茶本 健司

最終更新日時: 2019/06/19 14:44:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
茶本 健司/チヤモト ケンジ/Chamoto, Kenji
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/免疫ゲノム医学(寄附)/特定准教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本癌学会
日本免疫学会
日本がん免疫学会
分子生物学会
日本臨床腫瘍学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The American Association of Immunologist USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 北海道大学
博士(医学) 北海道大学
プロフィール
(日本語)
がんを免疫で治す研究(腫瘍免疫)を行っています。現在は免疫抑制分子であるPD-1を中心とした腫瘍免疫を研究しています。
(英語)
I have worked on cancer immunotherapy. PD-1-blockade therapy is the current major subject.
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0115559
研究テーマ
(日本語)
腫瘍免疫の研究
(英語)
Cancer immunotherapy, autoimmunity
研究概要
(日本語)
PD-1阻害抗体治療はすでに世界中でがん治療法として使用されているが、半数以上のがん患者はPD-1抗体治療に不応答であること、PD-1抗体応答性の患者と不応答性の患者を見分けるバイオマーカーがないこと、やく10%の患者に自己免疫疾患に似た副作用がおきることが残された課題である。これらの目的のため、臨床サンプルとマウスモデルを駆使し、分野横断的メカニズム解明と、PD-1抗体治療効果予測バイオマーカー探索や、自己免疫との切り分けに関連する研究を行っている。
(英語)
anti-PD-1 mAb therapy has become widespread as one of the most effective cancer immunotherapies available. However, a significant proportion of patients remain unresponsive. Therefore, finding predictive biomarkers that discriminate responsive and unresponsive patients and the development of combination therapies which provide relief for these patients is an urgent task. We focus on investigating the mechanism of resistance to the PD-1 blockade therapy and the development of combination therapies using mouse models as well as searching for clinical biomarkers among responsive and unresponsive patients.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
がん治療 Cancer treatment
免疫治療 Immunotherapy
自己免疫 Autoimmunity
免疫代謝 Immune metabolism
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Mulati K, Hamanishi J, Matsumura N, Chamoto K, Mise N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Murakami R, Taki M, Budiman K, Zeng X, Hosoe Y, Azuma M, Konishi I, Mandai M. Mulati K, Hamanishi J, Matsumura N, Chamoto K, Mise N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Murakami R, Taki M, Budiman K, Zeng X, Hosoe Y, Azuma M, Konishi I, Mandai M. Mulati K, Hamanishi J, Matsumura N, Chamoto K, Mise N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Murakami R, Taki M, Budiman K, Zeng X, Hosoe Y, Azuma M, Konishi I, Mandai M. VISTA expressed in tumour cells regulates T cell function. VISTA expressed in tumour cells regulates T cell function. VISTA expressed in tumour cells regulates T cell function. Br J Cancer, 120, 115-127 Br J Cancer, 120, 115-127 Br J Cancer, 120, 115-127 2019 公開
Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Kumar A, Honjo T Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Kumar A, Honjo T Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Kumar A, Honjo T PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells increases the number of tumor-reactive CD8+ T cells and facilitates anti–PD-1 therapy PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells increases the number of tumor-reactive CD8+ T cells and facilitates anti–PD-1 therapy PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells increases the number of tumor-reactive CD8+ T cells and facilitates anti–PD-1 therapy Cancer Immunol Res, 6, 1375-1387 Cancer Immunol Res, 6, 1375-1387 Cancer Immunol Res, 6, 1375-1387 2018 英語 公開
Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T Chowdhury PS*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T Combination therapy strategies for improving PD-1 blockade efficacy: A new era in cancer immunotherapy Combination therapy strategies for improving PD-1 blockade efficacy: A new era in cancer immunotherapy Combination therapy strategies for improving PD-1 blockade efficacy: A new era in cancer immunotherapy J Intern Med., 283, 110-120 J Intern Med., 283, 110-120 J Intern Med., 283, 110-120 2018 公開
Iwai Y*, Hamanishi J*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T. Iwai Y*, Hamanishi J*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T. Iwai Y*, Hamanishi J*, Chamoto K* (*equally contributed), Honjo T. Cancer immunotherapies targeting the PD-1 signaling pathway. Cancer immunotherapies targeting the PD-1 signaling pathway. Cancer immunotherapies targeting the PD-1 signaling pathway. J Biomed Sci., 24-26 J Biomed Sci., 24-26 J Biomed Sci., 24-26 2017 英語 公開
Chamoto K, Chowdhury PS, Kumar A, Sonomura K, Matsuda F, Fagarasan S, Honjo T Chamoto K, Chowdhury PS, Kumar A, Sonomura K, Matsuda F, Fagarasan S, Honjo T Chamoto K, Chowdhury PS, Kumar A, Sonomura K, Matsuda F, Fagarasan S, Honjo T Mitochondrial activation chemicals synergize with surface receptor PD-1 blockade for T cell-dependent antitumor activity Mitochondrial activation chemicals synergize with surface receptor PD-1 blockade for T cell-dependent antitumor activity Mitochondrial activation chemicals synergize with surface receptor PD-1 blockade for T cell-dependent antitumor activity Proc Natl Acad Sci U S A, 114, E761-E770 Proc Natl Acad Sci U S A, 114, E761-E770 Proc Natl Acad Sci U S A, 114, E761-E770 2017 公開
Chamoto K*, Muna Al-Habsi* (*equally contributed), Honjo T Chamoto K*, Muna Al-Habsi* (*equally contributed), Honjo T Chamoto K*, Muna Al-Habsi* (*equally contributed), Honjo T Role of PD-1 in immunity and diseases Role of PD-1 in immunity and diseases Role of PD-1 in immunity and diseases Curr Top Microbiol Immunol., 198, 3757 Curr Top Microbiol Immunol., 198, 3757 Curr Top Microbiol Immunol., 198, 3757 2017 公開
Miyajima M, Zhang B, Sugiura Y, Sonomura K, Guerrini MM, Tsutsui Y, Maruya M, Vogelzang A, Chamoto K, Honda K, Hikida T, Ito S, Qin H, Sanuki R, Suzuki K, Furukawa T, Ishihama Y, Matsuda F, Suematsu M, Honjo T, Fagarasan S Miyajima M, Zhang B, Sugiura Y, Sonomura K, Guerrini MM, Tsutsui Y, Maruya M, Vogelzang A, Chamoto K, Honda K, Hikida T, Ito S, Qin H, Sanuki R, Suzuki K, Furukawa T, Ishihama Y, Matsuda F, Suematsu M, Honjo T, Fagarasan S Miyajima M, Zhang B, Sugiura Y, Sonomura K, Guerrini MM, Tsutsui Y, Maruya M, Vogelzang A, Chamoto K, Honda K, Hikida T, Ito S, Qin H, Sanuki R, Suzuki K, Furukawa T, Ishihama Y, Matsuda F, Suematsu M, Honjo T, Fagarasan S Metabolic shift induced by systemic activation of T cells in PD-1-deficient mice perturbs brain monoamines and emotional behavior Metabolic shift induced by systemic activation of T cells in PD-1-deficient mice perturbs brain monoamines and emotional behavior Metabolic shift induced by systemic activation of T cells in PD-1-deficient mice perturbs brain monoamines and emotional behavior Nat Immunol., 18, 1342-1352 Nat Immunol., 18, 1342-1352 Nat Immunol., 18, 1342-1352 2017 公開
