木村 敦子

最終更新日時: 2019/06/14 16:42:06

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
木村 敦子/キムラ アツコ/Kimura, Atsuko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
法学研究科/法政理論専攻民事法講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
法学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
法務博士(専門職) 京都大学
プロフィール
(日本語)
民法、とくに家族法に関する研究をしている。家族法の諸問題に関連する医療技術の発展等にも関心を持っている。 法学・政治学を学ぶおもしろさを学生に伝えるべく、日々教育活動に取り組んでいる。
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008369
研究テーマ
(日本語)
民法(とくに家族法)
研究概要
(日本語)
現在は、とくに法律上の親子関係の成否に関する制度を中心に研究している。民法上の嫡出推定・否認制度や認知制度に関する基礎的研究に取り組むほか、代理母等の発展的課題に対する解釈論的・立法的研究にも着手している。
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
木村 敦子 木村 敦子 離婚後の父母間の親権に基づく子の引渡請求が権利の濫用に当たるとされた事例 離婚後の父母間の親権に基づく子の引渡請求が権利の濫用に当たるとされた事例 ジュリスト(増刊、平成30年度重要判例解説), 1531, 77-78 ジュリスト(増刊、平成30年度重要判例解説), 1531, 77-78 , 1531, 77-78 2019/04 日本語 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理(十)ーードイツにおける親子関係法の展開を手がかりとしてーー 法律上の親子関係の構成原理(十)ーードイツにおける親子関係法の展開を手がかりとしてーー 法学論叢, 184, 6, 1-27 法学論叢, 184, 6, 1-27 , 184, 6, 1-27 2019/03 日本語 公開
木村 敦子 木村 敦子 Atsuko Kimura Privatautonomie aus der Sicht des Erbrechts Privatautonomie aus der Sicht des Erbrechts Privatautonomie aus der Sicht des Erbrechts ZJapanR (Sonderheft), 14, 49-70 ZJapanR (Sonderheft), 14, 49-70 , 14, 49-70 2019 ドイツ語 研究論文(研究会、シンポジウム資料等) 公開
木村 敦子 木村 敦子 親子関係と公的介入 親子関係と公的介入 法律時報, 90, 11, 24-30 法律時報, 90, 11, 24-30 , 90, 11, 24-30 2018/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
木村 敦子 木村 敦子 推定の及ばない嫡出子の範囲(最一小判平成26・7・17) 推定の及ばない嫡出子の範囲(最一小判平成26・7・17) 別冊ジュリスト民法判例百選Ⅲ親族・相続[第2版], 239, 58-59 別冊ジュリスト民法判例百選Ⅲ親族・相続[第2版], 239, 58-59 , 239, 58-59 2018/04 日本語 公開
木村 敦子 木村 敦子 虚偽の嫡出子出生届等と認知の効力(最二小判昭和53・2・24) 虚偽の嫡出子出生届等と認知の効力(最二小判昭和53・2・24) 別冊ジュリスト民法判例百選Ⅲ親族・相続[第2版], 239, 62-63 別冊ジュリスト民法判例百選Ⅲ親族・相続[第2版], 239, 62-63 , 239, 62-63 2018/03 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理(九)――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 法律上の親子関係の構成原理(九)――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 法学論叢, 181, 6, 1-18 法学論叢, 181, 6, 1-18 , 181, 6, 1-18 2017/09 日本語 研究論文(大学、研究機関紀要) 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(八) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(八) 法学論叢, 180, 4, 1-39 法学論叢, 180, 4, 1-39 , 180, 4, 1-39 2017/01 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
木村 敦子 木村 敦子 再婚禁止期間と嫡出推定に関する解釈論・立法論的検討 再婚禁止期間と嫡出推定に関する解釈論・立法論的検討 法学論叢, 180, 5=6, 543-600 法学論叢, 180, 5=6, 543-600 , 180, 5=6, 543-600 2017 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
木村 敦子 木村 敦子 親子関係不存在確認訴訟 親子関係不存在確認訴訟 法学教室, 429, 21-27 法学教室, 429, 21-27 , 429, 21-27 2016/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理(七)――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 法律上の親子関係の構成原理(七)――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 法学論叢, 178, 6, 1-34 法学論叢, 178, 6, 1-34 , 178, 6, 1-34 2016/03 日本語 公開
木村 敦子(ドイツ家族法研究会) 木村 敦子(ドイツ家族法研究会) 親としての配慮・保佐・後見(七)――ドイツ家族法注解 親としての配慮・保佐・後見(七)――ドイツ家族法注解 民商法雑誌, 152, 4, 84-115 民商法雑誌, 152, 4, 84-115 , 152, 4, 84-115 2016 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
