朴 明験

最終更新日時: 2019/06/22 03:51:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
朴 明験/パク ミョンホン/Park, Myeongheom
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
学際融合教育研究推進センター/構造材料元素戦略研究拠点ユニット/特定助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000021617
研究テーマ
(日本語)
金属材料の力学特性、Dual Phase鋼、構造材料、複合組織、不均一変形、局所応力・局所ひずみ解析、弾塑性力学
(英語)
Mechanical properties of metallic materials, Dual phase steels, heterogeneous deformation, local stress-strain analysis, elasto-plastic mechanics
研究概要
(日本語)
高強度・高延性の両立が構造材料において第一の目標であり、その実現のために様々な研究が従来から活発に成されていた。しかし強度と延性は一般的にトレードオフの関係にあり、両立は困難である。しかし、従来には破壊の起点となりうるため忌避していた介在物を積極的に利用することにより、強度・延性バランスが大きく改善されることが近年分かり始めている。本研究では材料の不均一さの定量化とともにマクロ・ミクロ不均一変形と力学特性の関係を明確にすることを目的とする。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
社会基盤構造材料
材料力学および機械材料関連