刑部 正博

最終更新日時:2017/06/19 11:26:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
刑部 正博/オサカベ マサヒロ/Masahiro Osakabe
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/地域環境科学専攻生産生態科学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kyoto 606-8502, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-2267
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本応用動物昆虫学会 The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology
個体群生態学会 The Society of Population Ecology
日本遺伝学会 The Genetics Society of Japan
日本農薬学会 Pesticide Science Society of Japan
日本ダニ学会 The Acarological Society of Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Entomological Society of America USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
静岡大学 大学院農学研究科修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
静岡大学 農学部 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1981/04/〜1997/03/ 農林水産省果樹試験場カキ・ブドウ支場(安芸津支場) 研究員・主任研究官
1997/04/〜2001/03/ 農林水産省農業研究センター病害虫防除部 主任研究官
2001/04/〜2002/03/ 独立行政法人農業技術研究機構果樹研究所リンゴ研究部 室長
2002/04/〜 京都大学大学院農学研究科  准教授
プロフィール
(日本語)
修士課程を修了後、21年間に渡り、農林水産省(現 独立行政法人)の研究所において、ハダニ類とその天敵であるカブリダニ類の生態および遺伝的変異の研究に取り組んできた。京都大学へ移動後も同様の研究を継続し、現在に至っている。生物としてのダニ類およびそれを取り巻く生物間相互作用等に関する基礎研究に興味を持つと同時に、害虫管理への応用にも関心が高い。最近では、ハダニにおける薬剤抵抗性発達機構と、植物ダニ類への太陽光紫外線による生物影響がその生態に及ぼす影響について高い関心を持っている。
研究テーマ
(日本語)
ハダニ類の環境適応と生態的調節機構の分析と害虫管理への応用 ハダニ類の薬剤抵抗性発達機構の解明
研究概要
(日本語)
農業害虫であるハダニ類の環境ストレスや生物間相互作用への適応機構の解析し、それらの進化機構の解明と害虫管理への応用を目指して研究を進めている。最近では、太陽光紫外線による損傷に注目し、ダニ類の忌避行動や生理的保護機構の種間差異の分析を進め、寄主植物上の群集構造への影響を検討している。また、経済のグローバル化に伴う薬剤抵抗性遺伝子の国家間での移動や地域的拡散機構について分子遺伝学的解析を行っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生態学 Ecology
植物ダニ類 Plant mite
生態遺伝学 Ecological genetics
農業害虫 Agricultural pest
ハダニ Spider mite
カブリダニ Phytoseiid mite
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用昆虫学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Murata, Y., M. Osakabe Photo-enzymatic repair of UVB-induced DNA damage in the two-spotted spider mite Experimental and Applied Acarology,71,15-34 2017 英語
Bajda, S., W. Dermauw, R. Panteleri, N. Sugimoto, V. Douris, L. Tirry, M. Osakabe, J. Vontas, T. Van Leeuwen A mutation in the PSST homologue of complex I (NADH:ubiquinone oxidoreductase) from Tetranychus urticae is associated with resistance to METI acaricides Insect Biochemistry and Molecular Biology,80,79-90 2017 英語
田中雅也・八瀬順也・神頭武嗣・刑部正博 UVB ランプと光反射シートによるハダニ物理的防除(UV 法)について―施設イチゴにおける防除事例を中心に 植物防疫,71,229-234 2017 日本語
Osakabe, M., T. Imamura, R. Nakano, S. Kamikawa, M. Tadatsu, Y. Kunimoto, M. Doi Combination of restriction endonuclease digestion with the ΔΔCt method in real-time PCR to monitor etoxazole resistance allele frequency in the two-spotted spider mite. Pesticide Biochemistry and Physiology,139,1-8 2017 英語
Ohta, N., T. Nabeshima, M. Osakabe, S. Aoki, S. Ohno, A. Deguchi, M. Hosokawa Difference between nighttime and daytime UV-B irradiation with respect to the extent of damage to perilla leaves. The Horticulture Journal,in press 2017 英語
Khalighi, M., W. Dermauw, N. Wybouw, S. Bajda, M. Osakabe, L. Tirry and T. Van Leeuwen Molecular analysis of cyenopyrafen resistance in the two-spotted spider mite Tetranychus urticae. Pest Management Science,72,103-112 2016 英語
Kawaguchi, S., Y. Manabe, T. Sugawara and M. Osakabe Imaginal feeding for progression of diapause phenotype in the two-spotted spider mite Environmental Entomology,45,1568-1573 2016 英語
Ghazy, N. A., M. Osakabe, M. W. Negm, P. Schausberger, T. Gotoh and H. Amano Phytoseiid mites under environmental stress. Biological Control,96,120-134 2016 英語
Schausberger, P., J. D. Patiño-Ruiz, M. Osakabe, Y. Murata, N. Sugimoto, R. Uesugi, A. Walzer Ultimate drivers and proximate correlates of polyandry in predatory mites. PLoS One,11,4,e0154355 2016 英語
Tanaka, M., J. Yase, S. Aoki, T. Sakurai, T. Kanto and M. Osakabe Physical control of spider mites using ultraviolet-B with light reflection sheets in greenhouse strawberries. Journal of Economic Entomology,in press 2016 英語
刑部 正博 フィールド&ラボ~知って得する豆知識③~簡単,便利~ハダニ採集用小型吸虫管 植物防疫,70,126-128 2016 日本語
刑部 正博 ゲノム解析による殺ダニ剤抵抗性研究の発展 農業および園芸,90,5,572-580 2015/05 日本語
Iwasa, T. and M. Osakabe Effects of combination between web density and size of spider mite on predation by a generalist and a specialist phytoseiid mite. Experimental and Applied Acarology,66,219-225 2015 英語
Ubara, M. and M. Osakabe Suspension of egg hatching caused by high humidity and submergence in spider mites. Environmental Entomology,44,1210-1219 2015 英語
Sudo, M. and M. Osakabe Joint effect of solar UVB and heat stress on the seasonal change of egg. Environmental Entomology,44,1605-1613 2015 英語
