倉田 真宏

最終更新日時:2017/09/18 17:44:26

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
倉田 真宏/クラタ マサヒロ/Masahiro Kurata
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
防災研究所/地震防災研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
工学研究科 建築学専攻 建築防災工学講座 准教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
学際融合教育研究推進センター インフラシステムマネジメント研究拠点ユニット
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
M.S. イタリア パヴィア大学
修士(工学) 京都大学
M.S. 米国 ジョージア工科大学
Ph.D. 米国 ジョージア工科大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科博士前期課程建築学専攻 修了
パヴィア大学 EU地震工学・地震学コースM.Sc. 修了
京都大学 大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻 退学
ジョージア工科大学 土木環境工学科 M.Eng. 修了
ジョージア工科大学 土木環境工学科 Ph.D. 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部建築学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪教育大学教育学部付属天王寺高校 おおさかきょういくだいがくきょういくがくぶふぞくてんのうじこうこう
プロフィール
(日本語)
京都大学建築学科を卒業。京都大学大学院建築学専攻およびイタリア共和国パヴィア大学地震学コースにて修士号を取得。2009年にジョージア工科大学土木環境工学科にてPh.D.を取得。ミシガン大学土木環境工学科での2年間の研究員、京都大学防災研究所の助教を経て、2015年1月より現職。専門分野は、建築構造学、地震工学で、大地震後の被災建物の損傷検知システムや余震リスクの評価、自己診断部材に関する実践的な研究を進めている。また既存建物の耐震性能向上のための簡易制震部材の開発に取り組んでいる。
(英語)
Dr. Masahiro Kurata is an Associate Professor of the Division of Earthquake Hazards, the Disaster Prevention Research Institute at Kyoto University. Dr. Kurata completed his graduate studies at the Georgia Institute of Technology where he received his Ph.D. in Civil and Environmental Engineering in 2009 and conducted two-year post-doctoral research at University of Michigan. Prior to attending the Georgia Institute of Technology, he received his B.S. degree in Architecture, M.S. degree in Architectural Engineering from Kyoto University, and M.S. degree in Earthquake Engineering and Engineering Seismology at the ROSE School, University of Pavia, Italy. His current research interests are in the areas of post-disaster structural damage screening, self-diagnosable passive damping system and sustainable structural rehabilitation and repairs.
研究テーマ
(日本語)
耐震工学、構造ヘルスモニタリング、都市地震防災
(英語)
Seismic Engineering, Structural Health Monitoring, Urban Disaster Mitigation
研究概要
(日本語)
社会活動の早期復興に寄与する健全な建築インフラの提供という観点に立って、建築構造物の損傷を定量的に推定し、継続使用の可否を即座に判定するシステムの構築を目指している。構造物各所に設置したワイヤレスセンサ、遠隔データベースサーバー、データ処理ツール群からなる階層型モニタリングシステムを形成し、特に大量に生成されるセンサデータの中から建築物の損傷評価に直結する情報を効率よく抽出する手法と、推定される損傷から建築物の健全性を判断する基準に関する実証的研究に取り組んでいる。
(英語)
Dr. Kurata focuses in the areas of post-disaster structural damage screening, self-diagnoseable earthquake resistant system and sustainable seismic rehabilitation approaches for building structures. His work includes numerical simulations, large-scale testing using shake tables and development of autonomous structural monitoring system using advanced sensing technologies.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
構造工学 Structural Engineering
耐震機構 Earthquake Resistant Systems
構造ヘルスモニタリング Structural Health Monitoring
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
建築構造・材料
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
白石理人,森井雄史,岡田敬一,杉本浩一,佐藤俊明,倉田真宏,飛田潤 多点高密度配置した振動センサと部分構造の出力誤差による局所損傷検出:多点同期計測システムの構築と鉄骨造高層建物の大型振動台実験への適用 日本建築学会構造系論文集,736 2017/06 日本語
濱嶋郁望,倉田真宏,中島正愛 極大地震動の入力制限をはかる直置き型構造の滑り挙動と最大ベースシア 日本建築学会構造系論文集 2017 日本語
東郷拓真,和留生,林和宏,倉田真宏,中島正愛 極低降伏点鋼スリット鋼板を用いた組立式耐震壁とその設計法 日本建築学会構造系論文集,720,335-343 2016/02 日本語
林和宏,西良祐,羅雲標,倉田真宏,中島正愛 超高強度鋼H-SA700を用いたコンクリート充填鋼管柱の復元力特性と終局状態 日本建築学会構造系論文集,718 2015/12 日本語
佐藤美帆,張雷,倉田真宏,中島正愛 低負荷耐震補強機構を適用した鋼骨組の応答解析と設計法の構築 鋼構造年次論文報告集,23 2015/11 日本語
西野博道,鈴木明子,李小華,倉田真宏 局所損傷同定とモデル更新に基づく鋼構造骨組の残存耐震性能評価 鋼構造年次論文報告集,23 2015/11 日本語
新本翔太,倉田真宏,鈴木明子,李小華 余震リスク評価に基づく被災建物継続使用の迅速な意思決定支援 地域安全学会論文集,27,275-281 2015/11 日本語
倉田真宏,鈴木明子,峰岸楓,中島正愛 微振動下の内力分布推定に基づいた鋼構造柱梁接合部の健全性評価 日本建築学会構造系論文集,713 2015/07 日本語
倉田真宏,佐藤 美帆,張雷,中島正愛 軽量引張鋼棒と板を組み合わせた 低負荷な鋼骨組耐震補強機構 の提案 日本建築学会構造系論文集,709,491-500 2015/03 日本語
伊藤麻衣,林和宏,谷口雄大,倉田真宏,中島正愛 既存骨組の耐力と剛性を考慮した間柱型耐震壁の設計手順 日本建築学会構造系論文集 2015 日本語
東郷拓真,和留生,倉田真宏,林和宏,中島正愛 健全性判定機能を有する履歴ダンパーの性能向上 鋼構造年次論文報告集,22 2014/11 日本語
林和宏,西亮祐,榎本龍介,倉田真宏,中島正愛 超高強度鋼H-SA700を用いた 中空CFT柱部材の曲げ圧縮性能 日本建築学会構造系論文集,705 2014/11 日本語
倉田真宏,峰岸楓,唐貞云,中島正愛 合成梁を有する鋼構造柱梁接合部の繰返し載荷による振動特性の変化-実大試験体を用いた振動試験- 日本建築学会構造系論文集,703,1271-1278 2014/09 日本語
伊藤麻衣,谷口雄大,林和宏,倉田真宏,中島正愛 木パネル補剛鋼板耐震壁におけるパネル補剛力特性 構造工学論文集 2014 日本語
山口真矢子,倉田真宏,宮澤理稔,野澤貴 鋼構造骨組の損傷度と伝播波の到達遅延:微動記録への地震波干渉法の適用 構造工学論文集 2014 日本語
李小華,倉田真宏,藤田皓平,山口真矢子,中島正愛 無線PVDFセンシングを用いた鋼構造ラーメン骨組の局部損傷の検出 鋼構造年次論文報告集,21 2013/11 英語
峰岸楓,唐貞云,倉田真宏,野澤貴,中島正愛 鋼構造柱梁接合部の地震損傷に伴う振動特性の変化 鋼構造年次論文報告集 2013/11 日本語
,21,ROMBUNNO.85 2013/11 英語
伊藤麻衣;林和宏;谷口雄大;倉田真宏;中島正愛 スリット入り鋼板耐震壁のパネル補剛設計式 日本建築学会構造系論文集,687,987-995 2013/05 日本語
倉田真宏;金尾伊織;LIU Dawei;中島正愛 繰返し載荷を受ける角形鋼柱の変形能力に及ぼす局部座屈の影響 日本建築学会構造系論文集,613,155-161 2007/03/30 日本語
山本遼太;倉田真宏;長江拓也;寺田岳彦;吹田啓一郎;中島正愛 繰返し載荷実験と最大耐力評価法  浅い埋込み柱脚の弾塑性挙動と保有性能  その1 日本建築学会構造系論文集,613,147-153 2007/03/30 日本語
倉田真宏;中島正愛;吹田啓一郎 固定柱脚を想定した角形鋼管柱の大変形繰返し載荷実験 日本建築学会構造系論文集,598,149-154 2005/12/30 日本語
池永昌容,松宮智央,倉田真宏,中島正愛,吹田啓一郎 セルフセンタリング導入による鋼構造骨組の残留変形低減効果 鋼構造年次論文報告集 2004 日本語
Inamasu, H., Skalomenos, AK., Hsiao, P-C., Hayashi K., Kurata, M., and Nakashima, M. Gusset plate connection for Naturally Buckling Brace Journal of Structural Engineering,143,8 2017/08 英語
Li. X, Kurata, M., Suzuki, A. Decoupling Algorithm for Evaluating Multiple Beam Damages in Steel Moment-resisting Frames Earthquake Engineering and Structural Dynamics,46,7 2017/07 英語
Lavan, O., Sato, M., Kurata, M., Zhang, L. Local Deformation Based Design of Minimal-Disturbance Arm Damper for Retrofitting Steel Moment-Resisting Frames Earthquake Engineering and Structural Dynamics,46,9 2017/07 英語
