しかし、タンパク質品質管理とレドックスの連関の機構は不明な点が多い。細胞内オルガネラレベルでのタンパク質品質管理に関わるレドックス制御機構の解析を進めている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
レドックス Redox
オルガネラ Organelle
タンパク質品質管理 protein quality control
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Sunita Maharjan, Yasuyoshi Sakai, Jun Hoseki Sunita Maharjan, Yasuyoshi Sakai, Jun Hoseki Sunita Maharjan, Yasuyoshi Sakai, Jun Hoseki Screening of dietary antioxidants against mitochondria-mediated oxidative stress by visualization of intracellular redox state Screening of dietary antioxidants against mitochondria-mediated oxidative stress by visualization of intracellular redox state Screening of dietary antioxidants against mitochondria-mediated oxidative stress by visualization of intracellular redox state Bioscience Biotechnology, and Biochemistry, in press Bioscience Biotechnology, and Biochemistry, in press Bioscience Biotechnology, and Biochemistry, in press 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Jun Hoseki, Asami Oishi, Takaaki Fujimura, Yasuyoshi Sakai Jun Hoseki, Asami Oishi, Takaaki Fujimura, Yasuyoshi Sakai Jun Hoseki, Asami Oishi, Takaaki Fujimura, Yasuyoshi Sakai Development of a stable ERroGFP variant suitable for monitoring redox dynamics in the ER Development of a stable ERroGFP variant suitable for monitoring redox dynamics in the ER Development of a stable ERroGFP variant suitable for monitoring redox dynamics in the ER Bioscience Reports, in press Bioscience Reports, in press Bioscience Reports, in press 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Maharjan S, Oku M, Tsuda M, Hoseki J, Sakai Y Maharjan S, Oku M, Tsuda M, Hoseki J, Sakai Y Maharjan S, Oku M, Tsuda M, Hoseki J, Sakai Y Mitochondrial impairment triggers cytosolic oxidative stress and cell death following proteasome inhibition. Mitochondrial impairment triggers cytosolic oxidative stress and cell death following proteasome inhibition. Mitochondrial impairment triggers cytosolic oxidative stress and cell death following proteasome inhibition. Scientific reports, 4, 5896 Scientific reports, 4, 5896 Scientific reports, 4, 5896 2014/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Morito D, Nishikawa K, Hoseki J, Kitamura A, Kotani Y, Kiso K, Kinjo M, Fujiyoshi Y, Nagata K Morito D, Nishikawa K, Hoseki J, Kitamura A, Kotani Y, Kiso K, Kinjo M, Fujiyoshi Y, Nagata K Morito D, Nishikawa K, Hoseki J, Kitamura A, Kotani Y, Kiso K, Kinjo M, Fujiyoshi Y, Nagata K Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state. Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state. Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state. Scientific reports, 4, 4442 Scientific reports, 4, 4442 Scientific reports, 4, 4442 2014/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ushioda R, Hoseki J, Nagata K Ushioda R, Hoseki J, Nagata K Ushioda R, Hoseki J, Nagata K Glycosylation-independent ERAD pathway serves as a backup system under ER stress. Glycosylation-independent ERAD pathway serves as a backup system under ER stress. Glycosylation-independent ERAD pathway serves as a backup system under ER stress. Molecular biology of the cell, 24, 3155-3163 Molecular biology of the cell, 24, 3155-3163 Molecular biology of the cell, 24, 3155-3163 2013/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Oku M, Hoseki J, Ichiki Y, Sakai Y Oku M, Hoseki J, Ichiki Y, Sakai Y Oku M, Hoseki J, Ichiki Y, Sakai Y A fluorescence resonance energy transfer (FRET)-based redox sensor reveals physiological role of thioredoxin in the