檀浦 正子

最終更新日時:2016/08/02 15:22:55

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
檀浦 正子/ダンノウラ マサコ/Masako Dannoura
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
地球環境学堂/資源循環学廊/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 森林科学専攻 森林生産学講座 協力教員(助教)
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa oiwake-cho, sakyo-ku, Kyoto 606-8502 JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6094
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 神戸大学
博士(農学) 神戸大学
プロフィール
(日本語)
1995年香川県立高松高等学校卒業、1996年神戸大学農学部植物資源学科入学、2000年同学科卒業、2000年神戸大学大学院自然科学研究科博士課程前期過程入学、2002年同課程修了。2002年同博士課程後期過程入学、2006年3月修了。博士論文は森林生態系炭素循環における樹木根系の寄与。2006年より神戸大学教務補佐員、学術研究員、森林総合研究所非常勤特別研究員・非常勤職員をへて、2008年より日本学術振興会特別研究員(PD)。2008年9月よりフランス国立農業研究所(INRA)にて研究を行う。2009年9月より京都大学大学院農学研究科森林科学専攻助教、現在に至る。研究は樹木根をめぐる炭素循環研究。スポーツは学生時代に馬術。
研究テーマ
(日本語)
樹木根をめぐる森林炭素動態
研究概要
(日本語)
樹木は、光合成により、大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収し、酸素(O2)を放出する。しかし同時にエネルギーを得るためにO2を吸収してCO2を放出する呼吸活動も行うので、CO2は樹体内をめぐり、一部は樹体や土壌を通って放出され、残りは蓄積されることになる。森林の炭素循環を明らかにし、気候変動等に関する将来予測を行う上で、これら樹木のCO2交換量の環境要因への応答性は重要なファクターであり、特に根圏に着目してCO2フラックス測定研究を行っている。近年では炭素安定同位体をトレーサーとして用いて、樹体の炭素循環プロセスを明らかにする実験を行っている。そのほか、細根動態や地下部バイオマスなどに関する研究。フィールドは、京都の落葉広葉樹二次林・大阪、フランスの人工林、また熱帯および亜寒帯林である。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
森林炭素循環
樹木根
根呼吸
二酸化炭素フラックス
炭素安定同位体
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林学・森林工学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大橋瑞江,柿添哲也, 池野英利, 山瀬敬太郎, 谷川東子, 檀浦正子, 青野健治, 藤堂千景, 平野恭弘 同心円状レーダ探索による海岸に生育するクロマツ個体の水平根の広がりの検出 緑地工学会誌,41,3,385-390 2016 日本語
檀浦正子,種子田春彦,小林剛 炭素安定同位体パルスラベリングを用いて樹木の師液流を測定する 日本生態学会誌,66,501-513 2016 日本語
藤堂千景, 山瀬敬太郎, 谷川東子, 大橋瑞江, 池野英利, 檀浦正子,平野恭弘 間伐がスギの最大引き倒し抵抗モーメントにもたらす影響 緑地工学会誌,41,2,308-314 2015 日本語
山瀬敬太郎, 谷川東子, 池野英利, 藤堂千景, 大橋瑞江, 檀浦正子,平野恭弘 異なる土壌環境下における根系構造と引き抜き抵抗力との関係 緑地工学会誌,41,2,301-307 2015 日本語
平野恭弘,山瀬敬太郎,谷川東子, 檀浦正子,大橋瑞江,藤堂千景,池野英利 減災の観点から樹木根系を非破壊的に推定する地中レーダ法の現状と課題 緑地工学会誌,41,2,319-325 2015 日本語
檀浦 正子 根をめぐる炭素循環 : 炭素安定同位体ラベリングを用いたアプローチ 森林科学 : 日本林学会会報,65,12-15 2012/06/01 日本語
金澤洋一;檀浦正子;福井美帆 農山村地域における地域資源利用形態の変遷―兵庫県宍粟市一宮町中坪集落の事例― 森林応用研究,19,2,1-6 2010/11 日本語
金澤洋一;檀浦正子;福井美帆 農山村地域における地域資源利用形態の変遷―兵庫県宍粟市一宮町中坪集落の事例― 森林応用研究,19,2,1-6 2010/11 日本語
金澤洋一;檀浦正子;福井美帆 農山村地域における地域資源利用形態の変遷―兵庫県宍粟市一宮町中坪集落の事例― 森林応用研究,19,2,1-6 2010/11 日本語
牧田直樹;平野恭弘;檀浦正子;山瀬敬太郎;青野健治;五十嵐鉄朗;石井政博;金澤洋一 ブロックサンプリング法,トレンチ法,地中レーダ法によるアカマツ林の根現存量および根系分布の推定 根の研究,18,2,39-47 2009/06/26
T. Tanikawa; Y. Hirano; M. Dannoura; K. Yamase; K. Aono; M. Ishii; T. Igarashi; H. Ikeno; Y. Kanazawa Root orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar Plant and Soil,18,2,39-47 2009/06/26 英語
檀浦正子,鈴木麻友美,小南裕志,後藤義明,金澤洋一 京都府南部の広葉樹二次林における根現存量および根表面積 日本林学会誌,88,2,120-125 2006
Epron D, Cabral OMR, Laclau J-P, Dannoura M, Packer AP, Plain C, Battie-Laclau P, Moreira MZ, Trivelin PCO, Bouillet J-P, G?rant D, Nouvellon Y In situ 13CO2 pulse labelling of field-grown eucalypt trees revealed the effects of potassium nutrition and throughfall exclusion on phloem transport of photosynthetic carbon Tree Physiology,0,1-16 2016 英語
Desalme, D., Priault, P., Gerant, D., Dannoura, M., Maillard, P., Plain, C., Epron, D. Seasonal variations drive short-term dynamics and partitioning of recently assimilated carbon in the foliage of adult beech and pine. New Phytologist 2016 英語
Daniel S. Falster,…Dannoura M., 他 BAAD: a biomass and allometry database for woody plants Ecology,96,5,1445-1445 2015 英語