木村 敦子 木村 敦子 任意認知者による認知無効の取消し 任意認知者による認知無効の取消し 法律時報, 87, 11, 71-78 法律時報, 87, 11, 71-78 , 87, 11, 71-78 2015/10 日本語 公開
木村 敦子 木村 敦子 生物学上の父子関係の不存在が科学的証拠により明らかであるときの民法772条の推定(最判平成26・7・1) 生物学上の父子関係の不存在が科学的証拠により明らかであるときの民法772条の推定(最判平成26・7・1) 法学教室(別冊付録判例セレクト), 314, 20-20 法学教室(別冊付録判例セレクト), 314, 20-20 , 314, 20-20 2015 公開
木村 敦子 木村 敦子 推定の及ばない嫡出子の範囲 推定の及ばない嫡出子の範囲 別冊ジュリスト(民法判例百選Ⅲ親族・相続), 225, 56-57 別冊ジュリスト(民法判例百選Ⅲ親族・相続), 225, 56-57 , 225, 56-57 2015 公開
木村 敦子 木村 敦子 虚偽の嫡出子出生届等と認知の効力 虚偽の嫡出子出生届等と認知の効力 別冊ジュリスト(民法判例百選Ⅲ親族・相続), 239, 225, 60-61 別冊ジュリスト(民法判例百選Ⅲ親族・相続), 239, 225, 60-61 , 239, 225, 60-61 2015 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(六) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(六) 法学論叢, 176, 4, 1-20 法学論叢, 176, 4, 1-20 , 176, 4, 1-20 2015 公開
木村 敦子, Gabriele Koziol 木村 敦子, Gabriele Koziol Der gesetzliche Erbteil nichtehelicher Kinder- Entscheidung des Obersten Gerichtshofs vom 4. September 2013 Der gesetzliche Erbteil nichtehelicher Kinder- Entscheidung des Obersten Gerichtshofs vom 4. September 2013 Zeitschrift für Japanisches Recht, 20, 39, 233-259 Zeitschrift für Japanisches Recht, 20, 39, 233-259 , 20, 39, 233-259 2015 ドイツ語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(五) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(五) 法学論叢, 174, 6, 29-59 法学論叢, 174, 6, 29-59 , 174, 6, 29-59 2014 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の父子関係とDNA鑑定に関する一考察 : 子の福祉の観点から : DNA鑑定で血縁関係がないと判明した場合、法律上の父子関係を無効にできるかどうかが争われた事案[最高裁第一小法廷平成26.7.17判決] 法律上の父子関係とDNA鑑定に関する一考察 : 子の福祉の観点から : DNA鑑定で血縁関係がないと判明した場合、法律上の父子関係を無効にできるかどうかが争われた事案[最高裁第一小法廷平成26.7.17判決] 法律のひろば, 67, 12, 62-68 法律のひろば, 67, 12, 62-68 , 67, 12, 62-68 2012/12 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がりとして―― 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がりとして―― 私法, 74, 190-197 私法, 74, 190-197 , 74, 190-197 2012 公開
Atsuko Kimura , Gabriele Koziol Atsuko Kimura , Gabriele Koziol Der Wandel der Familie –neue Überlegungen zum Modell der Familie, Zeitschrift für Japanisches Recht Nr. 34(2012), S. 115‐137 Der Wandel der Familie –neue Überlegungen zum Modell der Familie, Zeitschrift für Japanisches Recht Nr. 34(2012), S. 115‐137 ZJapnR, 34 ZJapnR, 34 , 34 2012 ドイツ語 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理-――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(三) 法律上の親子関係の構成原理-――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(三) 法学論叢, 168, 6, 1-21 法学論叢, 168, 6, 1-21 , 168, 6, 1-21 2011 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(四) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(四) 法学論叢, 170, 3, 1-23 法学論叢, 170, 3, 1-23 , 170, 3, 1-23 2011 公開
木村 敦子 木村 敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(二) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(二) 法学論叢, 167, 2, 23-37 法学論叢, 167, 2, 23-37 , 167, 2, 23-37 2010 公開
