入江 一浩

最終更新日時:2017/11/08 12:17:27

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
入江 一浩/イリエ カズヒロ/Kazuhiro Irie
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品生命科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
irie @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本化学会 The Chemical Society of Japan
日本癌学会 Japanese Cancer Association
日本ペプチド学会 The Japanese Peptide Society
日本認知症学会 Japan Society for Dementia Research
日本ケミカルバイオロジー学会 Japan Society for Chemical Biology
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Chemical Society USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部食品工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
自由学園高等科(東京都東久留米市)
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1984/04/01〜1997/03/31 京都大学農学部食品工学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Agriculture, Kyoto University 助手 Instructor
1992/04/08〜1993/03/25 米国スタンフォード大学化学科(Paul A. Wender教授) Department of Chemistry, Stanford University (Professor Paul A. Wender) 客員研究員 Visiting Scholar
1998/04/01〜1999/03/31 京都大学農学研究科応用生命科学専攻 Division of Applied Life Sciences, Faculty of Agriculture, Kyoto University 助手 Instructor
1999/04/01〜2001/03/31 京都大学農学研究科応用生命科学専攻 Division of Applied Life Sciences, Faculty of Agriculture, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2001/04/01〜2007/06/30 京都大学農学研究科食品生物科学専攻 Division of Food Science and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2007/07/01〜 京都大学農学研究科食品生物科学専攻 Division of Food Science and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
1982年京都大学農学部食品工学科卒業、1984年同大学大学院農学研究科修士課程修了、同年京都大学農学部助手、1988年農学博士、1999年京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻助教授、2007年同大学院同研究科食品生物科学専攻教授、現在に至る.この間、1992年4月から1年間、米国スタンフォード大学化学科客員研究員(Paul A. Wender教授) 趣味:化石および鉱物の収集、ランの栽培
(英語)
Kazuhiro Irie received his B. Agr. (1982), M. Agr. (1984), and D. Agr. (1988) from Kyoto University. He was appointed as an instructor at the Department of Food Science and Technology in Kyoto University in 1984. In 1992, he joined the group of Professor Paul A. Wender at the Department of Chemistry in Stanford University as a visiting scholar for one year. Since 2007, he has been a Full Professor of the Division of Food Science and Biotechnology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University. His research interests are in the area of organic chemistry in life science, especially, signal transduction through protein kinase C (tumor promotion) and Alzheimer's disease.
個人ホームページ
URL
http://www.orgchem.kais.kyoto-u.ac.jp/
研究テーマ
(日本語)
1.プロテインキナーゼCのC1ホモロジードメインの化学合成と立体構造解析 2.天然発がん促進物質の構造活性相関とプロテインキナーゼCアイソザイム選択的な薬剤の開発 3.アルツハイマー病因ペプチドの凝集機構の解明と凝集阻害剤の開発 4.インドール環4位への窒素原子導入酵素の触媒機構の解析と応用 5.ブリオスタチンのプロテインキナーゼC活性化機構に基づいた新規抗がん剤の開発
(英語)
1. Synthesis and structural studies of the C1 homology domains of protein kinase C 2. Structure-activity studies on tumor promoter teleocidins and development of new medicinal leads with protein kinase C isozyme selectivity 3. Chemical studies on the aggregation mechanism of amyloid β (Aβ) peptides to develop new medicinal leads that inhibit Aβ aggregation 4. Analysis and application of the enzyme that catalyzes the introduction of a nitrogen atom into the indole ring 5. Development of new anti-cancer drugs based on the activation mechanism of protein kinase C by bryostatin
研究概要
(日本語)
 アルツハイマー病因物質であるアミロイドβペプチド凝集体の立体構造を、核磁気ならびに電子スピン共鳴法を用いて明らかにし、その構造に基づき、 本ペプチドの凝集を抑制する抗体および低分子化合物の開発を行なっている。低分子化合物としては、特に食品に含まれるポリフェノールを対象としている。  海洋動物フサコケムシに含まれるブリオスタチン1は、副作用の少ない抗がん剤であるが、十分量供給できない。そこで、合成が容易な等価体を開発し、その作用機構の解明と抗がん剤としての最適化を目指している。
(英語)
Aggregation of the 42-mer amyloid β protein (Aβ42) plays a critical role in the pathogenesis of Alzheimer's disease (AD). We have reported the importance of a turn at Glu-22 and Asp-23 of Aβ42 to induce its neurotoxicity through the formation of radicals. Based on the toxic turn structure, antibodies and compounds that inhibit the aggregation and neurotoxicity of Aβ are being developed. We focus mainly on the polyphenols in Foods as anti-agrregative compounds for Aβ. Protein kinase C (PKC) isozymes are widely recognized as targets for anti-cancer therapy. However, concerns exist about their therapeutic uses since most PKC activators are potent tumor-promoters. Bryostatin 1 (bryo-1) is a unique PKC activator with little tumor-promoting activities. Bryo-1 is undergoing clinical trials for the treatment of cancer. However, its limited availability from natural sources and difficulty in the synthesis hamper further studies on its mode of action and structural optimization. Recently, we have reported that the simple and less lipophilic analogue of tumor-promoting aplysiatoxin could be a promising lead for bryo-1-like anti-cancer drugs. In order to enhance its anti-proliferative activity against cancer cells, aplog-1 is being derivatized systematically. Moreover, the target sites of aplog-1 are being examined using FLAG-tagged-Aplog-1 and the beads technology developed by professor Handa.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
有機化学 organic chemistry
ケミカルバイオロジー chemical biology
天然物化学 chemistry of natural products
有機合成 organic synthesis
アルツハイマー Alzheimer's disease
抗がん剤 anti-cancer agents
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
生物生産化学・生物有機化学
生物分子科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Aihara, A. Kawaguchi, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie and H. Shigemori* Inhibitory activity of hispidin derivatives isolated from Inonotus obliquus on amyloid β aggregation Heterocycles, 94/7, 1280-1287 2017 英語
Y. Oku, K. Murakami, K. Irie, J. Hoseki and Y. Sakai* Synthesized Aβ42 caused intracellular oxidative damage, leading to cell death, via lysosome rupture Cell Struct. Funct., 42/1, 71-79 2017 英語
Y. Hanaki, Y. Shikata, M. Kikumori, N. Hotta, M. Imoto and K. Irie* Identification of protein kinase C isozymes involved in the anti-proliferative and pro-apoptotic activities of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, in several cancer cell lines Biochem. Biophys. Res. Commun., in press 2017 英語
A. Ben Hmidene, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie, H. Isoda and H. Shigemori* Inhibitory activities of antioxidant favonoids from Tamarix gallica on amyloid aggregation related to Alzheimer's and type 2 diabetes diseases Biol. Pharm. Bull., 40, 238-241 2017 英語
K. Kawabata*, K. Kitamura, K. Irie, S. Naruse, T. Matsuura, T. Uemae, S. Taira, H. Ohigashi, S Murakami, M. Takahashi, Y. Kaido and B. Kawakami Triterpenoids isolated from Ziziphus jujuba enhance glucose uptake activity in skeletal muscle cells J. Nutr. Sci. Vitaminol., 63/3, 193-199 2017 英語
Y. Hanaki, M. Kikumori, H. Tokuda, M. Okamura, S. Dan, N. Adachi, N. Saito, R. C. Yanagita and K. Irie* Loss of the phenolic hydroxyl group and aromaticity from the side chain of anti-proliferative 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, enhances its tumor-promoting and proinflammatory activities Molecules, 22, 631 2017 英語
N. Izuo, C. Kasahara, K. Murakami, T. Kume, M. Maeda, K. Irie, K. Yokote and T. Shimizu* A toxic conformer of Aβ42 with a turn at 22-23 is a novel therapeutic target for Alzheimer’s disease Sci. Rep., 7, 11811 2017 英語
Y. Irie, K. Murakami, M. Hanaki, Y. Hanaki, T. Suzuki, Y. Monobe, T. Takai, K. Akagi, T. Kawase, K. Hirose and K. Irie* Synthetic models of quasi-stable amyloid β40 oligomers with significant neurotoxicity ACS Chem. Neurosci., 8/4, 807-816 2017 英語
村上一馬,入江一浩* 食品・生薬成分によるアミロイドβ42の凝集抑制機構の系統的解析 日本認知症学会誌, 31/3, 351-360 2017 日本語
K. Murakami, M. Tokuda, T. Suzuki, Y. Irie, M. Hanaki, N. Izuo, Y. Monobe, K.-i. Akagi, R. Ishii, H. Tatebe, T. Tokuda, M. Maeda, T. Kume, T. Shimizu and K. Irie* Monoclonal antibody with conformational specificity for a toxic conformer of amyloid β42 and its application toward the Alzheimer’s disease diagnosis Sci. Rep., 6, 29038 2016 英語
Y. Ashida, R. C. Yanagita*, C. Takahashi, Y. Kawanami and K. Irie Binding mode prediction of aplysiatoxin, a potent agonist of protein kinase C, through molecular simulation and structure-activity study on simplified analogs of the receptor-recognition domain Bioorg. Med. Chem., 24/18, 4218-4227 2016 英語
E. Kidachi, M. Kurisu, Y. Miyamae, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie and H. Shigemori* Structure-activity relationship of phenylethanoid glycosides on the inhibition of amyloid β aggregation Heterocycles, 92/11, 1976-1982 2016 英語
Y. Igarashi, K. Ohnishi, K. Irie and A. Murakami* Possible contribution of zerumbone-Induced proteo-stress to its anti-inflammatory functions via the activation of heat shock factor 1 PLos One, 11/8, e0161282 2016 英語
T. Yoshioka, K. Murakami, K. Ido, M. Hanaki, K. Yamaguchi, S. Midorikawa, S. Taniwaki, H. Gunji and K. Irie* Semisynthesis and structure–activity studies of Uncarinic acid C Isolated from Uncaria rhynchophylla as a specific inhibitor of the nucleation phase in amyloid β42 aggregation J. Nat. Prod., 79/10, 2521-2529 2016 英語
M. Kikumori, R. C. Yanagita, H. Tokuda, K. Suenaga, H. Nagai and K. Irie* Structural optimization of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, as an anticancer lead Biosci. Biotechnol. Biochem., 80/2, 221-231 2016 英語
入江一浩 アルツハイマー病の正確な早期診断の実現に向けて 化学, 71/11, 41-44 2016 日本語
M. Hanaki, K. Murakami, K.-i. Akagi and K. Irie* Structural insights into mechanisms for inhibiting amyloid β42 aggregation by non-catechol-type flavonoids Bioorg. Med. Chem., 24/2, 304-313 2016 英語
H. Takahashi, N. Adachi, T. Shirafuji, S. Danno, T. Ueyama, M. Vendruscolo, A. N. Shuvaev, T. Sugimoto, T. Seki, D. Hamada, K. Irie, H. Hirai, N. Sakai and N. Saito* Identification and characterization of PKCgamma, implicated in SCA14, as an amyloidogenic protein Human Mol. Genet., 24/2, 525-539 2015 英語
泉尾直孝*,村上一馬,久米利明,前田雅弘,入江一浩,清水孝彦 アルツハイマー病様神経毒性におけるアミロイドβコンホマーの役割 基礎老化研究, 39/3, 29-34 2015 日本語
A. Otera, Y. Miyamae*, K. Yoshida, K. Mejima, T. Akita, A. Kakizuka, K. Irie, S. Masuda, T. Kambe and M. Nagao Identification of a new type of covalent PPARγ agonist using a ligand-linking strategy ACS Chem. Biol., 10/12, 2794-2804 2015 英語
Y. Hanaki, R. C. Yanagita, T. Sugahara, M. Aida, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie* Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin with anti-proliferative and cytotoxic activities Biosci. Biotechnol. Biochem., 79/6, 888-895 2015 英語
A. Hashimoto, K. Ohkura, M. Takahashi, K. Kizu, H. Narita, S. Enomoto, Y. Miyamae, S. Masuda, M. Nagao, K. Irie, H. Ohigashi, G. K. Andrews, and T. Kambe* Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4-targeting Biochem. J., 472/2, 183-193 2015 英語
