大日向 耕作

最終更新日時:2015/09/29 21:49:28

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大日向 耕作/オオヒナタ コウサク/Kousaku Ohinata
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品健康科学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府宇治市五ヶ庄 Gokasho Uji, Kyoto
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3733
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 東北大学
博士(農学) 京都大学
研究テーマ
(日本語)
神経系調節作用を示す食品成分に関する研究
研究概要
(日本語)
これまで我々は食品成分の中に、例えばタンパク質の酵素分解によって生成するペプチドが、精神的ストレス緩和、食欲調節、記憶増強、血圧降下作用など様々な生理作用を示す場合があることを明らかにしてきました。特に、神経系に作用する食品成分に着目し、「食」と「こころ」の分子基盤を解明することによって生活習慣病予防やQuality of Life (QOL) 向上を目指します。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
精神的ストレス緩和
食欲調節
学習機能
脳神経系
ペプチド
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ayabe T, Mizushige T, Ota W, Kawabata F, Hayamizu K, Han L, Tsuji T, Kanamoto R, Ohinata K A novel Alaska pollack-derived peptide, which increases glucose uptake in skeletal muscle cells, lowers the blood glucose level in diabetic mice. Food & function,6,8,2749-2757 2015/08
Yamamoto Y, Mizushige T, Mori Y, Shimmura Y, Fukutomi R, Kanamoto R, Ohinata K Antidepressant-like effect of food-derived pyroglutamyl peptides in mice. Neuropeptides,51,25-29 2015/06
Miyazaki Y, Kaneko K, Iguchi S, Mizushige T, Kanamoto R, Yoshikawa M, Shimizu T, Ohinata K Orally administered δ opioid agonist peptide rubiscolin-6 stimulates food intake in aged mice with ghrelin resistance. Molecular nutrition & food research,58,10,2046-2052 2014/10
大日向 耕作 大豆たん白質由来の強力な動脈弛緩ペプチドの生成条件と生理作用解明 大豆たん白質研究,16,34,57-61 2014/06 日本語
Kontani N, Omae R, Kagebayashi T, Kaneko K, Yamada Y, Mizushige T, Kanamoto R, Ohinata K Characterization of Ile-His-Arg-Phe, a novel rice-derived vasorelaxing peptide with hypotensive and anorexigenic activities. Molecular nutrition & food research,58,2,359-364 2014/02
Kaneko K, Mizushige T, Miyazaki Y, Lazarus M, Urade Y, Yoshikawa M, Kanamoto R, Ohinata K δ-Opioid receptor activation stimulates normal diet intake but conversely suppresses high-fat diet intake in mice. American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology,306,4,R265-72 2014/02
Yamada A, Mizushige T, Kanamoto R, Ohinata K Identification of novel β-lactoglobulin-derived peptides, wheylin-1 and -2, having anxiolytic-like activity in mice. Molecular nutrition & food research,58,2,353-358 2014/02
Mizushige T, Sawashi Y, Yamada A, Kanamoto R, Ohinata K Characterization of Tyr-Leu-Gly, a novel anxiolytic-like peptide released from bovine αS-casein. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology,27,7,2911-2917 2013/07
Mizushige T, Kanegawa N, Yamada A, Ota A, Kanamoto R, Ohinata K Aromatic amino acid-leucine dipeptides exhibit anxiolytic-like activity in young mice. Neuroscience letters,543,126-129 2013/05
Yoshimura R, Ho YY, Mizushige T, Ohinata K, Kanamoto R The vagotomy alleviates the anorectic effect of an excess amount of dietary leucine on rats fed a low-protein diet. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,77,7,1593-1594 2013
Yoshikawa M, Ohinata K, Yamada Y The pharmacological effects of novokinin; a designed peptide agonist of the angiotensin AT2 receptor. Current pharmaceutical design,19,17,3009-3012 2013
Kaneko K, Yoshikawa M, Ohinata K Novel orexigenic pathway prostaglandin D2-NPY system--involvement in orally active orexigenic δ opioid peptide. Neuropeptides,46,6,353-357 2012/12
Kagebayashi T, Kontani N, Yamada Y, Mizushige T, Arai T, Kino K, Ohinata K Novel CCK-dependent vasorelaxing dipeptide, Arg-Phe, decreases blood pressure and food intake in rodents. Molecular nutrition & food research,56,9,1456-1463 2012/09
Kaneko K, Lazarus M, Miyamoto C, Oishi Y, Nagata N, Yang S, Yoshikawa M, Aritake K, Furuyashiki T, Narumiya S, Urade Y, Ohinata K Orally administered rubiscolin-6, a δ opioid peptide derived from Rubisco, stimulates food intake via leptomeningeal lipocallin-type prostaglandin D synthase in mice. Molecular nutrition & food research,56,8,1315-1323 2012/08
Oda A, Kaneko K, Mizushige T, Lazarus M, Urade Y, Ohinata K Characterization of ovolin, an orally active tryptic peptide released from ovalbumin with anxiolytic-like activity. Journal of neurochemistry,122,2,356-362 2012/07
Miyamoto C, Yoshida M, Yoshikawa M, Mizushige T, Ohinata K Complement C5a exhibits anxiolytic-like activity via the prostaglandin D2-DP1 receptor system coupled to adenosine A2A and GABAA receptors. Prostaglandins & other lipid mediators,98,1-2,17-22 2012/05
Yamada Y, Muraki A, Oie M, Kanegawa N, Oda A, Sawashi Y, Kaneko K, Yoshikawa M, Goto T, Takahashi N, Kawada T, Ohinata K Soymorphin-5, a soy-derived μ-opioid peptide, decreases glucose and triglyceride levels through activating adiponectin and PPARα systems in diabetic KKAy mice. American journal of physiology. Endocrinology and metabolism,302,4,E433-40 2012/02
