三浦 智行

最終更新日時: 2019/06/27 18:48:40

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
三浦 智行/ミウラ トモユキ/Miura, Tomoyuki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/ウイルス・再生医科学研究所附属感染症モデル研究センター/ /准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
人間・環境学研究科 相関環境学専攻 自然環境動態論講座 生物環境動態論ウイルス多様性科学 准教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
人間・環境学研究科 相関環境学専攻 自然環境動態論講座 協力教員(准教授)
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町53 53 Shogoinkawaracho, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8507,
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-3984
電子メールアドレス
メールアドレス
tmiura @ virus.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本ウイルス学会 The Japanese Society for Virology
日本エイズ学会 The Japanese Society for AIDS Research
日本獣医学会 The Japanese Society of Veterinary Science
サル類の疾病と病理のための研究会 The Society of Primate Diseases and Pathology (SPDP)
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 東京大学
農学博士 東京大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京大学 大学院農学系研究科畜産獣医学専攻博士課程 修了
東京大学 大学院農学系研究科畜産獣医学専攻修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京大学 農学部畜産獣医学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
岩手県立盛岡第一高等学校 いわてけんりつもりおかだいいちこうとうがっこう
プロフィール
(日本語)
霊長類は、ヒトに最も近い実験動物であることから、多くの点でヒトの感染症に最も近い病態モデルとなることが期待され、中には霊長類のみにしか感染しないヒトの病原ウイルス(エイズウイルス等)もある。当研究領域は、我が国で最大規模のP3レベル霊長類感染実験施設を有しており、医学実験用サルを用いて病原ウイルスによる感染・発症モデル系を確立し、感染症の病原性解明およびワクチン開発のための基礎研究を行っている。本研究領域は大学院医学研究科(授業科目担当、病理専攻ウイルス病態)および人間・環境学研究科(協力講座、相関環境学専攻自然環境動態論)に所属しており、修士課程から研究に参加することができる。
(英語)
Since the nonhuman primate is the closest experimental animal to human, it is expected to establish the most useful model for human infectious disease in many aspects. Some pathogenic viruses (HIV-1, for example) can only infect primates. We have a large scale facility for infection experiments using nonhuman primates at P3 level. We establish infection and disease development models using macaque monkeys, and carry out the basic research for clarifying the in vivo pathogenesis and vaccine development of infectious diseases. This laboratory belongs to Graduate School of Medicine and Graduate School of Human and Environmental Studies.
個人ホームページ
URL
http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/Lab/primatemodelHP/index.html
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0013427
研究テーマ
(日本語)
霊長類モデルを用いた感染症研究
(英語)
Study on infectious diseases using non-human primate model
研究概要
(日本語)
アフリカをはじめとする世界各地の霊長類から分離された病原性レトロウイルスの分子系統解析から、その起源・進化について考察する。また、サル/ヒト組換えエイズウイルスを用いたサルエイズモデルによって病原性の解明と予防・治療法の開発のための基礎研究を行っている。
(英語)
The origin and evolution of pathogenic retroviruses isolated from the primate in various part of the world including Africa were considered from their molecular phylogenic analysis. In addition, fundamental medical researches for pathogenic elucidation and development of the prevention and the cure by a monkey AIDS model using the monkey/human recombinant AIDS virus.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
レトロウイルス,動物モデル,エイズ,分子進化 retrovirus,Animal model, AIDS, molecular evolution
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Himeno A, Ishida Y, Mori H, Matsuura K, Kikukawa M, Sakawaki H, Miura T Himeno A, Ishida Y, Mori H, Matsuura K, Kikukawa M, Sakawaki H, Miura T Himeno A, Ishida Y, Mori H, Matsuura K, Kikukawa M, Sakawaki H, Miura T Induction of neutralizing antibodies against tier 2 human immunodeficiency virus 1 in rhesus macaques infected with tier 1B simian/human immunodeficiency virus. Induction of neutralizing antibodies against tier 2 human immunodeficiency virus 1 in rhesus macaques infected with tier 1B simian/human immunodeficiency virus. Induction of neutralizing antibodies against tier 2 human immunodeficiency virus 1 in rhesus macaques infected with tier 1B simian/human immunodeficiency virus. Archives of virology, 164, 5, 1297-1308 Archives of virology, 164, 5, 1297-1308 Archives of virology, 164, 5, 1297-1308 2019/05 公開
Miyakawa K, Matsunaga S, Yokoyama M, Nomaguchi M, Kimura Y, Nishi M, Kimura H, Sato H, Hirano H, Tamura T, Akari H, Miura T, Adachi A, Sawasaki T, Yamamoto N, Ryo A Miyakawa K, Matsunaga S, Yokoyama M, Nomaguchi M, Kimura Y, Nishi M, Kimura H, Sato H, Hirano H, Tamura T, Akari H, Miura T, Adachi A, Sawasaki T, Yamamoto N, Ryo A Miyakawa K, Matsunaga S, Yokoyama M, Nomaguchi M, Kimura Y, Nishi M, Kimura H, Sato H, Hirano H, Tamura T, Akari H, Miura T, Adachi A, Sawasaki T, Yamamoto N, Ryo A PIM kinases facilitate lentiviral evasion from SAMHD1 restriction via Vpx phosphorylation. PIM kinases facilitate lentiviral evasion from SAMHD1 restriction via Vpx phosphorylation. PIM kinases facilitate lentiviral evasion from SAMHD1 restriction via Vpx phosphorylation. Nature communications, 10, 1, 1844 Nature communications, 10, 1, 1844 Nature communications, 10, 1, 1844 2019/04 公開
Koide R, Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Suzuki J, Isa T, Nakagawa S, Sakawaki H, Miura T, Miyazawa T Koide R, Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Suzuki J, Isa T, Nakagawa S, Sakawaki H, Miura T, Miyazawa T Koide R, Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Suzuki J, Isa T, Nakagawa S, Sakawaki H, Miura T, Miyazawa T Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5. Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5. Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5. The Journal of general virology, 100, 2, 266-277 The Journal of general virology, 100, 2, 266-277 The Journal of general virology, 100, 2, 266-277 2019/02 公開
Kato F, Ishida Y, Kawakami A, Takasaki T, Saijo M, Miura T, Hishiki T Kato F, Ishida Y, Kawakami A, Takasaki T, Saijo M, Miura T, Hishiki T Kato F, Ishida Y, Kawakami A, Takasaki T, Saijo M, Miura T, Hishiki T Evaluation of Macaca radiata as a non-human primate model of Dengue virus infection. Evaluation of Macaca radiata as a non-human primate model of Dengue virus infection. Evaluation of Macaca radiata as a non-human primate model of Dengue virus infection. Scientific reports, 8, 1, 3421 Scientific reports, 8, 1, 3421 Scientific reports, 8, 1, 3421 2018/02 公開
Doi N, Miura T, Mori H, Sakawaki H, Koma T, Adachi A, Nomaguchi M Doi N, Miura T, Mori H, Sakawaki H, Koma T, Adachi A, Nomaguchi M Doi N, Miura T, Mori H, Sakawaki H, Koma T, Adachi A, Nomaguchi M CXCR4- and CCR5-Tropic HIV-1 Clones Are Both Tractable to Grow in Rhesus Macaques. CXCR4- and CCR5-Tropic HIV-1 Clones Are Both Tractable to Grow in Rhesus Macaques. CXCR4- and CCR5-Tropic HIV-1 Clones Are Both Tractable to Grow in Rhesus Macaques. Frontiers in microbiology, 9, 2510 Frontiers in microbiology, 9, 2510 Frontiers in microbiology, 9, 2510 2018 公開
Seki S, Nomura T, Nishizawa M, Yamamoto H, Ishii H, Matsuoka S, Shiino T, Sato H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Naruse TK, Kimura A, Matano T Seki S, Nomura T, Nishizawa M, Yamamoto H, Ishii H, Matsuoka S, Shiino T, Sato H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Naruse TK, Kimura A, Matano T Seki S, Nomura T, Nishizawa M, Yamamoto H, Ishii H, Matsuoka S, Shiino T, Sato H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Naruse TK, Kimura A, Matano T In vivo virulence of MHC-adapted AIDS virus serially-passaged through MHC-mismatched hosts. In vivo virulence of MHC-adapted AIDS virus serially-passaged through MHC-mismatched hosts. In vivo virulence of MHC-adapted AIDS virus serially-passaged through MHC-mismatched hosts. PLoS pathogens, 13, 9, e1006638 PLoS pathogens, 13, 9, e1006638 PLoS pathogens, 13, 9, e1006638 2017/09 公開
Iwanami S, Kakizoe Y, Morita S, Miura T, Nakaoka S, Iwami S Iwanami S, Kakizoe Y, Morita S, Miura T, Nakaoka S, Iwami S Iwanami S, Kakizoe Y, Morita S, Miura T, Nakaoka S, Iwami S A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture. Theoretical biology & medical modelling, 14, 1, 9 Theoretical biology & medical modelling, 14, 1, 9 Theoretical biology & medical modelling, 14, 1, 9 2017/04 公開
Beauchemin CA, Miura T, Iwami S Beauchemin CA, Miura T, Iwami S Beauchemin CA, Miura T, Iwami S Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy. Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy. Duration of SHIV production by infected cells is not exponentially distributed: Implications for estimates of infection parameters and antiviral efficacy. Scientific reports, 7, 42765 Scientific reports, 7, 42765 Scientific reports, 7, 42765 2017/02 公開
Hishiki T, Kato F, Tajima S, Toume K, Umezaki M, Takasaki T, Miura T Hishiki T, Kato F, Tajima S, Toume K, Umezaki M, Takasaki T, Miura T Hishiki T, Kato F, Tajima S, Toume K, Umezaki M, Takasaki T, Miura T Hirsutine, an Indole Alkaloid of <i>Uncaria rhynchophylla</i>, Inhibits Late Step in Dengue Virus Lifecycle. Hirsutine, an Indole Alkaloid of <i>Uncaria rhynchophylla</i>, Inhibits Late Step in Dengue Virus Lifecycle. Hirsutine, an Indole Alkaloid of <i>Uncaria rhynchophylla</i>, Inhibits Late Step in Dengue Virus Lifecycle. Frontiers in microbiology, 8, 1674 Frontiers in microbiology, 8, 1674 Frontiers in microbiology, 8, 1674 2017 公開
Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Ishii H, Matsuoka S, Nomura T, Nakamura M, Shiino T, Sato Y, Iwata-Yoshikawa N, Hasegawa H, Mizuta K, Sakawaki H, Miura T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model. Scientific reports, 6, 30153 Scientific reports, 6, 30153 Scientific reports, 6, 30153 2016/07 公開
Kato F, Ishida Y, Oishi S, Fujii N, Watanabe S, Vasudevan SG, Tajima S, Takasaki T, Suzuki Y, Ichiyama K, Yamamoto N, Yoshii K, Takashima I, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Kato F, Ishida Y, Oishi S, Fujii N, Watanabe S, Vasudevan SG, Tajima S, Takasaki T, Suzuki Y, Ichiyama K, Yamamoto N, Yoshii K, Takashima I, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Kato F, Ishida Y, Oishi S, Fujii N, Watanabe S, Vasudevan SG, Tajima S, Takasaki T, Suzuki Y, Ichiyama K, Yamamoto N, Yoshii K, Takashima I, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Novel antiviral activity of bromocriptine against dengue virus replication. Novel antiviral activity of bromocriptine against dengue virus replication. Novel antiviral activity of bromocriptine against dengue virus replication. Antiviral research, 131, 141-147 Antiviral research, 131, 141-147 Antiviral research, 131, 141-147 2016/07 公開
Ishida Y, Yoneda M, Otsuki H, Watanabe Y, Kato F, Matsuura K, Kikukawa M, Matsushita S, Hishiki T, Igarashi T, Miura T Ishida Y, Yoneda M, Otsuki H, Watanabe Y, Kato F, Matsuura K, Kikukawa M, Matsushita S, Hishiki T, Igarashi T, Miura T Ishida Y, Yoneda M, Otsuki H, Watanabe Y, Kato F, Matsuura K, Kikukawa M, Matsushita S, Hishiki T, Igarashi T, Miura T Generation of a neutralization-resistant CCR5 tropic simian/human immunodeficiency virus (SHIV-MK38) molecular clone, a derivative of SHIV-89.6. Generation of a neutralization-resistant CCR5 tropic simian/human immunodeficiency virus (SHIV-MK38) molecular clone, a derivative of SHIV-89.6. Generation of a neutralization-resistant CCR5 tropic simian/human immunodeficiency virus (SHIV-MK38) molecular clone, a derivative of SHIV-89.6. The Journal of general virology, 97, 5, 1249-1260 The Journal of general virology, 97, 5, 1249-1260 The Journal of general virology, 97, 5, 1249-1260 2016/05 公開
三浦 智行 三浦 智行 MIURA Tomoyuki 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発 Development of prevention and cure for HIV infection using the nonhuman primate model 実験動物感染症と感染症動物モデルの現状, 1, 1, 99-105 実験動物感染症と感染症動物モデルの現状, 1, 1, 99-105 Current status of infectious diseases of experimental animals and animal models for infectious diseases, 1, 1, 99-105 2016/03 日本語 研究論文(研究会、シンポジウム資料等) 公開
Mizuguchi T, Harada S, Miura T, Ohashi N, Narumi T, Mori H, Irahara Y, Yamada Y, Nomura W, Matsushita S, Yoshimura K, Tamamura H Mizuguchi T, Harada S, Miura T, Ohashi N, Narumi T, Mori H, Irahara Y, Yamada Y, Nomura W, Matsushita S, Yoshimura K, Tamamura H Mizuguchi T, Harada S, Miura T, Ohashi N, Narumi T, Mori H, Irahara Y, Yamada Y, Nomura W, Matsushita S, Yoshimura K, Tamamura H A minimally cytotoxic CD4 mimic as an HIV entry inhibitor. A minimally cytotoxic CD4 mimic as an HIV entry inhibitor. A minimally cytotoxic CD4 mimic as an HIV entry inhibitor. Bioorganic & medicinal chemistry letters, 26, 2, 397-400 Bioorganic & medicinal chemistry letters, 26, 2, 397-400 Bioorganic & medicinal chemistry letters, 26, 2, 397-400 2016/01 公開
Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Sato K, Kobayashi T, Misawa N, Yoshikawa R, Takeuchi JS, Miura T, Okamoto M, Yasunaga J, Matsuoka M, Ito M, Miyazawa T, Koyanagi Y Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model. Scientific reports, 5, 14040 Scientific reports, 5, 14040 Scientific reports, 5, 14040 2015/09 公開
Kakizoe Y, Morita S, Nakaoka S, Takeuchi Y, Sato K, Miura T, Beauchemin CA, Iwami S Kakizoe Y, Morita S, Nakaoka S, Takeuchi Y, Sato K, Miura T, Beauchemin CA, Iwami S Kakizoe Y, Morita S, Nakaoka S, Takeuchi Y, Sato K, Miura T, Beauchemin CA, Iwami S A conservation law for virus infection kinetics in vitro. A conservation law for virus infection kinetics in vitro. A conservation law for virus infection kinetics in vitro. Journal of theoretical biology, 376, 39-47 Journal of theoretical biology, 376, 39-47 Journal of theoretical biology, 376, 39-47 2015/07 公開
Kakizoe Y, Nakaoka S, Beauchemin CA, Morita S, Mori H, Igarashi T, Aihara K, Miura T, Iwami S Kakizoe Y, Nakaoka S, Beauchemin CA, Morita S, Mori H, Igarashi T, Aihara K, Miura T, Iwami S Kakizoe Y, Nakaoka S, Beauchemin CA, Morita S, Mori H, Igarashi T, Aihara K, Miura T, Iwami S A method to determine the duration of the eclipse phase for in vitro infection with a highly pathogenic SHIV strain. A method to determine the duration of the eclipse phase for in vitro infection with a highly pathogenic SHIV strain. A method to determine the duration of the eclipse phase for in vitro infection with a highly pathogenic SHIV strain. Scientific reports, 5, 10371 Scientific reports, 5, 10371 Scientific reports, 5, 10371 2015/05 公開
Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Nakagawa S, Miura T, Hirai H, Miyazawa T Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Nakagawa S, Miura T, Hirai H, Miyazawa T Yoshikawa R, Okamoto M, Sakaguchi S, Nakagawa S, Miura T, Hirai H, Miyazawa T Simian retrovirus 4 induces lethal acute thrombocytopenia in Japanese macaques. Simian retrovirus 4 induces lethal acute thrombocytopenia in Japanese macaques. Simian retrovirus 4 induces lethal acute thrombocytopenia in Japanese macaques. Journal of virology, 89, 7, 3965-3975 Journal of virology, 89, 7, 3965-3975 Journal of virology, 89, 7, 3965-3975 2015/04 公開