Ghazy, N. A., M. Osakabe, T. Aboshi, N. Mori and H. Amano The effects of prestarvation diet on starvation tolerance of the predatory mite Neoseiulus californicus (Acari: Phytoseiidae). Physiological Entomology,40,296-303 2015 英語
村田康允・刑部正博 ハダニに対するUVBによる致死効果と光回復 植物防疫,68,539-543 2014
増井伸一・片井祐介・山田 真・青木慎一・桜井尚史・刑部正博 温室メロンにおけるUV-B照射によるハダニ防除の効果と実用化のための課題 植物防疫,68,544-548 2014
Tachi, F. and M. Osakabe Spectrum-specific UV egg damage and dispersal responses in the phytoseiid predatory mite Neoseiulus californicus (Acari: Phytoseiidae). Environmental Entomology,43,787-794 2014 英語
有本 誠・佐藤 雅・上杉龍士・刑部正博 輸入植物検疫で発見されるTetranychus属ハダニ類のPCR-RFLPによる識別法 植物防疫,68,66-70 2014 日本語
Sugimoto, Naoya;Osakabe, Masahiro Cross-resistance between cyenopyrafen and pyridaben in the twospotted spider mite Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae). Pest Management Science,70,1090-1096 2014 英語
増井伸一・片井祐介・山田 真・青木慎一・桜井尚史・刑部正博 UV-B 照射によるアシノワハダニに対する密度抑制効果とメロンの生育への影響 関西病虫研報55: 37-41,55,37-41 2013 日本語
矢野修一・小澤真由子・刑部正博・川崎倫久 カブリダニ類の定着促進技術の生態学的背景--生物的防除の新しい方向性を目指して 植物防疫,63,10,635-640 2009/10 日本語
刑部正博・大塚恵子 植物ダニと紫外線--ナミハダニはなぜ葉裏にいるのか? 植物防疫,63,9,583-586 2009/09 日本語
刑部正博・小川友佳 人工飼料の新たな利用の可能性と問題点-ミヤコカブリダニの長期的維持- 植物防疫63: 44-48 2009 日本語
田島隆宣,大橋和典,刑部正博,高藤晃雄 発育期に利用した寄主植物がカンザワハダニTetranychus kanzawai (Acari:Tetranychidae)雌成虫の寄主選好性に及ぼす影響 日本ダニ学会誌,16,2,121-127 2007/11/25 日本語
豊島真吾;刑部正博 殺虫剤無散布リンゴ園におけるミヤコカブリダニの放飼とコヒメハナカメムシの発生がナミハダニの発生に及ぼす効果 北日本病害虫研究会報,56,188-190 2005/12/05 日本語
刑部正博・本多健一郎 ダイズ畑におけるオトリ作物ならびに障壁作物の設置がカメムシ類およびサヤムシ類の発生と被害に及ぼす効果 日本応用動物昆虫学会誌,46,4,233-241 2002/11/25 日本語
伊澤宏毅・刑部正博・守屋成一・土田 聡 マリックエンザイムによるチュウゴクオナガコバチとクリマモリオナガコバチの種間雑種の検出 日本応用動物昆虫学会誌,40,3,205-208 1996 日本語
Y. Murata; M. Osakabe Factors affecting photoreactivation in UVB-irradiated herbivorous spider mite (Tetranychus urticae) Experimental and Applied Acarology,63,253-265 2014 英語
M. Sudo; M. Osakabe Geotaxis and leaf-surface preferences mitigate negative effects of a predatory mite on an herbivorous mite Experimental and Applied Acarology,59,4,409-420 2013/04 英語
M. Arimoto; M. Satoh; R. Uesugi; M. Osakabe PCR-RFLP analysis for identification of tetranychus spider mite species (Acari: Tetranychidae) Journal of Economic Entomology,106,2,661-668 2013/04 英語
M. Fukaya; R. Uesugi; H. Ohashi; Y. Sakai; M. Sudo; A. Kasai; H. Kishimoto; M. Osakabe Tolerance to solar ultraviolet-B radiation in the citrus red mite, an upper surface user of host plant leaves Photochemistry and Photobiology,89,2,424-431 2013/03 英語
Y. Murata; M. Osakabe The Bunsen-Roscoe reciprocity law in ultraviolet-B-induced mortality of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae Journal of Insect Physiology,59,3,241-247 2013 英語
M. Sudo; M. Osakabe Stellate hairs on leaves of a deciduous shrub Viburnum erosum var. punctatum (Adoxaceae) effectively protect Brevipalpus obovatus (Acari: Tenuipalpidae) eggs from the predator Phytoseius nipponicus (Acari: Phytoseiidae) Experimental and Applied Acarology,60,3,299-311 2013 英語
F. Tachi; M. Osakabe Vulnerability and behavioral response to ultraviolet radiation in the components of a foliar mite prey-predator system Naturwissenschaften,99,12,1031-1038 2012/12 英語
M. Arimoto; M. Satoh; R. Uesugi; M. Osakabe DNA preparation method in eggs, immature stages, and diapausing females of Tetranychus spider mites (Acari: Tetranychidae) for diagnostic PCR-RFLP Applied Entomology and Zoology,47,3,295-300 2012/08 英語
Y. Sakai; M. Sudo; M. Osakabe Seasonal changes in the deleterious effects of solar ultraviolet-B radiation on eggs of the twospotted spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) Applied Entomology and Zoology,47,1,67-73 2012/02 英語
酒居勇太;須藤正彬;刑部正博 葉面の表裏における栄養条件の差がナミハダニの産卵数に与える影響は重力により補償される(英文) 日本ダニ学会誌,21,1,1-6 (J-STAGE) 2012 英語
M. Sudo; M. Osakabe Do plant mites commonly prefer the underside of leaves? Experimental and Applied Acarology,55,1,25-38 2011/09 英語
H. Suzuki; K. Yasuda; K. Ohashi; H. Takahashi; M. Fukaya; S. Yano; M. Osakabe Kanzawa spider mites acquire enemy-free space on a detrimental host plant, oleander Entomologia Experimentalis et Applicata,138,3,212-222 2011/03 英語
T. Shinmen; S. Yano; M. Osakabe The predatory mite Neoseiulus womersleyi (Acari: Phytoseiidae) follows extracts of trails left by the two-spotted spider mite Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,52,2,111-118 2010/10 英語
Y. Sakai; M. Osakabe Spectrum-specific damage and solar ultraviolet radiation avoidance in the two-spotted spider mite Photochemistry and Photobiology,86,4,925-932 2010/07 英語
R. Uesugi; T. Sasawaki; M. Osakabe Evidence of a high level of gene flow among apple trees in Tetranychus urticae Experimental and Applied Acarology,49,4,281-290 2009/12 英語