yeast Saccharomyces cerevisiae. A fluorescence resonance energy transfer (FRET)-based redox sensor reveals physiological role of thioredoxin in the yeast Saccharomyces cerevisiae. A fluorescence resonance energy transfer (FRET)-based redox sensor reveals physiological role of thioredoxin in the yeast Saccharomyces cerevisiae. FEBS letters, 587, 793-798 FEBS letters, 587, 793-798 FEBS letters, 587, 793-798 2013/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yagi-Utsumi M, Yoshikawa S, Yamaguchi Y, Nishi Y, Kurimoto E, Ishida Y, Homma T, Hoseki J, Nishikawa Y, Koide T, Nagata K, Kato K Yagi-Utsumi M, Yoshikawa S, Yamaguchi Y, Nishi Y, Kurimoto E, Ishida Y, Homma T, Hoseki J, Nishikawa Y, Koide T, Nagata K, Kato K Yagi-Utsumi M, Yoshikawa S, Yamaguchi Y, Nishi Y, Kurimoto E, Ishida Y, Homma T, Hoseki J, Nishikawa Y, Koide T, Nagata K, Kato K NMR and mutational identification of the collagen-binding site of the chaperone Hsp47. NMR and mutational identification of the collagen-binding site of the chaperone Hsp47. NMR and mutational identification of the collagen-binding site of the chaperone Hsp47. PloS one, 7, 9, e45930 PloS one, 7, 9, e45930 PloS one, 7, 9, e45930 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hagiwara M, Maegawa K, Suzuki M, Ushioda R, Araki K, Matsumoto Y, Hoseki J, Nagata K, Inaba K Hagiwara M, Maegawa K, Suzuki M, Ushioda R, Araki K, Matsumoto Y, Hoseki J, Nagata K, Inaba K Hagiwara M, Maegawa K, Suzuki M, Ushioda R, Araki K, Matsumoto Y, Hoseki J, Nagata K, Inaba K Structural basis of an ERAD pathway mediated by the ER-resident protein disulfide reductase ERdj5. Structural basis of an ERAD pathway mediated by the ER-resident protein disulfide reductase ERdj5. Structural basis of an ERAD pathway mediated by the ER-resident protein disulfide reductase ERdj5. Molecular cell, 41, 4, 432-444 Molecular cell, 41, 4, 432-444 Molecular cell, 41, 4, 432-444 2011/02/18 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hoseki J, Sasakawa H, Yamaguchi Y, Maeda M, Kubota H, Kato K, Nagata K Hoseki J, Sasakawa H, Yamaguchi Y, Maeda M, Kubota H, Kato K, Nagata K Hoseki J, Sasakawa H, Yamaguchi Y, Maeda M, Kubota H, Kato K, Nagata K Solution structure and dynamics of mouse ARMET. Solution structure and dynamics of mouse ARMET. Solution structure and dynamics of mouse ARMET. FEBS letters, 584, 1536-1542 FEBS letters, 584, 1536-1542 FEBS letters, 584, 1536-1542 2010/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sugiura Y, Araki K, Iemura S, Natsume T, Hoseki J, Nagata K Sugiura Y, Araki K, Iemura S, Natsume T, Hoseki J, Nagata K Sugiura Y, Araki K, Iemura S, Natsume T, Hoseki J, Nagata K Novel thioredoxin-related transmembrane protein TMX4 has reductase activity. Novel thioredoxin-related transmembrane protein TMX4 has reductase activity. Novel thioredoxin-related transmembrane protein TMX4 has reductase activity. The Journal of biological chemistry, 285, 7135-7142 The Journal of biological chemistry, 285, 7135-7142 The Journal of biological chemistry, 285, 7135-7142 2010/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hoseki J, Ushioda R, Nagata K Hoseki J, Ushioda R, Nagata K Hoseki J, Ushioda R, Nagata K Mechanism and components of endoplasmic reticulum-associated degradation. Mechanism and components of endoplasmic reticulum-associated degradation. Mechanism and components of endoplasmic reticulum-associated degradation. Journal of biochemistry, 147, 19-25 Journal of biochemistry, 147, 19-25 Journal of biochemistry, 147, 