飯國 慎平

最終更新日時: 2019/06/17 13:06:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
飯國 慎平/イイクニ シンペイ/Iikuni, Shimpei
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
薬学研究科/薬学専攻病態機能解析学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
薬学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(薬学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000025207
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
放射線科学 Radiation science
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Iikuni S, Tanimura K, Watanabe H, Shimizu Y, Saji H, Ono M Iikuni S, Tanimura K, Watanabe H, Shimizu Y, Saji H, Ono M Iikuni S, Tanimura K, Watanabe H, Shimizu Y, Saji H, Ono M Development of the <sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complex as a Probe Targeting Carbonic Anhydrase IX. Development of the <sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complex as a Probe Targeting Carbonic Anhydrase IX. Development of the <sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complex as a Probe Targeting Carbonic Anhydrase IX. Molecular pharmaceutics, 16, 4, 1489-1497 Molecular pharmaceutics, 16, 4, 1489-1497 Molecular pharmaceutics, 16, 4, 1489-1497 2019/04 公開
Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Yoichi Shimizu, Kohei Sano, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Yoichi Shimizu, Kohei Sano, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Yoichi Shimizu, Kohei Sano, Hideo Saji Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with<sup>111</sup>In- and<sup>90</sup>Y-labeled ureidosulfonamide scaffold for SPECT imaging and radionuclide-based therapy Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with<sup>111</sup>In- and<sup>90</sup>Y-labeled ureidosulfonamide scaffold for SPECT imaging and radionuclide-based therapy Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with<sup>111</sup>In- and<sup>90</sup>Y-labeled ureidosulfonamide scaffold for SPECT imaging and radionuclide-based therapy Theranostics, 8, 2992-3006 Theranostics, 8, 2992-3006 Theranostics, 8, 2992-3006 2018/04 公開
Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Keiichi Tanimura, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Keiichi Tanimura, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Keiichi Tanimura, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hideo Saji Synthesis and biological evaluation of novel technetium-99m-labeled phenylquinoxaline derivatives as single photon emission computed tomography imaging probes targeting β-amyloid plaques in Alzheimer's disease Synthesis and biological evaluation of novel technetium-99m-labeled phenylquinoxaline derivatives as single photon emission computed tomography imaging probes targeting β-amyloid plaques in Alzheimer's disease Synthesis and biological evaluation of novel technetium-99m-labeled phenylquinoxaline derivatives as single photon emission computed tomography imaging probes targeting β-amyloid plaques in Alzheimer's disease RSC Advances, 7, 20582-20590 RSC Advances, 7, 20582-20590 RSC Advances, 7, 20582-20590 2017/01 公開
Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masafumi Ihara, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masafumi Ihara, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masafumi Ihara, Hideo Saji Novel bivalent<sup>99m</sup>Tc-Complexwith n-methyl-substituted hydroxamamide as probe for imaging of cerebral amyloid angiopathy Novel bivalent<sup>99m</sup>Tc-Complexwith n-methyl-substituted hydroxamamide as probe for imaging of cerebral amyloid angiopathy Novel bivalent<sup>99m</sup>Tc-Complexwith n-methyl-substituted hydroxamamide as probe for imaging of cerebral amyloid angiopathy PLoS ONE, 11 PLoS ONE, 11 PLoS ONE, 11 2016/09 公開
Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Hiroyuki Kimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Hiroyuki Kimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Hiroyuki Kimura, Hatsue Ishibashi-Ueda, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Imaging of Cerebral Amyloid Angiopathy with Bivalent<sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complexes Imaging of Cerebral Amyloid Angiopathy with Bivalent<sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complexes Imaging of Cerebral Amyloid Angiopathy with Bivalent<sup>99m</sup>Tc-Hydroxamamide Complexes Scientific Reports, 6 Scientific Reports, 6 Scientific Reports, 6 2016/05 公開
Kenji Matsumura, Masahiro Ono, Ayane Kitada, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Kenji Matsumura, Masahiro Ono, Ayane Kitada, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Kenji Matsumura, Masahiro Ono, Ayane Kitada, Hiroyuki Watanabe, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Structure-Activity Relationship Study of Heterocyclic Phenylethenyl and Pyridinylethenyl Derivatives as Tau-Imaging Agents That Selectively Detect Neurofibrillary Tangles in Alzheimers Disease Brains Structure-Activity Relationship Study of Heterocyclic Phenylethenyl and Pyridinylethenyl Derivatives as Tau-Imaging Agents That Selectively Detect Neurofibrillary Tangles in Alzheimers Disease Brains Structure-Activity Relationship Study of Heterocyclic Phenylethenyl and Pyridinylethenyl Derivatives as Tau-Imaging Agents That Selectively Detect Neurofibrillary Tangles in Alzheimers Disease Brains Journal of Medicinal Chemistry, 58, 7241-7257 Journal of Medicinal Chemistry, 58, 7241-7257 Journal of Medicinal Chemistry, 58, 7241-7257 2015/09 公開
Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Kimura, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Hideo Saji Synthesis and biological evaluation of<sup>123</sup>I-labeled pyridyl benzoxazole derivatives: Novel β-amyloid imaging probes for single-photon emission computed tomography Synthesis and biological evaluation of<sup>123</sup>I-labeled pyridyl benzoxazole derivatives: Novel β-amyloid imaging probes for single-photon emission computed tomography Synthesis and biological evaluation of<sup>123</sup>I-labeled pyridyl benzoxazole derivatives: Novel β-amyloid imaging probes for single-photon emission computed tomography RSC Advances, 5, 1009-1015 RSC Advances, 5, 1009-1015 RSC Advances, 5, 1009-1015 2015/01 公開
Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Masashi Yoshimura, Kenji Matsumura, Hiroyuki Kimura, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Masashi Yoshimura, Kenji Matsumura, Hiroyuki Kimura, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Shimpei Iikuni, Masashi Yoshimura, Kenji Matsumura, Hiroyuki Kimura, Hideo Saji A<sup>68</sup>Ga complex based on benzofuran scaffold for the detection of β-amyloid plaques A<sup>68</sup>Ga complex based on benzofuran scaffold for the detection of β-amyloid plaques A<sup>68</sup>Ga complex based on benzofuran scaffold for the detection of β-amyloid plaques Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 24, 4834-4837 Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 24, 4834-4837 Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 24, 4834-4837 2014/10 公開
Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Naoya Harada, Hiroyuki Kimura, Morio Nakayama, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Naoya Harada, Hiroyuki Kimura, Morio Nakayama, Hideo Saji Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Naoya Harada, Hiroyuki Kimura, Morio Nakayama, Hideo Saji Enhancement of binding affinity for amyloid aggregates by multivalent interactions of <sup>99m</sup>Tc-hydroxamamide complexes Enhancement of binding affinity for amyloid aggregates by multivalent interactions of <sup>99m</sup>Tc-hydroxamamide complexes Enhancement of binding affinity for amyloid aggregates by multivalent interactions of <sup>99m</sup>Tc-hydroxamamide complexes Molecular Pharmaceutics, 11, 1132-1139 Molecular Pharmaceutics, 11, 1132-1139 Molecular Pharmaceutics, 11, 1132-1139 2014/04 公開
Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Hiroyuki Kimura, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Hiroyuki Kimura, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Hiroyuki Kimura, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Novel radioiodinated 1,3,4-oxadiazole derivatives with improved in vivo properties for SPECT imaging of β-amyloid plaques Novel radioiodinated 1,3,4-oxadiazole derivatives with improved in vivo properties for SPECT imaging of β-amyloid plaques Novel radioiodinated 1,3,4-oxadiazole derivatives with improved in vivo properties for SPECT imaging of β-amyloid plaques MedChemComm, 5, 82-85 MedChemComm, 5, 82-85 MedChemComm, 5, 82-85 2014/01 公開
Masahiro Ono, Yan Cheng, Hiroyuki Kimura, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Masahiro Ono, Yan Cheng, Hiroyuki Kimura, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Masahiro Ono, Yan Cheng, Hiroyuki Kimura, Hiroyuki Watanabe, Kenji Matsumura, Masashi Yoshimura, Shimpei Iikuni, Yoko Okamoto, Masafumi Ihara, Ryosuke Takahashi, Hideo Saji Development of Novel<sup>123</sup>I-Labeled Pyridyl Benzofuran Derivatives for SPECT Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Disease Development of Novel<sup>123</sup>I-Labeled Pyridyl Benzofuran Derivatives for SPECT Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Disease Development of Novel<sup>123</sup>I-Labeled Pyridyl Benzofuran Derivatives for SPECT Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Disease PLoS ONE, 8 PLoS ONE, 8 PLoS ONE, 8 2013/09 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
飯國 慎平 飯國 慎平 炭酸脱水酵素-IX高発現腫瘍イメージングを目的とした99mTc-ヒドロキサムアミド錯体の開発 炭酸脱水酵素-IX高発現腫瘍イメージングを目的とした99mTc-ヒドロキサムアミド錯体の開発 日本分子イメージング学会第14回総会・学術総会 日本分子イメージング学会第14回総会・学術総会 2019/05 公開
飯國 慎平, 渡邊 裕之, 志水 陽一, 佐治 英郎, 小野 正博 飯國 慎平, 渡邊 裕之, 志水 陽一, 佐治 英郎, 小野 正博 Shimpei Iikuni, Hiroyuki Watanabe, Yoichi Shimizu, Hideo Saji, Masahiro Ono Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with radiometallic chelate based on ureidosulfonamide Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with radiometallic chelate based on ureidosulfonamide Cancer radiotheranostics targeting carbonic anhydrase-IX with radiometallic chelate based on ureidosulfonamide The 10th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Science The 10th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Science The 10th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Science 2018/11 公開
飯國 慎平、渡邊裕之、志水陽一、佐治英郎、小野正博 飯國 慎平、渡邊裕之、志水陽一、佐治英郎、小野正博 Shimpei Iikuni 放射性金属薬剤を用いた炭酸脱水酵素-IX 高発現腫瘍に対する Radiotheranostics 放射性金属薬剤を用いた炭酸脱水酵素-IX 高発現腫瘍に対する Radiotheranostics 放射性金属薬剤を用いた炭酸脱水酵素-IX 高発現腫瘍に対する Radiotheranostics 第18回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第2回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 第18回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第2回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 第18回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第2回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 2018/09 公開