Otsuki H, Yoneda M, Igarashi T, Miura T Otsuki H, Yoneda M, Igarashi T, Miura T Otsuki H, Yoneda M, Igarashi T, Miura T Generation of a monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1 carrying env from a CCR5-tropic subtype C clinical isolate. Generation of a monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1 carrying env from a CCR5-tropic subtype C clinical isolate. Generation of a monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1 carrying env from a CCR5-tropic subtype C clinical isolate. Virology, 460-461, 1-10 Virology, 460-461, 1-10 Virology, 460-461, 1-10 2014/07 公開
Huang L, Kusagawa S, Zeng H, Yang G, Sun B, Miura T, Yang R Huang L, Kusagawa S, Zeng H, Yang G, Sun B, Miura T, Yang R L. Huang; S. Kusagawa; H. Zeng; G. Yang; B. Sun; T. Miura; R. Yang Development of a novel rhesus macaque model with an infectious R5 simian-human immunodeficiency virus encoding HIV-1 CRF08_BC env. Development of a novel rhesus macaque model with an infectious R5 simian-human immunodeficiency virus encoding HIV-1 CRF08_BC env. Development of a novel rhesus macaque model with an infectious R5 simian-human immunodeficiency virus encoding HIV-1 CRF08_BC env Journal of medical primatology, 43, 1, 11-21 Journal of medical primatology, 43, 1, 11-21 Journal of Medical Primatology, 43, 1, 11-21 2014/02 英語 公開
Adachi A, Miura T Adachi A, Miura T Adachi A, Miura T Animal model studies on viral infections. Animal model studies on viral infections. Animal model studies on viral infections. Frontiers in microbiology, 5, 672 Frontiers in microbiology, 5, 672 Frontiers in microbiology, 5, 672 2014 公開
Kato F, Kobayashi T, Tajima S, Takasaki T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Kato F, Kobayashi T, Tajima S, Takasaki T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Kato F, Kobayashi T, Tajima S, Takasaki T, Miura T, Igarashi T, Hishiki T Development of a novel Dengue-1 virus replicon system expressing secretory Gaussia luciferase for analysis of viral replication and discovery of antiviral drugs. Development of a novel Dengue-1 virus replicon system expressing secretory Gaussia luciferase for analysis of viral replication and discovery of antiviral drugs. Development of a novel Dengue-1 virus replicon system expressing secretory Gaussia luciferase for analysis of viral replication and discovery of antiviral drugs. Japanese journal of infectious diseases, 67, 3, 209-212 Japanese journal of infectious diseases, 67, 3, 209-212 Japanese journal of infectious diseases, 67, 3, 209-212 2014 公開
Hashimoto C, Narumi T, Otsuki H, Hirota Y, Arai H, Yoshimura K, Harada S, Ohashi N, Nomura W, Miura T, Igarashi T, Matsushita S, Tamamura H Hashimoto C, Narumi T, Otsuki H, Hirota Y, Arai H, Yoshimura K, Harada S, Ohashi N, Nomura W, Miura T, Igarashi T, Matsushita S, Tamamura H C. Hashimoto; T. Narumi; H. Otsuki; Y. Hirota; H. Arai; K. Yoshimura; S. Harada; N. Ohashi; W. Nomura; T. Miura; T. Igarashi; S. Matsushita; H. Tamamura A CD4 mimic as an HIV entry inhibitor: pharmacokinetics. A CD4 mimic as an HIV entry inhibitor: pharmacokinetics. A CD4 mimic as an HIV entry inhibitor: Pharmacokinetics Bioorganic & medicinal chemistry, 21, 24, 7884-7889 Bioorganic & medicinal chemistry, 21, 24, 7884-7889 Bioorganic and Medicinal Chemistry, 21, 24, 7884-7889 2013/12 英語 公開
Otsuki H, Hishiki T, Miura T, Hashimoto C, Narumi T, Tamamura H, Yoshimura K, Matsushita S, Igarashi T Otsuki H, Hishiki T, Miura T, Hashimoto C, Narumi T, Tamamura H, Yoshimura K, Matsushita S, Igarashi T H. Otsuki; T. Hishiki; T. Miura; C. Hashimoto; T. Narumi; H. Tamamura; K. Yoshimura; S. Matsushita; T. Igarashi Generation of a replication-competent simian-human immunodeficiency virus, the neutralization sensitivity of which can be enhanced in the presence of a small-molecule CD4 mimic. Generation of a replication-competent simian-human immunodeficiency virus, the neutralization sensitivity of which can be enhanced in the presence of a small-molecule CD4 mimic. Generation of a replication-competent simian-human immunodeficiency virus, the neutralization sensitivity of which can be enhanced in the presence of a small-molecule CD4 mimic The Journal of general virology, 94, Pt 12, 2710-2716 The Journal of general virology, 94, Pt 12, 2710-2716 Journal of General Virology, 94, Pt 12, 2710-2716 2013/12 英語 公開
Nomaguchi M, Yokoyama M, Kono K, Nakayama EE, Shioda T, Doi N, Fujiwara S, Saito A, Akari H, Miyakawa K, Ryo A, Ode H, Iwatani Y, Miura T, Igarashi T, Sato H, Adachi A Nomaguchi M, Yokoyama M, Kono K, Nakayama EE, Shioda T, Doi N, Fujiwara S, Saito A, Akari H, Miyakawa K, Ryo A, Ode H, Iwatani Y, Miura T, Igarashi T, Sato H, Adachi A M. Nomaguchi; M. Yokoyama; K. Kono; E.E. Nakayama; T. Shioda; N. Doi; S. Fujiwara; A. Saito; H. Akari; K. Miyakawa; A. Ryo; H. Ode; Y. Iwatani; T. Miura; T. Igarashi; H. Sato; A. Adachi Generation of rhesus macaque-tropic HIV-1 clones that are resistant to major anti-HIV-1 restriction factors. Generation of rhesus macaque-tropic HIV-1 clones that are resistant to major anti-HIV-1 restriction factors. Generation of rhesus macaque-tropic HIV-1 clones that are resistant to major anti-HIV-1 restriction factors Journal of virology, 87, 21, 11447-11461 Journal of virology, 87, 21, 11447-11461 Journal of Virology, 87, 21, 11447-11461 2013/11 英語 公開
Kato F, Ishida Y, Kawagishi T, Kobayashi T, Hishiki T, Miura T, Igarashi T Kato F, Ishida Y, Kawagishi T, Kobayashi T, Hishiki T, Miura T, Igarashi T F. Kato; Y. Ishida; T. Kawagishi; T. Kobayashi; T. Hishiki; T. Miura; T. Igarashi Natural infection of cynomolgus monkeys with dengue virus occurs in epidemic cycles in the Philippines. Natural infection of cynomolgus monkeys with dengue virus occurs in epidemic cycles in the Philippines. Natural infection of cynomolgus monkeys with dengue virus occurs in epidemic cycles in the Philippines The Journal of general virology, 94, Pt 10, 2202-2207 The Journal of general virology, 94, Pt 10, 2202-2207 Journal of General Virology, 94, Pt 10, 2202-2207 2013/10 英語 公開
Oue M, Sakabe S, Horiike M, Yasui M, Miura T, Igarashi T Oue M, Sakabe S, Horiike M, Yasui M, Miura T, Igarashi T M. Oue; S. Sakabe; M. Horiike; M. Yasui; T. Miura; T. Igarashi No viral evolution in the lymph nodes of simian immunodeficiency virus-infected rhesus macaques during combined antiretroviral therapy. No viral evolution in the lymph nodes of simian immunodeficiency virus-infected rhesus macaques during combined antiretroviral therapy. No viral evolution in the lymph nodes of simian immunodeficiency virus-infected Rhesus macaques during combined antiretroviral therapy Journal of virology, 87, 8, 4789-4793 Journal of virology, 87, 8, 4789-4793 Journal of Virology, 87, 8, 4789-4793 2013/04 英語 公開
Fujita Y, Otsuki H, Watanabe Y, Yasui M, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T Fujita Y, Otsuki H, Watanabe Y, Yasui M, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T Y. Fujita; H. Otsuki; Y. Watanabe; M. Yasui; T. Kobayashi; T. Miura; T. Igarashi Generation of a replication-competent chimeric simian-human immunodeficiency virus carrying env from subtype C clinical isolate through intracellular homologous recombination. Generation of a replication-competent chimeric simian-human immunodeficiency virus carrying env from subtype C clinical isolate through intracellular homologous recombination. Generation of a replication-competent chimeric simian-human immunodeficiency virus carrying env from subtype C clinical isolate through intracellular homologous recombination Virology, 436, 1, 100-111 Virology, 436, 1, 100-111 Virology, 436, 1, 100-111 2013/02 英語 公開
Takahashi N, Nomura T, Takahara Y, Yamamoto H, Shiino T, Takeda A, Inoue M, Iida A, Hara H, Shu T, Hasegawa M, Sakawaki H, Miura T, Igarashi T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T Takahashi N, Nomura T, Takahara Y, Yamamoto H, Shiino T, Takeda A, Inoue M, Iida A, Hara H, Shu T, Hasegawa M, Sakawaki H, Miura T, Igarashi T, Koyanagi Y, Naruse TK, Kimura A, Matano T N. Takahashi; T. Nomura; Y. Takahara; H. Yamamoto; T. Shiino; A. Takeda; M. Inoue; A. Iida; H. Hara; T. Shu; M. Hasegawa; H. Sakawaki; T. Miura; T. Igarashi; Y. Koyanagi; T.K. Naruse; A. Kimura; T. Matano A novel protective MHC-I haplotype not associated with dominant Gag-specific CD8+ T-cell responses in SIVmac239 infection of Burmese rhesus macaques. A novel protective MHC-I haplotype not associated with dominant Gag-specific CD8+ T-cell responses in SIVmac239 infection of Burmese rhesus macaques. A Novel Protective MHC-I Haplotype Not Associated with Dominant Gag-Specific CD8<sup>+</sup> T-Cell Responses in SIVmac239 Infection of Burmese Rhesus Macaques PloS one, 8, 1, e54300 PloS one, 8, 1, e54300 PLoS ONE, 8, 1, e54300 2013/01/14 英語 公開
Matsuyama-Murata M, Inaba K, Horiuchi R, Fukazawa Y, Ibuki K, Hayami M, Miura T Matsuyama-Murata M, Inaba K, Horiuchi R, Fukazawa Y, Ibuki K, Hayami M, Miura T M. Matsuyama-Murata; K. Inaba; R. Horiuchi; Y. Fukazawa; K. Ibuki; M. Hayami; T. Miura Genetic similarity of circulating and small intestinal virus at the end stage of acute pathogenic simian-human immunodeficiency virus infection. Genetic similarity of circulating and small intestinal virus at the end stage of acute pathogenic simian-human immunodeficiency virus infection. Genetic similarity of circulating and small intestinal virus at the end stage of acute pathogenic simian-human immunodeficiency virus infection Frontiers in microbiology, 4, JUL, 204 Frontiers in microbiology, 4, JUL, 204 Frontiers in Microbiology, 4, JUL, 204 2013 英語 公開
Iwami S, Holder BP, Beauchemin CA, Morita S, Tada T, Sato K, Igarashi T, Miura T Iwami S, Holder BP, Beauchemin CA, Morita S, Tada T, Sato K, Igarashi T, Miura T S. Iwami; B.P. Holder; C.A.A. Beauchemin; S. Morita; T. Tada; K. Sato; T. Igarashi; T. Miura Quantification system for the viral dynamics of a highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus based on an in vitro experiment and a mathematical model. Quantification system for the viral dynamics of a highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus based on an in vitro experiment and a mathematical model. Quantification system for the viral dynamics of a highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus based on an in vitro experiment and a mathematical model Retrovirology, 9, 18 Retrovirology, 9, 18 Retrovirology, 9, 18 2012/02 英語 公開
Ishii H, Koyama H, Hagiwara K, Miura T, Xue G, Hashimoto Y, Kitahara G, Aida Y, Suzuki M Ishii H, Koyama H, Hagiwara K, Miura T, Xue G, Hashimoto Y, Kitahara G, Aida Y, Suzuki M H. Ishii; H. Koyama; K. Hagiwara; T. Miura; G. Xue; Y. Hashimoto; G. Kitahara; Y. Aida; M. Suzuki Synthesis and biological evaluation of deoxy-hematoxylin derivatives as a novel class of anti-HIV-1 agents. Synthesis and biological evaluation of deoxy-hematoxylin derivatives as a novel class of anti-HIV-1 agents. Synthesis and biological evaluation of deoxy-hematoxylin derivatives as a novel class of anti-HIV-1 agents Bioorganic & medicinal chemistry letters, 22, 3, 1469-1474 Bioorganic & medicinal chemistry letters, 22, 3, 1469-1474 Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 22, 3, 1469-1474 2012/02 英語 公開
Horiike M, Iwami S, Kodama M, Sato A, Watanabe Y, Yasui M, Ishida Y, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T Horiike M, Iwami S, Kodama M, Sato A, Watanabe Y, Yasui M, Ishida Y, Kobayashi T, Miura T, Igarashi T M. Horiike; S. Iwami; M. Kodama; A. Sato; Y. Watanabe; M. Yasui; Y. Ishida; T. Kobayashi; T. Miura; T. Igarashi Lymph nodes harbor viral reservoirs that cause rebound of plasma viremia in SIV-infected macaques upon cessation of combined antiretroviral therapy. Lymph nodes harbor viral reservoirs that cause rebound of plasma viremia in SIV-infected macaques upon cessation of combined antiretroviral therapy. Lymph nodes harbor viral reservoirs that cause rebound of plasma viremia in SIV-infected macaques upon cessation of combined antiretroviral therapy Virology, 423, 2, 107-118 Virology, 423, 2, 107-118 Virology, 423, 2, 107-118 2012/02 英語 公開
Iwami S, Sato K, De Boer RJ, Aihara K, Miura T, Koyanagi Y Iwami S, Sato K, De Boer RJ, Aihara K, Miura T, Koyanagi Y S. Iwami; K. Sato; R.J. De Boer; K. Aihara; T. Miura; Y. Koyanagi Identifying viral parameters from in vitro cell cultures. Identifying viral parameters from in vitro cell cultures. Identifying viral parameters from in vitro cell cultures Frontiers in microbiology, 3, SEP, 319 Frontiers in microbiology, 3, SEP, 319 Frontiers in Microbiology, 3, SEP, 319 2012 英語 公開
Nakamura M, Takahara Y, Ishii H, Sakawaki H, Horiike M, Miura T, Igarashi T, Naruse TK, Kimura A, Matano T, Matsuoka S Nakamura M, Takahara Y, Ishii H, Sakawaki H, Horiike M, Miura T, Igarashi T, Naruse TK, Kimura A, Matano T, Matsuoka S M. Nakamura; Y. Takahara; H. Ishii; H. Sakawaki; M. Horiike; T. Miura; T. Igarashi; T.K. Naruse; A. Kimura; T. Matano; S. Matsuoka Major histocompatibility complex class I-restricted cytotoxic T lymphocyte responses during primary simian immunodeficiency virus infection in Burmese rhesus macaques. Major histocompatibility complex class I-restricted cytotoxic T lymphocyte responses during primary simian immunodeficiency virus infection in Burmese rhesus macaques. Major histocompatibility complex class I-restricted cytotoxic T lymphocyte responses during primary simian immunodeficiency virus infection in Burmese rhesus macaques Microbiology and immunology, 55, 11, 768-773 Microbiology and immunology, 55, 11, 768-773 Microbiology and Immunology, 55, 11, 768-773 2011/11 英語 公開
Takahara Y, Matsuoka S, Kuwano T, Tsukamoto T, Yamamoto H, Ishii H, Nakasone T, Takeda A, Inoue M, Iida A, Hara H, Shu T, Hasegawa M, Sakawaki H, Horiike M, Miura T, Igarashi T, Naruse TK, Kimura A, Matano T Takahara Y, Matsuoka S, Kuwano T, Tsukamoto T, Yamamoto H, Ishii H, Nakasone T, Takeda A, Inoue M, Iida A, Hara H, Shu T, Hasegawa M, Sakawaki H, Horiike M, Miura T, Igarashi T, Naruse TK, Kimura A, Matano T Y. Takahara; S. Matsuoka; T. Kuwano; T. Tsukamoto; H. Yamamoto; H. Ishii; T. Nakasone; A. Takeda; M. Inoue; A. Iida; H. Hara; T. Shu; M. Hasegawa; H. Sakawaki; M. Horiike; T. Miura; T. Igarashi; T.K. Naruse; A. Kimura; T. Matano Dominant induction of vaccine antigen-specific cytotoxic T lymphocyte responses after simian immunodeficiency virus challenge. Dominant induction of vaccine antigen-specific cytotoxic T lymphocyte responses after simian immunodeficiency virus challenge. Dominant induction of vaccine antigen-specific cytotoxic T lymphocyte responses after simian immunodeficiency virus challenge Biochemical and biophysical research communications, 408, 4, 615-619 Biochemical and biophysical research communications, 408, 4, 615-619 Biochemical and Biophysical Research Communications, 408, 4, 615-619 2011/05 英語 公開
