宮崎 修次

最終更新日時:2017/09/06 02:42:15

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
宮崎 修次/ミヤザキ シユウジ/Syuji Miyazaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/先端数理科学専攻非線形物理学講座/講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部 情報学科
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 京都大学 情報学研究科 先端数理科学専攻 非線形物理学講座
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本物理学会
情報処理学会
形の科学会
電子情報通信学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学修士 九州大学
博士(理学) 九州大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
九州大学 大学院理学研究科物理学専攻修士課程 修了
九州大学 大学院理学研究科物理学専攻博士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
九州大学 理学部物理学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
長崎県立長崎南高等学校 ながさきけんりつながさきみなみこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1996/04/01〜1998/03/31 広島大学工学部 助手
プロフィール
(日本語)
1992年九州大学大学院理学研究科 博士後期課程修了.博士(理学).エッセン大学,広島大学を経て,1998年より京都大学大学院情報学研究科(複雑系科学専攻)講師.専門は非線形力学・非平衡統計力学.日本物理学会,情報処理学会,形の科学会,電子情報通信学会 各会員.その他,研究者総覧( http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/souran.html )参照のこと.
(英語)
1987-92 Graduate School of Kyushu University. Doctor of Science (Kyushu Univ.) 1992 October - 1995 September : Fachbereich Physik, Universität Gesamthochschule Essen (DAAD scholarship). 1996 April - 1998 March : Department of Applied Mathematics, Hiroshima University. 1998 April - : Department of Applied Analysis and Complex Dynamical Systems, Graduate School of Informatics, Kyoto University. (See http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/syuji-e.html in detail.)
個人ホームページ
URL
http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
非平衡・非線形物理学
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
数理物理・物性基礎
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
S. Miyazaki A solvable chaotic map of q-phase transitions caused by diverging local expansion rates Journal of the Physical Society of Japan,82,12 2013 英語
宮崎修次;松井克仁 射影演算子法の大偏差統計関数導出への応用~2011年12月28日に急逝した森肇九州大学名誉教授を偲んで~ 電子情報通信学会技術研究報告,111,498(NLP2011 141-164),89-94 2012/03/20 日本語
K. Matsui; S. Miyazaki; M.U. Kobayashi; T. Horita; K. Ouchi Fluctuation spectra of few- And large-degree-of-freedom chaotic systems Procedia IUTAM,5,265-271 2012 英語
S. Miyazaki; T. Takaguchi Network analysis based on statistical-thermodynamical formalism Procedia IUTAM,5,160-164 2012 英語
松井克仁;小林幹;宮崎修次 双曲性・非双曲性と拡大率スペクトル 形の科学会誌,26,2,201-202 2011/12 日本語
宮崎修次;田中健太 グラフ上の酔歩と大偏差統計関数の非解析性 形の科学会誌,26,2,203-204 2011/12 日本語
K. Morino; K. Ouchi; S. Miyazaki Relaxation and hysteresis in a periodically forced Swift-Hohenberg system Progress of Theoretical Physics,125,6,1123-1132 2011/06 英語
宮崎 修次,高口太朗 大偏差ネットワーク解析 形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form,25,2,204-205 2010/11/01 日本語
T. Takaguchi; K. Ejima; S. Miyazaki Network analysis based on statistical-thermodynamics formalism Progress of Theoretical Physics,124,1,27-52 2010/07 英語
K. Morino; T. Horita; S. Miyazaki Various synchronization phenomena in discrete-time coupled chaotic rotors Progress of Theoretical Physics,123,6,923-939 2010/06 英語