大日向 耕作 新しい血圧効果機構を有する穀類由来ペプチドの生理機能評価 年報,28,54-58 2012 日本語
Ardiansyah, Yamaguchi E, Shirakawa H, Hata K, Hiwatashi K, Ohinata K, Goto T, Komai M Lupeol supplementation improves blood pressure and lipid metabolism parameters in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,76,1,183-185 2012
Hou IC, Suzuki C, Kanegawa N, Oda A, Yamada A, Yoshikawa M, Yamada D, Sekiguchi M, Wada E, Wada K, Ohinata K β-Lactotensin derived from bovine β-lactoglobulin exhibits anxiolytic-like activity as an agonist for neurotensin NTS(2) receptor via activation of dopamine D(1) receptor in mice. Journal of neurochemistry,119,4,785-790 2011/11
Suzuki H, Asakawa A, Li JB, Tsai M, Amitani H, Ohinata K, Komai M, Inui A Zinc as an appetite stimulator - the possible role of zinc in the progression of diseases such as cachexia and sarcopenia. Recent patents on food, nutrition & agriculture,3,3,226-231 2011/09
Wakasa Y, Zhao H, Hirose S, Yamauchi D, Yamada Y, Yang L, Ohinata K, Yoshikawa M, Takaiwa F Antihypertensive activity of transgenic rice seed containing an 18-repeat novokinin peptide localized in the nucleolus of endosperm cells. Plant biotechnology journal,9,7,729-735 2011/09
Suzuki C, Miyamoto C, Furuyashiki T, Narumiya S, Ohinata K Central PGE2 exhibits anxiolytic-like activity via EP1 and EP4 receptors in a manner dependent on serotonin 5-HT1A, dopamine D1 and GABAA receptors. FEBS letters,585,14,2357-2362 2011/07
Yamada Y, Ohinata K, Lipkowski AW, Yoshikawa M Rapakinin, Arg-Ile-Tyr, derived from rapeseed napin, shows anti-opioid activity via the prostaglandin IP receptor followed by the cholecystokinin CCK(2) receptor in mice. Peptides,32,2,281-285 2011/02
大日向 耕作, 村木 彩, 尾家 麻里子 精神的ストレス抑制作用を有する大豆たん白質由来の低分子ペプチドの探索とその応用 大豆たん白質研究,13,31,105-108 2010/12 日本語
大日向 耕作, 吉川 正明 食品タンパク質由来ペプチドの多様な神経調節作用 化学と生物,48,11,764-771 2010/11/01 日本語
Kaneko K, Iwasaki M, Yoshikawa M, Ohinata K Orally administered soymorphins, soy-derived opioid peptides, suppress feeding and intestinal transit via gut mu(1)-receptor coupled to 5-HT(1A), D(2), and GABA(B) systems. American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology,299,3,G799-805 2010/09
Inuzuka M, Tamura N, Yamada N, Katsuura G, Oyamada N, Taura D, Sonoyama T, Fukunaga Y, Ohinata K, Sone M, Nakao K C-type natriuretic peptide as a new regulator of food intake and energy expenditure. Endocrinology,151,8,3633-3642 2010/08
Yamada Y, Iwasaki M, Usui H, Ohinata K, Marczak ED, Lipkowski AW, Yoshikawa M Rapakinin, an anti-hypertensive peptide derived from rapeseed protein, dilates mesenteric artery of spontaneously hypertensive rats via the prostaglandin IP receptor followed by CCK(1) receptor. Peptides,31,5,909-914 2010/05
駒井 三千夫, 後藤 知子, 大日向 耕作, 白川 仁 味覚機能への亜鉛酵素「炭酸脱水酵素」の寄与 Biomedical research on trace elements,21,1,38-42 2010/04/01 日本語
Kanegawa N, Suzuki C, Ohinata K Dipeptide Tyr-Leu (YL) exhibits anxiolytic-like activity after oral administration via activating serotonin 5-HT1A, dopamine D1 and GABAA receptors in mice. FEBS letters,584,3,599-604 2010/02
大日向 耕作, 金子 賢太朗 高齢者食品の開発を目指した経口投与で有効な食欲促進ペプチドに関する研究 食に関する助成研究調査報告書,23,1-8 2010 日本語
大日向 耕作 コメ由来ペプチドの動脈弛緩および血圧降下作用に関する研究 年報,222-226 2010 日本語
Ohinata K, Takagi K, Biyajima K, Kaneko K, Miyamoto C, Asakawa A, Eguchi N, Urade Y, Inui A, Yoshikawa M Complement C5a stimulates food intake via a prostaglandin D(2)- and neuropeptide Y-dependent mechanism in mice. Prostaglandins & other lipid mediators,90,3-4,81-84 2009/12
Hou IC, Yoshikawa M, Ohinata K beta-Lactotensin derived from bovine beta-lactoglobulin suppresses food intake via the CRF system followed by the CGRP system in mice. Peptides,30,12,2228-2232 2009/12
Ohinata K, Fujiwata Y, Shingo F, Masaru I, Masatsugu H, Yoshikawa M Orally administered novokinin, an angiotensin AT2 receptor agonist, suppresses food intake via prostaglandin E2-dependent mechanism in mice. Peptides,30,6,1105-1108 2009/06
Zhao H, Ohinata K, Yoshikawa M Central prostaglandin D(2) exhibits anxiolytic-like activity via the DP(1) receptor in mice. Prostaglandins & other lipid mediators,88,3-4,68-72 2009/04
Yamada Y, Ohinata K, Lipkowski AW, Yoshikawa M Angiotensin AT(2) receptor agonists act as anti-opioids via EP(3) receptor in mice. Peptides,30,4,735-739 2009/04
Ohinata K, Takemoto M, Kawanago M, Fushimi S, Shirakawa H, Goto T, Asakawa A, Komai M Orally administered zinc increases food intake via vagal stimulation in rats. The Journal of nutrition,139,3,611-616 2009/03
Takenaka Y, Shimano T, Mori T, Hou IC, Ohinata K, Yoshikawa M Enterostatin reduces serum cholesterol levels by way of a CCK(1) receptor-dependent mechanism. Peptides,29,12,2175-2178 2008/12
Nishizawa K, Kita A, Doi C, Yamada Y, Ohinata K, Yoshikawa M, Ishimoto M Accumulation of the bioactive peptides, novokinin, LPYPR and rubiscolin, in seeds of genetically modified soybean. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,72,12,3301-3305 2008/12