19-25 2010/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ikushiro H, Islam MM, Okamoto A, Hoseki J, Murakawa T, Fujii S, Miyahara I, Hayashi H Ikushiro H, Islam MM, Okamoto A, Hoseki J, Murakawa T, Fujii S, Miyahara I, Hayashi H Ikushiro H, Islam MM, Okamoto A, Hoseki J, Murakawa T, Fujii S, Miyahara I, Hayashi H Structural insights into the enzymatic mechanism of serine palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum. Structural insights into the enzymatic mechanism of serine palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum. Structural insights into the enzymatic mechanism of serine palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum. Journal of biochemistry, 146, 4, 549-562 Journal of biochemistry, 146, 4, 549-562 Journal of biochemistry, 146, 4, 549-562 2009/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ushioda R, Hoseki J, Araki K, Jansen G, Thomas DY, Nagata K Ushioda R, Hoseki J, Araki K, Jansen G, Thomas DY, Nagata K R. Ushioda; J. Hoseki; K. Araki; G. Jansen; D.Y. Thomas; K. Nagata ERdj5 is required as a disulfide reductase for degradation of misfolded proteins in the ER. ERdj5 is required as a disulfide reductase for degradation of misfolded proteins in the ER. ERdj5 is required as a disulfide reductase for degradation of misfolded proteins in the ER Science (New York, N.Y.), 321, 5888, 569-572 Science (New York, N.Y.), 321, 5888, 569-572 Science, 321, 5888, 569-572 2008/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kosaka H, Hoseki J, Nakagawa N, Kuramitsu S, Masui R Kosaka H, Hoseki J, Nakagawa N, Kuramitsu S, Masui R H. Kosaka; J. Hoseki; N. Nakagawa; S. Kuramitsu; R. Masui Crystal structure of family 5 uracil-DNA glycosylase bound to DNA. Crystal structure of family 5 uracil-DNA glycosylase bound to DNA. Crystal Structure of Family 5 Uracil-DNA Glycosylase Bound to DNA Journal of molecular biology, 373, 4, 839-850 Journal of molecular biology, 373, 4, 839-850 Journal of Molecular Biology, 373, 4, 839-850 2007/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mizobuchi N, Hoseki J, Kubota H, Toyokuni S, Nozaki J, Naitoh M, Koizumi A, Nagata K Mizobuchi N, Hoseki J, Kubota H, Toyokuni S, Nozaki J, Naitoh M, Koizumi A, Nagata K N. Mizobuchi; J. Hoseki; H. Kubota; S. Toyokuni; J.-I. Nozaki; M. Naitoh; A. Koizumi; K. Nagata ARMET is a soluble ER protein induced by the unfolded protein response via ERSE-II element. ARMET is a soluble ER protein induced by the unfolded protein response via ERSE-II element. ARMET is a soluble ER protein induced by the unfolded protein response via ERSE-II element Cell structure and function, 32, 1, 41-50 Cell structure and function, 32, 1, 41-50 Cell Structure and Function, 32, 1, 41-50 2007 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshinaga T, Nakatome K, Nozaki J, Naitoh M, Hoseki J, Kubota H, Nagata K, Koizumi A Yoshinaga T, Nakatome K, Nozaki J, Naitoh M, Hoseki J, Kubota H, Nagata K, Koizumi A T. Yoshinaga; K. Nakatome; J.-I. Nozaki; M. Naitoh; J. Hoseki; H. Kubota; K. Nagata; A. Koizumi Proinsulin lacking the A7-B7 disulfide bond, Ins2Akita, tends to aggregate due to the exposed hydrophobic surface. Proinsulin lacking the A7-B7 disulfide bond, Ins2Akita, tends to aggregate due to the exposed hydrophobic surface. Proinsulin lacking the A7-B7 disulfide bond, Ins2<sup>Akita</sup>, tends to aggregate due to the exposed hydrophobic surface Biological chemistry, 386, 11, 1077-1085 Biological chemistry, 386, 11, 1077-1085 Biological Chemistry, 386, 11, 1077-1085 2005/11 英語 公開