MORINO Kai;MIYAZAKI Syuji Complex Basin Structure and Parameter-Mismatch Induced Intermittency in Discrete-Time Coupled Chaotic Rotors Forma (Web),25,1,WEB ONLY 1-10 2010 英語
Taro Takaguchi and Syuji Miyazaki Spectra Statistics of the Transition Matrices on Watts-Strogatz Model Forma,24,1,37-40 2009/12/01 英語
宮崎 修次,森野 佳生,大内 克哉 強制 Swift-Hohenberg 系における緩和現象 形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form,24,2,178-179 2009/11/01 日本語
宮崎 修次;秦 浩起 分野横断型学会における高校生参加型企画の試み : 形の科学会の場合(教育実践) 大学の物理教育,15,2,93-96 2009/07/15 日本語
Morino, Kai; Kobayashi, Miki U.; Miyazakii, Syuji Time Correlation Calculation Method Based on Delayed Coordinates PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS,121,6,1143-1156 2009/06 英語
宮崎修次;森野佳生 周期性の強い複素カオス写像を用いたカオス同期の解析 形の科学会誌,24,1,29-30 2009/06 日本語
S. Miyazaki Gibbs measures for the network Studies in Computational Intelligence,56,129-137 2007 英語
M.U. Kobayashi; H. Fujisaka; S. Miyazaki Periodic-orbit determination of dynamical correlations in stochastic processes Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics,76,4 2007 英語
S. Miyazaki; Y. Nagashima Network as a chaotic dynamical system International Journal of Bifurcation and Chaos,17,10,3529-3533 2007 英語
S. Miyazaki Crossover between ballistic and normal diffusion Progress of Theoretical Physics Supplement,161,270-273 2006 英語
S. Miyazaki Directed network as a chaotic dynamical system Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),4012 LNAI,261-270 2006 英語
M. Yoshida; S. Miyazaki; H. Fujisaka Irregular parameter dependence of generalized diffusion coefficients based on large deviation statistical analysis Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics,74,2 2006 英語
S. Miyazaki Directed network as a chaotic piece-wise linear one-dimensional map and its large-deviation properties Progress of Theoretical Physics Supplement,162,147-154 2006 英語
K. Ito; S. Miyazaki Crossover between Anomalous Superdiffusion and Normal Diffusion in Oscillating Convection Flows Progress of Theoretical Physics,110,5,875-887 2003 英語
N. Tsukamoto; S. Miyazaki; H. Fujisaka Synchronization and intermittency in three-coupled chaotic oscillators Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics,67,1 2,162121-1621215 2003 英語
S. Miyazaki; K. Ito Extended self-similarity in modulational intermittency based on the continuous-time random walk approach Progress of Theoretical Physics,108,6,999-1019 2002 英語
S. Miyazaki; T. Harada; A. Budiyono Continuous-time random walk approach to on-off diffusion Progress of Theoretical Physics,106,6,1051-1078 2001 英語
S. Miyazaki Anomalous time scaling of the mean square distance in on-off diffusion Journal of the Physical Society of Japan,69,9,2719-2722 2000 英語
H. Fujisaka; K. Ouchi; H. Hata; B. Masaoka; S. Miyazaki On-off intermittency in oscillatory media Physica D: Nonlinear Phenomena,114,3-4,237-250 1998 英語
S. Miyazaki; H. Hata Universal scaling law of the power spectrum in the on-off intermittency Physical Review E - Statistical Physics, Plasmas, Fluids, and Related Interdisciplinary Topics,58,6 SUPPL. A,7172-7175 1998 英語