1. Nakatsugawa M, Rahman MA, Yamashita Y, Ochi T, Wnuk P, Tanaka S, Chamoto K, Kagoya Y, Saso K, Guo T, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. 1. Nakatsugawa M, Rahman MA, Yamashita Y, Ochi T, Wnuk P, Tanaka S, Chamoto K, Kagoya Y, Saso K, Guo T, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. 1. Nakatsugawa M, Rahman MA, Yamashita Y, Ochi T, Wnuk P, Tanaka S, Chamoto K, Kagoya Y, Saso K, Guo T, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. CD4(+) and CD8(+) TCRβ repertoires possess different potentials to generate extraordinarily high-avidity T cells. CD4(+) and CD8(+) TCRβ repertoires possess different potentials to generate extraordinarily high-avidity T cells. CD4(+) and CD8(+) TCRβ repertoires possess different potentials to generate extraordinarily high-avidity T cells. Sci Rep., 6, 23821, 23821 Sci Rep., 6, 23821, 23821 Sci Rep., 6, 23821, 23821 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Guo T, Chamoto K, Nakatsugawa M, Ochi T, Yamashita Y, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. Guo T, Chamoto K, Nakatsugawa M, Ochi T, Yamashita Y, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. Guo T, Chamoto K, Nakatsugawa M, Ochi T, Yamashita Y, Anczurowski M, Butler MO, Hirano N. Mouse and Human CD1d-Self-Lipid Complexes Are Recognized Differently by Murine Invariant Natural Killer T Cell Receptors. Mouse and Human CD1d-Self-Lipid Complexes Are Recognized Differently by Murine Invariant Natural Killer T Cell Receptors. Mouse and Human CD1d-Self-Lipid Complexes Are Recognized Differently by Murine Invariant Natural Killer T Cell Receptors. PLoS One., 11, e0156114. PLoS One., 11, e0156114. PLoS One., 11, e0156114. 2016 公開
Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Uchinami Y, Matsushima K, Kitamura H, Nishimura T. Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Uchinami Y, Matsushima K, Kitamura H, Nishimura T. Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Uchinami Y, Matsushima K, Kitamura H, Nishimura T. 3-Methylcholanthrene-induced transforming growth factor-beta-producing carcinomas, but not sarcomas, are refractory to regulatory T cell-depletion therapy. 3-Methylcholanthrene-induced transforming growth factor-beta-producing carcinomas, but not sarcomas, are refractory to regulatory T cell-depletion therapy. 3-Methylcholanthrene-induced transforming growth factor-beta-producing carcinomas, but not sarcomas, are refractory to regulatory T cell-depletion therapy. Cancer Sci., 101, 855-861 Cancer Sci., 101, 855-861 Cancer Sci., 101, 855-861 2010 英語 公開
Chamoto K, Wakita D, Narita Y, Zhang Y, Noguchi D, Ohnishi H, Iguchi T, Sakai T, Ikeda H, T Nishimura. Chamoto K, Wakita D, Narita Y, Zhang Y, Noguchi D, Ohnishi H, Iguchi T, Sakai T, Ikeda H, T Nishimura. Chamoto K, Wakita D, Narita Y, Zhang Y, Noguchi D, Ohnishi H, Iguchi T, Sakai T, Ikeda H, T Nishimura. An Essential Role of APC/Th1 Cell-Cell Interactions in Draining Lymph Node during Complete Eradication of Class II-Negative Tumor Tissue by Th1 Cell Therapy. An Essential Role of APC/Th1 Cell-Cell Interactions in Draining Lymph Node during Complete Eradication of Class II-Negative Tumor Tissue by Th1 Cell Therapy. An Essential Role of APC/Th1 Cell-Cell Interactions in Draining Lymph Node during Complete Eradication of Class II-Negative Tumor Tissue by Th1 Cell Therapy. Cancer Res., 66, 1809-1817 Cancer Res., 66, 1809-1817 Cancer Res., 66, 1809-1817 2006 英語 公開
Yokouchi H, Chamoto K (equally contributed to the first author), Wakita D, Noguchi D, Yamazaki K, Dosaka-Akita H, Nishimura M, Ikeda H, Nishimura T. Yokouchi H, Chamoto K (equally contributed to the first author), Wakita D, Noguchi D, Yamazaki K, Dosaka-Akita H, Nishimura M, Ikeda H, Nishimura T. Yokouchi H, Chamoto K (equally contributed to the first author), Wakita D, Noguchi D, Yamazaki K, Dosaka-Akita H, Nishimura M, Ikeda H, Nishimura T. Tetramer-Blocking Assay For Defining Antigen-Specific Cytotoxic T Lymphocytes Using Peptide-MHC Tetramer Tetramer-Blocking Assay For Defining Antigen-Specific Cytotoxic T Lymphocytes Using Peptide-MHC Tetramer Tetramer-Blocking Assay For Defining Antigen-Specific Cytotoxic T Lymphocytes Using Peptide-MHC Tetramer Cancer Sci., 97, 148-154 Cancer Sci., 97, 148-154 Cancer Sci., 97, 148-154 2006 英語 公開
Ikeda H, Chamoto K, Tsuji T, Suzuki Y, Wakita D, Takeshima T, Nishimura T. Ikeda H, Chamoto K, Tsuji T, Suzuki Y, Wakita D, Takeshima T, Nishimura T. Ikeda H, Chamoto K, Tsuji T, Suzuki Y, Wakita D, Takeshima T, Nishimura T. The critical role of type-1 innate and acquired immunity in tumor immunotherapy. The critical role of type-1 innate and acquired immunity in tumor immunotherapy. The critical role of type-1 innate and acquired immunity in tumor immunotherapy. Cancer Sci., 95, 697-703 Cancer Sci., 95, 697-703 Cancer Sci., 95, 697-703 2004 公開
Yamamoto S, Tsuji T, Matsuzaki J, Zhange Y, Chamoto K, Kosaka A, Togashi Y, Sekikawa K, Sawada KI, Takeshima T, Koike T, Nishimura T. Yamamoto S, Tsuji T, Matsuzaki J, Zhange Y, Chamoto K, Kosaka A, Togashi Y, Sekikawa K, Sawada KI, Takeshima T, Koike T, Nishimura T. Yamamoto S, Tsuji T, Matsuzaki J, Zhange Y, Chamoto K, Kosaka A, Togashi Y, Sekikawa K, Sawada KI, Takeshima T, Koike T, Nishimura T. Unexpected role of TNF-{alpha} in graft versus host reaction (GVHR): donor-derived TNF-{alpha} suppresses GVHR via inhibition of IFN-g dependent donor type-1 immunity. Unexpected role of TNF-{alpha} in graft versus host reaction (GVHR): donor-derived TNF-{alpha} suppresses GVHR via inhibition of IFN-g dependent donor type-1 immunity. Unexpected role of TNF-{alpha} in graft versus host reaction (GVHR): donor-derived TNF-{alpha} suppresses GVHR via inhibition of IFN-g dependent donor type-1 immunity. Int Immunol., 16, 811-817 Int Immunol., 16, 811-817 Int Immunol., 16, 811-817 2004 公開
