山田 雅保

最終更新日時:2017/07/14 19:03:02

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
山田 雅保/ヤマダ マサヤス/Masayasu Yamada
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生物科学専攻動物遺伝増殖学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa-Oiwakecho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, kyoto 606-8502 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6059
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本畜産学会
日本繁殖生物学会
日本生殖医学会
日本卵子学会
日本胚移殖研究会
日本受精着床学会
関西畜産学会
日本生殖医学会関西支部集会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 岡山大学
医学博士 岡山大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
岡山大学 大学院農学研究科修士課程畜産学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
岡山大学 農学部畜産学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1978〜1992 医療法人創和会重井医学研究所 1978-1992 Shigei Medical research Institute, 主任研究員 Senior Researcher
プロフィール
(日本語)
岡山大学農学研究科修了後、医療法人重井医学研究所において、糸球体腎炎に関する研究を行った。その間、岡山大学医学部において鉄ニトリロ三酢酸による正常肝細胞のがん化誘導に関する研究で医学博士を取得し、さらにはカリフォルニア大学ロサンゼルス校分子生物学研究所でSV40ウイルスの形態形成に関する研究を行った。京都大学所属後、哺乳類の卵成熟や受精胚および体細胞核移植胚の発生に関する研究を行っている。
研究テーマ
(日本語)
哺乳類における受精胚の発生および休眠誘導ならびに体細胞核移植胚の初期化および発生に関する研究
研究概要
(日本語)
哺乳類卵母細胞の受精及び受精後の発生を調節する卵母細胞の細胞質成熟を促進する因子としてミッドカイン(MK)を同定し、MKの細胞質成熟促進機構の解明を行っている。また、マウス受精胚の初期発生、特に胚性ゲノムの活性化時期の発生を促進する因子の単離に成功している。この因子の構造解析と生理作用機構の解明を行っている。さらに、マウス胚盤胞の休眠誘導因子の同定やマウス体細胞核移植胚の初期化と発生のエピジェネティックス調節に関する研究を行っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
動物生殖学
発生工学
発生学
哺乳類
体細胞核移植
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用動物科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Miyamoto K, Tajima Y, Yoshida K, Oikawa M, Azuma R, Allen GE, Tsujikawa T, Tsukaguchi T, Bradshaw CR, Jullien J, Yamagata K, Matsumoto K, Anzai M, Imai H, Gurdon JB, Yamada M Reprogramming towards totipotency is greatly facilitated by synergistic effects of small molecules. Biol Open,6,4,415-424 2017/04 英語
山田 雅保 ウシ胚盤胞の休眠を誘導・維持できる体外培養法の開発に関する報告書 畜産生産に関する研究調査成果報告書,7,41-50 2017 日本語
Kawaguchi T, Cho D, Hayashi M, Tsukiyama T, Kimura K, Matsuyama S, Minami N, Yamada M, Imai H Derivation of Induced Trophoblast Cell Lines in Cattle by Doxycycline-Inducible piggyBac Vectors. PLoS One,11,12,e0167550 2016/12 英語
Kawaguchi T, Tsukiyama T, Kimura K, Matsuyama S, Minami N, Yamada M, Imai H Generation of Naïve Bovine Induced Pluripotent Stem Cells Using PiggyBac Transposition of Doxycycline-Inducible Transcription Factors. PLoS One,10,8,1371 2015/08 英語
Sahare M, Kim SM, Otomo A, Komatsu K, Minami N, Yamada M, Imai H Factors supporting long-term culture of bovine male germ cells Reprod Fertil Dev 2015/07 英語
M. Sahare, A. Otomo, K. Komatsu, N. Minami, M. Yamada, H. Imai The role of signaling pathways on proliferation and self-renewal of cultured bovine primitive germ cells. Reprod. Med. Biol.,14,17-25 2015 英語
Isaji Y, Yoshida K, Imai H, Yamada M An intracytoplasmic injection of deionized bovine serum albumin immediately after somatic cell nuclear transfer enhances full-term development of cloned mouse embryos. J Reprod Dev,61,6,503-510 2015 英語
S. Ikeda; M. Yamada Midkine and cytoplasmic maturation of mammalian oocytes in the context of ovarian follicle physiology British Journal of Pharmacology,171,4,827-836 2014/02 英語
S.-M. Kim; M. Fujihara; M. Sahare; N. Minami; M. Yamada; H. Imai, Effects of extracellular matrices and lectin Dolichos biflorus agglutinin on cell adhesion and self-renewal of bovine gonocytes cultured in vitro Reproduction, Fertility and Development,26,2,268-281 2014 英語
S. Ikeda and M. Yamada Midkine and cytoplasmic maturation of mammalian oocytes in the context of ovarian follicle physiology. Br J Pharmacol., doi: 10.1111/bph.12311., Review 2013/07/25 英語
Y. Isaji; M. Murata; N. Takaguchi; T. Mukai; Y. Tajima; H. Imai; M. Yamada Valproic acid treatment from the 4-cell stage improves oct4 expression and nuclear distribution of histone H3k27me3 in mouse cloned blastocysts Journal of Reproduction and Development,59,2,196-204 2013/04 英語
S.-M. Kim; M. Fujihara; M. Sahare; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Effects of extracellular matrices and lectin Dolichos biflorus agglutinin on cell adhesion and self-renewal of bovine gonocytes cultured in vitro Reproduction, Fertility and Development,26,2,268-281 2013 英語
伊佐治優希;村田萌子;田島陽介;今井裕;山田雅保 ノコダゾール処理除核卵母細胞由来マウス体細胞核移植胚の発生に及ぼすスクリプタイドの効果 日本はい移植学雑誌,34,3,117-127 2012/10/31 日本語
T. Tsukiyama; R. Asano; T. Kawaguchi; N. Kim; M. Yamada; N. Minami; Y. Ohinata; H. Imai Simple and efficient method for generation of induced pluripotent stem cells using piggyBac transposition of doxycycline-inducible factors and an EOS reporter system Genes to Cells,16,7,815-825 2011/07 英語
M. Fujihara; S.-M. Kim; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Characterization and in vitro culture of male germ cells from developing bovine testis Journal of Reproduction and Development,57,3,355-364 2011/06 英語
