池谷 真

最終更新日時: 2015/09/02 14:42:31

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
池谷 真/イケヤ マコト/Makoto Ikeya
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/臨床応用研究部門/准教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
研究テーマ
(日本語)
患者由来iPS細胞を用いた難治性骨軟骨疾患の病態解明および創薬研究
(英語)
Applicaton of iPSCs for rare and intractable bone and cartilage diseases
研究概要
(日本語)
難治性骨軟骨疾患罹患者よりiPS細胞を樹立し、シャーレ上で病態再現を行って病態の解明を行うとともに、それに基づき新しい治療法を開発する。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
発生生物学
幹細胞生物学
整形外科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
S. Takada; M. Ikeya Roles of Wnt signals secreted from the developing neural tube Seikagaku,71,10,1243-1247 1999 日本語
A. Tanaka; K. Woltjen; K. Miyake; A. Hotta; M. Ikeya; T. Yamamoto; T. Nishino; E. Shoji; A. Sehara-Fujisawa; Y. Manabe; N. Fujii; K. Hanaoka; T. Era; S. Yamashita; K.-I. Isobe; E. Kimura; H. Sakurai Efficient and Reproducible Myogenic Differentiation from Human iPS Cells: Prospects for Modeling Miyoshi Myopathy In Vitro PLoS ONE,8,4 2013/04/23 英語
K. Hayakawa; M. Ikeya; M. Fukuta; K. Woltjen; S. Tamaki; N. Takahara; T. Kato; S. Sato; T. Otsuka; J. Toguchida Identification of target genes of synovial sarcoma-associated fusion oncoprotein using human pluripotent stem cells Biochemical and Biophysical Research Communications,432,4,713-719 2013/03/22 英語
Y. Matsumoto; Y. Hayashi; C.R. Schlieve; M. Ikeya; H. Kim; T.D. Nguyen; S. Sami; S. Baba; E. Barruet; A. Nasu; I. Asaka; T. Otsuka; S. Yamanaka; B.R. Conklin; J. Toguchida; E.C. Hsiao Induced pluripotent stem cells from patients with human fibrodysplasia ossificans progressiva show increased mineralization and cartilage formation Orphanet Journal of Rare Diseases,8,1 2013 英語
Nasu A, Ikeya M, Yamamoto T, Watanabe A, Jin Y, Matsumoto Y, Hayakawa K, Amano N, Sato S, Osafune K, Aoyama T, Nakamura T, Kato T, Toguchida J. Genetically matched human iPS cells reveal that propensity for cartilage and bone differentiation differs with clones, not cell type of origin. PLoS One 2013 英語
M. Ikeya; K. Fukushima; M. Kawada; S. Onishi; Y. Furuta; S. Yonemura; T. Kitamura; T. Nosaka; Y. Sasai Cv2, functioning as a pro-BMP factor via twisted gastrulation, is required for early development of nephron precursors Developmental Biology,337,2,405-414 2010 英語
M. Ikeya; T. Nosaka; K. Fukushima; M. Kawada; Y. Furuta; T. Kitamura; Y. Sasai Twisted gastrulation mutation suppresses skeletal defect phenotypes in Crossveinless 2 mutant mice Mechanisms of Development,125,9-10,832-842 2008 英語
A. Arakawa; M. Matsuo-Takasaki; A. Takai; H. Inomata; M. Matsumura; M. Ikeya; K. Takahashi; Y. Miyachi; N. Sasai; Y. Sasai The secreted EGF-Discoidin factor xDel1 is essential for dorsal development of the Xenopus embryo Developmental Biology,306,1,160-169 2007 英語
M. Sakuragi; N. Sasai; M. Ikeya; M. Kawada; T. Onai; T. Katahira; H. Nakamura; Y. Sasai Functional analysis of chick ONT1 reveals distinguishable activities among olfactomedin-related signaling factors Mechanisms of Development,123,2,114-123 2006 英語