Sekimoto M, Tsuji T, Matsuzaki J, Chamoto K, Koda T, Nemoto K, Degawa M, Nishimura S, Nishimura T. Sekimoto M, Tsuji T, Matsuzaki J, Chamoto K, Koda T, Nemoto K, Degawa M, Nishimura S, Nishimura T. Sekimoto M, Tsuji T, Matsuzaki J, Chamoto K, Koda T, Nemoto K, Degawa M, Nishimura S, Nishimura T. Functional expression of the TrkC gene, encoding a high affinity receptor for NT-3, in antigen-specific T helper type 2 (Th2) cells. Functional expression of the TrkC gene, encoding a high affinity receptor for NT-3, in antigen-specific T helper type 2 (Th2) cells. Functional expression of the TrkC gene, encoding a high affinity receptor for NT-3, in antigen-specific T helper type 2 (Th2) cells. Immuno Lett., 95, 5-11 Immuno Lett., 95, 5-11 Immuno Lett., 95, 5-11 2004 公開
Matsuzaki J, Tsuji T, Chamoto K, Takeshima T, Sendo F, Nishimura T. Matsuzaki J, Tsuji T, Chamoto K, Takeshima T, Sendo F, Nishimura T. Matsuzaki J, Tsuji T, Chamoto K, Takeshima T, Sendo F, Nishimura T. Successful elimination of memory-type CD8+ T cell subsets by the administration of anti-Gr-1 monoclonal antibody in vivo. Successful elimination of memory-type CD8+ T cell subsets by the administration of anti-Gr-1 monoclonal antibody in vivo. Successful elimination of memory-type CD8+ T cell subsets by the administration of anti-Gr-1 monoclonal antibody in vivo. Cellular Immunol., 224, 98-105 Cellular Immunol., 224, 98-105 Cellular Immunol., 224, 98-105 2003 公開
Chamoto K, Kosaka A, Tsuji T, Matsuzaki J, Sato T, Takeshima T, Iwakabe K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Chamoto K, Kosaka A, Tsuji T, Matsuzaki J, Sato T, Takeshima T, Iwakabe K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Chamoto K, Kosaka A, Tsuji T, Matsuzaki J, Sato T, Takeshima T, Iwakabe K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Critical role of the Th1/Tc1 circuit for the generation of tumor-specific CTL during tumor eradication in vivo by Th1-cell therapy. Critical role of the Th1/Tc1 circuit for the generation of tumor-specific CTL during tumor eradication in vivo by Th1-cell therapy. Critical role of the Th1/Tc1 circuit for the generation of tumor-specific CTL during tumor eradication in vivo by Th1-cell therapy. Cancer Sci., 94, 924-928 Cancer Sci., 94, 924-928 Cancer Sci., 94, 924-928 2003 公開
Tsuji T, Chamoto K, Funamoto H, Kosaka A, Matsuzaki J, Abe H, Fujio K, Yamamoto K, Kitamura T, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Tsuji T, Chamoto K, Funamoto H, Kosaka A, Matsuzaki J, Abe H, Fujio K, Yamamoto K, Kitamura T, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Tsuji T, Chamoto K, Funamoto H, Kosaka A, Matsuzaki J, Abe H, Fujio K, Yamamoto K, Kitamura T, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. An efficient method to prepare T cell receptor gene-transduced cytotoxic T lymphocytes type 1 applicable to tumor gene cell-therapy. An efficient method to prepare T cell receptor gene-transduced cytotoxic T lymphocytes type 1 applicable to tumor gene cell-therapy. An efficient method to prepare T cell receptor gene-transduced cytotoxic T lymphocytes type 1 applicable to tumor gene cell-therapy. , 94, 389-393 , 94, 389-393 , 94, 389-393 2003 公開
Sato M, Chamoto K, Nishimura T. Sato M, Chamoto K, Nishimura T. Sato M, Chamoto K, Nishimura T. A novel tumor-vaccine cell therapy using bone marrow-derived dendritic cell type 1 and antigen-specific Th1 cells. A novel tumor-vaccine cell therapy using bone marrow-derived dendritic cell type 1 and antigen-specific Th1 cells. A novel tumor-vaccine cell therapy using bone marrow-derived dendritic cell type 1 and antigen-specific Th1 cells. Int Immunol., 15, 837-843 Int Immunol., 15, 837-843 Int Immunol., 15, 837-843 2003 公開
Sato M, Chamoto K, Tsuji T, Iwakura Y, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Sato M, Chamoto K, Tsuji T, Iwakura Y, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Sato M, Chamoto K, Tsuji T, Iwakura Y, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Th1 cytokine-conditioned bone marrow-derived dendritic cells can bypass the requirement for Th functions during the generation of CD8+ CTL Th1 cytokine-conditioned bone marrow-derived dendritic cells can bypass the requirement for Th functions during the generation of CD8+ CTL Th1 cytokine-conditioned bone marrow-derived dendritic cells can bypass the requirement for Th functions during the generation of CD8+ CTL J. Immunol, 167, 3687-3691 J. Immunol, 167, 3687-3691 J. Immunol, 167, 3687-3691 2001 公開
Sasaki K, Tsuji T, Jinushi T, Matsuzaki J, Sato T, Chamoto K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Sasaki K, Tsuji T, Jinushi T, Matsuzaki J, Sato T, Chamoto K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Sasaki K, Tsuji T, Jinushi T, Matsuzaki J, Sato T, Chamoto K, Togashi Y, Koda T, Nishimura T. Differential regulation of VLA-2 expression on Th1 and Th2 cells: a novel marker for the classification of Th subsets. Differential regulation of VLA-2 expression on Th1 and Th2 cells: a novel marker for the classification of Th subsets. Differential regulation of VLA-2 expression on Th1 and Th2 cells: a novel marker for the classification of Th subsets. Int Immunol., 167, 3687-3691 Int Immunol., 167, 3687-3691 Int Immunol., 167, 3687-3691 2001 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Chamoto K, Imataki O, Guo T, Saito TI, Saito AM, Elia AJ, Chiu PPL, Butler MO, and Hirano N. Chamoto K, Imataki O, Guo T, Saito TI, Saito AM, Elia AJ, Chiu PPL, Butler MO, and Hirano N. Chamoto K, Imataki O, Guo T, Saito TI, Saito AM, Elia AJ, Chiu PPL, Butler MO, and Hirano N. Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium). Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium). Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium). 2014 公開
茶本健司、今滝修、Tingxi Guo、 齋藤俊樹、齋藤明子、Andrew J. Elia、 Marcus O. Butler、平野直人 茶本健司、今滝修、Tingxi Guo、 齋藤俊樹、齋藤明子、Andrew J. Elia、 Marcus O. Butler、平野直人 ヒトの胸腺はパターン認識型T細胞受容体を有したinvariant natural killer T (iNKT) 細胞を除去し、抗原適応型T細胞受容体を有したiNKT細胞を末梢へ移出する。 ヒトの胸腺はパターン認識型T細胞受容体を有したinvariant natural killer T (iNKT) 細胞を除去し、抗原適応型T細胞受容体を有したiNKT細胞を末梢へ移出する。 第36回日本分子生物学会 (ポスター) 第36回日本分子生物学会 (ポスター) 2013 公開
Chamoto K, Gibney BC, Ackermann M, Lee GS, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Ackermann M, Lee GS, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Ackermann M, Lee GS, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Regulation of Post-Pneumonectomy Angiogenesis by Type II Pneumocytes. Regulation of Post-Pneumonectomy Angiogenesis by Type II Pneumocytes. Regulation of Post-Pneumonectomy Angiogenesis by Type II Pneumocytes. American Thoracic Sociey International Conference, San Francisco, CA. (Poster) American Thoracic Sociey International Conference, San Francisco, CA. (Poster) American Thoracic Sociey International Conference, San Francisco, CA. (Poster) 2012 公開