Ishikawa M, Baba K, Shimojima M, Okada M, Shojima T, Miura T, Miyazawa T Ishikawa M, Baba K, Shimojima M, Okada M, Shojima T, Miura T, Miyazawa T M. Ishikawa; K. Baba; M. Shimojima; M. Okada; T. Shojima; T. Miura; T. Miyazawa Adaptation of feline immunodeficiency virus subtype B strain TM2 to a feline astrocyte cell line (G355-5 cells). Adaptation of feline immunodeficiency virus subtype B strain TM2 to a feline astrocyte cell line (G355-5 cells). Adaptation of feline immunodeficiency virus subtype B strain TM2 to a feline astrocyte cell line (G355-5 cells) Veterinary microbiology, 149, 3-4, 307-315 Veterinary microbiology, 149, 3-4, 307-315 Veterinary Microbiology, 149, 3-4, 307-315 2011/05 英語 公開
Kuwata T, Katsumata Y, Takaki K, Miura T, Igarashi T Kuwata T, Katsumata Y, Takaki K, Miura T, Igarashi T Kuwata T, Katsumata Y, Takaki K, Miura T, Igarashi T Isolation of potent neutralizing monoclonal antibodies from an SIV-Infected rhesus macaque by phage display. Isolation of potent neutralizing monoclonal antibodies from an SIV-Infected rhesus macaque by phage display. Isolation of potent neutralizing monoclonal antibodies from an SIV-Infected rhesus macaque by phage display. AIDS research and human retroviruses, 27, 5, 487-500 AIDS research and human retroviruses, 27, 5, 487-500 AIDS research and human retroviruses, 27, 5, 487-500 2011/05 公開
Matsumoto Y, Miura T, Akari H, Goto Y, Haga T Matsumoto Y, Miura T, Akari H, Goto Y, Haga T Y. Matsumoto; T. Miura; H. Akari; G. Yoshitaka; T. Haga Peripheral blood CD4 and CD8 double-positive T cells of rhesus macaques become vulnerable to Simian Immunodeficiency Virus by in vitro stimulation due to the induction of CCR5. Peripheral blood CD4 and CD8 double-positive T cells of rhesus macaques become vulnerable to Simian Immunodeficiency Virus by in vitro stimulation due to the induction of CCR5. Peripheral blood CD4 and CD8 double-positive t cells of rhesus macaques become vulnerable to simian immunodeficiency virus by in vitro stimulation due to the induction of CCR5 The Journal of veterinary medical science, 72, 8, 1057-1061 The Journal of veterinary medical science, 72, 8, 1057-1061 Journal of Veterinary Medical Science, 72, 8, 1057-1061 2010/08 英語 公開
Himeno A, Akagi T, Uto T, Wang X, Baba M, Ibuki K, Matsuyama M, Horiike M, Igarashi T, Miura T, Akashi M Himeno A, Akagi T, Uto T, Wang X, Baba M, Ibuki K, Matsuyama M, Horiike M, Igarashi T, Miura T, Akashi M A. Himeno; T. Akagi; T. Uto; X. Wang; M. Baba; K. Ibuki; M. Matsuyama; M. Horiike; T. Igarashi; T. Miura; M. Akashi Evaluation of the immune response and protective effects of rhesus macaques vaccinated with biodegradable nanoparticles carrying gp120 of human immunodeficiency virus. Evaluation of the immune response and protective effects of rhesus macaques vaccinated with biodegradable nanoparticles carrying gp120 of human immunodeficiency virus. Evaluation of the immune response and protective effects of rhesus macaques vaccinated with biodegradable nanoparticles carrying gp120 of human immunodeficiency virus Vaccine, 28, 32, 5377-5385 Vaccine, 28, 32, 5377-5385 Vaccine, 28, 32, 5377-5385 2010/07 英語 公開
Nakamura M, Sato E, Miura T, Baba K, Shimoda T, Miyazawa T Nakamura M, Sato E, Miura T, Baba K, Shimoda T, Miyazawa T M. Nakamura; E. Sato; T. Miura; K. Baba; T. Shimoda; T. Miyazawa Differential diagnosis of feline leukemia virus subgroups using pseudotype viruses expressing green fluorescent protein. Differential diagnosis of feline leukemia virus subgroups using pseudotype viruses expressing green fluorescent protein. Differential diagnosis of feline leukemia virus subgroups using pseudotype viruses expressing green fluorescent protein The Journal of veterinary medical science, 72, 6, 787-790 The Journal of veterinary medical science, 72, 6, 787-790 Journal of Veterinary Medical Science, 72, 6, 787-790 2010/06 英語 公開
武久盾;三浦智行 武久盾;三浦智行 HIVの起源と進化 HIVの起源と進化 日本臨床, 68, 3, 410-414 日本臨床, 68, 3, 410-414 , 68, 3, 410-414 2010/03/01 日本語 公開
Takehisa J, Miura T Takehisa J, Miura T Takehisa J, Miura T [The origin and evolution of HIV]. [The origin and evolution of HIV]. [The origin and evolution of HIV]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68, 3, 410-414 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68, 3, 410-414 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68, 3, 410-414 2010/03 公開
Matsuda K, Inaba K, Fukazawa Y, Matsuyama M, Ibuki K, Horiike M, Saito N, Hayami M, Igarashi T, Miura T Matsuda K, Inaba K, Fukazawa Y, Matsuyama M, Ibuki K, Horiike M, Saito N, Hayami M, Igarashi T, Miura T K. Matsuda; K. Inaba; Y. Fukazawa; M. Matsuyama; K. Ibuki; M. Horiike; N. Saito; M. Hayami; T. Igarashi; T. Miura In vivo analysis of a new R5 tropic SHIV generated from the highly pathogenic SHIV-KS661, a derivative of SHIV-89.6. In vivo analysis of a new R5 tropic SHIV generated from the highly pathogenic SHIV-KS661, a derivative of SHIV-89.6. In vivo analysis of a new R5 tropic SHIV generated from the highly pathogenic SHIV-KS661, a derivative of SHIV-89.6 Virology, 399, 1, 134-143 Virology, 399, 1, 134-143 Virology, 399, 1, 134-143 2010/03 英語 公開
Inaba K, Fukazawa Y, Matsuda K, Himeno A, Matsuyama M, Ibuki K, Miura Y, Koyanagi Y, Nakajima A, Blumberg RS, Takahashi H, Hayami M, Igarashi T, Miura T Inaba K, Fukazawa Y, Matsuda K, Himeno A, Matsuyama M, Ibuki K, Miura Y, Koyanagi Y, Nakajima A, Blumberg RS, Takahashi H, Hayami M, Igarashi T, Miura T Inaba, K. et al Small intestine CD4+ cell reduction and enteropathy in simian/human immunodeficiency virus KS661-infected rhesus macaques in the presence of low viral load. Small intestine CD4+ cell reduction and enteropathy in simian/human immunodeficiency virus KS661-infected rhesus macaques in the presence of low viral load. Small intestine CD4+ cell reduction and enteropathy in SHIV-KS661-infected rhesus macaques in presence of low viral load. The Journal of general virology, 91, Pt 3, 773-781 The Journal of general virology, 91, Pt 3, 773-781 J. Gen. Virol., 91: 773-781, 91, Pt 3, 773-781 2010/03 英語 公開
Iwami S, Miura T, Nakaoka S, Takeuchi Y Iwami S, Miura T, Nakaoka S, Takeuchi Y S. Iwami; T. Miura; S. Nakaoka; Y. Takeuchi Immune impairment in HIV infection: existence of risky and immunodeficiency thresholds. Immune impairment in HIV infection: existence of risky and immunodeficiency thresholds. Immune impairment in HIV infection: Existence of risky and immunodeficiency thresholds Journal of theoretical biology, 260, 4, 490-501 Journal of theoretical biology, 260, 4, 490-501 Journal of Theoretical Biology, 260, 4, 490-501 2009/10 英語 公開
Iwami S, Nakaoka S, Takeuchi Y, Miura Y, Miura T Iwami S, Nakaoka S, Takeuchi Y, Miura Y, Miura T S. Iwami; S. Nakaoka; Y. Takeuchi; Y. Miura; T. Miura Immune impairment thresholds in HIV infection. Immune impairment thresholds in HIV infection. Immune impairment thresholds in HIV infection Immunology letters, 123, 2, 149-154 Immunology letters, 123, 2, 149-154 Immunology Letters, 123, 2, 149-154 2009/04 英語 公開
Suzuki T, Yamamoto N, Nonaka M, Hashimoto Y, Matsuda G, Takeshima SN, Matsuyama M, Igarashi T, Miura T, Tanaka R, Kato S, Aida Y Suzuki T, Yamamoto N, Nonaka M, Hashimoto Y, Matsuda G, Takeshima SN, Matsuyama M, Igarashi T, Miura T, Tanaka R, Kato S, Aida Y T. Suzuki; N. Yamamoto; M. Nonaka; Y. Hashimoto; G. Matsuda; S.-n. Takeshima; M. Matsuyama; T. Igarashi; T. Miura; R. Tanaka; S. Kato; Y. Aida Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) nuclear import via Vpr-Importin alpha interactions as a novel HIV-1 therapy. Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) nuclear import via Vpr-Importin alpha interactions as a novel HIV-1 therapy. Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) nuclear import via Vpr-Importin α interactions as a novel HIV-1 therapy Biochemical and biophysical research communications, 380, 4, 838-843 Biochemical and biophysical research communications, 380, 4, 838-843 Biochemical and Biophysical Research Communications, 380, 4, 838-843 2009/03 英語 公開
Morita D, Katoh K, Harada T, Nakagawa Y, Matsunaga I, Miura T, Adachi A, Igarashi T, Sugita M Morita D, Katoh K, Harada T, Nakagawa Y, Matsunaga I, Miura T, Adachi A, Igarashi T, Sugita M D. Morita; K. Katoh; T. Harada; Y. Nakagawa; I. Matsunaga; T. Miura; A. Adachi; T. Igarashi; M. Sugita Trans-species activation of human T cells by rhesus macaque CD1b molecules. Trans-species activation of human T cells by rhesus macaque CD1b molecules. Trans-species activation of human T cells by rhesus macaque CD1b molecules Biochemical and biophysical research communications, 377, 3, 889-893 Biochemical and biophysical research communications, 377, 3, 889-893 Biochemical and Biophysical Research Communications, 377, 3, 889-893 2008/12 英語 公開
Ishikawa M, Okada M, Baba K, Shojima T, Shimojima M, Miura T, Miyazawa T Ishikawa M, Okada M, Baba K, Shojima T, Shimojima M, Miura T, Miyazawa T M. Ishikawa; M. Okada; K. Baba; T. Shojima; M. Shimojima; T. Miura; T. Miyazawa Establishment of a feline astrocyte-derived cell line (G355-5 cells) expressing feline CD134 and a rapid quantitative assay for T-lymphotropic feline immunodeficiency viruses. Establishment of a feline astrocyte-derived cell line (G355-5 cells) expressing feline CD134 and a rapid quantitative assay for T-lymphotropic feline immunodeficiency viruses. Establishment of a feline astrocyte-derived cell line (G355-5 cells) expressing feline CD134 and a rapid quantitative assay for T-lymphotropic feline immunodeficiency viruses Journal of virological methods, 151, 2, 242-248 Journal of virological methods, 151, 2, 242-248 Journal of Virological Methods, 151, 2, 242-248 2008/08 英語 公開
Fukazawa Y, Miyake A, Ibuki K, Inaba K, Saito N, Motohara M, Horiuchi R, Himeno A, Matsuda K, Matsuyama M, Takahashi H, Hayami M, Igarashi T, Miura T Fukazawa Y, Miyake A, Ibuki K, Inaba K, Saito N, Motohara M, Horiuchi R, Himeno A, Matsuda K, Matsuyama M, Takahashi H, Hayami M, Igarashi T, Miura T Y. Fukazawa; A. Miyake; K. Ibuki; K. Inaba; N. Saito; M. Motohara; R. Horiuchi; A. Himeno; K. Matsuda; M. Matsuyama; H. Takahashi; M. Hayami; T. Igarashi; T. Miura Small intestine CD4+ T cells are profoundly depleted during acute simian-human immunodeficiency virus infection, regardless of viral pathogenicity. Small intestine CD4+ T cells are profoundly depleted during acute simian-human immunodeficiency virus infection, regardless of viral pathogenicity. Small intestine CD4<sup>+</sup> T cells are profoundly depleted during acute simian-human immunodeficiency virus infection, regardless of viral pathogenicity Journal of virology, 82, 12, 6039-6044 Journal of virology, 82, 12, 6039-6044 Journal of Virology, 82, 12, 6039-6044 2008/06 英語 公開
三浦智行 三浦智行 エイズウイルスの起源と進化 エイズウイルスの起源と進化 Virus Rep, 5, 1, 82-89 Virus Rep, 5, 1, 82-89 , 5, 1, 82-89 2008/05/31 日本語 公開
Akiyama H, Ishimatsu M, Miura T, Hayami M, Ido E Akiyama H, Ishimatsu M, Miura T, Hayami M, Ido E H. Akiyama; M. Ishimatsu; T. Miura; M. Hayami; E. Ido Construction and infection of a new simian/human immunodeficiency chimeric virus (SHIV) containing the integrase gene of the human immunodeficiency virus type 1 genome and analysis of its adaptation to monkey cells. Construction and infection of a new simian/human immunodeficiency chimeric virus (SHIV) containing the integrase gene of the human immunodeficiency virus type 1 genome and analysis of its adaptation to monkey cells. Construction and infection of a new simian/human immunodeficiency chimeric virus (SHIV) containing the integrase gene of the human immunodeficiency virus type 1 genome and analysis of its adaptation to monkey cells Microbes and infection, 10, 5, 531-539 Microbes and infection, 10, 5, 531-539 Microbes and Infection, 10, 5, 531-539 2008/04 英語 公開
Miura T, Matsuyama M, Ogatsu F, Hayami M Miura T, Matsuyama M, Ogatsu F, Hayami M T. Miura; M. Matsuyama; F. Ogatsu; M. Hayami Whole genome sequence data of an infectious molecular clone of the SIVagm TYO-1 strain. Whole genome sequence data of an infectious molecular clone of the SIVagm TYO-1 strain. Whole genome sequence data of an infectious molecular clone of the SIVagm TYO-1 strain AIDS research and human retroviruses, 22, 11, 1183-1185 AIDS research and human retroviruses, 22, 11, 1183-1185 AIDS Research and Human Retroviruses, 22, 11, 1183-1185 2006/11 英語 公開
Haga T, Kumabe S, Ikejiri A, Shimizu Y, Li H, Goto Y, Matsui H, Miyata H, Miura T Haga T, Kumabe S, Ikejiri A, Shimizu Y, Li H, Goto Y, Matsui H, Miyata H, Miura T Haga T, Kumabe S, Ikejiri A, Shimizu Y, Li H, Goto Y, Matsui H, Miyata H, Miura T In vitro and in vivo stability of plasmids in attenuated Salmonella enterica serovar typhimurium used as a carrier of DNA vaccine is associated with its replication origin. In vitro and in vivo stability of plasmids in attenuated Salmonella enterica serovar typhimurium used as a carrier of DNA vaccine is associated with its replication origin. In vitro and in vivo stability of plasmids in attenuated Salmonella enterica serovar typhimurium used as a carrier of DNA vaccine is associated with its replication origin. Experimental animals, 55, 4, 405-409 Experimental animals, 55, 4, 405-409 Experimental animals, 55, 4, 405-409 2006/07 公開
Motohara M, Ibuki K, Miyake A, Fukazawa Y, Inaba K, Suzuki H, Masuda K, Minato N, Kawamoto H, Nakasone T, Honda M, Hayami M, Miura T Motohara M, Ibuki K, Miyake A, Fukazawa Y, Inaba K, Suzuki H, Masuda K, Minato N, Kawamoto H, Nakasone T, Honda M, Hayami M, Miura T M. Motohara; K. Ibuki; A. Miyake; Y. Fukazawa; K. Inaba; H. Suzuki; K. Masuda; N. Minato; H. Kawamoto; T. Nakasone; M. Honda; M. Hayami; T. Miura Impaired T-cell differentiation in the thymus at the early stages of acute pathogenic chimeric simian-human immunodeficiency virus (SHIV) infection in contrast to less pathogenic SHIV infection. Impaired T-cell differentiation in the thymus at the early stages of acute pathogenic chimeric simian-human immunodeficiency virus (SHIV) infection in contrast to less pathogenic SHIV infection. Impaired T-cell differentiation in the thymus at the early stages of acute pathogenic chimeric simian-human immunodeficiency virus (SHIV) infection in contrast to less pathogenic SHIV infection Microbes and infection, 8, 6, 1539-1549 Microbes and infection, 8, 6, 1539-1549 Microbes and Infection, 8, 6, 1539-1549 2006/05 英語 公開