K. Murakami, T. Suzuki, M. Hanaki, Y. Monobe, K.-i. Akagi and K. Irie* Synthesis and characterization of the amyloid β40 dimer model with a linker at position 30 adjacent to the intermolecular β-sheet region Biochem. Biophys. Res. Commun., 466/3, 463-467 2015 英語
M. Kikumori, R. C. Yanagita and K. Irie* Improved and large-scale synthesis of 10-methyl-aplog-1, a potential lead for an anticancer drug Tetrahedron, 70/52, 9776-9782 2014 英語
W. Jiang, S. Tan, Y. Hanaki, K. Irie, H. Uchida, R. Watanabe, T. Suzuki, B. Sakamoto, M. Kamio and H. Nagai* Two new lyngbyatoxin derivatives from the cyanobacterium Moorea producens Mar. Drugs, 12, 5788-5800 2014 英語
K. Irie* and R. C. Yanagita Synthesis and biological activities of the simplified analogs of natural PKC ligands, bryostatin-1 and aplysiatoxin Chem. Rec., 14/2, 251-267 2014 英語
W. Jiang, W. Zhou, H. Uchida, M. Kikumori, K. Irie, R. Watanabe, T. Suzuki, B. Sakamoto, M. Kamino and H. Nagai* A new lyngbyatoxin from the Hawaiian cyanobacterium moorea producens Mar. Drugs, 12, 2748-2759 2014 英語
A. Ohtera, Y. Miyamae, N. Nakai, A. Kawachi, K. Kawada, J. Han, H. Isoda, M. Neffati, T. Akita, K. Maejima, S. Masuda, T. Kambe, N. Mori, K. Irie and M. Nagao* Identification and characterization of PKCγ, a kinase associated with SCA14, as an amyloidogenic protein Biochem. Biophys. Res. Commun. 440/2, 204-209 2013 英語
K. Ohnishi, S. Ohkura, E. Nakahata, A. Ishisaka, Y. Kawai, J. Terao, T. Mori, T. Ishii, T. Nakayama, N. Kioka, S. Matsumoto, Y. Ikeda, M. Akiyama, K. Irie and A. Murakami* Non-specific protein modifications by a phytochemical induce heat shock response for self-defense PLos One 8/3, e58641 2013 英語
K. Ohnishi, E. Nakahata, K. Irie and A. Murakami* Zerumbone, an electrophilic sesquiterpene, induces cellular proteo-stress leading to activation of ubiquitin-proteasome system and autophagy Biochem. Biophys. Res. Commun. 430/2, 616-622 2013 英語
N. Soejima, Y. Ohyagi*, N. Nakamura, E. Himeno, K. M. Iimura, N. Sakae, R. Yamasaki, T. Tabira, K. Murakami, K. Irie, N. Kinoshita, F. M. Laferla, Y. Kiyohara, T. Iwaki and J.-i. Kira Intracellular accumulation of toxic turn amyloid-β is associated with endoplasmic reticulum stress in Alzheimer’s disease Curr. Alzheimer Res., 10/1, 11-20 2013 英語
Y. Hanaki, M. Kikumori, S. Ueno, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie* Structure-activity studies at position 27 of aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity Tetrahedron, 69/36, 7636-7645 2013 英語
M. Sato, K. Murakami, M. Uno, H. Ikubo, Y. Nakagawa, S. Katayama, K.-i. Akagi and K. Irie* Structure–activity relationship of (+)-taxifolin isolated from silymarin as an inhibitor of amyloid β aggregation. Biosci. Biotechnol. Biochem., 77/5, 1100-1103 2013 英語
T. Kondo, N. Iwata*, S. Yamanaka, H. Inoue* et al. Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Abeta and differential drug responsiveness Cell Stem Cell, 12/4, 487-496 2013 英語
H. Kamachi, K. Tanaka, R. C. Yanagita, A. Murakami, K. Murakami, H. Tokuda, N. Suzuki, Y. Nakagawa and K. Irie* Structure-activity studies on the side chain of a simplified analog of aplysiatoxin (aplog-1) with anti-proliferative activity Bioorg. Med. Chem., 21/10, 2695-2702 2013 英語
N. Izuo, K. Murakami, M. Sato, M. Iwasaki, Y. Izumi, T. Shimizu, A. Akaike, K. Irie* and T. Kume* Non-toxic conformer of amyloid β may suppress amyloid β-induced toxicity in rat primary neurons: implications for a novel therapeutic strategy for Alzheimer's disease Biochem. Biophys. Res. Commun., 438/1, 1-5 2013 英語
R. C. Yanagita, H. Kamachi, M. Kikumori, H. Tokuda, N. Suzuki, K. Suenaga, H. Nagai and K. Irie* Effects of the methoxy group in the side chain of debromoaplysiatoxin on its tumor-promoting and anti-proliferative activities Bioorg. Med. Chem. Lett., 23/15, 4319-4323 2013 英語
M. Sato, K. Murakami, M. Uno, Y. Nakagawa, S. Katayama, K.-i. Akagi, Y. Masuda, K. Takegoshi and K. Irie* Site-specific inhibitory mechanism for amyloid-beta42 aggregation by catechol-type flavonoids targeting the Lys residues J. Biol. Chem., 288/32, 23212-23224 2013 英語
H. Sekiguchi, F. Takabayashi, K. Irie and A. Murakami* Auraptene attenuates gastritis via reduction of Helicobacter pylori colonization and pro-inflammatory mediator production in C57BL/6 mice J. Med. Food, 15/7, 658-663 2012 英語
Y. Ikeda, R. Yamaji, K. Irie, N. Kioka and A. Murakami* Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase regulates cyclooxygenase-2 expression by targeting mRNA stabiliy Arch. Biochem. Biophys., 528/2, 141-147 2012 英語
F. Tsuji, A. Ishihara, K. Kurata, A. Nakagawa, M. Okada, S. Kitamura, K. Kanamaru, Y. Masuda, K. Murakami, K. Irie and Y. Sakagami* Geranyl modification on the tryptophan residue of ComXRO-E2 pheromone by a cell-free system FEBS Lett., 586/2, 174-179 2012 英語
K. Irie*, M. Kikumori, H. Kamachi, K. Tanaka, A. Murakami, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki, H. Nagai, K. Suenaga and Y. Nakagawa Synthesis and structure-activity studies of simplified analogues of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin-1 Pure Appl. Chem., 84/6, 1341-1351 2012 英語
S. Ueno, R. C. Yanagita, K. Murakami, A. Murakami, H. Tokuda, N. Suzuki, T. Fujiwara and K. Irie* Identification and biological activities of bryostatins from Japanese bryozoan Biosci. Biotechnol. Biochem., 76/5, 1041-1043 2012 英語
K. Murakami, N. Murata, Y. Noda, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu* Stimulation of the amyloidogenic pathway by cytoplasmic superoxide radicals in an Alzheimer’s disease mouse model Biosci. Biotechnol. Biochem., 76/6, 1098-1103 2012 英語
Y. Shu, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie* Synthesis of antineoplastic analogs of aplysiatoxin with various side chain structures Heterocycles, 86/1, 281-303 2012 英語
K. Irie*, R. C. Yanagita and Y. Nakagawa Challenges to the development of bryostatin-type anticancer drugs based on the activation mechanism of protein kinase Cδ Med. Res. Rev., 32/3, 518-535 2012 英語
F. Tsuji*, A. Ishihara, A. Nakagawa, M. Okada, S. Kitamura, K. Kanamaru, Y. Masuda, K. Murakami, K. Irie and Y. Sakagami Lack of the consensus sequence necessary for tryptophan prenylation in the ComX pheromone precursor Biosci. Biotechnol. Biochem., 76/8, 1492-1496 2012 英語
M. Kikumori, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki, H. Nagai, K. Suenaga and K. Irie* Structure-activity studies on the spiroketal moiety of a simplified analog of debromoaplysiatoxin with antiproliferative activity J. Med. Chem., 55/11, 5614-5626 2012 英語
N. Izuo, T. Kume, M. Sato, K. Murakami, K. Irie*, Y. Izumi and A. Akaike* Toxicity in rat primary neurons through the cellular oxidative stress induced by the turn formation at positions 22 and 23 of Aβ42 ACS Chem. Neurosci., 3/9, 674-681 2012 英語
Y. Izumi, A. Matsumura, S. Wakita, K.-i. Akagi, H. Fukuda, T. Kume, K. Irie, H. Sugimoto, T. Hashimoto and A. Akaike* Isolation, identification, and biological evaluation of Nrf2-ARE activator from the leaves of green perilla (Perilla frutescencs var. crispa f. viridis) Free Radc. Biol. Med., 53/4, 669-679 2012 英語
Y. Miyamae, M. Kurisu, K. Murakami, J. Han, H. Isoda, K. Irie and H. Shigemori* Protective effects of caffeoylquinic acids on the aggregation and neurotoxicity of the 42-residue amyloid β-protein Bioorg. Med. Chem., 20/19, 5844-5849 2012 英語
村上一馬,佐藤瑞穂,鈴木啓之,泉尾直孝,久米利明,赤池昭紀,永田 徹,西崎知之,富山貴美,森 啓,入江一浩* アミロイドβの「毒性コンホマー」形成とGlu22位における遺伝性変異 Dementia Japan, 26/3, 311-318 2012 日本語
T. Doi, Y. Masuda*, K. Irie, K. Akagi, Y. Monobe, T. Imazawa and K. Takegoshi Solid-state NMR analysis of the β-strand orientation of the protofibrils of amyloid β-protein Biochem. Biophys. Res. Commun., 428/4, 458-462 2012 英語
L. Kulic*, J. McAfoose, T. Welt, C. Tackenberg, C. Späni, F. Wirth, V. Finder, U. Konietzko, M. Giese, A. Eckert, N. Kinoshita, T. Shimizu, K. Murakami, K. Irie, S. Rasool, C. Glabe, C. Hock and R. M. Nitsch Early accumulation of intracellular fibrillar oligomers and late congophilic amyloid angiopathy in mice expressing the Osaka intra-Aβ APP mutation Transl. Psychiatry, 2, e183 2012 英語
村上一馬,入江一浩* Aβの毒性ターン構造を認識する抗体 神経内科, 77, 179-184 2012 日本語
M. Takahashi*, Y. Sugiyama, K. Kawabata, Y. Takahashi, K. Irie, A. Murakami, Y. Kubo, K. Kobayashi and H. Ohigashi 1,2-Di-O-α-linolenoyl-3-O-β-galactosyl-sn-glycerol as a superoxide generation inhibitor from Perilla frutescens var. crispa Biosci. Biotechnol. Biochem., 75/11, 2240-2242 2011 英語
K. Murakami*, T. Shimizu and K. Irie Formation of the 42-mer amyloid β radical and the therapeutic role of superoxide dismutase in Alzheimer's disease J. Amino Acids, ID 654207 (10 pages) 2011 英語
Y. Nakagawa, M. Kikumori, Ryo C. Yanagita, A. Murakami, H. Tokuda, H. Nagai and K. Irie* Synthesis and biological evaluation of the 12,12-dimethyl derivative of aplog-1, an anti-proliferative analog of tumor-promoting aplysiatoxin Biosci. Biotechnol. Biochem., 75/6, 1167-1173 2011 英語
T. Kawamura, K. Matsubara, H. Otaka, E. Tashiro, K. Shindo, R. C. Yanagita, K. Irie and M. Imoto* Generation of 'Unnatural Natural Product' library and identification of a small molecule inhibitor of XIAP Bioorg. Med. Chem., 19/14, 4377-4385 2011 英語
K. Murakami, S. Yokoyama, N. Murata, Y. Ozawa, K. Irie, T. Shirasawa, and T. Shimizu* Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyperinsulinemia but does not exacerbate Alzheimer's-like phenotypes in mice Biochem. Biophys. Res. Commun., 409/1, 34-39 2011 英語
K. Murakami, S.-i. Yokoyama, N. Murata, Y. Ozawa, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu* Vitamin C restores behavioral deficits and Aβ oligomerization without affecting plaque formation in a mouse model of Alzheimer’s disease J. Alzheimers Dis., 26/1, 7-18 2011 英語
Y. Masuda*, M. Fukuchi, T. Yatagawa, M. Tada, K. Takeda, K. Irie, K.-i. Akagi, Y. Monobe, T. Imazawa and K. Takegoshi Solid-state NMR analysis of interaction sites of curcumin and 42-residue amyloid β-protein fibrils Bioorg. Med. Chem., 19/20, 5967-5974 2011 英語
K. Murakami, N. Murata, Y. Noda, S. Tahara, T. Kaneko, N. Kinoshita, H. Hatsuta, S. Murayama, K. J. Barnham, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu* SOD1 (cupper/zinc superoxide dismutase) deficiency drives amyloid β protein oligomerization and memory loss in mouse model of Alzheimer’s disease J. Biol. Chem., 286/52, 44557-44568 2011 英語