Bakker MR., Dekerue F., Andreasson F., Ngao N., Dannoura M., Zeller B., Epron D. Hyphal growth in ingrowth mesh bags in Fagus sylvatica, Quercus petraea and Pinus pinaster stands in France Europ. J. Soil Biolo.,111-117 2015 英語
Hishi T., Dannoura M., Karahara I. Recent advances in woody plant: Preface to a special issue in Plant Root Plant Root,9,68-69 2015 英語
Tanikawa T., Dannoura M., Yamase K., Ikeno H., Hirano Y. Reply to: “Comment on root orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar” Plant and Soil,445-450 2014 英語
T. Tanikawa; Y. Hirano; M. Dannoura; K. Yamase; K. Aono; M. Ishii; T. Igarashi; H. Ikeno; Y. Kanazawa Root orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar Plant and Soil,373,1-2,317-327 2013/12 英語
A. Nakano; H. Ikeno; T. Kimura; H. Sakamoto; M. Dannoura; Y. Hirano; N. Makita; L. Finér; M. Ohashi Automated analysis of fine-root dynamics using a series of digital images Journal of Plant Nutrition and Soil Science,175,5,775-783 2012/10 英語
Y. Kominami; M. Jomura; M. Ataka; K. Tamai; T. Miyama; M. Dannoura; N. Makita; K. Yoshimura Heterotrophic respiration causes seasonal hysteresis in soil respiration in a warm-temperate forest Journal of Forest Research,17,3,296-304 2012/06 英語
Y. Kominami; M. Jomura; M. Ataka; K. Tamai; T. Miyama; M. Dannoura; N. Makita; K. Yoshimura Heterotrophic respiration causes seasonal hysteresis in soil respiration in a warm-temperate forest Journal of Forest Research,17,3,296-304 2012/06 英語
K. Noguchi; M. Dannoura; M. Jomura; M. Awazuhara-Noguchi; Y. Matsuura High belowground biomass allocation in an upland black spruce (Picea mariana) stand in interior Alaska Polar Science,6,1,133-141 2012/04 英語
K. Noguchi; M. Dannoura; M. Jomura; M. Awazuhara-Noguchi; Y. Matsuura High belowground biomass allocation in an upland black spruce (Picea mariana) stand in interior Alaska Polar Science,6,1,133-141 2012/04 英語
N. Makita; Y. Kosugi; M. Dannoura; S. Takanashi; K. Niiyama; A.R. Kassim; A.R. Nik Patterns of root respiration rates and morphological traits in 13 tree species in a tropical forest Tree Physiology,32,3,303-312 2012/03 英語
Y. Hirano; R. Yamamoto; M. Dannoura; K. Aono; T. Igarashi; M. Ishii; K. Yamase; N. Makita; Y. Kanazawa Detection frequency of Pinus thunbergii roots by ground-penetrating radar is related to root biomass Plant and Soil,360,1-2,363-373 2012 英語
Epron. D., Bahn M., Derrien E., Lattanzi FA. Pumpanen J., Gessler A., Hogberg P., Maillard P., Dannoura M., Gerant D., Buchmann N. Labelling trees to study carbon allocation patterns: a review of methods, current knowledge and future prospects. Tree Physiol. 32(6):776-798 2012 英語
Y. Hirano; R. Yamamoto; M. Dannoura; K. Aono; T. Igarashi; M. Ishii; K. Yamase; N. Makita; Y. Kanazawa Detection frequency of Pinus thunbergii roots by ground-penetrating radar is related to root biomass Plant and Soil,360,1,363-373 2012 英語
N. Makita; Y. Hirano; T. Mizoguchi; Y. Kominami; M. Dannoura; H. Ishii; L. Finér; Y. Kanazawa Very fine roots respond to soil depth: Biomass allocation, morphology, and physiology in a broad-leaved temperate forest Ecological Research,26,1,95-104 2011/01 英語
N. Makita; Y. Hirano; T. Mizoguchi; Y. Kominami; M. Dannoura; H. Ishii; L. Fin?r; Y. Kanazawa Very fine roots respond to soil depth: Biomass allocation, morphology, and physiology in a broad-leaved temperate forest Ecological Research,26,1,95-104 2011/01 英語