Barbagallo, B., Hamashima, I., Hu, H., Kurata, M., Nakashima, M. Base Shear Capping Buildings with Graphite-Lubricated Bases for Collapse Prevention in Extreme Earthquakes Earthquake Engineering and Structural Dynamics,46,6 2017/05 英語
Yamaguchi, M., Kurata, M., Miyazawa, M. Building Damage Estimates using Slowness Change in Propagating Waves Journal of Structural Engineering,143,4 2017/04 英語
Zhang, Y., Kurata, M., Lynch, J.P. Long-Term Modal Analysis of Wireless Structural Monitoring Data from a Suspension Bridge under Varying Environmental and Operational Conditions: System Design and Automated Modal Analysis Journal of Engineering Mechanics,143,4 2017/04 英語
Matarazzo, T.J., Kurata, M., Nishino, H., Suzuki, A. Post-earthquake strength assessment of a steel moment-resisting frame with multiple beam-column fractures using local monitoring data Journal of Structural Engineering 2017 英語
Skalomenos, K.S., Kurata, M. and Nakashima, M. On-line Hybrid Test Method for Evaluating the Performance of Structural Details to Failure Earthquake Engineering and Structural Dynamics 2017 英語
Suzuki, A., Kurata, M., Li, X., and Shimmoto, S. Residual Structural Capacity Evaluation of Steel Moment-Resisting Frames using Dynamic-strain-based Model Updating Method Earthquake Engineering and Structural Dynamics 2017 英語
He, L., Togo, T., Hayashi, K., Kurata, M., Nakashima, M. Cyclic Behavior of Multi-Row Slit Shear Walls Made from Low Yield Point Steel Journal of Structural Engineering,142,11 2016/11 英語
Bai, Y., Kurata, M., Nakashima, M., Florez, J. Macromodeling of Crack Damage in Steel Beams Subjected to Nonstationary Low Cycle Fatigue, Journal of Structural Engineering,142,10 2016/10 英語
He, L., Kurata, M., Nakashima, M. Condition assessment of steel shear walls with tapered links under various loadings Earthquake and Structures 2015/10 英語
Kurata, M., He, L., Nakashima, M. Steel slit shear walls with double-tapered links capable of condition assessment Earthquake Engineering and Structural Dynamics,44,8,1271-1287 2015/07 英語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. Evaluating damage extent of fractured beams in steel moment-resisting frames using dynamic strain responses Earthquake Engineering and Structural Dynamics,44,4,563-581 2015/04 英語
Shi Y., Kurata, M., Nakashima, M. Disorder and damage of base-isolated medical facilities when subjected to near-fault and long-period ground motions Earthquake Engineering and Structural Dynamics,1683-1701 2014 英語
Nakashima, M., Lavan, O., Kurata, M., Luo, Y. Earthquake Engineering Research Needs in Light of Lessons Learned from the 2011 Tohoku Earthquake Earthquake Engineering and Engineering Vibration,13,141-149 2014 英語
和留生,倉田真宏,吹原慧,林和宏,中島正愛 Dual functional steel slit shear wall with X-shaped links 鋼構造年次論文報告集 2013/11 英語
Y. Shi; T.C. Becker; M. Kurata; M. Nakashima H<sub>∞</sub> control in the frequency domain for a semi-active floor isolation system Frontiers of Structural and Civil Engineering,7,3,264-275 2013 英語
M. Ito; K. Hayashi; Y. Taniguchi; M. Kurata; M. Nakashima Design procedure for panels stiffening steel shear walls with slits Journal of Structural and Construction Engineering,78,687,987-995 2013 英語
M. Kurata; J. Kim; J.P. Lynch; G.W. Van Der Linden; H. Sedarat; E. Thometz; P. Hipley; L.-H. Sheng Internet-enabled wireless structural monitoring systems: Development and permanent deployment at the New Carquinez suspension bridge Journal of Structural Engineering (United States),139,10,1688-1702 2013 英語
M. Kurata; X. Li; K. Fujita; M. Yamaguchi Piezoelectric dynamic strain monitoring for detecting local seismic damage in steel buildings Smart Materials and Structures,22,11 2013 英語
He, L., Fukihara, K., Kurata, M., Hayashi, K., Nakashima, M. Steel Plate Shear Wall with X-Shaped Links as a Structural Component Capable of Condition Assessment Proc. of PSSC 2013 英語
M. Kurata; R.T. Leon; R. Desroches Rapid seismic rehabilitation strategy: Concept and testing of cable bracing with couples resisting damper Journal of Structural Engineering (United States),138,3,354-362 2012/03 英語
M. Kurata; R.T. Leon; R. Desroches; M. Nakashima Steel plate shear wall with tension-bracing for seismic rehabilitation of steel frames Journal of Constructional Steel Research,71,92-103 2012 英語
M. Kurata; M. Nakashima; K. Suita Effect of column base behaviour on the seismic response of steel moment frames Journal of Earthquake Engineering,9,415-438 2005 英語
ZHOU F;SUITA K;MATSUMIYA T;KURATA M TESTS ON STEEL COLUMN BASES WITH T-STUB CONNECTIONS 日本建築学会構造系論文集,581,117-125 2004/07 英語
ZHOU F;MATSUMIYA T;KURATA M;SUITA K Strength and mechanical behavior of bolted column base connection 鋼構造年次論文報告集,11,583-590 2003/11 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Inamasu, H., Skalomenos, K., Hsiao, P-C., Hayashi, H., Kurata, M., Nakashima, M. Experimental Investigation of Bolt-Configured Naturally Buckling Braces with Gusset Plate Connections Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Skalomenos, K., Inamasu, H., Shimada, H., Kurata, M., Nakashima, M. Experimental Investigation of Steel Braces Installed with Intentional Eccentricity Using Gusset Plate Connections Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Suzuki, A., Iervolino, I., Kurata, M., Shimmoto, S. State-Dependent Fragility Curves for Aftershock Seismic Risk Assessment of Japanese Steel Frames Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Suzuki, A., Iervolino, I., Kurata, M., Shimmoto, S. Design and Physical Testing Of Biaxial Minimal-Disturbance Arm Damper For Seismic Rehabilitation Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Takeda, T., Sato, M., Lavan, O, Kurata, M. Application of Local-Deformation Based Design Method to Various Steel Frames Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Barbagallo, F., Hamashima, I., Hu, H., Zhang, L., Kurata, M., Nakashima, M. Experimental Investigation on Dynamic Behaviour of Free-Standing Frames With Friction, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering 2017/01 英語
