中川 誠人

最終更新日時: 2015/09/30 10:50:08

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
中川 誠人/ナカガワ マサト/Nakagawa, Masato
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/未来生命科学開拓部門/講師
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
日本再生医療学会 The Japanese Society for Regenerative Medicine
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The International Society for Stem Cell Research (ISSCR) USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(バイオサイエンス) 奈良先端科学技術大学院大学
博士(バイオサイエンス) 奈良先端科学技術大学院大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科博士前期課程細胞生物学専攻 修了
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科博士後期課程細胞生物学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
上智大学 理工学部化学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
神奈川県立多摩高等学校 かながわけんりつたまこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2002〜2004 名古屋大学医学系研究科 薬理学講座 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2004〜2005 奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター 助手
2005〜2007 京都大学 再生医科学研究所 再生誘導研究分野 助手
2007〜2008 京都大学 再生医科学研究所 再生誘導研究分野 助教
2008〜2009 京都大学物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター 助教
2009〜2010 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター 講師
2010〜 京都大学 iPS細胞研究所 講師
個人ホームページ
URL
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/nakagawa/
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Sasaki K, Yokobayashi S, Nakamura T, Okamoto I, Yabuta Y, Kurimoto K, Ohta H, Moritoki Y, Iwatani C, Tsuchiya H, Nakamura S, Sekiguchi K, Sakuma T, Yamamoto T, Mori T, Woltjen K, Nakagawa M, Yamamoto T, Takahashi K, Yamanaka S, Saitou M Robust In Vitro Induction of Human Germ Cell Fate from Pluripotent Stem Cells. Cell stem cell,17,2,178-194 2015/08
Kim SI, Oceguera-Yanez F, Sakurai C, Nakagawa M, Yamanaka S, Woltjen K Inducible Transgene Expression in Human iPS Cells Using Versatile All-in-One piggyBac Transposons. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 2015/05
Nakamura T, Yabuta Y, Okamoto I, Aramaki S, Yokobayashi S, Kurimoto K, Sekiguchi K, Nakagawa M, Yamamoto T, Saitou M SC3-seq: a method for highly parallel and quantitative measurement of single-cell gene expression. Nucleic acids research,43,9,e60 2015/05
Samata B, Kikuchi T, Miyawaki Y, Morizane A, Mashimo T, Nakagawa M, Okita K, Takahashi J X-linked severe combined immunodeficiency (X-SCID) rats for xeno-transplantation and behavioral evaluation. Journal of neuroscience methods,243,68-77 2015/03
Doi D, Samata B, Katsukawa M, Kikuchi T, Morizane A, Ono Y, Sekiguchi K, Nakagawa M, Parmar M, Takahashi J Isolation of human induced pluripotent stem cell-derived dopaminergic progenitors by cell sorting for successful transplantation. Stem cell reports,2,3,337-350 2014/03
Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Minami I, Tomioka M, Kondo T, Kuo TF, Endo H, Inoue H, Sato S, Ando S, Kawazoe Y, Aiba K, Nagata K, Kawase E, Chang YT, Suemori H, Eto K, Nakauchi H, Yamanaka S, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M A chemical probe that labels human pluripotent stem cells. Cell reports,6,6,1165-1174 2014/03
M. Nakagawa; Y. Taniguchi; S. Senda; N. Takizawa; T. Ichisaka; K. Asano; A. Morizane; D. Doi; J. Takahashi; M. Nishizawa; Y. Yoshida; T. Toyoda; K. Osafune; K. Sekiguchi; S. Yamanaka A novel efficient feeder-Free culture system for the derivation of human induced pluripotent stem cells Scientific Reports,4,3594 2014/01 英語
