坂本 正弘

最終更新日時:2011/12/29 15:27:14

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
坂本 正弘/サカモト マサヒロ/Masahiro Sakamoto
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/地域環境科学専攻生物環境科学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
生存圏研究所付属学際萌芽研究センター 生存圏研究所付属学際萌芽研究センター
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6464
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
木材学会 The Japan Wood Research Society
日本植物生理学会 The Japanese Society of Plant Physiologists
日本植物細胞分子生物学会 Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程林産工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部林産工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1984/04/01〜1995/07/31 三井東圧化学株式会社ライフサイエンス研究所 Mitsui Toatsu Chemicals, Inc. Life Science Laboratory 研究員 Researcher
1995/08/01〜1997/12/31 三井東圧化学株式会社ライフサイエンス研究所(現三井化学株式会社) Mitsui Toatsu Chemicals, Inc. (present. Mitsui Chemicals, Inc. )Life Science Labovatory, 主任研究員 Senior Researcher
プロフィール
(日本語)
大学院を修了後,14年間民間企業に勤務し,主としてイネを研究対象とし,おもに,シンク-ソース関係を中心とした糖代謝の分子レベルでの解析をおこなった。その後,大学に移り,植物としてのおもしろさからタケ・ササ類に興味をもち,その生態を分子レベルで明らかにしたいと考え,研究をおこなっている。また,未利用植物資源としてのタケ・ササ類を新規生物材料として活かすべく,その基盤技術の確立を目指している。
(英語)
I am interested in bamboo biology, especially biologocal and genetical aspects. My goal is to establish the basis for a genetical improvement system of bamboo.
研究テーマ
(日本語)
タケ類の開花現象の遺伝子レベルでの解明,およびタケ類の開花制御技術の開発並びに細胞壁成分の遺伝的制御
(英語)
Molecular analysis of bamboo flowering ~ the establishment of the genetical improvement system of bamboo ~
研究概要
(日本語)
開花したササから開花促進遺伝子をクローニングした。この遺伝子をイネに導入し過剰発現させると,イネの細胞から再分化した段階で開花が起こり,ササの開花促進遺伝子に開花誘導機能があることを明らかにした。また,この遺伝子のプロモーター領域を取得し,タケ類の開花遺伝子がどのような発現制御を受けるかを調査している。また,細胞壁成分であるヘミセルロースとリグニンの遺伝的制御をおこない,成分変化を解析している。
(英語)
Already flowering gene (SvFT) was cloned from flowering bamboo. This gene was introduced into rice cells driven under CaMV35S promoter. Transgenic rice showed dwarf and ewarly flowering.Therefore, SvFT gene has a function to induce flowering. Now, the promoter region of SvFT gene was analyzed.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
樹木分子生物学 Tree molecular biology
タケ・ササ類 bamboos
シンク-ソース関係 sink-source
光合成 photosynthesis
糖代謝 sugar metabolism
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林学・森林工学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
坂本 正弘 Structure and RFLP mapping of a rice sucrose phosphate synthase(SPS)gene that is specifically expressed in the source organ Plant Science,112/,207 1995 有り 英語
坂本 正弘 Pseudogenes located in the inversion area of the bamboo chloro plast DNA Bamboo Journal,18/,15-22 2001 有り 英語
坂本 正弘 Analysis of inverted repeat region of chlroloplast DNA from Moso-bamboo, especially the intergenic regions ot two trn genes. Bamboo Journal,18/, 15-22 2002 有り 英語
坂本 正弘 Rice SPK, a calmodulin-like domain protein kinase, is required for storage product accumulation during seed development. Phosphorylation of sucrose synthase is a possible factor. Plant Cell,14/, 619-628 2002 有り 英語
坂本 正弘 The Study on the Diversity of the Gene for beta subunit of Mitochondrial ATPase from Bmaboos. Bmaboo Journal,21/,1-7 2004 有り 英語
坂本 正弘 タケ類のミトコンドリアATP合成酵素のβサブユニット遺伝子の多様性 Bamboo Journal,21/, 1-7 2004 有り 日本語
E.Itoh, J.Azuma, M.Sakamoto Cloning and analysis of GRF1 gene expressed in moso bamboo during shoot elongation Bamboo J. 27: 19-25 2010 有り 英語
A.Taubaki, M.Sakamoto, J.Azuma Microwave-assisted extraction of phenolic compounds from tea residues under autohydrolytic conditions Food Chemistry 123 : 1255-1258 2010 有り 英語
R. I. Hag Ibrahim, M.Sakamoto, J.Azuma LA-PCR-RFLP analysis of the chloroplast DNA in some species of Salvia L. Chromosome Botany 5: 95-102 2010 有り 英語
Y. Tabuchi, J. Azuma, M. Sakamoto Transition of sugar content and vacuolar invertase activity during square-stem bamboo shoot elongation Bamboo J. 26: 26-32 2009 有り 英語
S. Suzuki, Y. Suzuki, N. Yamamoto, T. Hattori, M. Sakamoto, T. Umezawa High-throughput determination of thioglycolic acid lignin from rice Plant Biotechnology 26 : 337-340 2009 有り 英語
Y. Ookushi, M. Sakamoto, J. Azuma Effects of Microwave Irradiation on Water-soluble Polysaccharides of the Fruiting Body of Hericium erinaceum J. Appl. Glycosci. 56 : 153-157 2009 有り 英語
Y. Ookushi, M. Sakamoto, J. Azuma Extraction of β-Glucan from the Water-insoluble Residue of Hericium erinaceum with Combined Treatments of Enzyme and Microwave Irradiation J. Appl. Glycosci. 55 : 225-229 2008 有り 日本語
Y. Ookushi, M. Sakamoto, J. Azuma, J. β-Glucans in the Water-insoluble Residue of Hericium erinaceum J. Appl. Glycosci. 55 : 231-234 2008 有り 日本語
