Lindberg Stig

最終更新日時:2017/05/05 18:47:07

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
Lindberg Stig/リンドバーグ ステイグ/Stig Lindberg
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/思想文化学専攻思想文化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
国際高等教育院
文学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
ミシガン大学で政治学を専攻し学位を取得した後、およそ20年にわたり社会人を経てきました。 その中で、在ホノルル日本国総領事館で広報文化部の職員を務め、日本とハワイの双方で教師や両国における営業マンといった職歴を経ると同時に ハワイ大学大学院経営研科(MBA)で研究に従事するなど、様々な経験を積み重ねてきました。 若いころから「である」と「であるべき」といういわゆる「現実to beと理想ought to beの衝突」の為に無意識のうちに大分苦しんできましたが、 京都大学でキリスト教学の研究を始める今になってその謎の鍵が少しばかりでも見えてきた気がします。 自分の研究対象である賀川豊彦の宗教哲学もまさに価値論、特に倫理学がその中核にあります。これから先、上記の二元論的な問題の他にも、「無」や「京都学派」の認識論、「非意志的人生観』から「非伝統的認識論」などという分野に視座を広めていきたいです。
(英語)
I began my academic career at the University of Michigan where I took a degree in Japanese politics. From there I spent twenty years in various sub-vocational endeavors, which include stints in public relations at the Japanese Consulate in Hawaii, in various levels of education as a teacher, in business, and in graduate studies at the University of Hawaii’s M.B.A. program. I also spent a year doing research in the Journalism Program at the East-West Center, Hawaii. As a person obsessed with the pursuit of tranquility and inner peace, I have immersed myself in charismatic Christianity and in “esoteric,” meditative religion. Without squarely identifying the di-chotomy in my earlier days, it has since become clear that this overarching concern resides in the notorious “is-ought,” ontological-deontological debate which is foundational in the study of ethics. It remains a major research interest, even as I detour into the study of Nothingness/meontology. Other research interests include the idea of “pure experience” and “direct knowing”—both unmediated by discursive thinking, epiphenomenalism and non-volitional worldview.
研究テーマ
(日本語)
賀川豊彦の哲学的進学および宇宙論
(英語)
Toyohiko Kagawa's Philosophical Theology and Cosmology
研究概要
(日本語)
博士論文は、賀川豊彦の哲学的神学を体系化しそれを幾分の項目に分けて論じるものである。その項目は次の通りだる。①賀川にとっての「哲学」と「宗教」との間の相違点、②賀川の宇宙論の概論(存在論、実在論、認識論、価値論、自由意志論、目的論など)、③「罪」と「救済」論、④「悪問題」、⑤「時間論」、⑥存在論的「有無」の問題、⑦「自己」論、⑧宇宙論における「進化論」の役目。
(英語)
Dissertation systematizes Toyohiko Kagawa's philosophical theology, though he eschewed any idea of being either a philosopher or a theologian, and for the most part demonstrated no concern for a systematic development and delivery of his thought. This systematization in itself is groundbreaking and promises to add new scholarly insights into the thought of one of Japan's foremost opinion leaders of the twentieth century. Chapters include 1) Conception of God/Cosmos, 2) Ontological Framework, 3) Idea of 'Self' 4) Idea of Evil/Sin, 5) Nothingness, 6) Salvation/Redemption. After systematizing Kagawa's metaphysics, I intend to explore and expound his ideas of a new global political economy based on a World Federation.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
賀川豊彦、哲学的神学、宗教哲学 Toyohiko Kagawa, Philosophical Theology, Philosophy of Religion
地球制度理論、世界連邦、生活協同組合、人間安全保障 Global Systems Theory, World Federation, Economic Cooperatives, Human Security
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
思想史
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
LINDBERG, Stig Kagawa Toyohiko and Salvation The Japan Mission Journal,70,1,62-70 2016/04 英語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
LINDBERG, Stig 『自分の〈宗教心理学〉に対する関心ーー賀川豊彦の研究を手掛かりに』 宗教心理学研究会ニューズレター,26,31-32 2017/03 日本語