Burton, A., Kurata, M., Nishino, H., Lynch, J.P. Fully integrated patterned carbon nanotube strain sensors on flexible sensing skin substrates for structural health monitoring Proc. SPIE 9803 2016/03 英語
Zhang, L., Kurata, M., Sato, M., Lavan, O., Nakashima, M. Design and Application of a Minimal-Disturbance Seismic Rehabilitation Technique Composed of Light-Weight Steel Elements 8th International Conference on Behavior of Steel Structures in Seismic Areas 2015/07 英語
Kurata, M., Sato, M., Zhang, L., Becker, T., Lavan, O., Nakashima, M. Seismic Retrofit of Steel Frames with Minimal-Disturbance Proc. IABSE Conference, Nara 2015/05 英語
Suzuki, A., Kurata, M., Li, X., Minegishi, K., Tang, Z., Burton, A. Quantification of seismic damage in steel beam-column connection using PVDF strain sensors and model-updating technique Proc. SPIE 9435, Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2015/03 英語
Kurata, M., Tang, Z., Minegishi, K., Shi, Y. Dynamic Characteristics Assessment of Steel Beam-Column Connections with Floor Slab Proc. of Tenth U.S. National Conference on Earthquake Engineering 2014/07 英語
Burton, A., Minegishi, K., Kurata, M., Lynch, J.P. Free-standing carbon nanotube composite sensing skin for distributed strain sensing in structures Proc. SPIE 9061 2014 英語
Kurata, M., Li, X., Fujita, K., He, L., Yamaguchi, M. PVDF Piezo Film as Dynamic Strain Sensor for Local Damage Detection of Steel Frame Buildings Proc. of SPIE Vol. 8692, 86920F,8692 2013 英語
Kurata, M., Fujita, K., Li, X., Yamazaki, T. Development of cyber-based autonomous structural integrity assessment system for building structures, Proc. of SPIE Vol. 8692, 86924E,8692 2013 英語
Ito, M., Taniguchi, Y., Hayashi, K., Kurata, M., Nakashima, M. Influence of Design Variables on Performance of Slitted Steel Shear Wall Sandwiched by Wood Panels Proc. of PSSC 2013 英語
Luo, Y., Hayashi, K., Kurata, M., Nakashima, M. Experimental Study on Steel Beam-to-Column Connections Repaired with SFRCC Proc. of PSSC 2013 英語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. Dynamic Strain Monitoring for Detecting Fracture Damage at Beam-ends in Steel Moment-Resisting Frames Proc. of SHMII-6 2013 英語
Zhang, Y., Kurata, M., Lynch, J.P., Van der Linden, G., Sederat, H.,, and Prakash, A. Distributed Cyberinfrastructure Tools for Automated Data Processing of Structural Monitoring Data Proc. SPIE 8347,8347 2012 英語
Okamura, T., Kurata, M., and Nakashima, M. Development of Slitted Steel Shear Walls Capable of Detecting Damage States Proceeding of 15th World Conference of Earthquake Engineering 2012 英語
Mosavi, A.A., Sedarat, H., Kurata, M., Emami-Naeini, A., Jacob, V., Lynch, J. Finite Element model updating of a long-span suspension bridge using measured vibration data NDE/NDT for Highways and Bridges: Structural Materials Technology (SMT) 2012 英語
M. Kurata; J.P. Lynch; K.H. Law; L.W. Salvino Bayesian model updating approach for systematic damage detection of plate-type structures Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series,4,85-94 2012 英語
Kurata, M., Kim. J-H., Zhang, Y., Lynch, J., P., van der Linden, G. W., Jacob, V., Thometz, E., Hipley, P., Sheng, L-H. Long-Term Assessment of an Autonomous Wireless Structural Health Monitoring System at the New Carquinez Suspension Bridge SPIE Smart Structures/NDE,7983 2011 英語
M. Kurata; J.P. Lynch; G.W. Van Der Linden; P. Hipley; L.-H. Sheng Application of an automated wireless structural monitoring system for long-span suspension bridges AIP Conference Proceedings,1335,33-40 2011 英語
Kurata, M., Lynch, J., P., van der Linden, G. W., Hipley, P., Sheng, L-H. Long-Term Monitoring Systems for the Monitoring of Long-Span Bridges International Symposium on Innovation & Sustainability of Structures in Civil Engineering 2011 英語
Kurata, M., Lynch, J., P., Galchev, T., Flynn, M., Hipley, P., Jacob, V., Linden, VDG., Mortazawi, A., Najafi, K., Peterson, R., P., Sheng, L-H., Sylvester, D., Thometz, E. A Two-Tiered Self-Powered Wireless Monitoring System Architecture for Bridge Health Management SPIE Smart Structures/NDE,7649 2010 英語
Kurata M., Lynch J. P., van der Linden G. W., Hipley P., and Sheng L-H. Application of an Automated Wireless Structural Monitoring System for Long-Span Suspension Bridges Proceeding of QNDE, America Institute of Physics 2010 英語
Kurata, M., Lynch, J., P., van der Linden, G., W., Jacob, V., Sheng, L-H. Preliminary Study of a Wireless Structural Monitoring System for Monitoring the New Carquinez Suspension Bridge 5th World Conference on Structural Control and Health Monitoring 2010 英語
Kurata, M., Leon, R., DesRoches R., Nakashima, M. Proof of Concept Testing of Narrow Steel Plate Shear Wall with Tension Bracing for Rapid Seismic Rehabilitation 9th U.S. National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering 2010 英語
Kurata, M., Kim, J-H., Lynch, J. P., Law, K. H., Salvino, L. W. Fatigue Health Monitoring ofHull Structures Using a Model-Based Damage Detection Technique Engineering Mechanics Conference 2010 英語