M. Yamada; Y. Isaji Structural and functional changes linked to, and factors promoting, cytoplasmic maturation in mammalian oocytes Reproductive Medicine and Biology,10,2,69-79 2011 英語
N. Kioka; T. Ito; H. Yamashita; N. Uekawa; T. Umemoto; S. Motoyoshi; H. Imai; K. Takahashi; H. Watanabe; M. Yamada; K. Ueda Crucial role of vinexin for keratinocyte migration in vitro and epidermal wound healing in vivo Experimental Cell Research,316,10,1728-1738 2010/06/10 英語
K. Miyamoto; T. Tsukiyama; Y. Yang; N. Li; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Cell-free extracts from mammalian oocytes partially induce nuclear reprogramming in somatic cells Biology of Reproduction,80,5,935-943 2009/05 英語
S. Goel; M. Fujihara; K. Tsuchiya; Y. Takagi; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Multipotential ability of primitive germ cells from neonatal pig testis cultured in vitro Reproduction, Fertility and Development,21,5,696-708 2009 英語
K. Miyamoto; T. Yamashita; T. Tsukiyama; N. Kitamura; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Reversible membrane permeabilization of mammalian cells treated with digitonin and its use for inducing nuclear reprogramming by Xenopus egg extracts Cloning and Stem Cells,10,4,535-542 2008/12 英語
S. Goel; M. Fujihara; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Expression of NANOG, but not POU5F1, points to the stem cell potential of primitive germ cells in neonatal pig testis Reproduction,135,6,785-795 2008/06 英語
大石理恵子;今井裕;山田雅保 卵母細胞の成熟に関する最近の知見 日本はい移植学雑誌,30,2,87-98 2008/05/16 日本語
M. Fujihara; S. Goel; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Cryopreservation in liquid nitrogen of gonocytes from neonatal porcine testes stored at 4°C Reproductive Medicine and Biology,7,4,153-160 2008 日本語
K. Miyamoto; T. Furusawa; M. Ohnuki; S. Goel; T. Tokunaga; N. Minami; M. Yamada; K. Ohsumi; H. Imai Reprogramming events of mammalian somatic cells induced by Xenopus laevis egg extracts Molecular Reproduction and Development,74,10,1268-1277 2007/10 英語
S. Goel; M. Sugimoto; N. Minami; M. Yamada; S. Kume; H. Imai Identification, isolation, and in vitro culture of porcine gonocytes Biology of Reproduction,77,1,127-137 2007/07 英語
K. Miyamoto; Y. Hoshino; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Effects of synchronization of donor cell cycle on embryonic development and DNA synthesis in porcine nuclear transfer embryos Journal of Reproduction and Development,53,2,237-246 2007/04 英語
M. Ji; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Effect of protopanaxatriol saponin on spermatogenic stem cell survival in busulfan-treated male mice Reproductive Medicine and Biology,6,2,99-108 2007 英語
S. Ikeda; K. Saeki; H. Imai; M. Yamada Abilities of cumulus and granulosa cells to enhance the developmental competence of bovine oocytes during in vitro maturation period are promoted by midkine; a possible implication of its apoptosis suppressing effects Reproduction,132,4,549-557 2006/10 英語
S. Ikeda; M. Kitagawa; H. Imai; M. Yamada The roles of vitamin A for cytoplasmic maturation of bovine oocytes Journal of Reproduction and Development,51,1,23-35 2005/02 英語
Y. Hoshino; M. Uchida; Y. Shimatsu; M. Miyake; Y. Nagao; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Developmental competence of somatic cell nuclear transfer embryos reconstructed from oocytes matured in vitro with follicle shells in miniature pig Cloning and Stem Cells,7,1,17-26 2005 英語
S. Ikeda; H. Imai; M. Yamada Apoptosis in cumulus cells during in vitro maturation of bovine cumulus-enclosed oocytes Reproduction,125,3,369-376 2003/03 英語
T. Azuma; T. Kondo; S. Ikeda; H. Imai; M. Yamada Effects of EDTA saturated with Ca<sup>2+</sup> (Ca-EDTA) on pig, bovine and mouse oocytes at the germinal vesicle stage during maturation culture and the involvement of chelation of Zn<sup>2+</sup> in pronuclear formation induction by Ca-EDTA Reproduction,124,2,235-240 2002/08 英語
S. Kurosaka; Y. Nagao; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Dependence of DNA synthesis and in vitro development of bovine nuclear transfer embryos on the stage of the cell cycle of donor cells and recipient cytoplasts Biology of Reproduction,67,2,643-647 2002/08 英語
T. Matsukawa; S. Ikeda; H. Imai; M. Yamada Alleviation of the two-cell block of ICR mouse embryos by polyaminocarboxylate metal chelators Reproduction,124,1,65-71 2002/07 英語
A. Nishikimi; J. Mukai; S. Ikeda; M. Yamada Nuclear translocation of a pre-mRNA splicing Factor, p100<sup>prp1/zer1/prP6</sup>, in Mouse 1-cell Embryos Journal of Reproduction and Development,48,3,257-263 2002/06 英語
A. Nishikimi; T. Matsukawa; K. Hoshino; S. Ikeda; Y. Kira; E.F. Sato; M. Inoue; M. Yamada Localization of nitric oxide synthase activity in unfertilized oocytes and fertilized embryos during preimplantation development in mice Reproduction,122,6,957-963 2001/12 英語