H. Sekiguchi, K. Irie and A. Murakami* Suppression of CD74 expression and Helicobacter pylori adhesion by auraptene targeting serum starvation-activated ERK1/2 in NCI-N87 gastric carcinoma cells Biosci. Biotechnol. Biochem., 74/5, 1018–1024 2010 英語
M. Yasuda, K. Irie and A. Murakami* Inhibition by genistein of the lipopolysaccharide-induced down-regulation of programmed cell death 4 in RAW 264.7 mouse macrophages Biosci. Biotechnol. Biochem., 74/5, 1095–1097 2010 英語
M. Yasuda, T. Schmid, D. Rübsamen, N. H. Colburn, K. Irie and A. Murakami* Downregulation of programmed cell death 4 by inflammatory conditions contributes to the generation of the tumor promoting microenvironment Mol. Carcinog., 49/9, 837–848 2010 英語
T. Kondo, R. Kajita, A. Miyazaki, M. Hokoyama, T. Nakamura-Miura, S. Mizuno, Y. Masuda, K. Irie, Y. Tanaka, S. Takada, T. Kakimoto* and Y. Sakagami* Stomatal density is controlled by a mesophyll-derived signaling molecule Plant Cell Physiol., 51/1, 1-8 2010 英語
M. U. Huynh, M. C. Elston, N. M. Hernandez, D. B. Ball, S. Kajiyama, K. Irie, W. H. Gerwick and D. J. Edwards* Enzymatic production of (-)-indolactam V by LtxB, a cytochrome P450 monooxygenase J. Nat. Prod., 73/1, 71-74 2010 英語
K. Murakami, Y. Horikoshi-Sakuraba, N. Murata, Y. Noda, Y. Masuda, N. Kinoshita, H. Hatsuta, S. Murayama, T. Shirasawa, T. Shimizu* and K. Irie* Monoclonal antibody against the turn of the 42-residue amyloid β-protein at positions 22 and 23 ACS Chem. Neurosci., 1/11, 747-756 2010 英語
R. C. Yanagita, H. Kamachi, K. Tanaka, A. Murakami, Y. Nakagawa, H. Tokuda, H. Nagai and K. Irie* Role of the phenolic hydroxyl group in the biological activities of simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity Bioorg. Med. Chem. Lett., 20/20, 6064-6066 2010 英語
N. Murata, K. Murakami, Y. Ozawa, N. Kinoshita, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu* Silymarin attenuated the amyloid βplaque burden and improved behavioral abnormalities in an Alzheimer's disease mouse model Biosci. Biotechnol. Biochem., 74/11, 2299-2306 2010 英語
T. Suzuki, K. Murakami, N. Izuo, T. Kume, A. Akaike, T. Nagata, T. Nishizaki, T. Tomiyama, H. Takuma, H. Mori and K. Irie* E22Δ mutation in amyloid β-protein promotes β-sheet transformation, radical production, and synaptotoxicity, but not neurotoxicity Int. J. Alzheimers Dis., ID 431320 (8 pages) 2010 英語
増田 裕一*, 入江 一浩 ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性 FFIジャーナル, 215/1, 53-59 2010 日本語
K. Murakami*, Y. Masuda, T. Shirasawa, T. Shimizu and K. Irie The turn formation at positions 22 and 23 in the 42-mer amyloid β peptide: the emerging role in the pathogenesis of Alzheimer's disease Geriat. Geront. Int., 10, S169-S179 2010 英語
Y. Masuda, S. Uemura, R. Ohashi, A. Nakanishi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie* Identification of physiological and toxic conformations in Abeta42 aggregates ChemBioChem, 10/2, 287-295 2009 英語
Y. Nakagawa, R. C. Yanagita, N. Hamada, A. Murakami, H. Takahashi, N. Saito, H. Nagai and K. Irie* A simple analogue of tumor-promoting aplysiatoxin is an antineoplastic agent rather than a tumor promoter: development of a synthetically accessible protein kinase C activator with bryostatin-like activity J. Am. Chem. Soc., 131/22, 7573-7579 2009 英語
K. Ohnishi, K. Irie and A. Murakami* In vitro covalent binding proteins of zerumbone, a chemopreventive food factor Biosci. Biotechnol. Biochem., 73/8, 1905–1907 2009 英語
K. Murakami, M. Uno, Y. Masuda, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie* Isomerization and/or racemization at Asp-23 of Abeta42 do not increase its aggregative ability and neurotoxicity in vitro Biochem. Biophys. Res. Commun., 366/3, 745-751 2008 英語
R. C. Yanagita, Y. Nakagawa, N. Yamanaka, K. Kashiwagi, N. Saito and K. Irie* Synthesis, conformational analysis, and biological evaluation of 1-hexylindolactam-V10 as a selective activator for novel protein kinase C isozymes J. Med. Chem., 51/1, 46-56 2008 英語
T. Sugimoto, K. Itagaki and K. Irie* Design and physicochemical properties of new fluorescent ligands of protein kinase C isozymes focused on CH/π interaction Bioorg. Med. Chem., 16/2, 650-657 2008 英語
Y. Masuda, S. Uemura, A. Nakanishi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie* Verification of the C-terminal intramolecular beta-sheet in Abeta42 aggregates using solid-state NMR: Implications for potent neurotoxicity through the formation of radicals Bioorg. Med. Chem. Lett., 18/11, 3206-3210 2008 英語
Y. Masuda, A. Nakanishi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie* Verification of the intermolecular parallel beta-sheet in E22K-Abeta42 aggregates by solid-state NMR using rotational resonance: implications for the supramolecular arrangement of the toxic conformer of Abeta42 Biosci. Biotechnol. Biochem., 72/8, 2170-2175 2008 英語
村上 一馬*, 清水 孝彦, 白澤 卓二, 入江 一浩 βアミロイドの毒性コンホメーション 化学と生物, 46/6, 431-434 2008 日本語
入江 一浩*, 増田 裕一 アミロイドβ (Aβ42) の毒性コンホメーションの提唱 基礎老化研究, 32/3, 25-29 2008 日本語
R. C. Yanagita, K. Torii, Y. Nakagawa and K. Irie* Binding selectivity of 1- or 12-substituted indolactam derivatives for protein kinase C isozymes Heterocycles, 73, 289-302 2007 英語
K. Murakami, H. Hara, Y. Masuda, H. Ohigashi and K. irie* Distance measurement between Tyr10 and Met35 in amyloid beta by site-directed spin-labeling ESR spectroscopy: implications for the stronger neurotoxicity of Abeta42 than Abeta40 ChemBioChem, 8/18, 2308-2314 2007 英語
K. Irie*, K. Murakami, Y. Masuda, A. Morimoto, H. Ohigashi, H. Hara, R. Ohashi, K. Takegoshi, H. Fukuda, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa The toxic conformation of the 42-residue amyloid β peptide and Its relevance to oxidative stress in alzheimer's disease Mini-Rev. Med. Chem., 7/10, 1001-1008 2007 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, R. C. Yanagita, H. Ohigashi, K. Tsuda, K. Kashiwagi and N. Saito Design and synthesis of 8-octyl-benzolactam-V9, a selective activator for protein kinase C epsilon and eta J. Med. Chem., 49/9, 2681-2688 2006 英語
入江 一浩 CH/π相互作用を利用した薬剤開発 ファルマシア, 42/5, 427-430 2006 日本語
Y. Nakagawa, K. Irie*, R. C. Yanagita, H. Ohigashi and K. Tsuda Indolactam-V is involved in the CH/π interaction with Pro-11 of the PKCdelta C1B domain: application for the structural optimization of the PKCdelta ligand J. Am. Chem. Soc., 127/16, 5746-5747 2005 英語
K. Murakami, K. Irie*, H. Ohigashi, H. Hara, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa Formation and stabilization model of the 42-mer Abeta radical: implications for the long-lasting oxidative stress in Alzheimer's disease J. Am. Chem. Soc., 127/43, 15168-15174 2005 英語
M. Nagao*, T.-C. Wen, M. Okamoto, K. Irie, T. Takaku and M. Sakanaka In vivo neuroprotective activity of epopeptide AB against ischemic damage Cytotechnol., 47/1-3, 139-144 2005 英語
Y. Masuda, K. Irie*, K. Murakami, H. Ohigashi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu and T. Shirasawa Verification of the turn at positions 22 and 23 of the beta-amyloid fibrils with Italian mutation using solid-state NMR Bioorg. Med. Chem., 13/24, 6803-6809 2005 英語
K. Irie*, K. Murakami, Y. Masuda, A. Morimoto, H. Ohigashi, R. Ohashi, K. Takegoshi, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa Structure of beta-amyloid fibrils and its relavence to their neurotoxicity:implications for the pathogenesis of Alzheimer's disease J. Biosci. Bioeng., 99/5, 437-447 2005 英語
K. Irie*, Y. Nakagawa and H. Ohigashi Toward the development of new medicinal leads with selectivity for protein kinase C isozymes Chem. Rec., 5/4, 185-195 2005 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, Y. Komiya, H. Ohigashi and K. Tsuda Synthesis, conformation and PKC isozyme surrogate binding of indolinelactam-Vs, new conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V Tetrahedron, 60/33, 7077-7084 2004 英語
K. Irie*, A. Masuda, M. Shindo, Y. Nakagawa and H. Ohigashi Tumor promoter binding of the protein kinase C C1 homology domain peptides of RasGRPs, chimaerins, and Unc13s Bioorg. Med. Chem., 12/17, 4575-4583 2004 英語
A. Morimoto, K. Irie*, K. Murakami, Y. Masuda, H. Ohigashi, M. Nagao, H. Fukuda, T. Shimizu and T. Shirasawa Analysis of the secondary structure of beta-amyloid (Abeta42) fibrils by systematic proline replacement J. Biol. Chem., 279/50, 52781-52788 2004 英語
入江一浩*、大東 肇 ペプチド合成によるホルボールエステル受容体の機能解析 化学と生物, 42/1, 54-62 2004 日本語
K. Irie*, Y. Nakagawa and H. Ohigashi Indolactam and benzolactam compounds as new medicinal leads with binding selectivity for C1 domains of protein kinase C isozymes Curr. Pharm. Design, 10/12, 1371-1385 2004 英語
M. Shindo, K. Irie*, A. Masuda, H. Ohigashi, Y. Shirai, K. Miyasaki and N. Saito Synthesis and phorbol ester binding of the cysteine-rich domains of diacylglycerol kinase (DGK) isozymes; DGKgamma and DGKbeta are new targets of tumor-promoting phorbol esters J. Biol. Chem., 278/20, 18448-18454 2003 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, N. Yamanaka, H. Ohigashi and K. Tsuda Synthesis and binding selectivity of 7- and 15-decylbenzolactone-V8 for the C1 domains of protein kinase C isozymes Bioorg. Med. Chem. Lett., 13/18, 3015-3019 2003 英語
K. Murakami, K. Irie*, A. Morimoto, H. Ohigashi, M. Shindo, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa Neurotoxicity and physicochemical properties of Abeta mutant peptides from cerebral amyloid angiopathy: implication for the pathogenesis of cerebral amyloid angiopathy and Alzheimer's disease J. Biol. Chem., 278/46, 46179-46187 2003 英語
M. Shindo, K. Irie*, H. Fukuda and H. Ohigashi Analysis of the non-covalent interaction between metal ions and the cysteine-rich domain of protein kinase C eta by electrospray ionization mass spectrometry Bioorg. Med. Chem., 11/23, 5075-5082 2003 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, A. Masuda and H. Ohigashi Synthesis, conformation and PKC isozyme surrogate binding of new lactone analogues of benzolactam-V8s Tetrahedron, 58/6, 2101-2115 2002 英語
K. Murakami, K. Irie*, A. Morimoto, H. Ohigashi, M. Shindo, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa Synthesis, aggregation, neurotoxicity, and secondary structure of various Abeta1-42 mutants of familial Alzheimer's disease at positions 21-23 Biochem. Biophys. Res. Commun., 294/1, 5-10 2002 英語
A. Masuda, K. Irie*, Y. Nakagawa and H. Ohigashi Binding selectivity of conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V to the C1 domains of protein kinase C isozymes Biosci. Biotechnol. Biochem., 66/7, 1615-1617 2002 英語