大日向 耕作, 岩崎 将志, 金子 賢太朗 生活習慣予防作用を有する大豆たん白質由来の新規ペプチドの探索 大豆たん白質研究,11,29,132-137 2008/10 日本語
Ohinata K, Yoshikawa M Central prostaglandins in food intake regulation. Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.),24,9,798-801 2008/09
Takenaka Y, Shimano T, Yamada Y, Yoshida M, Ohinata K, Yoshikawa M Enterostatin (APGPR) suppresses the analgesic activity of morphine by a CCK-dependent mechanism. Peptides,29,4,559-563 2008/04
Komai M, Watanabe-Kamiyama M, Kamiyama S, Ohinata K, Horiuchi K, Furukawa Y, Shirakawa H [Effect of biotin ingestion on the improvement of hypertension in SHRSP]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica,131,4,248-251 2008/04
Zhao H, Ohinata K, Yoshikawa M Rubimetide (Met-Arg-Trp) derived from Rubisco exhibits anxiolytic-like activity via the DP1 receptor in male ddY mice. Peptides,29,4,629-632 2008/04
Watanabe-Kamiyama M, Kamiyama S, Horiuchi K, Ohinata K, Shirakawa H, Furukawa Y, Komai M Antihypertensive effect of biotin in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. The British journal of nutrition,99,4,756-763 2008/04
Yamada Y, Yamauchi D, Usui H, Zhao H, Yokoo M, Ohinata K, Iwai M, Horiuchi M, Yoshikawa M Hypotensive activity of novokinin, a potent analogue of ovokinin(2-7), is mediated by angiotensin AT(2) receptor and prostaglandin IP receptor. Peptides,29,3,412-418 2008/03
Ohinata K, Fujiwara Y, Fukumoto S, Iwai M, Horiuchi M, Yoshikawa M Angiotensin II and III suppress food intake via angiotensin AT(2) receptor and prostaglandin EP(4) receptor in mice. FEBS letters,582,5,773-777 2008/03
Ohinata K, Takagi K, Biyajima K, Fujiwara Y, Fukumoto S, Eguchi N, Urade Y, Asakawa A, Fujimiya M, Inui A, Yoshikawa M Central prostaglandin D(2) stimulates food intake via the neuropeptide Y system in mice. FEBS letters,582,5,679-684 2008/03
Zhao H, Usui H, Ohinata K, Yoshikawa M Met-Arg-Trp derived from Rubisco lowers blood pressure via prostaglandin D(2)-dependent vasorelaxation in spontaneously hypertensive rats. Peptides,29,3,345-349 2008/03
Yamada Y, Yamauchi D, Yokoo M, Ohinata K, Usui H, Yoshikawa M A potent hypotensive peptide, novokinin, induces relaxation by AT2- and IP-receptor-dependent mechanism in the mesenteric artery from SHRs. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,72,1,257-259 2008/01
Ohinata K, Yoshikawa M Food intake regulation by central complement system. Advances in experimental medicine and biology,632,35-46 2008
大日向 耕作 中枢神経系と消化器系におけるアドレノメジュリンの多彩な生理作用 医学のあゆみ,223,7,555-558 2007/11 日本語
Ohinata K, Agui S, Yoshikawa M Soymorphins, novel mu opioid peptides derived from soy beta-conglycinin beta-subunit, have anxiolytic activities. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,71,10,2618-2621 2007/10
Hirata H, Sonoda S, Agui S, Yoshida M, Ohinata K, Yoshikawa M Rubiscolin-6, a delta opioid peptide derived from spinach Rubisco, has anxiolytic effect via activating sigma1 and dopamine D1 receptors. Peptides,28,10,1998-2003 2007/10
Ohinata K, Sonoda S, Inoue N, Yamauchi R, Wada K, Yoshikawa M beta-Lactotensin, a neurotensin agonist peptide derived from bovine beta-lactoglobulin, enhances memory consolidation in mice. Peptides,28,7,1470-1474 2007/07
Ohinata K, Suetsugu K, Fujiwara Y, Yoshikawa M Suppression of food intake by a complement C3a agonist [Trp5]-oryzatensin(5-9). Peptides,28,3,602-606 2007/03
Ohinata K, Sonoda S, Shimano T, Yoshikawa M Enterostatin (APGPR) enhances memory consolidation in mice. Peptides,28,3,719-721 2007/03
Ohinata K, Suetsugu K, Fujiwara Y, Yoshikawa M Activation of prostaglandin E receptor EP4 subtype suppresses food intake in mice. Prostaglandins & other lipid mediators,81,1-2,31-36 2006/10
Shirakawa H, Ohsaki Y, Minegishi Y, Takumi N, Ohinata K, Furukawa Y, Mizutani T, Komai M Vitamin K deficiency reduces testosterone production in the testis through down-regulation of the Cyp11a a cholesterol side chain cleavage enzyme in rats. Biochimica et biophysica acta,1760,10,1482-1488 2006/10
Marczak ED, Ohinata K, Lipkowski AW, Yoshikawa M Arg-Ile-Tyr (RIY) derived from rapeseed protein decreases food intake and gastric emptying after oral administration in mice. Peptides,27,9,2065-2068 2006/09
Ohinata K, Kobayashi K, Yoshikawa M [Trp3, Arg5]-ghrelin(1-5) stimulates growth hormone secretion and food intake via growth hormone secretagogue (GHS) receptor. Peptides,27,7,1632-1637 2006/07
吉川 正明, 大日向 耕作 脱脂粉乳と緑葉タンパク質との組み合わせによる健康増進機能を高めた新しい食品の設計 畜産の情報 国内編,197,16-25 2006/03 日本語
Ardiansyah, Shirakawa H, Koseki T, Ohinata K, Hashizume K, Komai M Rice bran fractions improve blood pressure, lipid profile, and glucose metabolism in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. Journal of agricultural and food chemistry,54,5,1914-1920 2006/03