T. Azuma; S. Ikeda; T. Kondo; H. Imai; M. Yamada Ethylenediamine-N,N,N\\',N\\'-tetraacetic acid induces parthenogenetic activation of porcine oocytes at the germinal vesicle stage, leading to formation of blastocysts Biology of Reproduction,64,2,647-653 2001/02 英語
A. Nishikimi; N. Uekawa; M. Yamada Involvement of glycolytic metabolism in developmental inhibition of rat two-cell embryos by phosphate Journal of Experimental Zoology,287,7,503-509 2000/12/01 英語
S. Hashimoto; N. Minami; R. Takakura; M. Yamada; H. Imai; N. Kashima Low oxygen tension during in vitro maturation is beneficial for supporting the subsequent development of bovine cumulus-Oocyte complexes Molecular Reproduction and Development,57,4,353-360 2000/12 英語
S. Ikeda; K. Ichihara-Tanaka; T. Azuma; T. Muramatsu; M. Yamada Effects of midkine during in vitro maturation of bovine oocytes on subsequent developmental competence Biology of Reproduction,63,4,1067-1074 2000/10 英語
S. Ikeda; A. Nishikimi; K. Ichihara-Tanaka; T. Muramatsu; M. Yamada cDNA cloning of bovine midkine and production of the recombinant protein, which affects in vitro maturation of bovine oocytes Molecular Reproduction and Development,57,1,99-107 2000/09 英語
S. Hashimoto; N. Minami; M. Yamada; H. Imai Excessive concentration of glucose during in vitro maturation impairs the developmental competence of bovine oocytes after in vitro fertilization: Relevance to intracellular reactive oxygen species and glutathione contents Molecular Reproduction and Development,56,4,520-526 2000/08 英語
S. Hashimoto; R. Takakura; M. Yoshinari; N. Minami; M. Yamada; H. Imai; N. Kashima Relationship between the Responsiveness to Multiple-ovulation Treatment and the Number of Bovine Oocytes Collected by Transvaginal Follicle Aspiration Journal of Veterinary Medical Science,62,6,647-650 2000/06 英語
山田 雅保 Effect of recombinant bovine midkine during in vitro maturation of bovine oocytes on subsequent developmental competence (共著) Theriogenology,53/1,455 2000 英語
山田 雅保 Serum-free culture of murine primordial germ cells and embryonic germ cells. (共著) Theriogenology,53/1,219 2000 英語
M. Yamada; A. Nishikimi Inhibitory effect of phosphate on in vitro development of 2-cell rat embryos is overcome by a factor(s) in oviductal extracts FEBS Letters,462,1-2,71-74 1999/11/26 英語
A. Nishikimi; J. Mukai; N. Kioka; M. Yamada A novel mammalian nuclear protein similar to Schizosaccharomyces pombe Prp1p/Zer1p and Saccharomyces cerevisiae Prp6p pre-mRNA splicing factors Biochimica et Biophysica Acta - Protein Structure and Molecular Enzymology,1435,1-2,147-152 1999/11/16 英語
S. Hashimototo; R. Takakura; N. Minami; M. Yamada Ultrasound-guided follicle aspiration: Effect of the frequency of a linear transvaginal probe on the collection of bovine oocytes Theriogenology,52,1,131-138 1999/07/01 英語
A. Nishikimi; J. Mukai; M. Yamada Nuclear translocation of nuclear factor kappa B in early 1-cell mouse embryos Biology of Reproduction,60,6,1536-1541 1999/06 英語
S. Hashimoto; R. Takakura; M. Kishi; T. Sudo; N. Minami; M. Yamada Ultrasound-guided follicle aspiration: The collection of bovine cumulus- oocyte complexes from ovaries of slaughtered or live cows Theriogenology,51,4,757-765 1999/03 英語
H. Iwata; S. Akamatsu; N. Minami; M. Yamada Allopurinol, an inhibitor of xanthine oxidase, improves the development of IVM/IVF bovine embryos (>4 cell) in vitro under certain culture conditions Theriogenology,51,3,613-622 1999/02 英語
上川奈都子;南直治郎;山田雅保 マウス8細胞期はいに導入されたES細胞の局在 日本はい移植学雑誌,21,1,1-6 1999/01/16 英語
S. Ikeda; T. Azuma; S. Hashimoto; M. Yamada In vitro maturation of bovine oocytes with fractions of bovine follicular fluid separated by heparin affinity chromatography Journal of Reproduction and Development,45,6,397-404 1999 英語
T. Fukada; N. Kioka; J. Nishiu; S. Sakata; Hiroshi Sakai; M. Yamada; T. Komano Different response to inflammation of the multiple mRNAs of rat N-acetylglucosaminyltransferase I with variable 5\\'-untranslated sequences FEBS Letters,436,2,228-232 1998/10/02 英語
H. Iwata; S. Akamatsu; N. Minami; M. Yamada Effects of antioxidants on the development of bovine IVM/IVF embryos in various concentrations of glucose Theriogenology,50,3,365-375 1998/08 英語
S. Hashimoto; K. Saeki; Y. Nagao; N. Minami; M. Yamada; K. Utsumi Effects of cumulus cell density during in vitro maturation on the developmental competence of bovine oocytes Theriogenology,49,8,1451-1463 1998/06 英語
S. Hashimoto; K. Saeki; Y. Nagao; N. Minami; M. Yamada; K. Utsumi Erratum: Effects of cumulus cell density during in vitro maturation on the developmental competence of bovine oocytes (An International Journal of Animal Reproduction (1998) 49 (1451-1463)) Theriogenology,50,2,334-335 1998 英語