A. Morimoto, K. Irie*, K. Murakami, H. Ohigashi, M. Shindo, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa Aggregation and neurotoxicity of mutant amyloid beta (Abeta) peptides with proline replacement: importance of turn formation at positions 22 and 23 Biochem. Biophys. Res. Commun., 295/2, 306-311 2002 英語
入江一浩*、大東 肇 プロテインキナーゼCのシステインリッチドメインの化学合成、機能解析とドラッグデザイン 有機合成化学協会誌, 60/6, 563-572 2002 日本語
K. Irie*, A. Nakahara, Y. Nakagawa, H. Ohigashi, M. Shindo, H. Fukuda, H. Konishi, U. Kikkawa, K. Kashiwagi and N. Saito Establishment of a binding assay for protein kinase C isozymes using synthetic C1 peptides and development of new medicinal leads with protein kinase C isozyme and C1 domain selectivity Pharmacol. Ther., 93/2-3, 271-281 2002 英語
M. Tanaka, K. Irie*, Y. Nakagawa, Y. Nakamura, H. Ohigashi and P. A. Wender The C4 hydroxyl group of phorbol esters is not necessary for protein kinase C binding Bioorg. Med. Chem. Lett., 11/5, 719-722 2001 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, Y. Nakamura and H. Ohigashi The amide hydrogen of (-)-indolactam-V and benzolactam-V8's plays a critical role in protein kinase C binding and tumor-promoting activities Bioorg. Med. Chem. Lett., 11/5, 723-728 2001 英語
M. Shindo, K. Irie*, A. Nakahara, H. Ohigashi, H. Konishi, U. Kikkawa, H. Fukuda and P. A. Wender Toward the identification of selective modulators of protein kinase C (PKC) isozymes: establishment of a binding assay for PKC isozymes using synthetic C1 peptide receptors and identification of the critical residues involved in the phorbol ester binding Bioorg. Med. Chem., 9/8, 2073-2081 2001 英語
M. Shindo, K. Irie*, H. Ohigashi, M. Kuriyama and N. Saito Diacylglycerol kinase gamma is one of the specific receptors of tumor-promoting phorbol esters Biochem. Biophys. Res. Commun., 289/2, 451-456 2001 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, H. Ohigashi, H. Hayashi and P. A. Wender Synthesis and PKC isozyme surrogate binding of indothiolactam-V, a new thioamide analogue of tumor promoting indolactam-V Bioorg. Med. Chem. Lett., 10/18, 2087-2090 2000 英語
K. Irie*, A. Nakahara, Y. Ikawa, M. Tanaka, Y. Nakagawa, Y. Nakamura, H. Ohigashi and P. A. Wender Synthesis and tumor-promoting activities of 12-epi-phorbol-12,13-dibutyrate Biosci. Biotechnol. Biochem., 64/11, 2429-2436 2000 英語
中川 優*, 入江 一浩 発がんプロモーターのnPKC C1Bドメインへの選択的結合 バイオサイエンスとインダストリー, 58/8, 570-571 2000 日本語
H. Fukuda, K. Irie*, A. Nakahara, H. Ohigashi and P. A. Wender Solid-phase synthesis, mass spectrometic analysis of the zinc-folding, and phorbol ester-binding studies of the 116-mer peptide containing the tandem cysteine-rich C1 domains of protein kinase C gamma Bioorg. Med. Chem., 7/6, 1213-1221 1999 英語
P. A. Wender*, B. Lippa, C.-M. Park, K. Irie, A. Nakahara and H. Ohigashi Selective binding of bryostatin analogues to the cysteine rich domains of protein kinase C isozymes Bioorg. Med. Chem. Lett., 9/12, 1687-1690 1999 英語
K. Irie*, A. Nakahara, H. Ohigashi, H. Fukuda, P. A. Wender, H. Konishi and U. Kikkawa Synthesis and phorbol ester-binding studies of the individual cysteine-rich motifs of protein kinase D Bioorg. Med. Chem. Lett., 9/17, 2487-2490 1999 英語
P. A. Wender*, M. F. T. Koehler, D. L. Wright and K. Irie Mapping phorbol ester binding domains of protein kinase C (PKC) : the design, synthesis and biological activity of novel phorbol ester dimers Synthesis, /SI, 1401-1406 1999 英語
K. Irie*, S. Tomimatsu, Y. Nakagawa, H. Ohigashi and H. Hayashi Isolation of (-)-14-O-malonylindolactam-V as a possible precursor of (-)-14-O-acetylindolactam-V from Streptomyces blastmyceticum Biosci. Biotechnol. Biochem., 63/9, 1669-1670 1999 英語
P. A. Wender*, T. A. Kirschberg, P. D. Williams, H. M. M. Bastiaans and K. Irie A new class of simplified phorbol ester analogues : synthesis and binding to PKC and ηPKC-C1B (ηPKC-CRD2) Org. Lett., 1/7, 1009-1012 1999 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, Y. Nakamura, H. Ohigashi and H. Hayashi Synthesis and biological activities of (-)-6-n-octyl-indolactam-V, a new potent analogue of the tumor promoter (-)-indolactam-V Biosci. Biotechnol. Biochem., 62/8, 1568-1573 1998 英語
K. Irie*, K. Oie, A. Nakahara, Y. Yanai, H. Ohigashi, P. A. Wender*, H. Fukuda, H. Konishi and U. Kikkawa Molecular Basis for protein kinase C isozyme-selective binding : the synthesis, folding, and phorbol ester binding of the cysteine-rich domains of all protein kinase C isozymes J. Am. Chem. Soc., 120/36, 9159-9167 1998 英語
K. Irie*, Y. Nakagawa, S. Tomimatsu and H. Ohigashi Biosynthesis of the monoterpenoid moiety of teleocidins via the non-mevalonate pathway in Streptomyces Tetrahedron Lett., 39/43, 7929-7930 1998 英語
H. Fukuda, K. Irie*, A. Nakahara, K. Oie, H. Ohigashi and P. A. Wender Synthesis and binding studies of the 116-mer peptide containing the double cysteine-rich motifs of protein kinase C gamma Tetrahedron Lett., 39/43, 7943-7946 1998 英語
入江 一浩 プロテインキナーゼ機能ドメインの化学合成 バイオサイエンスとインダストリー, 56/8, 541-544 1998 日本語
入江 一浩 ビオチンを用いた新しい光アフィニティーラベリング法の開発と応用 化学と工業, 51/10, 1634 1998 日本語
P. A. Wender*, Y. M.-Cantalejo, A. J. Carpenter, A. Chiu, J. De Brabander, P.G. Harran, J.-M. Jimenez, M. F. T. Koehler, B. Lippa, J. A. Morrison, S. G. Mϋller, S. N. Mϋller, C.-M. Park, M. Shiozaki, C. Siedenbiedel, D. J. Skalitzky, M. Tanaka and K. Irie The chemistry-medicine continuum: synthetic, computer, spectroscopic and biological studies on new chemotherapeutic leads Pure & Appl. Chem.,70/3, 539-546 1998 英語
Y. Nakagawa, K. Irie*, Y. Nakamura, H. Ohigashi and H. Hayashi Synthesis and biological activities of indolactone-V, the lactone analogue of the tumor promoter (-)-indolactam-V Biosci. Biotechnol. Biochem., 61/8, 1415-1417 1997 英語
Y. Yanai, K. Irie*, H. Ohigashi and P. A. Wender* Synthesis and characterization of the first cysteine-rich domain of novel protein kinase C Bioorg. Med. Chem. Lett., 7/2, 117-122 1997 英語
K. Irie*, Y. Yanai, K. Oie, H. Ohigashi and P. A. Wender* Protein kinase C regulatory domain surrogate peptides : effects of metal ions on folding, phorbol ester-binding, and selectivity Bioorg. Med. Chem. Lett., 7/8, 965-970 1997 英語
K. Irie*, Y. Yanai, K. Oie, J. Ishizawa, Y. Nakagawa, H. Ohigashi, P. A. Wender* and U. Kikkawa Comparison of chemical characteristics of the first and the second cysteine-rich domains of protein kinase Cγ Bioorg. Med. Chem., 5/8, 1725-1737 1997 英語
入江 一浩 プロテインキナーゼCの2つのzinc finger モチーフの機能と役割 化学と生物, 35/9, 638-639 1997 日本語
K. Irie*, T. Isaka, Y. Iwata, Y. Yanai, Y. Nakamura, F. Koizumi, H. Ohigashi, P. A. Wender*, Y. Satomi and H. Nishino Synthesis and biological activities of new conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V: elucidation of the biologically active conformation of the tumor promoting teleocidins J. Am. Chem. Soc., 118/44, 10733-10743 1996 英語
K. Irie*, T. Ishii, H. Ohigashi, P. A. Wender*, B. L. Miller and N. Takeda Synthesis and characterization of new photolabile phorbol esters for affinity labeling of protein kinase C J. Org. Chem., 61/6, 2164-2173 1996 英語
K. Irie*, Y. Yanai, H. Ohigashi, P. A. Wender* and B. L. Miller Synthesis and characterization of the second cysteine-rich region of mouse skin PKCη Bioorg. Med. Chem. Lett., 6/4, 353-356 1996 英語
K. Irie*, Y. Nakamura, H. Ohigashi, H. Tokuyama, S. Yamago and E. Nakamura Photocytotoxicity of water-soluble fullerene derivatives Biosci. Biotechnol. Biochem., 60/8, 1359-1361 1996 英語
入江 一浩 プロテインキナーゼCのホルボールエステル結合部位の光アフィニティーテベリングによる構造解析 生化学, 68/2, 129-132 1996 日本語
入江 一浩*, 大東 肇 プロテインキナーゼCのホルボールエステル結合部位の合成と化学的特性 有機合成化学協会誌, 54/12, 1024-1033 1996 日本語
P. A. Wender*, K. Irie and B. L. Miller Identification, activity, and structural studies of peptides incorporating the phorbol ester-binding domain of protein kinase C Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92/1, 239-243 1995 英語
K. Irie*, M. Iguchi, T. Oda, Y. Suzuki, S. Okuno, H. Ohigashi, K. Koshimizu, H. Hayashi, M. Arai, H. Nishino and A. Iwashima Synthesis of 6-substituted indolactams by microbial conversion Tetrahedron, 51/22, 6255-6266 1995 英語
K. Irie*, F. Koizumi, Y. Iwata, T. Ishii, Y. Yanai, Y. Nakamura, H. Ohigashi and P. A. Wender Synthesis and biological activities of new conformationally fixed analogues of (-)-indolactam-V, the core structure of tumor-promoting teleocidins Bioorg. Med. Chem. Lett., 5/5, 453-458 1995 英語
S. Okuno, K. Irie*, Y. Suzuki, K. Koshimizu, H. Nishino and A. Iwashima Synthesis and biological activities of fluorine-substituted (-)-indolactam-V, the core structure of tumor promoter teleocidins Bioorg. Med. Chem. Lett., 4/3, 431-434 1994 英語
K. Irie*, S. Kajiyama, S. Okuno, M. Kondo, K. Koshimizu, H. Hayashi, M. Arai, H. Nishino and A. Iwashima New teleocidin-related metabolites, (-)-7-geranylindolactam-V and blastmycetin F, from Streptoverticillium blastmyceticum J. Nat. Prod., 57/3, 363-368 1994 英語
入江 一浩 発癌プロモーター・テレオシジンの作用機構に関する有機化学的研究 日本農芸化学会誌, 68/9, 1289-1296 1994 日本語
K. Irie*, S. Okuno, F. Koizumi and K. Koshimizu Photolabile derivatives of indole alkaloid tumor promoter teleocidins : synthesis, biological activities and photoaffinity labeling studies Tetrahedron, 49/47, 10817-10830 1993 英語
T. Ando, K. Irie*, K. Koshimizu, T. Takemura, H. Nishino, A. Iwashima, N. Takeda, S. Nakajima and I. Sakata Photocytotoxicity of water-soluble metalloporphyrin derivatives Photochem. Photobiol., 57/4, 629-633 1993 英語
P. A. Wender*, K. Irie and B. L. Miller Synthesis and binding of photoaffinity ligand candidates for protein kinase C J. Org. Chem., 58/16, 4179-4181 1993 英語
K. Irie* and K. Koshimizu Chemistry of indole alkaloid tumor promoter teleocidins Comments Agric. & Food Chemistry,3/1, 1-25 1993 英語
入江 一浩*, 小清水 弘一 腫瘍親和性光増感剤ヘマトポルフィリン誘導体の活性成分は? 化学, 47/2, 142 1992 日本語
S. Kajiyama, K. Irie*, T. Kido, K. Koshimizu, H. Hayashi and M.Arai Synthesis of new indolactam analogues by microbial conversion Tetrahedron, 47/29, 5453-5462 1991 英語
K. Irie*, S. Okuno, S. Kajiyama, K. Koshimizu, H. Nishino and A. Iwashima Quantitative structure-activity studies on indole alkaloid tumor promoter indolactam congeners Carcinogenesis, 12/10, 1883-1886 1991 英語
T. Ando, K. Irie*, K. Koshimizu, T. Shingu, N. Takeda, T. Takemura, S. Nakajima and I. Sakata New photosensitizers for photodynamic therapy : syntheses of chlorin e6 dimer and trimer Agric. Biol. Chem., 55/9, 2441-2443 1991 英語