Horiuchi R, Akahata W, Kuwata T, Enose Y, Ido E, Suzuki H, Miyake A, Saito N, Ibuki K, Goto T, Miura T, Hayami M Horiuchi R, Akahata W, Kuwata T, Enose Y, Ido E, Suzuki H, Miyake A, Saito N, Ibuki K, Goto T, Miura T, Hayami M R. Horiuchi; W. Akahata; T. Kuwata; Y. Enose; E. Ido; H. Suzuki; A. Miyake; N. Saito; K. Ibuki; T. Goto; T. Miura; M. Hayami DNA vaccination of macaques by a full-genome SHIV plasmid that has an IL-2 gene and produces non-infectious virus particles. DNA vaccination of macaques by a full-genome SHIV plasmid that has an IL-2 gene and produces non-infectious virus particles. DNA vaccination of macaques by a full-genome SHIV plasmid that has an IL-2 gene and produces non-infectious virus particles Vaccine, 24, 17, 3677-3685 Vaccine, 24, 17, 3677-3685 Vaccine, 24, 17, 3677-3685 2006/04 英語 公開
Ohkura S, Yamashita M, Ishida T, Babu PG, Koyanagi Y, Yamamoto N, Miura T, Hayami M Ohkura S, Yamashita M, Ishida T, Babu PG, Koyanagi Y, Yamamoto N, Miura T, Hayami M S. Ohkura; M. Yamashita; T. Ishida; P.-G. Babu; Y. Koyanagi; N. Yamamoto; T. Miura; M. Hayami Phylogenetic heterogeneity of new HTLV type 1 isolates from southern India in subgroup A. Phylogenetic heterogeneity of new HTLV type 1 isolates from southern India in subgroup A. Phylogenetic heterogeneity of new HTLV type 1 isolates from southern India in subgroup A AIDS research and human retroviruses, 21, 4, 325-330 AIDS research and human retroviruses, 21, 4, 325-330 AIDS Research and Human Retroviruses, 21, 4, 325-330 2005/04 英語 公開
Suzuki H, Motohara M, Miyake A, Ibuki K, Fukazawa Y, Inaba K, Masuda K, Minato N, Kawamoto H, Hayami M, Miura T Suzuki H, Motohara M, Miyake A, Ibuki K, Fukazawa Y, Inaba K, Masuda K, Minato N, Kawamoto H, Hayami M, Miura T H. Suzuki; M. Motohara; A. Miyake; K. Ibuki; Y. Fukazawa; K. Inaba; K. Masuda; N. Minato; H. Kawamoto; M. Hayami; T. Miura Intrathymic effect of acute pathogenic SHIV infection on T-lineage cells in newborn macaques. Intrathymic effect of acute pathogenic SHIV infection on T-lineage cells in newborn macaques. Intrathymic effect of acute pathogenic SHIV infection on T-lineage cells in newborn macaques Microbiology and immunology, 49, 7, 667-679 Microbiology and immunology, 49, 7, 667-679 Microbiology and Immunology, 49, 7, 667-679 2005 英語 公開
Yamaguchi-Kabata Y, Yamashita M, Ohkura S, Hayami M, Miura T Yamaguchi-Kabata Y, Yamashita M, Ohkura S, Hayami M, Miura T Y. Yamaguchi-Kabata; M. Yamashita; S. Ohkura; M. Hayami; T. Miura Linkage of amino acid variation and evolution of human immunodeficiency virus type 1 gp120 envelope glycoprotein (subtype B) with usage of the second receptor. Linkage of amino acid variation and evolution of human immunodeficiency virus type 1 gp120 envelope glycoprotein (subtype B) with usage of the second receptor. Linkage of amino acid variation and evolution of human immunodeficiency virus type 1 gp120 envelope glycoprotein (Subtype B) with usage of the second receptor Journal of molecular evolution, 58, 3, 333-340 Journal of molecular evolution, 58, 3, 333-340 Journal of Molecular Evolution, 58, 3, 333-340 2004/03 英語 公開
喜多正和;榎瀬良美;宇賀神秀樹;横山京子;鈴木元;桑田岳夫;三浦智行;阪井弘治;高橋栄治 喜多正和;榎瀬良美;宇賀神秀樹;横山京子;鈴木元;桑田岳夫;三浦智行;阪井弘治;高橋栄治 IFN‐γ遺伝子組込み弱毒SHIVのワクチン効果 IFN‐γ遺伝子組込み弱毒SHIVのワクチン効果 日本エイズ学会誌, 5, 2, 86-88 日本エイズ学会誌, 5, 2, 86-88 , 5, 2, 86-88 2003/05/20 日本語 公開
Haga T, Okoba M, Yamazaki N, Kumabe S, Shimizu Y, Goto Y, Kuwata T, Kozyrev IL, Hayami M, Miura T Haga T, Okoba M, Yamazaki N, Kumabe S, Shimizu Y, Goto Y, Kuwata T, Kozyrev IL, Hayami M, Miura T T. Haga; M. Okoba; N. Yamazaki; S. Kumabe; Y. Shimizu; Y. Goto; T. Kuwata; I.L. Kozyrev; M. Hayami; T. Miura Characterization of vpr vector constructed from chimeric simian and human immunodeficiency virus. Characterization of vpr vector constructed from chimeric simian and human immunodeficiency virus. Characterization of vpr vector constructed from chimeric simian and human immunodeficiency virus The Journal of veterinary medical science, 65, 5, 633-636 The Journal of veterinary medical science, 65, 5, 633-636 Journal of Veterinary Medical Science, 65, 5, 633-636 2003/05 英語 公開
Shimada T, Suzuki H, Motohara M, Kuwata T, Ibuki K, Ui M, Iida T, Fukumoto M, Miura T, Hayami M Shimada T, Suzuki H, Motohara M, Kuwata T, Ibuki K, Ui M, Iida T, Fukumoto M, Miura T, Hayami M Shimada T, Suzuki H, Motohara M, Kuwata T, Ibuki K, Ui M, Iida T, Fukumoto M, Miura T, Hayami M Comparative histopathological studies in the early stages of acute pathogenic and nonpathogenic SHIV-infected lymphoid organs. Comparative histopathological studies in the early stages of acute pathogenic and nonpathogenic SHIV-infected lymphoid organs. Comparative histopathological studies in the early stages of acute pathogenic and nonpathogenic SHIV-infected lymphoid organs. Virology, 306, 2, 334-346 Virology, 306, 2, 334-346 Virology, 306, 2, 334-346 2003/02 公開
三浦智行 三浦智行 「成人T網胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動」 「成人T網胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動」 cience of Humanity, 42:50-59 頁 cience of Humanity, 42:50-59 頁 2003 日本語 公開
Takemura T, Yamashita M, Shimada MK, Ohkura S, Shotake T, Ikeda M, Miura T, Hayami M Takemura T, Yamashita M, Shimada MK, Ohkura S, Shotake T, Ikeda M, Miura T, Hayami M T. Takemura; M. Yamashita; M.K. Shimada; S. Ohkura; T. Shotake; M. Ikeda; T. Miura; M. Hayami High prevalence of simian T-lymphotropic virus type L in wild ethiopian baboons. High prevalence of simian T-lymphotropic virus type L in wild ethiopian baboons. High prevalence of simian T-lymphotropic virus type L in wild Ethiopian baboons Journal of virology, 76, 4, 1642-1648 Journal of virology, 76, 4, 1642-1648 Journal of Virology, 76, 4, 1642-1648 2002/02 英語 公開
原田陽介 他 原田陽介 他 HIVとSIVの起源と進化(共著) HIVとSIVの起源と進化(共著) カレントテラピー,19/,103-108 カレントテラピー,19/,103-108 2001 日本語 公開
Iida,T. ,Kita, M., Kuwata, T., Miura, T., Ibuki, K・,Ui,M ・, Hayami, M .Imanishi,J Iida,T. ,Kita, M., Kuwata, T., Miura, T., Ibuki, K・,Ui,M ・, Hayami, M .Imanishi,J [要修正] [要修正] Apoptosis induced by in vitro infection with simian/human immunodeficiency chimeric virus in macaque and human PBMC. AIDS Res. Hum. Retroviruses,17(14):1387-1393. 2001 immunodeficiency chimeric virus in macaque and human PBMC. AIDS Res. Hum. Retroviruses,17(14):1387-1393. 2001 2001 英語 公開
速水正憲 他 速水正憲 他 霊長類レトロウイルスの分子進化 霊長類レトロウイルスの分子進化 下山正徳他編、文光堂、 病理と臨床、臨時増刊号,11: 47-53 下山正徳他編、文光堂、 病理と臨床、臨時増刊号,11: 47-53 1993 日本語 公開
三浦智行 他 三浦智行 他 HTLV-Iの分子系統解析と世界分布 HTLV-Iの分子系統解析と世界分布 臨床とウイルス,20/5,359-366 臨床とウイルス,20/5,359-366 1992 日本語 公開
三浦智行 他 三浦智行 他 霊長類におけるエイズ関連ウイルス 霊長類におけるエイズ関連ウイルス オンコロジア,23/4,70-77 オンコロジア,23/4,70-77 1990 日本語 公開
T. Haga; S. Kumabe; A. Ikejiri; Y. Shimizu; H. Li; Y. Goto; H. Matsui; H. Miyata; T. Miura T. Haga; S. Kumabe; A. Ikejiri; Y. Shimizu; H. Li; Y. Goto; H. Matsui; H. Miyata; T. Miura In vitro and vivo stability of plasmids in attenuated salmonella enterica serovar typhimurium used as a carrier of DNA vaccine is associated with its replication origin In vitro and vivo stability of plasmids in attenuated salmonella enterica serovar typhimurium used as a carrier of DNA vaccine is associated with its replication origin Experimental Animals, 55, 4, 405-409 , 55, 4, 405-409 Experimental Animals, 55, 4, 405-409 2006 英語 公開
M. Takahashi; E. Ido; H. Uesaka; T. Fukushima; K. Ibuki; T. Miura; M. Hayami; H. Takahashi M. Takahashi; E. Ido; H. Uesaka; T. Fukushima; K. Ibuki; T. Miura; M. Hayami; H. Takahashi Comparison of susceptibility to SIVmac239 infection between CD4<sup>+</sup> and CD4<sup>+</sup>8<sup>+</sup> T cells Comparison of susceptibility to SIVmac239 infection between CD4<sup>+</sup> and CD4<sup>+</sup>8<sup>+</sup> T cells Archives of Virology, 150, 8, 1517-1528 , 150, 8, 1517-1528 Archives of Virology, 150, 8, 1517-1528 2005 英語 公開
N. Saito; M. Takahashi; W. Akahata; E. Ido; C. Hidaka; K. Ibuki; T. Miura; M. Hayami; H. Takahashi N. Saito; M. Takahashi; W. Akahata; E. Ido; C. Hidaka; K. Ibuki; T. Miura; M. Hayami; H. Takahashi Analysis of evolutionary conservation in CD1d molecules among primates Analysis of evolutionary conservation in CD1d molecules among primates Tissue Antigens, 66, 6, 674-682 , 66, 6, 674-682 Tissue Antigens, 66, 6, 674-682 2005 英語 公開
T. Shimada; H. Suzuki; M. Motohara; T. Kuwata; K. Ibuki; M. Ui; T. Iida; M. Fukumoto; T. Miura; M. Hayami T. Shimada; H. Suzuki; M. Motohara; T. Kuwata; K. Ibuki; M. Ui; T. Iida; M. Fukumoto; T. Miura; M. Hayami Comparative histopathological studies in the early stages of acute pathogenic and nonpathogenic SHIV-infected lymphoid organs Comparative histopathological studies in the early stages of acute pathogenic and nonpathogenic SHIV-infected lymphoid organs Virology, 306, 2, 334-346 , 306, 2, 334-346 Virology, 306, 2, 334-346 2003/02/15 英語 公開
T. Miura; P. Sonigo T. Miura; P. Sonigo A mathematical model for experimental gene evolution A mathematical model for experimental gene evolution Journal of Theoretical Biology, 209, 4, 497-502 , 209, 4, 497-502 Journal of Theoretical Biology, 209, 4, 497-502 2001/04/21 英語 公開
I.L. Kozyrev; K. Ibuki; T. Shimada; T. Kuwata; T. Takemura; M. Hayami; T. Miura I.L. Kozyrev; K. Ibuki; T. Shimada; T. Kuwata; T. Takemura; M. Hayami; T. Miura Characterization of less pathogenic infectious molecular clones derived from acute-pathogenic SHIV-89.6P stock virus Characterization of less pathogenic infectious molecular clones derived from acute-pathogenic SHIV-89.6P stock virus Virology, 282, 1, 6-13 , 282, 1, 6-13 Virology, 282, 1, 6-13 2001/03/30 英語 公開
J. Takehisa; L. Zekeng; E. Ido; Y. Yamaguchi-Kabata; I. Mboudjeka; Y. Harada; T. Miura; L. Kaptué; M. Hayami J. Takehisa; L. Zekeng; E. Ido; Y. Yamaguchi-Kabata; I. Mboudjeka; Y. Harada; T. Miura; L. Kaptué; M. Hayami Human immunodeficiency virus type 1 intergroup (M/O) recombination in Cameroon Human immunodeficiency virus type 1 intergroup (M/O) recombination in Cameroon Journal of Virology, 73, 8, 6810-6820 , 73, 8, 6810-6820 Journal of Virology, 73, 8, 6810-6820 1999/08 英語 公開
T. Miura; M. Yamashita; V. Zaninovic; L. Cartier; J. Takehisa; T. Igarashi; E. Ido; T. Fujiyoshi; S. Sonoda; K. Tajima; M. Hayami T. Miura; M. Yamashita; V. Zaninovic; L. Cartier; J. Takehisa; T. Igarashi; E. Ido; T. Fujiyoshi; S. Sonoda; K. Tajima; M. Hayami Molecular phylogeny of human T-cell leukemia virus type I and II of Amerindians in Colombia and Chile Molecular phylogeny of human T-cell leukemia virus type I and II of Amerindians in Colombia and Chile Journal of Molecular Evolution, 44, SUPPL. 1, S76-S82 , 44, SUPPL. 1, S76-S82 Journal of Molecular Evolution, 44, SUPPL. 1, S76-S82 1997 英語 公開
T. Kuwata; T. Shioda; T. Igarashi; E. Ido; K. Ibuki; Y. Enose; C. Stahl-Hennig; G. Hunsmann; T. Miura; M. Hayami T. Kuwata; T. Shioda; T. Igarashi; E. Ido; K. Ibuki; Y. Enose; C. Stahl-Hennig; G. Hunsmann; T. Miura; M. Hayami Chimeric viruses between SIV(mac) and various HIV-1 isolates have biological properties that are similar to those of the parental HIV-1 Chimeric viruses between SIV(mac) and various HIV-1 isolates have biological properties that are similar to those of the parental HIV-1 AIDS, 10, 12, 1331-1337 , 10, 12, 1331-1337 AIDS, 10, 12, 1331-1337 1996/10 英語 公開
T. Miura; R. Shibata; A. Adachi; T. Kuwata; J. Chen; M. Jin; E. Ido; M. Hayami T. Miura; R. Shibata; A. Adachi; T. Kuwata; J. Chen; M. Jin; E. Ido; M. Hayami Genetic complementation between replication-defective mutants of HIV-1 and SIVagm Genetic complementation between replication-defective mutants of HIV-1 and SIVagm Archives of Virology, 141, 1, 31-41 , 141, 1, 31-41 Archives of Virology, 141, 1, 31-41 1996 英語 公開
O. Hishida; N.K. Ayisi; M. Aidoo; J. Brandful; W. Ampofo; M. Osei-Kwasi; E. Ido; T. Igarashi; J. Takehisa; T. Miura; A. Miyazaki; M. Hayami O. Hishida; N.K. Ayisi; M. Aidoo; J. Brandful; W. Ampofo; M. Osei-Kwasi; E. Ido; T. Igarashi; J. Takehisa; T. Miura; A. Miyazaki; M. Hayami Serological survey of HIV-1, HIV-2 and human T-cell leukemia virus type 1 for suspected AIDS cases in Ghana Serological survey of HIV-1, HIV-2 and human T-cell leukemia virus type 1 for suspected AIDS cases in Ghana AIDS, 8, 9, 1257-1261 , 8, 9, 1257-1261 AIDS, 8, 9, 1257-1261 1994/09 英語 公開
T. Miura; J.-I. Sakuragi; M. Kawamura; M. Fukasawa; E.N. Moriyama; T. Gojobori; K.-I. Ishikawat; J.A.A. Mingle; V.B.A. Nettey; H. Akari; M. Enami; H. Tsujimoto; M. Hayami T. Miura; J.-I. Sakuragi; M. Kawamura; M. Fukasawa; E.N. Moriyama; T. Gojobori; K.-I. Ishikawat; J.A.A. Mingle; V.B.A. Nettey; H. Akari; M. Enami; H. Tsujimoto; M. Hayami Establishment of a phylogenetic survey system for AIDS-related lentiviruses and demonstration of a new HIV-2 subgroup Establishment of a phylogenetic survey system for AIDS-related lentiviruses and demonstration of a new HIV-2 subgroup AIDS, 4, 12, 1257-1261 , 4, 12, 1257-1261 AIDS, 4, 12, 1257-1261 1990/12 英語 公開
R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; H. Sakai; K. Ogawa; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; H. Sakai; K. Ogawa; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi Construction and characterization of an infectious DNA clone and of mutants of simian immunodeficiency virus isolated from the African green monkey Construction and characterization of an infectious DNA clone and of mutants of simian immunodeficiency virus isolated from the African green monkey Journal of Virology, 64, 1, 307-312 , 64, 1, 307-312 Journal of Virology, 64, 1, 307-312 1990/01 英語 公開
R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; K. Ogawa; H. Sakai; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; K. Ogawa; H. Sakai; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi Mutational analysis of the human immunodeficiency virus type 2 (HIV-2) genome in relation to HIV-1 and simian immunodeficiency virus SIV<sub>AGM</sub> Mutational analysis of the human immunodeficiency virus type 2 (HIV-2) genome in relation to HIV-1 and simian immunodeficiency virus SIV<sub>AGM</sub> Journal of Virology, 64, 2, 742-747 , 64, 2, 742-747 Journal of Virology, 64, 2, 742-747 1990 英語 公開
H. Sakai; R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; K. Ogawa; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi H. Sakai; R. Shibata; T. Miura; M. Hayami; K. Ogawa; T. Kiyomasu; A. Ishimoto; A. Adachi Complementation of the rev gene mutation among human and simian lentiviruses Complementation of the rev gene mutation among human and simian lentiviruses Journal of Virology, 64, 5, 2202-2207 , 64, 5, 2202-2207 Journal of Virology, 64, 5, 2202-2207 1990 英語 公開
H. Tsujimoto; A. Hasegawa; N. Maki; M. Fukasawa; T. Miura; S. Speidel; R.W. Cooper; E.N. Moriyama; T. Gojobori; M. Hayami H. Tsujimoto; A. Hasegawa; N. Maki; M. Fukasawa; T. Miura; S. Speidel; R.W. Cooper; E.N. Moriyama; T. Gojobori; M. Hayami Sequence of a novel simian immunodeficiency virus from a wild-caught African mandrill Sequence of a novel simian immunodeficiency virus from a wild-caught African mandrill Nature, 341, 6242, 539-541 , 341, 6242, 539-541 Nature, 341, 6242, 539-541 1989/10/12 英語 公開