Fukuta M, Nakai Y, Kirino K, Nakagawa M, Sekiguchi K, Nagata S, Matsumoto Y, Yamamoto T, Umeda K, Heike T, Okumura N, Koizumi N, Sato T, Nakahata T, Saito M, Otsuka T, Kinoshita S, Ueno M, Ikeya M, Toguchida J Derivation of mesenchymal stromal cells from pluripotent stem cells through a neural crest lineage using small molecule compounds with defined media. PloS one,9,12,e112291 2014
R. Yamana; M. Iwasaki; M. Wakabayashi; M. Nakagawa; S. Yamanaka; Y. Ishihama Rapid and deep profiling of human induced pluripotent stem cell proteome by one-shot NanoLC-MS/MS analysis with meter-scale monolithic silica columns Journal of Proteome Research,12,1,214-221 2013/01 英語
K. Hirano; S. Nagata; S. Yamaguchi; M. Nakagawa; K. Okita; H. Kotera; J. Ainscough; T. Tada Human and mouse induced pluripotent stem cells are differentially reprogrammed in response to kinase inhibitors Stem Cells and Development,21,8,1287-1298 2012/05 英語
Y.-C. Wang; M. Nakagawa; I. Garitaonandia; I. Slavin; G. Altun; R.M. Lacharite; K.L. Nazor; H.T. Tran; C.L. Lynch; T.R. Leonardo; Y. Liu; S.E. Peterson; L.C. Laurent; S. Yamanaka; J.F. Loring Specific lectin biomarkers for isolation of human pluripotent stem cells identified through array-based glycomic analysis Cell Research,21,11,1551-1563 2011/11 英語
T. Nakamura; M. Nakagawa; T. Ichisaka; A. Shiota; S. Yamanaka Essential roles of ECAT15-2/Dppa2 in functional lung development Molecular and Cellular Biology,31,21,4366-4378 2011/11 英語
K. Okita; Y. Matsumura; Y. Sato; A. Okada; A. Morizane; S. Okamoto; H. Hong; M. Nakagawa; K. Tanabe; K.-I. Tezuka; T. Shibata; T. Kunisada; M. Takahashi; J. Takahashi; H. Saji; S. Yamanaka A more efficient method to generate integration-free human iPS cells Nature Methods,8,5,409-U52 2011/05 英語
Okita K, Matsumura Y, Sato Y, Okada A, Morizane A, Okamoto S, Hong H, Nakagawa M, Tanabe K, Tezuka K, Shibata T, Kunisada T, Takahashi M, Takahashi J, Saji H, Yamanaka S A more efficient method to generate integration-free human iPS cells. Nature methods,8,5,409-412 2011/05
M. Fujiwara; P. Yan; T.G. Otsuji; G. Narazaki; H. Uosaki; H. Fukushima; K. Kuwahara; M. Harada; H. Matsuda; S. Matsuoka; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; T. Ikeda; R. Sakata; C.L. Mummery; N. Nakatsuji; S. Yamanaka; K. Nakao; J.K. Yamashita Induction and enhancement of cardiac cell differentiation from mouse and human induced pluripotent stem cells with cyclosporin-A PLoS ONE,6,2,e16734 2011/02 英語
M. Hiratsuka; N. Uno; K. Ueda; H. Kurosaki; N. Imaoka; K. Kazuki; E. Ueno; Y. Akakura; M. Katoh; M. Osaki; Y. Kazuki; M. Nakagawa; S. Yamanaka; M. Oshimura Integration-free iPS cells engineered using human artificial chromosome vectors PLoS ONE,6,10,e25961 2011 英語
L.R. Saunders; A.D. Sharma; J. Tawney; M. Nakagawa; K. Okita; S. Yamanaka; H. Willenbring; E. Verdin miRNAs regulate SIRT1 expression during mouse embryonic stem cell differentiation and in adult mouse tissues Aging,2,7,415-431 2010/07 英語