木村敦子 木村敦子 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(一) 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして――(一) 法学論叢, 167, 1, 1-38 法学論叢, 167, 1, 1-38 , 167, 1, 1-38 2010 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Technologischer Forschritt und das Familienrect im Wandel Technologischer Forschritt und das Familienrect im Wandel Technologicher Forschritt und das Familienrect im Wandel 日墺比較法セミナー 日墺比較法セミナー 2019/03/25 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
相続法からみた生命保険――生命保険金と遺留分に関する検討 相続法からみた生命保険――生命保険金と遺留分に関する検討 民法からみる生命保険研究会 民法からみる生命保険研究会 2019/02/18 日本語 口頭発表(一般) 公開
特別養子制度の改正に関する議論について 特別養子制度の改正に関する議論について 日本司法書士連合会民事法改正対策部 日本司法書士連合会民事法改正対策部 2019/01/21 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
親子関係法――ドイツ法の観点から 親子関係法――ドイツ法の観点から 嫡出推定制度を中心とした親子法制の在り方に関する研究会 嫡出推定制度を中心とした親子法制の在り方に関する研究会 2018/12/21 日本語 口頭発表(一般) 公開
面会交流に関する比較法的検討 面会交流に関する比較法的検討 大阪家庭裁判所堺支部自庁研修 大阪家庭裁判所堺支部自庁研修 2018/10/15 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Boele-Woelki教授の報告(「家族法分野における複合的比較法研究」)に対するコメント Boele-Woelki教授の報告(「家族法分野における複合的比較法研究」)に対するコメント 京都大学法学研究科事業「技術革新がもたらす新たな法的課題に関する国際研究」国際研究集会 京都大学法学研究科事業「技術革新がもたらす新たな法的課題に関する国際研究」国際研究集会 2018/07/20 英語 口頭発表(一般) 公開
信託と遺留分に関する一考察ーー信託財産説の再検討 信託と遺留分に関する一考察ーー信託財産説の再検討 トラスト未来フォーラム研究会 トラスト未来フォーラム研究会 2018/06/23 日本語 口頭発表(一般) 公開
相続法にみる私的自治 相続法にみる私的自治 京都大学法学研究科及びマックス・プランク国際私法比較法研究所二国間交流事業国際ワークショップ 京都大学法学研究科及びマックス・プランク国際私法比較法研究所二国間交流事業国際ワークショップ 2018/01/30 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
信託法に関する報告 信託法に関する報告 トラスト未来フォーラム研究会 トラスト未来フォーラム研究会 2017/07/30 公開
面会交流に関する比較法的検討 面会交流に関する比較法的検討 京都家庭裁判所 京都家庭裁判所 2017/07/12 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
嫡出推定・否認制度に関する検討――最高裁平成26年判決が残した課題を中心に 嫡出推定・否認制度に関する検討――最高裁平成26年判決が残した課題を中心に 新家事法研究会 新家事法研究会 2016/06/24 日本語 口頭発表(一般) 公開
新しい家族のかたちを考える――家族を問い直す子どもたち――(法学の観点から) 新しい家族のかたちを考える――家族を問い直す子どもたち――(法学の観点から) 京都大学大学院教育学研究科教育実践コラボレーション・センター公開シンポジウム 京都大学大学院教育学研究科教育実践コラボレーション・センター公開シンポジウム 2016/03/27 日本語 口頭発表(一般) 公開
家族の変容と家族モデルの再検討――家族関係における財の移転を検討する手がかりとして―― 家族の変容と家族モデルの再検討――家族関係における財の移転を検討する手がかりとして―― 平成24年度ー平成27年度科学研究費補助金基盤研究(A)「国家による『非営利型移転』の支援と公共サービスの設計」最終シンポジウム 平成24年度ー平成27年度科学研究費補助金基盤研究(A)「国家による『非営利型移転』の支援と公共サービスの設計」最終シンポジウム 2016/02/23 日本語 口頭発表(一般) 公開
近時の最高裁判決における法律婚の位置づけ 近時の最高裁判決における法律婚の位置づけ 家族法フォーラム研究会 家族法フォーラム研究会 2016/01/30 日本語 口頭発表(一般) 公開
高齢者扶養・介護をめぐる諸問題 高齢者扶養・介護をめぐる諸問題 日墺比較法セミナー 日墺比較法セミナー 2012/09/06 ドイツ語 公開
法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 法律上の親子関係の構成原理――ドイツにおける親子関係法の展開を手がかりとして―― 日本私法学会 個別報告 日本私法学会 個別報告 2011/10/09 公開
家族の変容と家族モデルの再検討 家族の変容と家族モデルの再検討 学術創成研究費「ポスト構造改革における市場と社会の新たな秩序形成」日墺比較法セミナー第三回国際シンポジウム 学術創成研究費「ポスト構造改革における市場と社会の新たな秩序形成」日墺比較法セミナー第三回国際シンポジウム 2010/09/15 ドイツ語 公開
家族の多様化と家族法の役割――離婚問題を手がかりとして―― 家族の多様化と家族法の役割――離婚問題を手がかりとして―― 学術創成研究費「ポスト構造改革における市場と社会の新たな秩序形成」日墺比較法セミナー第二回国際シンポジウム 学術創成研究費「ポスト構造改革における市場と社会の新たな秩序形成」日墺比較法セミナー第二回国際シンポジウム 2009/09/07 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
木村 敦子 木村 敦子 「推定の及ばない子と認知の訴え」加藤新太郎=前田陽一=本山敦編『実務精選120離婚・親子・相続事件判例解説』(96‐97頁) 「推定の及ばない子と認知の訴え」加藤新太郎=前田陽一=本山敦編『実務精選120離婚・親子・相続事件判例解説』(96‐97頁) 第一法規株式会社 第一法規株式会社 2019/06 公開