T. Ando, Y. Suzuki, R. Geka, K. Irie*, K. Koshimizu, T. Takemura, S. Nakajima and I. Sakata New water-soluble pyropheophorbide a derivatives as possible agents for photodynamic therapy of cancer Tetrahedron Lett., 32/38, 5107-5110 1991 英語
入江 一浩*, 小清水 弘一 発癌プロモーターの作用機作解明への有機化学的アプローチ 有機合成化学協会誌, 49/11, 1070-1079 1991 日本語
K. Irie, S. Kajiyama, A. Funaki, K. Koshimizu*, H.Hayashi and M. Arai Biosynthesis of (-)-indolactam V, the basic ring-structure of tumor poromoters teleocidins Tetrahedron Lett., 31/1, 101-104 1990 英語
K. Irie, S. Kajiyama, A. Funaki, K. Koshimizu*, H.Hayashi and M. Arai Biosynthesis of indole alkaloid-tumor promoters teleocidins (I): possible biosynthetic pathway of the monoterpenoid moieties of teleocidins Tetrahedron, 46/8, 2773-2788 1990 英語
S. Okuno, K. Irie*, H. Nishino, A. Iwashima and K. Koshimizu Syntheses and biological activities of photolabile indolactam derivatives; new probes for the receptor analysis of tumor promoters Agric. Biol. Chem., 54/7, 1885-1887 1990 英語
T. Kinoshita*, I. Takahashi, E. Kobayashi, T. Tamaoki, K. Irie, K. Koshimizu and T. Osato Suppression by protein kinase C inhibitors of tumor promoter enhancement of Epstein-Barr virus-induced growth transformation Anticancer Res., 10/4, 1051-1054 1990 英語
K. Irie*, S. Kajiyama, K. Koshimizu, H. Hayashi and M.Arai Isolation and biosynthesis of (-)-indolactam I, a new congener of indole alkaloid tumor promoter teleocidins Tetrahedron Lett., 31/50, 7337-7340 1990 英語
T. Ando, K. Irie*, K. Koshimizu, T. Takemura, H. Nishino, A. Iwashima, S. Nakajima and I. Sakata Synthesis, physicochemical properties and photocytotoxicity of five new δ-substituted chlorin e6 derivatives Tetrahedron, 46/17, 5921-5930 1990 英語
K. Irie, S. Okuno, K. Koshimizu*, H. Tokuda, H. Nishino and A. Iwashima Biological activities and cellular uptake studies of fluorescent derivatives of indole alkaloid tumor promoter teleocidin Int. J. Cancer, 43/3, 513-519 1989 英語
K. Irie, A. Funaki, K. Koshimizu*, H. Hayashi and M. Arai Structure of blastmycetin E, a new teleocidin-related compound, from Streptoverticillium blastmyceticum Tetrahedron Lett., 30/16, 2113-2116 1989 英語
K. Koshimizu* and K. Irie Structure-activity studies in the induction of Epstein-Barr virus by the indole alkaloid tumor promoter teleocidins Hokkaido Univ. Med. Lib. Ser., 24, 111-134 1989 英語
N. Hagiwara, K. Irie, A. Funaki, H. Hayashi, M. Arai and K. Koshimizu* Structure and tumor-promoting activity of new teleocidin-related metabolites (blastmycetins) from Streptoverticillium blastmyceticum Agric. Biol. Chem., 52/3, 641-648 1988 英語
K. Irie and K. Koshimizu* Structure-activity studies of indole alkaloid tumor promoters Mem. Coll. Agric., Kyoto Univ.,132, 1-59 1988 英語
K. Irie, N. Hagiwara, A. Funaki, H. Hayashi, M. Arai, H. Tokuda and K. Koshimizu* Isolation and biological activities of N13-desmethyl analogues of tumor promoter teleocidin from Streptoverticillium blastmyceticum Agric. Biol. Chem., 52/12, 3193-3195 1988 英語
Y. Nakagawa*, T. Sotomatsu, K. Irie, K. Kitahara, H. Iwamura and T. Fujita Quantitative structure-activity studies of benzoylphenylurea larvicides Pestic. Biochem. Physiol.,27, 143-155 1987 英語
入江 一浩 Teleocidin 類の構造活性相関と蛍光標識化 日本農芸化学会誌, 61/7, 830-833 1987 日本語
K. Irie, N. Hagiwara, T. Kurome, H. Hayashi, M. Arai and K. Koshimizu* New teleocidin-related metabolites from Streptoverticillium blastmycericum producing tumor-promoting indole alkaloids Agric. Biol. Chem., 51/1, 285-287 1987 英語
K. Irie, N. Hagiwara, H. Tokuda and K. Koshimizu* Structure-activity studies of the indole alkaloid tumor promoter teleocidins Carcinogenesis, 8/4, 547-552 1987 英語
K. Irie, N. Hagiwara, A. Funaki, H. Hayashi, M. Arai and K. Koshimizu* Isolation of blastmycetin D, a possible precursor of teleocidins, from Streptoverticillium blastmyceticum Agric. Biol. Chem., 51/6, 1733-1735 1987 英語
K. Irie, N. Hagiwara and K. Koshimizu* Synthesis of a biologically active fluorescent indolactam derivative; a method of preparing new probes for receptor analysis of tumor promoters Tetrahedron Lett., 28/28, 3267-3270 1987 英語
N. Hagiwara, K. Irie, H. Tokuda and K. Koshimizu* The metabolism of indole alkaloid tumor promoter, (-)-indolactam V, which has the fundamental structure of teleocidins, by rat liver microsomes Carcinogenesis, 8/7, 963-965 1987 英語
K. Irie, N. Hagiwara and K. Koshimizu* New probes for receptor analysis of tumor promoters synthesis of fluorescent derivatives of (-)-indolactam V, the basic ring-structure of teleocidins Tetrahedron, 43/22, 5251-5260 1987 英語
K. Irie, H. Hayashi, M. Arai and K. Koshimizu* Substitution reaction on the indole ring of (-)-indolactam V, the fundamental structure of teleocidins Agric. Biol. Chem., 50/10, 2679-2680 1986 英語
入江 一浩*, 小清水 弘一 微生物の生産する発癌プロモーター 日本放線菌学会誌,49, 3-9 1986 日本語
K. Irie, N. Hagiwara, K. Koshimizu*, H. Hayashi, S. Murao, H. Tokuda and Y. Ito Isolation and the Epstein-Barr virus early antigen inducing activity of olivoretins from Streptoverticillium blastmyceticum Agric. Biol. Chem., 49/1, 221-223 1985 英語
K. Irie*, N. Hagiwara, K. Koshimizu, H. Hayashi, S. Murao and Y. Ito Identification of the microorganism which produces Epstein-Barr virus early antigen-inducing indole alkaloids Agric. Biol. Chem., 49/3, 845-847 1985 英語
H. Fujiki*, M. Suganuma, H. Hakii, M. Nakayasu, Y. Endo, K. Shodo, K. Irie, K. Koshimizu and T. Sugimura, M. J. A. Tumor promoting activities of new synthetic analogues of teleocidin Proc. Japan Acad., 61/1, 45-47 1985 英語
K. Irie, N. Hagiwara, K. Koshimizu*, H. Tokuda, Y. Ito, H. Hayashi, and S. Murao Epstein-Barr Virus Early Antigen Inducing Activity of 14-O-Derivatives of (-)-Indolactam V Agric. Biol. Chem., 49/5, 1441-1446 1985 英語
N. Hagiwara, K. Irie, K. Koshimizu*, H. Hayashi, S. Murao, H. Tokuda and Y. Ito New teleocidin metabolites from Streptoverticillium blastmyceticum Agric. Biol. Chem., 49/8, 2529-2530 1985 英語
K. Irie, H. Tokuda, N. Hagiwara, K. Koshimizu*, H. Hayashi, S. Murao and Y. Ito Structure-activity relationship in the induction of Epstein-Barr virus by teleocidin derivatives Int. J. Cancer, 36/4, 485-488 1985 英語
K. Irie, M. Hirota, N. Hagiwara, K. Koshimizu*, H. Hayashi, S. Murao, H. Tokuda, and Y. Ito The Epstein-Barr virus early antigen inducing indole alkaloids, (-)-indolactam V and its related compounds produced by actinomycetes Agric. Biol. Chem., 48/5, 1269-1274 1984 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Tomidokoro et al. Measurement of toxic Aβ conformer in cerebrospinal fluid obtained from the cases of AD dementia XXIII World Congress of Neurology (International Conference Center Kyoto) (Kyoto, Japan) 2017/09 英語
A. Washizaki et al. A Novel PKC activator, 10-methyl-aplog-1, induces HIV-1 efficiently in combination with BET inhibitor JQ1 35th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS (Overture Center for the Arts) (Madison, USA) 2017/08 英語
N. Izuo et al. Identification of the “toxic conformer” of amyloid β and its pathogenic contribution of Alzheimer’s disease 2016 Spring International Conference of the Korean Society for Gerontology (Hotel Laonzena, Convention Hall) (Daegu, Korea) 2016/06 英語
K. Murakami et al. Characterization of the monoclonal antibody (24B3) highly recognizing the toxic turn of amyloid β42 and its application to diagnosis for Alzheimer’s disease The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takeda Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan) 2016/01 英語
Y. Hanaki et al. Large-scale synthesis, anti-cancer activity in vivo, and mechanism of anti-proliferative activity of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, as an anti-cancer lead The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takea Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan) 2016/01 英語
M. Hanaki et al. Structural insight into the inhibitory mechanism of amyloid β42 aggregation by non-catechol-type flavonoids 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
K. Murakami et al. Characterization of monoclonal antibodies against the toxic turn of amyloid β42 and their application to diagnosis for Alzheimer’s disease. 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
Y. Hanaki et al. Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
R. C. Yanagita et al. Isolation and ability to bind to protein kinase C of (20S)-bryostatin 19 from Japanese bryozoan: elucidation of the role of the side-chain at position 20 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
Y. Ashida et al. Structure–activity studies on the PKC-recognition domain of aplysiatoxin, a potent tumor-promoter isolated from a sea hare 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
W. Jiang et al. New lyngbyatoxin derivatives from the Hawaiian cyanobacterium Moorea producens 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
K. Irie et al. Extraction of anti-proliferative activity from pleiotropic debromoaplysiatoxin, a potent tumor promoter and a highly inflammatory principle isolated from sea hare 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA) 2015/12 英語
M. Sato et al. Structural insights into inhibitory ability of flavonoids for Aβ42 aggregation XXVIIth International Confefence on Polyphenols (Nagoya, Japan) 2014/09 英語
K. Irie et al. Synthesis and biological activities of the Aβ40 dimer with toxic conformation Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark) 2014/07 英語
K. Murakami et al. Inhibitors for Aβ42 aggregation in a traditional herbal medicine Uncaria rhynchophylla Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark) 2014/07 英語
Jiang, W. et al. 12-Epi-lyngbyatoxin A, a new toxic substance from the cyanobacteria Moorea producens The Asia-Pacific Section Congress of International Society of Toxicology (Changsha, China) 2014/06 英語
M. Sato et al. Site-specific inhibitory mechanisms for amyloid β aggregation by catechol-type flavonoids Institute for Chemical Research International Symposium 2014 (Kyoto, Japan) 2014/03 英語
M. Sato et al. Specific inhibitory mechanisms for Aβ42 aggregation by flavonoids Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 (Boston, USA) 2013/07 英語
K. Murakami et al. Vitamin C and silymarin restores Aβ oligomerization and behavioral abnormality in Alzheimer’s pathology Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 in Boston, USA 2013/07 英語
M. Kikumori et al. Role of methyl groups on the spiroketal moiety of aplog-1, a simplified analogue of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity 23rd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Nagasaki, Japan) 2013/05 英語