HINOMOTO Norihide;HIGAKI Tomomi;OSAKABE Masahiro;TAKAFUJI Akio Development and Evaluation of Microsatellite Markers in Tetranychus truncatus Ehara (Acari: Tetranychidae) 日本ダニ学会誌,18,2,91-98 2009/11/25 英語
S. Yano; M. Osakabe Do spider mite-infested plants and spider mite trails attract predatory mites? Ecological Research,24,6,1173-1178 2009/11 英語
K. Ohtsuka; M. Osakabe Deleterious effects of UV-B radiation on herbivorous spider mites: They can avoid it by remaining on lower leaf surfaces Environmental Entomology,38,3,920-929 2009/06 英語
T. Kobayashi; Mh. Osakabe Pre-winter copulation enhances overwintering success of orius females (Heteroptera: Anthocoridae) Applied Entomology and Zoology,44,1,47-52 2009/02 英語
T. Kawasaki; S. Yano; Mh. Osakabe Effects of wall structure and light intensity on the settlement of a predatory mite, Euseius sojaensis (Ehara) (Acari: Phytoseiidae) Applied Entomology and Zoology,44,1,81-84 2009/02 英語
R. Uesugi; Y. Kunimoto; M. Osakabe The fine-scale genetic structure of the two-spotted spider mite in a commercial greenhouse Experimental and Applied Acarology,47,2,99-109 2009/02 英語
M. Osakabe; R. Uesugi; K. Goka Evolutionary aspects of acaricide-resistance development in spider mites Psyche 2009 英語
M. Asahara; R. Uesugi; M.H. Osakabe Linkage between one of the polygenic hexythiazox resistance genes and an etoxazole resistance gene in the twospotted spider mite (Acari: Tetranychidae) Journal of Economic Entomology,101,5,1704-1710 2008/10 英語
M. Osakabe; Y. Kotsubo; R. Tajima; N. Hinomoto Restriction fragment length polymorphism catalog for molecular identification of Japanese Tetranychus spider mites (Acari: Tetranychidae) Journal of Economic Entomology,101,4,1167-1175 2008/08 英語
Y. Ogawa; Mh. Osakabe Development, long-term survival, and the maintenance of fertility in Neoseiulus californicus (Acari: Phytoseiidae) reared on an artificial diet Experimental and Applied Acarology,45,3-4,123-136 2008/08 英語
Mh. Osakabe; H. Isobe; A. Kasai; R. Masuda; S. Kubota; M. Umeda Aerodynamic advantages of upside down take-off for aerial dispersal in Tetranychus spider mites Experimental and Applied Acarology,44,3,165-183 2008/03 英語
S. Magalhães; M.R. Forbes; A. Skoracka; M. Osakabe; C. Chevillon; K.D. McCoy Host race formation in the Acari Experimental and Applied Acarology,42,4,225-238 2007/08 英語
R. Uesugi; Mh. Osakabe Isolation and characterization of microsatellite loci in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae): Primer note Molecular Ecology Notes,7,2,290-292 2007/03 英語
N. Hinomoto; D.P. Tran; A.T. Pham; T.B.N. Le; R. Tajima; K. Ohashi; M. Osakabe; A. Takafuji Identification of spider mites (Acari: Tetranychidae) by DNA sequences: A case study in Northern Vietnam International Journal of Acarology,33,1,53-60 2007/03 英語
M. Osakabe; K. Hongo; K. Funayama; S. Osumi Amensalism via webs causes unidirectional shifts of dominance in spider mite communities Oecologia,150,3,496-505 2006/12 英語
K. Takeyama; N. Mori; Mh. Osakabe Effect of cytochrome P450 inhibitor, piperonyl butoxide, on survival of Panonychus citri (McGregor) (Acari: Tetranychidae) on citrus leaves Applied Entomology and Zoology,41,3,487-491 2006/08 英語
K. Morimoto; H. Furuichi; S. Yano; Mh. Osakabe Web-mediated interspecific competition among spider mites Journal of Economic Entomology,99,3,678-684 2006/06 英語
H. Furuichi; K. Oku; S. Yano; A. Takafuji; M. Osakabe Why does the predatory mite Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae) prefer spider mite eggs to adults? Applied Entomology and Zoology,40,4,675-678 2005/11 英語
K. Oku; S. Yano; M. Osakabe; A. Takafuji Mating strategies of Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) in relation to mating status of females Annals of the Entomological Society of America,98,4,625-628 2005/07 英語
H. Furuichi; S. Yano; A. Takafuji; M. Osakabe Prey preference of the predatory mite Neoseiulus womersleyi Schicha is determined by spider mite webs Journal of Applied Entomology,129,6,336-339 2005/07 英語
M. Osakabe; K. Goka; S. Toda; T. Shintaku; H. Amano Significance of habitat type for the genetic population structure of Panonychus citri (Acari: Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,36,1-2,25-40 2005/05 英語
K. Oku; S. Yano; M. Osakabe; A. Takafuji Spider mites assess predation risk by using the odor of injured conspecifics Journal of Chemical Ecology,29,11,2609-2613 2003/11 英語
R. Uesugi; K. Goka; M. Osakabe Development of genetic differentiation and postzygotic isolation in experimental metapopulations of spider mites Experimental and Applied Acarology,31,3-4,161-176 2003 英語