LINDBERG, Stig 賀川豊彦の思想における「芸術としての悪」 京都大学キリスト教学刊行:『キリスト教学研究室紀要』,31,149 2011/12 日本語
LINDBERG, Stig 賀川豊彦の思想における「悪概念」 アジア・キリスト教・多元性 現代キリスト教思想研究会,9 2011/03 日本語
LINDBERG, Stig Medittions on God, Kagawa Toyohiko, trans. by Stig Lindberg British Association for Japanese Studies,N/A,N/A 英語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
LINDBERG, Stig 賀川豊彦の神観 『アジア・キリスト教・多元性』 2017/05 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Toyohiko Kagawa's Concept of Religion: Focusing on the Mutual Relationship Between Science & Religion [Invited] CISMOR Seminar 2017/04/25 英語
「賀川豊彦の描いた新地球制度」 [招待あり] 関西日米交流フォーラム 2016/11/25 日本語
Toyohiko Kagawa's Place in Japanese Christendom [Invited] Japanese National Council of Churches 2016/11/22 英語
賀川豊彦の生命進化論に於ける物質と精神の双方関係 [招待あり] 第37回身心変容技法&ワザ学・こころ観合同研究会 2015/06/11 日本語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
「賀川豊彦の進化論的宇宙観における〈物質〉と〈生命〉」 [招待あり] 第73回「身心変容技法研究会」ワザ学研究会・心観研究会合同開催 2015/06/11 日本語
『アジア系のキリスト者による「無の哲学」ーー賀川豊彦による画期的な再吟味』 京都大学基督教学会第十一回研究発表会 2013/12/14 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Mind & Matter in the Thought of Christian Theologian Toyohiko Kagawa Joint Symposium & 9th Next Generation Global Workshop 2016/09/26 英語
Toyohiko Kagawa’s Attempt to Create a Stable Cooperatives-based World Federation in an Apoplectic Era [Invited] ABMC 2012 – ‘Negotiating a Way Forward: Asia Post Crisis and Post Catastrophe’ 2012/11/18 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
『賀川豊彦のイエス論』 日本基督教学近畿支部会学術大会 2017/03/27 日本語
賀川の救済論ーイエスの血潮というより『発見・発明』 第62回の日本基督教学会全国学術大会 2014/09/09 日本語
「賀川豊彦の東洋思想に対する理解と評価」 [招待あり] 第60回日本基督教全国学術大会 2012/09/11 日本語
Kagawa's Assessment of Oriental Religion and Philosophy as Presented during the Postwar 12 Occupation of Japan 2012 EWC/EWCA INTERNATIONAL CONFERENCE IN BEIJING 2012/09/03 英語
賀川豊彦の「宇宙論」を巡って [招待あり] 第二演習 2009/06/16 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
シカゴ大学付属図書館の研究助成金 University of Chicago Library Travel Grant シカゴ大学 University of Chicago 2015/04/01
DAAD夏期講座奨学金 Summer Intensive Language Training Scholarship ドイツ学術交流会 German Academic Exchange Service (DAAD) 2012/07/01
ミドルベリー大学ドイツ語夏期講習奨学金 Summer Intensive German Language Course ミドルベリー大学 Middlebury College 2010/07/01
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
「クリスマスの意味」 京都新聞 「ソフィア」(社説) 2015/12/25
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
Critical Thinking I Critical Thinking I 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
Science of Religion I Science of Religion I 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
キリスト教学(演習) Christian Studies (Seminars) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
Critical Thinking I-E2 Critical Thinking I-E2 前期集中 全学共通科目 2016/04〜2017/03
Critical Thinking II-E2 Critical Thinking II-E2 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
Science of Religion I-E2 Science of Religion I-E2 前期集中 全学共通科目 2016/04〜2017/03
Science of Religion II-E2 Science of Religion II-E2 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
キリスト教学(演習) Christian Studies (Seminars) 後期 文学研究科 2016/04〜2017/03
キリスト教学(演習) Christian Studies (Seminars) 後期 文学部 2016/04〜2017/03
学外学位論文審査
学位取得者名 学位論文タイトル 大学名 国名 役割 年月
主査
部局運営(役職等)
役職名 期間
応用哲学・倫理学研究センター運営委員会委員 2016/04/01〜2018/03/31
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
University of Chicago Library Travel Grant University of Chicago 2015/09/01
DAAD Summer Language Scholarship for Graduate Students Deutsche Akademischer Austaus Dienst 2010/07/01
Summer Language Program, German Middlebury College 2010/07/01