大野 翔

最終更新日時:2017/10/30 16:38:02

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大野 翔/オオノ ショウ/Sho Ohno
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻園芸科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 蔬菜花卉園芸学研究室
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6048
電子メールアドレス
メールアドレス
sohno @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
園芸学会 Japanese Society for Horticultural Science
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
国際園芸学会(International Society for Horticultural Science)
Group Polyphenols
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農学専攻 退学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部資源生物科学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
東海高校 とうかいこうこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2012/04/01〜2013/05/31 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員DC2 Research Fellowships for Young Scientists (DC2)
2013/06/01〜 京都大学農学研究科/農学部 Kyoto University 助教 Assistant Professor
プロフィール
(日本語)
2005年私立東海高等学校卒業、京都大学農学部資源生物科学科入学。2009年同学科卒業、京都大学大学院農学研究科農学専攻修士課程入学。2011年同修士課程修了、博士後期課程進学。2012-2013年、日本学術振興会特別研究員DC2、2013年博士後期課程を中退し、京都大学大学院農学研究科助教、現在に至る。2016年農学博士。
(英語)
2005.4-2009.3 B.S. in Agriculture, Faculty of Agriculture, Kyoto University 2009.4-2011.3 M.Sc. in Horticulture, Graduate School of Agriculture, Kyoto University 2011.4-2013.5 Ph.D. student in Horticulture, Graduate School of Agriculture, Kyoto University 2012.4-2013.5 Research Fellow of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) in Agriculture 2013.6-present Assistant professor, Graduate School of Agriculture, Kyoto University 2016.3 Ph.D.(Agriculture)
個人ホームページ
URL
http://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=prWokFQAAAAJ&view_op=list_works&gmla=AJsN-F6RUmLs5J-lqdTVpJAxJicqEu3oINE8mqMwq-Ep2u3fWk1DS52uNgPYgA510b9ud3Uq7_qYQQlQqcUOxWvN8Ql46lTqksv58-V9uTSyd0IaYmTIr0UJ-Ft0i4dl5Zy8K3HY_o0VvKa49Y3gsW_lF4mLYWr_fw
https://www.researchgate.net/profile/Sho_Ohno?ev=hdr_xprf&_sg=r4AV0YpB_J-61fGyM-LHcgA8HF8hgTXnq5iujDZPsB_QKVGDlOo56UIPHied8yyp
ORCID ID
orcid.org/orcid.org/0000-0002-0810-0327
研究テーマ
(日本語)
園芸植物におけるエピジェネティックな形質の不安定性の解析・花の模様形成機構の解明
(英語)
Study on phenotypic lability in horticultural crops. Study on mechanisms controlling flower color pattern.
研究概要
(日本語)
ダリアを中心に、花の色素の生合成制御因子の解明や、環境因子による形質の不安定性の解明・制御を研究している。現在の研究テーマは、複色花のエピジェネティックな不安定性機構の解明・花色の黒色化機構の解明・花色の選抜を目的としたDNAマーカーの開発などがある。
(英語)
I study on the mechanism and regulation of petal color lability in bicolor flowering dahlia, and the mechanisms controlling black flower coloring.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
園芸学 Horticultural Science
ダリア Dahlia
花色 Flower Color
転写後ジーンサイレンシング Post-transcriptional Gene Silencing
環境要因 Environmental Factor
エピジェネティクス Epigenetics
フラボノイド・アントシアニン Flavonoids, Anthocyanins
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
園芸学・造園学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ohno S*, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M Post-transcriptional silencing of chalcone synthase is involved in phenotypic lability in petals and leaves of bicolor dahlia (Dahlia variabilis) ‘Yuino’ Planta 2017/10 英語
Nabeshima T, Yang SJ, Ohno S, Honda K, Deguchi A, Doi M, Tatsuzawa F, Hosokawa M* Histogen layers contributing to adventitious bud formation are determined by their cell division activities Frontiers in Plant Science 2017/09 英語
Ohno S*, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M Identification of flavonoids in leaves of a labile bicolor flowering dahlia (Dahlia variabilis) 'Yuino' The Horticulture Journal 2017/06 英語