R. Uesugi; K. Goka; M. Osakabe Genetic basis of resistances to chlorfenapyr and etoxazole in the two-spotted spider mite (Acari: Tetranychidae). Journal of economic entomology,95,6,1267-1274 2002/12 英語
Mh. Osakabe; T. Hirose; M. Sato Discrimination of four Japanese Tetranychus species (Acari: Tetranychidae) using PCR-RFLP of the inter-transcribed spacer region of nuclear ribosomal DNA Applied Entomology and Zoology,37,3,399-407 2002/08 英語
Mh. Osakabe Which predatory mite can control both a dominant mite pest, Tetranychus urticae, and a latent mite pest, Eotetranychus asiaticus, on strawberry? Experimental and Applied Acarology,26,3-4,219-230 2002 英語
N. Hinomoto; Mh. Osakabe; T. Gotoh; A. Takafuji Phylogenetic analysis of green and red forms of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae Koch (Acari: Tetranychidae), in Japan, based on mitochondrial cytochrome oxidase subunit I sequences Applied Entomology and Zoology,36,4,459-464 2001/11 英語
Toda, S., Mh. Osakabe and S. Komazaki Detection of a point mutation in mitochondrial COI gene of Panonychus citri (Acari: Tetranychidae) using PCR amplification of specific alleles. Journal of the Acarological Society Japan,10 (1): 37-41 2001 英語
S. Toda; M. Miyazaki; Mh. Osakabe; S. Komazaki Occurrence and hybridization of two parasitoid wasps, Torymus sinensis Kamijo and T. beneficus Yasumatsu et Kamijo (Hymenoptera: Torymidae) in the Oki islands Applied Entomology and Zoology,35,1,151-154 2000/02 英語
Mh. Osakabe; N. Hinomoto; S. Toda; S. Komazaki; K. Goka Molecular cloning and characterization of a microsatellite locus found in an RAPD marker of a spider mite, Panonychus citri (Acari: Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,24,5-6,385-395 2000 英語
S. Toda; Mh. Osakabe; S. Komazaki Interspecific diversity of mitochondrial COI sequences in Japanese Panonychus species (Acari: Tetranychidae) Experimental and Applied Acarology,24,10-11,821-829 2000 英語
Mh. Osakabe; S. Komazaki Laboratory experiments on a change in genetic structure with an increase of population density in the citrus red mite population, Panonychus citri (McGregor) (Acari: Tetranychidae) Applied Entomology and Zoology,34,4,413-420 1999 英語
Mh. Osakabe; S. Komazaki Differences in ecological and genetic traits between Panonychus citri (Acari: Tetranychidae) populations infesting citrus and Osmanthus Experimental and Applied Acarology,21,6-7,365-378 1997 英語
Mh. Osakabe; S. Komazaki Differences in esterase isozymes between Panonychus citri populations infesting citrus and Osmanthus Experimental and Applied Acarology,20,2,113-119 1996 英語
K. Goka; A. Takafuji; S. Toda; T. Hamamura; M. Osakabe; S. Komazaki Genetic distinctness between two forms of Tetranychus urticae Koch (Acari: Tetranychidae) detected by electrophoresis Experimental and Applied Acarology,20,12,683-693 1996 英語
Mh. Osakabe; S. Komazaki Host Range Segregation and Reproductive Incompatibility among Panonychus citri Populations Infesting Osmanthus Trees and Other Host Plants Applied Entomology and Zoology,31,3,397-406 1996 英語
M. Osakabe; Y. Sakagami RFLP analysis of ribosomal DNA in sibling species of spider mite, genus Panonychus (Acari: Tetranychidae) Insect Molecular Biology,3,1,63-66 1994 英語
Mh. Osakabe; Y. Saito; Y. Sakagami Protein differences detected by two-dimensional electrophoresis in the species complex of Schizotetranychus celarius (Banks) Experimental and Applied Acarology,17,10,757-764 1993 英語
M. Osakabe; Y. Sakagami Protein differences detected by two-dimensional electrophoresis among local populations of Panonychus citri (McGregor) (Acari: Tetranychidae) in Japan Applied Entomology and Zoology,28,4,497-502 1993 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
井尻悠士、刑部正博、T. Van Leeuwen ピリダベン抵抗性における卵限定的母性効果発現機構の解析 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03
M. Osakabe, H. Isobe, R. Masuda Aerodynamic advantages of take-off behavior and morphological feature in spider mites IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
刑部正博 輸入植物検疫で発見されるハダニ科Tetranychus属のPCR-RFLP法による識別 第55回日本応用動物昆虫学会大会 2011 日本語
刑部正博 捕食回避の観点から みた チャノヒメハダニの葉内産卵場所選択 第19回日本ダニ学会大会 2010 日本語
刑部正博 カンザワハダニにおけるカロテノイド組成と環境ストレスとの関係 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
刑部正博 コバノガマズミの葉上ダニ群集を構成する各分類群が葉の表裏において示す分布様式 第18回日本ダニ学会大会 2009 日本語
刑部正博 マイクロサテライトによる殺ダニ剤抵抗性遺伝子のマッピングの試み 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
刑部正博 ミカンハダニ卵の赤い色素は紫外線から卵を守るのか 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
刑部正博 Tetranychus 属のハダニにおける染色体地図の構築 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