Y. Kazuki; M. Hiratsuka; M. Takiguchi; M. Osaki; N. Kajitani; H. Hoshiya; K. Hiramatsu; T. Yoshino; K. Kazuki; C. Ishihara; S. Takehara; K. Higaki; M. Nakagawa; K. Takahashi; S. Yamanaka; M. Oshimura Complete genetic correction of iPS cells from duchenne muscular dystrophy Molecular Therapy,18,2,386-393 2010/02 英語
M. Nakagawa; S. Yamanaka Reprogramming of somatic cells to pluripotency Advances in Experimental Medicine and Biology,695,215-224 2010 英語
S. Nagata; M. Toyoda; S. Yamaguchi; K. Hirano; H. Makino; K. Nishino; Y. Miyagawa; H. Okita; N. Kiyokawa; M. Nakagawa; S. Yamanaka; H. Akutsu; A. Umezawa; T. Tada Efficient reprogramming of human and mouse primary extra-embryonic cells to pluripotent stem cells Genes to Cells,14,12,1395-1404 2009/12 英語
A. Niwa; K. Umeda; H. Chang; M. Saito; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; S. Yamanaka; T. Nakahata; T. Heike Orderly hematopoietic development of induced pluripotent stem cells via Flk-1<sup>+</sup> hemoangiogenic progenitors Journal of Cellular Physiology,221,2,367-377 2009/11 英語
H. Hong; K. Takahashi; T. Ichisaka; T. Aoi; O. Kanagawa; M. Nakagawa; K. Okita; S. Yamanaka Suppression of induced pluripotent stem cell generation by the p53-p21 pathway Nature,460,7259,1132-1135 2009/08 英語
K. Miura; Y. Okada; T. Aoi; A. Okada; K. Takahashi; K. Okita; M. Nakagawa; M. Koyanagi; K. Tanabe; M. Ohnuki; D. Ogawa; E. Ikeda; H. Okano; S. Yamanaka Variation in the safety of induced pluripotent stem cell lines Nature Biotechnology,27,8,743-745 2009/08 英語
N. Tsubooka; T. Ichisaka; K. Okita; K. Takahashi; M. Nakagawa; S. Yamanaka Roles of Sall4 in the generation of pluripotent stem cells from blastocysts and fibroblasts Genes to Cells,14,6,683-694 2009/06 英語
Aoi T., Okita K., Ichisaka T., Tanabe K., Koyanagi M., Takahashi K., Nakagawa M., Yamanaka S. Long term observation of iPS cells-derived mice. 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.9 Spain)※ポスター発表 2009 英語
Hong H., Takahashi K., Ichisaka T., Aoi T., Nakagawa M., Okita K., Yamanaka S. Increased generation efficiency of induced pluripotent stem cell by suppression of p53 in mouse and human. 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.10 Spain)※ポスター発表 2009 英語
Nakamura T., Nakagawa M., Ichisaka T., Shiota A., Yamanaka S. ECAT15-2 plays important roles for lung and \nkidney organogenesis butdispensable forearly development 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.10 Spain) ※ポスター発表 2009 英語
K. Okita; M. Nakagawa; H. Hyenjong; T. Ichisaka; S. Yamanaka Generation of mouse induced pluripotent stem cells without viral vectors Science,322,5903,949-953 2008/11/07 英語
T. Aoi; K. Yae; M. Nakagawa; T. Ichisaka; K. Okita; K. Takahashi; T. Chiba; S. Yamanaka Generation of pluripotent stem cells from adult mouse liver and stomach cells Science,321,5889,699-702 2008/08/01 英語
M. Nakagawa; M. Koyanagi; K. Tanabe; K. Takahashi; T. Ichisaka; T. Aoi; K. Okita; Y. Mochiduki; N. Takizawa; S. Yamanaka Generation of induced pluripotent stem cells without Myc from mouse and human fibroblasts Nature Biotechnology,26,1,101-106 2008/01 英語
山中伸弥,中川誠人 iPS 細胞研究の最前線 再生医療の応用に向けて.丸善平成21年理科年表.898-899 (2008) 2008 日本語
M. Nakagawa, Y. Mochiduki, K. Takahashi, K. Okita, N. Takizawa, T. Ichisaka, S. Yamanaka Generation of \ninduced pluripotent stem (iPS) cells by family genes of Sox, Oct, Klf and Myc transcription factors. 6th ISSCR Annual Meeting(2008.6.11.U.S.)※ポスター発表 2008 英語