飯國 慎平, 小野 正博 飯國 慎平, 小野 正博 Shimpei Iikuni, Masahiro Ono 炭酸脱水酵素IXを標的とした新規Theranostics用金属キレートによる腫瘍低酸素領域の診断および治療 炭酸脱水酵素IXを標的とした新規Theranostics用金属キレートによる腫瘍低酸素領域の診断および治療 炭酸脱水酵素IXを標的とした新規Theranostics用金属キレートによる腫瘍低酸素領域の診断および治療 第77回日本癌学会学術総会 第77回日本癌学会学術総会 第77回日本癌学会学術総会 2018/09 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 志水陽一, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 志水陽一, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 志水陽一, 佐治英郎 炭酸脱水酵素‐IX高発現腫瘍の核医学イメージングを目的とした2価放射性ガリウム錯体の開発 炭酸脱水酵素‐IX高発現腫瘍の核医学イメージングを目的とした2価放射性ガリウム錯体の開発 炭酸脱水酵素‐IX高発現腫瘍の核医学イメージングを目的とした2価放射性ガリウム錯体の開発 日本薬学会第138年会, 138th, 2, ROMBUNNO.28W‐am02S-243 日本薬学会第138年会, 138th, 2, ROMBUNNO.28W‐am02S-243 日本薬学会第138年会, 138th, 2, ROMBUNNO.28W‐am02S-243 2018/03 日本語 公開
Iikuni Shimpei, Ono Masahiro Iikuni Shimpei, Ono Masahiro Iikuni Shimpei, Ono Masahiro Development of radiometallic chelate as cancer radiotheranostic agent targeting carbonic anhydrase-IX Development of radiometallic chelate as cancer radiotheranostic agent targeting carbonic anhydrase-IX Development of radiometallic chelate as cancer radiotheranostic agent targeting carbonic anhydrase-IX CANCER SCIENCE, 109, 734 CANCER SCIENCE, 109, 734 CANCER SCIENCE, 109, 734 2018/01 公開
飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、佐治英郎 飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、佐治英郎 Shimpei Iikuni 炭酸脱水酵素-IX を標的とした放射性金属薬剤によるがんの Radiotheranostics 炭酸脱水酵素-IX を標的とした放射性金属薬剤によるがんの Radiotheranostics 炭酸脱水酵素-IX を標的とした放射性金属薬剤によるがんの Radiotheranostics 第17回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第1回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 第17回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第1回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 第17回放射性医薬品・画像診断薬研究会/第1回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会 2017/09 公開
飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 佐治 英郎 炭酸脱水酵素-IXを標的とした111In/90Y錯体によるがんのRadiotheranostics 炭酸脱水酵素-IXを標的とした111In/90Y錯体によるがんのRadiotheranostics 炭酸脱水酵素-IXを標的とした111In/90Y錯体によるがんのRadiotheranostics 第57回日本核医学会学術総会, 54, Suppl., S198-S198 第57回日本核医学会学術総会, 54, Suppl., S198-S198 第57回日本核医学会学術総会, 54, Suppl., S198-S198 2017/09 日本語 公開
飯國 慎平, 小野 正博 飯國 慎平, 小野 正博 飯國 慎平, 小野 正博 炭酸脱水酵素-IXを標的としたがんのRadiotheranostics用放射性金属薬剤の開発 炭酸脱水酵素-IXを標的としたがんのRadiotheranostics用放射性金属薬剤の開発 炭酸脱水酵素-IXを標的としたがんのRadiotheranostics用放射性金属薬剤の開発 第76回日本癌学会学術総会, 76回, P-2329 第76回日本癌学会学術総会, 76回, P-2329 第76回日本癌学会学術総会, 76回, P-2329 2017/09 英語 公開
飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 佐治 英郎 Shimpei Iikuni, Masahiro Ono, Hiroyuki Watanabe, Hideo Saji Imaging of cerebral amyloid angiopathy with bivalent 99mTc-hydroxamamide complexes. Imaging of cerebral amyloid angiopathy with bivalent 99mTc-hydroxamamide complexes. Imaging of cerebral amyloid angiopathy with bivalent 99mTc-hydroxamamide complexes. The 10th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists The 10th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists The 10th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists 2017/05 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 佐治英郎 がんのRadiotheranosticsに資する炭酸脱水酵素‐IX結合放射性金属薬剤の開発 がんのRadiotheranosticsに資する炭酸脱水酵素‐IX結合放射性金属薬剤の開発 がんのRadiotheranosticsに資する炭酸脱水酵素‐IX結合放射性金属薬剤の開発 日本薬学会第137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.27P‐am12S-256 日本薬学会第137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.27P‐am12S-256 日本薬学会第137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.27P‐am12S-256 2017/03 日本語 公開