Ohinata K, Shimano T, Yamauchi R, Sakurada S, Yanai K, Yoshikawa M The anorectic effect of neurotensin is mediated via a histamine H1 receptor in mice. Peptides,25,12,2135-2138 2004/12
Yamauchi R, Ohinata K, Yoshikawa M Beta-lactotensin and neurotensin rapidly reduce serum cholesterol via NT2 receptor. Peptides,24,12,1955-1961 2003/12
Asakawa A, Akio I, Ohinata K, Fujimiya M, Meguid MM, Yoshikawa M EM574, a motilide, has an orexigenic activity with affinity for growth-hormone secretagogue receptor. Journal of gastroenterology and hepatology,18,7,881-882 2003/07
大日向 耕作, ジンスマ ユンデン, 吉川 正明 補体C3aとC5aは神経系にも作用する : 抗鎮痛・抗健忘や摂食調節作用が明らかに 化学と生物,41,1,7-8 2003/01/25 日本語
Ohinata K, Inui A, Asakawa A, Wada K, Wada E, Yoshikawa M Albutensin A and complement C3a decrease food intake in mice. Peptides,23,1,127-133 2002/01

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大日向 耕作 アミノ酸の作用点としての消化管 : 成長ホルモン分泌および消化管運動について アミノ酸研究,7,2,97-100 2013 日本語
大日向 耕作 消化管ホルモンを介する外因性ペプチドの多様な生理機能 アミノ酸研究,7,1,29-33 2013 日本語
大日向 耕作 卵タンパク質由来ペプチドの精神的ストレス緩和作用 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology,58,7,346-349 2011/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
AYABE TATSUHIRO, OTA WAKANA, MIZUSHIGE TAKAFUMI, HAYAMIZU KOHSUKE, YOKOI KAORI, HAN LI, TSUJI TOMOKO, KANAMOTO RYUHEI, OHINATA KOUSAKU Identification of novel fish-derived peptides lowering blood glucose in mice 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,12th Asian Congress of Nutrition,255 2015 英語
IGUCHI SHIN, OHINATA KOUSAKU, MIYAZAKI YURI, NAKATO JUNYA, KANAMOTO RYUHEI Young mice fed protein-free diet exhibits ghrelin resistance, mimicking aged mice 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,12th Asian Congress of Nutrition,312 2015 英語
OKUDA CHINATSU, OMAE RYO, KONTANI NORIYASU, MIZUSHIGE TAKAFUMI, KANAMOTO RYUHEI, OHINATA KOUSAKU Release of vasorelaxing peptides derived from soy beta-conglycinin and their long-lasting hypotensive effects after oral administration 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,12th Asian Congress of Nutrition,316 2015 英語
ODA Ayako, KANEKO Kentaro, MIZUSHIGE Takafumi, OHINATA Kousaku Ovolin, a new orally active peptide derived from egg white albumin with anxiolytic activity Cornell University-Kyoto University Joint Symposium on Bioactive Food Components 2013/03 英語
KONTANI Noriyasu, OMAE Ryo, KAGEBAYASHI Tomomi, KANEKO Kentaro, YAMADA Yuko, MIZUSHIGE Takafumi, KANEMOTO Ryuhei, OHINATA Kousaku CCK-dependent vasorelaxing Arg-Phe decreases blood pressure and food intake Cornell University-Kyoto University Joint Symposium on Bioactive Food Components 2013/03 英語
OHINATA KOUSAKU, KANEGAWA NORIMASA, ODA AYAKO Novel orally active peptides with anxiolytic-like activity Pept Sci,2010,118 2011/03 英語
KAGEBAYASHI TOMOMI, KONTANI NORIYASU, YAMADA YUKO, OHINATA KOUSAKU Vasorelaxing and anti-hypertensive effect of dipeptide Arg-(aromatic amino acid) Pept Sci,2010,87 2011/03 英語
OIE Mariko, MURAKI Aya, YAMADA Yuko, YOSHIKAWA Masaaki, GOTO Tsuyoshi, TAKAHASHI Nobuyuki, KAWADA Teruo, OHINATA Kousaku Soymorphin-5, a soy-derived μ opioid peptide, improves glucose and lipid metabolism in diabetic KK-Ay mice Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium,2010 2011/03 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
森薫葉, 山本あかね, 金本龍平, 鈴木秀幸, 柴田大輔, 大日向耕作 大豆由来の情動調節ペプチド 1―大豆タンパク質酵素消化物の抗うつ薬様作用 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,4F45P13 (WEB ONLY) 2015/03 日本語
中戸絢也, HO Yee Yin, 金子賢太朗, 水重貴文, 金本龍平, 大日向耕作 リジンとオルニチンは消化管運動を促進するが,逆にアルギニンは抑制する 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,4F45P03 (WEB ONLY) 2015/03 日本語
森薫葉, 山本あかね, 金本龍平, 鈴木秀幸, 柴田大輔, 大日向耕作 大豆由来の情動調節ペプチド 2―酵素消化により生成する新しい抗うつペプチド 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,4F45P14 (WEB ONLY) 2015/03 日本語
山下唯, 後藤伸子, 勝浦五郎, 宮崎由理, 今吉格, 金本巨哲, 三浦晶子, 八十田明宏, 大日向耕作, 影山龍一郎, 稲垣暢也, 中尾一和 中枢CNP/NPR‐Bシグナルの肥満および脂肪肝形成における役割の検討 日本内分泌学会雑誌,90,2,599 2014/09 日本語
水重貴文, 石田祐己, 金本龍平, 大日向耕作 情動調節におけるBMP経路の新しい役割 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,68th,263 2014/04 日本語
綾部達宏, 水重貴文, 速水耕介, 辻智子, 金本龍平, 大日向耕作 魚肉タンパク質由来ペプチドの糖代謝改善作用およびその作用機構 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,68th,262 2014/04 日本語
大前諒, 奥田知夏, 紺谷徳泰, 金子賢太朗, 水重貴文, 金本龍平, 大日向耕作 卵白由来の動脈弛緩ペプチドVVRFは血圧降下作用および摂食抑制作用を併せ持つ 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,68th,304 2014/04 日本語
奥田知夏, 大前諒, 紺谷徳泰, 水重貴文, 金本龍平, 大日向耕作 大豆由来動脈弛緩ペプチドのN末端修飾と血圧降下作用の持続化 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,68th,305 2014/04 日本語
山下唯, 後藤伸子, 勝浦五郎, 宮崎由理, 今吉格, 金本巨哲, 三浦晶子, 八十田明宏, 大日向耕作, 影山龍一郎, 稲垣暢也, 中尾一和 脂肪肝病態形成における中枢CNP/GC‐Bシグナルの役割―高脂肪食負荷脳特異的GC‐B欠損マウスによる検討 日本内分泌学会雑誌,90,1,251 2014/04 日本語
太田愛美, 水重貴文, 金本龍平, 鈴木秀幸, 柴田大輔, 大日向耕作 大豆由来の新規ペプチドは経口投与により迷走神経を介して抗不安作用を示す 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2014,4B05A03 (WEB ONLY) 2014/03 日本語
内田朋希, 水重貴文, 金本龍平, 大日向耕作 牛乳由来ペプチドTyr‐Leu‐Glyの海馬神経新生作用および抗うつ作用 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2014,4B05A04 (WEB ONLY) 2014/03 日本語