H. Hata; S. Miyazaki Exactly solvable maps of on-off intermittency Physical Review E - Statistical Physics, Plasmas, Fluids, and Related Interdisciplinary Topics,55,5 A,5311-5314 1997 英語
S. Miyazaki; H. Fujisaka On-Off Intermittency in a Four-Dimensional Poincaré Map Journal of the Physical Society of Japan,65,11,3423-3425 1996 英語
S. Miyazaki; A.R. Kolovsky Quasienergy-band structure of a periodically driven system with translational symmetry Physical Review E,50,2,910-916 1994 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
宮崎修次 局所軌道拡大率が発散する型のq相転移とその可解モデル (9/19 19aPSA-8) 日本物理学会 2012年秋季大会,横浜国立大学,2012年9月18日~21日 2012/09/19 日本語
Kenta Tanaka and Syuji Miyazaki Network analysis based on large deviation formalism (9/15 Poster) International Conference on Towards Mathematical Foundations of Complex Network Theory, 14-16 September 2012, Graduate School of Science Building No.6, Kyoto University, Japan 2012/09/15 英語
宮崎 修次,松井 克仁 射影演算子法の大偏差統計関数導出への応用 ~ 2011年12月28日に急逝した森肇九州大学名誉教授を偲んで ~ (3/28) 電子情報通信学会 非線形問題研究会(NLP),福江文化会館 展示室,2012年3月27日~28日 2012/03/28 日本語
宮崎修次,田中健太 ネットワーク上の酔歩と大偏差統計関数の非解析性 (3/25 25pPSA-15) 日本物理学会 第67回年次大会,関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス,2012年3月24日~27日 2012/03/25 日本語
松井 克仁,  宮崎 修次 射影演算子法による大偏差統計関数の近似計算手法 (3/22 Poster) 情報統計力学の最前線 ─ 情報と揺らぎの制御の物理学を目指して ─, 基礎物理学研究所 湯川記念館パナソニック国際交流ホール,2012年3月21日~23日 2012/03/22 日本語
宮崎 修次, 田中 健太 大偏差統計を用いたネットワーク解析(3/15 P16) 第8回 ネットワーク生態学シンポジウム,慶応湘南藤沢キャンパス(SFC),2012年3月15日~16日 2012/03/15 日本語
Syuji Miyazaki and Katsuhito Matsui Projection-operator method applied to statistical-thermodynamics formalism (3/8 Poster) International Workshop on Anomalous Statistics, Generalized Entropies, and Information Geometry, March 6 (Tue.) - 10 (Sat.), 2012, Memorial Hall, Nara Women's University, Nara, Japan 2012/03/08 英語
松井克仁;宮崎修次 射影演算子法による大偏差統計関数の数値計算手法 日本物理学会講演概要集,67,1,299 2012/03/05 日本語
Syuji Miyazaki and Katsuhito Matsui Projection-operator method applied to large deviation statistics (2/20 A33) Phase Transition Dynamics in Soft Matter : Bridging Microscale and Mesoscale, February 20-22, 2012, Panasonic Auditorium, Yukawa Hall, Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University, Kyoto, Japan 2012/02/20 英語
宮崎 修次, 田中 健太 グラフ上の酔歩と大偏差統計関数の非解析性(12/9) 第72回 形の科学シンポジウム 運動と形 , 鹿児島大学理学部1号館(郡元キャンパス),2011年12月9日~11日 2011/12/09 日本語
松井 克仁, 小林 幹(First 合原最先端数理モデルプルジェクト 東京大学生産技術研究所),宮崎 修次 双曲性・非双曲性と拡大率スペクトル(12/9) 第72回 形の科学シンポジウム 運動と形 , 鹿児島大学理学部1号館(郡元キャンパス),2011年12月9日~11日 2011/12/09 日本語
Syuji Miyazaki Network Analysis Based on Large-Deviation Statistics (11/23) Frontiers in Dynamical systems and Topology, November 21 (Monday)---November 25 (Friday), 2011, Room number 110 (1st floor), Department of Mathematics (Faculty of Science Budg. No. 3), Kyoto University, Japan 2011/11/23 英語
宮崎修次, 小林幹(FIRST,合原最先端数理モデルプロジェクト),松井克仁 非双曲性と拡大率スペクトル(11/12) 平成23年度共同利用研究集会「乱流現象及び非平衡系の多様性と普遍性」, 九州大学応用力学研究所,2011年11月10日~12日 2011/11/12 日本語
宮崎修次,森野佳生(東大情報理工),大内克哉(神戸芸術工科大学) 周期外力が加わったSwift-Hohenberg系における緩和とヒステリシス(22pPSB-68) 日本物理学会 2011年秋季大会,富山大学 五福キャンパス,2011年9月21日~24日 2011/09/22 日本語