T. Miura; M. Shibuyaa; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; M. Hayami T. Miura; M. Shibuyaa; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; M. Hayami Molecular cloning of a feline leukemia provirus integrated adjacent to the c-myc gene in a feline T-cell leukemia cell line and the unique structure of its long terminal repeat Molecular cloning of a feline leukemia provirus integrated adjacent to the c-myc gene in a feline T-cell leukemia cell line and the unique structure of its long terminal repeat Virology, 169, 2, 458-461 , 169, 2, 458-461 Virology, 169, 2, 458-461 1989/04 英語 公開
T. Miura; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; Y. Ohta; S. Honjo; M. Hayami T. Miura; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; Y. Ohta; S. Honjo; M. Hayami Genetic analysis and infection of SIV (AGM) and SIV(MND) Genetic analysis and infection of SIV (AGM) and SIV(MND) Journal of Medical Primatology, 18, 3-4, 255-259 , 18, 3-4, 255-259 Journal of Medical Primatology, 18, 3-4, 255-259 1989 英語 公開
M. Fukasawa; T. Miura; A. Hasegawa; S. Morikawa; H. Tsujimoto; K. Miki; T. Kitamura; M. Hayami M. Fukasawa; T. Miura; A. Hasegawa; S. Morikawa; H. Tsujimoto; K. Miki; T. Kitamura; M. Hayami Sequence of simian immunodefiency virus from African green monkey, a new member of the HIV/SIV group Sequence of simian immunodefiency virus from African green monkey, a new member of the HIV/SIV group Nature, 333, 6172, 457-461 , 333, 6172, 457-461 Nature, 333, 6172, 457-461 1988/06/02 英語 公開
H. Tsujimoto; R.W. Cooper; T. Kodama; M. Fukasawa; T. Miura; Y. Ohta; K.-I. Ishikawa; M. Nakai; E. Frost; G.E. Roelants; J. Roffi; M. Hayami H. Tsujimoto; R.W. Cooper; T. Kodama; M. Fukasawa; T. Miura; Y. Ohta; K.-I. Ishikawa; M. Nakai; E. Frost; G.E. Roelants; J. Roffi; M. Hayami Isolation and characterization of simian immunodeficiency virus from mandrills in Africa and its relationship to other human and simian immunodeficiency viruses Isolation and characterization of simian immunodeficiency virus from mandrills in Africa and its relationship to other human and simian immunodeficiency viruses Journal of Virology, 62, 11, 4044-4050 , 62, 11, 4044-4050 Journal of Virology, 62, 11, 4044-4050 1988 英語 公開
T. Miura; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; T. Kodama; M. Shibuya; A. Hasegawa; M. Hayami T. Miura; H. Tsujimoto; M. Fukasawa; T. Kodama; M. Shibuya; A. Hasegawa; M. Hayami Structural abnormality and over-expression of the myc gene in feline leukemias Structural abnormality and over-expression of the myc gene in feline leukemias International Journal of Cancer, 40, 4, 564-569 , 40, 4, 564-569 International Journal of Cancer, 40, 4, 564-569 1987/10/15 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
関紗由里, 野村拓志, 野村拓志, 西澤雅子, 石井洋, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗, 俣野哲朗 関紗由里, 野村拓志, 野村拓志, 西澤雅子, 石井洋, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗, 俣野哲朗 関紗由里, 野村拓志, 野村拓志, 西澤雅子, 石井洋, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗, 俣野哲朗 伝播により変異を蓄積したSIVの感染免疫動態に関する研究 伝播により変異を蓄積したSIVの感染免疫動態に関する研究 伝播により変異を蓄積したSIVの感染免疫動態に関する研究 日本エイズ学会誌, 19, 4, 361 日本エイズ学会誌, 19, 4, 361 日本エイズ学会誌, 19, 4, 361 2017/11/20 日本語 公開
桑田岳夫, 佐野雅人, 松岡佐織, 俣野哲朗, 関洋平, 明里宏文, 明里宏文, 三浦智行, 松下修三 桑田岳夫, 佐野雅人, 松岡佐織, 俣野哲朗, 関洋平, 明里宏文, 明里宏文, 三浦智行, 松下修三 桑田岳夫, 佐野雅人, 松岡佐織, 俣野哲朗, 関洋平, 明里宏文, 明里宏文, 三浦智行, 松下修三 SIV感染サルをモデルとした中和抗体誘導メカニズムの解析 SIV感染サルをモデルとした中和抗体誘導メカニズムの解析 SIV感染サルをモデルとした中和抗体誘導メカニズムの解析 日本エイズ学会誌, 19, 4, 416 日本エイズ学会誌, 19, 4, 416 日本エイズ学会誌, 19, 4, 416 2017/11/20 日本語 公開
関洋平, 齊藤暁, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 大出裕高, 岩谷靖雅, 石井洋, SAIFULISLAM M, 芳田剛, 村田めぐみ, 鷲崎彩夏, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 関洋平, 齊藤暁, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 大出裕高, 岩谷靖雅, 石井洋, SAIFULISLAM M, 芳田剛, 村田めぐみ, 鷲崎彩夏, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 関洋平, 齊藤暁, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 大出裕高, 岩谷靖雅, 石井洋, SAIFULISLAM M, 芳田剛, 村田めぐみ, 鷲崎彩夏, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 カニクイザルにおけるHIV‐1mt長期潜伏感染の解析 カニクイザルにおけるHIV‐1mt長期潜伏感染の解析 カニクイザルにおけるHIV‐1mt長期潜伏感染の解析 日本エイズ学会誌, 19, 4, 417 日本エイズ学会誌, 19, 4, 417 日本エイズ学会誌, 19, 4, 417 2017/11/20 日本語 公開
野村拓志, 野村拓志, 石井洋, 関紗由里, 山本浩之, 寺原和孝, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗 野村拓志, 野村拓志, 石井洋, 関紗由里, 山本浩之, 寺原和孝, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗 野村拓志, 野村拓志, 石井洋, 関紗由里, 山本浩之, 寺原和孝, 三浦智行, 俣野哲朗, 俣野哲朗 SIV複製制御個体におけるSIV野生型/変異型エピトープ特異的CTL誘導動態の解析 SIV複製制御個体におけるSIV野生型/変異型エピトープ特異的CTL誘導動態の解析 SIV複製制御個体におけるSIV野生型/変異型エピトープ特異的CTL誘導動態の解析 日本エイズ学会誌, 19, 4, 415 日本エイズ学会誌, 19, 4, 415 日本エイズ学会誌, 19, 4, 415 2017/11/20 日本語 公開
関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 サル骨髄造血幹細胞移植マウスへのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 サル骨髄造血幹細胞移植マウスへのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 サル骨髄造血幹細胞移植マウスへのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 臨床検査学教育, 9, 1, 104‐105 臨床検査学教育, 9, 1, 104‐105 臨床検査学教育, 9, 1, 104‐105 2017/03/01 日本語 公開
三宅康行, 入口翔一, 三浦智行, 立川愛, 上田樹, 上田樹, 田谷かほる, 田谷かほる, 今井映里, 石井洋, 尾上浩隆, 寺倉精太郎, 俣野哲朗, 金子新 三宅康行, 入口翔一, 三浦智行, 立川愛, 上田樹, 上田樹, 田谷かほる, 田谷かほる, 今井映里, 石井洋, 尾上浩隆, 寺倉精太郎, 俣野哲朗, 金子新 三宅康行, 入口翔一, 三浦智行, 立川愛, 上田樹, 上田樹, 田谷かほる, 田谷かほる, 今井映里, 石井洋, 尾上浩隆, 寺倉精太郎, 俣野哲朗, 金子新 iPS細胞由来再生T細胞の臨床応用に向けた霊長類前臨床モデルの開発 iPS細胞由来再生T細胞の臨床応用に向けた霊長類前臨床モデルの開発 iPS細胞由来再生T細胞の臨床応用に向けた霊長類前臨床モデルの開発 再生医療, 16, 347 再生医療, 16, 347 再生医療, 16, 347 2017/02/01 日本語 公開
志田壽利, 加藤誠一, 加藤誠一, 保富康宏, 松尾和浩, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 張険峰, 井上誠, 成瀬妙子, 木村彰方 志田壽利, 加藤誠一, 加藤誠一, 保富康宏, 松尾和浩, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 張険峰, 井上誠, 成瀬妙子, 木村彰方 志田壽利, 加藤誠一, 加藤誠一, 保富康宏, 松尾和浩, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 張険峰, 井上誠, 成瀬妙子, 木村彰方 HIV‐1ワクチン開発とその課題 HIV‐1ワクチン開発とその課題 HIV‐1ワクチン開発とその課題 MHC (Web), 23, 2 Suppl, 58 MHC (Web), 23, 2 Suppl, 58 MHC (Web), 23, 2 Suppl, 58 2016/10/15 日本語 公開
石田裕樹, 三浦智行 石田裕樹, 三浦智行 石田裕樹, 三浦智行 HIV‐1感染症の機能的治療におけるウィルスリザーバーサイズの意義 HIV‐1感染症の機能的治療におけるウィルスリザーバーサイズの意義 HIV‐1感染症の機能的治療におけるウィルスリザーバーサイズの意義 東京生化学研究会助成研究報告集, 30, 287‐288 東京生化学研究会助成研究報告集, 30, 287‐288 東京生化学研究会助成研究報告集, 30, 287‐288 2016/09/30 日本語 公開
吉川禄助, 吉川禄助, 坂口翔一, 坂口翔一, 中川草, 中村紳一朗, 阪脇廣美, 兼子明久, 三浦智行, 鈴木樹理, 岡本宗裕, 宮沢孝幸 吉川禄助, 吉川禄助, 坂口翔一, 坂口翔一, 中川草, 中村紳一朗, 阪脇廣美, 兼子明久, 三浦智行, 鈴木樹理, 岡本宗裕, 宮沢孝幸 吉川禄助, 吉川禄助, 坂口翔一, 坂口翔一, 中川草, 中村紳一朗, 阪脇廣美, 兼子明久, 三浦智行, 鈴木樹理, 岡本宗裕, 宮沢孝幸 サルレトロウイルス5型感染によるニホンザル血小板減少症 サルレトロウイルス5型感染によるニホンザル血小板減少症 サルレトロウイルス5型感染によるニホンザル血小板減少症 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 394 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 394 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 394 2016/08/30 日本語 公開
関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 関根将, 藤田悠平, 陣野萌恵, 三浦智行, 伊吹謙太郎 サル免疫細胞を持つマウス(サル化マウス)へのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 サル免疫細胞を持つマウス(サル化マウス)へのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 サル免疫細胞を持つマウス(サル化マウス)へのサル免疫不全ウイルス(SIV)感染実験 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 505 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 505 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 505 2016/08/30 日本語 公開
岡本宗裕, 吉川禄助, 阪脇廣美, 鈴木樹理, 坂口翔一, 兼子明久, 中村紳一朗, 三浦智行, 宮沢孝幸 岡本宗裕, 吉川禄助, 阪脇廣美, 鈴木樹理, 坂口翔一, 兼子明久, 中村紳一朗, 三浦智行, 宮沢孝幸 岡本宗裕, 吉川禄助, 阪脇廣美, 鈴木樹理, 坂口翔一, 兼子明久, 中村紳一朗, 三浦智行, 宮沢孝幸 サルレトロウイルス5型(SRV‐5)のニホンザルへの感染実験 サルレトロウイルス5型(SRV‐5)のニホンザルへの感染実験 サルレトロウイルス5型(SRV‐5)のニホンザルへの感染実験 霊長類研究, 32, Supplement, 47 霊長類研究, 32, Supplement, 47 霊長類研究, 32, Supplement, 47 2016/06/20 日本語 公開
水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 苛原優, 小谷みさと, 石田有佑, 山田裕子, 山田裕子, 大橋南美, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 苛原優, 小谷みさと, 石田有佑, 山田裕子, 山田裕子, 大橋南美, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 苛原優, 小谷みさと, 石田有佑, 山田裕子, 山田裕子, 大橋南美, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 薬物動態の改善を目指したCD4ミミック型HIV‐1侵入阻害薬リードに関する研究 薬物動態の改善を目指したCD4ミミック型HIV‐1侵入阻害薬リードに関する研究 薬物動態の改善を目指したCD4ミミック型HIV‐1侵入阻害薬リードに関する研究 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, ROMBUNNO.28T‐AM04 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, ROMBUNNO.28T‐AM04 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, ROMBUNNO.28T‐AM04 2016 日本語 公開
渡部祐司, 渡部祐司, 岩見真吾, 松浦嘉奈子, 森ひろみ, 日紫喜隆行, 三浦智行, 明星宏文, 五十嵐樹彦 渡部祐司, 渡部祐司, 岩見真吾, 松浦嘉奈子, 森ひろみ, 日紫喜隆行, 三浦智行, 明星宏文, 五十嵐樹彦 渡部祐司, 渡部祐司, 岩見真吾, 松浦嘉奈子, 森ひろみ, 日紫喜隆行, 三浦智行, 明星宏文, 五十嵐樹彦 CD163陽性細胞は高病原性SHIV感染サルの治療下におけるウイルスRNA陽性細胞である CD163陽性細胞は高病原性SHIV感染サルの治療下におけるウイルスRNA陽性細胞である CD163陽性細胞は高病原性SHIV感染サルの治療下におけるウイルスRNA陽性細胞である 日本エイズ学会誌, 17, 4, 377 日本エイズ学会誌, 17, 4, 377 日本エイズ学会誌, 17, 4, 377 2015/11/20 日本語 公開
石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 日本エイズ学会誌, 17, 4, 381 日本エイズ学会誌, 17, 4, 381 日本エイズ学会誌, 17, 4, 381 2015/11/20 日本語 公開
関洋平, 齊藤暁, 芳田剛, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 渡部祐司, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 関洋平, 齊藤暁, 芳田剛, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 渡部祐司, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 関洋平, 齊藤暁, 芳田剛, 佐藤賢文, 原田恵嘉, 吉村和久, 渡部祐司, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文, 明里宏文 R5指向性HIV‐1mt感染カニクイザルによる新規エリートコントローラーモデルの開発 R5指向性HIV‐1mt感染カニクイザルによる新規エリートコントローラーモデルの開発 R5指向性HIV‐1mt感染カニクイザルによる新規エリートコントローラーモデルの開発 日本エイズ学会誌, 17, 4, 334 日本エイズ学会誌, 17, 4, 334 日本エイズ学会誌, 17, 4, 334 2015/11/20 日本語 公開
石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 石田有佑, 水口貴章, 原田恵嘉, 三浦智行, 小谷みさと, 山田裕子, 山田裕子, 苛原優, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 カテコール誘導体を基盤とした新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 カテコール誘導体を基盤とした新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 カテコール誘導体を基盤とした新規CD4ミミックの創製と薬物動態解析 メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 33rd, 168 メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 33rd, 168 メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 33rd, 168 2015/11/01 日本語 公開
小谷みさと, 苛原優, 原田恵嘉, 大橋南美, 山田裕子, 山田裕子, 水口貴章, 三浦智行, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 小谷みさと, 苛原優, 原田恵嘉, 大橋南美, 山田裕子, 山田裕子, 水口貴章, 三浦智行, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 小谷みさと, 苛原優, 原田恵嘉, 大橋南美, 山田裕子, 山田裕子, 水口貴章, 三浦智行, 野村渉, 松下修三, 吉村和久, 玉村啓和 HIV外被タンパク質gp120を標的とするmono‐cyclohexcyl型低分子CD4ミミックの創製研究 HIV外被タンパク質gp120を標的とするmono‐cyclohexcyl型低分子CD4ミミックの創製研究 HIV外被タンパク質gp120を標的とするmono‐cyclohexcyl型低分子CD4ミミックの創製研究 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 59th, 103 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 59th, 103 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 59th, 103 2015/09/07 日本語 公開
関洋平, 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 杉浦亙, 明里宏文 関洋平, 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 杉浦亙, 明里宏文 関洋平, 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 杉浦亙, 明里宏文 サル指向性HIV‐1のin vivoにおける増殖効率を上昇させる要因 サル指向性HIV‐1のin vivoにおける増殖効率を上昇させる要因 サル指向性HIV‐1のin vivoにおける増殖効率を上昇させる要因 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 148 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 148 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 148 2015/04/30 日本語 公開
橋本隼, 藤田悠平, 三浦智行, 伊吹謙太郎 橋本隼, 藤田悠平, 三浦智行, 伊吹謙太郎 橋本隼, 藤田悠平, 三浦智行, 伊吹謙太郎 SIVが感染可能なサル免疫細胞を持つマウスの作製 SIVが感染可能なサル免疫細胞を持つマウスの作製 SIVが感染可能なサル免疫細胞を持つマウスの作製 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 238 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 238 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 238 2015/04/30 日本語 公開
三浦智行 三浦智行 三浦智行 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発 霊長類モデルを用いたHIV感染症の予防・治療法開発 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 68 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 68 日本実験動物学会総会講演要旨集, 62nd, 68 2015/04/30 日本語 公開
五十嵐樹彦, 三浦智行 五十嵐樹彦, 三浦智行 五十嵐樹彦, 三浦智行 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 NBD誘導体の動物モデルを用いたin vivo試験 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 NBD誘導体の動物モデルを用いたin vivo試験 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 NBD誘導体の動物モデルを用いたin vivo試験 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 平成26年度総括・分担研究報告書, 18‐21 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 平成26年度総括・分担研究報告書, 18‐21 中和抗体を用いたHIV感染症の「機能的治癒」をめざす新規治療法の開発 平成26年度総括・分担研究報告書, 18‐21 2015 日本語 公開
加藤文博, 加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 田島茂, 高崎智彦, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行, 日紫喜隆行 加藤文博, 加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 田島茂, 高崎智彦, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行, 日紫喜隆行 加藤文博, 加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 田島茂, 高崎智彦, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行, 日紫喜隆行 Bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 Bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 Bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 日本生化学会大会(Web), 88th, 2P1185 (WEB ONLY) 日本生化学会大会(Web), 88th, 2P1185 (WEB ONLY) 日本生化学会大会(Web), 88th, 2P1185 (WEB ONLY) 2015 日本語 公開
五十嵐樹彦, 三浦智行 五十嵐樹彦, 三浦智行 五十嵐樹彦, 三浦智行 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 粘膜・リンパ組織の抗原提示細胞への感染様式の解明 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 粘膜・リンパ組織の抗原提示細胞への感染様式の解明 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 粘膜・リンパ組織の抗原提示細胞への感染様式の解明 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 平成26年度 総括・分担研究報告書, 15-17 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 平成26年度 総括・分担研究報告書, 15-17 HIVの潜伏・再活性化および慢性的免疫活性化を左右する細胞因子・免疫応答の解明とその制御 平成26年度 総括・分担研究報告書, 15-17 2015 日本語 公開
芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 杉浦亙, 三浦智行, 明里宏文 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 杉浦亙, 三浦智行, 明里宏文 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 保富康宏, 俣野哲朗, 杉浦亙, 三浦智行, 明里宏文 サル指向性HIV‐1の感染個体における増殖効率を上昇させる要因 サル指向性HIV‐1の感染個体における増殖効率を上昇させる要因 サル指向性HIV‐1の感染個体における増殖効率を上昇させる要因 日本エイズ学会誌, 16, 4, 609 日本エイズ学会誌, 16, 4, 609 日本エイズ学会誌, 16, 4, 609 2014/11/20 日本語 公開
中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574 日本エイズ学会誌, 16, 4, 574 2014/11/20 日本語 公開
渡部祐司, 岩見真吾, 森ひろみ, 石田裕樹, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 渡部祐司, 岩見真吾, 森ひろみ, 石田裕樹, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 渡部祐司, 岩見真吾, 森ひろみ, 石田裕樹, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 高病原性SHIV感染サルにおける感染マクロファージは感染リンパ球と同程度の半減期を示す 高病原性SHIV感染サルにおける感染マクロファージは感染リンパ球と同程度の半減期を示す 高病原性SHIV感染サルにおける感染マクロファージは感染リンパ球と同程度の半減期を示す 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 401 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 401 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 401 2014/10/31 日本語 公開
芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 芳田剛, 齊藤暁, 松岡和弘, 大出裕高, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 In vivoにおけるサル指向性HIV‐1の増殖効率を上昇させる要因 In vivoにおけるサル指向性HIV‐1の増殖効率を上昇させる要因 In vivoにおけるサル指向性HIV‐1の増殖効率を上昇させる要因 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 399 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 399 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 399 2014/10/31 日本語 公開
関紗由里, 野村拓志, 西澤雅子, 横山勝, 佐藤裕徳, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 俣野哲朗 関紗由里, 野村拓志, 西澤雅子, 横山勝, 佐藤裕徳, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 俣野哲朗 関紗由里, 野村拓志, 西澤雅子, 横山勝, 佐藤裕徳, 團塚愛, 三浦智行, 小柳義夫, 俣野哲朗 SIVの持続感染・伝播における変異蓄積に関する研究 SIVの持続感染・伝播における変異蓄積に関する研究 SIVの持続感染・伝播における変異蓄積に関する研究 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 199 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 199 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 199 2014/10/31 日本語 公開