水重貴文, 石田祐己, 金本龍平, 大日向耕作 海馬神経新生を誘導する抗うつジペプチドTyr‐Leuの標的受容体同定 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2014,4B05A05 (WEB ONLY) 2014/03 日本語
生木裕也, 吉村亮二, 佐伯徹, 亀井康富, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 食餌メチオニンによるラット肝臓中のアスパラギン合成酵素と3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の発現制御 日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集,7th,69 2013/11 日本語
吉村亮二, ホー イーイン, 水重貴文, 大日向耕作, 亀井康富, 金本龍平 迷走神経を介したロイシンの摂食抑制作用 日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集,7th,67 2013/11 日本語
綾部達宏, 水重貴文, 速水耕介, 横井香里, 辻智子, 金本龍平, 大日向耕作 魚肉タンパク質由来の新しい糖代謝改善ペプチド 日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集,7th,45 2013/11 日本語
生木裕也, 二川みどり, 中瀬純平, 佐伯徹, 亀井康富, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 タンパク質栄養の認識とアスパラギン合成酵素および3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の発現制御 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,52nd,48 2013/10 日本語
OTA AMI, MIZUSHIGE TAKAFUMI, KANAMOTO RYUHEI, SUZUKI HIDEYUKI, SHIBATA DAISUKE, OHINATA KOUSAKU A Novel Bioactive Peptide Derived from Soy Beta-conglycinin Exhibits Anxiolytic-like Activity in Mice ペプチド討論会講演要旨集,50th,188 2013/10 英語
山下唯, 後藤伸子, 勝浦五郎, 宮崎由理, 今吉格, 金本巨哲, 三浦晶子, 八十田明宏, 荒井宏司, 細田公則, 大日向耕作, 影山龍一郎, 中尾一和 脳特異的NPR‐B欠損マウスの肝臓および内臓脂肪への脂質蓄積抑制効果 日本内分泌学会雑誌,89,2,732 2013/09 日本語
水重貴文, 山本裕佳子, 澤岻有里菜, 金本龍平, 大日向耕作 ジペプチドTyr‐Leuの抗うつメカニズム―海馬神経新生に及ぼす影響― 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,67th,175 2013/04 日本語
生木裕也, 津崎洋平, 吉村亮二, 佐伯徹, 亀井康富, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 食餌のメチオニンはラット肝臓におけるアスパラギン合成酵素と3‐ホスホグリセリン酸脱水素酵素の遺伝子発現を制御する 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,67th,111 2013/04 日本語
澤岻有里菜, 水重貴文, 山田絢子, 金本龍平, 大日向耕作 牛乳由来のYL関連ペプチドの酵素的生成条件とその抗不安作用 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,67th,175 2013/04 日本語
宮崎由理, 金子賢太朗, 水重貴文, 金本龍平, 清水孝彦, 大日向耕作 老齢マウスにおける摂食量低下のメカニズム 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,3A37A04 (WEB ONLY) 2013/03 日本語
水重貴文, 澤岻有里菜, 金本龍平, 大日向耕作 牛乳α<sub>s</sub>‐caseinの消化管酵素分解により新しい抗不安トリペプチドTyr‐Leu‐Glyが生成する 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,2A25A08 (WEB ONLY) 2013/03 日本語
山本裕佳子, 水重貴文, 金本龍平, 新村由記, 大日向耕作 コムギ由来ペプチドの新しい機能性 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,4A15A08 (WEB ONLY) 2013/03 日本語
吉村亮二, 今村渉, 加藤久典, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 不可欠アミノ酸代謝酵素の発現に与えるロイシンの特異的影響 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,4A41A12 (WEB ONLY) 2013/03 日本語
大日向耕作, 水重貴文, 金本龍平 ジペプチドYLによる抗うつ作用 アミノ酸研究,6,2,182-183 2013/02 日本語
内田朋希, 水重貴文, 山本裕佳子, 澤祇有里菜, 金本龍平, 大日向耕作 抗うつジペプチドYLの神経新生亢進およびストレス応答抑制作用 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),36th,3P-0735 (WEB ONLY) 2013 日本語
吉村亮二, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 分岐鎖アミノ酸過剰摂取が可欠アミノ酸代謝酵素の遺伝子発現に及ぼす影響 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,479th,1 2013 日本語
山田絢子, 水重貴文, 大日向耕作, 金本龍平 牛乳β‐lactoglobulin由来の精神的ストレス緩和ジペプチドMet‐His 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,51st,40-41 2012/10 日本語
金子賢太朗, 尾家麻里子, 影林皆美, 大日向耕作 消化管運動におけるμオピオイドのコレシストキニン系の活性化 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,66th,208 2012/04 日本語
紺谷徳泰, 影林皆美, 水重貴文, 山田優子, 大日向耕作 新しいダイズ由来動脈弛緩ペプチドとその酵素的生成条件 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,66th,224 2012/04 日本語
水重貴文, 大日向耕作 牛乳α‐casozepineとその分子内に存在するジペプチドTyr‐Leuの抗不安機構の比較 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,66th,207 2012/04 日本語
水重貴文, 大日向耕作 新しい抗うつペプチドTyr‐Leu 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,2J11A07 (WEB ONLY) 2012/03 日本語
影林皆美, 紺谷徳泰, 山田優子, 大日向耕作 CCK依存的動脈弛緩ジペプチドArg‐Pheの摂食および消化管運動抑制作用 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,3J13A02 (WEB ONLY) 2012/03 日本語
山田絢子, 大日向耕作 牛乳β‐lactoglobulin由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,2J11A10 (WEB ONLY) 2012/03 日本語
金子賢太朗, LAZARUS Michael, 宮本知京, 大石陽, 永田奈々恵, 吉川正明, 有竹浩介, 裏出良博, 大日向耕作 くも膜リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素はδオピオイドペプチドrubiscolin‐6の経口投与による摂食促進作用を仲介する 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,3J11A13 (WEB ONLY) 2012/03 日本語
宮本知京, 鈴木千尋, 古屋敷智之, 成宮周, 大日向耕作 中枢神経系におけるプロスタグランジンE<sub>2</sub>の抗不安機構 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,115 2011/10 日本語
金子賢太朗, ラザルス ミハエル, 尾家麻里子, 有竹浩介, 裏出良博, 大日向耕作 δオピオイド受容体アゴニストは高脂肪食摂取を抑制する 肥満研究,17,Supplement,168 2011/09 日本語
紺谷徳泰, 影林皆美, 山田優子, 大日向耕作 コメ由来ペプチドの動脈弛緩機構および持続的血圧降下作用 日本食品科学工学会大会講演集,58th,95 2011/09 日本語
小田亜矢子, 大日向耕作 卵白アルブミン由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチドの作用機構と酵素的生成条件 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,65th,229 2011/04 日本語
太田愛美, 大日向耕作 エタノールの精神的ストレス緩和機構 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,65th,258 2011/04 日本語
紺谷徳泰, 影林皆実, 山田優子, 大日向耕作 食品タンパク質由来の新しい動脈弛緩ペプチドとその血圧降下作用 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,65th,174 2011/04 日本語
鈴木千尋, 石田祐己, 大日向耕作 牛乳κ‐casein由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,59 2011/03 日本語