Kurata, M., Kim, J-H., Lynch, J. P., Law, K. H., Salvino, L. W. A Probabilistic Model Updating Algorithm for Fatigue Damage Detection in Aluminum Hull Structures Proceedings of the ASME 2010 Conference on Smart Materials, Adaptive Structures and Intelligent Systems 2010 英語
Kurata, M., Leon, R., DesRoches R. Proof of Concept Testing of Cable Bracing System with Rotating Central Energy Dissipater Structures Congress 2009,1683-1692 2009 英語
Kurata, M., DesRoches R., Leon, R. Cable Damper System for Partial Seismic Rehabilitation,” 14th World Conference of Earthquake Engineering 14th World Conference of Earthquake Engineering 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masahiro Kurata Strategies for rapid seismic hazard mitigation in sustainable infrastructure systems Georgia Institute of Technology 2009/09 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
岡田 敬一,森井 雄史,白石 理人,杉本 浩一,佐藤 俊明,飛田 潤,倉田真宏,中村充 RC 造建物の大型振動台実験へのシステム適用 レベル1 システム -建物の健全度モニタリング(上部構造)に関する研究開発(その8)- 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
倉田真宏,鈴木明子,新本翔太,李小華 構造ヘルスモニタリングと余震リスクに基づく建物継続使用の即時判定支援についての検討 その1 基本的な考え方 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
西野博道,鈴木明子,倉田真宏,峰岸楓 構造ヘルスモニタリングと余震リスクに基づく建物継続使用の即時判定支援についての検討 その2 継続使用の指標 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
鈴木明子,西野博道,倉田真宏,峰岸楓 鋼構造骨組の残存耐震性能評価手法の実験的検証 その2 局所損傷同定とモデル更新 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
峰岸楓,倉田真宏,李小華,鈴木明子 E-ディフェンスを利用した床スラブ付き超高層鋼構造建物崩壊実験における鋼梁の局所損傷推定 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
稲益博行,林和宏,Hsiao, P., 倉田真宏,中島正愛 無溶接NBB 断面と偏心ガセットプレート機構に関する繰返し載荷実験 その1 提案機構と試験体 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
中島正愛,Hsiao, P.,稲益博行,林和宏,倉田真宏 無溶接NBB 断面と偏心ガセットプレート機構に関する繰返し載荷実験 その2 実験計画と結果 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
東郷拓真,He, L., 倉田真宏,林和宏,中島正愛 極低降伏点鋼LY100 に多段スリット加工を施した高靱性耐震壁の開発 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
濱嶋郁望,山崎友也,Hu, H-S.,Zhang, L.,佐藤美帆,倉田真宏,中島正愛 柱脚と基礎間に黒鉛潤滑剤を用いた直置き型構造の振動台実験と性能評価―その1 直置き型構造の基本挙動― 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
山崎友也,濱嶋郁望, Hu, H-S.,Zhang, L.,佐藤美帆,倉田真宏,中島正愛 柱脚と基礎間に黒鉛潤滑剤を用いた直置き型構造の振動台実験と性能評価―その2 振動台実験結果と考察― 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2015/09 日本語
西野博道,鈴木明子,倉田真宏,峰岸楓,李小華,Bai, Y. 局所損傷同定とモデル更新による被災鋼構造骨組の残存耐震性能評価 その1 振動台実験 日本建築学会近畿支部研究報告集,165-169 2015/06 日本語
鈴木明子,西野博道,倉田真宏,峰岸楓,李小華,Bai, Y. 局所損傷同定とモデル更新による被災鋼構造骨組の残存耐震性能評価 その2 残存耐震性能の評価 日本建築学会近畿支部研究報告集,169-172 2015/06 日本語
峰岸楓,倉田真宏,李小華,鈴木明子 E-ディフェンス超高層骨組崩壊実験における鋼梁の局所損傷推定 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系,173-176 2015/06 日本語
倉田真宏,鈴木明子,新本翔太,李小華 建物モニタリングと余震ハザード推定を利用した継続使用判定指標 その1 建物の損傷予測 日本建築学会近畿支部研究報告集,177-180 2015/06 日本語
新本翔太,倉田真宏,鈴木明子,李小華 建物モニタリングと余震ハザード推定を利用した継続使用判定指標 その2 継続使用の指標 日本建築学会近畿支部研究報告集,181-184 2015/06 日本語
稲益博行,Hsiao, P.,林和宏,倉田真宏,中島正愛 Naturally Buckling Bracesにおける無溶接断面構成法と編心ガセットプレートの適用 日本建築学会近畿支部研究報告集,381-384 2015/06 日本語
濱嶋郁望,Zhang, L.,佐藤美帆,Hu, H-S.,倉田真宏,中島正愛 建物基礎間に黒鉛潤滑剤を用いた直置き型構造の振動台実験と性能評価 日本建築学会近畿支部研究報告集,513-516 2015/06 日本語
東郷拓真,He, L.,倉田真宏,林和宏,中島正愛 スリット加工と極低降伏点鋼を用いた高靭性耐震壁の開発 日本建築学会近畿支部研究報告集,541-544 2015/06 日本語
東郷拓真,和留生,倉田真宏,林和宏,中島正愛 X型リンク付き鋼板耐震壁の健全性判定機能の強化と検証 ‐その2 判定機能とエネルギー消費性能の検証実験‐ 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
伊藤麻衣,林和宏,谷口雄大,倉田真宏,中島正愛 木パネル補剛スリット入り鋼板の補剛特性および間柱型耐震壁としての性能 その1 パネル補剛特性 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
中島正愛,䔥 博謙,稲益博行,林和宏,羅 雲標,倉田真宏 Naturally Buckling Brace の開発と実験 その3 実験結果と考察 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
山崎友也,張雷,佐藤美帆,倉田真宏,林和宏,中島正愛 軽量引張鋼棒と鋼板を組み合わせた鋼骨組の少資材耐震補強機構 -その2 数値解析- 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
佐藤美帆,山崎友也,張雷,倉田真宏,林和宏,中島正愛 軽量引張鋼棒と鋼板を組み合わせた鋼骨組の少資材耐震補強機構 -その1 機構の提案- 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
峰岸楓,倉田真宏,中島正愛 実大鋼構造柱梁接合部の損傷による振動特性の変化 その3 解析的検討 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
鈴木明子,倉田真宏,峰岸楓,李小華,中島正愛 鋼構造柱梁接合部の微振動下の内力分布推定を応用した局所損傷の定量化 その2 損傷指標の抽出とモデル更新 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
倉田真宏,鈴木明子,峰岸楓,李小華,中島正愛 鋼構造柱梁接合部の微振動下の内力分布推定を応用した局所損傷の定量化 その1 実験手法と損傷度の定義 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
山口真矢子,倉田真宏,宮澤理稔 伝播波スローネス変化による建物損傷推定手法の構築と検証実験 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
杉本浩一,白石理人,高橋元美,長江拓也,飛田潤,倉田真宏 鉄骨造高層建物の大型振動台実験へのシステム適用:実験概要-建物の健全度モニタリング(上部構造)に関する研究開発(その4)- 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/09 日本語
稲益博行,䔥 博謙,林和宏,羅 雲標,倉田真宏,中島正愛 Naturally Buckling Brace の開発と実験 その2 実験計画と数値解析 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿) 2014/08 日本語
山口真矢子,倉田真宏,宮澤理稔 伝播波スローネス変化による建物損傷推定手法の構築と検証実験 日本建築学会近畿支部研究報告集,173-176 2014/06 日本語
,517-520 2014/06 英語
鈴木明子,倉田真宏,峰岸楓,李小華,中島正愛 微振動下の内力分布推定に基づく鋼構造柱梁接合部の局所損傷定量化 その2 損傷指標の抽出とモデル更新 日本建築学会近畿支部研究報告集,521-524 2014/06 日本語
伊藤麻衣,林和宏,谷口雄大,倉田真宏,中島正愛 間柱型鋼板耐震壁のパネル補剛特性および耐震補強設計 その1 木パネル補剛による補剛力の推定 日本建築学会近畿支部研究報告集,549-552 2014/06 日本語
東郷拓真,和留生,倉田真宏,林和宏,中島正愛 健全性判定機能を向上させたX型リンク付き鋼板耐震壁 その2 実験による検証およびエネルギー消費性能の確保 日本建築学会近畿支部研究報告集,561-564 2014/06 日本語
佐藤美帆,張雷,倉田真宏,林和宏,中島正愛 軽量引張鋼棒と鋼板を組み合わせた鋼骨組の少資材耐震補強機構 その1 機構の提案と数値解析 日本建築学会近畿支部研究報告集,569-571 2014/06 日本語
峰岸楓,倉田真宏,鈴木明子,中島正愛 鋼構造建物の柱梁接合部の損傷と振動性状の相関 その3 解析的検討 日本建築学会近畿支部研究報告集,577-580 2014/06 日本語
保木和明,羅雲標,林和宏,倉田真宏,中島正愛 鋼繊維補強モルタルによる補修を施した鉄骨造柱梁接合部の耐震性能- その1 SFRCC を用いた耐震補修法の提案- 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
藤田皓平,倉田真宏,Xiaohua Li,山崎友也 サイバー環境を利用した高密度センシング網による鋼構造建物部材損傷度の可視化 その2 ベンチマーク試験 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
山崎友也,藤田皓平,倉田真宏,Xiaohua Li サイバー環境を利用した高密度センシング網による鋼構造建物部材損傷度の可視化 その1 サイバープラットフォームの構成 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