A. Nishikimi; M. Yamada; N. Minami; K. Utsumi Evaluation of acrosomal status of bovine spermatozoa using concanavalin a lectin Theriogenology,48,6,1007-1016 1997/10/15 英語
山田 雅保 近未来に向けての動物発生工学 化学と生物,35,3,229-233 1997/03/25 日本語
K.S. Kim; N. Minami; M. Yamada; K. Utsumi Follicular cells affect the fertilizability and developmental competency of bovine oocytes in vitro Reproduction, Fertility and Development,9,8,763-766 1997 英語
山田 雅保 Effect of Passive Immunization on Growth of Follicles and Subsequent Superovulatory Response in Japanese Black Cattle Theriogenology,47/1,181 1997 英語
山田 雅保 Identification of an Oviduct Derived Promoting Activity for Invitro Development of Rat Embryos Theriogenology,47/1,339 1997 英語
Y. Fujitani; K. Kasai; S. Ohtani; K. Nishimura; M. Yamada; K. Utsumi Effect of Oxygen Concentration and Free Radicals on in Vitro Development of in Vitro-Produced Bovine Embryos Journal of Animal Science,75,2,483-489 1997 英語
山田 雅保 Effects of oxygen tension, free radicals and hypotaurine on development of in vitro-derived bovine embryos Theriogenology,45/1,210 1996 英語
山田 雅保 Functional role of cumulus cells during maturation in development of in vitro matured and fertilized bovine oocytes Theriogenology,46/1,278 1996 英語
山田 雅保 Effects of PHA-P lectin on in vitro development of l-cell rat embryos Theriogenology,43/1,359 1995 英語
N. Ishii; A. Nakanishi; M. Yamada; M.H. Macalalad; H. Kasamatsu Functional complementation of nuclear targeting-defective mutants of simian virus 40 structural proteins Journal of Virology,68,12,8209-8216 1994/12 英語
N. Minami; H. Kato; Y. Inoue; M. Yamada; K. Utsumi; A. Iritani Nonspecies-specific effects of mouse oviducts on the development of bovine IVM/IVF embryos by a serum free co-culture Theriogenology,41,7,1435-1445 1994/05 英語
M. Yamada; H. Kasamatsu Role of nuclear pore complex in simian virus 40 nuclear targeting Journal of Virology,67,1,119-130 1993/01 英語
M. Kawaguchi; M. Yamada; S. Kawaguchi; K. Ohshima; C. Moritoh; H. Wada Rapid and severe proteinuria induced in rats by antibody against cultured rat glomerular epithelial cells. Journal of Clinical and Laboratory Immunology,40,2,77-89 1993 英語
山田 雅保 PVP生理食塩水で溶解したFSHの皮下1回投与によるウサギの過剰排卵誘起法 家畜繁殖学技術研究会誌,15/2,55-59 1993 日本語
山田 雅保 Superovulation in a rabbit by a single intrasubcutaneous injection of FSH with PVP saline Japanese Journal of Animal Reproductive Technology,15/2,55-59 1993 英語
細田誠;井上ゆか;加藤博己;細井美彦;山田雅保;内海恭三 ウシ核移植はいの発育に及ぼす電気的再活性化処理の影響 家畜繁殖技術研究会誌,14,3,185-188 1992/09 英語
M. Kawaguchi; M. Yamada; H. Wada; T. Okigaki Roles of active oxygen species in glomerular epithelial cell injury in vitro caused by puromycin aminonucleoside Toxicology,72,3,329-340 1992 英語
山田 雅保 ウシ核移植胚の発育に及ぼす電気的再活性化処理の影響 家畜繁殖技術研究会誌,14/3,185-188 1992 日本語
M. Yamada; C. Moritoh; T. Okigaki Ferric cacodylate efficiently stimulates growth of rat renal glomerular epithelial cells in vitro Cytotechnology,3,3,245-251 1990 英語
M. Yamada; M. Awai; T. Okigaki Rapid in vitro transformation system for liver epithelial cells by iron chelate, Fe-NTA Cytotechnology,3,2,149-156 1990 英語
山田 雅保 ラット腎系球体上皮細胞長期培養株(SGEI)の性状とその系球体腎炎病理学研究への適用 ,8/ 1990 日本語
M. Yamada; C. Moritoh; M. Kawaguchi; T. Okigaki Growth, morphology, function, and morphogenetic properties of rat renal glomerular epithelial cells in vitro: Effects of retinyl acetate European Journal of Cell Biology,49,2,252-258 1989/08 英語
M. Yamada; M. Kawaguchi; H. Takamiya; H. Wada; T. Okigaki Establishment and characterization of an epithelial cell line, SGE1, from isolated rat renal glomeruli Cell Structure and Function,13,6,495-513 1988/12 英語
M. Yamada; T. Okigaki; M. Awai Role of superoxide radicals in cytotoxic effects of Fe-NTA on cultured normal liver epithelial cells Cell Structure and Function,12,5,407-420 1987/10 英語
M. Yamada; T. Okigaki; M. Awai Adhesion and growth of rat liver epithelial cells on an extracellular matrix with proteins from fibroblast conditioned medium Cell Structure and Function,12,1,53-62 1987/02 英語
M. Yamada; T. Okigaki; M. Awai Enhancing effects of bovine serum albumin on cell injury in vitro induced with Fe-NTA Cell Biology International Reports,11,10,707-716 1987 英語
山田 雅保 Adhesion-promoting factor from embryonic fibroblasts for normal liver epithelial cells European Journal of cell Biology,43/ 1987 英語
M. Yamada; T. Okigaki Promotion of epithelial cell adhesion on collagen by proteins from rat embryo fibroblasts Cell Biology International Reports,7,12,1115-1121 1983 英語
T. Okigaki; M. Yamada; N. Ikegami Growth regulation of liver epithelial cells by proteins from fibroblasts and dexamethasone In Vitro,18,3 II,No. 46 1982 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
山田 雅保 マウス子宮内あるいは体外培養での胚盤胞の休眠誘導によるウシ体外受精由来凍結胚盤胞の受胎率向上技術の開発に関する報告書 平成26年度 畜産生産に関する研究調査成果報告書,5,21-29 2015 日本語
山田 雅保 ウシ胚盤胞の休眠を誘導・維持できる体外培養法の開発に関する報告書 平成27年度畜産生産に関する研究調査成果報告書,6,31-41 2015 日本語