宮本知京, 鈴木千尋, 大日向耕作 補体C3aの精神的ストレス緩和作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,59 2011/03 日本語
尾家麻里子, 村木彩, 小田亜矢子, 山田優子, 吉川正明, 金英一, 後藤剛, 高橋信之, 河田照雄, 大日向耕作 大豆由来の精神的ストレス緩和ペプチドsoymorphin‐5の糖・脂質代謝改善作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,128 2011/03 日本語
影林皆美, 紺谷徳泰, 山田優子, 新井利信, 木野邦器, 大日向耕作 新しい動脈弛緩ジペプチドとその血圧降下作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,67 2011/03 日本語
金子賢太朗, LAZARUS Michael, 吉川正明, 有竹浩介, 裏出良博, 大日向耕作 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6の高脂肪食摂取抑制機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,59 2011/03 日本語
宮本知京, 鈴木千尋, 古屋敷智之, 成宮周, 大日向耕作 PGE<sub>2</sub>はEP1/EP4受容体を介して抗不安作用を示す 生化学,ROMBUNNO.3T8P-7 2011 日本語
大日向耕作 鶏卵タンパク由来の機能性ペプチド―特に精神的ストレス緩和作用について― 日本食品科学工学会大会講演集,57th,174 2010/09 日本語
金子賢太朗, 尾家麻里子, 吉川正明, 大日向耕作 ダイズタンパク質由来μオピオイドペプチドsoymorphinの摂食抑制および消化管運動抑制機構 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,64th,123 2010/05 日本語
金子賢太朗, 宮本知京, 吉川正明, 大日向耕作 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6は普通食摂取を促進するが高脂肪食摂取を抑制する 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,64th,123 2010/05 日本語
小田亜矢子, 金川典正, 鈴木千尋, 大日向耕作 卵白アルブミン由来の新しい精神的ストレス緩和ペプチド 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,64th,126 2010/05 日本語
犬塚恵, 田村尚久, 勝浦五郎, 山田伸子, 大日向耕作, 曽根正勝, 福永康智, 田浦大輔, 園山拓洋, 小嶋勝利, 本田恭子, 三浦晶子, 金本巨哲, 八十田明宏, 荒井宏司, 中尾一和 C型ナトリウム利尿ペプチドの糖・脂質代謝における意義の検討 日本内分泌学会雑誌,86,1,141 2010/03 日本語
鈴木千尋, 小田亜矢子, 侯依静, 吉川正明, 和田恵津子, 和田圭司, 大日向耕作 牛乳β‐1actoglobulin由来β‐1actotensinの精神的ストレス緩和作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,179 2010/03 日本語
金子賢太朗, 宮本知京, 吉川正明, 大日向耕作 緑葉タンパク質由来δオピオイドペプチドrubiscolin‐6の経口投与による摂食促進機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,180 2010/03 日本語
金川典正, 鈴木千尋, 大日向耕作 強力な精神的ストレス緩和作用を有するジペプチドYLの構造‐活性相関 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,179 2010/03 日本語
宮本知京, 吉田真理子, 吉川正明, 大日向耕作 中枢神経系における補体C5aのプロスタグランジン(PG)D<sub>2</sub>を介した精神的ストレス緩和機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,179 2010/03 日本語
山田優子, 山内大器, 臼井八郎, 大日向耕作, 吉川正明 Angiotensin IIの動脈収縮および弛緩作用はprostaglandin E<sub>2</sub>およびI<sub>2</sub>を介している 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,175 2010/03 日本語
ZHAO Hui, 山田優子, 大日向耕作, 若佐雄也, 高岩文雄, 吉川正明 novokinin導入米の血圧降下作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2010,175 2010/03 日本語
KANEGAWA NORIMASA, SUZUKI CHIHIRO, OHINATA KOUSAKU Dipeptide Tyr-Leu Exhibits Anxiolytic-like Activity after Oral Administration via Activating Serotonin 5-HT1A, Dopamine D1 and GABAA Receptors Pept Sci,2009,329-332 2010/03 英語
金子賢太朗, LAZARUS Michael, 宮本知京, 吉川正明, 有竹浩介, 裏出良博, 大日向耕作 δオピオイド受容体アゴニストの普通食摂取促進および高脂肪食摂取抑制機構 生化学,ROMBUNNO.1P-0831 2010 日本語
YAMADA YUKO, YAMAUCHI DAIKI, USUI HACHIRO, OHINATA KOUSAKU, YOSHIKAWA MASAAKI VASO-CONSTRICTING AND RELAXING ACTIVITIES OF ANGIOTENSIN II ARE MEDIATED BY PROSTAGLANDIN E2 AND I2 ペプチド討論会講演要旨集,46th,110 2009/10 英語
KANEGAWA NORIMASA, SUZUKI CHIHIRO, OHINATA KOUSAKU DIPEPTIDE TYR-LEU EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE ACTIVITY AFTER ORAL ADMINISTRATION VIA ACTIVATING SEROTONIN 5-HT1A, DOPAMINE D1 AND GABAA RECEPTORS ペプチド討論会講演要旨集,46th,125 2009/10 英語
KANEKO KENTARO, MIYAMOTO CHIHIRO, YOSHIKAWA MASAAKI, OHINATA KOUSAKU RUBISCOLIN-6, A .DELTA. OPIOID AGONIST PEPTIDE DERIVED FROM RUBISCO, STIMULATES FOOD INTAKE AFTER ORAL ADMINISTRATION VIA CENTRAL PROSTAGLANDIN D2 AND NEUROPEPTIDE Y SYSTEM ペプチド討論会講演要旨集,46th,108 2009/10 英語
SUZUKI CHIHIRO, YOSHIKAWA MASAAKI, OHINATA KOUSAKU [Trp5]-ORYZATENSIN(5-9), AN AGONIST PEPTIDE FOR COMPLEMENT C3a RECEPTOR, EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE EFFECT MEDIATED BY PROSTAGLANDIN E2 ペプチド討論会講演要旨集,46th,106 2009/10 英語
犬塚恵, 田村尚久, 勝浦五郎, 大日向耕作, 山田伸子, 田浦大輔, 園山拓洋, 福永康智, 曽根正勝, 中尾一和 C型ナトリウム利尿ペプチドのエネルギー代謝における意義の検討 日本内分泌学会雑誌,85,2,723 2009/09 日本語
大日向耕作, 吉川正明 食品由来の食欲調節成分とその作用機構 日本食品科学工学会大会講演集,56th,42 2009/09 日本語
大日向耕作, 吉川正明 精神的ストレス抑制作用を有する食品タンパク質由来の機能性ペプチド 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,63rd,53 2009/05 日本語
金子賢太朗, 吉川正明, 大日向耕作 緑葉タンパク質Rubisco由来のδオピオイドペプチドrubiscolinの摂食促進作用とその作用機構 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,63rd,198 2009/05 日本語
鈴木千尋, 吉川正明, 大日向耕作 補体C3aアゴニストペプチドWPLPRの抗不安作用およびその作用機構 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,63rd,200 2009/05 日本語
大日向耕作, 吉田真理子, 吉川正明 ヒトラクトフェリン由来の補体C5aアゴニストペプチドFKDCHLARの抗不安作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,212 2009/03 日本語
鈴木千尋, 吉川正明, 大日向耕作 プロスタグランジン(PG)E<sub>2</sub>はEP<sub>1</sub>およびEP<sub>4</sub>受容体を介して抗不安作用を示す 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,138 2009/03 日本語
ZHAO Hui, 山内大器, 山田優子, 大日向耕作, 吉川正明 novokininの血圧降下作用に対する卵黄エマルション化の効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,199 2009/03 日本語
金川典正, 吉川正明, 大日向耕作 ジペプチドTyr‐Leuの抗不安作用とその作用機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,212 2009/03 日本語
金子賢太朗, 吉川正明, 大日向耕作 ダイズタンパク質由来のμオピオイドペプチドsoymorphinによる摂食抑制作用および消化管運動抑制作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,205 2009/03 日本語
