原田 健自

最終更新日時:2017/07/14 14:48:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
原田 健自/ハラダ ケンジ/Kenji Harada
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/先端数理科学専攻非線形物理学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部 情報学科
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Kyoto 606-8501, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
harada @ acs.i.kyoto-u.ac.jp
harada @ i.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本物理学会 The Physical Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程応用システム科学専攻 修了
京都大学 大学院工学研究科博士後期課程応用システム科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部数理工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1998/04/01〜1998/04/30 京都大学大学院情報学研究科複雑系科学専攻システム基礎論分野 Graduate school of informatics, Kyoto university 研究生 Research student
1998/05/01〜2007/03/31 京都大学大学院情報学研究科複雑系科学専攻 Graduate school of informatics, Kyoto university 助手 Research associate
2007/04/01〜 京都大学大学院情報学研究科複雑系科学専攻 Graduate school of informatics, Kyoto university 助教 Assistant professor
プロフィール
(日本語)
京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻で学び、博士(工学)を取得。同年、京都大学情報学研究科に助手として着任。物性物理における数値的なアプローチの深化とその応用に関心をもつ。
(英語)
Between 1992 and 1998, I studied at Division of Applied Systems Science, Faculty of Engineering, Kyoto University, and I received Doctor of Engineering. I was appointed research associate at Graduate School of Informatics, Kyoto University in 1998. I am interested in the development of numerical approaches and its application for condensed matter physics.
個人ホームページ
URL
http://www-fcs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~harada/
http://www-np.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~harada/
研究テーマ
(日本語)
物性研究における数値シミュレーション
(英語)
Numerical simulations in condensed-matter physics
研究概要
(日本語)
強い相互作用のある系の物性研究には欠かせない数値シミュレーションの技法を発展させ、物性物理における未解決問題に挑戦。特に、強い相互作用のある量子系に、量子モンテカルロ法やテンソルネットワーク法等を用いて、絶対零度での量子秩序や量子臨界現象を研究。また、スケーリングデータの解析にベイズ推定を導入。
(英語)
I enhance techniques in numerical simulations of strongly correlated systems, and I attack unsolved problems in the condensed-matter physics. Using quantum Monte Carlo and tensor network schemes, I study the order and criticality of strongly correlated systems. I introduce the Bayesian inference method in the analysis of scaling data.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
物性物理 Condensed-matter physics
統計物理 Statistical physics
計算物理 Computational physics
量子モンテカルロ法 Quantum Monte Carlo method
テンソルネットワーク法 Tensor network method
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
数理物理・物性基礎
工学基礎
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tsuyoshi Okubo, Kenji Harada, Jie Lou, and Naoki Kawashima SU(N) Heisenberg model with multicolumn representations Physical Review B,92,134404 2015/10 英語
Kenji Harada Kernel method for corrections to scaling Physical Review E,92,012106 2015/07 英語
Takafumi Suzuki, Kenji Harada, Haruhiko Matsuo, Synge Todo, and Naoki Kawashima Thermal phase transition of generalized Heisenberg models for SU(N) spins on square and honeycomb lattices Physical Review B,91,094414 2015/03 英語
Akiko Masaki, Takafumi Suzuki, Kenji Harada, Synge Todo, and Naoki Kawashima Parallelized Quantum Monte Carlo Algorithm with Non-local Worm Updates Physical Review Letters,112,14603 2014/04 英語
Kouichi Okunishi and Kenji Harada Symmetry-protected topological order and negative-sign problem for SO(N) bilinear-biquadratic chains Physical Review B,89,134422 2014/04 英語
K. Harada, T. Suzuki, T. Okubo, H. Matsuo, J. Lou, H. Watanabe, S. Todo and N. Kawashima Possibility of deconfined criticality in SU(N) Heisenberg models at small N Physical Review B,88,22408(R) 2013/12 英語