山田 雅保 ウシ胚盤胞のマウス子宮内あるいは体外培養における休眠誘導の可能性 平成25年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,32,131-135 2014 日本語
山田 雅保 胚盤胞の休眠誘導によるウシ体外受精および凍結胚盤胞の受胎率向上技術の開発の研究に関する報告書 平成26年度 畜産生産に関する研究調査成果報告書,4,11-17 2014 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, M. Oikawa, R. Azuma, M. Mori, Y. Imasato, G.E. Allen, T. Tsujikawa, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, J. Jullien, K. Yamagata, K. Matsumoto, M. Anzai, H. Imai, J.B. Gurdon, and M. Yamada Efficient nuclear reprogramming of somatic cells towards totipotency is supported by synergistic effects of small molecules. the 50th annual meeting of Japan Society of Developmental Biologists 2017/05
後藤奈々、向井利太、高口尚也、田島陽介、今井裕、山田雅保 マウス体外培養遅延着床胚盤胞の産仔への発生に及ぼす非必須アミノ酸とスレオニンの効果 第106回日本繁殖生物学会 2013/09/12 日本語
古田侑吾、川口高正、南直治郎、山田雅保、稲葉俊夫、今井裕 イエネコ体細胞を用いた人工多能性幹細胞の誘導 平成25年度〔第63回〕関西畜産学会大会 2013/09/06 日本語
M. G. Sahare, A. Otomo, S.M. Kim, K. Komatsu, N. Minami, M. Yamada, H. Imai Mitogen activated protein kinase (MAPK) signaling is indispensable for maintaining self renewal and proliferation of bovine male germ stem cells in culture. 46th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction 2013/07/23 英語
川口 高正、南 直治郎、山田 雅保、木村 康二、今井 裕 ウシにおけるマウスES細胞様iPS細胞の樹立の試み 第1回 関西生殖医学集談会 2013/03/02 日本語
伊佐治優希、田島陽介、今井裕、山田雅保 脱イオン化ウシ血清アルブミンのマウス体細胞核移植胚への注入は、その胚盤胞への発生およびヒストンアセチル化を促進する 第105回日本繁殖生物学会大会 2012/09/08 日本語
田島陽介、伊佐治優希、今井裕、山田雅保 マウス体細胞核移植胚の着床前発生に及ぼすビタミンCの効果 第105回日本繁殖生物学会大会 2012/09/08 日本語
T. Kawaguchi, T. Tsukiyama, N. Minami, M. Yamada and K. Kimura and H. Imai Transdifferentiation of bovine aminion cells into trophoblast-like cells using piggyBac transposition of doxycycline-inducible reprogramming factors Satellite symposium to the International Congress on Animal Reproduction (ICAR) 2012/07 英語
T. Kawaguchi, R. Asano, Tsukiyama. T, N. Minami, M. Yamada, S. Hatoya, K. Sugiura, T. Inaba and H. Imai Derivation of murine-ES-cell like iPS cells in canine under the EOS reporter system International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 2012/06 英語
伊佐治優希;西川智章;今井裕;山田雅保 脱イオン化ウシ血清アルブミンのマウス体細胞核移植胚への注入はその胚盤胞への発生を促進する 日本畜産学会大会講演要旨,115th,207 2012/03/28 日本語
Kim SM, Fujihara M, Goel S, Suzuki S, Minami N, Yamada M and Imai H Determination of distinct germ cell commitment by the specific affinity of the lectin dba during early development of gonocytes in neonatal mice testis International Congress of Animal Reproduction 2012 英語
Kim SM, Fujihara M, Goel S, Suzuki S, Minami N, Yamada M and Imai H Glycan epitopes involve in germ cell differentiation during early development of neonatal mice testis 4th Congress of the Asia Pacific Initiaive on Reproduction 2012 英語
Luong PQ, Matsumoto M, Suzuki S, Kitamura N, Miyamoto K, Minami N, Yamada M and Imai H The roles of Hsp90 in reprogramming process in mouse preimplantation embryonic development CiRA International Symposium 2012 英語
高口尚也、向井利太、伊佐治優希、今井裕、山田雅保 ウシ血清アルブミン中の混入物質が体外培養におけるマウス胚盤胞の長期的形態及び機能維持に及ぼす効果 第104回日本繁殖生物学会大会 2011/09/16 日本語
伊佐治優希、村田萌子、高口尚也、今井裕、山田雅保 活性化後のバルプロ酸処理がマウス体細胞核移植胚の胚盤胞への発生およびOct4の発現に及ぼす影響 第104回日本繁殖生物学会大会 2011/09/15 日本語
村田萌子、伊佐治優希、田島陽介、今井裕、山田雅保 マウス体細胞核移植における化学的処理による除核方法の簡便化についての検討 第61回関西畜産学会大会 2011/09/13 日本語
向井利太、高口尚也、伊佐治優希、山田雅保 体外培養におけるマウス胚盤胞の形態及び機能の長期的維持に関する研究ー脱イオン化処理BSAの効果ー 第18回日本胚移植研究会大会 2011/09/09 日本語
K. Miyamoto; K. Nagai; N. Kitamura; T. Nishikawa; H. Ikegami; N.T. Binh; S. Tsukamoto; M. Matsumoto; T. Tsukiyama; N. Minami; M. Yamada; H. Ariga; M. Miyake; T. Kawarasaki; K. Matsumoto; H. Imai Identification and characterization of an oocyte factor required for development of porcine nuclear transfer embryos Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,108,17,7040-7045 2011/04/26 英語
浅野良太、築山智之、南直治郎、山田雅保、今井裕、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥、稲葉俊夫 イヌにおける人工多能性幹細胞樹立の試み 第136回日本生殖医学会関西支部集談会 2011/03/05 日本語
Fujihara, Mayako; Kim, Sung Min; Minami, Naojiro; Yamada, Masayasu; Imai, Hiroshi Comparative Changes on Stem Cell Potential of Bovine Male Germ Cells During Testicular Development from Neonatal to Adult BIOLOGY OF REPRODUCTION,80-80 2010 英語
山田雅保 ブタ卵母細胞抽出液のマウス体細胞に対するリプログラミング誘導能の検討 第103回日本繁殖生物学会大会 2010 日本語
山田雅保 イヌおよびウサギにおける人工多能性幹細胞(iPS細胞)樹立の試み 日本畜産学会第112回大会 2010 日本語
山田雅保 様々な動物種におけるマウスES細胞様・ヒトES細胞様iPS細胞樹立の試み 第10回日本再生医療学会総会 2010 日本語
Masayasu Yamada Analysis of Culture Conditions for Ggeneration of Germline-competent induced Pluripotent Stem (iPS) Cells in Various Mammalian Species. International Society for Stem Cell Research 8th Annual Meeting 2010 英語
Masayasu Yamada Lectin DBA specifically recognizes glycan cell surface epitope of gonocytes in developing mouse testis. 11th International Symposium on Spermatology 2010 英語
藤原摩耶子;金聖民;南直治郎;山田雅保;今井裕 ウシ精巣中の性成熟にともなう生殖幹細胞の動態と体外培養について J Reprod Dev,55,Supplement,J77 2009/08/25 日本語
山田雅保 マウス卵母細胞におけるミッドカインおよびFSHの細胞質成熟促進機構の解明” 第102回日本繁殖生物学会大会 2009 日本語
山田雅保 胚盤胞のhatchingと胞胚腔の拡張と維持に対する血清アルブミンの促進効果はその特定のペプチド領域によって発揮される 第102回日本繁殖生物学会大会 2009 日本語