Hoseki J, Okamoto A, Takada N, Suenaga A, Futatsugi N, Konagaya A, Taiji M, Yano T, Kuramitsu S, Kagamiyama H Hoseki J, Okamoto A, Takada N, Suenaga A, Futatsugi N, Konagaya A, Taiji M, Yano T, Kuramitsu S, Kagamiyama H J. Hoseki; A. Okamoto; N. Takada; A. Suenaga; N. Futatsugi; A. Konagaya; M. Taiji; T. Yano; S. Kuramitsu; H. Kagamiyama Increased rigidity of domain structures enhances the stability of a mutant enzyme created by directed evolution. Increased rigidity of domain structures enhances the stability of a mutant enzyme created by directed evolution. Increased Rigidity of Domain Structures Enhances the Stability of a Mutant Enzyme Created by Directed Evolution Biochemistry, 42, 49, 14469-14475 Biochemistry, 42, 49, 14469-14475 Biochemistry, 42, 49, 14469-14475 2003/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hoseki J, Okamoto A, Masui R, Shibata T, Inoue Y, Yokoyama S, Kuramitsu S Hoseki J, Okamoto A, Masui R, Shibata T, Inoue Y, Yokoyama S, Kuramitsu S J. Hoseki; A. Okamoto; R. Masui; T. Shibata; Y. Inoue; S. Yokoyama; S. Kuramitsu Crystal structure of a family 4 uracil-DNA glycosylase from Thermus thermophilus HB8. Crystal structure of a family 4 uracil-DNA glycosylase from Thermus thermophilus HB8. Crystal structure of a family 4 uracil-DNA glycosylase from Thermus thermophilus HB8 Journal of molecular biology, 333, 3, 515-526 Journal of molecular biology, 333, 3, 515-526 Journal of Molecular Biology, 333, 3, 515-526 2003/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Taguchi Y, Hoseki J, Kakuta Y, Fukuyama K Taguchi Y, Hoseki J, Kakuta Y, Fukuyama K Y. Taguchi; J. Hoseki; Y. Kakuta; K. Fukuyama Overproduction, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of probable ATP sulfurylase from Thermus thermophilus HB8. Overproduction, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of probable ATP sulfurylase from Thermus thermophilus HB8. Overproduction, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of probable ATP sulfurylase from Thermus thermophilus HB8 Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 59, Pt 9, 1645-1647 Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 59, Pt 9, 1645-1647 Acta Crystallographica - Section D Biological Crystallography, 59, Pt 9, 1645-1647 2003/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Goto M, Omi R, Hoseki J, Nakagawa N, Miyahara I, Hirotsu K Goto M, Omi R, Hoseki J, Nakagawa N, Miyahara I, Hirotsu K M. Goto; R. Omi; J. Hoseki; N. Nakagawa; I. Miyahara; K. Hirotsu Expression, purification and preliminary X-ray characterization of CTP synthetase from Thermus thermophilus HB8. Expression, purification and preliminary X-ray characterization of CTP synthetase from Thermus thermophilus HB8. Expression, purification and preliminary X-ray characterization of CTP synthetase from Thermus thermophilus HB8 Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 59, Pt 3, 551-553 Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 59, Pt 3, 551-553 Acta Crystallographica - Section D Biological Crystallography, 59, Pt 3, 551-553 2003/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
J. Hoseki; T. Yano; Y. Koyama; S. Kuramitsu; H. Kagamiyama J. Hoseki; T. Yano; Y. Koyama; S. Kuramitsu; H. Kagamiyama Directed evolution of thermostable kanamycin-resistance gene: A convenient selection marker for Thermus thermophilus Directed evolution of thermostable kanamycin-resistance gene: A convenient selection marker for Thermus thermophilus Journal of Biochemistry, 126, 5, 951-956 , 126, 5, 951-956 Journal of Biochemistry, 126, 5, 951-956 1999 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