M. Dannoura; P. Maillard; C. Fresneau; C. Plain; D. Berveiller; D. Gerant; C. Chipeaux; A. Bosc; J. Ngao; C. Damesin; D. Loustau; D. Epron In situ assessment of the velocity of carbon transfer by tracing <sup>13</sup>C in trunk CO<sub>2</sub> efflux after pulse labelling: Variations among tree species and seasons New Phytologist,190,1,181-192 2011 英語
D. Epron; J. Ngao; M. Dannoura; M.R. Bakker; B. Zeller; S. Bazot; A. Bosc; C. Plain; J.C. Lata; P. Priault; L. Barthes; D. Loustau Seasonal variations of belowground carbon transfer assessed by in situ <sup>13</sup>CO<sub>2</sub> pulse labelling of trees Biogeosciences,8,5,1153-1168 2011 英語
M. Dannoura; P. Maillard; C. Fresneau; C. Plain; D. Berveiller; D. Gerant; C. Chipeaux; A. Bosc; J. Ngao; C. Damesin; D. Loustau; D. Epron In situ assessment of the velocity of carbon transfer by tracing <sup>13</sup>C in trunk CO<sub>2</sub> efflux after pulse labelling: Variations among tree species and seasons New Phytologist,190,1,181-192 2011 英語
K. Fukuzawa; M. Dannoura; S. Kanemitsu; Y. Kosugi Seasonal patterns of root production of Japanese oak seedlings and dwarf bamboo grown in rhizoboxes Plant Biosystems,144,2,434-439 2010 英語
Kosugi, Y., Itoh, M., Matsubara, T., Takanashi, S., Osaka, K., Mizota, Y., Dannoura, M., Shimamura, T., and Makita, M. Partitioning of respiratory CO2 fluxes from a C3 turfgrass field. J. Agric. Meteorol. 2010 英語
C. Plain; D. Gerant; P. Maillard; M. Dannoura; Y. Dong; B. Zeller; P. Priault; F. Parent; D. Epron Tracing of recently assimilated carbon in respiration at high temporal resolution in the field with a tuneable diode laser absorption spectrometer after in situ <sup>13</sup>CO<sub>2</sub> pulse labelling of 20-year-old beech trees Tree Physiology,29,11,1433-1445 2009/11 英語
牧田直樹;平野恭弘;檀浦正子;山瀬敬太郎;青野健治;五十嵐鉄朗;石井政博;金澤洋一 ブロックサンプリング法,トレンチ法,地中レーダ法によるアカマツ林の根現存量および根系分布の推定 根の研究,18,2,39-47 2009/06/26 英語
N. Makita; Y. Hirano; M. Dannoura; Y. Kominami; T. Mizoguchi; H. Ishii; Y. Kanazawa Fine root morphological traits determine variation in root respiration of Quercus serrata Tree Physiology,29,4,579-585 2009 英語
Y. Hirano; M. Dannoura; K. Aono; T. Igarashi; M. Ishii; K. Yamase; N. Makita; Y. Kanazawa Limiting factors in the detection of tree roots using ground-penetrating radar Plant and Soil,319,1-2,15-24 2009 英語
Kominami Y., Jomura M., Dannoura M., Goto Y., Tamai K., Miyama T., Kanazawa Y., Kaneko S., Okumura M., Misawa N., Hamada S., Sasaki T., Kimura H., Ohtani Y. Biometric and eddy-covariance-based estimates of carbon balance for a warm-temperate mixed forest in Japan Agric. For. Meteol.,148,714-722 2008 英語
M. Dannoura; Y. Hirano; T. Igarashi; M. Ishii; K. Aono; K. Yamase; Y. Kanazawa Detection of Cryptomeria japonica roots with ground penetrating radar Plant Biosystems,142,2,375-380 2008 英語
M. Dannoura; Y. Kominami; H. Oguma; Y. Kanazawa The development of an optical scanner method for observation of plant root dynamics Plant Root,2,14-18 2008 英語
M. Jomura; Y. Kominami; M. Dannoura; Y. Kanazawa Spatial variation in respiration from coarse woody debris in a temperate secondary broad-leaved forest in Japan Forest Ecology and Management,255,1,149-155 2008 英語
Kominami Y., Jomura M., Dannoura M., Goto Y., Tamai K., Miyama T., Kanazawa Y., Kaneko S., Okumura M., Misawa N., Hamada S., Sasaki T., Kimura H., Ohtani Y. Biometric and eddy-covariance-based estimates of carbon balance for a warm-temperate mixed forest in Japan., Agric. For. Meteol., 148, 714-722 Agric. For. Meteol., 148, 714-722 2008 英語