M. Nakagawa Generation of induced pluripotent stem (iPS) cells by Sox2, Oct4, Klf4, and c-Myc transcription factors \nand their family genes 「The 11th Kyoto University International Symposium 2008」( (2008.10.11. China) 2008 英語
S. Wang; T. Watanabe; J. Noritake; M. Fukuta; T. Yoshimura; N. Itoh; T. Harada; M. Nakagawa; Y. Matsuura; N. Arimura; K. Kaibuchi IQGAP3, a novel effector of Rac1 and Cdc42, regulates neurite outgrowth Journal of Cell Science,120,4,567-577 2007/02 英語
K. Takahashi; K. Okita; M. Nakagawa; S. Yamanaka Induction of pluripotent stem cells from fibroblast cultures. Nature protocols,2,12,3081-3089 2007 英語
中川誠人,高橋和利,山中伸弥 ES 細胞の再生医療への応用:多能性幹細胞を体細胞から作る 再生医療.6 : 81- 85(2007) 2007 日本語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T., and Yamanaka S. Regulatory mechanism for production of induced pluripotent stem(iPS)cells 京都大学再生医科学研究所,熊本大学発生医学研究センター,慶應義塾 大学,CDB Joint Forum(2007.9.5-6.神戸) 2007 英語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T and Yamanaka S Regulatory Mechanism for Reprogramming. The American Society for Cell Biology, 46th Annual Meeting(2006.12.13. San Diego, USA) 2006/12/13 英語
高橋和利,一阪朋子,中川誠人,山中伸弥 Generation of Pluripotent Stem Cells from Embryonic and Adult Fibroblast Cultures by Defined Factors. Joint Forum-IFMS(京大再生研), IMEG(熊大発生研), CDB(理研発生・再生研)- (2006.10.10. 京都) 2006/10/10 英語
M. Imamura; K. Miura; K. Iwabuchi; T. Ichisaka; M. Nakagawa; J. Lee; M. Kanatsu-Shinohara; T. Shinohara; S. Yamanaka Transcriptional repression and DNA hypermethylation of a small set of ES cell marker genes in male germline stem cells BMC Developmental Biology,6,34 2006/07 英語
H. Amano; K. Itakura; M. Maruyama; T. Ichisaka; M. Nakagawa; S. Yamanaka Identification and targeted disruption of the mouse gene encoding ESG1 (PH34/ECAT2/DPPA5) BMC Developmental Biology,6,11 2006/02 英語
Takahashi K., Ichisaka T., Nakagawa M and Yamanaka S. Nuclear Reprogramming of Mouse Fibroblasts by Defined Factors. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress(2006.6.22. Kyoto, Japan) 2006 英語
Okita K., Ichisaka T., Nakagawa M and Yamanaka S. Establishment of BAC-Mediated Reporter Mice for Nanog, Oct 3/4, and SOX2. 4th ISSCR Annual Meeting(2006.6.30. Toronto, Canada) 2006 英語
Tsubooka N., Ichisaka T., Nakagawa M and Yamanaka S. Functional Analyses of ZN Finger Protein Sall4 Highly Expressed in Undifferentiated ES Cells and Early Embryos. 4th ISSCR Annual Meeting(2006.6.29. Toronto, Canada) 2006 英語
Hirano T., Takahashi K., Maruyama M., Nakagawa M and Yamanaka S. Roles of the Phosphoinositide-3 Kinase and Canonical Wnt Pathways in Self-Renewal of Mouse Embryonic Stem Cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress(2006.6.22. Kyoto, Japan) 2006 英語
K. Takahashi; M. Nakagawa; S.G. Young; S. Yamanaka Differential membrane localization of ERas and Rheb, two Ras-related proteins involved in the phosphatidylinositol 3-kinase/mTOR pathway Journal of Biological Chemistry,280,38,32768-32774 2005/09/23 英語
M. Maruyama; T. Ichisaka; M. Nakagawa; S. Yamanaka Differential roles for Sox15 and Sox2 in transcriptional control in mouse embryonic stem cells Journal of Biological Chemistry,280,26,24371-24379 2005/07 英語
