辰巳 健一郎

最終更新日時: 2020/07/01 10:46:47

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
辰巳 健一郎/タツミ ケンイチロウ/Tatsumi, Kenichirou
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/手術部/助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本麻酔科学会 Japanese Society of Anesthesiologists
日本集中治療医学会 the Japanese society of Intensive Care Medicine
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) Ph. D., Medical Science 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院医学研究科博士課程医学専攻 修了
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023146
研究テーマ
(日本語)
術前ストレス、術後の炎症反応、術後合併症、危険因子、薬剤、環境整備、ゲートウェイ反射
(英語)
Preoperative stress, Postoperative inflammatory reaction, Postoperative complication, Risk factor, Medication, Environmental improvement, Gateway reflex
研究概要
(日本語)
心因性・社会的ストレスは、自律神経系や内分泌系、免疫系などに広範な影響を及ぼし、全身疾患の発症原因、増悪因子となりうる。手術に臨む患者は、多くのストレスに苛まれていることは容易に想像できるが、術後経過にどのような影響を及ぼすかについては、ほとんど明らかになっていない。ストレスが術後の炎症反応に及ぼす作用について分子生物学的に検討し、さらに術後経過にどのような臨床的影響が生じうるかを明らかにする。
(英語)
Psychological and social stress have an influence on the autonomic nervous system, endocrine system, immune system, etc., and cause exacerbation of systemic diseases. We can imagine that patients scheduled for surgery are suffering from a lot of stress, but little is known about how they affect the postoperative course. The purpose of this study is to examine the effect of stress on postoperative inflammatory reaction, and to clarify what kind of clinical influence may occur in the postoperative course.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
麻酔 Anesthesia
ストレス Stress
炎症反応 Inflammatory reaction
術後合併症 Postoperative complication
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
最優秀演題 日本麻酔科学会 Japanese Society of Anesthesiologists 2016/05/
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 術前のストレスは術後SIRSの危険因子となる (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
臨床疾病論D Clinical Overview of Medicine D 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
臨床疾病論D Clinical Overview of Medicine D 前期後半 薬学部 2019/04〜2020/03
臨床疾病論D Clinical Overview of Medicine D 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2020/04〜2021/03
臨床疾病論D Clinical Overview of Medicine D 前期後半 薬学部 2020/04〜2021/03