Kenji Harada Numerical study of incommensurability of the spiral state on spin-12 spatially anisotropic triangular antiferromagnets using entanglement renormalization Physical Review B,86,184421 2012/11 英語
Kenji Harada Bayesian inference in the scaling analysis of critical phenomena. Physical review E,84,056704 2011 英語
K. Harada and Y. Kuge Diffusion in the continuous-imaginary-time quantum world-line Monte Carlo simulations with extended ensembles Journal of the Physical Society of Japan (Letters),77,013001-1-013001-4 2008/01 英語
K. Harada, N. Kawashima, and M. Troyer Dimer-quadrupolar quantum phase transition in the quasi-one-dimensional Heisenberg model with biquadratic interaction Journal of the Physical Society of Japan (Letters),76,013703-1-013703-4 2007/01 英語
原田 健自 量子モンテカルロ法の最近の発展 岩波書店 雑誌「応用数理」, vol.15, pp. 28-44 2005 日本語
N. Kawashima and K. Harada Recent developments of world-line Monte Carlo methods Journal of the Physical Society of Japan,73,6,1379-1414 2004/06 英語
J. Smakov, K. Harada and N. Kawashima Quantum Monte Carlo algorithm for softcore boson systems Physical Review E,68,046708 2003/10 英語
K. Harada, N. Kawashima and M. Troyer Néel and Spin-Peierls ground states of two-dimensional SU(N) quantum antiferromagnets Physical Review Letters,90,117203 2003/03 英語
K. Harada and N. Kawashima Quadrupolar order in isotropic Heisenberg models with biquadratic interaction Physics Review B,65,052403 2002/02 英語
K. Harada and N. Kawashima Coarse-grained loop algorithms for Monte Carlo simulation of quantum spin systems Physical Review E,66,056705 2002 英語
K. Harada and N. Kawashima Loop algorithm for Heisenberg models with biquadratic interaction and phase transitions in two dimensions Journal of the Physical Society of Japan (Letters),70,1,13-16 2001/01 英語
C. Yasuda, S. Todo, K. Harada, N. Kawashima, S. Miyashita, and H. Takayama Classical correlation-length exponent in the nonuniversal quantum phase transition of a diluted Heisenberg antiferromagnet Physical Review B,63,14,1404151-1404154 2001 英語
H.-P. Ying and K. Harada Short-time dynamics and magnetic critical behavior of the two-dimensional random-bond Potts model Physical Review E,62,1,174-178 2000/07 英語
K. Kato, S. Todo, K. Harada, N. Kawashima, S. Miyashita, and H. Takayama Quantum Phase Transition of the Randomly Diluted Heisenberg Antiferromagnet on a Square Lattice Physical Review Letters,84,18,4204-4207 2000/05 英語
S. Todo, K. Kato, H. Takayama, K. Harada, N. Kawashima, and S. Miyashita Quantum Monte Carlo study of site-diluted Heisenberg antiferromagnet on a square lattice International Journal of Modern Physics C,10,8,1399-1407 1999/12 英語
K. Harada and N. Kawashima Kosterlitz-Thouless Transition of Quantum XY Model in Two Dimensions Journal of the Physical Society of Japan,67,8,2768-2776 1998/08 英語
K. Harada, M. Troyer, and N. Kawashima The two-dimensional S=1 quantum Heisenberg antiferromagnet at finite temperatures Journal of the Physical Society of Japan,67,4,1130-1133 1998/04 英語
K. Harada and N. Kawashima Universal jump in the helicity modulus of the two-dimensional quantum XY model Physical Review B,55,18,11949-11952 1997/05 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kenji Harada Tensor Network Studies of Quantum Frustrated Magnets JPS Conference Proceedings,3,014031 2014 英語
K. Harada, N. Kawashima and M. Troyer Phase Diagram of the S=1 Bilinear Biquadratic Model AIP Conference Proceedings,850,1085 2006 英語
Kenji Harada Quantum World-line Monte Carlo Method with Non-binary Loops and Its Application Springer Proceedings in Physics,105,13-26 2006 英語
K. Harada and N. Kawashima Quadrupolar order in the quantum XY model with cubic anisotropy Progress of Theoretical Physics Supplement,145,194-199 2002 英語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