M. Sato et al. Specific inhibitory mechanism of aggregation of 42-mer amyloid-β peptide by flavonoids The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan) 2012/11 英語
Y. Masuda et al. Solid-state NMR analysis of interaction sites of curcumin and amyloid β-protein fibrils The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan) 2012/11 英語
M. Kikumori et al. Structure–activity studies on the spiroketal moiety of aplog-1, a simplified analogue of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activities The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan) 2012/11 英語
K. Irie et al. Monoclonal antibody against a toxic conformer of Aβ42 with a turn at E22-D23 Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2012 in Vancouver, British Columbia, Canada 2012/07 英語
K. Murakami et al. CuZn-SOD loss accelerates the formation of amyloid β oligomer and memory impairment in Tg2576 mice Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2012 in Vancouver, British Columbia, Canada 2012/07 英語
Takuji Shirasawa et al. Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyperinsulinemia but does not worsen Alzheimer’s-like phenotypes in mice 41st Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA) 2011/11 英語
Takahiko Shimizu et al. Silymarin attenuated the amyloid β deposition and behavioral abnormalities in a mouse model of Alzheimer’s disease 41st Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA) 2011/11 英語
Kazuma Murakami et al. E22Δ mutation promotes the formation of toxic conformer in Alzheimer's peptide, Aβ42 27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia) 2011/07 英語
Mizuho Sato et al. Inhibitory mechanism of amyloid β aggregation by flavonoids 27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia) 2011/07 英語
Fumitada Tsuji et al. Geranyl modification on the tryptophan residue of ComXRO-E-2 pheromone by cell free system 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA) 2010/12 英語
Kazuhiro Irie et al. Synthesis and biological profile of simple analogues of tumor-promoting aplysiatoxin as unique leads for anti-cancer drugs 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA) 2010/12 英語
Ryo C. Yanagita et al. Screening for activators of protein kinase C using its C1 domain peptide: identification and biological activities of bryostatin 10 from Japanese bryozoan 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA) 2010/12 英語
Kazuma Murakami et al. Monoclonal antibody against the toxic turn structure of the 42-mer amyloid β peptide 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA) 2010/12 英語
Yuichi Masuda et al. Analysis of interaction sites of curcumin with the fibrils of 42-residue amyloid β-protein (Aβ42) using solid-state NMR 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA) 2010/12 英語
Yuichi Masuda et al. Analysis of binding sites of curcumin in the fibrils of 42-residue amyloid β-protein (Aβ42) using solid-state NMR The 51st Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conference (Florida, USA) 2010 英語
Ryo C. Yanagita et al. Structure-activity relationship study of an antineoplastic protein kinase C activator having a skeleton of tumor-promoting aplysiatoxin The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan) 2009 英語
Kazuma Murakami et al. Development of a monoclonal antibody against the toxic conformer of the 42-mer amyloid β protein 39th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Chicago, USA) 2009 英語
Hideyuki Takahashi et al. Spinocerebellar ataxia type 14-associated mutations in protein kinase Cgamma cause its aberrant self-association and cytotoxic aggregate formation Keystone Symposia on Neurodegenerative Diseases: New Molecular Mechanisms (Colorado, USA) 2008 英語
Kazuhiro Irie et al. Verification of the intermolecular parallel β-sheet in E22K-Aβ42 (Italian) aggregates by solid-state NMR using rotational resonance: Implications for the supramolecular arrangement of the toxic conformer of Aβ42 38th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA) 2008 英語
Kazuma Murakami et al. Isomerization and/or racemization at Asp23 of Aβ42 do not enhance its aggregation, neurotoxicity, and radical productivity in vitro 38th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA) 2008 英語
Yuichi Masuda et al. Verification of the C-terminal intramolecular antiparallel β-sheet in Aβ42 aggregates using solid-state NMR: Implications for potent neurotoxicity through the formation of radicals 38th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA) 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
入江一浩 他 神経細胞毒性を有する準安定なアミロイドβの2量体モデルの合成とイオンモビリティー質量分析法による構造解析 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋大学、名古屋市) 2017/10 日本語
村上一馬 他 生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβオリゴマー形成阻害物質の同定と作用機構 第59回天然有機化合物討論会(わくわくホリデーホール、札幌市) 2017/09 日本語
村上一馬,入江一浩 アミロイドβの毒性配座理論と抗体創製 認知症研究を知る若手研究者の集まり2017(湯の宿木もれび、大津市) 2017/07 日本語
泉尾直孝 他 アミロイドβ「毒性コンホマー」を標的にしたアルツハイマー病の治療・診断法の開発 日本薬学会第137年会(仙台国際センター、仙台市) 2017/03 日本語
花木祐輔 他 Aplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-aplog-1のフェノール性側鎖が各種生物活性に与える影響 2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市) 2017/03 日本語
吉岡卓也 他 漢方由来ウンカリン酸 C によるアミロイド β42 核形成阻害メカニズム 2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市) 2017/03 日本語
入江由美 他 アミロイドβ40の毒性オリゴマーモデル 2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市) 2017/03 日本語
村上一馬 他 アミロイドβ42の35番目でジスルフィド架橋したダイマーの合成と活性評価 2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市) 2017/03 日本語
入江由美 他 アミロイドβ40の2量体モデルの合成と神経細胞毒性 第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区) 2016/12 日本語
吉岡卓也 他 ウンカリン酸によるアミロイドβ凝集核形成の選択的阻害 第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区) 2016/12 日本語
村上一馬,入江一浩 天然ポリフェノールによるAβ42凝集阻害機構の解明とアルツハイマー病予防の可能性 第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区) 2016/12 日本語
芦田能基 他 アプリシアトキシンおよびジアシルグリセロールの受容体認識部位の構造活性相関研究 2016年日本化学会中国四国支部大会 香川大会(香川大学幸町北キャンパス、高松市) 2016/11 日本語
花木祐輔 他 デブロモアプリシアトキシン単純化アナログ・aplog-1の構造最適化ならびにがん細胞増殖抑制機構の解析 第58回天然有機化合物討論会(東北大学百周年記念会館川内萩ホール) 2016/09 日本語
泉尾直孝 他 Aβ42の22-23位におけるターン構造はAβ42誘発神経毒性を調節する 日本基礎老化学会大会(伊勢原市民文化会館、伊勢原市) 2016/05 日本語
村上一馬 他 アミロイドβの毒性コンホマーにきわめて特異的な抗体の開発とアルツハイマー病診断への応用 2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市) 2016/03 日本語
花木祐輔 他 新規抗がん剤シード・10-Me-aplog-1のがん細胞増殖抑制機構 2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市) 2016/03 日本語
吉岡卓也 他 チョウトウコウに含まれるウンカリン酸Cおよびその誘導体のアミロイドβ凝集阻害活性 2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市) 2016/03 日本語
芦田能基 他 分子モデリングによるAplysiatoxinとプロテインキナーゼC C1ドメインとの結合様式の予測 2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市) 2016/03 日本語
高橋知世 他 Thapsigargin のC1ドメインに対する結合能と結合選択性の評価 2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市) 2016/03 日本語
泉尾直孝 他 Passive immunization with the toxic conformer of Aβ ameliorated behavioral abnormalities in Alzheimer’s-like model without affecting senile plaque deposition 第89回日本薬理学会年会(パシフィコ横浜、横浜市) 2016/03 日本語
花木祐輔 他 新規抗がん剤シード・aplog類のがん細胞増殖抑制機構の解析 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜」地区ミニシンポジウム(京都大学、京都市) 2016/02 日本語
泉尾直孝 他 Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班蓄積を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する 第38回日本分子生物学会年会(神戸ポートアイランド、神戸市) 2015/12 日本語
川上隆史 他 In vitro display evolution of cyclized peptidomimetics to a chemically synthesized amyloid beta protein dimer 第52回ペプチド討論会(平塚中央公民館、平塚市) 2015/11 日本語
村上一馬,入江一浩* アミロイドβの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用 第8回たんぱく質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所、熊取町) 2015/11 日本語
泉尾直孝 他 Aβ 毒性コンホマーの選択的除去は老人斑に影響せずアルツハイマー病症状を改善する 第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森) 2015/10 日本語
村上一馬 他 アミロイドβの毒性コンホマーを極めて特異的に認識する抗体の開発とAD診断への応用 第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森) 2015/10 日本語
花木瑞穂 他 SOFAST-HMQC NMR を用いた非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構の解析 2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山県立大学) 2015/09 日本語
花木瑞穂 他 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構 第57回天然有機化合物討論会(神奈川県民ホール) 2015/09 日本語
村上一馬,入江一浩* アミロイドβペプチドの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用 第47回若手ペプチド夏の勉強会、信州塩尻・天然温泉アスティかたおか(塩尻市) 2015/08 日本語
泉尾直孝 他 Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班形成を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する 第5回認知症研究を知る若手研究者の集まり2015(高崎市) 2015/08 日本語
江偉娜 他 ハワイ産ラン藻Moorea producens由来の新規lyngbyatoxin A誘導体類の構造ならびに活性 第62回トキシンシンポジウム(志摩市) 2015/07 日本語
泉尾直孝 他 アミロイドβの「毒性コンホマー」を標的とした受動免疫療法はアルツハイマー病モデルの神経症状を改善する 第38回 日本基礎老化学会大会(パシフィコ横浜) 2015/06 日本語
宮前友策 他 リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会(仙台) 2015/06 日本語
芦田能基 他 AplysiatoxinのPKC C1ドメイン認識部位の構造活性相関研究 2015年度日本農芸化学会大会(岡山) 2015/03 日本語
泉尾直孝 他 Pathophysiological activities of the “toxic conformer” and the “non-toxic conformer” of amyloid β-induced neurotoxicity 第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場) 2015/03 日本語
徳田真樹 他 アミロイドβ42ダイマーの合成と活性評価 2015年度日本農芸化学会大会(岡山) 2015/03 日本語
花木祐輔 他 細胞増殖抑制能を有するアプリシアトキシン単純化アナログのアミド誘導体の合成と活性 2015年度日本農芸化学会大会(岡山) 2015/03 日本語
村木謙介 他 日本産フサコケムシからの新規bryostatin類の単離と活性 2015年度日本農芸化学会大会(岡山) 2015/03 日本語
宮前友策 他 リガンド結合ポケットの特性に基づく新規共有結合性PPARγアゴニストの創製 2015年度日本農芸化学会大会(岡山) 2015/03 日本語
佐藤瑞穂 他 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42の凝集抑制機構 第33回日本認知症学会学術集会(横浜) 2014/11 日本語
江偉娜 他 ラン藻Moorea producensより単離した新規lyngbyatoxin A誘導体の構造および生物活性 第56回天然有機化合物討論会(高知市) 2014/10 日本語
宮前友策 他 非共有結合性リガンドの開発を目指した新規PPARγ活性化機構の解明 第56回天然有機化合物討論会(高知市) 2014/10 日本語
泉尾直孝 他 Identification of the “toxic conformer” of amyloid β in Alzheimer’s disease 日本基礎老化学会大会(横浜) 2014/06 日本語
菊森将之 他 アプリシアトキシン単純化アナログ (Aplog-1) の抗がん剤シーズとしての構造最適化 新学術領域研究・がん支援「化学療法基盤支援活動」第3回シンポジウム(名護市、万国津梁館) 2014/05 日本語
村上一馬 他 伝統生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβ凝集抑制物質 2014年度日本農芸化学会大会(東京) 2014/03 日本語
佐藤瑞穂 他 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42凝集抑制機構 2014年度日本農芸化学会大会(東京) 2014/03 日本語
鈴木天志 他 アミロイドβダイマーの合成と活性評価 2014年度日本農芸化学会大会(東京) 2014/03 日本語
菊森将之 他 Debromoaplysiatoxinの4位不斉メチル基の生物活性おける役割 2014年度日本農芸化学会大会(東京) 2014/03 日本語
泉尾直孝 他 Induction of oxidative stress by the “toxic conformer” is crucial for Aβ42 neurotoxicity 第87回日本薬理学会年会(仙台) 2014/03 日本語
泉尾直孝 他 Aβ42誘発神経毒性には、「毒性コンホマー」による酸化ストレス誘導が重要である 第36回日本分子生物学会年会(神戸) 2013/12 日本語
佐藤瑞穂 他 カテコール型フラボノイド類のアミロイドβ凝集抑制機構 第32回日本認知症学会学術集会(松本) 2013/11 日本語
村上一馬 他 ポリフェノールによるアミロイドβ42の凝集抑制機構 第6回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所) 2013/11 日本語
佐藤瑞穂 他 自動酸化によるアポモルフィンのアミロイドβ凝集阻害機構の解析 2013年度日本農芸化学会大会(仙台) 2013/03 日本語
村上一馬 他 ビタミンCにおるアルツハイマー病態緩和 2013年度日本農芸化学会大会(仙台) 2013/03 日本語
花木祐輔 他 Debromoaplysiatoxin単純化アナログの27位における構造活性相関 2013年度日本農芸化学会大会(仙台) 2013/03 日本語