M. Jomura; Y. Kominami; K. Tamai; T. Miyama; Y. Goto; M. Dannoura; Y. Kanazawa The carbon budget of coarse woody debris in a temperate broad-leaved secondary forest in Japan Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology,59,2,211-222 2007 英語
M. Dannoura; Y. Kominami; K. Tamai; M. Jomura; T. Miyama; Y. Goto; Y. Kanazawa Development of an automatic chamber system for long-term measurements of CO<sub>2</sub> flux from roots Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology,58,5,502-512 2006 英語
T. Miyama; Y. Kominami; K. Tamai; Y. Goto; T. Kawahara; M. Jomura; M. Dannoura Components and seasonal variation of night-time total ecosystem respiration in a Japanese broad-leaved secondary forest Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology,58,5,550-559 2006 英語
M. Dannoura; M. Suzuki; Y. Kominami; Y. Goto; Y. Kanazawa Estimation of root biomass and root surface area in a broad-ieaved secondary forest in the southern part of Kyoto prefecture Nihon Ringakkai Shi/Journal of the Japanese Forestry Society,88,2,120-125 2006 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
檀浦正子;小杉緑子;牧田直樹;兼光修平;高梨聡;新山馨;田中克典;春田岳彦 樹木(独立栄養)呼吸に占める根呼吸の役割 日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM),122nd,ROMBUNNO.J24 2011/03/25 日本語
小南裕志, 深山貴文, 吉村謙一, 安宅未央子, 檀浦正子, 上村真由子 暖温帯落葉広葉樹林における水ストレスに伴う樹液流速の反応について 日本生態学会 2011 日本語
檀浦正子 光合成産物は何時間で根・土壌圏に到達するのか? 第121回 日本森林学会 2010 日本語
Masako Dannoura The δ13C composition of respired CO2 from roots after 13CO2 pulse labelling. AsiaFluxWorkingShop2009 2009 日本語
檀浦正子 土壌呼吸の構成要素としての根の役割-京都ヒノキ林およびマレーシア熱帯林における測定より- 第120回 日本森林学会 2008 日本語
Masako Dannoura, Yuji Kominami, Satoru Takanashi, Kenichi Yoshimura, Mioko Ataka, Andreasson Frida, Naoki Makita, Motonori Okumura, Kenshi Takahashi Time lag between photosynthesis and respiration in Quercus serrata tree using 13C pulse labeling International Symposium in Agricultural Meteorology 2012 英語
Yoshiko Wada, Yuji Kominami, Kenichi Yoshimura, Masako Dannoura, Chiyomi Uematsu Tree ensity and mortality cause forest CO2 uptake -30 years monitoring of biomass change-. Asia Flux Workshop 2011 英語
Yuji Kominami, Yoshiko Wada, Mioko Ataka, Ryushi Sasaki, Kenichi Yoshimura, Masako Dannoura, Mayuko Jomura, Chiyomi Uematsu Diversity of carbon sequestration in managed and unmanaged broad-leaved forest in Japan Asia Flux Workshop 2011 英語
Masako Dannoura Carbon allocation belowground in Pinus Pinaster using stable carbon isotope pulse labeling technique AGU Fall meeting 2010 英語
Masako Dannoura Carbon allocation in Pinus Pinaster using stable carbon isotope pulse labelling technique Symposium on the usage of new techniques to understand gas exchange and carbon dynamics in the forest ecosystem 2010 英語
Masako Dannoura Continuous measurement of isotope composition of root respiration COST FP0803: 2nd meeting; Belowground Complexity 2010 英語
Masako Dannoura Isotope Composition of CO2 Efflux in Root Respiration Fifth International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants 2010 英語
Masako Dannoura Quantifying the velocity of carbon transfer from canopy to the soil COST ES0806:Analysing post labelling experiments 2010 英語
Yuji Kominami, Yoshiko Wada, Mioko Ataka, Ryushi Sasaki, Kenichi Yoshimura, Masako Dannoura, Mayuko Jomura, Chiyomi Uematsu A new attempt to evaluate the interaction between vegetation and environmental factors on forest NEP using botanical garden forests Asia Flux Workshop 2010 英語