Syuji Miyazaki and Taro Takaguchi SNS Analysis Based on Statistical-Thermodynamical Formalism Proceedings of the 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2011), p.140 (September 2011) 2011/09 英語
松井克仁;宮崎修次;堀田武彦 カオス時系列の一般化ランジュバン方程式による解析 日本物理学会講演概要集,66,2,206 2011/08/24 日本語
宮崎修次,小林幹(京大数理研),大内克哉(神戸芸術工科大学),堀田武彦(大阪府立大学工学研究科) 大自由度カオス力学系の拡大率スペクトル(28aPS-45) 日本物理学会 第66回年次大会,新潟大学 五十嵐キャンパス,2011年3月25日~28日(東日本大震災により大会は中止,講演概要集による発表) 2011/03/28 日本語
江口弘樹,宮崎修次 カオス位相同期のsoft転移・hard転移に対するリヤプノフスペクトル解析(27pTC-7) 日本物理学会 第66回年次大会,新潟大学 五十嵐キャンパス,2011年3月25日~28日(東日本大震災により大会は中止,講演概要集による発表) 2011/03/27 日本語
松井克仁;宮崎修次;小林幹 ローレンツ系の非双曲性と局所軌道拡大率のレート関数 日本物理学会講演概要集,66,1,326 2011/03/03 日本語
Syuji Miyazaki, Kai Morino and Katsuya Ouchi Relaxation scaling laws in a periodically forced Swift-Hohenberg system (1/6 P05) Far-From-Equilibrium Dynamics 2011 (FFED11), January 4-8, 2011, Shiran-Kaikan, Kyoto, Japan 2011/01/06 英語
Katsuhito Matsui, Syuji Miyazaki, Miki U. Kobayashi, Katsuya Ouchi, Takehiko Horita Fluctuation-spectrum approach to few and large-degree-of-freedom chaotic systems (1/6 P08) Far-From-Equilibrium Dynamics 2011 (FFED11), January 4-8, 2011, Shiran-Kaikan, Kyoto, Japan 2011/01/06 英語
宮崎修次,松井克仁 ローレンツ系の非双曲性と拡大率スペクトル 第116回日本物理学会九州支部例会 , 長崎大学,2010年12月4日 2010/12/04 日本語
宮崎修次,高口太朗(東大) 大偏差ネットワーク解析(11/21) 第70回 形の科学シンポジウム 色と構造 , 兵庫県立加古川東高等学校,2010年11月19日~21日 2010/11/21 日本語
Syuji Miyazaki Network Analysis Based on Large-Deviation Formalism Japan-Slovenia Seminar on Nonlinear Science (Kansai 2010), November 8-9, 2010, Osaka Prefecture University, Osaka, Japan 2010/11/09 英語
小林幹(京大数理研),大内克哉(神戸芸工大),宮崎修次,堀田武彦(大阪府大工) 統計熱力学形式に基づくネットワーク解析(24pPSB-6) 日本物理学会 2010年秋季大会,大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス,2010年9月23日~26日 2010/09/24 日本語
森野佳生,大内克哉(神戸芸工大),宮崎修次 Swift-Hohenberg系における周期外力を加えた際の緩和現象について(21pPSB-38) 日本物理学会 第65回年次大会,岡山大学 津島キャンパス,2010年3月20日~23日 2010/03/21 日本語
宮崎修次,辻みのり(京大工),高口太朗 自然言語の大偏差統計解析II(21pPSB-31) 日本物理学会 第65回年次大会,岡山大学 津島キャンパス,2010年3月20日~23日 2010/03/21 日本語
江口弘樹,宮崎修次 カオス位相同期のSoft 転移・Hard 転移に対するネットワーク構造の影響II(20aEH-14) 日本物理学会 第65回年次大会,岡山大学 津島キャンパス,2010年3月20日~23日 2010/03/20 日本語
森野佳生,大内克哉(神戸芸工大),宮崎修次 Pattern dynamics in forced Swift-Hohenberg systems (3/13) かたちシューレ@太宰府,ホテルグランティア太宰府,2010年3月12日~13日 2010/03/13 英語
高口太朗,江島啓(KDDI株式会社),宮崎修次 統計熱力学形式の応用 - 社会ネットワークと言語(3/12) かたちシューレ@太宰府,ホテルグランティア太宰府,2010年3月12日~13日 2010/03/12 日本語
宮崎修次,森野佳生 周期性の強い複素カオス写像結合系における複雑なベイスン構造(3/12) かたちシューレ@太宰府,ホテルグランティア太宰府,2010年3月12日~13日 2010/03/12 日本語
宮崎修次,森野佳生,大内克哉(神戸芸工大) 強制Swift-Hohenberg 系における緩和現象(11/23) 第68回 形の科学シンポジウム かたちが生みだす機能,機能を発揮するかたち , 獨協医科大学,2009年11月21日~23日 2009/11/23 日本語
森野佳生, 大内克哉(神戸芸工大),宮崎修次 周期外力下のSwift-Hohenberg 系における緩和現象(11/14) 平成21年度共同利用研究集会「乱流現象及び非平衡系の多様性と普遍性」, 九州大学応用力学研究所,2009年11月12日~14日 2009/11/14 日本語
宮崎修次 大偏差統計解析とレベルダイナミクスIII(28aPS-4) 日本物理学会 2009年秋季大会,熊本大学 黒髪キャンパス,2009年9月25日~28日 2009/09/28 日本語
森野佳生, 大内克哉(神戸芸工大),宮崎修次 複素カオス写像結合系におけるカオス位相同期に至るシナリオの解析II(26pQD-4) 日本物理学会 2009年秋季大会,熊本大学 黒髪キャンパス,2009年9月25日~28日 2009/09/26 日本語
江口弘樹,宮崎修次 カオス位相同期のSoft転移・Hard転移に対するネットワーク構造の影響(25aQK-2) 日本物理学会 2009年秋季大会,熊本大学 黒髪キャンパス,2009年9月25日~28日 2009/09/25 日本語
