北隅 優希

最終更新日時:2015/07/01 14:25:01

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
北隅 優希/キタズミ ユウキ/Yuki Kitazumi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻生物機能化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6393
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本化学会 The Chemical Society of Japan
日本分析化学会 The Japan Society for Analytical Chemistry
電気化学会 The Electrochemical Society of Japan
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2010/04/01〜2012/03/31 京都大学大学院工学研究科 助教
2012/04/01〜 京都大学大学院農学研究科 助教
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
電気分析化学、界面科学 electroanalytical chemistry, surface science
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Sugimoto Y, Kitazumi Y, Tsujimura S, Shirai O, Yamamoto M, Kano K Electrostatic interaction between an enzyme and electrodes in the electric double layer examined in a view of direct electron transfer-type bioelectrocatalysis. Biosensors & bioelectronics,63,138-144 2015/01
Kitazumi Y, Noda T, Shirai O, Yamamoto M, Kano K Characteristics of fast mediated bioelectrocatalytic reaction near microelectrodes. Physical chemistry chemical physics : PCCP,16,8905-8910 2014/05
So K, Kawai S, Hamano Y, Kitazumi Y, Shirai O, Hibi M, Ogawa J, Kano K Improvement of a direct electron transfer-type fructose/dioxygen biofuel cell with a substrate-modified biocathode. Physical chemistry chemical physics : PCCP,16,4823-4829 2014/03
Nieh CH, Kitazumi Y, Shirai O, Kano K Sensitive D-amino acid biosensor based on oxidase/peroxidase system mediated by pentacyanoferrate-bound polymer. Biosensors & bioelectronics,47,350-355 2013/09
Noda T, Wanibuchi M, Kitazumi Y, Tsujimura S, Shirai O, Yamamoto M, Kano K Diffusion-controlled detection of glucose with microelectrodes in mediated bioelectrocatalytic oxidation. Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry,29,279-281 2013
Zhang L, Miyazawa T, Kitazumi Y, Kakiuchi T Ionic liquid salt bridge with low solubility of water and stable liquid junction potential based on a mixture of a potential-determining salt and a highly hydrophobic ionic liquid. Analytical chemistry,84,3461-3464 2012/04
Zhang L, Kitazumi Y, Kakiuchi T Potential-dependent adsorption and transfer of poly(diallyldialkylammonium) ions at the nitrobenzene|water interface. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids,27,13037-13042 2011/11
Sakaida H, Kitazumi Y, Kakiuchi T Ionic liquid salt bridge based on tributyl(2-methoxyethyl)phosphonium bis(pentafluoroethanesulfonyl)amide for stable liquid junction potentials in highly diluted aqueous electrolyte solutions. Talanta,83,663-666 2010/12
Kakiuchi T, Yasui Y, Kitazumi Y, Nishi N Voltammetric manifestation of the ultraslow dynamics at the interface between water and an ionic liquid. Chemphyschem : a European journal of chemical physics and physical chemistry,11,2912-2918 2010/09
Yasui Y, Kitazumi Y, Nishi N, Kakiuchi T Electrocapillarity under ultraslow relaxation of the ionic liquid double layer at the interface between trioctylmethylammonium bis(nonafluorobutanesulfonyl)amide and water. The journal of physical chemistry. B,114,11141-11148 2010/09
Kitazumi Y, Kakiuchi T Imaging of the liquid-liquid interface under electrochemical instability using confocal fluorescence microscopy. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids,25,10829-10833 2009/09
Ishimatsu R, Kitazumi Y, Nishi N, Kakiuchi T Phase transition of a binary room-temperature ionic liquid composed of bis(pentafluoroethanesulfonyl)amide salts of tetraheptylammonium and N-tetradecylisoquinolinium and its surface properties at the ionic liquid|water interface. The journal of physical chemistry. B,113,9321-9325 2009/07
Kitazumi Y, Kakiuchi T Potential-dependent adsorption of decylsulfate and decylammonium prior to the onset of electrochemical instability at the 1,2-dichloroethane|water interface. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids,25,8062-8068 2009/07
Yasui Y, Kitazumi Y, Ishimatsu R, Nishi N, Kakiuchi T Ultraslow response of interfacial tension to the change in the phase-boundary potential at the interface between water and a room-temperature ionic liquid, trioctylmethylammonium bis(nonafluorobutanesulfonyl)amide. The journal of physical chemistry. B,113,3273-3276 2009/03
S. Kawai; T. Yakushi; K. Matsushita; Y. Kitazumi; O. Shirai; K. Kano The electron transfer pathway in direct electrochemical communication of fructose dehydrogenase with electrodes Electrochemistry Communications,38,28-31 2014 英語