Chamoto K, Gibney BC, Mi-Ae Park, Lee GS, Ysasi AB, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Mi-Ae Park, Lee GS, Ysasi AB, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Mi-Ae Park, Lee GS, Ysasi AB, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Spatial and Metabolic Analysis of Post-pneumonectomy Lung Growth. Spatial and Metabolic Analysis of Post-pneumonectomy Lung Growth. Spatial and Metabolic Analysis of Post-pneumonectomy Lung Growth. Harvard Medical School Research Day, Boston, MA. (Poster) Harvard Medical School Research Day, Boston, MA. (Poster) Harvard Medical School Research Day, Boston, MA. (Poster) 2011 公開
Chamoto K, Gibney BC, Lin M, Lee GS, Colling-Simpson D, Houdek J, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Lin M, Lee GS, Colling-Simpson D, Houdek J, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Chamoto K, Gibney BC, Lin M, Lee GS, Colling-Simpson D, Houdek J, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ. Regulatory network of angiogenesis gene expression during post-pneumonectomy compensation growth. Regulatory network of angiogenesis gene expression during post-pneumonectomy compensation growth. Regulatory network of angiogenesis gene expression during post-pneumonectomy compensation growth. Thoracic Sociey 2011 International Conference, Denver, CO. (Poster) Thoracic Sociey 2011 International Conference, Denver, CO. (Poster) Thoracic Sociey 2011 International Conference, Denver, CO. (Poster) 2011 公開
Chamoto K, Nishimura T. Chamoto K, Nishimura T. Chamoto K, Nishimura T. CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF-β-Treg axix. CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF-β-Treg axix. CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF-β-Treg axix. 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 2010 公開
茶本健司、脇田大功、岩澤久美子、打浪雄介、角田健太郎、大栗敬幸、北村秀光、西村孝司 茶本健司、脇田大功、岩澤久美子、打浪雄介、角田健太郎、大栗敬幸、北村秀光、西村孝司 癌幹細胞によるTregを介した免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する。 癌幹細胞によるTregを介した免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する。 第39回日本免疫学会総会・学術集会記録39; 124. (口頭) 第39回日本免疫学会総会・学術集会記録39; 124. (口頭) 2009 公開
Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Togashi Y, Kitamura H, Nishimura T. Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Togashi Y, Kitamura H, Nishimura T. Chamoto K, Wakita D, Ohkuri T, Togashi Y, Kitamura H, Nishimura T. A crucial role of cancer stem cell for the regulation of immunosuppressive tumor escape via Treg induction. A crucial role of cancer stem cell for the regulation of immunosuppressive tumor escape via Treg induction. A crucial role of cancer stem cell for the regulation of immunosuppressive tumor escape via Treg induction. American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting, Denver CO. (Poster) American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting, Denver CO. (Poster) American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting, Denver CO. (Poster) 2009 公開
茶本健司、脇田大功、岩澤久美子、 角田健太郎、大栗敬幸、北村秀光、西村孝司   茶本健司、脇田大功、岩澤久美子、 角田健太郎、大栗敬幸、北村秀光、西村孝司   uPAを高発現する上皮癌幹細胞はTGF-β高産生し、Treg誘導を介して抗腫瘍免疫を抑制する。 uPAを高発現する上皮癌幹細胞はTGF-β高産生し、Treg誘導を介して抗腫瘍免疫を抑制する。 68; 275 第68回日本癌学会総会 (口頭) 68; 275 第68回日本癌学会総会 (口頭) 2009 公開
茶本健司、脇田大功、大栗敬幸、打浪雄介、岩澤久美子、角田健太郎、北村秀光、西村孝司 茶本健司、脇田大功、大栗敬幸、打浪雄介、岩澤久美子、角田健太郎、北村秀光、西村孝司 癌幹細胞による免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する。 癌幹細胞による免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する。 第13回がん免疫学会総会・学術集会記録13; 103. (口頭)  第13回がん免疫学会総会・学術集会記録13; 103. (口頭)  2009 公開
茶本健司、脇田大功、打浪雄介、大栗敬幸、西村孝司  茶本健司、脇田大功、打浪雄介、大栗敬幸、西村孝司  癌幹細胞によるTregを介した新規免疫抑制機構の解明 癌幹細胞によるTregを介した新規免疫抑制機構の解明 第38回日本免疫学会総会・学術集会38; 183. (口頭) 第38回日本免疫学会総会・学術集会38; 183. (口頭) 2008 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、大栗敬幸、打浪雄介、富樫裕二、北村秀光、西村孝司 茶本健司、脇田大功、成田義規、大栗敬幸、打浪雄介、富樫裕二、北村秀光、西村孝司 Treg誘導を介した癌幹細胞の免疫抑制機構の解明 Treg誘導を介した癌幹細胞の免疫抑制機構の解明 第67回日本癌学会学術総会・学術集会記録67; 488. (口頭) 第67回日本癌学会学術総会・学術集会記録67; 488. (口頭) 2008 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、富樫裕二、北村秀光、西村孝司  茶本健司、脇田大功、成田義規、富樫裕二、北村秀光、西村孝司  担癌生体内のTregを介した免疫抑制機構の解明:メチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫のTGF-β産生能力の違いとその意義。 担癌生体内のTregを介した免疫抑制機構の解明:メチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫のTGF-β産生能力の違いとその意義。 第12回基盤的癌免疫研究会総会・学術集会記録12: 16. (口頭) 第12回基盤的癌免疫研究会総会・学術集会記録12: 16. (口頭) 2008 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、張悦、白土博樹、北村秀光、西村孝司 茶本健司、脇田大功、成田義規、張悦、白土博樹、北村秀光、西村孝司 Tregを介したメチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫の免疫抑制機構の違い 。 Tregを介したメチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫の免疫抑制機構の違い 。 第37回日本免疫学会総会・学術集会記録 37: 216. (口頭) 第37回日本免疫学会総会・学術集会記録 37: 216. (口頭) 2007 公開
茶本健司、脇田大功、武島英嗣、張悦、白土博樹、北村秀光、西村孝司 茶本健司、脇田大功、武島英嗣、張悦、白土博樹、北村秀光、西村孝司 CpG癌ワクチンと放射線併用治療による上皮性癌治療法の開発。 CpG癌ワクチンと放射線併用治療による上皮性癌治療法の開発。 第66回日本癌学会総会・学術会記録 66: 425. (口頭) 第66回日本癌学会総会・学術会記録 66: 425. (口頭) 2007 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、張悦、北村秀光、西村孝司  茶本健司、脇田大功、成田義規、張悦、北村秀光、西村孝司  原発性上皮癌と肉腫におけるTregを介した免疫抑制機構の解明 原発性上皮癌と肉腫におけるTregを介した免疫抑制機構の解明 第37回日本免疫学会総会・学術会記録 37: 216. (ポスター) 第37回日本免疫学会総会・学術会記録 37: 216. (ポスター) 2007 公開
茶本健司、脇田大功、松原直紀、北村秀光、白土博樹、西村孝司 茶本健司、脇田大功、松原直紀、北村秀光、白土博樹、西村孝司 CpG癌ワクチン治療と放射線治療の併用効果 CpG癌ワクチン治療と放射線治療の併用効果 第36回日本免疫学会総会・学術会記録 (口頭) 第36回日本免疫学会総会・学術会記録 (口頭) 2006 公開
茶本健司、成田義規、脇田大功、野口大輔、松島綱治、池田裕明、西村孝司  茶本健司、成田義規、脇田大功、野口大輔、松島綱治、池田裕明、西村孝司  マウスメチルコラントレン誘発原発腫瘍によるCD4+CD25+Foxp3+抑制性T細胞の活性化機構。 マウスメチルコラントレン誘発原発腫瘍によるCD4+CD25+Foxp3+抑制性T細胞の活性化機構。 第9回基盤的癌免疫研究会総会抄録 9: 77. (口頭) 第9回基盤的癌免疫研究会総会抄録 9: 77. (口頭) 2005 公開
茶本 健司 茶本 健司 個体と局所におけるTh1主導型抗腫瘍免疫応答とその重要性。 個体と局所におけるTh1主導型抗腫瘍免疫応答とその重要性。 第1回癌学会カンファレンス (2004)、蓼科、長野 第1回癌学会カンファレンス (2004)、蓼科、長野 2004 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、斉藤留美奈、武島嗣英、池田裕明、西村孝司 茶本健司、脇田大功、成田義規、斉藤留美奈、武島嗣英、池田裕明、西村孝司 マウス上皮性原発腫瘍によるCD4+CD25+抑制性T細胞の活性化機構。 マウス上皮性原発腫瘍によるCD4+CD25+抑制性T細胞の活性化機構。 第34回日本免疫学会総会・学術会記録 34: 143. (口頭) 第34回日本免疫学会総会・学術会記録 34: 143. (口頭) 2004 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、武島嗣英、池田裕明、西村孝司  茶本健司、脇田大功、成田義規、武島嗣英、池田裕明、西村孝司  癌のTh1細胞治療における所属リンパ節内Th1/APC相互作用の重要性。 癌のTh1細胞治療における所属リンパ節内Th1/APC相互作用の重要性。 第63回日本癌学会総会・学術集会記録 34: 437. (口頭) 第63回日本癌学会総会・学術集会記録 34: 437. (口頭) 2004 公開