刑部正博 カブリダニはアリによるギルド内捕食をどのようにして避けるか? 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
刑部正博 人工飼料によるチリカブリダニの発育 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
刑部正博 ナミハダニは太陽光中の紫外線を避けるか? 第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009 日本語
Masahiro Osakabe A conception of food and residence manipulation for settlement of phytoseiid mites: ‘kaburidani’ (phytoseiids’) house The 3rd Internaitional Symposium of Entomological Science COE 2008 日本語
Masahiro Osakabe Deleterious effects of ultraviolet-B radiation on herbivorous spider mites and predaceous phytoseiid mites 第17回日本ダニ学会大会(2008日韓合同ダニ学会議) 2008 英語
Masahiro Osakabe Harmfulness of UV-B radiation for the twospotted sopider mite: they can avoid it by staying on lower leaf surfaces Sixth European Congress of Acarology 2008 英語
Masahiro Osakabe Arrestant chemical cues for a phytoseed mite Neoseiulus womersleyi in webs of spider mites Amphitetranychus viennensis and Tetranychus urticae Sixth European Congress of Acarology 2008 英語
Masahiro Osakabe Why do predatory mites take refuge, while their prey spider mites do not? Sixth European Congress of Acarology 2008 英語
Masahiro Osakabe Difference of gene flow between greenhouse and orchard populations in Tetranychus urticae Sixth European Congress of Acarology 2008 英語
Masahiro Osakabe Does red pigment protect the citrus red mite eggs from UV damage? 第17回日本ダニ学会大会(2008日韓合同ダニ学会議) 2008 英語
Masahiro Osakabe Were the citrus red mite eggs protected from solar UV damage by their red pigments? The 3rd Internaitional Symposium of Entomological Science COE 2008 英語
Masahiro Osakabe The twospotted spider mite, Tetranychus urticae Koch escapes from solar UV radiation The 3rd Internaitional Symposium of Entomological Science COE 2008 英語
Masahiro Osakabe Linkage mapping of acaricide-resistance genes using microsatellites in the two-spotted spider mite Tetranychus urticae The 3rd Internaitional Symposium of Entomological Science COE 2008 英語
Masahiro Osakabe The effects of hydrangea and oleander on Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae) via Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) The 3rd Internaitional Symposium of Entomological Science COE 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Murata, Y. , M. Osakabe Photo-enzymatic repair of CPD and potential effect of nucleotide excision repair for 6-4PP decreasing in the twospotted mite, Tetranychus urticae the XXV International Congress of Entomology 2016/09 英語
M. Atarashi, Y. Manabe, H. Kishimoto, T. Sugawara, M. Osakabe Protective function of body pigments from oxidative stress in Panonychus citri 8th Symposium of the EURopean Association of ACarologists 2016/07 英語
M. Tanaka, J. Yase, T. Kanto, M. Yamanaka, M. Osakabe A new physical control of spider mite featuring UVB — Strawberry and carnation 8th Symposium of the EURopean Association of ACarologists 2016/07 英語
S. Mori, M. Kawakami, M. Oishi, H. Fukui, K. Goto, J. Tsukioka, M. Osakabe, N. Sugioka, M. Sakuma, N. Hirai Chemical ecology of fluorescent compounds in flower pollen The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015/10 英語
A. Walzer, M. Osakabe, Y. Murata, P. Schausberger Male body size effects on mating behaviouor and paternity success in polyandrous Phytoseiulus persimilis and Neoseiulus californicus. Fifth Meeting of the IOBC Working Group "Integrated Control of Mite Pests" 2015/09 英語
OSAKABE Masahiro Spider mite management using UVB in greenhouse. Fifth Meeting of the IOBC Working Group "Integrated Control of Mite Pests" 2015/09 英語
Y. Murata, M. Osakabe Photo-enzymatic repair of CPD and potential effect of nucleotide excision repair for 6-4PP decreasing in the two-spotted mite, Tetranychus urticae. 7th spider mite genome meeting 2015/09 英語
OSAKABE Masahiro Recent progress in the linkage analysis among scaffolds in T. urticae genome. 7th spider mite genome meeting 2015/09 英語
M. Osakabe Adaptation to acaricide and UV radiation in spider mites The Sixth Spider Mite Genome Meeting 2014/10 英語
N. A. Ghazy, M. Osakabe, H. Amano Effect of pre-starvation dietary supplements on the starvation tolerance of the predatory mite Neoseiulus californicus. IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
M. Arimoto, M. Satoh, R. Uesugi, M. Osakabe Diagnostic PCR-RFLP of Tetranychus species (Acari: Tetranychidae) intercepted at Japanese plant quarantine IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
M. Tanaka, J. Yase, T. Kanto, M. Osakabe, S. Aoki, T. Sakurai Physical control of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae on strawberry vinyl house by the combination of ultraviolet-B irradiation and the reflective sheet IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