宮崎修次,森野佳生 周期性の強い複素カオス写像を用いたカオス同期の解析 (6/26) 第67回 形の科学シンポジウム 表現の科学ー人工物と環境を考える, 東京大学柏キャンパス,2009年6月26日~27日 2009/06/26 日本語
高口太朗,宮崎修次 スモールワールドネットワークにおけるカオス位相同期(30pTB-10) 日本物理学会 第64回年次大会,立教大学 池袋キャンパス,2009年3月27日~30日 2009/03/30 日本語
宮崎修次,高口太朗 自然言語の大偏差統計解析(30aPS-38) 日本物理学会 第64回年次大会,立教大学 池袋キャンパス,2009年3月27日~30日 2009/03/30 日本語
森野佳生,堀田武彦(阪府大工),宮崎修次 複素カオス写像結合系におけるカオス位相同期に至るシナリオの解析(29pTK-7) 日本物理学会 第64回年次大会,立教大学 池袋キャンパス,2009年3月27日~30日 2009/03/29 日本語
宮崎修次,秦浩起(鹿大理) 分野横断型学会の高校生セッションの試み-形の科学会の場合-(27aYE-11) 日本物理学会 第64回年次大会,立教大学 池袋キャンパス,2009年3月27日~30日 2009/03/27 日本語
Syuji Miyazaki, Taro Takaguchi, Kei Ejima, Mika Izuo Network analysis based on statistical-thermodynamics formalism (日本語講演) 電子情報通信学会 非線形問題研究会(NLP),キャンパスプラザ京都,2009年3月11日 2009/03/11 日本語
高口太朗,江島啓(KDDI),出尾美佳,宮崎修次 統計熱力学形式を用いたコミュニティ構造の抽出 (3/9 O2-4) 第5回 ネットワーク生態学シンポジウム,沖縄国際大学,2009年3月9日~10日 2009/03/09 日本語
S. Miyazaki Network analysis based on large deviation statistics AIP Conference Proceedings,922,615-618 2007 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
射影演算子法の大偏差統計関数導出への応用 森肇先生記念研究集会 ―非線形・非平衡系の統計力学― 森肇先生記念研究集会世話人・九州大学応用力学研究所・伊藤極限プラズマ研究連携センター 2012/11/23 日本語
神が采を投げずとも―コイン投げ・カオス・大きな揺らぎ― 非線形科学セミナー「大偏差統計とその周辺」 科学研究費補助金 20540376 「大偏差統計解析の新たな展開」 2011/04/30 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
宮崎修次 神が采を投げずとも --- コイン投げ・カオス・大きな揺らぎ --- 現代数学社 1999/11 日本語
宮崎修次(共著,翻訳) カオス・インパクト 森北出版,(1999年7月21日) ISBN4-627-21321-2, pp.182-194 1999/07/21 日本語
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
非線形物理学・非平衡統計力学に関する連続講演会 鹿児島大学 理学部1号館 数理計算実験室,2008年2月18日(月)・19日(火),http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20080218/ 2008/02/18
非線形物理学・非平衡統計力学に関する連続講演会 九州大学 箱崎キャンパス 理系地区  21世紀交流プラザⅡ 講義室1(二階) ,2008年8月30日(土)9時から16時半頃まで,http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20080830/ 2008/08/30
第66回 形の科学シンポジウム「非平衡統計力学・非線形物理学と形の科学」 形の科学会,10月31日:京大会館,11月1日~3日:芝蘭会館別館(国際交流会館) ,2008年10月31日(金)~11月3日(月,祝日) ,http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20081101/ 2008/10/31
非線形科学セミナー「大偏差統計とその周辺」 九州大学西新プラザ,2011年4月30日(土) ,http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20110430/ 2011/04/30
第72回 形の科学シンポジウム「運動と形」 形の科学会,鹿児島大学理学部1号館(郡元キャンパス) ,2011年12月9日(金)~11日(日) ,http://f3.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20111209/ 2011/12/09
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 分担 非平衡系における大自由度複雑力学系の理論的および数値実験的研究 1999/04/01〜2001/03/31
基盤研究(C) 代表 大偏差統計解析の新たな展開 2008/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 大偏差統計解析の新たな展開 2011〜2011
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本学術振興会 日欧科学協力事業 (内国出張旅費助成,渡航助成金) 早稲田大学・理工学部・教授・相澤洋二 カオス及び量子カオスに関する研究 Study on chaos and Quantum chaos 2002/04/01〜2004/03/31
ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 宮崎 修次 カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス 宮崎 修次 カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
物理学基礎論B Fundamental Physics B 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
複雑系力学セミナーⅠ 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
複雑系科学特殊研究I 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