木村 敦子 木村 敦子 「『推定の及ばない子』に関する検討――平成26年判決が残した課題を中心として」(道垣内弘人=松原正明編『家事法の理論・実務・判例1」(47-87頁) 「『推定の及ばない子』に関する検討――平成26年判決が残した課題を中心として」(道垣内弘人=松原正明編『家事法の理論・実務・判例1」(47-87頁) 勁草書房 勁草書房 2017/10 公開
木村 敦子 木村 敦子 「婚外子相続分違憲決定に関する一考察」(水野紀子編『相続法の立法的課題』(81‐113頁) 「婚外子相続分違憲決定に関する一考察」(水野紀子編『相続法の立法的課題』(81‐113頁) 有斐閣 有斐閣 2016/02 公開
木村 敦子 木村 敦子 「民法900-905条」(『新基本法コンメンタール 相続(民法第882条~第1044条)』 54‐107頁) 「民法900-905条」(『新基本法コンメンタール 相続(民法第882条~第1044条)』 54‐107頁) 日本評論社 日本評論社 2016 分担執筆 公開
木村 敦子 木村 敦子 棚村政行+水野紀子+潮見佳男編 『Law PracticeⅢ 親族・相続法編』 棚村政行+水野紀子+潮見佳男編 『Law PracticeⅢ 親族・相続法編』 商事法務 商事法務 2015/10 共著 公開
木村 敦子 木村 敦子 二宮周平=潮見佳男編著『新・判例ハンドブック【親族・相続】』173‐179頁 二宮周平=潮見佳男編著『新・判例ハンドブック【親族・相続】』173‐179頁 日本評論社 日本評論社 2014 分担執筆 公開
木村敦子 木村敦子 「生殖補助医療における法律上の母子関係――ドイツ法を手がかりとして」(平野仁彦=亀本洋=川濱昇編『現代法の変容』 371‐403頁) 「生殖補助医療における法律上の母子関係――ドイツ法を手がかりとして」(平野仁彦=亀本洋=川濱昇編『現代法の変容』 371‐403頁) 有斐閣 有斐閣 2013 公開
木村 敦子 木村 敦子 Atsuko Kimura Japan Teil A 5-9 (S. 28-51)Bergmann/Ferid/Henrich, Internationales Ehe- und Kindschaft, 192.Lieferung  Japan Teil A 5-9 (S. 28-51)Bergmann/Ferid/Henrich, Internationales Ehe- und Kindschaft, 192.Lieferung  Bergmann/Ferid/Henrich, Internationales Ehe- und Kindschaft, 192.Lieferung Verlaf fuer Standesamtswesen GmbH Verlaf fuer Standesamtswesen GmbH 2011 分担執筆 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第13回尾中郁夫・家族法新人賞奨励賞 2011/05/25
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金若手研究(B) 代表 法的親子関係の構成枠組み――生殖補助医療問題を中心として―― 2012〜2014
科学研究費補助金若手研究(B) 代表 法的親子関係の構成枠組み――生殖補助医療問題を中心として―― (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 法的親子関係の構成枠組み――生殖補助医療問題を中心として―― (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 親権に関する理論的枠組みの再構築と各論の検討 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 親権に関する理論的枠組みの再構築と各論の検討 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 親権に関する理論的枠組みの再構築と各論の検討 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
法学政治学英語A English(Law/Politics)A 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
法学政治学英語B English(Law/Politics)B 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
民法演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
民法演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
民法研究演習3 Civil Law III -Seminar 通年 法学研究科 2012/04〜2013/03
法学政治学英語A English(Law/Politics)A 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
法学政治学英語B English(Law/Politics)B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2013/04〜2014/03
民法演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2013/04〜2014/03
民法演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2013/04〜2014/03
民法研究演習3A Civil Law IIIA -Seminar 通年 法学研究科 2013/04〜2014/03
民法研究演習3B Civil Law IIIB -Seminar 通年 法学研究科 2013/04〜2014/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
法学政治学英語II English(Law/Politics)II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2014/04〜2015/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2014/04〜2015/03
民法演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
民法演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
民法研究演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
民法研究演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