R. Uesugi, M. Osakabe Difference of gene flow between greenhouse and orchard populations in Tetranychus urticae Koch IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
P. Schausberger, J. D. Patiño-Ruiz, M. Osakabe, Y. Murata, N. Sugimoto, R. Uesugi, A. Walzer Contrasting patterns of multiple mating, paternity and reproductive success in polyandrous Neoseiulus californicus and Phytoseiulus persimilis IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
S. Kawaguchi, M. Osakabe Feeding is essential for body color change in diapausing females of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae. IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
M. Osakabe, T. Matsuo, N. Sugimoto, R. Uesugi Combination between classical genetic mapping tools and genomics in acaricide resistance study IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
M Sudo, M. Osakabe Solar radiation as a determinant of acarine community assembly and seasonal dynamics IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
Y. Murata, M. Osakabe Reciprocity in UV damage and photoreactivaiton of spider mites IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
M. Osakabe The sun and plant-dwelling mites: an overview IVX International Congress of Acarology 2014/07 英語
Y. Murata, F. Tachi, M. Osakabe UV damage and photoreactivation in Neuseiulus californicus Fourth Meeting of the IOBC Working Group. Integrated Control of Plant-Feeding Mites. 2013/09 英語
M. Osakabe, S. Kawaguchi, Y. Murata Is solar ultraviolet-B radiation an ultimate factor causing diapause in Tetranychus urticae under temperate climatic conditions? XXIV International Congress of Entomology 2012/08 英語
Y. Murata, Mh. Osakabe Bunsen-Roscoe’s Law in UVB damage and photoreactivation in the twospotted spider mite 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists 2012/07 英語
M. Sudo, Mh. Osakabe How environmental heterogeneity between leaf surfaces affects spatial distribution and prey-predator interaction in plant mites 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists 2012/07 英語
N. Sugimoto, T. Matuo, R. Uesugi, Mh, Osakabe Linkage relationship among five acaricide resistance genes in the twospotted spider mite 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists 2012/07 英語
Y. Oide, Mh. Osakabe Asymmetry in the reproduction interference between two closely spider mite species, Panonychus citri and P. osmanthi 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists 2012/07 英語
Mh. Osakabe, M. Fukaya Tolerance to UV radiation in the citrus red mite, Panonychus citri: the upper leaf surface user of host plants 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists 2012/07 英語
M. Sudo, Mh. Osakabe Discrepancy between predator density and shelter availability: why false spider mites oviposit on less hairy surface of a leaf? Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress 2012/03 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
富森大地、細川宗孝、刑部正博 UVB照射がアカジソを介してナミハダニに及ぼす間接効果 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03 日本語
田中雅也、刑部正博、山中正仁、八瀬順也、神頭武嗣、佐藤 衛 UVB照射によるカーネーションのナミハダニ密度抑制効果 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03 日本語
田中雅也、刑部正博、八瀬順也、 神頭武嗣、佐藤 衛 UVB照射による施設イチゴ(土耕栽培)のハダニ防除 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03 日本語
刑部 正博 紫外線によるハダニ防除の基盤 第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017/03 日本語
中井一宏、刑部正博 UVB法によるナミハダニの防除メカニズム 第25回日本ダニ学会札幌大会 2016/10 日本語
新 真理、真鍋祐樹、岸本英成、菅原達也、刑部正博 カロテノイドによるミカンハダニの酸化ストレス耐性 2016/10 日本語
田中雅也、刑部正博、八瀬順也、神頭武嗣、内橋嘉一、佐藤 衛 UVB照射と光反射資材による施設イチゴの難防除病害虫(ハダニ類・アザミウマ類・うどんこ病)同時防除技術の開発 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会・合同大会 2016/03 日本語
刑部正博、杉本直也、井尻悠士、上樂明也、Sabina Bajda、Thomas Van Leeuwen QTL解析によるピリダベン抵抗性遺伝子のナミハダニゲノムへのマッピング 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会・合同大会 2016/03 日本語
村田康允、刑部正博 ナミハダニにおけるUVB誘発DNA損傷と光回復によるその修復メカニズム 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会・合同大会 2016/03 日本語
刑部 正博 植物ダニと紫外線 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会・合同大会 2016/03 日本語
大田奈央、刑部正博、青木慎一、細川宗孝 UV-B照射によるシソ葉のダメージは昼夜で異なる 園芸学会平成28年度春季大会 2016/03 日本語
細川宗孝・大田奈央・出口亜由美・大野 翔・青木慎一・刑部正博 アカジソへのUV-B照射による葉中ペルオキシダーゼ活性の上昇 園芸学会平成28年度春季大会 2016/03 日本語
田中雅也、刑部正博、神頭武嗣、八瀬順也 UVB照射と光反射資材によるハダニ類密度抑制技術の実証 H27応動昆中国支部会 2015/10 日本語
Y. Murata, M. Osakabe UVB-induced DNA damage and photoenzymatic repair in two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. Fifth Meeting of the IOBC Working Group "Integrated Control of Mite Pests" 2015/09 英語
石川隆輔、土井誠、中野亮平、刑部正博、八谷佳明、桜井尚史、安川茂 紫外線(UV-B) 照射による高設イチゴで発生するハダニ類の密度抑制効果 第20 回農林害虫防除研究会大分大会 2015/07 日本語