複雑系科学特殊研究Ⅱ 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
複雑系数理特論A 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
力学続論 Advanced Dynamics 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
力学続論 Advanced Dynamics 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
複雑系力学セミナーI Seminar in Complex Dynamics 1 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
複雑系数理特論A Topics in Nonequilibrium Dynamics A 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
複雑系科学特殊研究II Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems2 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
質点系と振動の力学 Dynamics of Particles and Vibration 前期 工学部 2012/04〜2013/03
質点系と振動の力学 Dynamics of Particles and Vibration 前期 工学部 2013/04〜2014/03
複雑系力学セミナーI Seminar in Complex Dynamics 1 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
複雑系科学特殊研究II Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems2 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
複雑系数理特論A Topics in Nonequilibrium Dynamics A 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
力学続論 Advanced Dynamics 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
質点系と振動の力学 Dynamics of Particles and Vibration 後期 工学部 2014/04〜2015/03
数理工学セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics 後期 工学部 2014/04〜2015/03
複雑系力学セミナーI Seminar in Complex Dynamics 1 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
複雑系力学通論B Complex Dynamics B 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
複雑系科学特殊研究II Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems2 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
物理学基礎論B Fundamental Physics B 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
カオス・フラクタル・非線形科学への誘い Introduction to chaos, fractal and nonlinear science 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
力学続論 Advanced Dynamics 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
数理工学概論 Introduction to Applied Mathematics and Physics 前期 工学部 2015/04〜2016/03
複雑系力学セミナーI Seminar in Complex Dynamics 1 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
複雑系数理特論A Topics in Nonequilibrium Dynamics A 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
複雑系科学特殊研究II Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems2 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
質点系と振動の力学 Dynamics of Particles and Vibration 後期 工学部 2015/04〜2016/03
数理工学概論 Introduction to Applied Mathematics and Physics 前期 工学部 2016/04〜2017/03
複雑系力学セミナーI Seminar in Complex Dynamics 1 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
複雑系力学通論B Complex Dynamics B 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
複雑系科学特殊研究II Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems2 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
基礎数理演習 Exercise on Applied Mathematics and Physics 前期 工学部 2017/04〜2018/03
数理科学特殊研究II Advanced Study in Mathematical Sciences II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理科学特殊研究I Advanced Study in Mathematical Sciences I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