原田 健自 多体問題におけるテンソルネットワーク法 RIMS研究集会報告書,1848,83-92 2012 日本語
Kenji Harada Numerical Study of Quantum Spin Models by Loop Algorithm Kyoto university 1998/05 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
M. Tsukamoto; K. Harada; N. Kawashima Quantum Monte Carlo simulation of S=1/2 Heisenberg model with four spin interaction Journal of Physics: Conference Series,150,4 2009 英語
K. Harada; N. Kawashima; M. Troyer Phase diagram of the S = 1 bilinear biquadratic model AIP Conference Proceedings,850,1085-1086 2006 英語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
二次元SU(N)ハイゼンベルグモデルにおける脱閉じ込め量子臨界現象 [招待あり] 日本物理学会 第70回年次大会 シンポジウム「『京』が拓いた物性物理」 日本物理学会 2015/03/22 日本語
Quantum Monte Carlo study of Quantum Criticality on SO(N) Bilinear Biquadratic Chains the 9th International Conference on Computational Physics (ICCP9) National University of Singapore 2015/01/07 英語
MERA tensor network and its application on quantum frustrated magnets [Invited] 10sor network workshop --- Field 2x5 joint workshop on new algorithms for quantum manybody problems --- CMSI 2014/11/25 英語
Deconfined quantum criticality in SU(N) Heisenberg models: Finite size scaling analysis based on Bayesian inference [Invited] Taipei Tensor Network Workshop 2013 National Taiwan University, Taipei, Taiwan 2013/12/04 英語
Numerical study of quantum frustrated magnets using entanglement renormalization [Invited] International Workshop on Cooperative Quantum Dynamics and Its Control (CQDC'12) Jeulich super computer center, Jeulich, Germany 2012/11/08 英語
多体問題におけるテンソルネットワーク法 [招待あり] RIMS研究集会「次世代計算科学の基盤技術とその展開」 京都大学数理解析研究所 2012/10/24 日本語
Bayesian Inference in the Scaling Analysis of Critical Phenomena [Invited] International Workshop on Recent Developments of Studies on Phase Transitions 2012 University of Tokyo 2012/06/19 英語
エンタングルメント繰り込みを用いたフラストレーションのある量子スピン系の基底状態計算 [招待あり] 「強相関系に対する計算科学手法とその応用」に関する研究会 CMSI第1部会,CREST 2012/01/28 日本語
Entanglement renormalization on the triangular lattice New Development of Numerical Simulations in Low-Dimensional Quantum Systems: From Density Matrix Renormalization Group to Tensor Network Formulations YITP, Kyoto University 2010/10 英語
Entanglement renormalization of quantum frustrated magnets [Invited] Japan-Swiss Joint Workshop: New Trends in Theory of Correlated Materials ISSP, Univ. of Tokyo 2010/09 英語
Multi-scale Entanglement Renormalization on a Triangular Lattice Miniworkshop on Tensor Network Based Numerical Methods (Numerical Methods in Strongly Correlated Physics) Nathional Center for Theoretical Sciences, National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan 2010/05/28 英語
エンタングルメント繰り込み:テンソルネットワークを用いたフラストレートした量子スピン系の計算手法 [招待あり] スーパーコンピュータ共同利用 短期研究会 東京大学物性研究所 2009/12/11 日本語
Multi-scale entanglement renormalization of the spin-1/2 Heisenberg model on a triangular lattice [Invited] Workshop on Matrix Product State Formulation and Density Matrix Renormalization Group Simulations (MPS and DMRG) Kink Univ. 2009/08/13 英語
Quantum World-line Monte Carlo Method with Non-Binary Loops The 18th Annual Workshop on Recent Developments of Computer Simulation Studies in Condensed Matter Physics Univ. of Georgia 2005/03 英語
量子スピン系の世界線モンテカルロ法 [招待あり] 「物性理論の新潮流 若手研究会」 東京大学物性研究所 2004/02/22 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
シミュレーションで探る量子の世界:絶対零度での秩序と臨界現象 スパコン「京」がひらく科学と社会 シンポジウム「スーパーコンピュータの今とこれから」 2016/01/29 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
量子フラストレート磁性体のテンソルネットワークを用いた数値的研究 第32回量子情報技術研究会 (QIT32) 大阪大学 2015/05/26 日本語
Tensor network in condensed-matter physics 青木・常行研合同セミナー 東京大学理学部 2015/04/28 日本語
Quantum Monte Carlo study of Quantum Criticality on SO(N) Bilinear-biquadratic Chains International Workshop on New Frontier of Numerical Methods for Many-Body Correlations ― Methodologies and Algorithms for Fermion Many-Body Problems CMSI 2015/02/18 英語