Yang SJ, Ohno S, Deguchi A, Sato M, Goto M, Doi M, Ohnishi M, Tatsuzawa F, Hosokawa M* The histological study in sympetalous corolla development of pinwheel-type flowers of Saintpaulia. Scientia Horticulturae,223,10-18 2017/05 英語
Deguchi A, Tatsuzawa F, Hosokawa M, Doi M, Ohno S* Quantitative evaluation of contribution to black flower coloring of four major anthocyanins accumulated in dahlia petals The Horticulture Journal,85,4,340-350 2016/10 英語
出口亜由美・大野 翔・立澤文見・細川宗孝* セントポーリア(Saintpaulia)花弁に蓄積する黄色色素の同定 園芸学研究,15,2,123-128 2016/04 日本語
Ohno S*, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M Petal color is associated with leaf flavonoid accumulation in a labile bicolor flowering dahlia (Dahlia variabilis) 'Yuino'. The Horticulture Journal,85,2,177-186 2016/04 英語
Deguchi A, Tatsuzawa F, Hosokawa M, Doi M, Ohno S* Tobacco streak virus (strain dahlia) suppresses post-transcriptional gene silencing of flavone synthase II in black dahlia cultivars and causes a drastic flower color change Planta,242,663-675 2015/08 英語
Matsuda S, Sato M, Ohno S, Yang S-J, Doi M, Hosokawa M* Cutting leaves and plant growth regulator application enhance somaclonal variation induced by transposition of VGs1 of Saintpaulia Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,83,4,308-316 2014/07 英語
Ohno S*, Deguchi A, Hosokawa M*, Tatsuzawa F, Doi M A basic helix-loop-helix transcription factor DvIVS determines flower color intensity in cyanic dahlia cultivars Planta,238,331-343 2013/05 英語
M. Hosokawa*; T. Yamauchi; M. Takahama; M. Goto; S. Mikano; Y. Yamaguchi; Y. Tanaka; S. Ohno; S. Koeda; M. Doi; S. Yazawa Phosphorus starvation induces post-transcriptional CHS gene silencing in Petunia corolla Plant Cell Reports,32,5,601-609 2013/01 英語
Deguchi A, Ohno S*, Hosokawa M*, Tatsuzawa F, Doi M Endogenous post-transcriptional gene silencing of flavone synthase resulting in high accumulation of anthocyanins in black dahlia cultivars Planta,237,1325-1335 2013/01 英語
S. Ohno; M. Hosokawa*; A. Hoshino; Y. Kitamura; Y. Morita; K.-I. Park; A. Nakashima; A. Deguchi; F. Tatsuzawa; M. Doi; S. Iida; S. Yazawa A bHLH transcription factor, DvIVS, is involved in regulation of anthocyanin synthesis in dahlia (Dahlia variabilis) Journal of Experimental Botany,62,14,5105-5116 2011/10 英語
Ohno S, Hosokawa M*, Kojima M, Kitamura Y, Hoshino A, Tatsuzawa F, Doi M, Yazawa S Simultaneous post-transcriptional gene silencing of two different chalcone synthase genes resulting in pure white flowers in the octoploid dahlia Planta,234,945-958 2011/05 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
○Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M, Ohno S Different flower color changes induced by the infection with tobacco streak virus (strain dahlia) among bicolor dahlia cultivars Latest Advances in Plant Development & Environmental Response, Cold Spring Harbor Conferences Asia (CSHA2016) 2016/11 英語
○Ohno S, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M Post-transcriptional gene silencing of chalcone synthase plays an important role in petal color lability of bicolor flowering dahlia Latest Advances in Plant Development & Environmental Response, Cold Spring Harbor Conferences Asia (CSHA2016) 2016/11 英語
○Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M Involvement of simultanious post-transcriptional silencing of multiple chalcone stnthase genes in petal color lability of a bocolor flowering dahlia The 8th International Workshop on Anthocyanins (IWA2015) 2015/09 英語
○Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M, Ohno S Higher contribution of cyanidin-3-malonylglucoside-5-glucoside to black flower coloring than pelargonidin-based counterpart in dahlia The 8th International Workshop on Anthocyanins (IWA2015) 2015/09 英語
Matsuda S, Sato M, Ohno S, Yang S. J., Doi M, ○Hosokawa M A multiplex PCR-based bioassay system for assessing the occurrence of somaclonal variation using variegated Saintpaulia. 27th International Conference on Polyphenols (ICP2014) 2014/09 英語
○Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M A basic helix-loop-helix transcription factor, DvIVS contributes to diverse flower colours in dahlia. 29th International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2014) 2014/08 英語
○Deguchi A, Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M The mechanism for black flower colouring in dahlia. 29th International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2014) 2014/08 英語
○Hosokawa M, Ohnishi M, Deguchi A, Ohno S, Doi M Pinwheel phenotype of Saintpaulia petals is resulted from periclinal cell divisions of epidermal layer 29th International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2014) 2014/08 英語
○Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M. Regulation of anthocyanin synthesis in dahlia by a basic helix-loop-helix transcription factor DvIVS. 7th International Workshop on Anthocyanins (IWA2013): O21 2013/09 英語
○Deguchi A, Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M. High cyanidin content contributes to black flower color in the Dahlia. 7th International Workshop on Anthocyanins (IWA2013): P78 2013/09 英語
○Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Doi M. The bHLH transcription factor DvIVS regulates floral anthocyanin contents in Dahlia cultivars. 10th International Congress on Plant Molecular Biology (IPMB2012): BT063 2012/10 英語
Hosokawa M, ○Ohno S, Doi M Root zone restriction and phosphorus deficiency associated with flower color expression in bicolor-flowering Dahlia 28th International Horticultural Congress & Exhibition (IHC 2010): S09.315 2010/08 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
〇山田晴香・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野翔 ダリアにおける黄色色素ブテインの合成に関わるカルコンレダクターゼ遺伝子の探索 平成29年度園芸学会近畿支部大会 2017/09 日本語
〇上野舞子・細川宗孝・土井元章・大野翔 トウガラシにおけるアントシアニン着色不安定化遺伝子の探索 平成29年度園芸学会近畿支部大会 2017/09 日本語
〇山田晴香・加藤泰成・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野翔 ダリア‘祝盃’から発生した枝変わり品種群の花色変異 園芸学会平成29年度春期大会 2017/03 日本語
○大野 翔・保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章 複色花ダリアの複色模様形成を引き起こす候補遺伝子 園芸学会平成28年度秋期大会 2016/09 日本語
○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 ダリア花弁のシアニジン系アントシアニンの蓄積割合を制御する候補因子 園芸学会平成28年度春期大会 2016/03 日本語
○細川宗孝・大田奈央・出口亜由美・大野 翔・青木慎一・刑部正博 アカジソへのUV-B照射による葉中ペルオキシダーゼ活性の上昇 園芸学会平成28年度春期大会 2016/03 日本語
○大野 翔・保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章 複色花ダリア‘ 結納’のフラボノイドを蓄積しない葉におけるCHSの転写後ジーンサイレンシング 園芸学会平成28年度春期大会 2016/03 日本語
○保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 複色花ダリアにおける不安定な花色は葉のフラボノイド蓄積と関連する 園芸学会平成27年度秋季大会 2015/09 日本語
○出口亜由美・大野 翔・立澤文見・土井元章・細川宗孝 セントポーリア花弁に蓄積する黄色色素の同定 園芸学会平成27年度秋季大会 2015/09 日本語
○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 ダリア花弁の黒色化に対する各種アントシアニンの寄与度の定量的評価 園芸学会平成27年度秋季大会 2015/09 日本語
○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 黒色系ダリアではタバコ条斑ウイルス様ウイルスの感染により花弁にフラボンが蓄積される 園芸学会平成27年度春季大会 2015/03 日本語
○本田慶太・鍋島朋之・大野 翔・土井元章・細川宗孝 セントポーリア周縁キメラ品種において不定芽由来植物でみられる花色分離の品種間差は不定芽形成時の各細胞層の細胞分裂活性に起因する 園芸学会平成27年度春季大会 2015/03 日本語
○大野 翔・細川宗孝・土井元章 複色花ダリア‘ 結納’ で発生した単色花弁を生じやすい系統 園芸学会平成26年度秋季大会 2014/09 日本語
○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 シアニジン系アントシアニンはペラルゴニジン系アントシアニンよりもダリア花弁の黒色化への寄与が大きい 園芸学会平成26年度秋季大会 2014/09 日本語