Masako Dannoura Belowground carbon allocation: recovery of 13C in root growth and respiration after in situ 13CO2 pulse labeling International symposium Root Research and Applications (RootRAP) 2009 英語
Masako Dannoura Integrated monitoring of Carbon Allocation in Trees and Soil-CATS in Bordeaux- Second mini symposium on the use of stable isotopes in tree physiology and forest ecology. 2009 英語
Takafumi Miyama, Yuji Kominami, Kenichi Yoshimura, Motonori Okumura, Masako Dannoura, Mayuko Jomura, Koji Tamai Environmental control factors of CO2 and CH4 flux on riparian zone of warm-temperate broadleaved forest in Japan International Cabon Dioxide Conference 2009 英語
Masako Dannoura Time series analysis of root respiration in Japanease mixed forest CostE38: Woody Roots and Ecosystem Services 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
「Toward Future Earth」Carbon allocation: a key component of the carbon cycle in forest ecosystems. 2016
「Toward Future Earth」Current and Previous Research Related to the Impacts of Environmental Change on Finnish Forests 2016
植松千代美,小南裕志,檀浦正子ほか 都市・森・人をつなぐ(植松千代美 編) 京大出版 2014 日本語
檀浦正子 教養としての森林学 (井出雄二,大河内勇,井上真 編) 文永堂出版 2014
Dannoura M., Kominami Y., Makita N., and Oguma H. Measuring Roots S. Mancuso (ed.), Chapter 8 Flat Optical Scanner Method and Root Dynamics Springer-Verlag Berlin Heidelberg pp127-133, 2011. DOI 10.1007/978-3-642-22067-8_8 2011 日本語
Fukuzawa, K., Dannoura M., and Shibata H. Measuring Roots S. Mancuso (ed.), Chapter 15 Fine Root Dynamics and Root Respiration. Springer-Verlag Berlin Heidelberg pp127-133, DOI 10.1007/978-3-642-22067-8_15 2011 英語
Kosugi, Y., Dannoura M., and Epron D. Report of the "Symposium on the use of new techniques to undertand gas exchange and carbon dynamics in the forest ecosystem, Kytoto 2010" Asia Flux Newsletter IssueNo. 32. 2011 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 新しい装置を用いた根呼吸量と根系画像の同時測定 simultaneous measurement of root respiration and root images using newly-developed syetem 2007/04/01〜2008/03/31
基盤研究(B) 分担 土を掘らずに地中探査用レーダを用いて樹木根バイオマスを推定する方法の確立 Estimation of root biomass using grand-penetrating-rader without digging 2010/04/01〜2012/03/31
若手研究(B) 代表 炭素安定同位体ラベリングを用いた森林地下部炭素循環の解明 Breakthrough of underground carbon cycle in the forest ecosystems using carbon stable isotope labeling technique 2010/04/01〜2011/03/31
基盤研究(B) 代表 安定同位体パルスラベリングを用いた樹木内炭素循環速度の樹種間比較 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(A) 分担 減災の観点から樹木根系の広がりを非破壊的に評価する方法の確立 2013/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 13Cラベリングとイオン顕微鏡を組み合わせた森林樹木への炭素固定プロセスの解明 2015/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B)海外学術 分担 気候変動下での永久凍土地帯に生育する樹木の地下部および地上部成長抑制要因の解明 2014/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
生存圏科学萌芽研究 檀浦正子 安定炭素同位体と近赤外レーザー分光法を用いた樹木のCO2固定量の追跡 2011/04/01〜2012/03/31
鉄鋼環境基金 檀浦正子 炭素安定同位体を用いた樹木による二酸化炭素固定量の実測 2011/11/01〜2012/10/31
京都大学教育研究振興財団在外短期助成 檀浦正子 ユーカリにおける乾燥ストレスが樹体の炭素分配に与える影響; カリウム施肥区へのラベリング手法を用いたアプローチ 2012/05/12〜2012/07/03
鉄鋼環境基金 檀浦正子 炭素安定同位体ラベリングとnanoSIMSを組み合わせた森林樹木組織への炭素固定化の解明 2013/11/01〜2015/10/31
生存圏科学萌芽研究 檀浦正子 炭素は樹木のどこに固定されるのか?-ラベリングとレーザー式同位体分析装置(TDLS)・イオン顕微鏡(NanoSIMS)によるアプローチ- 2014/07/01〜2015/03/31
生存圏科学萌芽研究 檀浦正子 炭素安定同位体パルスラベリングを用いた、アラスカ永久凍土地帯における森 林土壌呼吸における樹木由来のCO2放出量の推定 2015/07/01〜2016/03/31