寳関 淳 寳関 淳 Jun Hoseki プロテアソーム阻害が引き起こすレドックス異常と抗酸化食品成分による抑制 プロテアソーム阻害が引き起こすレドックス異常と抗酸化食品成分による抑制 Redox aberration caused by proteasome inhibition and its suppression by food ingradients バイオサイエンスとインダストリー, 73, 3, 198-201 バイオサイエンスとインダストリー, 73, 3, 198-201 Bioscience & Industry, 73, 3, 198-201 2015/05 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
寳関 淳 寳関 淳 Jun Hoseki 細胞内レドックス状態の可視化によるレドックスモジュレーターの探索 細胞内レドックス状態の可視化によるレドックスモジュレーターの探索 細胞内レドックス状態の可視化によるレドックスモジュレーターの探索 バイオサイエンスとインダストリー, 73, 3, 192-193 バイオサイエンスとインダストリー, 73, 3, 192-193 Bioscience & Industry, 73, 3, 192-193 2015/05 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
寳関 淳, 阪井康能 寳関 淳, 阪井康能 Jun Hoseki, Yasuyoshi Sakai Anti-aging Compounds Act in Mitochondria Anti-aging Compounds Act in Mitochondria Anti-aging Compounds Act in Mitochondria Research Activities, Kyoto University, 4, 3, 26-26 Research Activities, Kyoto University, 4, 3, 26-26 Research Activities, Kyoto University, 4, 3, 26-26 2014/12 英語 速報、短報、研究ノート等(大学研究機関紀要) 公開
寳関淳, 奥公秀, 阪井康能 寳関淳, 奥公秀, 阪井康能 HOSEKI JUN, OKU MASAHIDE, SAKAI YASUYOSHI 蛍光タンパク質プローブを用いた細胞内レドックス状態の可視化計測 蛍光タンパク質プローブを用いた細胞内レドックス状態の可視化計測 Visualization and measurement of intracellular redox state using florescent protein probes バイオサイエンスとインダストリー, 72, 1, 8-13 バイオサイエンスとインダストリー, 72, 1, 8-13 Bioscience & Industry, 72, 1, 8-13 2014/01 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
寳関淳, 奥公秀, 阪井康能 寳関淳, 奥公秀, 阪井康能 HOSEKI JUN, OKU MASAHIDE, SAKAI YASUYOSHI 酸化ストレスとその防御 酵母のレドックス認識機構を応用した新しいセンサータンパク質の開発 酸化ストレスとその防御 酵母のレドックス認識機構を応用した新しいセンサータンパク質の開発 Development of a novel sensor protein by applying redox-sensing machinery from yeast Fragr J, 41, 2, 64-69 Fragr J, 41, 2, 64-69 Fragr J, 41, 2, 64-69 2013/02 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
阪井康能, 寳関淳, 奥公秀 阪井康能, 寳関淳, 奥公秀 SAKAI YASUYOSHI, HOSEKI JUN, OKU MASAHIDE 各種病態モデルと創薬研究 4.代謝性疾患 3)レドックス異常を回復する化合物 レドックスモジュレーターの探索:Redoxfluorの創薬への利用 各種病態モデルと創薬研究 4.代謝性疾患 3)レドックス異常を回復する化合物 レドックスモジュレーターの探索:Redoxfluorの創薬への利用 各種病態モデルと創薬研究 4.代謝性疾患 3)レドックス異常を回復する化合物 レドックスモジュレーターの探索:Redoxfluorの創薬への利用 遺伝子医学MOOK, 22, 158-163,16 遺伝子医学MOOK, 22, 158-163,16 遺伝子医学MOOK, 22, 158-163,16 2012/07 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
寳関淳 寳関淳 HOSEKI JUN 小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の還元経路解析 小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の還元経路解析 小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の還元経路解析 上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM), 23, ROMBUNNO.113 上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM), 23, ROMBUNNO.113 上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM), 23, ROMBUNNO.113 2009 日本語 公開
寳関淳, 永田和宏 寳関淳, 永田和宏 HOSEKI JUN, NAGATA KAZUHIRO 小胞体関連分解(ERAD)を担うジスルフィド還元酵素ERdj5 小胞体関連分解(ERAD)を担うジスルフィド還元酵素ERdj5 ERdj5 is required as a disulfide reductase for ERAD 実験医学, 26, 2, 342-348 実験医学, 26, 2, 342-348 実験医学, 26, 2, 342-348 2008/02 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
小胞体関連分解におけるTrx2の関与 小胞体関連分解におけるTrx2の関与 小胞体関連分解におけるTrx2の関与 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2015/01/30 日本語 公開
Stable ERroGFP Variants are Suitable for Detection of ER Redox State Stable ERroGFP Variants are Suitable for Detection of ER Redox State Stable ERroGFP Variants are Suitable for Detection of ER Redox State Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling 2014/07/20 英語 ポスター発表 公開