三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 日紫喜隆行, 五十嵐樹彦 三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 日紫喜隆行, 五十嵐樹彦 三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 日紫喜隆行, 五十嵐樹彦 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抗体抵抗性の解析 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抗体抵抗性の解析 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抗体抵抗性の解析 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 151 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 151 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 151 2014/10/31 日本語 公開
日紫喜隆行, 加藤文博, 三浦智行, 五十嵐樹彦 日紫喜隆行, 加藤文博, 三浦智行, 五十嵐樹彦 日紫喜隆行, 加藤文博, 三浦智行, 五十嵐樹彦 抗デングウイルス活性を有する生薬由来成分の探索と性状解析 抗デングウイルス活性を有する生薬由来成分の探索と性状解析 抗デングウイルス活性を有する生薬由来成分の探索と性状解析 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 328 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 328 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 328 2014/10/31 日本語 公開
加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 加藤文博, 石田裕樹, 大石真也, 藤井信孝, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 bromocriptineによる抗デングウイルス活性機構の解析 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 253 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 253 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 62nd, 253 2014/10/31 日本語 公開
團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 サル用大型アイソレーター内部と飼育室との温湿度の比較 サル用大型アイソレーター内部と飼育室との温湿度の比較 サル用大型アイソレーター内部と飼育室との温湿度の比較 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 206 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 206 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 206 2014/05/01 日本語 公開
團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 團塚愛, 井澤菜摘, 三浦智行 アカゲザルの摂食率向上に対する給餌の工夫 アカゲザルの摂食率向上に対する給餌の工夫 アカゲザルの摂食率向上に対する給餌の工夫 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 207 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 207 日本実験動物学会総会講演要旨集, 61st, 207 2014/05/01 日本語 公開
三浦智行, 宮沢孝幸 三浦智行, 宮沢孝幸 三浦智行, 宮沢孝幸 動物由来感染症の対応に関する研究 ニホンザル血小板減少症の原因となるSRVのウイルス学的解析 動物由来感染症の対応に関する研究 ニホンザル血小板減少症の原因となるSRVのウイルス学的解析 動物由来感染症の対応に関する研究 ニホンザル血小板減少症の原因となるSRVのウイルス学的解析 動物由来感染症の対応に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 61-66 動物由来感染症の対応に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 61-66 動物由来感染症の対応に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 61-66 2014 日本語 公開
大附寛幸, 丸田泰広, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 廣田雄樹, 原田恵嘉, 三浦智行, 吉村和久, 玉村啓和, 松下修三, 五十嵐樹彦 大附寛幸, 丸田泰広, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 廣田雄樹, 原田恵嘉, 三浦智行, 吉村和久, 玉村啓和, 松下修三, 五十嵐樹彦 大附寛幸, 丸田泰広, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 廣田雄樹, 原田恵嘉, 三浦智行, 吉村和久, 玉村啓和, 松下修三, 五十嵐樹彦 抗V3抗体および低分子CD4ミミック曝露後投与によるアカゲザルでのSHIV複製抑制 抗V3抗体および低分子CD4ミミック曝露後投与によるアカゲザルでのSHIV複製抑制 抗V3抗体および低分子CD4ミミック曝露後投与によるアカゲザルでのSHIV複製抑制 日本エイズ学会誌, 15, 4, 380 日本エイズ学会誌, 15, 4, 380 日本エイズ学会誌, 15, 4, 380 2013/11/20 日本語 公開
齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する 日本エイズ学会誌, 15, 4, 379 日本エイズ学会誌, 15, 4, 379 日本エイズ学会誌, 15, 4, 379 2013/11/20 日本語 公開
米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 三浦智行 米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 三浦智行 米田舞, 大附寛幸, 松下修三, 三浦智行 新規CCR5指向性かつ中和抵抗性SHIVクローンの作製および解析 新規CCR5指向性かつ中和抵抗性SHIVクローンの作製および解析 新規CCR5指向性かつ中和抵抗性SHIVクローンの作製および解析 日本エイズ学会誌, 15, 4, 520 日本エイズ学会誌, 15, 4, 520 日本エイズ学会誌, 15, 4, 520 2013/11/20 日本語 公開
中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 三浦智行, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種によるSIV増殖抑制能の増強効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種によるSIV増殖抑制能の増強効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種によるSIV増殖抑制能の増強効果の解析 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 247 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 247 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 247 2013/10/29 日本語 公開
大附寛幸, 五十嵐樹彦, 三浦智行 大附寛幸, 五十嵐樹彦, 三浦智行 大附寛幸, 五十嵐樹彦, 三浦智行 CCR5指向性サブタイプCエンベロープを持つサル指向性HIV‐1のブタオザルにおける複製 CCR5指向性サブタイプCエンベロープを持つサル指向性HIV‐1のブタオザルにおける複製 CCR5指向性サブタイプCエンベロープを持つサル指向性HIV‐1のブタオザルにおける複製 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 352 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 352 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 352 2013/10/29 日本語 公開
石田裕樹, 加藤文博, 川岸崇裕, 小林剛, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 石田裕樹, 加藤文博, 川岸崇裕, 小林剛, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 石田裕樹, 加藤文博, 川岸崇裕, 小林剛, 日紫喜隆行, 三浦智行, 五十嵐樹彦 フィリピンカニクイザルにおけるデングウイルス自然感染 フィリピンカニクイザルにおけるデングウイルス自然感染 フィリピンカニクイザルにおけるデングウイルス自然感染 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 388 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 388 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 388 2013/10/29 日本語 公開
齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 野間口雅子, 足立昭夫, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV‐1はサル個体に持続感染する 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 213 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 213 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 213 2013/10/29 日本語 公開
加藤文博, 小林剛, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 加藤文博, 小林剛, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 加藤文博, 小林剛, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 日紫喜隆行 分泌型ルシフェラーゼ遺伝子を有するデングウイルス1型レプリコンの構築 分泌型ルシフェラーゼ遺伝子を有するデングウイルス1型レプリコンの構築 分泌型ルシフェラーゼ遺伝子を有するデングウイルス1型レプリコンの構築 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 389 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 389 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 61st, 389 2013/10/29 日本語 公開
坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明星宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明星宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明星宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 感染性分子クローン由来サルレトロウイルス4型実験感染ニホンザルにおけるウイルスの体内動態 感染性分子クローン由来サルレトロウイルス4型実験感染ニホンザルにおけるウイルスの体内動態 感染性分子クローン由来サルレトロウイルス4型実験感染ニホンザルにおけるウイルスの体内動態 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 273 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 273 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 273 2013/08/30 日本語 公開
齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 齊藤暁, 大附寛幸, 東濃篤徳, 鈴木紗織, 松田健太, 高橋尚史, 松岡佐織, 岩谷靖雅, 杉浦亙, 保富康宏, 俣野哲朗, 三浦智行, 明里宏文 ウイルスの標的細胞指向性はサル指向性HIV‐1の増殖に影響するか? ウイルスの標的細胞指向性はサル指向性HIV‐1の増殖に影響するか? ウイルスの標的細胞指向性はサル指向性HIV‐1の増殖に影響するか? 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 274 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 274 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 274 2013/08/30 日本語 公開
西脇和摩, 溝越祐志, 三浦智行, 伊吹謙太郎 西脇和摩, 溝越祐志, 三浦智行, 伊吹謙太郎 西脇和摩, 溝越祐志, 三浦智行, 伊吹謙太郎 サル免疫細胞を体内に持つマウス作成の試み サル免疫細胞を体内に持つマウス作成の試み サル免疫細胞を体内に持つマウス作成の試み 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 393 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 393 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th, 393 2013/08/30 日本語 公開
三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 一瀬裕太郎, 松田健太, 松下修三, 五十嵐樹彦 三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 一瀬裕太郎, 松田健太, 松下修三, 五十嵐樹彦 三浦智行, 米田舞, 大附寛幸, 一瀬裕太郎, 松田健太, 松下修三, 五十嵐樹彦 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抵抗性の解析 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抵抗性の解析 新規CCR5指向性SHIVのサルへの順化と中和抵抗性の解析 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th, 231 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th, 231 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th, 231 2013/03/04 日本語 公開
米田舞,大附寛幸,一瀬裕太郎,松田健太,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 米田舞,大附寛幸,一瀬裕太郎,松田健太,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 新規CCR5 指向性SHIV のサルヘの順化と中和抵抗性の解析 新規CCR5 指向性SHIV のサルヘの順化と中和抵抗性の解析 第155 回日本獣医学会、東京、2013 年3 月28-30日 第155 回日本獣医学会、東京、2013 年3 月28-30日 2013 日本語 公開
廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 HIV外被タンパク質gp120を標的としたインドール型低分子CD4ミミックの創製 HIV外被タンパク質gp120を標的としたインドール型低分子CD4ミミックの創製 HIV外被タンパク質gp120を標的としたインドール型低分子CD4ミミックの創製 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29PMA-125 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29PMA-125 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29PMA-125 2013 日本語 公開
坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明里宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明里宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 坂口翔一, 吉川禄助, 岡本宗裕, 明里宏文, 齊藤暁, 佐藤英次, 安永純一郎, 三浦智行, 宮沢孝幸 感染性分子クローン由来ウイルスを用いたニホンザル血小板減少症の病態解析 感染性分子クローン由来ウイルスを用いたニホンザル血小板減少症の病態解析 感染性分子クローン由来ウイルスを用いたニホンザル血小板減少症の病態解析 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 19th, 63 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 19th, 63 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 19th, 63 2013 日本語 公開
廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 廣田雄樹, 鳴海哲夫, 橋本知恵, 吉村和久, 原田恵嘉, 大附寛幸, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 相川春夫, 野村渉, 松下修三, 玉村啓和 HIV外被タンパク質gp120を標的とするインドール型低分子CD4ミミックの創製研究 HIV外被タンパク質gp120を標的とするインドール型低分子CD4ミミックの創製研究 HIV外被タンパク質gp120を標的とするインドール型低分子CD4ミミックの創製研究 日本エイズ学会誌, 14, 4, 304 日本エイズ学会誌, 14, 4, 304 日本エイズ学会誌, 14, 4, 304 2012/11/20 日本語 公開
中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 阪脇廣美, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 阪脇廣美, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 中村碧, 高原悠佑, 松岡佐織, 阪脇廣美, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 小柳義夫, 成瀬妙子, 木村彰方, 俣野哲朗 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384 日本エイズ学会誌, 14, 4, 384 2012/11/20 日本語 公開
日向亮輔,川岸崇裕,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 日向亮輔,川岸崇裕,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 ダニ媒介性脳炎ウイルスCapsid 欠損レプリコンの構築及びSingle-round infectious system の開発 ダニ媒介性脳炎ウイルスCapsid 欠損レプリコンの構築及びSingle-round infectious system の開発 第47 回日本脳炎ウイルス生態学研究会、熊本、2012年 5 月25 日-26 日 第47 回日本脳炎ウイルス生態学研究会、熊本、2012年 5 月25 日-26 日 2012 日本語 公開
加藤文博,川岸崇裕,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 加藤文博,川岸崇裕,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 フィリピンカニクイザルにおける デングウイルス感染状況 フィリピンカニクイザルにおける デングウイルス感染状況 第19回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、大阪、2012年11月12日 第19回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、大阪、2012年11月12日 2012 日本語 公開
藤文博,川岸崇裕,日向亮輔,大石真也,藤井信孝,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 藤文博,川岸崇裕,日向亮輔,大石真也,藤井信孝,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 抗ダンプウイルス活性を有するかご物の探索および作用機序の解析 抗ダンプウイルス活性を有するかご物の探索および作用機序の解析 第60 回日本 ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13 日 第60 回日本 ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13 日 2012 日本語 公開
岩見真吾,de Boer Rob ,五十嵐樹彦,三浦智行 岩見真吾,de Boer Rob ,五十嵐樹彦,三浦智行 培養細胞実験と数理モデルによるウイルス感染動態の定量化―ウイルス病原性の解明への応用― 培養細胞実験と数理モデルによるウイルス感染動態の定量化―ウイルス病原性の解明への応用― 第60 回日本ウイルス学会、大阪、2012 年11 月13-15 日 第60 回日本ウイルス学会、大阪、2012 年11 月13-15 日 2012 日本語 公開
大附寛幸,一瀬裕太郎,小林剛,原田恵嘉,吉村和久,鳴海哲夫,玉村啓和,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 大附寛幸,一瀬裕太郎,小林剛,原田恵嘉,吉村和久,鳴海哲夫,玉村啓和,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 中和感受性を増強する薬剤による抗HIV-1治療戦略に向け た新規SHIV/ アカゲザル評価モデルの開発 中和感受性を増強する薬剤による抗HIV-1治療戦略に向け た新規SHIV/ アカゲザル評価モデルの開発 第60 回日本ウイルス学会、大阪、2012 年11 月13-15日 第60 回日本ウイルス学会、大阪、2012 年11 月13-15日 2012 日本語 公開
川岸崇裕,加藤文博,日向亮輔,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 川岸崇裕,加藤文博,日向亮輔,三浦智行,小林剛,五十嵐樹彦 シベリア型ダニ媒介性脳炎ウイルスI R 9 9-2 f 7 株の感染性cDNA クローンの構築 シベリア型ダニ媒介性脳炎ウイルスI R 9 9-2 f 7 株の感染性cDNA クローンの構築 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13-15 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13-15 日 2012 日本語 公開
米田舞,一瀬裕太郎,大附寛幸,松田健太,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 米田舞,一瀬裕太郎,大附寛幸,松田健太,松下修三,五十嵐樹彦,三浦智行 サルに順化したCCR5 指向性SHIV-MK38 の中和抗体に対する抵抗性 サルに順化したCCR5 指向性SHIV-MK38 の中和抗体に対する抵抗性 第60 回日本ウイルス学 会、大阪、2012 年11 月13-15 日 第60 回日本ウイルス学 会、大阪、2012 年11 月13-15 日 2012 日本語 公開
渡部祐司,岩見真吾,西山由利子,森ひろみ,三浦智行,五十嵐樹彦 渡部祐司,岩見真吾,西山由利子,森ひろみ,三浦智行,五十嵐樹彦 高病原性SHIV 感染 サルにおける感染マクロファージの半減期の推定 高病原性SHIV 感染 サルにおける感染マクロファージの半減期の推定 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13 日-15日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪、2012 年11 月13 日-15日 2012 日本語 公開
岩見真吾,Rob de Boer ,三浦智行,西村隹哲,五十嵐樹彦 岩見真吾,Rob de Boer ,三浦智行,西村隹哲,五十嵐樹彦 SHIV 感染アカゲザルにおいて病原性を決定づけるウイルス感染動態の探索―数理モデルによるデータ解析の視点から― SHIV 感染アカゲザルにおいて病原性を決定づけるウイルス感染動態の探索―数理モデルによるデータ解析の視点から― 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11 月24-26 日 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11 月24-26 日 2012 日本語 公開
大附寛幸,一瀬裕太郎,小林剛,五十嵐樹彦,三浦智行 大附寛幸,一瀬裕太郎,小林剛,五十嵐樹彦,三浦智行 細胞内相同組換えを利用したCCR5 指向性サブタイプC HIV-1 由来env を持つサル指向性HIV-1 の作出 細胞内相同組換えを利用したCCR5 指向性サブタイプC HIV-1 由来env を持つサル指向性HIV-1 の作出 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11月24-26日 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11月24-26日 2012 日本語 公開
中村碧,高原悠佑,松岡佐織,阪脇房美,三浦智行,五十嵐樹彦,小枷義夫,成瀬妙子, 木村彰方,俣野哲朗 中村碧,高原悠佑,松岡佐織,阪脇房美,三浦智行,五十嵐樹彦,小枷義夫,成瀬妙子, 木村彰方,俣野哲朗 サルエイズモデルにおける抗HIV 薬投与下のCTL 誘導治療ワクチン接種効果の解析 サルエイズモデルにおける抗HIV 薬投与下のCTL 誘導治療ワクチン接種効果の解析 第26回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11 月24-26 第26回日本エイズ学会、神奈川、2012 年11 月24-26 2012 日本語 公開
廣田雄樹,鳴海哲夫,橋本知恵,吉村和久,原田恵嘉,大附寛幸,三浦智行,五十嵐樹彦, 相川春夫,野村渉,松下修三,玉村啓和 廣田雄樹,鳴海哲夫,橋本知恵,吉村和久,原田恵嘉,大附寛幸,三浦智行,五十嵐樹彦, 相川春夫,野村渉,松下修三,玉村啓和 HIV 外被タンパク質gp120 を標的とするインドール型低分子CD4ミミックの創製研究 HIV 外被タンパク質gp120 を標的とするインドール型低分子CD4ミミックの創製研究 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012年11月24-26 日 第26 回日本エイズ学会、神奈川、2012年11月24-26 日 2012 日本語 公開
吉川禄助, 佐藤英次, 岡本宗裕, 鈴木樹理, 吉田友教, 明里宏文, 三浦智行, 宮沢孝幸 吉川禄助, 佐藤英次, 岡本宗裕, 鈴木樹理, 吉田友教, 明里宏文, 三浦智行, 宮沢孝幸 ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索 ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索 第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日 第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日 2012 日本語 公開
川岸崇裕,日向亮輔,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 川岸崇裕,日向亮輔,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 新規相同組換え技術による組換えダニ媒介肬脳炎ウイルスの構築 新規相同組換え技術による組換えダニ媒介肬脳炎ウイルスの構築 第152 回日本獣医学会学術集会、大阪、2011 年9 月19-21日 第152 回日本獣医学会学術集会、大阪、2011 年9 月19-21日 2011 日本語 公開
加藤文博,日向亮輔,川岸崇裕,大石真也,藤井信孝,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 加藤文博,日向亮輔,川岸崇裕,大石真也,藤井信孝,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 抗デングウイルス活性を有する薬剤の探索 抗デングウイルス活性を有する薬剤の探索 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011年11月11日 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011年11月11日 2011 日本語 公開
川岸崇裕,日向亮輔,加藤文博,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 川岸崇裕,日向亮輔,加藤文博,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 ダニ媒介性脳炎ウイルスIR99 株の感染性cDNA クローンの構築 ダニ媒介性脳炎ウイルスIR99 株の感染性cDNA クローンの構築 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011 年11 月11日 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011 年11 月11日 2011 日本語 公開
日向亮輔,川岸崇裕,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 日向亮輔,川岸崇裕,加藤文博,好井健太朗,高島郁夫,三浦智行,五十嵐樹彦,小林剛 フラビウイルスにおける宿主DNA 修復機構を用いた新規リバースジェネティクス系の開発 フラビウイルスにおける宿主DNA 修復機構を用いた新規リバースジェネティクス系の開発 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011 年11 月11日 第18回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会、東京、2011 年11 月11日 2011 日本語 公開