峰岸楓,唐貞云,倉田真宏,野澤貴,羅雲標,林和宏,中島正愛 実大鋼構造柱梁接合部の損傷による振動特性の変化 その1 水平繰り返し載荷試験 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
吹原慧,和留生,倉田真宏,林和宏,谷口雄大,中島正愛 X 形リンク付き鋼板せん断壁を用いた損傷判定 その2 実験による検証 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
山口真矢子,宮澤理稔,倉田真宏 鋼構造骨組の損傷を模擬した振動台実験における地震波干渉法を用いた伝播波遅延の評価 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
西亮祐,榎本龍介,林和宏,林旭川,蕭博謙,倉田真宏,中島正愛 PC 鋼棒内蔵CFT 柱を用いた自己復元型架構の提案 その2 自己復元型架構準静的載荷実験 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
榎本龍介,西亮祐,林和宏,林旭川,蕭博謙,倉田真宏,中島正愛 PC 鋼棒内蔵CFT 柱を用いた自己復元型架構の提案 その1 超高強度鋼中空CFT柱要素実験 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
伊藤麻衣,谷口雄大,林和宏,倉田真宏,中島正愛 スリット入り鋼板耐震壁の耐震補強設計と耐震壁付骨組による耐震性能検証実験 その2 耐震性能検証実験 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
谷口雄大,伊藤麻衣,林和宏,倉田真宏,中島正愛 スリット入り鋼板耐震壁の耐震補強設計と耐震壁付骨組による耐震性能検証実験 その1 耐震補強設計 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
林和宏,羅雲標,保木和明,倉田真宏,中島正愛 鉄骨造溶接柱梁接合部の繰返し載荷挙動- その1 準静的載荷実験 - 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道) 2013/09 日本語
藤田皓平,倉田真宏,Xiaohua Li,山崎友也 リレーショナルデータベースとWeb Viewerを用いた被災建築物の損傷度の可視化 日本建築学会近畿支部研究報告集,153-156 2013/06 日本語
峰岸楓,唐貞云,倉田真宏,野澤貴,羅雲標,林和宏,中島正愛 鋼構造建物の柱梁接合部の損傷度と振動性状の相関 その1 水平繰返し載荷による損傷 日本建築学会近畿支部研究報告集,1457-160 2013/06 日本語
損傷判定機能を有するX形リンク付き鋼板せん断壁- その2 実験による検証 - 吹原慧,和留生,倉田真宏,林和宏,谷口雄大,中島正愛 日本建築学会近畿支部研究報告集,545-548 2013/06 日本語
山口真矢子,宮澤理稔,倉田真宏 鋼構造骨組の振動台実験結果を用いた地震波干渉法による損傷検知の基礎的検討 日本建築学会近畿支部研究報告集,165-168 2013/06 日本語
西亮祐,榎本龍介,林和宏,林旭川,蕭博謙,倉田真宏,中島正愛 超高強度鋼中空CFT柱を用いたロッキング型セルフ・センタリング機構の開発 その2 セルフ・センタリング架構実験 日本建築学会近畿支部研究報告集,369-372 2013/06 日本語
榎本龍介,西亮祐,林和宏,林旭川,蕭博謙,倉田真宏,中島正愛 超高強度鋼中空CFT柱を用いたロッキング型セルフ・センタリング機構の開発 その1 超高強度鋼中空CFT柱要素実験 日本建築学会近畿支部研究報告集,365-368 2013/06 日本語
伊藤麻衣,谷口雄大,林和宏,倉田真宏,中島正愛 耐震補強を想定したスリット入り鋼板耐震壁の耐震設計と耐震性能検証実験 その2 耐震性能検証実験 日本建築学会近畿支部研究報告集,553-556 2013/06 日本語
谷口雄大,伊藤麻衣,林和宏,倉田真宏,中島正愛 耐震補強を想定したスリット入り鋼板耐震壁の耐震設計と耐震性能検証実験 その1 スリット入り鋼板耐震壁の耐震設計 日本建築学会近畿支部研究報告集,549-552 2013/06 日本語
林和宏,羅雲標,保木和明,倉田真宏,中島正愛 SFRCCを用いたスラブ付き鉄骨柱梁接合部補修法に関する実験- その1 RCスラブ付き柱梁接合部破壊実験とSFRCCを用いた耐震補修法の提案 - 日本建築学会近畿支部研究報告集,405-408 2013/06 日本語
倉田真宏,李小華,藤田皓平,山口真矢子: 鋼構造建物の地震時対応力の向上を目指した局所損傷検知技術の展開 地震工学研究レポート,東京工業大学都市地震工学センター 2013 日本語
山口真矢子,倉田真宏,宮澤理稔 損傷による振動特性の変化に分類アルゴリズムを用いた鋼構造建物の地震被害検知システムの開発 電気情報通信学会技術研究報告,112,83,31-34 2012 日本語
倉田真宏, Lynch, J.P., Law, L.H. 有限要素法モデルにベイズ更新を適用した板材のヒューリスティック損傷推定手法 日本建築学会全国大会(東海) 2012 日本語
山口真矢子, 倉田真宏, 中島正愛 事前解析に基づく分類器を利用した鋼構造建物の損傷検知システムの開発 日本建築学会全国大会(東海) 2012 日本語
中島正愛,倉田真宏,岡村拓弥 最大応答変形を推定する不均等スリット配置による鋼板耐震壁,(その2 エネルギー消費性能の向上) 不均等スリット配置による鋼板耐震壁,(その2 エネルギー消費性能の向上),日本建築学会全国大会(東京),911-912 2011 日本語
岡村拓弥,倉田真宏,中島正愛 最大応答変形を推定する不均等スリット配置による鋼板耐震壁,(その1 載荷履歴の影響) 日本建築学会全国大会(東京) 2011 日本語
岡村拓弥,倉田真宏,中島正愛 スリット入り鋼板耐震壁の横座屈変形の観察に基づく最大応答変形推定手法 日本建築学会近畿支部報告集 2011 日本語
倉田真宏,山本遼太, 吹田啓一郎, 寺田岳彦, 中島正愛 繰返し載荷を受ける浅い埋込み柱脚の弾塑性挙動と保有性能評価,(その1 実験と全体挙動) 日本建築学会全国大会(近畿) 2005 日本語
山本遼太, 倉田真宏, 長江拓也, 吹田啓一郎, 中島正愛 繰返し載荷を受ける浅い埋込み柱脚の弾塑性挙動と保有性能評価,(その2 耐力劣化挙動と最大耐力評価) 日本建築学会近畿支部報告集 2005 日本語
松宮 智央;倉田 真宏;周 鋒;吹田 啓一郎 2092 高力ボルト接合による鉄骨柱脚の耐力と変形能力 : その1 改良型柱脚の設計と露出柱脚の結果(構造) 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系,43,365-368 2003/05 日本語
松宮智央,倉田真宏,周鋒,吹田啓一郎 高力ボルト接合による鉄骨柱脚の耐力と変形能力,(その1 改良型柱脚の設計と露出柱脚の結果) 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海) 2003 日本語
倉田真宏,吹田啓一郎,中島正愛 2060 鋼骨組の地震応答に及ぼす柱脚復元力特性の影響 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系,42,237-240 2002/05 日本語
倉田真宏,吹田啓一郎,中島正愛 鋼骨組の地震応答に及ぼす柱脚復元力特性の影響 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸) 2002 日本語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. A damage curve to quantify seismically induced beam fracture in steel buildings Summary of AIJ Annual Meeting (Kanto) 2015/09 英語
Bai, Y., Kurata, M., Nakashima, M. Prediction of Fracture Propagation of Steel Beam-Column Connections due to Low Cycle Fatigue Summary of AIJ Annual Meeting (Kanto) 2015/09 英語
Zhang, L., Sato, M., Kurata, M., Lavan, O., Nakashima, M. Application and Design of Minimal-Disturbance Arm Damper for Steel Moment-Resisting Frames Part 1: Numerical Simulation and Performance Evaluation Summary of AIJ Annual Meeting (Kanto) 2015/09 英語
Sato, M., Lavan, O., Kurata, M., Zhang, L., Nakashima, M. Application and Design of Minimal-Disturbance Arm Damper for Steel Moment-Resisting Frames Part 2: Discussion for Design Procedures Summary of AIJ Annual Meeting (Kanto) 2015/09 英語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. Damage quantification of beam seismic fracture in steel buildings ,153-156 2015/06 英語
Zhang L.,Sato, M.,Kurata, M., Lavan, O., Nakashima, M. Seismic Rehabilitation of Steel Frames using Minimal-Disturbance Arm Damper Part 1 Numerical Simulation and Performance Evaluation Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,401-404 2015/06 英語
Bai, Y., Kurata, M., Nakashima, M. Assessing Low Cycle Fatigue Fracture of Steel Beam-Column Connections under Variable Amplitudes Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,433-436 2015/06 英語
He, L., Togo, T., Kurata, M., Hayashi, K., Nakashima, M. Dual functional steel slit shear walls with improved X-shaped links Part 1: Visual inspection enhancement and earthquake-type loading Summary of AIJ Annual Meeting (Kinki) 2014/09 英語
Hsiao, P-C., Inamasu, H., Kazuhiro, H., Luo, Y-B., Kurata, M., Nakashima, M. Development and Experiments of Naturally Buckling Braces - Part I: Background, Concept and Mechanism Summary of AIJ Annual Meeting (Kinki) 2014/09 英語