MERAテンソルネットワークを用いた量子多体系の計算手法 独立行政法人 理化学研究所セミナー 理化学研究所計算科学研究機構(AICS) 2014/12/26 日本語
Possibility of Deconfined Criticality in SU(N) Heisenberg Models at Small N the YITP long-term Workshop "Novel Quantum States in Condensed Matter 2014" (NQS2014) YITP, Kyoto Univ. 2014/11/17 英語
SU(N)ハイゼンベルクモデルで脱閉じ込め転移はあるのか? 物性研スパコン共同利用・CMSI 合同研究会(第4回 CMSI 研究会) 東京大学物性研究所 2013/12/11 日本語
Bayesian Inference in the Scaling Analysis of Critical Phenomena 黒木研究室セミナー 大阪大学大学院理学研究科物理学専攻 2013/05/13 日本語
脱閉じ込め臨界現象のユニバーサリティ 第3回 CMSI 研究会 〜超並列計算が拓く新しい計算物質科学〜 CMSI 2012/12/03 日本語
Numerical study of quantum frustrated magnets using entanglement renormalization: spin-1/2 spatially anisotropic triangular antiferromagnets and Shastry-Sutherland model 基研研究会「量子スピン系の物理」 京都大学基礎物理学研究所 2012/11/13 日本語
幾何学的なフラストレーションがある量子磁性体の基底状態に関するテンソルネットワーク変分法を用いた数値的研究 2012年度 第9回 待兼山コロキウム 大阪大学サイバーメディアセンター, 大規模計算科学研究部門 2012/11/08 日本語
Numerical study of incommensurability of the spiral state on spin-1/2 spatially anisotropic triangular antiferromagnets using entanglement renormalization" Conference on Computational Physics (CCP2012) for Physics, Chemistry, Biology, Engineering and related academic fields and industrial applications 2012/10/15 英語
三角格子上の格子モデルのためのエンタングルメント繰り込み 基研研究会「量子多体系のエンタングルメントとくりこみ群」 京都大学基礎物理学研究所 2011/12/16 日本語
Magnetic Structure of Ground States in Spatially Anisotropic Triangular Antiferromagnets the 26th Nishinomiya-Yukawa Memorial International Workshop "Novel Quantum States in Condensed Matter 2011 (NQS2011)" YITP, Kyoto Univ. 2011/11/08 英語
エンタングルメントと繰り込み:フラストレーションのある量子磁性体の基底状態計算 物性科学領域横断研究会 東京大学 2010/11/28 日本語
Quadrupolar order in the bilinear-biquadratic model Academia Sinica seminar Academina Sinica 2010/05/25 英語
フラストレートした量子スピン系のマルチスケールエンタングルメント繰り込み(MERA) 基研セミナー 京都大学基礎物理学研究所 2010/03/30 日本語
フラストレートした量子スピン系のマルチスケールエンタングルメント繰り込み(MERA) 次世代スパコン物性科学分野研究会「新物質とエネルギー」 東京大学物性研究所 2010/03/10 日本語
エンタングルメントと繰り込み:フラストレーションのある量子磁性体の基底状態計算 平成21年度領域成果報告会 特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」 2010/01/08 日本語
Quantum Monte Carlo simulations of quantum S=1 spin models with bi-quadratic interactions" Supercomputing in Solid State Physics 2009 2009/02/18 英語
Monte Carlo Study of Quantum Phase Transition in the Quasi-One-Dimensional SU(N) model" Symposium "Topological Aspects of Solid State Physics" ISSP, Univ. of Tokyo 2008/06/24 英語
Monte Carlo Study of Quantum Phase Transition in the Quasi-One-Dimensional SU(N) model The 1st International Conference of the Grand Challenge to Next-Generation Integrated Nanoscience ISSP, Univ. of Tokyo 2008/06/06 英語
量子拡張アンサンブル法とその拡散過程 石原研究室セミナー 東北大学理学部物理学専攻 2007/07/24 日本語
量子マルチカノニカルモンテカルロ法のダイナミクス" 「次世代ナノ情報機能・材料」研究会 文部科学省 次世代スーパーコンピュータプロジェクト ナノ分野グランドチャレンジ研究 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 2007/03/28 日本語
Quantum Phase Transition between Two Ordered Phases with Unrelated Symmetries International Workshop and Symposium on Computational Approaches to Quantum Critical Phenomena ISSP, Univ. of Tokyo 2006/08/09 英語
Loop Algorithm with Non-binary Loops International Workshop and Symposium on Computational Approaches to Quantum Critical Phenomena ISSP, Univ. of Tokyo 2006/08/02 英語
Phase Diagram of the S=1 Bilinear Biquadratic Model The 24th International Conference on Low Temperature Physics(LT24) 2005/08/15 英語
Bilinear biquadratic モデルの四重極秩序に関する数値的研究 基研談話会 京都大学基礎物理学研究所 2005/07/22 日本語
非バイナリーループを用いる世界線量子モンテカルロ法 「モンテカルロ法の新展開3」 京都大学基礎物理学研究所 2005/02/28 日本語
非バイナリーループを用いる世界線量子モンテカルロ法とその応用: 量子SU(N)モデルと量子bilinear-biquadraticモデル 理論セミナー 東京大学物性研究所 2005/02/18 日本語
Invaded loop algorithm for quantum XY model 凝縮系理論研究室セミナー 首都大学東京 (旧都立大) 2000/01/21 日本語
