久禮 博一

最終更新日時: 2019/06/22 13:30:38

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
久禮 博一/クレ ヒロカズ/Kure, Hirokazu
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
法学研究科/法学研究科附属法政実務交流センター/ /法科大学院特別教授
researchmap URL
https://researchmap.jp/19750924
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
久禮 博一 久禮 博一 最高裁時の判例 刑事 被告人を殺人及び窃盗の犯人と認めて有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例[平成30.7.13判決] 最高裁時の判例 刑事 被告人を殺人及び窃盗の犯人と認めて有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例[平成30.7.13判決] ジュリスト = Monthly jurist, 1532, 83-86 ジュリスト = Monthly jurist, 1532, 83-86 , 1532, 83-86 2019/05 日本語 公開
久禮 博一 久禮 博一 最高裁刑事破棄判決等の実情 : 平成二九年度 最高裁刑事破棄判決等の実情 : 平成二九年度 判例時報, 2395, 3-41 判例時報, 2395, 3-41 , 2395, 3-41 2019/04/01 日本語 公開
久禮 博一 久禮 博一 最高裁時の判例 刑事 曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について,鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例[平成29.6.12決定] 最高裁時の判例 刑事 曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について,鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例[平成29.6.12決定] ジュリスト = Monthly jurist, 1530, 102-106 ジュリスト = Monthly jurist, 1530, 102-106 , 1530, 102-106 2019/04 日本語 公開
刑事関係 1 情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2 情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力[平成28.11.28決定] (最髙裁判所判例解説 : 平成28年7,11月分 平成29年11月分) 刑事関係 1 情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2 情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力[平成28.11.28決定] (最髙裁判所判例解説 : 平成28年7,11月分 平成29年11月分) 法曹時報, 70, 9, 2588-2619 法曹時報, 70, 9, 2588-2619 , 70, 9, 2588-2619 2018/09 日本語 公開
久禮 博一 久禮 博一 最高裁 時の判例 刑事 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律32条1項にいう「代理人」に当たるとされた事例[第二小法廷平成27.12.14決定] 最高裁 時の判例 刑事 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律32条1項にいう「代理人」に当たるとされた事例[第二小法廷平成27.12.14決定] ジュリスト = Monthly jurist, 1511, 110-114 ジュリスト = Monthly jurist, 1511, 110-114 , 1511, 110-114 2017/10 日本語 公開
刑事関係 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律32条1項にいう「代理人」に当たるとされた事例[第二小法廷平成27.12.14決定] (最髙裁判所判例解説 : 平成27年6,11,12月分 平成28年1,3,4月分 平成29年1月分) 刑事関係 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律32条1項にいう「代理人」に当たるとされた事例[第二小法廷平成27.12.14決定] (最髙裁判所判例解説 : 平成27年6,11,12月分 平成28年1,3,4月分 平成29年1月分) 法曹時報, 69, 9, 2775-2794 法曹時報, 69, 9, 2775-2794 , 69, 9, 2775-2794 2017/09 日本語 公開
久禮 博一 久禮 博一 最高裁 時の判例 刑事 1.情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2.情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力[最高裁第一小法廷平成28.11.28決定] 最高裁 時の判例 刑事 1.情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2.情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力[最高裁第一小法廷平成28.11.28決定] ジュリスト = Monthly jurist, 1508, 107-109 ジュリスト = Monthly jurist, 1508, 107-109 , 1508, 107-109 2017/07 日本語 公開
小倉 哲浩, 久禮 博一 小倉 哲浩, 久禮 博一 裁判員裁判を巡る諸問題 大阪刑事実務研究会 自白事件における争点整理の在り方,争点整理の結果確認の在り方 裁判員裁判を巡る諸問題 大阪刑事実務研究会 自白事件における争点整理の在り方,争点整理の結果確認の在り方 判例タイムズ = Hanrei times, 65, 7, 82-96 判例タイムズ = Hanrei times, 65, 7, 82-96 , 65, 7, 82-96 2014/07 日本語 公開
タイトル言語:
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
刑事模擬裁判 Moot Court (Criminal) 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04〜2020/03
刑事裁判演習 Seminar on Criminal Trial 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04〜2020/03
刑事訴訟実務の基礎 Criminal Procedure in Practice 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04〜2020/03