法学政治学英語II English(Law/Politics)II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
民法演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
民法演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
民法研究演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
民法研究演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2015/04〜2016/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
法学政治学英語II English(Law/Politics)II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2015/04〜2016/03
家族と法 Family and Law 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
家族と法 Family and Law 後期 法学部 2016/04〜2017/03
家族法の基礎 Family Law (Basic) 前期 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
民法演習4A Civil Law IV A -Seminar 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
民法演習4B Civil Law IV B -Seminar 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
民法研究演習4A Civil Law IVA -Seminar 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
民法研究演習4B Civil Law IVB -Seminar 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
外国文献講読(法・英)II-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)II-E1 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
家族と法 Family and Law 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
家族と法 Family and Law 後期 法学部 2017/04〜2018/03
家族法の基礎 Family Law (Basic) 前期 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
民法演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
民法演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
民法研究演習3A Civil Law IIIA -Seminar 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
民法研究演習3B Civil Law IIIB -Seminar 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2017/04〜2018/03
外国文献講読(法・英)II-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)II-E1 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
家族と法 Family and Law 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
家族と法 Family and Law 後期 法学部 2018/04〜2019/03
家族法の基礎 Family Law (Basic) 前期 法学研究科(法科大学院) 2018/04〜2019/03
日本の法と政治 Law and Politics of Japan 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2018/04〜2019/03
法律基礎科目演習A Legal Writing (Basic) A 通年 法学研究科(法科大学院) 2018/04〜2019/03
財産法の基礎1 Civil Law (Basic) I 前期 法学研究科(法科大学院) 2018/04〜2019/03
家族法の基礎 Family Law (Basic) 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04〜2020/03
日本の法と政治 Law and Politics of Japan 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
民事法文書作成 Civil Legal Writing 通年 法学研究科(法科大学院) 2019/04〜2020/03
民法2A Civil Law IIA 前期 法学研究科 2019/04〜2020/03
民法2B Civil Law IIB 後期 法学研究科 2019/04〜2020/03
民法研究2A Civil Law IIA 前期 法学研究科 2019/04〜2020/03
民法研究2B Civil Law IIB 後期 法学研究科 2019/04〜2020/03
民法第一部(総則・親族) Civil Law I 後期 法学部 2019/04〜2020/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2019/04〜2020/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
日本私法学会 運営懇談会委員 2012/10/〜2016/09/
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会 共通到達度確認試験等に関する検討ワーキング・グループ委員 2013〜2013
法務省 戸籍制度に関する研究会 研究会委員 2014〜2017
法務省法制審議会 戸籍法部会 幹事 2017/10/〜
法務省法制審議会 特別養子制度部会 幹事 2018/06/〜