物理学基礎論B Fundamental Physics B 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
複雑系力学通論B Complex Dynamics B 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
非平衡物理学特論A Topics in Nonequilibrium Physics A 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
非線形物理学セミナーI Seminar in Nonlinear Physics I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
計算機小委員会委員 2011/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティ作業委員会委員 2012/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティ委員会(幹事) 2015/04/01〜2016/03/31
情報セキュリティ委員会委員(情報セキュリティ技術責任者) 2016/04/01〜2017/03/31
図書WG委員 2017/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
形の科学会 運営委員 2008/04/01〜2010/03/31
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
形の科学会 FORMA 形の科学会欧文誌FORMA特集号(2009年 Vol.24 No.1) 「非平衡統計力学・非線形物理学と形の科学(邦題)」責任編集担当者,序文執筆 2009〜2009
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
基礎物理学研究所・日本物理学会 刊行事業 Progress of Theoretical Physics 2009/11/〜2009/11/
Elsevier Physica D: Nonlinear Phenomena 2010/04/〜2010/04/
形の科学会 FORMA 2010/05/〜2010/05/
基礎物理学研究所・日本物理学会 刊行事業 Progress of Theoretical Physics 2010/06/〜2010/08/
World Scientific Publishing Co. International Journal of Bifurcation and Chaos 2010/10/〜2011/04/
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
九州大学応用力学研究所共同利用研究集会 研究協力者 2005/04/01〜2012/03/31
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
日本物理学会 日本物理学会第59回年次大会 2004
日本物理学会 日本物理学会2004年秋季大会 2004
日本物理学会 日本物理学会60回年次大会(2005年) 2005
日本物理学会 日本物理学会60回年次大会(2006年) 2006
日本物理学会 日本物理学会2006年秋季大会 2006
A Grant-in-Aid for Scientific Research from the Japan Society for the Promotion of Science Japan-Slovenia Seminar on Nonlinear Science (Kansai 2010) , November 8-9, 2010, Osaka Prefecture University, Osaka, Japan, Session 5 2010/11/08
形の科学会 第72回 形の科学シンポジウム 「運動と形」 2011/12/10
形の科学会 第78回 形の科学シンポジウム「こころのかたち・こころのゆらぎ」 2014/11/22
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
京都大学 情報学研究科 複雑系科学専攻 21世紀COE公開講座「多様性を科学する --- 複雑系」 カオスとその周辺 - Das Ewig-Chaotische(永遠にカオスなるものは)... - 2007/06/23
その他活動:啓蒙書
著者名 タイトル 出版社 年月
京都大学工学部情報学科数理工学コース 編(共著) 神が采を投げずとも --- コイン投げ・カオス・大きな揺らぎ --- 現代数学社,(2005年1月20日) ISBN4-7687-0260-0 2005/01/20
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
京都大学ELCAS専修コース 科学技術振興機構(JST)のグローバルサイエンスキャンパス http://www.jst.go.jp/cpse/gsc/ のプランS(大規模型)に採択された京都大学実施「科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム『略称ELCAS(エルキャス)』」 http://elcas.kyoto-u.ac.jp/wordpress/ 専修コース 京都市立堀川高等学校2年生1名の指導 京都府 2015/__/__
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
兵庫県立加古川高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会 委員 兵庫県 2012/06/14〜2013/03/31
兵庫県立加古川高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会 委員 兵庫県 2013/06/14〜2014/03/31
兵庫県立加古川高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会 委員 兵庫県 2014/06/14〜2015/03/31
兵庫県立加古川高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会 委員 兵庫県 2015/06/14〜2016/03/31
九州大学大学院集中講義「応用物理学特別講義II」 非常勤講師 九州大学 2015/07/21〜2015/07/23
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
科学技術振興機構(JST) 全国スーパーサイエンスハイスクール(SSH)全国研究発表会審査委員 2015/08/05〜2015/08/06
その他活動:その他
活動名 内容 期間