Zhang, L., Sato, M., Yamazaki, T., Kurata, M., Hayashi, K., Nakashima, M. Use of light-weight steel members for resource-saving seismic rehabilitation technique Part 3: Experimental study Summary of AIJ Annual Meeting (Kinki) 2014/09 英語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. Damage quantification of beam seismic fracture in steel buildings Summary of AIJ Annual Meeting (Kinki) 2014/09 英語
Bai, Y., Kurata, M., Nakashima, M. Collapse Capacity of Steel High-Rise Buildings incorporating Deterioration Effects Summary of AIJ Annual Meeting (Kinki) 2014/06 英語
Li, X., Kurata, M., Nakashima, M. Sensitivity study of dynamic stain-based damage index for evaluating beam damage in steel buildings Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,177-180 2014/06 英語
Bai, Y., Kurata, M., Nakashima, M. Effect of Axial Contraction on Side-swat Collapse of Steel High-Rise Buildings Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,453-456 2014/06 英語
Zhang, L., Sato, M., Kurata, M., Hayashi, K., Nakashima, M. Resource-saving seismic rehabilitation techniques using tension-rods and steel bending plates Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,573-576 2014/06 英語
Hsiao, P-C., Kurata, M., Nakashima, M. Seismic Performance Evaluations of SCBFs Using Highly Accurate Simulation Methods Summary of AIJ Annual Meeting (Hokkaido) 2013/09 英語
Luo, Y., Hayashi, K., Hoki, K., Kurata, M., and Nakashima, M. Seismic performance of steel beam-to-column connections rehabilitated with SFRCC Part 2: Test results Summary of AIJ Annual Meeting (Hokkaido) 2013/09 英語
Li, X., Kurata, M., Fujita, K., Yamaguchi, M., He, L. Strain-based Monitoring of Local Damage in Steel Structures: Part II. Vibration Testing Summary of AIJ Annual Meeting (Hokkaido) 2013/09 英語
2013/09 日本語
2013/09 日本語
Lin, X., Hayashi, K., Enomoto, R., Kurata, M., Nakahsima M. Cyclic Behavior of Welded Moment-Resisting Beam-to-Column Connection Part 2: Structural Zooming Analysis on Local Behavior Summary of AIJ Annual Meeting (Hokkaido) 2013/09 英語
2013/09 日本語
He, L., Fukihara, K., Kurata, M., Hayashi, K., Taniguchi, Y., Nakashima M. Structural condition assessment using steel slit shear wall with X-shaped links Part 1: Concept and numerical analysis Summary of AIJ Annual Meeting (Hokkaido) 2013/09 英語
Li, X., Kurata, M., Fujita, K., Yamaguchi, M., He, L. Strain-based Monitoring of Local Damage in Steel Structures: Part II. Experimental Results Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,173-176 2013/06 英語
Kurata, M., Li, X., Fujita, K., Yamaguchi, M., He, L. Strain-based Monitoring of Local Damage in Steel Structures: Part I. Concept and Testbed Design Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,169-172 2013/06 英語
Tang, Z., Minegishi, K., Kurata, M., Nozawa, T., Luo Y., Hayashi, K. Effect of damage extent on vibration characteristics of steel beam-column joint- Part 2: damage from simulated beam fracture Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,161-164 2013/06 英語
Shi Y., Becker, T., Kurata, M., Nakashima, M. An advanced semi-active floor isolation system to protect equipment Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,113-116 2013/06 英語
He, L., Fukihara, K., Kurata, M., Hayashi, K., Taniguchi, Y., Nakashima M. Steel slit shear walls with X-shaped links capable of structural condition assessment Part 1: Concept and numerical analysis Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,541-544 2013/06 英語
Luo, Y., Hayashi, K., Hoki, K., Kurata, M., and Nakashima, M. Member test of beam-to-column connection repaired using SFRCC Part 2: Test results of the repaired connections Summary of AIJ Kinki Branch Meeting,409-412 2013/06 英語
Li, X., 倉田真宏, Nakashima, M. Story Stiffness Identification of Full-scale Test Structure Using Bayesian Model Updating Method 日本建築学会全国大会(東海) 2012 英語
Shi, Y., Sato, E., Kazuaki, H., Kurata, M., Nakashima, M. Development of semi-active control of floor isolation systems for equipment protection 日本建築学会全国大会(東海) 2012 英語
Zhou, F., Kurata, M., Matsumiya, T., Suita, K. 2093 Strength and deformation capacity of bolted column base connections : Part II : Test results of bolted column base connection 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系,43,369-372 2003/05 英語
Zhou, F., Kurata, M., Matsumiya, T., and Suita, K. Tests on Steel Column Bases with T-stub Connections, (Part2 Test Results of Bolted Column Base Connection 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海) 2003 英語
Zhou, Feng, Kurata, Masahiro, Matsumiya, Tomohiro, Suita, Keiichiro Strength and deformation capacity of bolted column base connections 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸),C-1,711-712 2003 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
建築耐震工学に要求される非物理的性能への個別の回答 研究集会 日本学術振興会 制震(振)構造技術第157委員会 2014/01/14 日本語
角形鋼管柱の終局性能と建物崩壊余裕度への影響 年次研究会 日本建築学会近畿支部鉄骨部会 2014/01/10 日本語
鋼構造建物の地震時対応力の向上を目指した局所損傷検知技術の展開 [招待あり] 地震工学・工学地震学談話会 東京工業大学都市地震工学センター 2013/02/23 日本語
Post-Earthquake Damage Screening of Structures 11th Japan-America Frontiers of Engineering Enginering Academy of Japan, National Academy of Engineering 2012/10/30 英語
Strategies for Seismic Hazard Mitigation in Sustainable Urban Systems through Large Scaling Testing Department of Civil and Environmental Engineering, University of Michigan 2009/05/26 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Smart Bridges…How Wireless Sensors Can Detect a Sick Bridge: Multi-Scale Approaches to Monitoring and Assessing the Structural Integrity of Bridges Using Next-Generation Sensor Technologies [招待あり] Engineers Week 2011 Engineers Week 2011 Organizing Committee 2011/02/26 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Monitoring and Simulation [Invited] Japan-U.S. Planning Meeting for Collaborative Researches on Earthquake Engineering at E-Defense 2015/09/15 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Data-Driven Resiliency Enhancement through Structural Health Monitoring [Invited] 2014/11/26 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Law, K.H., Lynch, J.P., Kurata, M. Final technical report: Model-Based Structural Health Monitoring of Fatigue Damage Test-Bed Specimens Office of Naval Research (ONR) 2012/11 英語