S. Tsubaki, H. Iida, M. Sakamoto, J. Azuma Micorwave Heatong of Tea Residue Yields Polysaccharides, Polyphenols, and Plant Biopolymer J. Agric. Food Chem. 56: 11293-11299 2008 有り 英語
X. Lao, J. Azuma, M. Sakamoto Analysis of protein expression during intermodal elongation of Moso-bamboo Bamboo J. 26: 17-25 2008 有り 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Sakamoto Masahiro Genetic control of lignin biosynthesis pathway in rice International Seminar for JSPS-LIPI Joint Research Program in Kyoto (2010) 2010 無し 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
坂本正弘 チュウゴクザサにおけるFTホモログの機能解析 第28回日本植物細胞分子生物学会(仙台)大会・シンポジウム 2010 無し 日本語
坂本正弘 シホウチクの伸長成長に伴う糖含量および液胞インベルターゼ活性の推移 第60回日本木材学会大会 2010 無し 日本語
坂本正弘 チュウゴクザサにおける花成促進遺伝子の機能及びプロモーター解析 第60回日本木材学会大会 2010 無し 日本語
坂本正弘 バジル種子由来ゲル状多糖の性質 第60回日本木材学会大会 2010 無し 日本語
坂本正弘 モウソウチク伸長成長時におけるアルドラーゼの役割 第27回日本植物細胞分子生物学会(藤沢)大会・シンポジウム 2009 無し 日本語
坂本正弘 モウソウチクのGRF1遺伝子は伸長成長に関与するのか? 第59回日本木材学会大会 2009 無し 日本語
坂本正弘 カリン種子のゲル状多糖の化学構造とレオロジー特性 第59回日本木材学会大会 2009 無し 日本語
坂本正弘 モウソウチクにおけるショ糖合成酵素の分子生物学的解析 第26回日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム 2008 無し 日本語
坂本正弘 モウソウチクにおけるショ糖合成酵素の機能分化 第58回日本木材学会大会 2008 無し 日本語
坂本正弘 カリン(Chaenomeles sinensis)種子のゲル状多糖 第58回日本木材学会大会 2008 無し 日本語
坂本正弘 メボウキ族の種子粘性多糖 第58回日本木材学会大会 2008 無し 日本語
坂本正弘 活性炭を加えたデンプン溶液のマイクロウェーブ処理 第58回日本木材学会大会 2008 無し 日本語
坂本正弘 ヒルギ科マングローブ(オヒルギ,メヒルギ,ヤエヤマヒルギ)葉のクチンの特性について 第58回日本木材学会大会 2008 無し 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
M.Sakamoto 竹の基礎科学と高度利用技術(分担執筆第3章) シーエムシー出版 2008 日本語
特許
権利者名 番号 タイトル 審査の段階 年月
三井東圧化学・農業生物資源研究所 特許登録第2086045号 光合成関連遺伝子およびそのプロモーター 特許登録 1990
三井化学・カネボウ 特許登録第3072267号 ハイドロカルコン誘導体、該誘導体を含む化粧料及びこれらの製造方法 特許登録 1996
Mitsui Chemicals Inc., Kanebo US Patent 5,880,314 Hydrochalcone derivatives, cosmetic compositions containing said derivatives and methods of producing the same 特許登録 1996
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金 代表 タケの高シンク機能を担う統御機構の解明 Elucidation of control mechanism in bamboo sink function 2002/04/01〜2006/03/31
科学研究費補助金 代表 タケの開花現象の解明〜エネルギー生産の観点から〜 Elucidation of bamboo flowering ~ from the aspect of energy production ~ 2005/04/01〜2008/03/31
科学研究費補助金 分担 経済発展とグローバリゼーション進行下における伝統的生物資源利用の変容 Transformation of plant traditional utlization under economic development and globalization 2008/04/01〜
科学研究費補助金 分担 リグノセルロース超分子構造形成におけるリグニン生合成の寄与 Contribution of lignin biosynthesis in the formation of ultrastructure of lignosellulose 2011/04/01〜
挑戦的萌芽研究 代表 タンパク質直接導入によるタケ類の開花技術の開発 2013〜2015
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
新エネルギー技術研究開発 梅澤俊明 イネ細胞壁の改変による高効率糖化に向けた先導的技術の研究開発 Research development of modification of rice cell wall for high efficiency sacharization 2007/07/01〜2009/03/31
新農業展開ゲノムプロジェクト 梅澤俊明 イネリグニン合成パスウェイの改変 Modification of lignin synthesis pathway in rice 2008/04/01〜
先端的低炭素化技術開発(ALCA) 梅澤俊明 高発熱型リグノセルロースの育種 Breeding of high heating type lignocellulose 2011/10/01〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
森林生化学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
バイオマス化学実験及び実験法I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
森林基礎化学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04〜2012/03
森林生化学I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
森林科学実習II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
森林生化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
森林生化学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2012/04〜2013/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
森林生化学I Forest Biochemistry I 前期 農学部 2012/04〜2013/03
森林生化学II Forest Biochemistry II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2012/04〜2013/03
森林生化学I Forest Biochemistry I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林生化学II Forest Biochemistry II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2014/04〜2015/03
バイオマス植物学 Phytobiomass 前期 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林生化学演習 Seminar in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林生化学専攻実験 Experimentary Course in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2015/04〜2016/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
森林生化学I Forest Biochemistry I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
森林生化学II Forest Biochemistry II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
森林生化学専攻実験1 Experimentary Course in Forest Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学専攻実験 Experimentary Course in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学演習1 Seminar in Forest Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学演習 Seminar in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示