茶本健司、脇田大功、成田義規、辻武正、武島嗣英、池田裕明、西村孝司  茶本健司、脇田大功、成田義規、辻武正、武島嗣英、池田裕明、西村孝司  Th1細胞治療による所属リンパ節の重要性とその原発癌治療への応用。 Th1細胞治療による所属リンパ節の重要性とその原発癌治療への応用。 第8回基盤的癌免疫研究会・学術会記録8: 84. (口頭) 第8回基盤的癌免疫研究会・学術会記録8: 84. (口頭) 2004 公開
茶本健司、舩本裕美、小坂朱、脇田大功、成田義規、武島嗣英、西村孝司 茶本健司、舩本裕美、小坂朱、脇田大功、成田義規、武島嗣英、西村孝司 Th1細胞治療による初期抗腫瘍免疫の活性化機:所属リンパ節におけるAPC/Th1相互作用の重要性。 Th1細胞治療による初期抗腫瘍免疫の活性化機:所属リンパ節におけるAPC/Th1相互作用の重要性。 第33回日本免疫学会総会・学術集会記録 33: 114. (口頭) 第33回日本免疫学会総会・学術集会記録 33: 114. (口頭) 2003 公開
茶本健司、舩本裕美、小坂朱、武島嗣英、脇田大功、成田義規、西村孝司  茶本健司、舩本裕美、小坂朱、武島嗣英、脇田大功、成田義規、西村孝司  MHCクラスII陰性腫瘍に対するTh1細胞治療モデルの確立とその腫瘍拒絶機構の解明。 MHCクラスII陰性腫瘍に対するTh1細胞治療モデルの確立とその腫瘍拒絶機構の解明。 第62回日本癌学会総会・学術会記録62: 174. (口頭) 第62回日本癌学会総会・学術会記録62: 174. (口頭) 2003 公開
茶本健司、辻武正、松崎順子、小坂朱、舩本裕美、藤尾圭志、山本一彦、北村俊雄、冨樫裕二、幸田敏明、西村孝司 茶本健司、辻武正、松崎順子、小坂朱、舩本裕美、藤尾圭志、山本一彦、北村俊雄、冨樫裕二、幸田敏明、西村孝司 TCR遺伝子導入Th1細胞の癌遺伝子・細胞治療への応用。 TCR遺伝子導入Th1細胞の癌遺伝子・細胞治療への応用。 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録 32: 215. (口頭) 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録 32: 215. (口頭) 2002 公開
茶本健司、藤村卓、辻武正、松崎順子、小坂朱、藤尾圭志、山本一彦、北村俊雄、西村紳一郎、冨樫裕二、幸田敏明、西村孝司  茶本健司、藤村卓、辻武正、松崎順子、小坂朱、藤尾圭志、山本一彦、北村俊雄、西村紳一郎、冨樫裕二、幸田敏明、西村孝司  腫瘍特異的および非特異的Th1細胞の癌細胞治療への応用。 腫瘍特異的および非特異的Th1細胞の癌細胞治療への応用。 第61回日本癌学会総会・学術会記録61: 174. (口頭 第61回日本癌学会総会・学術会記録61: 174. (口頭 2002 公開
茶本健司、辻武正、西村紳一郎、富樫祐二、西村孝司 α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明。 茶本健司、辻武正、西村紳一郎、富樫祐二、西村孝司 α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明。 α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明。 α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明。 第60回日本癌学会総会・学術会記録60: 193. (口頭) 第60回日本癌学会総会・学術会記録60: 193. (口頭) 2001 公開
茶本健司、佐藤まりも、西村孝司 茶本健司、佐藤まりも、西村孝司 NK, NKT, CTLの活性化における樹状細胞の役割。 NK, NKT, CTLの活性化における樹状細胞の役割。 第5回基盤的癌免疫研究会総会・学術会記録5: 57. (口頭) 第5回基盤的癌免疫研究会総会・学術会記録5: 57. (口頭) 2001 公開
茶本健司、佐藤まりも、富樫祐二、西村孝司 茶本健司、佐藤まりも、富樫祐二、西村孝司 新しい癌の細胞治療モデル、DC1/T h1 cell therapyの開発。 新しい癌の細胞治療モデル、DC1/T h1 cell therapyの開発。 第31回日本免疫学会総会・学術集会記録 31: 176. (ポスター) 第31回日本免疫学会総会・学術集会記録 31: 176. (ポスター) 2001 公開
茶本健司、佐藤まりも、辻武正、関本征史、太田明夫、青木洋人、西村紳一郎、山口桂、幸田敏明、西村孝司 茶本健司、佐藤まりも、辻武正、関本征史、太田明夫、青木洋人、西村紳一郎、山口桂、幸田敏明、西村孝司 NKT細胞リガンドα-GalCerに対する免疫応答性の遺伝子支配:CD1d陽性の樹状細胞の重要性。 NKT細胞リガンドα-GalCerに対する免疫応答性の遺伝子支配:CD1d陽性の樹状細胞の重要性。 第30回日本免疫学会総会・学術集会記録 30: 84. (ポスター) 第30回日本免疫学会総会・学術集会記録 30: 84. (ポスター) 2000 公開
茶本 健司 茶本 健司 基礎腫瘍免疫学 基礎腫瘍免疫学 臨床各論VIII 近畿大学医学部腫瘍内科(中川和彦先生) 2017年7月14日 臨床各論VIII 近畿大学医学部腫瘍内科(中川和彦先生) 2017年7月14日 公開
茶本 健司 茶本 健司 抗PD-1抗体治療の開発とがん免疫治療の進展 抗PD-1抗体治療の開発とがん免疫治療の進展 Unit10臨床総論Ⅴ(臨床腫瘍コース) 近畿大学医学部腫瘍内科2016年11月22日 Unit10臨床総論Ⅴ(臨床腫瘍コース) 近畿大学医学部腫瘍内科2016年11月22日 公開
The role of dendritic cells to tule the response of NKT cell by α-galactosyl ceramide The role of dendritic cells to tule the response of NKT cell by α-galactosyl ceramide Clinical immunology, 37, 1, 1-7 , 37, 1, 1-7 Clinical immunology, 37, 1, 1-7 2002 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
PD-1阻害がん免疫治療法の最前線:基礎・臨床融合の重要性[招待あり] PD-1阻害がん免疫治療法の最前線:基礎・臨床融合の重要性 [招待あり] Scientific exchange meeting in 京滋.京都 Scientific exchange meeting in 京滋.京都 2018/11/13 公開
免疫代謝を介したPD-1阻害がん免疫治療の増強効果[招待あり] 免疫代謝を介したPD-1阻害がん免疫治療の増強効果 [招待あり] 東海リンパ腫瘍研究会、東海大学医学部、伊勢原 東海リンパ腫瘍研究会、東海大学医学部、伊勢原 2018/10/25 公開
免疫代謝をベースにしたPD-1抗体癌免疫治療の新展開[招待あり] 免疫代謝をベースにしたPD-1抗体癌免疫治療の新展開 [招待あり] 分子新血管セミナー、新潟大学医学部、新潟 分子新血管セミナー、新潟大学医学部、新潟 2018/10/16 公開
免疫代謝によるPD-1阻害癌免疫治療の増強効果[招待あり] 免疫代謝によるPD-1阻害癌免疫治療の増強効果 [招待あり] 大学院セミナー、産業医科大学、北九州 大学院セミナー、産業医科大学、北九州 2018/10/03 公開
PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells ameliorates the antitumor activity of PD-L1 blockade.[招待あり] PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells ameliorates the antitumor activity of PD-L1 blockade. [招待あり] PPAR-induced fatty acid oxidation in T cells ameliorates the antitumor activity of PD-L1 blockade. [招待あり] 第77回日本癌学会学術総会 シンポジウムS1、大阪 第77回日本癌学会学術総会 シンポジウムS1、大阪 2018/09/27 公開
PD-1阻害がん免疫治療における免疫代謝解析とその意義[招待あり] PD-1阻害がん免疫治療における免疫代謝解析とその意義 [招待あり] 第2回 gentleMACS Day. 大阪 第2回 gentleMACS Day. 大阪 2018/09/26 公開
PD-1阻害がん免疫治療法の最前線:基礎・臨床融合の重要性[招待あり] PD-1阻害がん免疫治療法の最前線:基礎・臨床融合の重要性 [招待あり] Scientific exchange meeting in 札幌 肺がん免疫治療の最前線、札幌 Scientific exchange meeting in 札幌 肺がん免疫治療の最前線、札幌 2018/08/24 公開
T細胞免疫の代謝とがん免疫[招待あり] T細胞免疫の代謝とがん免疫 [招待あり] 大学院セミナー 8月10日、三重大学、津 大学院セミナー 8月10日、三重大学、津 2018/08/10 公開
代謝シグナル分子を標的とした腫瘍免疫学の新展開[招待あり] 代謝シグナル分子を標的とした腫瘍免疫学の新展開 [招待あり] ランチョンセミナー2、 岡山 ランチョンセミナー2、 岡山 2018/08/03 公開
PD-1阻害がん免疫治療におけるT細胞脂質代謝の重要性[招待あり] PD-1阻害がん免疫治療におけるT細胞脂質代謝の重要性 [招待あり] 第22回日本がん免疫学会 シンポジウム4, 岡山 第22回日本がん免疫学会 シンポジウム4, 岡山 2018/08/02 公開
“Standard” cancer immunotherapy based on PD-1 blockade.[招待あり] “Standard” cancer immunotherapy based on PD-1 blockade. [招待あり] “Standard” cancer immunotherapy based on PD-1 blockade. [招待あり] 大学院セミナー Cancer Course Meeting, July 19th. 京都大学 京都 大学院セミナー Cancer Course Meeting, July 19th. 京都大学 京都 2018/07/19 公開
nergy metabolism regulation in T cells improves the efficacy of the PD-1 blockade cancer immunotherapy.[招待あり] nergy metabolism regulation in T cells improves the efficacy of the PD-1 blockade cancer immunotherapy. [招待あり] nergy metabolism regulation in T cells improves the efficacy of the PD-1 blockade cancer immunotherapy. [招待あり] Novartis Asian-Pacific Summit 2018, July 14th, Taipei. Novartis Asian-Pacific Summit 2018, July 14th, Taipei. Novartis Asian-Pacific Summit 2018, July 14th, Taipei. 2018/07/14 公開
The role of fatty acid oxidation of T cells in the synergistic effect with PD-1 blockade[招待あり] The role of fatty acid oxidation of T cells in the synergistic effect with PD-1 blockade [招待あり] The role of fatty acid oxidation of T cells in the synergistic effect with PD-1 blockade [招待あり] The 6th JCA-AACR Special joint Conference, July 12th, Kyoto The 6th JCA-AACR Special joint Conference, July 12th, Kyoto The 6th JCA-AACR Special joint Conference, July 12th, Kyoto 2018/07/12 公開
PD-1阻害がん免疫治療法の最前線[招待あり] PD-1阻害がん免疫治療法の最前線 [招待あり] 第120回兵庫県皮膚科医会、神戸 第120回兵庫県皮膚科医会、神戸 2018/06/30 公開
Modulation of fatty acid oxidation in T cells improves the PD-1 blockade therapy.[招待あり] Modulation of fatty acid oxidation in T cells improves the PD-1 blockade therapy. [招待あり] Modulation of fatty acid oxidation in T cells improves the PD-1 blockade therapy. [招待あり] 第45回内藤コンファレンス がん免疫治療法の免疫分子基盤-次世代のがん免疫療法をめざして、札幌 第45回内藤コンファレンス がん免疫治療法の免疫分子基盤-次世代のがん免疫療法をめざして、札幌 2018/06/28 公開
免疫チェックポイント阻害薬の臨床における問題点とその取り組み:基礎と臨床は如何にして融合すべきか?[招待あり] 免疫チェックポイント阻害薬の臨床における問題点とその取り組み:基礎と臨床は如何にして融合すべきか? [招待あり] 第6回日本臨床腫瘍学会近畿地区セミナー、大阪 第6回日本臨床腫瘍学会近畿地区セミナー、大阪 2018/06/23 公開
Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy.[招待あり] Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy. [招待あり] Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy. [招待あり] nd International NTNU Symposium on Current and Future Clinical Biomarkers of Cancer. June 14th-15th, Trondheim, Norway. nd International NTNU Symposium on Current and Future Clinical Biomarkers of Cancer. June 14th-15th, Trondheim, Norway. nd International NTNU Symposium on Current and Future Clinical Biomarkers of Cancer. June 14th-15th, Trondheim, Norway. 2018/06/14 公開
脂質代謝制御によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果とその機序解明 脂質代謝制御によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果とその機序解明 第55回日本臨床分子医学会学術集会、京都 第55回日本臨床分子医学会学術集会、京都 2018/04/12 公開
免疫代謝とPD-1阻害がん免疫治療[招待あり] 免疫代謝とPD-1阻害がん免疫治療 [招待あり] 第3回京都皮膚基礎研究会、京都大学、京都大学大学病院 椛島先生 第3回京都皮膚基礎研究会、京都大学、京都大学大学病院 椛島先生 2018/03/30 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
免疫代謝促進によるPD-1阻害治療の増強効果とその作用機序解明[招待あり] 免疫代謝促進によるPD-1阻害治療の増強効果とその作用機序解明 [招待あり] 次世代免疫療法・ゲノム医療、東京、国立がん研究センター 次世代免疫療法・ゲノム医療、東京、国立がん研究センター 2018/03/16 英語 口頭発表(基調) 公開
T細胞の脂肪酸酸化を介したPD-1阻がん免疫治療の増強とその機序解明[招待あり] T細胞の脂肪酸酸化を介したPD-1阻がん免疫治療の増強とその機序解明 [招待あり] Japan/Joy of Fatty Acids Secrets/Society (JFAS)、東京アキバ Japan/Joy of Fatty Acids Secrets/Society (JFAS)、東京アキバ 2018/03/10 口頭発表(招待・特別) 公開
免疫代謝に着目した次世代がん免疫治療法と効果予測バイオマーカー[招待あり] 免疫代謝に着目した次世代がん免疫治療法と効果予測バイオマーカー [招待あり] Lung Cancer expert seminar ウエスティン都ホテル、京都大学大学病院呼吸器内科 金先生 Lung Cancer expert seminar ウエスティン都ホテル、京都大学大学病院呼吸器内科 金先生 2018/02/15 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
ミトコンドリア活性化剤によるPD-1阻害免疫治療の併用効果とその作用機序解明[招待あり] ミトコンドリア活性化剤によるPD-1阻害免疫治療の併用効果とその作用機序解明 [招待あり] 九州肺がん治療懇話会、九州大学医学部(岡本勇先生、小野薬品・BMS) 九州肺がん治療懇話会、九州大学医学部(岡本勇先生、小野薬品・BMS) 2018/01/23 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
日進月歩するPD-1阻害がん免疫治療[招待あり] 日進月歩するPD-1阻害がん免疫治療 [招待あり] 東北RCCセミナー、仙台 (弘前大学 大山力先生、ノバルティスファーマ株式会社) 東北RCCセミナー、仙台 (弘前大学 大山力先生、ノバルティスファーマ株式会社) 2017/12/16 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Regulation of immune metabolism improves the PD-1 blockade cancer immunotherapy[招待あり] Regulation of immune metabolism improves the PD-1 blockade cancer immunotherapy [招待あり] 日本免疫学会ランチョンテクニカルセミナー、仙台 日本免疫学会ランチョンテクニカルセミナー、仙台 2017/12/12 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy[招待あり] Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy [招待あり] Yonsei University International Symposium,Yonsei, Korea. Yonsei University International Symposium,Yonsei, Korea. 2017/10/02 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
免疫代謝制御によるがん免疫応答の増強[招待あり] 免疫代謝制御によるがん免疫応答の増強 [招待あり] 第45回日本臨床免疫学会 合同シンポジウム、東京 第45回日本臨床免疫学会 合同シンポジウム、東京 2017/09/29 英語 公開
Energy metabolism improves the PD-1 blockade cancer immunotherapy[招待あり] Energy metabolism improves the PD-1 blockade cancer immunotherapy [招待あり] 日本癌学会奨励賞シンポジウム 第76回日本癌学会、横浜 日本癌学会奨励賞シンポジウム 第76回日本癌学会、横浜 2017/09/28 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy[招待あり] Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy [招待あり] Peking University International Symposium. Shanghi, China. Peking University International Symposium. Shanghi, China. 2017/09/16 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Mitochondrial manipulation improves the PD-1 blockade cancer therapy[招待あり] Mitochondrial manipulation improves the PD-1 blockade cancer therapy [招待あり] Leibniz-AMED Workshop on Immune Regulation of Diseases and Aging. Ettal, Germany. Leibniz-AMED Workshop on Immune Regulation of Diseases and Aging. Ettal, Germany. 2017/09/11 英語 公開
T細胞のエネルギー代謝に注目したPD-1阻害がん免疫治療の新しい展開[招待あり] T細胞のエネルギー代謝に注目したPD-1阻害がん免疫治療の新しい展開 [招待あり] 39回文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 39回文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 2017/08/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Modulation of energy metabolism in T cells enhances the efficacy of PD-1 blockade immunotherapy[招待あり] Modulation of energy metabolism in T cells enhances the efficacy of PD-1 blockade immunotherapy [招待あり] International Symposium 9, Japanese society of medical oncology (JASMO), Kobe International Symposium 9, Japanese society of medical oncology (JASMO), Kobe 2017/07/28 英語 公開
T細胞のエネルギー代謝とPD-1阻害がん免疫治療の増強効果[招待あり] T細胞のエネルギー代謝とPD-1阻害がん免疫治療の増強効果 [招待あり] BD学術セミナー 2017、東京 BD学術セミナー 2017、東京 2017/07/26 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
T cell energy metabolism regulates anti-tumor effect mediated by PD-1 blockade[招待あり] T cell energy metabolism regulates anti-tumor effect mediated by PD-1 blockade [招待あり] T cell energy metabolism regulates anti-tumor effect mediated by PD-1 blockade [招待あり] 日本がん免疫学会 シンポジウム4 幕張 日本がん免疫学会 シンポジウム4 幕張 2017/06/30 公開
Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy[招待あり] Mitochondrial manipulation improves PD-1 blockade immunotherapy [招待あり] 第36回札幌がん国際シンポジウム、札幌、ロイトン札幌 第36回札幌がん国際シンポジウム、札幌、ロイトン札幌 2017/06/23 日本語 公開
T cell energy metabolism regulates PD-1 blockade-mediated anti-tumor effect.[招待あり] T cell energy metabolism regulates PD-1 blockade-mediated anti-tumor effect. [招待あり] T cell energy metabolism regulates PD-1 blockade-mediated anti-tumor effect. [招待あり] RIKEN IMS-JSI, International Conference Hall, Plaza Heisei, Tokyo RIKEN IMS-JSI, International Conference Hall, Plaza Heisei, Tokyo RIKEN IMS-JSI, International Conference Hall, Plaza Heisei, Tokyo 2017/06/22 英語 公開
免疫代謝制御によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果[招待あり] 免疫代謝制御によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果 [招待あり] 第36回セルセラピーセミナー、(公立藤岡総合病院 外山耕太郎 先生、協和キリン発酵) 第36回セルセラピーセミナー、(公立藤岡総合病院 外山耕太郎 先生、協和キリン発酵) 2017/06/02 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
T細胞のエネルギー代謝に注目したPD-1阻害がん免疫治療の新しい展開[招待あり] T細胞のエネルギー代謝に注目したPD-1阻害がん免疫治療の新しい展開 [招待あり] 第48回京都造血幹細胞移植研究会、特別講演、京都、ホテル日航プリンセス京都 第48回京都造血幹細胞移植研究会、特別講演、京都、ホテル日航プリンセス京都 2017/05/12 口頭発表(招待・特別) 公開
T細胞のエネルギー代謝によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果[招待あり] T細胞のエネルギー代謝によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果 [招待あり] 奈良先端科学技術大学院大学(石田靖雅先生) 奈良先端科学技術大学院大学(石田靖雅先生) 2017/03/27 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
T細胞のエネルギー代謝によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果[招待あり] T細胞のエネルギー代謝によるPD-1阻害がん免疫治療の増強効果 [招待あり] 国立がんセンター、AMED革新がん(西川博嘉先生) 国立がんセンター、AMED革新がん(西川博嘉先生) 2017/03/13 日本語 公開