中川誠人;山中伸弥 Mechanism for maintaining pluripotency in embryonic stem cells and inner cell mass 蛋白質 核酸 酵素,50,6,546-550 2005/05/10 日本語
T. Watanabe; S. Wang; J. Noritake; K. Sato; M. Fukata; M. Takefuji; M. Nakagawa; N. Izumi; T. Akiyama; K. Kaibuchi Interaction with IQGAP1 links APC to Rac1, Cdc42, and actin filaments during cell polarization and migration Developmental Cell,7,6,871-883 2004/12 英語
J. Noritake; M. Fukata; K. Sato; M. Nakagawa; T. Watanabe; N. Izumi; S. Wang; Y. Fukata; K. Kaibuchi Positive Role of IQGAP1, an Effector of Rac1, in Actin-Meshwork Formation at Sites of Cell-Cell Contact Molecular Biology of the Cell,15,3,1065-1076 2004/03 英語
M. Fukata; M. Nakagawa; K. Kaibuchi Roles of Rho-family GTPases in cell polarisation and directional migration Current Opinion in Cell Biology,15,5,590-597 2003/10 英語
M. Fukata; T. Watanabe; J. Noritake; M. Nakagawa; M. Yamaga; S. Kuroda; Y. Matsuura; A. Iwamatsu; F. Perez; K. Kaibuchi Rac1 and Cdc42 capture microtubules through IQGAP1 and CLIP-170 Cell,109,7,873-885 2002/06 英語
M. Fukata; M. Nakagawa; S. Kuroda; K. Kaibuchi Effects of Rho family GTPases on cell-cell adhesion. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),189,121-128 2002 英語
M. Fukata; M. Nakagawa; N. Itoh; A. Kawajiri; M. Yamaga; S. Kuroda; K. Kaibuchi Involvement of IQGAP1, an effector of Rac1 and Cdc42 GTPases, in cell-cell dissociation during cell scattering Molecular and Cellular Biology,21,6,2165-2183 2001 英語
M. Nakagawa; M. Fukata; M. Yamaga; N. Itoh; K. Kaibuchi Recruitment and activation of Rac1 by the formation of E-cadherin-mediated cell-cell adhesion sites Journal of Cell Science,114,10,1829-1838 2001 英語
A. Kawajiri; N. Itoh; M. Fukata; M. Nakagawa; M. Yamaga; A. Iwamatsu; K. Kaibuchi Identification of a novel β-catenin-interacting protein Biochemical and Biophysical Research Communications,273,2,712-717 2000 英語
K. Kaibuchi; S. Kuroda; M. Fukata; M. Nakagawa Regulation of cadherin-mediated cell-cell adhesion by the rho family GTPases Current Opinion in Cell Biology,11,5,591-596 1999 英語
M. Fukata; S. Kuroda; M. Nakagawa; A. Kawajiri; N. Itoh; I. Shoji; Y. Matsuura; S. Yonehara; H. Fujisawa; A. Kikuchi; K. Kaibuchi Cdc42 and Rac1 regulate the interaction of IQGAP1 with β-catenin Journal of Biological Chemistry,274,37,26044-26050 1999 英語
S. Kuroda; M. Fukata; M. Nakagawa; K. Kaibuchi Cdc42, Rac1, and their effector IQGAP1 as molecular switches for cadherin-mediated cell-cell adhesion Biochemical and Biophysical Research Communications,262,1,1-6 1999 英語
M. Fukata; M. Nakagawa; S. Kuroda; K. Kaibuchi Cell adhesion and Rho small GTPases Journal of Cell Science,112,24,4491-4500 1999 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masato Nakagawa, Miyuki Ono, Yuka Sawamura, Yuka Kawahara, Mio Iwasaki, Yu Nomura, Ito Miyashita, Shinya Yamanaka EFFECT OF FEEDER-FREE CULTURE SYSTEM FOR QUALITY OF HUMAN IPS CELLS International Society for Stem Cell Research, ISSCR 2015、Stockholm, Sweden 2015
中川誠人 フィーダー細胞を用いないヒトES/iPS細胞の効率的培養法の開発 第47回日本結合組織学会学術大会、2015年5月15日、コクヨホール、品川(ランチョンセミナー) 2015
中川誠人 培養系がヒトES/iPS細胞に与える影響の解析 第14回再生医療学会、2015年3月19日〜21日、パシフィコ横浜、横浜 2015
岩崎未央, 川原優香, 小野美幸, 石濱泰, 山中伸弥, 中川誠人 転写産物および蛋白質の大規模発現量データを用いたヒト人工多能性幹細胞における転写後制御機能解析 第37回日本分子生物学会年会、2014年11月25日-27日、パシフィコ横浜、横浜 2014