菊森将之 他 Debromoaplysiatoxin単純化アナログの10位メチル体の発がん促進活性 2013年度日本農芸化学会大会(仙台) 2013/03 日本語
泉 安彦 他 青ジソ抽出物からのNrf2-ARE経路活性化成分の単離および同定 第85回日本薬理学会年会(京都) 2013/03 日本語
清水孝彦 他 細胞質局在型SODの減少はアミロイドβオリゴマー形成と記憶障害を促進する 第35回日本分子生物学会年会(福岡) 2012/12 日本語
繁森英幸 他 干しいもに含まれるカフェオイルキナ酸のアルツハイマー症予防効果 第23回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会(日立) 2012/11 日本語
村上一馬 他 アミロイドβオリゴマーの形成と空間記憶異常における細胞質SODの役割 第31回日本認知症学会学術集会 2012/10 日本語
泉尾直孝 他 Aβ42の”毒性コンホマー”形成による細胞内酸化ストレスの誘導 第31回日本認知症学会学術集会 2012/10 日本語
村上一馬 他 カテコール系フラボノイド類によるアミロイドβの凝集抑制機構 第54回天然有機化合物討論会 2012/09 日本語
菊森将之 他 Debromoaplysiatoxin単純化アナログの10位メチル体の合成と細胞増殖抑制活性 2012年度日本農芸化学会関西支部大会(亀岡) 2012/09 日本語
泉尾直孝 他 Aβ42 “毒性コンホマー”の形成は細胞内酸化ストレスを誘導する 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2012(神戸) 2012/09 日本語
植野紗代 他 日本産フサコケムシに含まれるブリオスタチン類の同定と活性評価 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
朱 裕姫 他 抗腫瘍性Aplysiatoxin単純化アナログの側鎖の構造活性相関を目的とした合成経路の確立 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
高橋正和 他 木田チリメンシソから単離したガラクトグリセロ脂質は食細胞においてO2-およびNOの産生を阻害する 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
石原紋子 他 ゲラニルトリプトファンの生合成に関する研究 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
山崎梨沙 他 イソプレニル修飾酵素ComQのイソプレノイド選択性に関わるアミノ酸残基の同定 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
栗栖真奈美 ヤセウツボ (Orobanche minor) 由来化合物のアミロイドβ凝集阻害活性に関する研究 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
佐藤瑞穂 他 酸化型タキシフォリンによるアミロイド β の凝集抑制機構 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
村上一馬 他 細胞質酸化ストレスによるアミロイド β オリゴマー形成能および記憶異常の促進 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
清水孝彦 他 インスリン抵抗性による高インスリン血症はアルツハイマー病様症状を増悪しない 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
奥田治子 他 Streptomyces blastmyceticus由来 (-)-indolactam V生合成遺伝子の放線菌における発現 2012年度日本農芸化学会大会(京都) 2012/03 日本語
泉尾直孝 他 Crucial role of the turn at positions 22-23 in neurotoxicity of amyloid β 第85回日本薬理学会年会(京都) 2012/03 日本語
Yusuke Ozawa et al. Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyper insulinemia but does not worsen Alzheimer's-like phenotypes in mice The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (Yokohama) 2011/12 日本語
平林智美 他 気孔形成を調節するペプチドホルモンの機能解析 第46回植物化学調節学会(宇都宮) 2011/11 日本語
村上一馬 他 抗酸化ストレスに着目したアルツハイマー病予防の可能性 原子炉実験所専門研究会(熊取) 2011/11 日本語
村上一馬 他 大阪変異によるアミロイドβの毒性コンホマー形成能の増大 第30回日本認知症学会学術集会(東京) 2011/11 日本語
松村敦子 他 Nrf2-ARE経路活性化作用を有する食品由来成分の探索 第120回日本薬理学会近畿部会(京都) 2011/11 日本語
佐藤瑞穂 他 タキシフォリンによるアミロイドβの凝集抑制機構 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会(京都) 2011/10 日本語
増田裕一 他 アミロイドβ凝集体におけるクルクミンの相互作用部位の固体NMRによる解析 化学系学協会東北大会(仙台) 2011/09 日本語
宮前友策 他 カフェオイルキナ酸のアミロイドβ凝集阻害活性及び分子機構 第53回天然有機化合物討論会(大阪) 2011/09 日本語
泉尾直孝 他 変異体を用いたAβ誘発神経毒性におけるターン構造の重要性の検討 第119回日本薬理学会近畿部会(名古屋) 2011/07 日本語
菊森将之 他 Aplysiatoxin単純化アナログの4位メチル体の各種生物活性 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
土井崇嗣 他 アミロイド β オリゴマーの固体NMRによる立体構造解析 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
中村志織 他 ホウレンソウに含まれるNO産生抑制物質 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
清水孝彦 他 アルツハイマー病モデルマウスに対するsilymarinの予防効果 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
柳田 亮 他 抗腫瘍性PKC活性化剤Aplog-1の生物活性におけるフェノール性水酸基の役割 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
村上一馬 他 アミロイドβのGlu22欠損による毒性コンホマー形成能の促進 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
佐藤瑞穂 他 アミロイドβ凝集阻害物質Taxifolinの13C標識化 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
杉山友太 他 ナツメに含まれるNO産生抑制成分の単離・同定と作用機序解析 2011年度日本農芸化学会大会(京都) 2011/03 日本語
村上一馬 他 アミロイドβ (Aβ42) の毒性コンホマー特異的抗体の作製 第52回天然有機化合物討論会(静岡)[討論会奨励賞受賞] 2010/09 日本語
村上一馬 他 アミロイドβの毒性ターン構造特異的抗体 第29回日本認知症学会学術集会(名古屋) 2010 日本語
菊森将之 他 抗腫瘍性aplysiatoxin誘導体の4位メチル体の合成と生物活性 2010年度日本農芸化学会関西支部大会(奈良) 2010 日本語
柳田 亮 他 抗腫瘍性Aplysiatoxin誘導体の18位ヒドロキシル基の生物活性に与える影響 第45回天然物化学談話会(蒲郡) 2010 日本語
土井崇嗣 他 アミロイドβプロトフィブリルの固体NMRによる立体構造解析 第49回NMR討論会(東京) 2010 日本語
田中啓介 他 抗腫瘍性PKC活性化剤Aplog-1の生物活性における芳香環部分の置換基効果 2010年度日本農芸化学会大会(東京) 2009 日本語
柳田 亮 他 抗腫瘍性アプリシアトキシン誘導体の作用機構の解析 第44回天然物化学談話会(つくば) 2009 日本語
中川 優 他 アプリシアトキシンの骨格を有する抗腫瘍性PKC活性化剤のアナログ合成 第57回有機合成化学協会関東支部シンポシウム(東京) 2009 日本語
Nakaba Murata et al. Silymarin inhibits fibril formation and neurotoxicity of amyloid β peptide 第32回日本分子生物学会年会(横浜) 2009 日本語
柳田 亮 他 海洋動物に含まれる PKC 活性化剤の探索および活性評価 2010年度日本農芸化学会大会(東京) 2009 日本語
増田裕一 他 Aβ42凝集体におけるクルクミン結合部位の固体NMRによる解析 2010年度日本農芸化学会大会(東京) 2009 日本語
近藤竜彦 他 植物の気孔形成を誘導するペプチド性因子の構造と生理活性 2010年度日本農芸化学会大会(東京) 2009 日本語
中川 優 他 抗腫瘍性aplysiatoxinアナログ・Aplog-1の12-ジメチル体の合成と生物活性 2010年度日本農芸化学会大会(東京) 2009 日本語
村上一馬 他 アミロイドβの毒性コンホマーを標的とした立体構造特異的抗体 2010年度日本農芸化学会大会(東京)[トピックス賞] 2009 日本語
古川博史 他 Streptomyces blastmyceticus 由来 teleocidin 生合成遺伝子群に存在する tcnBおよび tcnC の機能 第60回日本生物工学会大会(仙台) 2008 日本語
入江一浩 他 β アミロイドの毒性コンホメーションのESRならびに固体NMRによる検証 第27回日本認知症学会集会(前橋) 2008 日本語
増田裕一 他 βアミロイドの毒性コンホメーションの同定 第45回ペプチド討論会(東京) 2008 日本語
村上一馬 他 アミロイド β のAsp23における異性化あるいはラセミ化が凝集能および神経細胞毒性に及ぼす影響 2009年度日本農芸化学会大会(博多) 2008 日本語
宇野真弓 他 酸化型タキシフォリンのアミロイドβ凝集阻害活性 2009年度日本農芸化学会大会(博多) 2008 日本語
古川博史 他 Streptomyces blastmyceticum由来teleocidin生合成遺伝子群に存在するtcnB、TcnCの機能に関する研究 2009年度日本農芸化学会大会(博多) 2008 日本語
増田裕一 他 βアミロイド凝集体に存在する毒性コンホメーションの同定 第27回日本認知症学会集会(前橋) 2008 日本語
村上一馬 他 アミロイド β ペプチド (Aβ42) の病的コンホメーションの提唱 日本基礎老化学会第31回大会(松本) 2008 日本語
中川 優 他 天然発がんプロモーターの骨格を利用した抗がん剤bryostatin等価体の開発 第50回天然有機化合物討論会(福岡) 2008 日本語
増田裕一 他 βアミロイド凝集体のC末端における分子内βシート構造の固体NMRによる検証 第43回天然物化学談話会(大阪) 2008 日本語
辻 史忠 他 酵素反応系を利用したComXRO-E-2フェロモンのゲラニル修飾の検出 2009年度日本農芸化学会大会(博多) 2008 日本語
増田裕一 他 Aβ42凝集体のC末端における分子内β-シート構造の固体NMRによる検証 2009年度日本農芸化学会大会(博多) 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Measurements of toxic oligomers of amyloid β by ion mobility–mass spectrometry [招待あり] 第65回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 2017/05/18 日本語
抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析 [招待あり] 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」研究成果報告シンポジウム(慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜市) 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班 2016/07/01 日本語
アプリシアトキシンの構造単純化による抗がん剤シーズの開発研究 [招待あり] 第33回メディシナルケミストリーシンポジウム 日本薬学会・医薬化学部会 2015/11/26 日本語
天然のプロテインキナーゼCリガンドの単純化による抗がん剤シーズの開発研究 [招待あり] 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(愛媛大学農学部・樽味キャンパス) 日本農芸化学会中四国・西日本支部 2015/09/17 日本語
Inhibitory mechanism for amyloid beta42 aggregation by flavonoids [Invited] Kyoto-Bordeaux Symposium 2015 Kyoto University and University of Bordeaux 2015/05/22 英語
抗がん剤開発を指向した新規プロテインキナーゼCリガンドの創製 [招待あり] 京都大学学際融合教育研究推進センター・生理化学研究ユニット・第4回シンポジウム 生理化学研究ユニット 2014/06/24 日本語
Synthesis and biological activities of the simplified analogs of a natural PKC ligand aplysiatoxin [Invited] International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology JSPS, Asian CORE Program 2013/11/26 英語
ポリフェノールによるアミロイドβ の凝集抑制機構 [招待あり] 2013年度日本農芸化学会大会 日本農芸化学会 2013/03/27 日本語
Structure-activity studies on a simplified analog of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity [Invited] The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity Scientific Research on Innovative Areas, a MEXT Grant-in-Aid Project FY 2012/10/31 英語
ポリフェノールによるアミロイドβの凝集阻害機構 [招待あり] 第31回日本認知症学会学術集会 日本認知症学会 2012/10/28 日本語
プロテインキナーゼCを標的とした新規抗がん剤シーズ [招待あり] 京都大学新技術説明会 京都大学・科学技術振興機構 2012/08/24 日本語
天然発がんプロモーターの骨格を利用した新規抗がん剤リードの開発 [招待あり] 2012年度大会シンポジウム 日本農芸化学会 2012/03/25 日本語
抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析 [招待あり] 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第一回公開シンポジウム 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班 2012/01/10 日本語
発がんプロモーターの骨格を利用した新規ツール分子と抗がん剤シーズの開発 [招待あり] 日本農芸化学会関西支部例会(第472回講演会) 日本農芸化学会関西支部 2011/12/10 日本語
Development of new molecular probes and therapeutic seeds having skeletons of naturally-occurring tumor promoters [Invited] 22nd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Rouen, France) 2011/09/13 英語
Synthesis and structure-activity studies of the simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin 1 [Invited] 27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia) 2011/07/11 英語
アミロイドβの毒性ターン構造を認識する抗体の開発 [招待あり] 第52回日本神経学会学術大会(名古屋) 日本神経学会 2011/05/19 日本語
Development of anticancer compounds using the skeleton of tumor promoter aplysiatoxin [Invited] The 25th Naito Conference, Chemical Biology [II] -An Emerging Field Inspired by Natural Product Chemistry- (Sapporo, Japan) 2009 英語
βアミロイドの立体構造解析と神経細胞毒性発現機構 [招待あり] 第43回天然物化学談話会(大阪) 2008 日本語
アミロイドβ凝集体の立体構造解析と神経細胞毒性発現機構 [招待あり] 彩都バイオヒルズクラブ プロテオミクスシンポジウム(大阪) 2008 日本語
抗がん剤の開発に向けたブライオスタチン等価体の開発 [招待あり] 毒素研究会シンポジウム(東京) 2008 日本語
固体NMR及びESRによるβアミロイドの立体構造と神経細胞毒性発現機構の解析 [招待あり] 理研シンポジウム:「第9回 分析・解析技術と化学の最先端」(東京) 2008 日本語
アミロイドβタンパクの毒性コンホメーション [招待あり] 第54回白鷺セミナー(大阪) 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待あり] グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2017)基盤コース 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット 2017/10/07 日本語
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待あり] グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2016)基盤コース 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット 2016/10/01 日本語
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待あり] グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS 2015)基盤コース 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット 2015/10/17 日本語
化学を武器にアルツハイマー病に挑む 関西大倉高校出前講義(高槻市) 2014/11 日本語
ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性 [招待あり] 数理分子セミナー 広島大学理学研究科 2013/05/17 日本語
アミロイドβタンパクの毒性ターン構造の同定とその構造特異抗体の開発 [招待あり] 第15回アグリバイオセミナー 近畿大学農学部 2012/11/22 日本語
アミロイドβタンパクの毒性コンホメーションの同定と薬剤開発 [招待あり] 香川大学農学部第2回公開シンポジウム「生命を化学の視点から探究する」 2010 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
入江一浩*, 村上一馬(分担執筆,p52-59) 認知症, 実験医学増刊, Vol.35-No.12, 2017 羊土社 2017/07 日本語
入江一浩(分担執筆, p75-91) 有機化学要論 学術図書出版社,入江一浩, 津江広人編著 2015/04 日本語
K. Murakami*, K. Irie and T. Shimizu Potential role of vitamin C in the prevention of Alzheimer’s disease Elsevier, C. R. Martin and V. R. Prredy (Eds.), Diet and Nutrition in Dementia and Cognitive Decline, p.663-668 2015 英語
入江一浩 アプリシアトキシンの骨格を利用した抗がん剤シーズの開発研究 日本化学会編,CSJ Current Review 19, 生物活性分子のケミカルバイオロジー, Chapter 12, p127-133 2015 日本語
村上一馬, 増田裕一, 入江一浩* 固体NMRおよびESRによるアミロイドβの立体構造解析と毒性ターン構造特異抗体の開発 メディカル ドゥ,遺伝子医学MOOK 21号,最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用,p211-216 2012 日本語
Y. Masuda, S. Uemura, R. Ohashi, A. Nakanishi, K. Takegoshi and K. Irie* Identification of toxic conformation in Aβ42 aggregates using solid-state NMR Peptide Science 2008, p25-28 2009 英語
K. Murakami, K. Irie*, H. Ohigashi, H. Hara, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa 'Malignant' conformation of Alzheimer's beta peptide (Abeta42) through radical formation Peptide Science 2006, p19-20 2006 英語
K. Murakami, K. Irie*, A. Morimoto, Y. Masuda, H. Ohigashi, M. Nagao, H. Fukuda, T. Shimizu and T. Shirasawa New aggregation model of amyloid β by the systematic proline replacement Peptide Science 2004, p179-182 2005 英語