Y. Kushida; O. Shirai; Y. Kitazumi; K. Kano Propagation of the change in membrane potential owing to the circulating current within a membrane system in analogy with neurotransmission Bulletin of the Chemical Society of Japan,87,1,110-112 2014 英語
H. Kagohashi; O. Shirai; S. Kubota; Y. Kitazumi; K. Kano Facilitated Transport of Ions and Glucose by Amphotericin B Across Lipid Bilayers in the Presence or Absence of Cholesterol Electroanalysis,26,3,625-631 2014 英語
Y. Kitazumi; O. Shirai; M. Yamamoto; K. Kano Numerical simulation of diffuse double layer around microporous electrodes based on the Poisson-Boltzmann equation Electrochimica Acta,112,171-175 2013/12/01 英語
C.-H. Nieh; Y. Kitazumi; O. Shirai; K. Kano Sensitive d-amino acid biosensor based on oxidase/peroxidase system mediated by pentacyanoferrate-bound polymer Biosensors and Bioelectronics,47,350-355 2013 英語
C.-H. Nieh; Y. Kitazumi; O. Shirai; M. Yamamoto; K. Kano Potentiometric coulometry based on charge accumulation with a peroxidase/osmium polymer-immobilized electrode for sensitive determination of hydrogen peroxide Electrochemistry Communications,33,135-137 2013 英語
O. Shirai; T. Ohnuki; Y. Kitazumi; K. Kano Transport of cesium ion across a bilayer lipid membrane and its facilitation in the presence of iodide ion Electroanalysis,25,8,1823-1826 2013 英語
S. Makino; Y. Kitazumi; N. Nishi; T. Kakiuchi Charging current probing of the slow relaxation of the ionic liquid double layer at the Pt electrode Electrochemistry Communications,13,12,1365-1368 2011/12 英語
Y. Kitazumi; T. Kakiuchi Electrochemical instability in liquidliquid two-phase systems Bulletin of the Chemical Society of Japan,84,12,1312-1320 2011 英語
Y. Yasui; Y. Kitazumi; H. Mizunuma; N. Nishi; T. Kakiuchi A comparison of the ultraslow relaxation processes at the ionic liquid|water interface for three hydrophobic ionic liquids Electrochemistry Communications,12,11,1479-1482 2010/11 英語
Y. Yasui; Y. Kitazumi; N. Nishi; T. Kakiuchi Analysis of equilibrium electrocapillary curves at the interface between hydrophobic ionic liquid, trioctylmethylammonium bis(nonafluorobutanesulfonyl) amide, and aqueous lithium chloride solutions Journal of Chemical and Engineering Data,55,10,4463-4466 2010/10 英語
Y. Kitazumi; T. Kakiuchi A model of the electrochemical instability at the liquidliquid interface based on the potential-dependent adsorption and Gouy\\'s double layer theory Journal of Electroanalytical Chemistry,648,1,8-14 2010/09/15 英語
Kitazumi, Y.; Kakiuchi, T. Emergence of the electrochemical instability in transfer of decylammonium ion across the 1,2-dichloroethane | water interface formed at the tip of a micropipette JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER,19,37 2007/09/19 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
分析化学実験 Laboratory Course in Analytical Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
分析化学実験 Laboratory Course in Analytical Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生体機能物理化学講義 Bioanalytical and Biophysical Chemistry 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
生体機能物理化学専攻演習 Bioanalytical and Biophysical Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生体機能物理化学専攻実験 Experimental Course of Bioanalytical and Biophysical Chemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
分析化学実験 Laboratory Course in Analytical Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生体機能物理化学講義 Bioanalytical and Biophysical Chemistry 後期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
生体機能物理化学専攻演習 Bioanalytical and Biophysical Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生体機能物理化学専攻実験 Experimental Course of Bioanalytical and Biophysical Chemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
分析化学実験 Laboratory Course in Analytical Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生体機能物理化学専攻実験1 Experimental Course of Bioanalytical and Biophysical Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生体機能物理化学専攻実験 Experimental Course of Bioanalytical and Biophysical Chemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生体機能物理化学専攻演習1 Bioanalytical and Biophysical Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生体機能物理化学専攻演習 Bioanalytical and Biophysical Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生体機能物理化学講義 Bioanalytical and Biophysical Chemistry 後期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示