第66回 形の科学シンポジウム 高校生セッション 同シンポジウムに初めて高校生セッションを導入し,高校生の発表や高校生向けの学術講演を実施し,高校生と研究者の交流の場を設けた.電子情報通信学会関西支部 小中高校生向け科学教育行事に対する助成金10万円の交付を受けた.http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20081101/ 2008/11/03〜2008/11/03
高校生研究室訪問 日時:2008年11月22日,京都大学工学部2号館322室( 複雑系数理分野 セミナー室) ,参加者: 兵庫県立加古川東高等学校 1年生12名.http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20081122/ 2008/11/22〜2008/11/22
高校生研究室訪問 日時:2011年3月14日,京都大学工学部2号館322室( 複雑系数理分野 セミナー室) ,参加者: 兵庫県立加古川東高等学校 1年生約10名.http://ndfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~aoki/2011-03-14-OpenLaboratory/ 2011/03/14〜2011/03/14
非線形科学セミナー「大偏差統計とその周辺」 高校生セッション 2011年4月30日(土) ,九州大学西新プラザ,福岡県立小倉高校在校生の研究発表と研究者との交流.http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20110430/ 2011/04/30〜2011/04/30
高校生研究室訪問 日時:2011年7月28日,京都大学工学部2号館322室( 複雑系数理分野 セミナー室) ,参加者: 滋賀県立膳所高等学校 物理地学班所属の高校生20名,顧問・荒川忠彦教諭.http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20110728/ 2011/07/28〜2011/07/28
第72回 形の科学シンポジウム「運動と形」 高校生セッション 2011年12月11日(日),鹿児島大学理学部1号館(郡元キャンパス) ,高校生の研究発表・高校生向け学術講演.http://f3.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20111209/ 2011/12/11〜2011/12/11
第7回 女子中高生のための関西科学塾 2012年10月21日(日),京都大学工学部2号館322室( 複雑系数理分野 セミナー室),参加者:女子高校生15名・引率教諭1名・保護者1名,科学技術振興機構の「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」の一つ.http://kagaku-juku.jp/ 2012/10/21〜2012/10/21
カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる 京都大学(文学部東館・情報学研究科複雑系数理分野セミナー室).参加者:高校生18名・引率教諭2名・保護者3名.平成25年度 ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)http://www.jsps.go.jp/hirameki/ 2013/11/03〜2013/11/04
第8回 女子中高生のための関西科学塾 京都大学吉田キャンパス文学部東館476b室(情報学研究科複雑系数理分野セミナー室),参加者:女子高校生5名,科学技術振興機構の「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」の一つ.http://kagaku-juku.jp/ 2014/03/15〜2014/03/16
カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる 京都大学(文学部東館・情報学研究科複雑系数理分野セミナー室).参加者:中学生1名・高校生26名・引率教諭1名・保護者1名.平成26年度 ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)http://www.jsps.go.jp/hirameki/ 2014/08/07〜2014/08/08
第9回 女子中高生のための関西科学塾 京都大学吉田キャンパス文学部東館476b室(情報学研究科複雑系数理分野セミナー室),参加者:女子中学生8名・保護者4名,科学技術振興機構の「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」の一つ.http://kagaku-juku.jp/ 2014/10/12〜2014/10/12
第78回 形の科学シンポジウム「こころのかたち・こころのゆらぎ」 高校生セッション 佐賀大学(鍋島キャンパス),高校生の研究発表.http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20141122/ 2014/11/22〜2014/11/23
カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる 京都大学吉田キャンパス(工学部2号館317室・情報学研究科複雑系力学講座セミナー室).平成27年度 ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)http://www.jsps.go.jp/hirameki/ 2015/08/25〜2015/08/26
第10回 女子中高生のための関西科学塾 京都大学吉田キャンパス(工学部2号館317室・情報学研究科複雑系力学講座セミナー室),科学技術振興機構の「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」の一つ.http://kagaku-juku.jp/ 2015/11/15〜2015/11/15
京都精華女子高等学校 研究室訪問 担当する京都大学1回生向けポケット・ゼミ 「カオス・フラクタル・非線形科学への誘い」の受講者が精華女子高等学校の高校生向けに,これまで学習してきた内容を説明し,卓上実験を行った. http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20140716/ 2014/07/16〜2014/07/16
平成26年度高大連携課題研究合同発表会 in 京都大学 左記行事において指導助言を行った. http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20141116.pdf 2014/11/16〜2014/11/16

  • <<
  • >>
  • 表示