大附寛幸,三浦智行,小林剛,吉村和久,玉村啓和,松下修三,五十嵐樹彦 大附寛幸,三浦智行,小林剛,吉村和久,玉村啓和,松下修三,五十嵐樹彦 中和抵抗性 のサル/ヒト免疫不全ウイルスの作製とin vitro における立体構造変化誘導剤に よる中和感受性増強効果の評価 中和抵抗性 のサル/ヒト免疫不全ウイルスの作製とin vitro における立体構造変化誘導剤に よる中和感受性増強効果の評価 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年 11 月30 日-12月2 日 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年 11 月30 日-12月2 日 2011 日本語 公開
中村碧,高原悠佑,阪脇廣美,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦,成瀬妙子,木村彰方, 俣野哲朗,松岡沙織 中村碧,高原悠佑,阪脇廣美,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦,成瀬妙子,木村彰方, 俣野哲朗,松岡沙織 サルエイズモデル感染初期におけるMHC クラスT ハプロタイ プ別のCTL 反応優位パターンの解析 サルエイズモデル感染初期におけるMHC クラスT ハプロタイ プ別のCTL 反応優位パターンの解析 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年11 月30 日-12月2 日 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年11 月30 日-12月2 日 2011 日本語 公開
張険峰,五十嵐樹彦,松尾和浩,堀端重男,横溝香里,三浦智行,大橋貴,山本直樹,志田昌利 張険峰,五十嵐樹彦,松尾和浩,堀端重男,横溝香里,三浦智行,大橋貴,山本直樹,志田昌利 高病原性STV に対する組換えBCG と弱毒ワクシニア(m8 A)エイズワクチン の防御効果 高病原性STV に対する組換えBCG と弱毒ワクシニア(m8 A)エイズワクチン の防御効果 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年11 月30 日-12月2 日 第25 回日本エイズ学会学術集会、東京、2011 年11 月30 日-12月2 日 2011 日本語 公開
森田大輔,堀池麻理子,三浦智行,森直樹,五十嵐樹彦,杉田昌彦 森田大輔,堀池麻理子,三浦智行,森直樹,五十嵐樹彦,杉田昌彦 リポペプチド: エイズ免疫の新たな標的分子 リポペプチド: エイズ免疫の新たな標的分子 第13回京都免疫ワークショップ学術集会 大阪2010 年2 月13日 第13回京都免疫ワークショップ学術集会 大阪2010 年2 月13日 2010 日本語 公開
中村仁美,五十嵐樹彦,三浦智行 中村仁美,五十嵐樹彦,三浦智行 相同組換えによって作製した新規サル/ ヒト免疫不全 ウイルスの遺伝子解析 相同組換えによって作製した新規サル/ ヒト免疫不全 ウイルスの遺伝子解析 第19 回サル疾病ワークショップ、東京、2010 年7 月3 日 第19 回サル疾病ワークショップ、東京、2010 年7 月3 日 2010 日本語 公開
岩見真吾,堀池麻里子,三浦智行,稲葉寿,守田智,五十嵐樹彦 岩見真吾,堀池麻里子,三浦智行,稲葉寿,守田智,五十嵐樹彦 SIV 感染アカゲザルによるHAART 治療モデルのデータ解析とその理論 SIV 感染アカゲザルによるHAART 治療モデルのデータ解析とその理論 第20 回日本数理生物学会、札幌、 2010 年9 月14 日 第20 回日本数理生物学会、札幌、 2010 年9 月14 日 2010 日本語 公開
岩見真吾,多田哲子,五十嵐樹彦,三浦智行 岩見真吾,多田哲子,五十嵐樹彦,三浦智行 数理モデルによるウイルス感染力推定法の開発 数理モデルによるウイルス感染力推定法の開発 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
大附寛幸,藤田泰久,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 大附寛幸,藤田泰久,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 新規組換え技術によるR5 指向性clade C env を持つサル指向性HIV-1 の創出 新規組換え技術によるR5 指向性clade C env を持つサル指向性HIV-1 の創出 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、 2010 年11 月7 日-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、 2010 年11 月7 日-9 日 2010 日本語 公開
高原悠佑,松岡佐織,石井洋,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦,俣野哲朗 高原悠佑,松岡佐織,石井洋,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦,俣野哲朗 サルエイズモデルにおけるHAART 実施前後のCTL 反応の比較 サルエイズモデルにおけるHAART 実施前後のCTL 反応の比較 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7-9 日、 第58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7-9 日、 2010 日本語 公開
堀池麻里子,松山めぐみ,安井美加,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 堀池麻里子,松山めぐみ,安井美加,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 多剤併用療法実施下のサルエイズモデルにおけるリンパ節内でのウイルス新規感染の可唐腫 多剤併用療法実施下のサルエイズモデルにおけるリンパ節内でのウイルス新規感染の可唐腫 第58 回 日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7-9 日 第58 回 日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7-9 日 2010 日本語 公開
岩見真吾,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦 岩見真吾,堀池麻里子,三浦智行,五十嵐樹彦 SIV 感染アカゲザルによるHAART 治療 モデルのデータ解析 SIV 感染アカゲザルによるHAART 治療 モデルのデータ解析 第24 回日本エイズ学会学術集会、東京、2010 年11 月24-26 日 第24 回日本エイズ学会学術集会、東京、2010 年11 月24-26 日 2010 日本語 公開
藤田泰久,大附寛幸,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 藤田泰久,大附寛幸,小林剛,三浦智行,五十嵐樹彦 新規組換え技術によるCCR5 指向 性clade C HIV-1 株のenv 領域を持ったSHIV の作製 新規組換え技術によるCCR5 指向 性clade C HIV-1 株のenv 領域を持ったSHIV の作製 第24 回日本エイズ学会学術集 会、東京、2010 年11 月24-26 日 第24 回日本エイズ学会学術集 会、東京、2010 年11 月24-26 日 2010 日本語 公開
三浦智行 三浦智行 講演「霊長類エイズモデル研究の新展開」 講演「霊長類エイズモデル研究の新展開」 第6 回霊長類医科学フォー ラム,つくば市、 2010 年11 月18 日 第6 回霊長類医科学フォー ラム,つくば市、 2010 年11 月18 日 2010 日本語 公開
中村仁美,大附寛幸,松田健太,小林剛,五十嵐樹彦,三浦智行 中村仁美,大附寛幸,松田健太,小林剛,五十嵐樹彦,三浦智行 相同組換えによって作製した新規サル指向性ヒト免疫不全ウイルスの遺伝子解析 相同組換えによって作製した新規サル指向性ヒト免疫不全ウイルスの遺伝子解析 第24 回日本エイズ学会学術集会、東京、2010年11月24-26 日 第24 回日本エイズ学会学術集会、東京、2010年11月24-26 日 2010 日本語 公開
三浦智行 三浦智行 霊長類エイズモデル研究の新展開 霊長類エイズモデル研究の新展開 第19 回日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11日、東京 第19 回日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11日、東京 2009 日本語 公開
岩見真吾,三浦智行,竹内康博 岩見真吾,三浦智行,竹内康博 ATDS ワクチン開発への理論的介入-SHTV 感染実験と数理 モデル- ATDS ワクチン開発への理論的介入-SHTV 感染実験と数理 モデル- 第19回日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11 日、東京 第19回日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11 日、東京 2009 日本語 公開
岩見真吾,三浦智行,竹内康博 岩見真吾,三浦智行,竹内康博 実験データによるSHTV 感染力推定理論の開発 実験データによるSHTV 感染力推定理論の開発 第19回 日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11 日、東京 第19回 日本数理生物学会年会、2009 年9 月9-11 日、東京 2009 日本語 公開
松田健太,稲葉一寿,深澤嘉伯,伊吹謙太郎,松山めぐみ,堀池麻里子,速水正憲, 五十嵐樹彦,三浦智行 松田健太,稲葉一寿,深澤嘉伯,伊吹謙太郎,松山めぐみ,堀池麻里子,速水正憲, 五十嵐樹彦,三浦智行 抗HIV ワクチン評価に有用なR5 指向性SHTV の作製 抗HIV ワクチン評価に有用なR5 指向性SHTV の作製 第57 回 日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 第57 回 日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 2009 日本語 公開
高原悠侑,武内寛明,石井洋,高橋尚史,三浦智行,五十嵐樹彦,俣野哲朗 高原悠侑,武内寛明,石井洋,高橋尚史,三浦智行,五十嵐樹彦,俣野哲朗 ビルマ産アカゲザルSTV 感染により誘導されるCTL エピトープの探索 ビルマ産アカゲザルSTV 感染により誘導されるCTL エピトープの探索 第57 回日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 第57 回日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 2009 日本語 公開
間陽子,石井英樹,萩原恭二,鈴木辰徳,北原玄太,橋本祥江,野中瑞穂,松田剛,武田 英里,薛光愛,山本典生,三浦智行,鈴木正昭 間陽子,石井英樹,萩原恭二,鈴木辰徳,北原玄太,橋本祥江,野中瑞穂,松田剛,武田 英里,薛光愛,山本典生,三浦智行,鈴木正昭 ヒト免疫不全ウイルスT 型(HIV-1) Vpr の新規核移行機序を標的とする創薬開発 ヒト免疫不全ウイルスT 型(HIV-1) Vpr の新規核移行機序を標的とする創薬開発 第57 回日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 第57 回日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京 2009 日本語 公開
石井英樹,鈴木辰徳,松田剛,武田英里,三浦智行,間陽子,鈴木正昭 石井英樹,鈴木辰徳,松田剛,武田英里,三浦智行,間陽子,鈴木正昭 ヒト免疫不全にウイルス1 型(HIV-1)アクセサリータンパク質Vpr 検出用試薬の開発 ヒト免疫不全にウイルス1 型(HIV-1)アクセサリータンパク質Vpr 検出用試薬の開発 第57 回日本ウイルス学会学術集会,2009 年10 月25-27 日, 東京 第57 回日本ウイルス学会学術集会,2009 年10 月25-27 日, 東京 2009 日本語 公開
岩見慎吾, 佐々木顕, 三浦智行 岩見慎吾, 佐々木顕, 三浦智行 変異株の固定確立-確率過程によるモデリング- 変異株の固定確立-確率過程によるモデリング- 第23 回 日本エイズ学会学術集会,2009 年11 月26-28 日, 名古屋 第23 回 日本エイズ学会学術集会,2009 年11 月26-28 日, 名古屋 2009 日本語 公開
井戸栄治,石松美沙,三浦智行,多田哲子,多田秀子,伊吹謙太郎 井戸栄治,石松美沙,三浦智行,多田哲子,多田秀子,伊吹謙太郎 HIV-1 由来のpo1 遺伝 子を持つSHIV-prti のアカゲザルin vivo 継代による感染増殖能の増加 HIV-1 由来のpo1 遺伝 子を持つSHIV-prti のアカゲザルin vivo 継代による感染増殖能の増加 第22回日本工 イズ学会学術会総会、大阪、11 月26-28 日、2008 第22回日本工 イズ学会学術会総会、大阪、11 月26-28 日、2008 2008/11/26 日本語 公開
井戸栄治,石松美沙,三浦智行,多田哲子,多田秀子,伊吹謙太郎 井戸栄治,石松美沙,三浦智行,多田哲子,多田秀子,伊吹謙太郎 HIV-1 の逆写酵素とインテグラーゼ遺伝子を持つSHIV-rt 目友アカゲザルに持続感染しエイズ様症状を引 き起こす HIV-1 の逆写酵素とインテグラーゼ遺伝子を持つSHIV-rt 目友アカゲザルに持続感染しエイズ様症状を引 き起こす 第56 回日本ウイルス学会学術、岡山、10 月26-28 日、2008 第56 回日本ウイルス学会学術、岡山、10 月26-28 日、2008 2008/10/26 日本語 公開
松田健太,稲葉一寿,伊吹謙太郎,深澤嘉伯,松山めぐみ,斉藤尚紀,堀池麻里子,姫野 愛,速水正憲,五十嵐樹彦,三浦智行 松田健太,稲葉一寿,伊吹謙太郎,深澤嘉伯,松山めぐみ,斉藤尚紀,堀池麻里子,姫野 愛,速水正憲,五十嵐樹彦,三浦智行 新規CCR5 指向性SHTV の作製とアカゲザルへの順化 新規CCR5 指向性SHTV の作製とアカゲザルへの順化 第148回日本獣医学会学術集会、2008 年9 月25-27 日、鳥取 第148回日本獣医学会学術集会、2008 年9 月25-27 日、鳥取 2008 日本語 公開
松田健太,伊吹謙太郎,稲葉一寿,松山めぐみ,平井郁,山口由美,速水正憲,三浦智行 松田健太,伊吹謙太郎,稲葉一寿,松山めぐみ,平井郁,山口由美,速水正憲,三浦智行 Dual tropic SHIV-KS661をバックボーンとしたR5 single tropic ウイルスの作成とin vivo 解析 Dual tropic SHIV-KS661をバックボーンとしたR5 single tropic ウイルスの作成とin vivo 解析 第55 回日本ウイルス学会学術集会、2007 年10 月21 日-23 日、札幌 第55 回日本ウイルス学会学術集会、2007 年10 月21 日-23 日、札幌 2007 日本語 公開
姫野愛,赤木隆美,伊吹謙太郎,松山めぐみ,平井郁,堀池麻里子,宇都倫史,王欣,馬場昌範,明石満,三浦智行 姫野愛,赤木隆美,伊吹謙太郎,松山めぐみ,平井郁,堀池麻里子,宇都倫史,王欣,馬場昌範,明石満,三浦智行 抗原固定化生分解腫ナノ粒子ワクチンのサル免疫実験および SHIV 攻撃接種による感染防御能の評価 抗原固定化生分解腫ナノ粒子ワクチンのサル免疫実験および SHIV 攻撃接種による感染防御能の評価 第55 回日本ウイルス学会学術集会、2007年10月 21日-23 日、札幌 第55 回日本ウイルス学会学術集会、2007年10月 21日-23 日、札幌 2007 日本語 公開
井戸栄治,石松美沙,三浦智行 井戸栄治,石松美沙,三浦智行 プロテアーゼ、逆転写酵素、およびインテグラーゼの各遺伝子がHIV-1 由来であるSHIV-prti のサルにおけるin vivo 継代 プロテアーゼ、逆転写酵素、およびインテグラーゼの各遺伝子がHIV-1 由来であるSHIV-prti のサルにおけるin vivo 継代 第21 回日本エイズ学会学術集会・総会、広島、11 月28 日-11 月30 日、2007 第21 回日本エイズ学会学術集会・総会、広島、11 月28 日-11 月30 日、2007 2007 日本語 公開
石松美沙,鈴木元,秋山尚志,三浦智行,速水正憲,井戸栄治 石松美沙,鈴木元,秋山尚志,三浦智行,速水正憲,井戸栄治 SIVmac にHIV-1 のプロテアーゼ遺伝子を組み込んだSHIV-pr のin vivo 継代によって生じた遺伝子変異の解析 SIVmac にHIV-1 のプロテアーゼ遺伝子を組み込んだSHIV-pr のin vivo 継代によって生じた遺伝子変異の解析 第21 回日本エイズ学会学術集会・総会、広島、11 月28 日-11 月30 日、2007 第21 回日本エイズ学会学術集会・総会、広島、11 月28 日-11 月30 日、2007 2007 日本語 公開
伊吹謙太郎,深澤嘉伯,姫野愛,斉藤尚紀,元原麻貴子,稲葉一寿,松田健太,松山めぐみ, 速水正憲,三浦智行 伊吹謙太郎,深澤嘉伯,姫野愛,斉藤尚紀,元原麻貴子,稲葉一寿,松田健太,松山めぐみ, 速水正憲,三浦智行 伝子欠損サル/ ヒト免疫不全キメラウイルスワクチン接種による感染防 御効果の検討一腸管粘膜免疫細胞群の動態解析を主体としてー 伝子欠損サル/ ヒト免疫不全キメラウイルスワクチン接種による感染防 御効果の検討一腸管粘膜免疫細胞群の動態解析を主体としてー 第142回日本獣医学会学術集会、 2006 年9 月22 日-24 日、山口 第142回日本獣医学会学術集会、 2006 年9 月22 日-24 日、山口 2006 日本語 公開
稲葉一寿,深澤嘉伯,堀内励生,松田健太,松山めぐみ,姫野愛,齊藤尚紀,中村仁美,伊吹 謙太郎,速水正憲,三浦智行 稲葉一寿,深澤嘉伯,堀内励生,松田健太,松山めぐみ,姫野愛,齊藤尚紀,中村仁美,伊吹 謙太郎,速水正憲,三浦智行 ウイルス血症が抑制されているSHTV感染アカゲザルでも小腸で は絨毛萎縮とCD4陽性T細胞の減少が認められる ウイルス血症が抑制されているSHTV感染アカゲザルでも小腸で は絨毛萎縮とCD4陽性T細胞の減少が認められる 第54回日本ウイルス学会学術集会、2006年11月19日-21日、名古屋 第54回日本ウイルス学会学術集会、2006年11月19日-21日、名古屋 2006 日本語 公開
松山めぐみ,堀内励生,深澤嘉伯,稲葉一寿,伊吹謙太郎,速水正憲,三浦智行 松山めぐみ,堀内励生,深澤嘉伯,稲葉一寿,伊吹謙太郎,速水正憲,三浦智行 強毒SHTV感 染サルの全身臓器におけるウイルス変異の解析 強毒SHTV感 染サルの全身臓器におけるウイルス変異の解析 第54回日本ウイルス学会学術集会、2006年11月19日-21日、名古屋 第54回日本ウイルス学会学術集会、2006年11月19日-21日、名古屋 2006 日本語 公開
清水佑也,稲葉一寿,兼安健太郎,姫野 愛,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,芳賀 猛: 清水佑也,稲葉一寿,兼安健太郎,姫野 愛,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,芳賀 猛: RANTES遺伝子組み込みSHTVによる細胞性免疫応答の増強 RANTES遺伝子組み込みSHTVによる細胞性免疫応答の増強 第54回日本ウイルス学会学術集会、 2006年11月19日-21日、名古屋 第54回日本ウイルス学会学術集会、 2006年11月19日-21日、名古屋 2006 日本語 公開
井戸栄治, 石松美沙, 速水正憲, 三浦智行 井戸栄治, 石松美沙, 速水正憲, 三浦智行 プロテアーゼ, 逆転写酵素, およびインチダラー ゼの各遺伝子がfflV-1 由来である新規SHIV のサル感染実験 プロテアーゼ, 逆転写酵素, およびインチダラー ゼの各遺伝子がfflV-1 由来である新規SHIV のサル感染実験 第20 回日本エイズ学会学術 集会・総会, 東京,11 月30 日-12 月2 日, 2006 第20 回日本エイズ学会学術 集会・総会, 東京,11 月30 日-12 月2 日, 2006 2006 日本語 公開
深澤嘉伯,伊吹謙太郎,齊藤尚紀,姫野愛,稲葉一寿,松田健太,松山めぐみ,元原麻貴子, 速水正憲,三浦智行 深澤嘉伯,伊吹謙太郎,齊藤尚紀,姫野愛,稲葉一寿,松田健太,松山めぐみ,元原麻貴子, 速水正憲,三浦智行 nef 遺伝子欠損サル/ ヒト免疫不全キメラウイルス(SHTV-NT)免疫ザルに対する急性発症型SHTV攻撃接種早期の全身臓器におけるウイルス動態 nef 遺伝子欠損サル/ ヒト免疫不全キメラウイルス(SHTV-NT)免疫ザルに対する急性発症型SHTV攻撃接種早期の全身臓器におけるウイルス動態 第20回日本エイズ学会 学術集会、2006年11月30日-12月2日、東京 第20回日本エイズ学会 学術集会、2006年11月30日-12月2日、東京 2006 日本語 公開
松田健太,松山めぐみ,伊吹謙太郎,山口由美,速水正憲,三浦智行 松田健太,松山めぐみ,伊吹謙太郎,山口由美,速水正憲,三浦智行 Dual tropic SHIV-KS661 をバックボーンとしたR5 single tropic ウイルスとX4 single tropic ウイルスの作製 Dual tropic SHIV-KS661 をバックボーンとしたR5 single tropic ウイルスとX4 single tropic ウイルスの作製 第20 回日本エイズ学会学術集会、2006 年11月30 日-12月2 日、東京 第20 回日本エイズ学会学術集会、2006 年11月30 日-12月2 日、東京 2006 日本語 公開
齊藤尚紀,高橋めぐみ,清水真澄,伊吹謙太郎,速水正憲,三浦智行,高橋秀実 齊藤尚紀,高橋めぐみ,清水真澄,伊吹謙太郎,速水正憲,三浦智行,高橋秀実 STV/SHTV感受性IL一2 independentア カゲザル細胞株"MT -IL2T" の樹立とその性状解析 STV/SHTV感受性IL一2 independentア カゲザル細胞株"MT -IL2T" の樹立とその性状解析 第20 回日本エイ ズ学会学術集会、東京、2006 年11月30- 12月2 日 第20 回日本エイ ズ学会学術集会、東京、2006 年11月30- 12月2 日 2006 日本語 公開
清水祐也,宮崎恭行,伊吹謙太郎,後藤義孝,三浦智行,速水正憲,芳賀猛 清水祐也,宮崎恭行,伊吹謙太郎,後藤義孝,三浦智行,速水正憲,芳賀猛 TNF-α遺伝子挿入 SHIV 感染アカゲサルにおける効果的な免疫応答 TNF-α遺伝子挿入 SHIV 感染アカゲサルにおける効果的な免疫応答 第23 回九州実験動物研究総会、2005 年11 月19 日~20 日、佐賀 第23 回九州実験動物研究総会、2005 年11 月19 日~20 日、佐賀 2005 日本語 公開
稲葉一寿,深澤嘉拍,堀内励生,三宅在子,松田健太,松山めぐみ,姫野愛,伊吹謙太郎,速水正 憲,三浦智行 稲葉一寿,深澤嘉拍,堀内励生,三宅在子,松田健太,松山めぐみ,姫野愛,伊吹謙太郎,速水正 憲,三浦智行 強毒SHIV の経粘膜・経静脈感染アカゲザルの感染病態および腸病変の比較解 析 強毒SHIV の経粘膜・経静脈感染アカゲザルの感染病態および腸病変の比較解 析 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 2005 日本語 公開
石松美沙,井戸栄治,鈴木元,秋山尚志,三浦智行,速水正憲 石松美沙,井戸栄治,鈴木元,秋山尚志,三浦智行,速水正憲 SIVmac にHIV-1 のプロテアーゼ (PR)遺伝子を組み込んだSHIIV-pr 感染アカゲザルにおけるPR 阻害剤投与実験とその遺伝子 変異解析 SIVmac にHIV-1 のプロテアーゼ (PR)遺伝子を組み込んだSHIIV-pr 感染アカゲザルにおけるPR 阻害剤投与実験とその遺伝子 変異解析 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 2005 日本語 公開
秋山尚志,井戸栄治,三浦智行,速水正憲 秋山尚志,井戸栄治,三浦智行,速水正憲 HIV-1 の逆転写酵素、インテグラーゼ及び3’側遺伝 子をもつSHIV のサル細胞馴化機序の解析 HIV-1 の逆転写酵素、インテグラーゼ及び3’側遺伝 子をもつSHIV のサル細胞馴化機序の解析 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~ 22 日、横浜 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~ 22 日、横浜 2005 日本語 公開
三宅在子,石田尚志,深澤嘉泊,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,渡邊俊樹 三宅在子,石田尚志,深澤嘉泊,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,渡邊俊樹 SHIV 感染サル検 体を用いた感染初期および後期におけるプロウイルスLTR 上のヒストン化学修飾状態の解析 SHIV 感染サル検 体を用いた感染初期および後期におけるプロウイルスLTR 上のヒストン化学修飾状態の解析 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 第53 回日本ウイルス学会、2005 年11 月20 日~22 日、横浜 2005 日本語 公開
三宅在子,石田尚臣,深澤嘉伯,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,渡邊俊樹 三宅在子,石田尚臣,深澤嘉伯,伊吹謙太郎,三浦智行,速水正憲,渡邊俊樹 SHIV 感染サル検 体を用いたプロウイルスLTR 上のヒストン化学修飾状態の解析 SHIV 感染サル検 体を用いたプロウイルスLTR 上のヒストン化学修飾状態の解析 第28回日本分子生物学会年 会、2005 年12 月7 日~10 日、福岡 第28回日本分子生物学会年 会、2005 年12 月7 日~10 日、福岡 2005 日本語 公開
井戸栄治,石松美沙,秋山尚志,三浦智行,速水正憲 井戸栄治,石松美沙,秋山尚志,三浦智行,速水正憲 逆転写酵素とインテグラーゼ遺伝子がHIV-1 由来のSHIV-rti のサル感染実験. 逆転写酵素とインテグラーゼ遺伝子がHIV-1 由来のSHIV-rti のサル感染実験. 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 2005 日本語 公開
深澤嘉伯,三宅在子,伊吹謙太郎,鈴木元,堀内励生,斉藤尚紀,元原麻貴子,稲葉一寿,姫野愛, 渡邊俊樹,三浦智行,速水正憲 深澤嘉伯,三宅在子,伊吹謙太郎,鈴木元,堀内励生,斉藤尚紀,元原麻貴子,稲葉一寿,姫野愛, 渡邊俊樹,三浦智行,速水正憲 強毒、弱毒SHIV 粘膜感染初期の全身臓器におけるウイルス動態の解析 強毒、弱毒SHIV 粘膜感染初期の全身臓器におけるウイルス動態の解析 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 2005 日本語 公開
兼安健太郎,伊吹謙太郎,大倉定之,姫野愛,喜多正和,山本俊郎,佐藤彰彦,三浦智行,速水正 憲 兼安健太郎,伊吹謙太郎,大倉定之,姫野愛,喜多正和,山本俊郎,佐藤彰彦,三浦智行,速水正 憲 nef 欠損弱毒SHIV のワクチン効果に対するrIFN-γ投与の増強効果 nef 欠損弱毒SHIV のワクチン効果に対するrIFN-γ投与の増強効果 第19回日本エイズ 学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 第19回日本エイズ 学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 2005 日本語 公開
元原麻貴子,伊吹謙太郎,三宅在子,深澤嘉伯,稲葉一寿,鈴木元,増田恭子,河本宏,仲宗根正, 本多三男,速水正憲,三浦智行 元原麻貴子,伊吹謙太郎,三宅在子,深澤嘉伯,稲葉一寿,鈴木元,増田恭子,河本宏,仲宗根正, 本多三男,速水正憲,三浦智行 強毒・弱毒SHIV の感染初期における胸腺組織及び胸腺内T 前駆細胞の解析 強毒・弱毒SHIV の感染初期における胸腺組織及び胸腺内T 前駆細胞の解析 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 2005 日本語 公開
高橋秀実,高橋めぐみ,斉藤尚紀,守屋慶一,上坂浩実,福島達伸,井戸栄治,伊吹謙太郎,三浦 智行,速水正憲 高橋秀実,高橋めぐみ,斉藤尚紀,守屋慶一,上坂浩実,福島達伸,井戸栄治,伊吹謙太郎,三浦 智行,速水正憲 サルCD4+T 細胞とCD4+CD8+T 細胞のSIVmac239 に対する感受性の差異 サルCD4+T 細胞とCD4+CD8+T 細胞のSIVmac239 に対する感受性の差異 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 第19回日本エイズ学会、2005 年12 月1 日~3 日、熊本 2005 日本語 公開
三浦 智行 三浦 智行 成人T細胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動 (特集 日本列島の人類学的多様性) 成人T細胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動 (特集 日本列島の人類学的多様性) Science of humanity Bensei, 42, 50-59 Science of humanity Bensei, 42, 50-59 , 42, 50-59 2003/04 日本語 公開
三浦智行,速水正憲 三浦智行,速水正憲 「ヒトレトロウイルス」 「ヒトレトロウイルス」 日本生化学会編『分子進化実験法』 新生化学実験講座16 、東京化学同人、 \n39- 53頁 日本生化学会編『分子進化実験法』 新生化学実験講座16 、東京化学同人、 \n39- 53頁 1993 日本語 公開
三浦 智行;速水 正憲 三浦 智行;速水 正憲 エイズ関連ウイルスの分子系統解析 (感染症ウイルスの進化<特集>) エイズ関連ウイルスの分子系統解析 (感染症ウイルスの進化<特集>) 遺伝, 46, 10, 24-30 遺伝, 46, 10, 24-30 , 46, 10, 24-30 1992/10 日本語 公開
三浦智行 他 三浦智行 他 AIDSウイルスの起源を考える-HIV関連ウイルスの相互関係 AIDSウイルスの起源を考える-HIV関連ウイルスの相互関係 メディカルトリビューン,21,44-45 メディカルトリビューン,21,44-45 1988 日本語 公開
Hiroyuki Otsuki, Takeshi Kobayashi, Tatsuhiko Igarashi, Tomoyuki Miura Hiroyuki Otsuki, Takeshi Kobayashi, Tatsuhiko Igarashi, Tomoyuki Miura Generation of monkey-tropic human immunodeficiency virus strains carrying a variety of CCR5-utilizing env genes from HIV- 1 subtype C clinical isolates through intracellular homologous recombination Generation of monkey-tropic human immunodeficiency virus strains carrying a variety of CCR5-utilizing env genes from HIV- 1 subtype C clinical isolates through intracellular homologous recombination 19th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Seoul, Korea, 2012.8.22.25 19th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Seoul, Korea, 2012.8.22.25 2012 英語 公開