山田雅保 ブタiPS細胞の樹立と培養条件の検討 第102回日本繁殖生物学会大会 2009 日本語
山田雅保 ブタ卵子抽出液によるブタ繊維芽細胞の効率的なリプログラミング誘導 平成21年度(第59回)関西畜産学会大会 2009 日本語
山田雅保 幼若期ウシ精巣内生殖幹細胞の特徴と体外培養 平成21年度(第59回)関西畜産学会大会 2009 日本語
Masayasu Yamada Analysis of Culture Condition for Generation of induced Pluripotent Stem (iPS) Cells in Various Mammalian Species 第32回日本分子生物学会年会 2009 英語
Masayasu Yamada Promoting effects of human serum albumin on hatching and viability of mouse blastocysts may be mediated by its specific peptide domain The 6th annual meeting of the Asian Reproductive Biotechnology Society 2009 英語
Masayasu Yamada Crucial Role of Vinexin for Keratinocyte Migration In Vitro And Epidermal Wound Healing In Vivo. The American Society for Cell Biology 49th Annual Meeting 2009 英語
Masayasu Yamada Characterization and cultivation of gonocytes in vitro derived from bovineneonatal teste International Society for Stem Cell Research 7th Annual Meeting 2009 英語
Miyamoto, K.; Tsukiyama, T.; Minami, N.; Yamada, M.; Imai, H. Mammalian oocyte extracts induce chromatin remodeling and dedifferentiation of somatic cells, but do not global demethylation REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS,43,194-194 2008/07 英語
宗藤朋美;竹中真奈美;堀内俊孝;山田雅保 培養液への脱イオンアルブミンの添加がハムスターおよびマウス前核期胚の体外発生に及ぼす影響 J Mamm Ova Res,25,2,S52 2008/04/01 日本語
Miyamoto, Kei; Tsukiyama, Tomoyuki; Yang, Yang; Li, Ning; Minami, Naojiro; Yamada, Masayasu; Imai, Hiroshi DNA demethylation associated with nuclear reprogramming of the somatic cell genome in cell-free extracts from mammalian oocytes BIOLOGY OF REPRODUCTION,55-55 2008 英語
山田雅保 卵殻胞期卵抽出液によってリプログラムされた体細胞のNANOG遺伝子の再発現にはヒストンアセチル化が関与 する 第 101 回 日本繁殖生物学会大会 2008 日本語
山田雅保 Nanog 過剰発現 ES 細胞抽出液を用いたマウス胚性線維芽細胞のリプログラミング誘導 第 101 回 日本繁殖生物学会大会 2008 日本語
山田雅保 ブタ前精原幹細胞(Gonocyte)の低温保存と体外培養 第 101 回 日本繁殖生物学会大会 2008 日本語
Masayasu Yamada MULTIPOTENCY OF IN VITRO CULTURED PRIMITIVE GERM CELLS ISOLATED FROM NEONATAL PIG TESTIS The 5th annual meeting of the Asian Reproductive Biotechnology Society 2008 英語
Masayasu Yamada FOLLICLE-STIMULATING HORMONEAND DIBUTYRYL cAMP TREATMENTS DURING IN VITRO MATURATION IMPROVE THE DEVELOPMENTAL COMPETENCE OF MOUSE OOCYTES 34th Annual Conference of the IETS 2008 英語
Masayasu Yamada PRESERVATION OF PORCINE GONOCYTESAT 4◦CAND IN LIQUID NITROGEN –A PRESERVATION MODEL OF GENETIC RESOURCES IN DOMESTICANIMALSAND IN ENDANGERED SPECIES 34th Annual Conference of the IETS 2008 日本語
Masayasu Yamada Reversible permeabilization of mammalian somatic cells treated with digitonin for reprogramming and dedifferentiation by Xenopus cell-free system International Society for Stem Cell Research 6th Annual Meeting 2008 英語
Masayasu Yamada Reprogramming of Mouse Embryonic Fibroblasts by Cell-Free Extracts from Nanog-Overexpressing Embryonic Stem Cells. 41st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2008 英語
A. Nakanishi; J. Clever; M. Yamada; P.P. Li; H. Kasamatsu Association with capsid proteins promotes nuclear targeting of simian virus 40 DNA Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,93,1,96-100 1996/01/09 英語
山田 雅保 In Vitro Development and Gene Expression of Mammalian Preimplantation Embryos Proceedings of '96 Korea-Japan Joint Symposium on Application of Gene Technology for the study of Biological Sciences,/,103 1996 英語
J. Clever; M. Yamada; H. Kasamatsu Import of simian virus 40 virions through nuclear pore complexes Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,88,16,7333-7337 1991 英語
山田 雅保 Import of simian virus 40 various through nuclear pore complexes Proceedings of the National Academy of Sciences U. S. A,88/ 1991 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, G.E. Allen, M. Mori, Y. Imazato, J. Jullien, K. Matsumoto, H. Imai, J.B. Gurdon, and M. Yamada The improved culture condition for mouse nuclear transfer embryos enables highly efficient nuclear reprogramming. The 3rd China-Japan-Korea reproduction meeting 2016/08 英語
ooseon Cho, Luong Quy Phuong, Naojiro Minami, Masayasu Yamada, Hiroshi ImaiYAMADA Masayasu HSP90 regulates the pluripotency-related pathways and supports normal preimplantation embryonic development in mice. 18th International Congress on Animal Reproduction 2016/06 英語
Masafumi Hayashi, Dooseon Cho, Takamasa Kawaguchi, Naojiro Minami, Masayasu Yamada, Hiroshi Imai BMP4 is involved in maintenance or derivation of bovine primordial germ cells from bovine induced pluripotent stem cells. 18th International Congress on Animal Reproduction 2016/06 英語
Narae Kim, Naojiro Minami, Masayasu Yamada, Hiroshi Imai Epigentic states of chicken fibroblasts are changed during reprogramming processes by pH in culture. 18th International Congress on Animal Reproduction 2016/06 英語
Kei Miyamoto, Tomomasa Tsukaguchi, Charles R Bradshaw, George E Allen, Jerome Jullien, Kazuya Matsumoto, J. B. Gurdon, and Masayasu Yamada Reprogramming of somatic nuclei towards totipotency is greatly facilitated by small molecules through epigenetic alterations International symposium on epigenome dynamics and regulation in germ cells 2016/02 英語