抗PD-1抗体治療の開発とがん免疫治療の進展[招待あり] 抗PD-1抗体治療の開発とがん免疫治療の進展 [招待あり] 大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター1Fマルチメディアホール(大阪大学 高島成二先生、HMT) 大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター1Fマルチメディアホール(大阪大学 高島成二先生、HMT) 2017/02/23 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
T細胞のエネルギー代謝とPD-1抗体の抗腫瘍効果[招待あり] T細胞のエネルギー代謝とPD-1抗体の抗腫瘍効果 [招待あり] 第5回日本免疫・細胞治療学会学術総会、シンポジウム、秋葉原UDX 第5回日本免疫・細胞治療学会学術総会、シンポジウム、秋葉原UDX 2016/12/03 公開
Mitochondrial modulation improves PD-1 blockade cancer immunotherapy[招待あり] Mitochondrial modulation improves PD-1 blockade cancer immunotherapy [招待あり] 京都賞ワークショップ、京都 京都賞ワークショップ、京都 2016/11/12 英語 公開
PD-1を標的とした免疫チェックポイント阻害療法[招待あり] PD-1を標的とした免疫チェックポイント阻害療法 [招待あり] 第78回日本血液学会学術集会 第78回日本血液学会学術集会 2016/10/13 英語 公開
抗PD-1抗体の開発とがん免疫治療の進展[招待あり] 抗PD-1抗体の開発とがん免疫治療の進展 [招待あり] 第52回姫路市医師会夏季大学講演会 第52回姫路市医師会夏季大学講演会 2016/07/24 日本語 公開
Priming CD8+ T cells in DLN accelerates the accumulation of CTLs in tumor sites via MIG/CXCR3 axis in PD-1 blockade therapy Priming CD8+ T cells in DLN accelerates the accumulation of CTLs in tumor sites via MIG/CXCR3 axis in PD-1 blockade therapy 第20回日本がん免疫学会 第20回日本がん免疫学会 2016 日本語 口頭発表(一般) 公開
Mitochondrial activation of comprehensive tumor-specific CTLs during PD-1 blockade therapy Mitochondrial activation of comprehensive tumor-specific CTLs during PD-1 blockade therapy Mitochondrial activation of comprehensive tumor-specific CTLs during PD-1 blockade therapy The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, International Session The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, International Session The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, International Session 2016 英語 公開
個体と局所におけるTh1主導型抗腫瘍免疫応答とその重要性 個体と局所におけるTh1主導型抗腫瘍免疫応答とその重要性 第1回癌学会カンファレンス、蓼科、長野 第1回癌学会カンファレンス、蓼科、長野 2014 日本語 口頭発表(基調) 公開
Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Human peripheral invariant natural killer T are adaptive lymphocytes, whose TCR CDR3β regulates their antigen specificity and reactivity to avoid harmful autoimmune responses. Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium) Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium) Annual Meeting of The American Association of Immunologists, Pittsburgh, PA (Block Symposium) 2014 英語 公開
CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF--Treg axix CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF--Treg axix CD133+ cancer stem-like cells are resistant to CD8+ T cell-mediated host immunosurveillance via TGF--Treg axix 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 14th International Congress of Immunology, Kobe, Hyogo (Block Symposium). 2010 英語 口頭発表(基調) 公開
癌幹細胞による免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する 癌幹細胞による免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する 第13回がん免疫学会総会 第13回がん免疫学会総会 2009 日本語 口頭発表(一般) 公開
uPAを過剰高発現する癌幹細胞は TGF-β−Treg軸を介した腫瘍の免疫抑制性回避機構を促進する uPAを過剰高発現する癌幹細胞は TGF-β−Treg軸を介した腫瘍の免疫抑制性回避機構を促進する 第68回日本癌学会総会 第68回日本癌学会総会 2009 日本語 口頭発表(一般) 公開
癌幹細胞によるTregを介した免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する 癌幹細胞によるTregを介した免疫抑制機構の解明:CD133+癌幹細胞に高発現するuPAは活性型TGF-β産生促進を介してTregを誘導する 第39回日本免疫学会総会 第39回日本免疫学会総会 2009 日本語 口頭発表(一般) 公開
担癌生体内のTregを介した免疫抑制機構の解明:メチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫のTGF-β産生能力の違いとその意義 担癌生体内のTregを介した免疫抑制機構の解明:メチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫のTGF-β産生能力の違いとその意義 第12回基盤的癌免疫研究会総会 第12回基盤的癌免疫研究会総会 2008 日本語 口頭発表(一般) 公開
Treg誘導を介した癌幹細胞の免疫抑制機構の解明 Treg誘導を介した癌幹細胞の免疫抑制機構の解明 第67回日本癌学会学術総会 第67回日本癌学会学術総会 2008 日本語 口頭発表(一般) 公開
癌幹細胞によるTregを介した新規免疫抑制機構の解明 癌幹細胞によるTregを介した新規免疫抑制機構の解明 第38回日本免疫学会総会 第38回日本免疫学会総会 2008 日本語 口頭発表(一般) 公開
原発性上皮癌と肉腫におけるTregを介した免疫抑制機構の解明 原発性上皮癌と肉腫におけるTregを介した免疫抑制機構の解明 第37回日本免疫学会総会 第37回日本免疫学会総会 2007 日本語 口頭発表(一般) 公開
CpG癌ワクチンと放射線併用治療による上皮性癌治療法の開発 CpG癌ワクチンと放射線併用治療による上皮性癌治療法の開発 第11回基盤的癌免疫研究会総会 第11回基盤的癌免疫研究会総会 2007 日本語 口頭発表(一般) 公開
Tregを介したメチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫の免疫抑制機構の違い Tregを介したメチルコラントレン誘発性上皮癌と肉腫の免疫抑制機構の違い 第37回日本免疫学会総会 第37回日本免疫学会総会 2007 日本語 口頭発表(一般) 公開
CpG癌ワクチン治療と放射線治療の併用効果 CpG癌ワクチン治療と放射線治療の併用効果 第36回日本免疫学会総会 第36回日本免疫学会総会 2006 日本語 口頭発表(一般) 公開
マウスメチルコラントレン誘発原発腫瘍によるCD4+CD25+Foxp3+抑制性T細胞の活性化機構 マウスメチルコラントレン誘発原発腫瘍によるCD4+CD25+Foxp3+抑制性T細胞の活性化機構 第64回日本癌学会総会 第64回日本癌学会総会 2005 日本語 口頭発表(一般) 公開
Th1細胞治療による所属リンパ節の重要性とその原発癌治療への応用 Th1細胞治療による所属リンパ節の重要性とその原発癌治療への応用 第8回基盤的癌免疫研究会 第8回基盤的癌免疫研究会 2004 日本語 口頭発表(一般) 公開
癌のTh1細胞治療における所属リンパ節内Th1/APC相互作用の重要性 癌のTh1細胞治療における所属リンパ節内Th1/APC相互作用の重要性 第63回日本癌学会総会 第63回日本癌学会総会 2004 日本語 口頭発表(一般) 公開
マウス上皮性原発腫瘍によるCD4+CD25+抑制性T細胞の活性化機構 マウス上皮性原発腫瘍によるCD4+CD25+抑制性T細胞の活性化機構 第34回日本免疫学会総会 第34回日本免疫学会総会 2004 日本語 口頭発表(一般) 公開
MHCクラスII陰性腫瘍に対するTh1細胞治療モデルの確立とその腫瘍拒絶機構の解明 MHCクラスII陰性腫瘍に対するTh1細胞治療モデルの確立とその腫瘍拒絶機構の解明 第7回基盤的癌免疫研究会総会 第7回基盤的癌免疫研究会総会 2003 日本語 口頭発表(一般) 公開
Th1細胞治療による初期抗腫瘍免疫の活性化機:所属リンパ節におけるAPC/Th1相互作用の重要性 Th1細胞治療による初期抗腫瘍免疫の活性化機:所属リンパ節におけるAPC/Th1相互作用の重要性 第33回日本免疫学会総会 第33回日本免疫学会総会 2003 日本語 口頭発表(一般) 公開
腫瘍特異的および非特異的Th1細胞の癌細胞治療への応用 腫瘍特異的および非特異的Th1細胞の癌細胞治療への応用 第6回基盤的癌免疫研究会総会 第6回基盤的癌免疫研究会総会 2002 日本語 口頭発表(一般) 公開
TCR遺伝子導入Th1細胞の癌遺伝子・細胞治療への応用 TCR遺伝子導入Th1細胞の癌遺伝子・細胞治療への応用 第32回日本免疫学会総会 第32回日本免疫学会総会 2002 日本語 口頭発表(一般) 公開
α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明 α-GalCerによるNKTおよびNK活性化機構の解明 第60回日本癌学会総会 第60回日本癌学会総会 2001 日本語 口頭発表(一般) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
茶本 健司 茶本 健司 免疫代謝とPD−1阻害剤 免疫代謝とPD−1阻害剤 メディカル・サイエンス・ダイジェスト メディカル・サイエンス・ダイジェスト 2019 共著 公開
茶本 健司 茶本 健司 特集:免疫チェックポイントによる免疫制御 PD-1/PD-L1による免疫制御 特集:免疫チェックポイントによる免疫制御 PD-1/PD-L1による免疫制御 生体の科学 70(3) 生体の科学 70(3) 2019 共著 公開
茶本 健司 茶本 健司 イムノメタボリズムの新たな展開:がんとイムノメタボリズム イムノメタボリズムの新たな展開:がんとイムノメタボリズム The Lipid 第134号 特集:免疫と代謝の接点:イムノメタボリズム The Lipid 第134号 特集:免疫と代謝の接点:イムノメタボリズム 2019 共著 公開
茶本 健司 茶本 健司 Cancer-Immunity Cycle「がん細胞の攻撃とその調節」 Cancer-Immunity Cycle「がん細胞の攻撃とその調節」 Trends in Cancer Immunology 4 Trends in Cancer Immunology 4 2019 共著 公開
茶本 健司 茶本 健司 企画:特集がん免疫療法の展開、総論:抗PD-1抗体を用いたがん免疫治療の現状と進展 企画:特集がん免疫療法の展開、総論:抗PD-1抗体を用いたがん免疫治療の現状と進展 Vita 35 (1), 49-57. Vita 35 (1), 49-57. 2018 公開
茶本 健司 茶本 健司 T細胞のエネルギー代謝とがん免疫 T細胞のエネルギー代謝とがん免疫 JSI Newsletter 26 (2), 8. JSI Newsletter 26 (2), 8. 2018 公開
波多江龍亮、茶本健司 波多江龍亮、茶本健司 免疫代謝制御とPD-1阻害がん免疫治療 免疫代謝制御とPD-1阻害がん免疫治療 臨床免疫・アレルギー科 69 (6), 546-551. 臨床免疫・アレルギー科 69 (6), 546-551. 2018 公開
高塚奈津子、茶本健司 高塚奈津子、茶本健司 がん局所の代謝改善による免疫抑制の解除 がん局所の代謝改善による免疫抑制の解除 実験医学 36 (9), 1468-1473. 実験医学 36 (9), 1468-1473. 2018 公開
茶本 健司 茶本 健司 がん免疫治療の現状と展望 がん免疫治療の現状と展望 コスモバイオニュース「がん免疫」 in press. コスモバイオニュース「がん免疫」 in press. 2018 公開
伊藤寿宏、茶本健司 伊藤寿宏、茶本健司 T細胞代謝のリプログラミングと抗腫瘍免疫 T細胞代謝のリプログラミングと抗腫瘍免疫 「免疫と炎症」先端医学社 in press. 「免疫と炎症」先端医学社 in press. 2018 公開