山田優子, 吉川正明, 大日向耕作 ナタネタンパク質由来ペプチドRIYの抗鎮痛作用とその作用機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,212 2009/03 日本語
HOU I-CHING, OHINATA KOUSAKU, YOSHIKAWA MASAAKI .BETA.-LACTOTENSIN (His-Ile-Arg-Leu) DERIVED FROM BOVINE .BETA.-LACTOGLOBULIN SUPPRESSES FOOD INTAKE AFTER ORAL ADMINISTRATION IN MICE ペプチド討論会講演要旨集,45th,148 2008/10 英語
MURAKI AYA, FUJIWARA YOKO, OHINATA KOUSAKU, YOSHIKAWA MASAAKI ANTIDIABETIC ACTIVITY OF NOVOKININ (RPLKPW) AFTER ORAL ADMINISTRATION IN KK-Ay MICE ペプチド討論会講演要旨集,45th,141 2008/10 英語
YOSHIDA MARIKO, OHINATA KOUSAKU, YOSHIKAWA MASAAKI Tyr-Pro-Ile-Glu-His-Gly (YPIEHG) DERIVED FROM ACTIN EXHIBITS ANXIOLYTIC-LIKE EFFECT IN MICE. ペプチド討論会講演要旨集,45th,140 2008/10 英語
大日向耕作, 吉川正明 レプチン由来の捕体C3aアゴニストペプチドによる摂食抑制作用 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,456th,27 2008/09 日本語
大日向耕作, 岩崎将志, 臼井八郎, 山田優子, 吉川正明 ナタネ由来の多機能性ペプチドArg‐Ile‐Tyrの血圧降下機構 日本食品科学工学会大会講演集,55th,102 2008/09 日本語
山田優子, 大日向耕作, 吉川正明 新しい血圧降下ペプチドnovokininの設計,作用機構および遺伝子改変大豆における生産 食品加工技術,28,4,145-151 2008 日本語
竹本雅美, 川中子誠, 大日向耕作, 浅川明弘, 白川仁, 駒井三千夫 短期間の亜鉛欠乏による食欲調節異常の発症機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,231 2007/03 日本語
井上なつみ, 平田創, 園田壮司, 山内玲奈, 大日向耕作, 吉川正明 牛乳β‐1 actoglobulin由来のNT<sub>2</sub>アゴニストペプチドβ‐1 actotensinによる記憶増強機構 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,269 2007/03 日本語
山内大器, 山田優子, 臼井八郎, 趙慧, 大日向耕作, 吉川正明 Novokininの血圧降下機構はプロスタグランジンI<sub>2</sub>を介している 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,112 2007/03 日本語
西澤けいと, 喜多洋一, 土井千恵子, 大日向耕作, 喜多村啓介, 吉川正明, 石本政男 生理活性ペプチドを導入した改変型種子貯蔵タンパク質を蓄積する遺伝子組換えダイズの開発 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,73 2007/03 日本語
山田優子, 大日向耕作, 吉川正明 Novokininの中枢作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,270 2007/03 日本語
藤原容子, 大日向耕作, 吉川正明 Novokinin(RPLKPW)の抗糖尿病作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,229 2007/03 日本語
末次建太朗, 大日向耕作, 吉川正明 各種タンパク質中に存在する補体C3a配列の摂食抑制作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,124 2007/03 日本語
岩崎将志, 大日向耕作, 吉川正明 ナタネタンパク質由来の多機能性ペプチドArg‐Ile‐Tyr(RIY)類縁体の摂食調節作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,124 2007/03 日本語
HIRATA Hajime, SONODA Soushi, AGUI Shun, OHINATA Kousaku, YOSHIKAWA Masaaki Involvment of σ_1 and Dopamine D_1 Receptors in Anxiolytic Effect of Rubiscolin-6, a δ Opioid Peptide Derived from Spinach Rubisco Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium,2006,299-300 2007/03 英語
FUJIWARA Yoko, OHINATA Kousaku, YOSHIKAWA Masaaki Mechanism for Suppression of Food Intake by AT_2 Rreceptor Agonists Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium,2006,301-302 2007/03 英語
竹本雅美, 川中子誠, 大日向耕作, 浅川明弘, 後藤知子, 白川仁, 駒井三千夫 亜鉛欠乏食シグナルが食欲調節に及ぼす影響 日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集,142nd,32 2007 日本語
大日向耕作, 趙慧, 八原雅子, 吉川正明 乳タンパク質との複合体形成による茶カテキンの血圧降下作用の持続化機構 日本食品科学工学会大会講演集,53rd,81 2006/08 日本語
大日向耕作, 八原雅子, 吉川正明 乳タンパク質との複合体形成による茶ポリフェノールの血圧降下作用の持続性 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,60th,216 2006/04 日本語
渡邊航太郎, 大日向耕作, 釣木隆弘, 高橋正和, 吉川正明 大豆Glycininから派生するPhagocytosis促進ペプチドの促理作用 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,49 2006/03 日本語
AGUI Shun, OHINATA Kousaku, YOSHIKAWA Masaaki Isolation and Characterization of a New Opioid Peptide Soymorphin Derived from Soy β-Conglycinin Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium,2005,195-198 2006/03 英語
OHINATA KOUSAKU, SHIMANO TOMOKO, SONODA SOUSHI, TAKENAKA YASUYUKI, YOSHIKAWA MASAAKI Human Enterostatin (APGPR) Stimulates Learning Performance Pept Sci,2004,267-270 2005/03 英語
大西邦彦, 臼井八郎, 大日向耕作, MARCZAK E, 吉川正明 強力な血圧降下ペプチドRPLKPWの作用機序 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,53 2003/03 日本語
高木恭仁子, 大日向耕作, 乾明夫, 浅川明弘, 吉川正明 プロスタグランジンD2の摂食促進作用 生化学,74,8,867 2002/08 日本語
高木恭仁子, 大日向耕作, JINSMAA Y, 吉川正明 補体C5aおよびプロスタグランジンD2の摂食調節作用に関する研究 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,56th,274 2002/06 日本語
吉川正明, 大日向耕作, 高木恭仁子, JINSMAA YUNDEN 補体C5aの中枢作用 日本神経科学大会プログラム・抄録集,24th,336 2001/09 日本語
大日向耕作, 乾明夫, 浅川明弘, 吉川正明 ヒト血清アルブミン由来のalbutensin Aの摂食抑制作用 日本農芸化学会誌,75,191 2001/03 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
アミノ酸の作用点としての消化管―成長ホルモン分泌と消化管運動について― 日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集 2013/11/02 日本語
神経系ならびに循環器系に作用する低分子ペプチド 第51回食品新素材研究会 2010/07/15 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
構造‐活性相関情報に基づいた食品タンパク質由来ペプチドの機能性予測とその実際 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2015/03/05 日本語
Novel food-derived bioactive peptides acting on the nervous system J Physiol Sci 2015 英語
神経調節ペプチド 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2013/04/30 日本語
Novel orally active peptides derived from food proteins Cornell University-Kyoto University Joint Symposium on Bioactive Food Components 2013/03 英語
消化管ホルモンを介する外因性ペプチドの多様な生理機能 アミノ酸研究 2013 日本語
Orally Active Neuromodulatory Peptides 103rd AOCS Annual Meeting & Expo 2012/05 英語
亜鉛の味覚・食欲調節機能 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2012/04/27 日本語