川上真理、森信之介、大石雅典、福井宏至、後藤勝実、月岡淳子、佐久間正幸、刑部正博、杉岡稔朗、平井伸博 花粉に含まれる蛍光物質の化学生態学 日本農芸化学会2015年度岡山大会 2015/03 日本語
只津美苑、石田達也、刑部正博 ミカンハダニのエトキサゾール抵抗性と作用点変異の解析 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03 日本語
伊原 嶺、刑部正博、T. Van Leeuwen ナミハダニのシフルメトフェン抵抗性における雌雄および系統間差異 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03 日本語
村田康允、刑部正博 ナミハダニの光回復におけるCPDの修復とフォトリアーゼ遺伝子発現 第59回日本応用動物昆虫学会大会 2015/03 日本語
田中雅也・八瀬順也・神頭武嗣・刑部正博・青木慎一・桜井尚史 紫外線(UVB)照射による施設イチゴのハダニ防除 農林害虫防除研究会 2014/07 日本語
乳原優志、刑部正博 ハダニ卵の水中での胚発生と高湿度・水没によるふ化停止 第58回日本応用動物昆虫学会大会 2014/03 日本語
杉岡稔朗、刑部正博 花粉食がカブリダニ卵の紫外線(UVB)耐性に及ぼす影響 第58回日本応用動物昆虫学会大会 2014/03 日本語
新 真理、刑部正博 ミカンハダニにおけるアスタキサンチン蓄積とその生体防御機能 第58回日本応用動物昆虫学会大会 2014/03 日本語
田中雅也、八瀬順也、神頭武嗣、刑部正博、青木慎一、桜井尚史 紫外線ランプと反射資材の組合せによる 施設イチゴのハダニ密度抑制効果 第58回日本応用動物昆虫学会大会 2014/03 日本語
村田 康允、刑部 正博 ナミハダニの光回復に影響する光質と相反則 第58回日本応用動物昆虫学会大会 2014/03 日本語
田中雅也、刑部正博、青木慎一、桜井尚史 紫外線ランプと紫外線反射資材の組合せによる施設イチゴのナミハダニ密度抑制効果 平成25年度日本応用動物昆虫学会中国支部・日本昆虫学会中国支部合同例会 2013/10 日本語
須藤正彬、刑部正博 太陽光UVと輻射熱の相互作用がチャノヒメハダニ卵の寄主葉上面での生存を制限する 第22回日本ダニ学会大会 2013/09 日本語
村田康允、刑部正博 ナミハダニの光回復に影響する要因 第22回日本ダニ学会大会 2013/09 日本語
須藤正彬、刑部正博 太陽光紫外線と温度の季節変動が植物ダニによる葉表の利用可能性を制限する 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
2013/03 英語
村田康允、刑部正博 ナミハダニにおける光回復効果の検証 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
舘芙夕貴、刑部正博 眼の無いカブリダニの紫外線忌避行動と餌ハダニのcue 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
刑部 正博 連鎖およびゲノム解析から薬剤抵抗性機構へのアプローチ 第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013/03 日本語
舘芙夕貴、刑部正博 紫外線照射に対するカブリダニの耐性と忌避行動について 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
杉本直也、刑部正博 ナミハダニの殺ダニ剤抵抗性遺伝子の連鎖地図の作成 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
乳原優志、刑部正博 過湿条件がハダニ卵の孵化に及ぼす影響 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
須藤正彬、刑部正博 太陽光紫外線によるチャノヒメハダニ卵の損傷リスクの季節変動に関わる要因 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
村田康充、刑部正博 ナミハダニのUVB損傷における相反則と光回復効果 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
生出裕美子、刑部正博 ミカンハダニとモクセイマルハダニの繁殖干渉について 第21回日本ダニ学会大会 2012/09 日本語
須藤正彬、酒居勇太、刑部正博 なぜ一部の植食性ダニだけが葉表に産卵するのか 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
川口尚子、刑部正博 ナミハダニの休眠後摂食と体色変化 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
杉本直也、刑部正博 ナミハダニのシエノピラフェン抵抗性遺伝子とピリダベン抵抗性遺伝子の連鎖 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
村田康允、刑部正博 ナミハダニに対するUVBの影響 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
江波義成、芦田安代、刑部正博、柴崎弘道、青木慎一、山田 真、桜井尚史 施設イチゴ栽培における紫外光照射によるナミハダニ密度抑制効果 第56回日本応用動物昆虫学会大会 2012/03 日本語
酒居勇太;刑部正博 反射シートを利用した太陽光紫外線によるナミハダニの防除の可能性 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,55th,44 2011/03 日本語
刑部正博 植物ダニの捕食者-被食者間における重力・葉面選好性の相違が捕食強度に及ぼす影響 第55回日本応用動物昆虫学会大会 2011 日本語
刑部正博 おなじ赤色でも大違い?見掛け倒しのカンザワハダニと質実剛健なミカンハダニにおけるUV耐性・UV忌避性とカロテノイド組成の関係 第55回日本応用動物昆虫学会大会 2011 日本語
刑部正博 自然生態系のダニは葉の裏面に多いのか̶葉面形態・季 節との関わりから̶ 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
刑部正博 ナミハダニに対する太陽光中紫外線の影響について 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
刑部正博 カンキツ園におけるミカンハダニの分布̶葉表が好きだが日向は嫌い? 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
刑部正博 キョウチクトウがケナガカブリダニに与える直接的およ びカンザワハダニを介した間接的影響 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
刑部正博 ハダニ類のカロテノイド組成 第18回日本ダニ学会大会 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Perception of the danger and behavioral response under UV radiation in Neoseiulus californicus Fourth Meeting of the IOBC Working Group "Integrated Control of Plant Feeding Mites" IOBC 2013/09/10 英語
An approach to acaricide-resistance developments from perspectives of genetic linkages and population structures in spider mites XIII International Congress of Acarology 2010 英語
Is preference for the lower leaf surface associated with avoidance of solar ultraviolet radiation in spider mites? XIII International Congress of Acarology 2010 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
紫外線による殺ダニ効果とハダニ防除への応用 [招待あり] 平成25年度静岡県植物防疫協会(第5回)研究会 2014/02/27
ナミハダニの薬剤抵抗性とゲノム研究 [招待あり] 平成25年度静岡県植物防疫協会(第5回)研究会 2014/02/27
殺ダニ剤抵抗性の現状と展望 [招待あり] 第6回除草剤抵抗性雑草研究会・平成24年度近畿雑草研究会合同研究会 2012/11/17
ハダニ類の薬剤抵抗性 [招待あり] NIAS シンポジウム「第5 回ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方-殺虫剤抵抗性問題の最前線-」 2012/11/15
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ハダニの薬剤抵抗性問題と紫外線を利用した新たな防除法の開発 三重県植物防疫講演会 2016/02/02 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
刑部 正博 薬剤抵抗性の拡散と国際化にどう対処するか.防除インパクトとハダニの薬剤抵抗性(共著).昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治・西田律夫・佐久間正幸編) 京都大学学術出版会,pp. 135-156 2009 日本語
刑部正博・上杉龍士 ハダニ類の薬剤抵抗性 日本農薬学会誌34: 207-214 2009 日本語
刑部正博 ハダニの環境適応と生態的調節機能 21世紀COEプログラム「昆虫科学が拓く未来型食料環境学の創生」成果報告書.pp. 96-100 2009 日本語
矢野修一、刑部正博 2.4葉っぱの上のマイクロコズム 昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治他編).p.253-269 京都大学学術出版会 2009 日本語