Masato Nakagawa Development of feeder-free culture system of human pluripotent stem cells for clinical application The 10th Annual Meeting of Korean Society for Stem Cell Research、2014.08.28〜29、Seoul, Korea 2014
中川誠人 iPS細胞研究の現状 第33回 日本糖質学会年会、2014年8月10日〜12日、名古屋大学豊田講堂、名古屋 2014
中川誠人 臨床応用可能なiPS細胞の培養技術の開発 大阪大学蛋白質研究所セミナー 多能性幹細胞研究の最前線〜培養技術から解析技術まで〜、2014年3月28日、大阪大学吹田キャンパス、大阪 2014
中川誠人 iPS細胞樹立技術のいま 第13回 日本再生医療学会、2014年3月4日、国立京都国際会館(ランチョンセミナー) 2014
中川誠人 iPS細胞の再生医療への応用 第13回 日本再生医療学会、2014年3月5日、国立京都国際会館(ランチョンセミナー) 2014
Masato Nakagawa Novel feeder-free culture system for human ES/iPS cells The 7th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences、January 16-18, 2014, Osaka, Japan 2014
中川誠人 iPS細胞研究と再生医療の今 第17回日本心血管内分泌代謝学会学術総会、2013年11月23日、千里ライフサイエンスセンター、大阪 2013
Masato Nakagawa Development of iPS cell technology for clinical application HUPO 12th Annual World Congress 、2013年9月17日、パシフィコ横浜、横浜 2013
Mio Iwasaki, Masato Nakagawa, Yasushi Ishihama, Shinya Yamanaka Deep Subcellular Proteome Profiling of Human Induced Pluripotent Stem Cell by One-Shot Nanolc-MS/MS Analyses with Meter-Scale Monolithic Silica Columns HUPO 12th Annual World Congress 、2013年9月14-18日、パシフィコ横浜、横浜 2013
中川誠人 真に応用可能なiPS細胞技術の開発 第144回 日本医学会シンポジウム「臨床用用をめざしたiPS細胞研究」、2013年6月6日、日本医師会館 大講堂、東京 2013
Masato Nakagawa, Yukimasa Taniguchi, Nanako Takizawa, Ito Miyashita, Tomoko Ichisaka, Kiyotoshi Sekiguchi, and Shinya Yamanaka Establishment of human iPS cells under feeder-free conditions for clinical application 日本分子生物学会、2012年12月11日、福岡 2012
中川誠人 臨床応用に向けたiPS細胞の樹立・維持培養方法の開発 日本分子生物学会、2012年12月11日、福岡(ランチョンセミナー) 2012
中川誠人 体細胞の初期化メカニズムの解析 再生医療学会、2012年6月14日(平成24年6月)、パシフィコ横浜、横浜(ランチョンセミナー) 2012
Masato Nakagawa iPSC Research for Regenerative Medicine - From Basic Research to Application _ The Fourth Symposium of Young Researchers, Micro-nano Systems for Biomedical Application、2012年3月1日、名古屋大学、名古屋 2012
Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Kawase E, Sato S, Ando S, Young-Tae Chang, Suemori H, Nakatsuji N, Ueda K, Yamanaka S, Uesugi M. Fluorescent chemical probes for human stem \ncells. AIMECS11 8th AFMC International Medical Chemistry Symposium.(Tokyo, 2011, 11, 29). 2011/11/29 英語
Masato Nakagawa, Nanako Takizawa, Tomoko Ichisaka, Megumi Narita, and Shinya Yamanaka Function of Myc for Reprogramming 日本分子生物学会、2011年12月13日、パシフィコ横浜、横浜 2011
M. Nakagawa; N. Takizawa; M. Narita; T. Ichisaka; S. Yamanaka Promotion of direct reprogramming by transformation-deficient Myc Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,107,32,14152-14157 2010/08/10 英語
Nagata S., Hirano K., Nakagawa M., and Tada T. Generation of ground state human induced pluripotetent stem \ncells with kinase inhibitors 「BMB2010(第33 回日本分子生物学会&第83 回日本生化学学会合同大会)」 (2010.12.7-10,神戸) 2010 英語
小柳三千代,一阪朋子,成田恵,田邊剛士,三浦恭子,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 microRNA 発現プロファイリングiPS 細胞評価系への応用 第9 回日本再生医療医学会総会(2010.3.18 広島) ※ポスター発表 2010 日本語
中川誠人 iPS細胞研究の今とこれから 第30回 整形外科バイオマテリアル研究会、2010年12月4日、京都テルサ、京都 2010
中川誠人 iPS細胞研究の今と今後の展開 第39回 環境変異原学会、2010年11月17日、つくば国際会議場、筑波 2010
Masato Nakagawa, Nanako Takizawa, Tomoko Ichisaka, Megumi Narita, Hayami Sugiyama, and Shinya Yamanaka Promotion of Direct Reprogramming by Transformation-deficient Myc 日本分子生物学会、2010年12月(平成22年12月)、神戸 2010