M. Shindo*, K. Irie, H. Ohigashi, M. Kuriyama and N. Saito Tumor-promoting phorbol esters bind directly to the regulatory domain of diacylglycerol kinase gamma Peptide Science 2001, p207-210 2002 英語
K. Irie*, A. Nakahara, Y. Nakagawa, H. Ohigashi, M. Shindo, H. Fukuda, H. Konishi and U. Kikkawa Selective binding of tumor promoters to the novel PKC C1B domains Peptide Science 2000, p197-200 2001 英語
K. Irie*, K. Oie, A. Nakahara, Y. Yanai, H. Ohigashi, H. Fukuda and P. A. Wender Synthesis and phorbol ester binding of the zinc-finger like sequences of all protein kinase C isozymes Peptide Science 1998, p65-68 1999 英語
K. Irie*, Y. Yanai, H. Ohigashi and P. A. Wender Synthesis and characterization of model peptides incorporating the phorbol ester-binding domain of protein kinase C Peptide Chemistry 1996, 209-212 1997 英語
K. Irie* and K. Koshimizu The indole alkaloid tumor promoter teleocidins as Epstein-Barr virus inducers: structure, biosynthesis and structure-activity relationship Natural Products as Antiviral Agents (Plenum), 257-273 1992 英語
T. Ando, K. Irie, K. Koshimizu*, S. Nakajima, T. Takemura and I. Sakata A convenient synthesis of chlorin e6 dimer and trimer Photodynamic Therapy and Biomedical Lasers (Elsevier Science Publishers B.V.), 764-768 1992 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
入江一浩,菊森将之,蒲池弘明,柳田 亮,中川 優 新規アプリシアトキシン誘導体及びそれを含有する抗がん剤 特許登録 特許第6170908号 2017/07/07
Irie, K., Murakami, K., Masuda, Y., Shimizu, T., Shirasawa, T., Seito, T. Antibody recognizing turn structure in amyloid β 特許登録 特許US 8,710,193; CN ZL201080046483.9 2014/04/29
入江一浩,村上一馬,清水孝彦,泉尾直孝,清藤 勉 アミロイドβの22位及び23位のターン構造を極めて特異的に認識する抗体 特許出願 特願2014−251898,2015−104411 2015/05/22
入江一浩,村上一馬,増田裕一,清水孝彦,白澤卓二,清藤 勉 アミロイドβのターン構造を認識する抗体 特許出願 特願2009−239542 2009/10/16
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
井上研究奨励賞 Inoue Research Aid for Young Scientists 井上科学振興財団 Inoue Foundation for Science 1990
農芸化学奨励賞 Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry Award for the Encouragement of Young Scientists 日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry 1994
2008年度BBB論文賞 Award for Excellence to Authors Publishing in Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry in 2008 日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry 2009
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
アルツハイマー病原因検出に新手法 京都新聞 朝刊29面 2016/07/05
新たな抗体で「早期診断」 毎日新聞 朝刊27面 2016/07/13
抗体開発 アルツハイマー病の早期診断に期待 朝日放送 「おはよう朝日です」など 2016/07/05
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
新学術領域研究(計画) 代表 天然PKCリガンドによる化学コミュニケーションの統合的理解と医薬品シーズの開発 Unified comprehension of chemical communication by natural PKC ligands and development of new medicinal seeds 2017/06/30〜2022/03/31
基盤研究(S) 代表 アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の新しい予防戦略 New prevention strategy for Alzheimer's disease based on the toxic conformation of amyloid β 2014/05/30〜2019/03/31
基盤研究(A) 代表 アミロイドβの毒性配座理論に基づいたアルツハイマー病の新規診断法の開発 Development of new diagnostic method for Alzheimer's disease based on the toxic conformation of amyloid β 2014/04/01〜2014/05/30
新学術領域研究(計画) 代表 抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析 Development and mechanistic analysis of new PKC ligands as anti-cancer agents 2011〜2015
挑戦的萌芽研究 代表 難治性疾患に対する分子標的薬シードとしての新規PKCリガンドの探索研究 Screening of new PKC ligands as seeds for intractable diseases 2011〜2012
基盤研究(A) 代表 アミロイドβの毒性オリゴマーの構造解析に基づいた抗アルツハイマー病薬の開発 Development of agents against Alzheimer's disease based on the structural analysis of amyloid beta oligomers 2009〜2013
萌芽研究 代表 インドール環4位への窒素原子導入酵素の触媒機構の解析と応用  Analysis of the reaction mechanism of the enzyme that catalyzes the introduction of a nitrogen atom on the 4 position of indole 2008〜2009
基盤研究(A) 代表 βアミロイドの新しい凝集モデルに基づいた抗体および凝集阻害剤の開発 Development of antibodies and aggregation inhibitors for amyloid β peptides based on the new aggregation model 2006〜2008
特定領域研究(公募) 代表 CH/π相互作用を利用したPKCアイソザイム選択的な薬剤開発 Molecular design of agents with selectivity for protein kinase C isozymes based on the CH/π interaction 2006〜2007
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
上原記念生命科学財団 2016年度研究助成 入江一浩 天然PKCリガンドの医薬品シーズとしての構造最適化 2017/02/08〜2018/04/30
武田科学振興財団 2013年度生命科学研究助成 入江一浩 Aβオリゴマーの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の治療戦略 2013/10/1〜2016/05/31
アサヒグループ学術振興財団 2010年度研究助成 入江一浩 食品中のポリフェノール類によるアミロイドβの毒性緩和機構 2008/02/07〜2012/03/31
上原記念生命科学財団 2007年度研究助成 入江一浩 ブライオスタチンのプロテイキナーゼC活性化機構に基づいた新規抗がん剤の設計 2008/04/01〜2009/04/30
内藤記念科学振興財団 2006年度研究助成 入江一浩 プロテインキナーゼCアイソザイムを標的とした新しい抗がん剤の設計 2007/04/01〜2008/03/31
松籟科学技術振興財団 2006年度研究助成 入江一浩 Daphnoretinをリードとした抗がん剤の開発 2007/04/01〜2008/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
農学部:食品有機化学 I、II、III、生命有機化学、有機化学実験及び実験法、食品生物科学入門及び実習 Faculty of Agriculture: Organic Chemistry in Food Science I, II, III, Organic Chemistry in Life Science, Laboratory Course in Organic Chemistry, Introduction and Practice in the Department of Food Science and Biotechnology
農学研究科:生体反応有機化学、食品生命科学特論、生命有機化学専攻演習、生命有機化学専攻実験 Graduate School of Agriculture: Organic Chemistry in Life Science, Food and Life Science (Advanced Course), Seminar of Organic Chemistry in Life Science, Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science
食品有機化学I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品有機化学II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
食品有機化学III 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生命有機化学 前期 農学部 2011/04〜2012/03
有機化学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04〜2012/03
生命有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品生物科学演習 Seminar on Food Science and Biotechnology 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2013/04〜2014/03
生命有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生命有機化学専攻演習 Seminar of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生命有機化学専攻実験 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生命有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生体反応有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
生命有機化学専攻演習 Seminar of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生命有機化学専攻実験 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生理化学概論 Outline of Physiological Chemistry 後期 農学研究科 2014/04〜2015/03
生命有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生命有機化学専攻実験1 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生命有機化学専攻実験 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生命有機化学専攻演習1 Seminar of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生命有機化学専攻演習 Seminar of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生理化学概論 Outline of Physiological Chemistry 後期 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2015/04〜2016/03
天然物化学 Natural Products Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
生体反応有機化学 Organic Chemistry in Life Science 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻実験1 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻実験2 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻実験 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻演習1 Seminar of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻演習2 Seminar of Organic Chemistry in Life Science2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生命有機化学専攻演習 Seminar of Organic Chemistry in Life Science 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
食品工業論 Food Science and Production Technology 前期 農学部 2016/04〜2017/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2016/04〜2017/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2016/04〜2017/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2016/04〜2017/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2016/04〜2017/03
天然物化学 Natural Products Chemistry 前期 農学部 2017/04〜2018/03
生命有機化学専攻実験1 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生命有機化学専攻実験2 Experimental Course of Organic Chemistry in Life Science2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生命有機化学専攻演習1 Seminar of Organic Chemistry in Life Science1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生命有機化学専攻演習2 Seminar of Organic Chemistry in Life Science2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物有機化学特論 Advanced Course of Bioorganic Chemistry 前期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03
食品有機化学III Organic Chemistry in Food Science III 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食品有機化学II Organic Chemistry in Food Science II 前期 農学部 2017/04〜2018/03
食品有機化学I Organic Chemistry in Food Science I 後期 農学部 2017/04〜2018/03
食品有機化学実験及び実験法 Laboratory Course in Organic Chemistry in Food Science 前期 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
生命有機化学 平成25年度前期集中 広島大学 大学院理学研究科 2013/04/09〜2013/09/30
天然物有機化学 平成26年度前期集中 広島大学 理学部 2014/04/09〜2014/09/30
天然物有機化学 平成27年度前期集中 広島大学 大学院理学研究科 2015/04/08〜2015/09/30
ケミカルバイオロジー特論 平成27年度後期 東京大学 大学院薬学系研究科 2015/09/01〜2016/03/31
天然物有機化学 2016年前期集中 広島大学 大学院理学研究科 2016/04/01〜2016/09/30
天然物有機化学Ⅰ 2017年前期集中 広島大学 大学院理学研究科 2017/04/01〜2017/09/30
全学運営(役職等)
役職名 期間
放射線取扱主任者(農学研究科)、京都大学全学共通科目化学部会委員、低温物質科学研究センター協議員会協議員
総長室特命補佐 2008/10/01〜2010/09/30
設備整備ワーキンググループ 委員 2011/04/01〜2013/03/31
吉田キャンパスマスタープラン専門部会 部会員 2012/10/01〜2016/09/30
国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員 2014/06/01〜2019/03/31
学際融合教育研究推進センター運営委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
高等教育研究開発推進機構基礎教育専門委員会・化学部会 委員 2005/04/01〜2013/03/31
低温物質科学研究センター協議員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
低温物質科学研究センター協議員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
低温物質科学研究センター協議員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
放射性同位元素等専門委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
学際融合教育研究推進センター生理化学研究ユニット長 2011/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
FD委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
学部教務委員会 委員 2013/04/01〜2016/03/31
建築委員会 委員 2015/04/01〜2019/03/31
放射線障害防止委員会 委員 2013/04/01〜2017/03/31
食品生物科 学科長 2016/04/01〜2018/03/31
評価委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
将来構想検討委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
新規素材探索研究会幹事 2008〜
天然有機化合物討論会世話人会メンバー 2008〜
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry 評議員 Councilor 2010/04/01〜2012/03/31
日本認知症学会 Japan Society for Dementia Research 評議員 Councilor 2010/04/01〜2017/03/31
京都生体質量分析研究会 Kyoto Biomolecular Mass Spectrometry Society 世話人 Organizer 2016/09/28〜
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
平成28年度科研費 審査委員表彰 日本学術振興会 2016/09/30
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
スタンフォード大学 化学科 光親和性標識によるプロテインキナーゼCと発がんプロモーターとの結合様式の解析 米国 1992/04/08〜1993/03/25