Iwami S., Beauchemin C., Tada T., Igarashi T., Miura T. Iwami S., Beauchemin C., Tada T., Igarashi T., Miura T. Quantification system of viral dynamics in vitro -the dynamics of SHIV on HSC-F-. Quantification system of viral dynamics in vitro -the dynamics of SHIV on HSC-F-. 8th ESMTB Conference. Poland. June 28-July 2. 2011. 8th ESMTB Conference. Poland. June 28-July 2. 2011. 2011 英語 公開
S. Iwami, M. Horiike, T. Miura, T. Igarashi S. Iwami, M. Horiike, T. Miura, T. Igarashi Contribution of long-lived productively infected cells in SIV infection. Contribution of long-lived productively infected cells in SIV infection. SIAM Conference on Life Science, Pittsburgh, Pennsylvania, July 12-15, 2010 SIAM Conference on Life Science, Pittsburgh, Pennsylvania, July 12-15, 2010 2010 英語 公開
Iwami S., Miura T., Takeuchi Y. Iwami S., Miura T., Takeuchi Y. Experimental and theoretical perspective of SHIV pathogenesis Experimental and theoretical perspective of SHIV pathogenesis The Second International Conference on Infectious Disease Dynamics, Athens, Greece, Dec.2-4, 2009. The Second International Conference on Infectious Disease Dynamics, Athens, Greece, Dec.2-4, 2009. 2009 英語 公開
Saito N., Takahashi M., Shinya E., Akahata W., Shimizu M., Owaki A., Watanabe E., Hidaka C., Kaneko A., Ibuki K., Hayami M., Miura T., Takahashi H. Saito N., Takahashi M., Shinya E., Akahata W., Shimizu M., Owaki A., Watanabe E., Hidaka C., Kaneko A., Ibuki K., Hayami M., Miura T., Takahashi H. Studies on CD1d-NKT system conserved among species: Importance of primate models for human disease analysis. Studies on CD1d-NKT system conserved among species: Importance of primate models for human disease analysis. 25th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Monterey, U.S.A., Sep. 10-13, 2007 25th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Monterey, U.S.A., Sep. 10-13, 2007 2007 英語 公開
Matsuda K., Ibuki K., Inaba K., Matsuyama M., Hirai K., Yamaguchi-Kabata Y., Hayami M., Miura T. Matsuda K., Ibuki K., Inaba K., Matsuyama M., Hirai K., Yamaguchi-Kabata Y., Hayami M., Miura T. Construction and in vivo analysis of R5 single tropic virus that shares the same genetic backbone with dual tropic SHIV-KS661. Construction and in vivo analysis of R5 single tropic virus that shares the same genetic backbone with dual tropic SHIV-KS661. 25th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Monterey, U.S.A., Sep. 10-13, 2007 25th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Monterey, U.S.A., Sep. 10-13, 2007 2007 英語 公開
Inaba K., Fukazawa Y., Horiuch R., Matsuda K., Matsuyama M., Himeno, A., Saito N., Matsuyama M., Ibuki K, Hayami M., Miura T. Inaba K., Fukazawa Y., Horiuch R., Matsuda K., Matsuyama M., Himeno, A., Saito N., Matsuyama M., Ibuki K, Hayami M., Miura T. CD4reduction and villous atrophy in small intestinal tract are caused by even controlled simian/human immunodeficiency virus infection. CD4reduction and villous atrophy in small intestinal tract are caused by even controlled simian/human immunodeficiency virus infection. 24th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Oct. 4-7, 2006, Atlanta. 24th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Oct. 4-7, 2006, Atlanta. 2006 英語 公開
Fukazawa Y., Miyake A., Ibuki K., Inaba K., Saito N., Motohara M., Horiuchi R., Himeno A., Matsuda K., Nakamura M., Matsuyama M., Hayami M., Miura T. Fukazawa Y., Miyake A., Ibuki K., Inaba K., Saito N., Motohara M., Horiuchi R., Himeno A., Matsuda K., Nakamura M., Matsuyama M., Hayami M., Miura T. Even low pathogenic SHIV lead to decrease CD4+ T-cell of the small intestine significantly from early phase of infection. Even low pathogenic SHIV lead to decrease CD4+ T-cell of the small intestine significantly from early phase of infection. 24th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Oct. 4-7, 2006, Atlanta. 24th annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, Oct. 4-7, 2006, Atlanta. 2006 英語 公開
Akiyama H., Ido E., Miura T., Hayami M. Akiyama H., Ido E., Miura T., Hayami M. Construction and characterization of a new simian/human immunodeficiency chimeric virus(SHIV) having the reverse transcriptase, integrase and the 3' half of HIV-1 genome and its monkey-cell-adapted mutants. Construction and characterization of a new simian/human immunodeficiency chimeric virus(SHIV) having the reverse transcriptase, integrase and the 3' half of HIV-1 genome and its monkey-cell-adapted mutants. The XXII Symposium of the International Association for Comparative Research on Leukemia and Related Diseases, July 2-5,2005, Heidelberg, Germany The XXII Symposium of the International Association for Comparative Research on Leukemia and Related Diseases, July 2-5,2005, Heidelberg, Germany 2005 英語 公開
Haga T., Shimizu Y., Okoba M., Goto Y., Miura T., Hayami M. Haga T., Shimizu Y., Okoba M., Goto Y., Miura T., Hayami M. Construction and "in vitro" properties of chimeric simian and human immunodeficiency viruses having human TNF-alpha and RANTES genes. Construction and "in vitro" properties of chimeric simian and human immunodeficiency viruses having human TNF-alpha and RANTES genes. Keystone Symposium, July 23-28,2005, Sanfrancisco Keystone Symposium, July 23-28,2005, Sanfrancisco 2005 英語 公開
Ishimatsu M., Ido E., Suzuki H., Akiyama H., Miura T., Hayami M. Ishimatsu M., Ido E., Suzuki H., Akiyama H., Miura T., Hayami M. Generation of a novel SHIV that possesses HIV-1-derived protease gene and its infection to macaque monkeys: a useful tool for in vivo efficacy tests towards HIV protease inhibitors. Generation of a novel SHIV that possesses HIV-1-derived protease gene and its infection to macaque monkeys: a useful tool for in vivo efficacy tests towards HIV protease inhibitors. 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24,2005, Oregon 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24,2005, Oregon 2005 英語 公開
Motohara M., Ibuki K., Miyake A., Fukazawa Y., Inaba K., Suzuki H., Masuda K., Minato N., Kawamoto H., Nakasone T., Honda M., Hayami M., Miura T. Motohara M., Ibuki K., Miyake A., Fukazawa Y., Inaba K., Suzuki H., Masuda K., Minato N., Kawamoto H., Nakasone T., Honda M., Hayami M., Miura T. Impaired T cell differentiation in the thymus at the early stages of acute pathogenic SHIV infection in monkeys in comparison to low pathogenic SHIV infection. Impaired T cell differentiation in the thymus at the early stages of acute pathogenic SHIV infection in monkeys in comparison to low pathogenic SHIV infection. 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24, 2005, Oregon 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24, 2005, Oregon 2005 英語 公開
Saito N.,Takahashi M., Akahata W., Ido E., Hidaka, C., Ibuki, K., Miura T., Hayami M., Takahashi H. Saito N.,Takahashi M., Akahata W., Ido E., Hidaka, C., Ibuki, K., Miura T., Hayami M., Takahashi H. Evolutional conservation of the CD1d molecules among primates. Evolutional conservation of the CD1d molecules among primates. 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24,2005, Oregon 23rd annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, September 21-24,2005, Oregon 2005 英語 公開
Horiuchi R., Ido E., Akahata W., Enose Y., Ibuki K., Miura T., Goto T., Takahashi H., Hayami M. Horiuchi R., Ido E., Akahata W., Enose Y., Ibuki K., Miura T., Goto T., Takahashi H., Hayami M. DNA vaccination of macaques by full-sized SHIV plasmids that produce non-infectious virus particles DNA vaccination of macaques by full-sized SHIV plasmids that produce non-infectious virus particles Tenth International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Paci 丘c Rim, November 16-17, 2005, Hanoi, Vietnam Tenth International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Paci 丘c Rim, November 16-17, 2005, Hanoi, Vietnam 2005 英語 公開
T. Miura; T. Fukunaga; T. Igarashi; M. Yamashita; E. Ido; S.-I. Funahashi; T. Ishida; K. Washio; S. Ueda; K.-I. Hashimoto; M. Yoshida; M. Osame; B.S. Singhal; V. Zaninovic; L. Cartier; S. Sonoda; K. Tajima; Y. Ina; T. Gojobori; M. Hayami T. Miura; T. Fukunaga; T. Igarashi; M. Yamashita; E. Ido; S.-I. Funahashi; T. Ishida; K. Washio; S. Ueda; K.-I. Hashimoto; M. Yoshida; M. Osame; B.S. Singhal; V. Zaninovic; L. Cartier; S. Sonoda; K. Tajima; Y. Ina; T. Gojobori; M. Hayami Phylogenetic subtypes of human T-lymphotropic virus type I and their relations to the anthropological background Phylogenetic subtypes of human T-lymphotropic virus type I and their relations to the anthropological background Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 91, 3, 1124-1127 , 91, 3, 1124-1127 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 91, 3, 1124-1127 1994/02/01 英語 公開
T. Gojobori; E.N. Moriyama; Y. Ina; K. Ikeo; T. Miura; H. Tsujimoto; M. Hayami; S. Yokoyama T. Gojobori; E.N. Moriyama; Y. Ina; K. Ikeo; T. Miura; H. Tsujimoto; M. Hayami; S. Yokoyama Evolutionary origin of human and simian immunodeficiency viruses Evolutionary origin of human and simian immunodeficiency viruses Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 87, 11, 4108-4111 , 87, 11, 4108-4111 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 87, 11, 4108-4111 1990/06 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
三浦智行 三浦智行 「成人T 細胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動」 「成人T 細胞白血病ウイルスの系統分析と人類の移動」 Science of Humanity ,42:50-59 頁 Science of Humanity ,42:50-59 頁 2003 日本語 分担執筆 公開
Hayami, M. et al Hayami, M. et al Surveys of SIV among nonhuman primate populations. Surveys of SIV among nonhuman primate populations. Current Topics in Microbiology and Immunology, Springer-Verlag,188/,1-20 Current Topics in Microbiology and Immunology, Springer-Verlag,188/,1-20 1994 日本語 公開
三浦智行 他 三浦智行 他 ヒトレトロウイルス ヒトレトロウイルス 日本生化学会編,新生化学実験講座第16巻分子進化実験法,39-53 日本生化学会編,新生化学実験講座第16巻分子進化実験法,39-53 1992 日本語 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
間 陽子, 渡来 仁, 三浦 智行 間 陽子, 渡来 仁, 三浦 智行 アポトーシス誘導物質を含む医薬組成物 アポトーシス誘導物質を含む医薬組成物 特許公開 特開2008-001598 2008/01/10 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 分担 HIVがサルから種間障壁を乗り越えた機序のヒト/サル組換えウイルスを用いた解明 Study on host barrier using SHIV 2006/04/01〜2009/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類モデルによるエイズ病態形成の分子基盤に関する研究 Genetic bases of AIDS pathogenesis on nonhuman primate models 2006/04/01〜2009/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類エイズモデル感染病態に関わるウイルスゲノム基盤に関する研究 Study on virus genome basis about primate AIDS model infection and pathogenesis 2009/04/01〜2012/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 相同組換え現象を利用した簡便で有用な新規組換えウイルス作製システムの確立 Establishment of the simple and easy, useful new recombinant virus manufacture system using a homologous recombination phenomenon 2011〜2013
基盤研究B 代表 霊長類モデルによるエイズ病態形成に関する実証的基盤研究 Empirical research of the AIDS pathogenesis using nonhuman primate models 2016/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類モデルによるエイズ病態形成に関する実証的基盤研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類モデルによるエイズ病態形成に関する実証的基盤研究 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 霊長類モデルによるエイズ病態形成に関する実証的基盤研究 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
保健医療分野における基礎研究推進事業 間陽子 HIV-1複製を阻害する低分子化合物の開発とそれをプローブに用いた分子イメージング技術によるウイルスの動態解析 Study on small molecule for anti-HIV-1 Vpr and its application for molecular imaging 2006/04/01〜2010/03/31
厚生労働省エイズ対策研究事業 森一泰 HIVの感染防止、AIDS発症防止に関する免疫学的基礎研究 Immunological fundamental researches about prevention of HIV infection and AIDS onset 2009/04/01〜2012/03/31
厚生労働省政策創薬総合研究推進事業エイズ医薬品等開発研究国際研究グラント 三浦智行 霊長類モデルを用いたエイズ腸管病態形成基盤の解明と治療への応用 The elucidation of the AIDS pathogenesis formation basis in the intestinal tract and application to treatment using the primate model 2006/04/01〜2009/03/31
厚生労働省エイズ対策研究事業 山本直樹 HIVの感染予防に関する研究 Study on prevention of HIV infection 2006/04/01〜2009/03/31
文部科学省戦略的創造研究推進事業 明石満 ナノ粒子を応用した抗レトロウイルスワクチンの開発 Development of the antiretroviral vaccine which applied nanoparticles 2006/04/01〜2008/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
微生物学 通年 医学部 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部 2012/04〜2013/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2013/04〜2014/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
ウイルス多様性科学2 Virus Diversity 2 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2014/04〜2015/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
ウイルス多様性科学1 Virus Diversity 1 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
ウイルス多様性科学 Virus diversity 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2015/04〜2016/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
ウイルス多様性科学 Virus diversity 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2016/04〜2017/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
ウイルス多様性科学 Virus diversity 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
微生物学 Microbiology 通年 医学部(人間健康科学科) 2017/04〜2018/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
ウイルス多様性科学 Virus diversity 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
ウイルス多様性科学 Virus diversity 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
ウイルス多様性科学演習1 Seminar in Virus Diversity 1 前期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
ウイルス多様性科学演習2 Seminar in Virus Diversity 2 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
生物環境動態論特別演習1 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 1 前期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
生物環境動態論特別演習2 Special Exercise in Dynamics of Biological Environment 2 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
相関環境学特別研究II Special Studies on Interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
相関環境学特別研究I Special Studies on Interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
相関環境学研究II Studies on interdisciplinary environment II 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
相関環境学研究I Studies on interdisciplinary environment I 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
自然環境動態論特別セミナー Special Seminar in Dynamics of Natural Environment 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
動物感染症学1 学校法人南京都学園 2019/04/01〜2020/03/31
動物疾病看護学2 学校法人南京都学園 2019/04/01〜2020/03/31
動物病理学 学校法人南京都学園 2019/04/01〜2020/03/31
動物感染症学 学校法人南京都学園 2019/04/01〜2020/03/31
全学運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2008/04/01〜2009/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
共同利用機器等委員会 委員 2011/04/01〜2012/03/31
共同利用機器等委員会 委員 2014/04/01〜2017/03/31
化学物質管理委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
霊長類委員会 委員 2014/04/01〜2017/03/31
化学物質委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティ委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
霊長類動物実験専門委員会 委員 2016/10/01〜
(旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員長 2016/10/01〜
化学物質管理委員会 委員 2016/10/01〜
共同利用機器等委員会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
(旧ウイルス研)予算委員会 2018/04/01〜2020/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示