Masato Nakagawa, Nanako Takizawa, Tomoko Ichisaka, Hayami Sugiyama, and Shinya Yamanaka Novel feeder-free culture system for human ES/iPS cells ISSCR 8th, San Francisco 2010
青井貴之,沖田圭介,一阪朋子,中川誠人,小柳三千代,八戸宏二郎,田邊剛士,高橋和利,山中伸弥 Comprehensive analyses of chimeras and progeny mice from induced pluripotent stem cells 第32 回日本分子生物学会 年会(2009.12.10 横浜)※ポスター発表 2009 日本語
中川誠人,瀧澤奈々子,一阪朋子,杉山逸未,山中伸弥 Generation of safer iPS cells by factor X instead of c-MYC 第32 回日本分子生物学会年会(2009.12.10 横浜)※ポスター発表 2009 日本語
中川誠人 iPS細胞誘導のメカニズムの解明 「第8 回日本再生医療学会」(2009.3.5 東京) 2009 日本語
中川誠人 iPS細胞研究の現状と今後の展開 「アジレントテクニカルセミナー~高感度化で変わるマイクロアレ イの活用法」(2009.7.15 大阪) 2009 日本語
中川誠人 臨床応用へ向けたiPS細胞研究の現状(iPS cell research for clinical application) 「京都大学化学研究所 所セミナー」(2009.7.23 京都) 2009 日本語
中川誠人 iPS細胞の再生医療への応用=iPS 細胞研究の現状と課題= 「第25回創薬セミナー」(2009.7.29 山梨) 2009 日本語
中村友紀,中川誠人,一阪朋子,塩田有史,山中伸弥 初期胚で高発現するECAT15-2は肺と腎臓の発生に重要 な役割を担うが,初期胚の発生に必須ではない 第82回日本生化学会大会(2009.10.22神戸)※口頭および ポスター発表 2009 日本語
H. Hong, K. Okita, K. Takahashi, A. Okada, T. Ichisaka , M. Nakagawa Increased efficiency of induced pluripotent \nstem cell induction by suppression of p53. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 英語
M. Nakagawa, Y. Mochiduki, K. Takahashi, K. Okita, N. Takizawa, T. Ichisaka, S. Yamanaka Generation of \ninduced pluripotent stem cells by family genes 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合 同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 英語
中川誠人 再生医療への応用に向けたiPS 細胞研究の最前線 「浜松医科大学脳神経外科教室講演会」(2008.10.17. 静岡) 2008 日本語
中川誠人 iPS 細胞の現状と再生医療への応用 「第9回日本分子脳神経外科学会」 2008 日本語
中川誠人 iPS 細胞の研究の最新動向と今後の応用展開 ―再生医療への応用― 「技術情報協会技術セミナー」 (2008.6.27) 2008 日本語
中川誠人,山中伸弥 iPS 細胞がつくる新しい医学 「山梨科学アカデミー平成20年度第1回交流会」(2008.5.26. 山梨 2008 日本語
田邊剛士,大貫茉里,高橋和利,一阪朋子,沖田圭介,中川誠人,山中伸弥 Lin28 のiPS 細胞誘導における効 果 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸) ※口頭およびポスター発表 2008 日本語
中村友紀,中川誠人,一阪朋子,塩田有史,山中伸弥 未分化ES 細胞に高発現する遺伝子ECAT15-1,ECAT15- 2 の機能解析 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9. 神戸)※口頭およびポスター発表 2008 日本語
坪岡則子,一阪朋子,成田恵,中川誠人,山中伸弥 多能性幹細胞で高発現するZn フィンガータンパク質 Sall4 の機能解析 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008. 12.9.神戸)※ポスター発表 2008 日本語
小柳三千代,岡田亜紀,一阪朋子,熊崎恵,田邊剛士,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 マウス・ヒト体細胞のiPS 細胞化に関わるmicroRNA の探索とその機能解析 第31回日本分子生物学会年 会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)(2008.12.9.神戸)※ポスター発表 2008 日本語
青井貴之,沖田圭介,一阪朋子,田邊剛士,小柳三千代,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 iPS 細胞に由来するマ Annual Report 2008 ウスの長期経過観察 独立行政法人科学技術振興機構「免役難病・感染症等の先進医療技術」第5回公開シン ポジウム(2008.12.15.東京)※ポスター発表 2008 日本語
Takahashi K., Okita K., Nakagawa M., Aoi T., Ichisaka T., and Yamanaka S. Generation of high quality iPS cells Neuro2007(第30 回日本神経科学大会,第50 回日本神経化学会大会,第17 回日本神経回路学会大会合同学会)(2007.9.12.横浜) 2007 英語
Nakagawa M., Takahashi K., Okita K., Ichisaka T., and Yamanaka S. Generation of induced pluripotent stem(iPS) cells by family genes. BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会第80 回日本生化学会大会合同大会) (2007.12.12.神奈川) 2007 英語
三浦恭子,小川大輔,岡田洋平,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥,岡野英之 iPS(induced pluripotent stem) 細胞を用いた神経細胞の誘導 第28 回日本炎症・再生医学会(2007.8.2.東京) 2007 日本語
小柳三千代,青井貴之,沖田圭介,高橋和利,中川誠人,山中伸弥 マウス体細胞の初期化に関わるmicroRNA の探索とその機能解析 BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会 第80 回日本生化学会大会 合同大会) (2007.12.12.神奈川) 2007 日本語