二次元希釈反強磁性ハイゼンベルグ模型の基底状態相転移 「CP-PACSによる計算物理学」 筑波大学計算物理学研究センター 1999/02/16 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究(A) 代表 量子スピン系の相転移を効率的に扱う自己臨界的ループアルゴリズムの開発 Development of a self-organized loop algorithm for a phase transition of quantum spin systems 2000〜2001
若手研究(B) 代表 対称性の低下をともなわない奇妙な連続相転移の探求 Exploring the unconventional continuous phase transition between unrelated symmetry breaking phases 2007〜2009
若手研究(B) 分担 モンテカルロ法によるフラストレート量子系およびスピン液体系の研究 Monte Carlo Study of Frustrated Quantum Systems and Spin Liquids 2007〜2009
基盤研究(C) 代表 テンソルネットワーク変分法を用いた量子フラストレーション系の数値的研究 Numerical study of quantum frustrated systems by tensor network schemes 2011〜2013
基盤研究(C) 代表 テンソルネットワークを用いたフラストレート量子スピン系の非磁性相の数値的研究 Numerical study of non-magnetic states in quantum frustrated spin systems by using tensor network schemes 2014〜2016
基盤研究(C) 代表 テンソルネットワークを用いたフラストレート量子スピン系の非磁性相の数値的研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 テンソルネットワークを用いたフラストレート量子スピン系の非磁性相の数値的研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
文部科学省「HPCI戦略プログラム (SPIRE)」分野2<新物質・エネルギー創成> 2011〜2015
内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現」 2015〜2018
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
数値計算演習(数理) 前期 工学部 2011/04〜2012/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2012/04〜2013/03
数理工学セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics 後期 工学部 2012/04〜2013/03
数理工学セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics 後期 工学部 2013/04〜2014/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2013/04〜2014/03
応用数理学セミナーI Seminar in Applied Mathematical Sciences 1 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2014/04〜2015/03
応用数理学セミナーI Seminar in Applied Mathematical Sciences 1 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
応用数理学特論 I Topics in Applied Mathematical Sciences 1 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
応用数理学セミナーI Seminar in Applied Mathematical Sciences 1 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
応用数理学特論II Topics in Applied Mathematical Sciences 2 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2015/04〜2016/03
数理工学セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics 後期 工学部 2015/04〜2016/03
応用数理学セミナーI Seminar in Applied Mathematical Sciences 1 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
応用数理学特論 I Topics in Applied Mathematical Sciences 1 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
応用解析学セミナーII Seminar on Applied Analysis 2 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2016/04〜2017/03
数理工学セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics 後期 工学部 2016/04〜2017/03
複雑系科学特殊研究I Advanced Study in Applied Analysis and Complex Dynamical Systems1 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
応用数理学セミナーI Seminar in Applied Mathematical Sciences 1 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
応用数理学特論 I Topics in Applied Mathematical Sciences 1 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
応用解析学セミナーII Seminar on Applied Analysis 2 通年集中 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数値計算演習 Exercise on Numerical Analysis 前期 工学部 2017/04〜2018/03
数理科学特殊研究II Advanced Study in Mathematical Sciences II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理科学特殊研究I Advanced Study in Mathematical Sciences I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティWG委員 2011/04/01〜2017/03/31
システム運用WG委員 2013/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティWG委員 2017/04/01〜2018/03/31
システム運用WG 2017/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本物理学会 The Physical Society of Japan 領域11役員(幹事) Organizer of region No. 11 2007/05/01〜2008/04/30
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
物質の中に宇宙が見えてくる:スケールを超える臨界現象を探す スーパーコンピュータ「京」による量子臨界現象の数値的研究を中心に、物質に起こる臨界現象の面白さを説明 理化学研究所 計算科学研究機構 広報誌「計算科学の世界」No.11 巻頭インタビュー 2015/10/22