生存圏科学萌芽研究 檀浦正子 炭素安定同位体パルスラベリングを用いた、アラスカ永久凍土地帯における森林土壌呼吸における樹木由来のCO2放出量の推定 -季節変化に着目して- 2016/07/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
森林利用学実習及び実習法 後期 農学部 2011/04〜2012/03
森林利用学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
森林利用学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
北海道東部の人と自然 People and Nature of East Hokkaido 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
森林利用学実習及び実習法 Practice in Forest Utilization 後期 農学部 2012/04〜2013/03
研究林実習III Practice in University Forest III 前期 農学部 2012/04〜2013/03
森林利用学実習及び実習法 Practice in Forest Utilization 後期 農学部 2013/04〜2014/03
研究林実習III Practice in University Forest III 前期 農学部 2013/04〜2014/03
森林利用学専攻演習 Seminar in Forest Utilization 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林利用学専攻実験 Laboratory Course in Forest Utilization 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
北海道東部の人と自然 People and Nature of East Hokkaido 前期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
森林利用学実習及び実習法 Practice in Forest Utilization 後期 農学部 2014/04〜2015/03
研究林実習 III Practice in University Forest III 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林利用学専攻演習 Seminar in Forest Utilization 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林利用学専攻実験 Laboratory Course in Forest Utilization 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
環境農学論 Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
北海道東部の人と自然 People and Nature of East Hokkaido 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2015/04〜2016/03
情報基礎演習[農学部] Practice of Basic Informatics(Faculty of Agriculture) 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
森林利用学実習及び実習法 Practice in Forest Utilization 後期 農学部 2015/04〜2016/03
森林利用学専攻実験1 Laboratory Course in Forest Utilization1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林利用学専攻実験 Laboratory Course in Forest Utilization 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林利用学専攻演習1 Seminar in Forest Utilization1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林利用学専攻演習 Seminar in Forest Utilization 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
環境農学論 Principle of Sustainable Agriculture 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
研究林実習 III Practice in University Forest III 前期 農学部 2015/04〜2016/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2016/04〜2017/03
地球環境学のすすめ Introduction to Global Environmental Studies 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
森林利用学実習及び実習法 Practice in Forest Utilization 後期 農学部 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻実験1 Laboratory Course in Forest Utilization1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻実験2 Laboratory Course in Forest Utilization2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻実験 Laboratory Course in Forest Utilization 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻演習1 Seminar in Forest Utilization1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻演習2 Seminar in Forest Utilization2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林利用学専攻演習 Seminar in Forest Utilization 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
研究林実習 III Practice in University Forest III 前期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
地球環境学堂三才学林委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
樹木医技術講義 森林炭素循環と根の役割 2014/09/14
京都大学農学部公開講座 森のできかた 2010/10/16
長岡京環境ミーティング 森林のCO2吸収のメカニズム 2014/07/17
スーパーサイエンスハイスクール講義 西大和学園 森について考える 2013/09/21
その他活動:その他
活動名 内容 期間
京都森林インストラクター会 2008〜