コメ由来ペプチドの多機能性と持続化作用 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2012/04/27 日本語
鶏卵タンパク由来の機能性ペプチド 第57回日本食品科学工学会卵小集会 2010 日本語
必須微量栄養素としての亜鉛とその多機能性 日本農芸化学会大会講演要旨集 2009/03/05 日本語
精神的ストレス抑制作用を有する食品タンパク質由来の機能性ペプチド 第65日本栄養・食糧学会シンポジウム 2009 日本語
食品由来の食欲調節成分とその作用機構 第56回日本食品科学工学会シンポジウム 2009 日本語
経口投与で有効な精神的ストレス緩和ペプチド 第25回機能性食品用ペプチド研究会 2009 日本語
脳神経系に作用する機能性ペプチド 日本食品科学工学会関西支部シンポジウム 2007 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
OHINATA Kousaku, YOSHIKAWA Masaaki Current Topics in Complement II (Advances in Experimental Medicine and Biology) (Volume 632) Springer 2010/12
大日向 耕作,吉川 正明 機能性タンパク質・ペプチドと生体利用 建帛社 2010/05 日本語
大日向耕作、吉川正明 機能性ペプチドの最新応用技術ー食品・化粧品・ペットフードへの展開ー シーエムシー出版 2009/08 日本語
大日向 耕作, 吉川 正明 食品機能性の科学 産業技術サービスセンター 2008/04 日本語
大日向 耕作, 吉川 正明 タンパク質精製と取扱いのコツ 実験医学別冊 羊土社 2007/09 日本語
大日向 耕作, 吉川 正明 検出と定量のコツ 実験医学別冊 羊土社 2005/06 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
大日向 耕作, 金川 典正 ペプチドを含む医薬または食品 特許登録 特許第5622593号 2014/10/03
吉川 正明, 大日向 耕作, 趙 慧 抗不安作用剤 特許登録 特許第5222608号 2013/03/15
吉川 正明, 安居院 俊, 大日向 耕作 新規なオピオイド活性ペプチド、新規な抗不安ペプチド 特許登録 特許第4792563号 2011/08/05
大日向 耕作, ホー イー イン, 水重 貴文, 金子 賢太朗, 秋月 さおり, 森下 幸治 摂食活動および/または消化管活動促進剤 特許公開 WO2013-129642 2013/09/06
大日向 耕作, 水重 貴文, 山本 裕佳子, 原田 昌卓, 新村 由記 抗うつ剤又は抗不安剤 特許公開 特開2014-162735 2014/09/08
大日向 耕作, 山田 絢子, 水重 貴文 ペプチドを含む医薬または食品 特許公開 WO2013-129220 2013/09/06
大日向 耕作, 山田 優子, 影林 皆美, 紺谷 徳泰 ペプチド 特許公開 WO2012-070554 2012/05/31
大日向 耕作, 小田 亜矢子 生理活性ペプチド 特許公開 WO2011-126054 2011/10/13
大日向 耕作, 金川 典正 ペプチドを含む医薬または食品 特許公開 WO2010-087480 2010/08/05
吉川 正明, 大日向 耕作, 趙 慧 抗不安作用剤及び医薬品 特許公開 特開2009-242335 2009/10/22
吉川 正明, 安居院 俊, 大日向 耕作 新規なオピオイド活性ペプチド、新規な抗不安ペプチド 特許公開 特開2007-091656 2007/04/12
吉川 正明, 大日向 耕作 新規な摂食促進ペプチド、新規な成長ホルモン分泌促進ペプチド 特許公開 特開2005-082489 2005/03/31
吉川 正明, 高木 恭仁子, 大日向 耕作, 乾 明夫, 浅川 明弘, 覚道 真治 プロスタグランジンD▲下2▼、プロスタグランジンD▲下2▼アゴニストおよびプロスタグランジンD▲下2▼アンタゴニストの新規用途 特許公開 WO2004-030674 2004/04/15
大日向 耕作, 倉成 淳, 増山 明弘 血中ビオチン濃度の増加方法およびビオチン含有飲食品 特許公開 特開平9-095448 1997/04/08

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 新しい外因性神経調節ペプチドの網羅的機能解明とその応用 2011〜2013
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト母乳由来の新しい神経分化制御因子の探索 2013〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト母乳由来の新しい神経分化制御因子の探索 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 経口投与で有効な新規神経調節ペプチドの受容システムの分子機構解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST) 脳発達を支える母子間バイオコミュニケーション Studies on brain development based on mother-child bio-communication 2005〜2010
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
食品基礎生化学Ⅰ、食品生理機能学、食品・栄養化学実験及び実験法、食品生物科学特論
食品基礎生化学I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
食品生理機能学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品基礎生化学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
食品生理機能学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
食品生理機能学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
食品生理機能学特論 農学研究科 2011/04〜2012/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2012/04〜2013/03
食品生理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physiological Aspects in Food Science 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品生理機能学 Physiological Function of Food 後期 農学部 2012/04〜2013/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2013/04〜2014/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品生理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physiological Aspects in Food Science 後期 農学部 2013/04〜2014/03
食品生理機能学特論 Physiological Functions of Foods (Advanced Course) 前期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品生理機能学専攻演習 Seminar in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品生理機能学専攻実験 Experimental Course in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品生理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physiological Aspects in Food Science 後期 農学部 2014/04〜2015/03
食品生理機能学専攻演習 Seminar in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食品生理機能学専攻実験 Experimental Course in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
食品基礎生化学Ⅱ Principles of Biochemistry in Food Science II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品基礎生化学Ⅰ Principles of Biochemistry in Food Science I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
食品生理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physiological Aspects in Food Science 後期 農学部 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻実験1 Experimental Course in Physiological Functions of Foods1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻実験 Experimental Course in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻演習1 Seminar in Physiological Functions of Foods1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学専攻演習 Seminar in Physiological Functions of Foods 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
食品生理機能学特論 Physiological Functions of Foods (Advanced Course) 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
環境・安全・衛生委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
動物実験委員会 委員 2005/04/01〜