K. Yoshida, Y. Isaji, Y. Tajima, H. Imai, and M. Yamada Intracytoplasmic injection of deionized bovine serum albumin immediately after somatic cell nuclear transfer enhances developmental potential of cloned mouse embryos. SSR 2015Annual Meeting 2015/06 英語
K. Horikami, N. Goto, H. Imai, and M. Yamada Developmental potential to term of mouse delayed implanting blastocysts cultured in vitro may depend on threonine dehydrogenase-mediated threonine catabolism. SSR 2015Annual Meeting 2015/06 英語
N. Kim, M. Yamada, N. Minami, and H. Imai xternal pH affects the timing of mouse somatic cell reprogramming. ISSCR 2015 2015/06 英語
K. Horikami, N. Goto, H. Imai and M. Yamada Developmental ability to term of mouse blastocysts cultured in vitro for an extended period of time is dependent on threonine. IFFS/JSRM International Meeting 2015 2015/04 英語
N. Kim, M. Yamada, N. Minami, and H. Imai The pH range of culture medium affects chicken somatic cell reprogramming. Keystone Symposia C9: Transcriptional and Epigenetic Influences on Stem Cell States, 2015/03 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
趙 杜善、Q. P. Luong、南直治郎、山田雅保、今井裕 ウス着床前の初期胚発生における熱ショックたんぱく質(HSP90)の役割 第4回関西生殖医学集談会第48回関西アンドロロジーカンファレンス合同研究会 2016/03 日本語
古田 侑吾,川口 高正,南 直治郎,山田 雅保,稲葉 俊夫,今井 裕 イエネコ体細胞を用いたリフロクラミンク誘導に関する研究 第107回日本繁殖生物学会大会 2014/08 日本語
堀上 健斗,後藤 奈々,今井 裕,山田 雅保 マウス体外培養遅延着床胚盤胞のスレオニン-メチオニン代謝への依存性について 第107回日本繁殖生物学会大会 2014/08 日本語
川口 高正,築山 智之,松山 秀一,木村 康二,南 直治郎,山田 雅保,今井 裕 piggyBac トランスホソンを用いたリフログラミンク因子導入によるウシ羊膜細胞からの栄養膜細胞株樹立の試み 第107回日本繁殖生物学会大会 2014/08 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
哺乳類初期胚の体外培養技術の現状と展望 第12回日本臨床エンブリオロジスト学会 日本臨床エンブリオロジスト学会 2007/01/13 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Yamada M., Isaji Y., Ikeda S. Midkine, a Factor Promoting Cytoplasmic Maturation of Oocytes. Midkine: From Embryogenesis to Pathogenesis and Therapy. Springer 2012/12 英語
山田雅保 卵子成熟と遺伝子発現 Hormone Frontier in Gynecology、メディカルレビュー社 2011/12/01 日本語
山田雅保 卵母細胞の細胞質成熟 卵子学、京都大学学術出版会 2011/09/10 日本語
山田雅保、酒井則良 動物の配偶子形成と受精 発生生物、村井耕二編、,pp121-133、化学同人、京都 2008 日本語
山田雅保 動物の初期発生I その形態的特徴、マウスの初期発生 発生生物、村井耕二編、,pp69-72、化学同人、京都 2008 日本語
山田雅保 動物の器官形成II,四肢と生殖腺の形成 発生生物、村井耕二編、,pp109-119、化学同人、京都 2008 日本語
山田雅保 動物と植物 発生原理の共通性と特殊性 全能性とクローン生物 発生生物、村井耕二編、,pp164-166、化学同人、京都 2008 日本語
山田雅保 初期発生の遺伝子コントロール-ほ乳類の着床前胚の発生ー 朝倉書店 2004/09/15 日本語
山田雅保、他 京大人気講義シリーズ バイオサイエンスの新戦略 丸善株式会社 2004/03/30 日本語
山田 雅保 Current Status of Research for The Eatablishment of Bovine Embryonic Stem (Es) Cells Reproductive Biology Update, 1998 英語
山田 雅保 哺乳類の受精と着床前初期胚の発生(共著) 生命誕生と生物の生存戦略 メディカルトリビューンブックス, 1998 日本語
山田 雅保 Extraembryonic Environment and Development of Preimplantation Rat Embryos Reproductive Biology Update, 1998 英語
山田 雅保 Expression and Activation of Nuclear Factor Kappa B during Mouse Preimplantation Development Reproductive Biology Update, 1998 英語
山田 雅保 マウスの飼育と胚移植/畜産(教師用指導書) 社団法人農山漁村文化協会,78-90 1994 日本語
山田 雅保 組織培養辞典 学会出版センター, 1993 日本語
山田 雅保 Glomerular visceral epithelial cells in cell & Tissue Culture : Laboratory Procedures John Wiley & Sons, 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本組織培養学会奨励賞 日本組織培養学会 1989
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
一般研究(B) 分担 哺乳動物における性分化遺伝子による雄性分化機構の解析に関する研究 Analysis of mechanisms of male differentiation with sex determining genes in mammals 1992/04/01〜1994/03/31
総合研究(A) 代表 遺伝子導入によるミニチュア家畜の作出と遺伝子発現機構の解析 Production of transgenic livestock animals bearing antisense growth hormone cDNA and analysis of mechanisms of the transgene expression 1993/04/01〜1995/03/31
試験研究(B) 代表 遺伝子増幅法による性分別ウシ胚の移植システムの開発 Development of embryo transfer system of bovine embryos sexed with PCR 1993/04/01〜1996/03/31
一般研究(C) 代表 哺乳動物着床前初期胚の分割における胚細胞表面糖鎖とその修飾物質の役割 Role of cell surface carbohydrates on the development of mammalian embryos in vitro 1993/04/01〜1996/03/31
基盤研究(A) 代表 超音波画像誘導による生体回収ウシ卵子の発育能力と遺伝子発現に関する研究 Development of bovine eggs collected from ovaries of live animals with ultrasound-guided system 1996/04/01〜1998/03/31
萌芽的研究 代表 精子ベクタ-法の開発-核移行およびDNA結合シグナルペプチドの応用- 1996/04/01〜1998/03/31
基盤研究(A) 代表 哺乳類初期胚の遺伝子発現と発生に関する分子基盤 Molecular regulation of gene expression and development of mammalian embryos 1996/04/01〜1999/03/31
基盤研究(A) 分担 再生医工学(TISSUE ENGINEERING)に基づく異種膵細胞移植システム Xenogenic islet transplantation system based on tissue engineering 1998/04/01〜2001/03/31
基盤研究(C) 代表 マウス受精卵の発生と胚性ゲノムの活性化における転写因子NF-κBの役割 Role of transcription factor, NF-kB in preimplantation development and zygotic gene activation in mice 2001/04/01〜2003/03/31
基盤研究(C) 代表 卵丘細胞によるウシ未成熟卵母細胞の卵細胞質成熟促進に関する研究 Studies on the promoting effects of cumulus cells on cytoplasmic maturation of bovine immature oocytes during in vitro maturation culture. 2004/04/01〜2006/03/31