土井元章・○久保田瑞季・小枝壮太・大野 翔・細川宗孝 トウガラシ果実における発散香気成分とカプサイシノイドおよびカプシノイド含量との関係解析 園芸学会平成26年度秋季大会 2014/09 日本語
○加藤泰成・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 ダリア‘ 祝盃’ から生じた枝変わり品種群の花色変異機構の解析 平成26年度園芸学会近畿支部大会 2014/08 日本語
土井元章・○田内康裕・大野翔・細川宗孝 ダイコンの構成的花成促進経路の存在について 平成26年度園芸学会近畿支部大会 2014/08 日本語
細川宗孝・○松田沙弓・大野翔・土井元章 セントポーリア不定芽由来の組織培養変異の発生には外植体に既存の変異細胞はほとんど関与しない 園芸学会平成26年度春季大会 P174 2014/03 日本語
○出口亜由美・大野 翔・細川宗孝・立澤文見・土井元章 黒色系ダリア‘ 黒蝶’における赤紫色花の出現にはタバコ条斑ウイルス様ウイルスの感染が関与する 園芸学会平成25年度秋季大会 P253 2013/09 日本語
細川宗孝;○松田沙弓;大野翔;土井元章 トランスポゾンの切り出しによるセントポーリアの組織培養変異を引き起こす環境要因の探索 園芸学研究 別冊,12,2,456 2013/09 日本語
○大野 翔・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 ダリア花弁のアントシアニン高蓄積に関わるDvIVSアレル 園芸学会平成25年度春季大会 P179 2013/03 日本語
○出口亜由美・大野 翔・細川宗孝・立澤文見・土井元章 黒色系ダリアでは花弁のシアニジン量が多い 園芸学会平成25年度春季大会 花010 2013/03 日本語
○大野 翔・細川宗孝・土井元章 組織培養苗を用いた赤白複色花ダリア‘結納’における花色不安定性の緩和 園芸学会平成24年度秋季大会 P176 2012/09 日本語
大野 翔・○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 ダリア花弁のアントシアニン合成に関与する転写因子DvIVS のプロモーターの遺伝子型と花色の濃淡との関係 園芸学会平成24年度秋季大会 P175 2012/09 日本語
大野 翔・○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 ダリア黒色系品種の花弁におけるFlavone synthaseの発現抑制 園芸学会平成24年度春季大会 花033 2012/03 日本語
○大野 翔・細川宗孝・星野 敦・立澤文見・土井元章 赤白複色花ダリアから発生する単色花シュートでは葉のCHS発現量が異なる 園芸学会平成23年度秋季大会 花023 2011/09 日本語
大野 翔・○出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 ダリア黒色花弁にみられるフラボノイド系色素の特徴的な蓄積 園芸学会平成23年度秋季大会 P245 2011/09 日本語
細川宗孝・○大野 翔・星野 敦・立澤文見・土井元章 ダリア花弁の純白化に関わる2種類のCHSの同時的転写後分解 園芸学会平成23年度春季大会 花028 2011/03 日本語
細川宗孝・○出口亜由美・大野 翔・立澤文見・土井元章 ダリアにおける花弁のアントシアニン含量とDvIVS発現量との関わり 園芸学会平成23年度春季大会 P158 2011/03 日本語
細川宗孝・○大野 翔・星野 敦・立澤文見・土井元章 ダリア純白花弁における2種類のCHSの転写後抑制 園芸学会平成22年度秋季大会 P183 2010/09 日本語
細川宗孝・○大野 翔・北村嘉邦・児島未沙・星野 敦・立澤文見・土井元章 ダリア花弁のアントシアニン合成制御にはbHLH 様転写因子DvIVS が関与する 園芸学会平成22年度春季大会 花018 2010/03 日本語
○細川宗孝・児島未沙・大野 翔・立澤文見・土井元章 ダリアの白色花弁化に関与する2つの異なるメカニズム 園芸学会平成22年度春季大会 花019 2010/03 日本語
細川宗孝・○大野 翔・北村嘉邦・児島未沙・中島明子・星野 敦・立澤文見・土井元章 ダリア花弁のアントシアニンおよびカルコン/オーロン発現に関わる花色遺伝子の探索 園芸学会平成21年度秋季大会 P151 2009/09 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Post-transcriptional gene silencing of chalcone synthase is associated with petal color lability in a bicolor flowering dahlia. [Invited] 2nd Asian Horticultural Congress (AHC2016) 2016/09 英語
The mystery of black dahlia: Chemical, biochemical and biological aspects [Invited] 28th International Conference on Polyphenols (ICP2016) 2016/07 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Diverse Mechanisms of Flower Color Variation in Dahlia Kyoto University & National Taiwan University Workshop Mei-Fong Forum 2017 2017/06/30 英語
The Mystery of Black Dahlia: ダリアを黒色たらしめるもの 第12回京都大学植物縦横無尽の会 2016/07/22 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M Bulbous plants: Biotechnology CRC Press 2013/12 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 植物の遺伝子揺動を引き起こす環境因子の探索とその作用機作の解明 2012/04/01〜2014/03/31
若手研究(B) 代表 栄養繁殖個体間において形質の不均一性を引き起こすエピジェネティクス (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 栄養繁殖個体間において形質の不均一性を引き起こすエピジェネティクス (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
京都大学若手研究者スタートアップ研究費 大野翔 2013/10/01〜2014/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学演習1 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験2 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学演習1 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学演習2 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験2 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学演習1 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学演習2 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
ダリア黒色系品種の花弁におけるFlavone synthaseの発現抑制 農耕と園芸 国内研究紹介 2012/11/