平野 恭敬

最終更新日時: 2020/07/28 18:42:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
平野 恭敬/ヒラノ ユキノリ/Hirano, Yukinori
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
白眉センター/ /特定准教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 名古屋大学
博士(理学) 名古屋大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/yukinorihirano
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Y. Hirano, Y. Kuriyama, T. Miyashita, J. Horiuchi, M. Saitoe Y. Hirano, Y. Kuriyama, T. Miyashita, J. Horiuchi, M. Saitoe Y. Hirano, Y. Kuriyama, T. Miyashita, J. Horiuchi, M. Saitoe Reactive oxygen species are not involved in the onset of age-related memory impairment in Drosophila Reactive oxygen species are not involved in the onset of age-related memory impairment in Drosophila Reactive oxygen species are not involved in the onset of age-related memory impairment in Drosophila GENES BRAIN AND BEHAVIOR, 11, 1, 79-86 GENES BRAIN AND BEHAVIOR, 11, 1, 79-86 GENES BRAIN AND BEHAVIOR, 11, 1, 79-86 2012/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kenzo Fukunaga, Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Kenzo Fukunaga, Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Kenzo Fukunaga, Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Subtelomere-binding protein Tbf1 and telomere-binding protein Rap1 collaborate to inhibit localization of the Mre11 complex to DNA ends in budding yeast Subtelomere-binding protein Tbf1 and telomere-binding protein Rap1 collaborate to inhibit localization of the Mre11 complex to DNA ends in budding yeast Subtelomere-binding protein Tbf1 and telomere-binding protein Rap1 collaborate to inhibit localization of the Mre11 complex to DNA ends in budding yeast MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 23, 2, 347-359 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 23, 2, 347-359 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 23, 2, 347-359 2012/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yukinori Hirano, Kenzo Fukunaga, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Kenzo Fukunaga, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Kenzo Fukunaga, Katsunori Sugimoto Rif1 and Rif2 Inhibit Localization of Tel1 to DNA Ends Rif1 and Rif2 Inhibit Localization of Tel1 to DNA Ends Rif1 and Rif2 Inhibit Localization of Tel1 to DNA Ends MOLECULAR CELL, 33, 3, 312-322 MOLECULAR CELL, 33, 3, 312-322 MOLECULAR CELL, 33, 3, 312-322 2009/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yukinori Hirano, Jayant Reddy, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Jayant Reddy, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Jayant Reddy, Katsunori Sugimoto Role of budding yeast Rad18 in repair of HO-induced double-strand breaks Role of budding yeast Rad18 in repair of HO-induced double-strand breaks Role of budding yeast Rad18 in repair of HO-induced double-strand breaks DNA REPAIR, 8, 1, 51-59 DNA REPAIR, 8, 1, 51-59 DNA REPAIR, 8, 1, 51-59 2009/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Yukinori Hirano, Katsunori Sugimoto Cdc13 telomere capping decreases Mec1 association but does not affect Tel1 association with DNA ends Cdc13 telomere capping decreases Mec1 association but does not affect Tel1 association with DNA ends Cdc13 telomere capping decreases Mec1 association but does not affect Tel1 association with DNA ends MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 18, 6, 2026-2036 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 18, 6, 2026-2036 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 18, 6, 2026-2036 2007/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Hirano, K Sugimoto Y Hirano, K Sugimoto Y Hirano, K Sugimoto ATR homolog Mec1 controls association of DNA polymerase zeta-Rev1 complex with regions near a double-strand break ATR homolog Mec1 controls association of DNA polymerase zeta-Rev1 complex with regions near a double-strand break ATR homolog Mec1 controls association of DNA polymerase zeta-Rev1 complex with regions near a double-strand break CURRENT BIOLOGY, 16, 6, 586-590 CURRENT BIOLOGY, 16, 6, 586-590 CURRENT BIOLOGY, 16, 6, 586-590 2006/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
D Nakada, Y Hirano, Y Tanaka, K Sugimoto D Nakada, Y Hirano, Y Tanaka, K Sugimoto D Nakada, Y Hirano, Y Tanaka, K Sugimoto Role of the C terminus of Mec1 checkpoint kinase in its localization to sites of DNA damage Role of the C terminus of Mec1 checkpoint kinase in its localization to sites of DNA damage Role of the C terminus of Mec1 checkpoint kinase in its localization to sites of DNA damage MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 16, 11, 5227-5235 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 16, 11, 5227-5235 MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 16, 11, 5227-5235 2005/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
D Nakada, Y Hirano, K Sugimoto D Nakada, Y Hirano, K Sugimoto D Nakada, Y Hirano, K Sugimoto Requirement of the Mre11 complex and exonuclease 1 for activation of the Mec1 signaling pathway Requirement of the Mre11 complex and exonuclease 1 for activation of the Mec1 signaling pathway Requirement of the Mre11 complex and exonuclease 1 for activation of the Mec1 signaling pathway MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 24, 22, 10016-10025 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 24, 22, 10016-10025 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 24, 22, 10016-10025 2004/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
長期記憶の保持には持続的な遺伝子発現制御が重要である 長期記憶の保持には持続的な遺伝子発現制御が重要である Maintenance of long-term memory requires persistent regulation of gene expression 第34回日本分子生物学会 第34回日本分子生物学会 2011/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
長期記憶の保持には持続的な遺伝子発現制御が必須である 長期記憶の保持には持続的な遺伝子発現制御が必須である 第34回日本神経科学大会 第34回日本神経科学大会 2011/09 英語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
挑戦的萌芽研究 代表 摂食制限が記憶を亢進する分子メカニズムの解明と、その有用性の提唱 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 長期記憶の不安定化を司る分子メカニズムと神経基盤の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 長期記憶の不安定化を司る分子メカニズムと神経基盤の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 記憶の固定化、および書き換えに寄与する新規予測誤差神経の探求 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 記憶の固定化、および書き換えに寄与する新規予測誤差神経の探求 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(A) 代表 新規順行性神経標識法の確立と、それを用いた記憶神経ネットワークの解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ショウジョウバエ記憶中枢の並列回路に存在する、記憶固定化機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
若手研究(A) 代表 新規順行性神経標識法の確立と、それを用いた記憶神経ネットワークの解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ショウジョウバエ記憶中枢の並列回路に存在する、記憶固定化機構の解明 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
若手研究(A) 代表 新規順行性神経標識法の確立と、それを用いた記憶神経ネットワークの解明 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31