M. Ikeya; M. Kawada; H. Kiyonari; N. Sasai; K. Nakao; Y. Furuta; Y. Sasai Essential pro-Bmp roles of crossveinless 2 in mouse organogenesis Development,133,22,4463-4473 2006 英語
M. Ikeya; M. Kawada; Y. Nakazawa; M. Sakuragi; N. Sasai; M. Ueno; H. Kiyonari; K. Nakao; Y. Sasai Gene disruption/knock-in analysis of mONT3: Vector construction by employing both in vivo and in vitro recombinations International Journal of Developmental Biology,49,7,807-823 2005 英語
Y. Muroyama; M. Fujihara; M. Ikeya; H. Kondoh; S. Takada Wnt signaling plays an essential role in neuronal specification of the dorsal spinal cord Genes and Development,16,5,548-553 2002 英語
T. Kawauchi; M. Ikeya; S. Takada; K. Ueda; M. Shirai; Y. Takihara; N. Kioka; T. Amachi Expression of vinexin α in the dorsal half of the eye and in the cardiac outflow tract and atrioventricular canal Mechanisms of Development,106,1-2,147-150 2001 英語
T. Matsuda; M. Nomi; M. Ikeya; S. Kani; I. Oishi; T. Terashima; S. Takada; Y. Minami Expression of the receptor tyrosine kinase genes, Ror1 and Ror2, during mouse development Mechanisms of Development,105,1-2,153-156 2001 英語
M. Ikeya; S. Takada Wnt-3a is required for somite specification along the anteroposterior axis of the mouse embryo and for regulation of cdx-1 expression Mechanisms of Development,103,1-2,27-33 2001 英語
M. Nomi; I. Oishi; S. Kani; H. Suzuki; T. Matsuda; A. Yoda; M. Kitamura; K. Itoh; S. Takeuchi; K. Takeda; S. Akira; M. Ikeya; S. Takada; Y. Minami Loss of mRor1 enhances the heart and skeletal abnormalities in mRor2-deficient mice: Redundant and pleiotropic functions of mRor1 and mRor2 receptor tyrosine kinases Molecular and Cellular Biology,21,24,8329-8335 2001 英語
S. Takeuchi; K. Takeda; I. Oishi; M. Nomi; M. Ikeya; K. Itoh; S. Tamura; T. Ueda; T. Hatta; H. Otani; T. Terashima; S. Takada; H. Yamamura; S. Akira; Y. Minami Mouse Ror2 receptor tyrosine kinase is required for the heart development and limb formation Genes to Cells,5,1,71-78 2000 英語
M. Ikeya; S. Takada Wnt signaling from the dorsal neural tube is required for the formation of the medial dermomyotome Development,125,24,4969-4976 1998 英語
M. Ikeya; S.M.K. Lee; J.E. Johnson; A.P. McMahon; S. Takada Wnt signalling required for expansion of neural crest and CNS progenitors Nature,389,6654,968-970 1997 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
横山宏司,池谷真,那須輝,田中孝之,斎藤潤,梅田雄嗣,西小森隆太,中畑龍俊,平家俊男,戸口田淳也 iPS 細胞を用いたCINCA 症候群の関節病変の解析 第11 回日本再生医療学会(2012.6.13.横浜) 2012 日本語
那須輝,加藤友久,山本拓也,中村孝志,池谷真,戸口田淳也 同一ドナーの異なる組織より樹立したiPS 細胞の比較検討 第11 回日本再生医療学会(2012.6.13.横浜) 2012 日本語
早川和男,福田誠,玉置さくら,佐藤信吾,池谷真,大塚隆信,Knut Woltjen,戸口田淳也 薬剤誘導型発現ベクターを用いたSYT-SSX 融合遺伝子導入iPS 細胞の樹立 第45 回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術 集会(2012.7.15.東京) 2012 日本語
戸口田淳也,玉置さくら,早川和男,福田誠,高原直子,池谷真,加藤友久 肉腫の病態解明への幹細胞研究 の応用 第71 回日本癌学会総会(2012.9.21.札幌) 2012 日本語
早川和男,加藤友久,那須輝,池谷真,堀田秋津,大塚隆信,戸口田淳也 イヌ体細胞由来人工多能性幹細胞の樹立 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26.名古屋) 2012 日本語
横山宏司,池谷真,那須輝,田中孝之,斎藤潤,梅田雄嗣,西小森隆太,中畑龍俊,平家俊男,戸口田淳也 罹患者由来iPS 細部を用いたCINCA 症候群における関節病態の分子機構の解明 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26.名古屋) 2012 日本語
松本佳久,池谷真,Edward Hsiao,那須輝,浅香勲,大塚隆信,戸口田淳也 人工多能性幹細胞を用いた希少難治性骨疾患への取り組み 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26.名古屋) 2012 日本語