Kurata, M., Lynch, J.P., Law, K.H., Salvino, L.W. “Chapter 9: Bayesian Model Updating Approach for Systematic Damage Detection of Plate-type Structures,” Topics in Model Validation and Uncertainty Quantification, Springer Springer 2012 英語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
Masahiro Kurata, Roberto T. Leon, Reginald DesRoches Cable Bracing System with Central Energy Dissipater 特許出願 特願GTRCID 4754 2010/04/17
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
優秀修士論文賞 Best Master Thesis 京都大学建築会 2009/06
Best Speaker Award 11th Japan-America Frontiers of Engineering 日本工学アカデミー,全米工学アカデミー Enginering Academy of Japan, National Academy of Engineering 2012/10/31
日本建築学会奨励賞 AIJ Encouragement Award 日本建築学会 Architectural Institute of Japan 2017/08/31
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
International Symposium of Young Researchers for “Advances in Disaster Responses to Seismic Hazards in Tall Buildings using Innovative Sensing Technologies” 2012/12/18
Japan-U.S. Young Researchers and Graduate Students Seminar on “Twenty Years Research Vision - Disaster Mitigation and Life/Business Continuity of Urban Cities Using Large-Scale Structural Testing Data 2013/12/11
International Collaboration by Young Researchers in EU and Japan for “Application of Structural Health Monitoring to Historic Buildings in EU and Japan 2014/12/19
JAFOE (Japan-America Frontiers of Engineering) 第2回勉強会 日本工学アカデミー 2014/11/26
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 局所損傷センシング技術に基づく被災建物の構造インテグリティ評価 (平成26年度分) 2014/04/01〜2016/03/31
基盤研究B 分担 制振床システムの実用化をめざした構造性能・環境性能・生産性に関する総合的検証 2013〜2015
基盤研究A 分担 直置き型鋼構造建築物の構造性能と耐震設計 2013〜2016
若手研究(B) 代表 局所損傷センシング技術に基づく被災建物の構造インテグリティ評価 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(A) 代表 建築ストックの有効活用を目指した局所変形制御型耐震補強法とその設計法の開発 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
一般社団法人日本免震構造協会 研究助成 倉田真宏 被災建物の目視点検を補助する変形記憶型の制振デバイス 2013/04/01〜2014/03/31
日本鋼構造協会 鋼構造研究助成事業 稲益博行(京都大学) 偏心圧縮ブレースに用いるピン挙動接合部の開発 2015/04/01〜2016/03/31
東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 拠点間連携共同研究(課題募集型) 倉田真宏 残存性能モニタリングと広域余震ハザードに基づく被災建物健全性の時間変化予測 2014/04/01〜2015/03/31
京都大学防災研究所 拠点研究(一般推進) 倉田真宏 被災建築物の継続使用の可否を判定するモニタリングシステムの開発 2012/04/01〜2013/03/31
京都大学防災研究所 減災社会プロジェクト 倉田真宏 英語で提供するハイエンド防災講座 2012/07/01〜2013/03/31
DPRI Kyoto University, Award for General Collaborative Research Jerome P. Lynch (University of Michigan, USA) Nanoengineered Sensing Skins for Rapid Post-Event Health Monitoring of Steel Frame Structures 2013/04/01〜2015/03/31
DPRI Kyoto University, Award for General Collaborative Research Iunio Iervolino (University of Naples, Italy) Real-time Personal Seismic Risk Mitigation via Structure‐Specific Early Warning Systems 2014/04/01〜2016/03/31
東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 拠点間連携共同研究(参加者募集型総括研究) 西嶋一欽(京都大学) 地震・津波リスク評価のプロファイリング 2015/07/01〜
東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 拠点間連携共同研究(参加者募集型総括研究) 松島信一(京都大学) 系統的な地震リスク評価プラットフォームの構築 2015/07/01〜
東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 拠点間連携共同研究(参加者募集型総括研究) 松島信一(京都大学) 巨大地震のリスク評価の精度向上に関する新パラダイムの構築~南海トラフ巨大地震にともなう災害誘因・素因の相互依存性を考慮して~ 2015/07/01〜
東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 拠点間連携共同研究(課題募集型) 倉田真宏 緊急地震速報を利用した建物地震災害誘因のリアルタイム予測 2016/04/01〜2018/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
地震・雷・火事・親父の傾向と対策 Earthquake, Thunder, Fire, Typhoon and the Countermeasures 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
地震・雷・火事・親父の傾向と対策 Earthquake, Thunder, Fire, Typhoon and the Countermeasures 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
地震・雷・火事・親父の傾向と対策 Earthquake, Thunder, Fire, Typhoon and the Countermeasures 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
防災学概論 Introduction to Disaster Prevention 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
地震・雷・火事・親父の傾向と対策 Earthquake, Thunder, Fire, Typhoon and the Countermeasures 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
構造安全制御 Control for Structural Safety 後期 工学研究科 2015/04〜2016/03
防災学概論 Introduction to Disaster Prevention 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
建築情報処理演習 Computational Practice on Architectural Design and Engineering 後期 工学部 2015/04〜2016/03
建築情報処理演習 Computational Practice on Architectural Design and Engineering 後期 工学部 2016/04〜2017/03
構造安全制御 Control for Structural Safety 後期 工学研究科 2016/04〜2017/03
防災学概論 Introduction to Disaster Prevention 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
建築情報処理演習 Computational Practice on Architectural Design and Engineering 後期 工学部 2017/04〜2018/03
構造安全制御 Control for Structural Safety 後期 工学研究科 2017/04〜2018/03
鉄骨構造II Steel Construction II 後期 工学部 2017/04〜2018/03
防災学概論 Introduction to Disaster Prevention 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
峰岸楓 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2013/08/30
峰岸楓 鋼構造シンポジウム優秀発表賞 日本鋼構造協会 2013/11/14
佐藤美帆 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2014/09/12
鈴木明子 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2014/09/12