基盤研究(B) 分担 細胞接着斑裏打ち蛋白質ビネキシンの生理機能の解析 PhYsiological function of focal adiesion protein vinexin 2004/04/01〜2008/03/31
基盤研究(C) 代表 マウス体細胞核移植胚の新規発生促進技術の開発とその促進機構の解明 2011〜2013
基盤研究(C) 代表 マウス体細胞核移植胚の新規発生促進技術の開発とその促進機構の解明 2011/04/01〜2014/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 マウス及びウシ胚盤胞の休眠を誘導・長期間維持する体外培養法の開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 マウス及びウシ胚盤胞の休眠を誘導・長期間維持する体外培養法の開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
ホ乳類初期胚の発生および分化に関する研究 Study on development and differentiation of preimplantation embryos in mammals
ホ乳類の性分化機構に関する研究 Study on the mechanisms of sex differentiation in mammals
ホ乳類卵巣卵子の成熟および受精後の発生に関する研究 study on maturation and development after-fertilization of ovarian oocytes in mammals
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
動物生殖学 前期 農学部 2011/04〜2012/03
応用動物科学演習II 通年 農学部 2011/04〜2012/03
応用動物科学演習I 通年 農学部 2011/04〜2012/03
生殖生物学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
生殖生物学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2012/04〜2013/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2012/04〜2013/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学専門外書講義I Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science I 後期 農学部 2012/04〜2013/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2013/04〜2014/03
資源生物科学専門外書講義I Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science I 前期 農学部 2013/04〜2014/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2013/04〜2014/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2013/04〜2014/03
生殖生物学演習 Seminar for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生殖生物学専攻実験 Laboratory Course for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2014/04〜2015/03
資源生物科学専門外書講義I Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2014/04〜2015/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2014/04〜2015/03
発生遺伝子工学特論 Development and Genetical Technology 後期 農学研究科 2014/04〜2015/03
生殖生物学演習 Seminar for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生殖生物学専攻実験 Laboratory Course for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2015/04〜2016/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2015/04〜2016/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2015/04〜2016/03
生殖生物学専攻実験1 Laboratory Course for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生殖生物学専攻実験 Laboratory Course for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生殖生物学演習1 Seminar for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生殖生物学演習 Seminar for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2016/04〜2017/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2016/04〜2017/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2016/04〜2017/03
生殖生物学専攻実験1 Laboratory Course for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生殖生物学専攻実験2 Laboratory Course for Reproductive Biology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生殖生物学専攻実験 Laboratory Course for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生殖生物学演習1 Seminar for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生殖生物学演習2 Seminar for Reproductive Biology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生殖生物学演習 Seminar for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
発生遺伝子工学特論 Development and Genetical Technology 後期 農学研究科 2016/04〜2017/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
動物生殖学 Reproduction in Mammal 前期 農学部 2017/04〜2018/03
応用動物科学演習II Seminar for Applied Animal Science II 通年 農学部 2017/04〜2018/03
応用動物科学演習I Seminar for Applied Animal Science I 通年 農学部 2017/04〜2018/03
生殖生物学専攻実験1 Laboratory Course for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生殖生物学専攻実験2 Laboratory Course for Reproductive Biology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生殖生物学専攻実験 Laboratory Course for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生殖生物学演習1 Seminar for Reproductive Biology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生殖生物学演習2 Seminar for Reproductive Biology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生殖生物学演習 Seminar for Reproductive Biology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
低温物質科学研究センター運営委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
低温物質科学研究センター運営委員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
低温物質科学研究センター運営委員会委員 委員 2014/04/01〜2016/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
男女共同参画推進委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
図書委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2008〜2008
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2009〜2009
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2010〜2010
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2011/04/01〜2012/03/31
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2012/04/01〜2013/03/31
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2013/04/01〜2014/03/31
富山県農林水産試験研究評価外部評価委員 2015/41〜2016/33/1
富山県農林水産試験研究評価 外部評価委員 2016/41〜2017/33