Antioxidants derived from foods protect redox aberration and cell death caused by proteasome inhibition[招待あり] Antioxidants derived from foods protect redox aberration and cell death caused by proteasome inhibition [招待あり] Antioxidants derived from foods protect redox aberration and cell death caused by proteasome inhibition [招待あり] Symposium Bordeaux-Kyoto, Bordeaux Symposium Bordeaux-Kyoto, Bordeaux Symposium Bordeaux-Kyoto, Bordeaux 2014/05/05 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素がグルタチオンにより還元される機構 小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素がグルタチオンにより還元される機構 小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素がグルタチオンにより還元される機構 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2014/03/05 日本語 公開
Mitochondria dysfunction is the initial event that happened after proteasome inhibition Mitochondria dysfunction is the initial event that happened after proteasome inhibition Mitochondria dysfunction is the initial event that happened after proteasome inhibition Gordon research conference on oxygen radicals Gordon research conference on oxygen radicals Gordon research conference on oxygen radicals 2014/02/14 英語 ポスター発表 公開
神経細胞内に蓄積したAβ42による細胞毒性の発症機構 神経細胞内に蓄積したAβ42による細胞毒性の発症機構 神経細胞内に蓄積したAβ42による細胞毒性の発症機構 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2014 日本語 公開
生理的な細胞内レドックス状態を可視化するRedoxfluor 生理的な細胞内レドックス状態を可視化するRedoxfluor 生理的な細胞内レドックス状態を可視化するRedoxfluor 日本植物生理学会年会要旨集 日本植物生理学会年会要旨集 日本植物生理学会年会要旨集 2013/03/14 日本語 公開
酵母Saccharomyces cerevisiaeにおけるペルオキシソーム内レドックス制御因子の解析 酵母Saccharomyces cerevisiaeにおけるペルオキシソーム内レドックス制御因子の解析 酵母Saccharomyces cerevisiaeにおけるペルオキシソーム内レドックス制御因子の解析 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2013/02/01 日本語 公開
小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の活性発現機構 小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の活性発現機構 小胞体ジスルフィド還元酵素ERdj5の活性発現機構 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2013 日本語 公開
小胞体内腔レドックス検出に適したERroGFPの改変 小胞体内腔レドックス検出に適したERroGFPの改変 小胞体内腔レドックス検出に適したERroGFPの改変 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2013 日本語 公開
Reduction mechanism of a disulfide reductase, ERdj5 in the oxidative redox environment of the ER Reduction mechanism of a disulfide reductase, ERdj5 in the oxidative redox environment of the ER Reduction mechanism of a disulfide reductase, ERdj5 in the oxidative redox environment of the ER Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling Gordon research conference on thiol-based redox regulation & signaling 2012/08/04 英語 ポスター発表 公開
ジスルフィド還元酵素ERdj5による小胞体関連分解のレドックス制御[招待あり] ジスルフィド還元酵素ERdj5による小胞体関連分解のレドックス制御 [招待あり] ジスルフィド還元酵素ERdj5による小胞体関連分解のレドックス制御 [招待あり] 生化学 生化学 生化学 2011 日本語 公開
小胞体内在性ジスルフィド結合還元酵素ERdj5を介した小胞体関連分解経路の構造的基盤 小胞体内在性ジスルフィド結合還元酵素ERdj5を介した小胞体関連分解経路の構造的基盤 小胞体内在性ジスルフィド結合還元酵素ERdj5を介した小胞体関連分解経路の構造的基盤 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2010/05/15 日本語 公開
ERdj5を介した小胞体関連分解の分子機序の解明 ERdj5を介した小胞体関連分解の分子機序の解明 ERdj5を介した小胞体関連分解の分子機序の解明 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2009/04/24 日本語 公開
小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素ERdj5[招待あり] 小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素ERdj5 [招待あり] 小胞体関連分解を担うジスルフィド還元酵素ERdj5 [招待あり] 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2008/05 日本語 公開
ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins Molecular chaperones & stress responses, cold spring harbor Molecular chaperones & stress responses, cold spring harbor Molecular chaperones & stress responses, cold spring harbor 2008/04/30 英語 ポスター発表 公開
ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins[招待あり] ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins [招待あり] ERdj5 is required as a disulfide reductase for ER-associated degradation of misfolded proteins [招待あり] G-COE INTERNATIONAL SYMPOSIUM: Frontier of Organelle Dynamics and Protein Functions G-COE INTERNATIONAL SYMPOSIUM: Frontier of Organelle Dynamics and Protein Functions G-COE INTERNATIONAL SYMPOSIUM: Frontier of Organelle Dynamics and Protein Functions 2008/03/11 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
チオレドキシン様ドメインを持つ小胞体膜タンパク質TMX4は酸化還元酵素として機能する チオレドキシン様ドメインを持つ小胞体膜タンパク質TMX4は酸化還元酵素として機能する チオレドキシン様ドメインを持つ小胞体膜タンパク質TMX4は酸化還元酵素として機能する 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会一般口頭発表およびポスター発表,神戸市,2008.12.9-12 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会一般口頭発表およびポスター発表,神戸市,2008.12.9-12 2008 日本語 公開
小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5[招待あり] 小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5 [招待あり] 小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5 [招待あり] 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2007/05 日本語 公開
小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5~の生化学的解析 小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5~の生化学的解析 小胞体関連分解における新しい因子~ジスルフィド還元酵素ERdj5~の生化学的解析 生化学 生化学 生化学 2007 日本語 公開
小胞体関連分解におけるジスルフィド結合切断の重要性 小胞体関連分解におけるジスルフィド結合切断の重要性 小胞体関連分解におけるジスルフィド結合切断の重要性 生化学 生化学 生化学 2007 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
横山 茂之, 寳関 淳, 矢野 貴人, 小山 芳典, 倉光 成紀, 鏡山 博行 横山 茂之, 寳関 淳, 矢野 貴人, 小山 芳典, 倉光 成紀, 鏡山 博行 変異型カナマイシンヌクレオチジルトランスフェラーゼ及びこれを用いた好熱菌のスクリーニング方法 変異型カナマイシンヌクレオチジルトランスフェラーゼ及びこれを用いた好熱菌のスクリーニング方法 特許登録 特許第3536049号 2004/03/26 公開
井尻 尚宏, 関 圭吾, 阪井 康能, 寳関 淳, 奥 公秀, スニタ マハラジャン 井尻 尚宏, 関 圭吾, 阪井 康能, 寳関 淳, 奥 公秀, スニタ マハラジャン 生体内酸化還元状態改善剤 生体内酸化還元状態改善剤 特許公開 特開2015-096494 2015/05/21 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本生化学会 J. Biochem. 論文賞 日本生化学会 2000/10/11
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
学術創成研究 分担 小胞体タンパク質品質管理機構 2012/04/01〜2013/03/31
若手研究 (B) 代表 小胞体GSHトランスポーターによる小胞体レドックス制御 2012/04/01〜2014/03/31
基盤研究(C) 代表 小胞体タンパク質品質管理における膜近傍の還元的なレドックスの生理的意義 2014/04/01〜2017/03/31
基盤研究 (B) 分担 レドックス可視化センサーで追跡するタンパク質異常のレドックス破綻と回復の機構 2014/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
上原記念生命科学財団・研究奨励金 寳関 淳 小胞体ジスルフィド還元酵素 ERdj5 のレドックスパスウェイ 2008〜2009
武田科学振興財団・一般奨励研究 寳関 淳 小胞体ジスルフィド還元酵素 ERdj5 の還元経路解析 2009〜2010
武田科学振興財団・ライフサイエンス奨励研究 寳関 淳 NADPH による小胞体ストレス緩和とレドックス制御の分子機構 2012〜2015/05/
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2012/04〜2013/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2013/04〜2014/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2014/04〜2015/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
制御発酵学専攻実験1 Experimental Course of Microbial Biotechnology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻演習1 Microbial Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2015/04〜2016/03
制御発酵学専攻実験1 Experimental Course of Microbial Biotechnology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻実験2 Experimental Course of Microbial Biotechnology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻実験 Experimental Course of Microbial Biotechnology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習1 Microbial Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習2 Microbial Biotechnology Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学専攻演習 Microbial Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
制御発酵学講義 Biotechnology of molecular and cellular regulation 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
応用微生物学実験 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示