山口真矢子 日本建築学会優秀修士論文賞 日本建築学会 2014/09/12
山口真矢子 日本建築学会近畿支部優秀発表賞 日本建築学会近畿支部 2014/08/03
東郷拓真 鋼構造シンポジウム優秀発表賞 日本鋼構造協会 2014/11/13
東郷拓真 日本建築学会優秀修士論文賞 日本建築学会 2015/09/04
西野博道 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2015/09/04
東郷拓真 日本建築学会近畿支部優秀発表賞 日本建築学会近畿支部 2015/08/03
佐藤美帆 日本建築学会近畿支部優秀発表賞 日本建築学会近畿支部 2015/08/03
峰岸楓 日本建築学会近畿支部優秀発表賞 日本建築学会 2015/08/03
佐藤美帆 鋼構造シンポジウム優秀発表賞 日本鋼構造協会 2015/11/
西野博道 鋼構造シンポジウム優秀発表賞 日本鋼構造協会 2015/11/
嶋田洋成 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2016/08/24
武田禎久 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2016/08/24
鈴木明子 日本建築学会優秀修士論文賞 日本建築学会 2016/08/24
稲益博行 日本建築学会近畿支部優秀発表賞 日本建築学会近畿支部 2016/08/01
西 亮介 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2016/06/
稲益博行 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2016/06/
佐藤美帆 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2016/06/
山口真矢子 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2017/06/
東郷拓真 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2017/06/
鈴木明子 京都大学建築会優秀修士論文賞 京都大学建築会 2017/06/
佐々木雄河 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2017/08/30
和田拓也 日本建築学会優秀卒業論文賞 日本建築学会 2017/08/30

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
防災研究所安全衛生委員会委員 2015/04/01〜2015/09/30
防災研究所教育専門委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所自己点検・評価委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所自己点検・評価委員会 2016/04/01〜2017/03/31
防災研究所研究企画推進室会議 2016/04/01〜2017/03/31
防災研究所広報・出版専門委員会 2017/04/01〜2019/03/31
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
米国土木学会 American Society of Civil Engineers Journal of Structural Engineering 2011〜
米国土木学会 American Society of Civil Engineering Journal of Engineering Mechanics 2012〜
Earthquake and Structures 2012〜
日本建築学会 技術報告集 2013〜
Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering 2013〜
日本建築学会 Architectural Institute of Japan 日本建築学会構造系論文集 Journal of Structural and Constructional Engineering 2014〜
米国土木学会 American Society of Civil Engineers Journal of Bridge Engineering Journal of Bridge Engineering 2013〜
日本鋼構造協会 Japan Society of Steel Construction 鋼構造年次論文報告集 2013〜
日本建築学会 構造工学論文集 Journal of Structural Engineering 2013〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本建築学会 Architectural Institute of Japan 鋼構造関連規準・指針の英文化WG 委員 2014〜2015
米国土木学会 American Institute of Civil Engineers 応用力学部会 構造ヘルスモニタリング委員会委員 2010〜
世界地震工学会 International Association for Earthquake Engineering 事務局スタッフ 2013〜
日本建築学会 Architectural Institute of Japan 鋼構造座屈小委員会 委員 2014〜
若手地震工学研究者の会 事務局スタッフ 2014〜
日本建築学会 Architectural Institute of Japan 鋼構造関連規準・指針の英文化小委員会 委員 2015〜
日本建築学会 Architectural Institute of Japan グローバル時代を生きぬくことができる建築人の育成特別委員会 幹事 2015〜
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
日米耐震工学ミーティング モニタリング討議会 2013/12/
Japan-US Planning Meeting for Collaborative Researches on Earthquake Engineering at E-Defense 2015/09/15
国際構造工学会 International Association for Bridge and Structural Engineering 2015 in Nara 2015/05/14
日本建築学会 日本建築学会近畿支部発表会 2012/06/
日本建築学会 日本建築学会大会(東海) 2012/09/
日本建築学会 日本建築学会近畿支部発表会 2013/06/
日本建築学会 日本建築学会大会(北海道) 2013/09/
日本建築学会 日本建築学会近畿支部発表会 2014/06/
日本建築学会 日本建築学会大会(近畿) 2014/09/
日本建築学会 日本建築学会近畿支部発表会 2015/06/
日本建築学会 日本建築学会大会(関東) 2015/09/
国際光工学会 SPIE Smart Structures/NDE 2013/03/
国際光工学会 SPIE Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2015/03/

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
国際構造工学会 International Association for Bridge and Structural Engineers 2015年春季大会(奈良) 実行委員会 幹事 2014〜2015
国際構造工学会 International Association for Bridge and Structural Engineers 2015年春季大会(奈良) 学術委員会委員 2014〜2015
国際光工学会 Smart Structures/NDE 会議プログラム編集委員 2013〜
NEES 日米耐震工学ミーティング(NEES/E-Defense Collaborative Earthquake Research Program 10th Planning Meeting) 実行委員会 委員長 2012〜2013
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
オレゴン州立大学土木環境工学科 学科セミナー 2009
ミシガン大学土木環境工学科 学科セミナー 2009
Engineers Week 2011(米国National Society of Professional Engineers主催) 2011
新日本製鐵株式会社 技術開発本部 鉄鋼研究所 技術セミナー 2012
第11回日米先端工学会議(日本工学アカデミー・全米工学アカデミー共催) 2012
東京工業大学,都市地震工学センター 地震工学・工学地震学談話会 2013
制震(振)構造技術第157委員会,日本学術振興会 セミナー 2014/01/
日本建築学会近畿支部 鉄骨部会研究会 2014
関西地震観測研究協議会 第29回総会 特別講演 2014
早稲田大学大学院 先端建築学論B 授業講義(招待講師) 2014
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
優秀修士論文賞 京都大学建築会 2006
11th Japan Frontiers of Engineering 優秀発表賞 日本工学アカデミー、全米工学アカデミー 2012/10/31
日本建築学会奨励賞 日本建築学会 2017/08/30
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
特定非営利活動法人国際地震工学会 社員 2015〜
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
T. Becker カリフォルニア大学バークレー校 多段階剛性制御装置を用いた免震構造物の極限挙動と性能設計 米国 2012/04/01〜2014/03/31
P. Hsiao 米国ワシントン大学 建築鋼構造の崩壊余裕度とそれに及ぼす筋違いの役 米国 2012/10/01〜2014/08/15
Y.Bai 九州大学 建築合成構造の崩壊実験・解析と崩壊余裕度の定量化 中華人民共和国 2014/04/16〜2015/09/20
O.Lavan イスラエル工科大学 鋼構造物耐震解析の高度化 イスラエル 2014/08/01〜2014/09/30
J. Florez-Lopez ロス・アンデス大学 離散型破壊ヒンジ法を用いた構造物の崩壊シュミレーション ベネズエラ 2014/08/01〜2015/01/31
H-S. Hu 中国清華大学 高強度材料を用いたコンクリート充填鋼板連層壁の耐震性能と超高層建物への適用 中華人民共和国 2014/11/28〜2016/11/27
K. Skalomenos Patras大学 2重鋼管CFT柱を利用したセルフセンタリング合成構造骨組の設計規範の確立 ギリシャ 2015/04/01〜2017/03/31
T. Matarazzo リーハイ大学 Exploring Structural Information within New Sensor Data Formats for Rapid Condition Assessment アメリカ 2015/09/27〜2016/09/23
C. Tu 清華大学 Seismic Evaluation of Non-structural Components in Steel Structures 中国 2017/08/09〜2017/09/05
M. Ammons ミシガン大学 Experimental and Numerical Investigations of Supplemental Damping for Energy Dissipation 米国 2017/06/22〜2017/08/21
外国人訪問者受入れ
訪問者名 所属機関名 国名 期間
I. Iervolino イタリアナポリ大学 イタリア 2014/01/06〜2014/02/23
A.Burton ミシガン大学 アメリカ 2013/06/18〜2013/08/20
T. Matarazzo リーハイ大学 アメリカ 2015/06/17〜2015/08/19