刑部正博、梅田幹雄 ハダニの空中分散 昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治他編).p.461-467 京都大学学術出版会 2009 日本語
刑部 正博 葉っぱの上のマイクロコズム(共著).昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治・西田律夫・佐久間正幸編) 京都大学学術出版会 2009 日本語
刑部 正博 ハダニの空中分散.飛び立ちの空気力学.昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治・西田律夫・佐久間正幸編) 京都大学学術出版会 2009 日本語
刑部正博、上杉龍士 1.5薬剤抵抗性の拡散と国際化にどう対処するか 昆虫科学が拓く未来(藤崎憲治他編).p.135-156 京都大学学術出版会 2009 日本語
刑部 正博 遺伝子.ダニの生物学(青木淳一編) 東京大学出版会,pp. 173-193 2001 日本語
刑部 正博 生理生化学.植物ダニ学(真梶徳純・江原昭三編) 全国農村教育協会,pp. 141-158 1996 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
学会賞 A society fellowship award 日本応用動物昆虫学会 The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology 2013/03/27
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 植物の化学的防御に対する害虫の対抗適応に関する分子基盤的研究 2006〜2008
基盤研究(B) 代表 ハダニの紫外線適応に関する生理基盤の解明 2010〜2012
挑戦的萌芽研究 代表 薬剤抵抗性原因遺伝子を簡便に推定する連鎖・連関ゲノムマッピング法の確立 2014/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 植物ダニの紫外線損傷と保護修復機構の解明 2014/04/01〜2018/03/31
ゲノム情報を活用した農産物の次世代生産基盤技術の開発 分担 ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発 2014〜2019/03/
戦略イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術) 分担 持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発 2014〜2019/03/
挑戦的萌芽研究 代表 薬剤抵抗性原因遺伝子を簡便に推定する連鎖・連関ゲノムマッピング法の確立 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 植物ダニの紫外線損傷と保護修復機構の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 植物ダニの紫外線損傷と保護修復機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 薬剤抵抗性原因遺伝子を簡便に推定する連鎖・連関ゲノムマッピング法の確立 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 薬剤抵抗性原因遺伝子を簡便に推定する連鎖・連関ゲノムマッピング法の確立 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 植物ダニの紫外線損傷と保護修復機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生態学(分担)
生態制御学
生態制御学特論
資源生物科学概論IV(分担)
生態制御学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生態学から持続的社会へ Ecology-looking for sustainable society- 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生態情報開発学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
生態情報開発学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2012/04〜2013/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生態学から持続的社会へ Ecology-looking for sustainable society- 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2013/04〜2014/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
葉っぱの上のミクロコスモス入門 Introduction to Microcosmos on a Leaf 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生態制御学特論 Special Lecture in Ecological Management 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生態情報開発学専攻実験1 Research in Ecological Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2016/04〜2017/03
生態制御学特論 Special Lecture on Ecological Management 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験1 Laboratory Course in Ecological Information 1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験2 Laboratory Course in Ecological Information 2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習2 Seminar in Ecological Information2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生態制御学 Ecological Management 後期 農学部 2017/04〜2018/03
生態学 Ecology 前期 農学部 2017/04〜2018/03
生態情報開発学 Ecological Information 前期 農学部 2017/04〜2018/03
生態情報開発学専攻実験1 Laboratory Course in Ecological Information 1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学専攻実験2 Laboratory Course in Ecological Information 2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学専攻実験 Research in Ecological Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習1 Seminar in Ecological Information1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習2 Seminar in Ecological Information2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学演習 Seminar in Ecological Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生態情報開発学特論 Special Lecture on Ecological Information 後期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03
生産生態科学演習 Seminar in Agro-ecosystem Science 通年 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
京都府立大学「環境共生システム学特論」
石川県立大学「応用昆虫学」
応用昆虫学 石川県立大学 生産科学科 2008〜2008
環境共生システム学特論 京都府立大学 生命環境研究科 2008〜2008
応用昆虫学 石川県立大学 生産科学科 2009〜2009
環境共生システム学特論 京都府立大学 生命環境研究科 2009〜2009
応用昆虫学 石川県立大学 生産科学科 2010〜2010
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本ダニ学会 The Acarological Society of Japan 評議員・庶務幹事 Exective Committee, Secretary 2001〜2003
日本応用動物昆虫学会評議員 The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology 評議員 Exective Committee 2005〜2010
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本応用動物昆虫学会 The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology 日本応用動物昆虫学会英文誌 Applied Entomology and Zoology 英文誌編集責任者 2009〜2010
日本ダニ学会 The Acarological Society of Japan 日本ダニ学会誌 Journal of the Acarological Society of Japan 編集委員長 2010〜2012