熱田雄、波多江龍亮、茶本健司 熱田雄、波多江龍亮、茶本健司 がん免疫治療の効果増強法の開発:併用治療の現状と展望 がん免疫治療の効果増強法の開発:併用治療の現状と展望 がん分子標的治療 in press. がん分子標的治療 in press. 2018 公開
茶本 健司 茶本 健司 免疫の「ブレーキ」解除でがんをたたく 免疫の「ブレーキ」解除でがんをたたく 日経サイエンス12月号 監修者ノート 日経サイエンス12月号 監修者ノート 2018 公開
高塚奈津子、茶本健司 高塚奈津子、茶本健司 Resident memory T細胞の長期生存を可能にするエネルギー代謝機構 Resident memory T細胞の長期生存を可能にするエネルギー代謝機構 News & Hot paper digest 実験医学 35 (18), 3101-3102. News & Hot paper digest 実験医学 35 (18), 3101-3102. 2017 公開
仲島由佳、波多江龍亮、茶本健司 仲島由佳、波多江龍亮、茶本健司 PD-1シグナル阻害によるがん免疫治療 PD-1シグナル阻害によるがん免疫治療 The Lung perspective, 25 (4), 14-18. The Lung perspective, 25 (4), 14-18. 2017 公開
波多江龍亮、茶本健司 波多江龍亮、茶本健司 企画:序 〜PD-1阻害がん免役治療の現状と今後の展望〜 企画:序 〜PD-1阻害がん免役治療の現状と今後の展望〜 血液フロンティア 27 (11), 17-22. 血液フロンティア 27 (11), 17-22. 2017 公開
茶本健司、仲島由佳 茶本健司、仲島由佳 PD-1によるがん免疫逃避機構 PD-1によるがん免疫逃避機構 Bio Clinica 31(8), 797-801. Bio Clinica 31(8), 797-801. 2016 公開
波多江龍亮、茶本健司 波多江龍亮、茶本健司 Programmed cell death -1(PD-1)を標的とした免疫チェックポイント阻害療法 Programmed cell death -1(PD-1)を標的とした免疫チェックポイント阻害療法 臨床血液 57(10), 2224-2231. 臨床血液 57(10), 2224-2231. 2016 公開
茶本 健司 茶本 健司 免疫チェックポイント阻害薬の効果と毒性 免疫チェックポイント阻害薬の効果と毒性 がん分子標的治療 14 (3), 329-333. がん分子標的治療 14 (3), 329-333. 2016 公開
茶本 健司 茶本 健司 ミトコンドリアを介した抗腫瘍免疫の制御 ミトコンドリアを介した抗腫瘍免疫の制御 実験医学 34(18), 3020-3021. 実験医学 34(18), 3020-3021. 2016 公開
茶本 健司 茶本 健司 抗PD-1/PD-L1 抗体治療におけるバイオマーカー 抗PD-1/PD-L1 抗体治療におけるバイオマーカー がん分子標的治療 13(4), 71-75. がん分子標的治療 13(4), 71-75. 2015 公開
中津川宗秀、茶本健司、平野直人 中津川宗秀、茶本健司、平野直人 養子免疫細胞療法に最適な人工抗原提示細胞の開発とその臨床応用 養子免疫細胞療法に最適な人工抗原提示細胞の開発とその臨床応用 実験医学 31(12), 174-178. 実験医学 31(12), 174-178. 2013 公開
越智俊元、茶本健司、平野直人 越智俊元、茶本健司、平野直人 人工抗原提示細胞を用いた免疫療法 人工抗原提示細胞を用いた免疫療法 医学のあゆみ 244(9), 831-836. 医学のあゆみ 244(9), 831-836. 2013 公開
Chamoto K, Wakita D, Koizumi S, Masuko K, Ikeda T, Mitamura R, Kitamura H, T Nishimura. Chamoto K, Wakita D, Koizumi S, Masuko K, Ikeda T, Mitamura R, Kitamura H, T Nishimura. Chamoto K, Wakita D, Koizumi S, Masuko K, Ikeda T, Mitamura R, Kitamura H, T Nishimura. Interaction of NK Cells with Bacteria. Interaction of NK Cells with Bacteria. Interaction of NK Cells with Bacteria. Edited by Michael T. Lotze and Angus W. Thomson (Elsevier) Chapter 35, 469-480. Edited by Michael T. Lotze and Angus W. Thomson (Elsevier) Chapter 35, 469-480. Edited by Michael T. Lotze and Angus W. Thomson (Elsevier) Chapter 35, 469-480. 2009 公開
茶本健司、西村孝司 茶本健司、西村孝司 免疫調節細胞としてのNKT細胞とその活性化機構の解明 先端医学社 免疫調節細胞としてのNKT細胞とその活性化機構の解明 先端医学社 炎症と免疫 17(3), 20-28. 炎症と免疫 17(3), 20-28. 2009 公開
脇田大功、茶本健司、大栗敬幸、西村孝司 脇田大功、茶本健司、大栗敬幸、西村孝司 がん免疫における新しい概念とがん免疫治療の新たな展開 がん免疫における新しい概念とがん免疫治療の新たな展開 メジカルビュー社 浸襲と免疫 (Surgical Trauma & Immunological Responses) 17(4), 121-313. メジカルビュー社 浸襲と免疫 (Surgical Trauma & Immunological Responses) 17(4), 121-313. 2008 公開
茶本健司、脇田大功、西村孝司 茶本健司、脇田大功、西村孝司 免疫バランス制御の新しいパラダイム:Th1主導免疫によるがんエスケープ機構の克服 免疫バランス制御の新しいパラダイム:Th1主導免疫によるがんエスケープ機構の克服 先端医学社 分子細胞治療 7(3):171-180. 先端医学社 分子細胞治療 7(3):171-180. 2008 公開
茶本健司、脇田大功、西村孝司 茶本健司、脇田大功、西村孝司 免疫バランス制御の新しいパラダイム:その腫瘍免疫における意義 免疫バランス制御の新しいパラダイム:その腫瘍免疫における意義 秀潤社 細胞工学 27(2):119-125. 秀潤社 細胞工学 27(2):119-125. 2008 公開
茶本健司、西村孝司 茶本健司、西村孝司 NKT細胞のα-galactosyl ceramideに対する応答性と樹状細胞 NKT細胞のα-galactosyl ceramideに対する応答性と樹状細胞 臨床免疫 37, 1-9. 臨床免疫 37, 1-9. 2002 公開
茶本健司、西村孝司 茶本健司、西村孝司 α-GalCerによるNK細胞、NKT細胞の活性化 α-GalCerによるNK細胞、NKT細胞の活性化 血液・腫瘍科 45, 14-21. 血液・腫瘍科 45, 14-21. 2002 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
本庶佑、茶本健司、松田文彦 本庶佑、茶本健司、松田文彦 PD-1シグナル阻害剤含有薬剤による治療有効性の予測及び/又は判定マーカー  PD-1シグナル阻害剤含有薬剤による治療有効性の予測及び/又は判定マーカー  特許出願 特願2019-000181 2019/01/04 公開
本庶佑、茶本健司、林秀敏、中川和彦、後藤恵、宇賀均 本庶佑、茶本健司、林秀敏、中川和彦、後藤恵、宇賀均 免疫チェックポイント阻害剤の奏効性の判定を補助する方法、試薬キット、装置及びコンピュータプログラム 免疫チェックポイント阻害剤の奏効性の判定を補助する方法、試薬キット、装置及びコンピュータプログラム 特許出願 特願2018-59834 2018/03/27 公開
本庶佑、茶本健司、後藤恵、宇賀仁   本庶佑、茶本健司、後藤恵、宇賀仁   免疫状態の活性化した被検者由来の液体試料の判別方法及びその利用 免疫状態の活性化した被検者由来の液体試料の判別方法及びその利用 特許出願 特願PCT/JP2016/088978 2015/12/28 公開
本庶佑、茶本健司、Fagarasan Sidonia  本庶佑、茶本健司、Fagarasan Sidonia  PD−1シグナル阻害剤の併用療法 PD−1シグナル阻害剤の併用療法 特許出願 特願PCT/JP2016/86045 2015/12/07 公開
本庶佑、茶本健司、松田文彦、Fagarasan Sidonia  本庶佑、茶本健司、松田文彦、Fagarasan Sidonia  PD-1抗体による癌治療における有効性判定マーカー PD-1抗体による癌治療における有効性判定マーカー 特許公開 特開PCT/JP2017/39619 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
Highly Rated Paper Award American Association for Cancer Research 100th Annual meeting (AACR) 2009
日本がん免疫学会若手奨励賞 第13回日本がん免疫学会総会 2009
Travel Award Travel Award 第36会日本分子生物学会 2013
2014 AAI Trainee Abstract Award 2014 The American Association of Immunologists (AAI) Annual Meeting 2014
UHN ORT Conference Travel Award UHN ORT Conference Travel Award 第43回2014年日本免疫学会 2014
特別研究員DC2 日本学術振興会 2005
特別研究員 PD 日本学術振興会 2006
海外留学助成金 公益財団法人上原記念生命科学財団 2010
海外研究留学助成金 財団法人内藤記念科学振興財団 2010
海外特別研究員 日本学術振興会 2011
Knudson Postdoctoral Fellowship Program Ontario Cancer Institute/Princess Margaret Cancer Center, ON, Canada 2013
日本癌学会奨励賞 第76回日本癌学会 2017

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
日本学術振興会特別研究員研究費 (DC2) 代表 Th1/Th2バランスを介した抗腫瘍免疫の誘導とそのメカニズム解析 2005/04/01〜2006/03/31
日本学術振興会特別研究員研究費 (PD) 代表 Th1/Th2バランスを介した抗腫瘍免疫の誘導とそのメカニズム解析 2006/04/01〜2007/03/31
日本学術振興会若手研究(B) 代表 担癌生体内における免疫抑制解除理論に基づいたタイプ1型癌免疫治療法の開発 2007/04/01〜2009/03/31
京都大学若手研究者スタートアップ研究費 代表 抗PD-1抗体による腫瘍拒絶機構の解明 2015/04/01〜2016/03/31
日本学術振興会研究活動スタート支援 代表 抗PD-1抗体による抗腫瘍免疫応答の解明 2015/04/01〜2017/03/31
日本学術振興会若手研究(A) 代表 PD-1 シグナル阻害によるTreg による免疫抑制解除と抗腫瘍免疫活性化の機序解 2016/04/01〜2020/03/31
挑戦的研究(萌芽) 代表 生体内がん排除システムに基づいたPD-1抗体治療感受性決定遺伝子の同定と機能解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(A) 代表 PD-1シグナル阻害によるTregの免疫抑制解除と抗腫瘍免疫活性化の機序解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
挑戦的研究(萌芽) 代表 生体内がん排除システムに基づいたPD-1抗体治療感受性決定遺伝子の同定と機能解析 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
若手研究(A) 代表 PD-1シグナル阻害によるTregの免疫抑制解除と抗腫瘍免疫活性化の機序解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
北海道大学クラーク記念財団 茶本健司 Th1/Th2バランスを介した抗腫瘍免疫の誘導とそのメカニズム解析 2005/04/01〜2006/03/31
秋山財団研究助成金 茶本健司 原発性上皮癌モデルを用いた新たな腫瘍免疫抑制機構の解明とその治療法の開発 2008/04/01〜2009/03/31
財団法人大阪癌研究会一般学術助成金 茶本健司 TGF-β抗産生型上皮癌によるTregを介した癌免疫抑制機構の解明 2008/04/01〜2009/03/31
財団法人上原記念生命科学財団研究奨励金 茶本健司 北海道大学遺伝子病制御研究所、癌幹細胞の免疫抑制機構の解明とそれに基づいた新規癌免疫治療法の開発 2008/04/01〜2010/03/31
公益財団法人細胞化学研究財団 茶本健司 初期PD-1抗体治療時の所属リンパ節での癌特異的キラーT細胞増幅の重要性 2016/04/01〜2017/03/31
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
Immune checkpoint阻害剤 Immune checkpoint inhibitor 不定期 近畿大学 医学部内科学教室腫瘍内科部門 2016/04/01〜2017/03/31
腫瘍免疫(基礎) 近畿大学 医学部 2019/04/01〜2020/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験施設運営委員会 2015/04/01〜2019/03/31