谷村圭一, 小野正博, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 谷村圭一, 小野正博, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 谷村圭一, 小野正博, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 99mTc‐ヒドロキサムアミド錯体を用いた炭酸脱水酵素IXに対する多価効果の検討 99mTc‐ヒドロキサムアミド錯体を用いた炭酸脱水酵素IXに対する多価効果の検討 99mTc‐ヒドロキサムアミド錯体を用いた炭酸脱水酵素IXに対する多価効果の検討 日本薬学会137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.26PA‐pm131S-281 日本薬学会137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.26PA‐pm131S-281 日本薬学会137年会, 137th, 2, ROMBUNNO.26PA‐pm131S-281 2017/03 日本語 公開
土井雄貴, 小野正博, 吉村優志, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 土井雄貴, 小野正博, 吉村優志, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 土井雄貴, 小野正博, 吉村優志, 飯國慎平, 渡邊裕之, 佐治英郎 αシヌクレイン選択的イメージングプローブの開発を目的とした新規オキシインドール誘導体の合成と評価 αシヌクレイン選択的イメージングプローブの開発を目的とした新規オキシインドール誘導体の合成と評価 αシヌクレイン選択的イメージングプローブの開発を目的とした新規オキシインドール誘導体の合成と評価 日本薬学会136年会, 136th, 2, ROMBUNNO.28AB‐AM405S-275 日本薬学会136年会, 136th, 2, ROMBUNNO.28AB‐AM405S-275 日本薬学会136年会, 136th, 2, ROMBUNNO.28AB‐AM405S-275 2016/03 日本語 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 北田彩音, 松吉康志, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 北田彩音, 松吉康志, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 北田彩音, 松吉康志, 佐治英郎 アルツハイマー病脳内タウのPETイメージングを目的とした新規<sup>18</sup>F標識ベンゾイミダゾピリジン誘導体の開発 アルツハイマー病脳内タウのPETイメージングを目的とした新規<sup>18</sup>F標識ベンゾイミダゾピリジン誘導体の開発 アルツハイマー病脳内タウのPETイメージングを目的とした新規<sup>18</sup>F標識ベンゾイミダゾピリジン誘導体の開発 日本薬学会136年会, 136th, ROMBUNNO.27L‐AM03S 日本薬学会136年会, 136th, ROMBUNNO.27L‐AM03S 日本薬学会136年会, 136th, ROMBUNNO.27L‐AM03S 2016 日本語 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 脳アミロイドアンギオパチーイメージングを目的とした新規2価<sup>99m</sup>Tc錯体の合成と評価 脳アミロイドアンギオパチーイメージングを目的とした新規2価<sup>99m</sup>Tc錯体の合成と評価 脳アミロイドアンギオパチーイメージングを目的とした新規2価<sup>99m</sup>Tc錯体の合成と評価 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 298 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 298 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 298 2015/09 日本語 公開
牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 岡沢秀彦, 清野泰 牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 岡沢秀彦, 清野泰 牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 岡沢秀彦, 清野泰 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2の自動合成 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2の自動合成 臨床研究に向けた新規βアミロイド斑イメージングトレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2の自動合成 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 273 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 273 第55回日本核医学会学術総会, 52, 3, 273 2015/09 日本語 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 脳アミロイドアンギオパチーの核医学分子イメージングを目的とした<sup>99m</sup>Tc標識ベンゾチアゾール誘導体の開発 脳アミロイドアンギオパチーの核医学分子イメージングを目的とした<sup>99m</sup>Tc標識ベンゾチアゾール誘導体の開発 脳アミロイドアンギオパチーの核医学分子イメージングを目的とした<sup>99m</sup>Tc標識ベンゾチアゾール誘導体の開発 日本薬学会135年会, 135th, ROMBUNNO.26W-PM19S 日本薬学会135年会, 135th, ROMBUNNO.26W-PM19S 日本薬学会135年会, 135th, ROMBUNNO.26W-PM19S 2015 日本語 公開
飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 飯國慎平, 小野正博, 渡邊裕之, 木村寛之, 佐治英郎 脳アミロイドアンギオパチーの核医学イメージングを目的とした2価<sup>99m</sup>Tc錯体の開発 脳アミロイドアンギオパチーの核医学イメージングを目的とした2価<sup>99m</sup>Tc錯体の開発 脳アミロイドアンギオパチーの核医学イメージングを目的とした2価<sup>99m</sup>Tc錯体の開発 第54回日本核医学会学術総会, 51, 3, 335 第54回日本核医学会学術総会, 51, 3, 335 第54回日本核医学会学術総会, 51, 3, 335 2014/09 日本語 公開
飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、佐治英郎 飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、佐治英郎 Shimpei Iikuni 2 価 99mTc 錯体を用いた脳アミロイドアンギオパチーの生体イメージング 2 価 99mTc 錯体を用いた脳アミロイドアンギオパチーの生体イメージング 2 価 99mTc 錯体を用いた脳アミロイドアンギオパチーの生体イメージング 第12回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム 第12回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム 第12回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム 2014/07 公開
牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 清野泰 牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 清野泰 牧野顕, 森哲也, 飯國慎平, 小野正博, 佐治英郎, 清野泰 βアミロイド斑イメージング用トレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2合成法の検討 βアミロイド斑イメージング用トレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2合成法の検討 βアミロイド斑イメージング用トレーサー,[<sup>18</sup>F]FBOX‐2合成法の検討 JSMI Rep, 7, 2, 123 JSMI Rep, 7, 2, 123 JSMI Rep, 7, 2, 123 2014/05/15 日本語 公開
飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 佐治 英郎 脳アミロイドアンギオパチーを標的とした生体分子イメージングプローブの開発 脳アミロイドアンギオパチーを標的とした生体分子イメージングプローブの開発 脳アミロイドアンギオパチーを標的とした生体分子イメージングプローブの開発 日本薬学会134年会, 134年会, 2, 255-255 日本薬学会134年会, 134年会, 2, 255-255 日本薬学会134年会, 134年会, 2, 255-255 2014/03 日本語 公開
飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、中山守雄、佐治英郎 飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、中山守雄、佐治英郎 Shimpei Iikuni アミロイド結合性の向上を目指した99mTc-ヒドロキサムアミド錯体の合成とその基礎的評価 アミロイド結合性の向上を目指した99mTc-ヒドロキサムアミド錯体の合成とその基礎的評価 アミロイド結合性の向上を目指した99mTc-ヒドロキサムアミド錯体の合成とその基礎的評価 第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会 第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会 第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2013/12 公開
渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 ピリジルベンゾオキサゾールを母核としたSPECT用βアミロイドイメージングプローブの開発 ピリジルベンゾオキサゾールを母核としたSPECT用βアミロイドイメージングプローブの開発 ピリジルベンゾオキサゾールを母核としたSPECT用βアミロイドイメージングプローブの開発 第53回日本核医学会学術総会, 50, 3, S250-S250 第53回日本核医学会学術総会, 50, 3, S250-S250 第53回日本核医学会学術総会, 50, 3, S250-S250 2013/09 日本語 公開
飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、中山守雄、佐治英郎 飯國 慎平、小野正博、渡邊裕之、木村寛之、中山守雄、佐治英郎 Shimpei Iikuni 新規2価99mTc-Ham錯体のアミロイド結合性の増強効果 新規2価99mTc-Ham錯体のアミロイド結合性の増強効果 新規2価99mTc-Ham錯体のアミロイド結合性の増強効果 第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム, 7, 2 第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム, 7, 2 第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム, 7, 2 2013/08 公開
飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 中山 守雄, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 中山 守雄, 佐治 英郎 飯國 慎平, 小野 正博, 渡邊 裕之, 木村 寛之, 中山 守雄, 佐治 英郎 アミロイド結合性の向上を目指した多価99mTc錯体の開発 アミロイド結合性の向上を目指した多価99mTc錯体の開発 アミロイド結合性の向上を目指した多価99mTc錯体の開発 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 327-327 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 327-327 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 327-327 2013/03 日本語 公開
渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 渡邊 裕之, 小野 正博, 飯國 慎平, 木村 寛之, 佐治 英郎 βアミロイドタンパク質のSPECTイメージングを目的とした新規123I標識ピリジルベンゾオキサゾール誘導体の開発 βアミロイドタンパク質のSPECTイメージングを目的とした新規123I標識ピリジルベンゾオキサゾール誘導体の開発 βアミロイドタンパク質のSPECTイメージングを目的とした新規123I標識ピリジルベンゾオキサゾール誘導体の開発 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 274-274 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 274-274 日本薬学会133年会, 133年会, 2, 274-274 2013/03 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本脳神経核医学研究会奨励賞 日本脳神経核医学研究会 2015/11/07
若手研究者奨励賞 日本薬学会物理系薬学部会 2014/07/15
日本薬学会第134年会優秀発表賞 日本薬学会 2014/03/31
日本分子イメージング学会第14回総会・学術集会優秀発表賞 日本分子イメージング学会 2019/05/24
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 診断・治療を融合するTheranostics用多機能低分子キレート医薬品の開発 2016/04/01〜2018/09/30
若手研究 代表 クマリンを基盤とした炭酸脱水酵素IX標的がんラジオセラノスティクス用薬剤の開発 2019/04/01〜2021/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
創薬物理化学エクササイズ2 Medicinal Physical Chemistry Exercise 2 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
創薬物理化学演習 Medicinal Physical Chemistry Seminar 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2019/04〜2020/03