青井貴之,一阪朋子,高橋和利,沖田圭介,中川誠人,山中伸弥 成体マウスからの生殖系列に分化可能な人工多 能性幹細胞誘導 BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会第80 回日本生化学会大会合同大会) (2007.12.11.神奈川) 2007 日本語
Maruyama M., Imamura M., Itoh H., Miura K., Ichisaka T., Nakagawa M and Yamanaka S. Expression control of the Nanog gene by transcription factors and epigenetic modification. The 5th JBS Symposium(2006.3.1. 群 馬) 2006 英語
高橋和利,丸山昌良,中川誠人,山中伸弥 PI3kinase によるES 細胞の分化多能性維持機構 第2 回宮崎サイエンスキャンプ(2006.2.25. 宮崎) 2006 日本語
丸山昌良,今村公紀,伊藤宏晃,三浦恭子,一阪朋子,中川誠人,山中伸弥 転写因子とエピジェネティック修飾 によるNanog 遺伝子の発現調節機構 第2 回宮崎サイエンスキャンプ(2006.2.25. 宮崎) 2006 日本語
Tsubooka N., Ichisaka T., Nakagawa M and Yamanaka S. Loss of Shall4 Leads to Early Embryonic Lethality in Homozygous Null Mice and Neural Tube Closure Defects and Imperforate Anus in Heterozygous Embryos. The 5th JBS Symposium(2006.3.1. 群馬) 2006 英語
沖田圭介,一阪朋子,中川誠人,山中伸弥 EGFPレポーターマウスを用いた生体におけるNanog 陽性細胞の機能解析 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語
今村公紀,篠原隆司,中川誠人,山中伸弥 未分化ES細胞特異的に発現する遺伝子群ECATにおけるDNA メチル化状態のプロファイリング 第28回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語
坪岡則子,一阪朋子,中川誠人,山中伸弥 未分化ES 細胞で高発現するZnフィンガータンパク質Sall4の機能解析 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語
三浦恭子,中川誠人,山中伸弥 未分化ES細胞と精巣特異的に発現するRnf17の発現及び遺伝子構造解析 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 日本語
中川誠人,坪岡則子,中村友紀,山中伸弥 Mechanism for maintaining pluripotency in mouse embryonic stem cells. 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.9. 福岡) 2005 英語
中川誠人 マウスES 細胞における分化多能性の維持機構 第2回公開シン ポジウム(2005.12.16. 東京) \n「免疫難病・感染症等の先進医療技術」 2005 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
iPS細胞って何?〜研究の最前線 キッズサイエンス2015 IN トイーゴ、2015年9月6日、長野市生涯学習センター、長野 2015
フィータ_ーフリーて_のヒトiPS細胞の効率的な樹立・維持培養法の開発 Takara Gene & Cell Academy Symposium iPS/ES細胞産業応用の現状と最前線、2015年7月16日、コクヨホール、品川 2015
iPS細胞が開く人類の未来〜iPS細胞のこれまでとこれから 「夢授業」・・・科学への夢とあこがれをはぐくむシリーズ、2015年1月15日、島根県仁多郡奥出雲町三成 2015
iPS細胞の研究と将来展望 上智大学・理工学部「キャリア形成教育科目(つくるI)」、2014年10月30日、上智大学四谷キャンパス、東京 2014
iPS細胞研究の今、iPS細胞研究とそれに関わるテクノロジー 木原財団セミナー、2014年8月1日、横浜 2014
iPS細胞研究のいま AB SCIEX presents iNSPIRE iNNOVATION Mass Spectrometry Meeting 2014、7月22日(品川)、7月24日(大阪) 2014
バイオテクノロジーアップデート:iPS細胞研究の今 第32回内分泌代謝学サマーセミナー、2014年7月10日〜12日、山梨県河口湖レークホテル、山梨 2014
DNAからiPS細胞の謎を解く 夢・化学-21 高校生のための化学講座「最新DNA講座」、2013年12月14日、静岡大学浜松キャンパス、静岡 2013
プロテオーム解析からみたiPS細胞研究 第5回 薬学の未来を考える京都シンポジウム、2013年8月29日、京都大学薬友会館、京都 2013
iPS細胞研究と応用の今 第8回 質量分析夏の学校  -大阪MSの陣-、2013年9月18日、長居ユースホステル、大阪 2013
iPS細胞研究の基礎と応用の今 大阪臨床検査技師会教育セミナー、2013年7月20日、関西医科大学枚方キャンパス加多乃講堂、大阪 2013
iPS細胞研究と再生医療の今 オールソフィアンズデー 100周年記念祭 ASF、2013年5月26日、上智大学四谷キャンパス、東京 2013
特別シンポジウム「君はカガクしているか?」 第2回 科学の甲子園全国大会、2013年3月24日、兵庫県立総合体育館、兵庫 2013
iPS細胞研究の今と今後の展開 第5回 日本バイオマテリアル学会関西若手研究会、2010年8月6日、京都大学医学部芝蘭会館、京都 2010

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第4回iCeMSリトリート ディレクター賞 At the 4th iCeMS retreat, Director’s Prize 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 Institute for Integrated Cell-Material Sciences (iCeMS), Kyoto University 2012/09/01
第13回産官学連携功労者表彰 文部科学大臣賞 内閣府、文部科学省 2015/08/28
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 再生医療へ応用可能な人工多能性幹(iPS)細胞の樹立 2008〜2009
若手研究(B) 代表 体細胞核リプログラミングにおけるMycの多面的機能の解明 2010〜2011
基盤研究(C) 代表 プロテオミクスによる細胞の"性質変換過程"の解析 2012〜2014
基盤研究(C) 代表 プロテオミクスによる細胞の"性質変換過程"の解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
藤原記念財団少壮研究者奨励金 中川誠人 胚性幹細胞の未分化能維持機構の解明