福田誠,早川和男,玉置さくら,沖田圭介,池谷真,Knut Woltjen,大塚隆信,戸口田淳也 PS 細胞を用いた肉腫研究:滑膜肉腫の起源細胞の解明をめざして 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26. 名古屋) 2012 日本語
松本佳久,那須輝,池谷真,戸口田淳也 iPS 細胞を用いた難治性骨疾患への取り組み 京都大学再生医科学研究所学術講演会(2010.12.13 京都) 2010 日本語
Hayakawa K, Fukuta M, TamaiS, Kato T, Ikeya M, Otsuka T, Woltjen K, Toguchida J. Application of iPS cell technology \nfor the analysis of origin-unknown sarcoma characterized by a specific fusion gene. 第17 回CTOS (2012.11.16.Prague) 2012/11/16 英語
Hayashi Y, Hsiao E, Sami S, Lancero M, Schlieve C, Yano K, Nagahashi A, Ikeya M, Matsumoto Y, Asaka I, JToguchida J, Conckin B, Yamanaka S BMP-SMAD-ID axis promotes reprogramming to pluripotency. 第10 回ISSCR(2012.6.14.横浜) 2012 英語
Fukuta M, Hayakawa K, Tamaki S, Sato S, Ikeya M, Otsuka Y, Woltjen K, Toguchida J. Establishment and functional \nanalysis of iPS cells with drug-inducible SYT-SSX fusion gene. 第10 回ISSCR(2012.6.14.横浜) 2012 英語
Yokoyama K, Ikeya M, Nasu A, Tanaka T, Saito M, Umeda K, Nishikomori R, Nakahata T, Heike T, Toguchida J. Understanding the pathology of the arthropathy in chronic infantile neurological cutaneous and articular \nsyndrome by using iPS cells technology 第10 回ISSCR(2012.6.15.横浜) 2012 英語
Nasu A, Kato T, Yamamoto T, Ikeya M, Toguchida J. Genetically matched human iPS cells revealed that the propensity for iPS cells to differentiate into cartilage lineage cells differs with clones, but not cell type of origin 第10 回ISSCR(2012.6.15.横浜) 2012 英語
Watanabe M, Nasu A, Kato T, Ikeya M, Toguchida J, Sato T. Proteomic analysis-based identification of proteins related \nto differentiation of human iPS cells into cartilage cells. 第10 回ISSCR(2012.6.15.横浜) 2012 英語
Hayakawa K, Kato T, Nasu A, Ikeya M, Otsuka T, Toguchida J J.Generation of canine iPS cells and their \ncharcteristics 第9 回ISSCR(2011.6.17 Toronto) 2011 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
松本佳久、福田誠、池谷真、戸口田淳也 連載iPS細胞の基礎と応用 第3回 iPS細胞を使うー骨の研究へ 南江堂 2013/08/01 日本語
池谷真、松本佳久、横山宏司、戸口田淳也 iPS細胞ーその基礎と臨床応用に向けた展望ー 整形・災害外科 第56巻第5号、4月臨時増刊号、507-514、金原出版株式会社 2013 日本語
戸口田淳也、池谷 真(編集) 最新疾患モデルと病態解明、創薬応用研究、細胞医薬創製研究の最前線 メディカルドゥ 2012 日本語
松本佳久、池谷 真、戸口田淳也 難治性骨軟骨疾患罹患者由来iPS細胞を用いた病態再現と治療薬開発の試み 遺伝子医学MOOK 22号, 190-194, メディカルドゥ 2012 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費助成事業(基盤研究B) 分担 エクソーム解析からの軟骨形成性腫瘍の病態解明 2012/04/〜2015/03/
科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究) 分担 イヌiPS細胞の樹立と疾患モデルイヌ研究への応用 2012/04/〜2014/03/
研究成果展開事業・研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 代表 ヒトiPS 細胞由来xeno-free 間葉系幹細胞作製技術の開発 2012/11/〜2013/10/
基盤研究(B) 代表 iPS細胞を用いた進行性骨化性線維異形成症の病態解明 2013〜2015
再生医療実現拠点ネットワーク事業、再生医療実現拠点ネットワークプログラム 分担 疾患特異的iPS 細胞を活用した筋骨格系難病研究 2013/01/〜2017/03/
再生医療実現拠点ネットワーク事業、再生医療実現拠点ネットワークプログラム 分担 再生医療用iPS 細胞ストック開発拠点 2013/04/〜2023/03/
科学研究費助成事業(基盤研究B) 代表 iPS 細胞を用いた進行性骨化性線維異形成症の病態解明 2013/04/〜2016/03/
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト多能性幹細胞由来中胚葉細胞の高効率誘導法の確立と分子メカニズムの解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 iPS細胞を用いた進行性骨化性線維異形成症の病態解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
医科学特論 前期 医学研究科 2013/06/20〜2013/06/20