小田 裕香子

最終更新日時: 2019/09/27 16:20:35

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小田 裕香子/オダ ユカコ/Oda, Yukako
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/生命システム研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
生命科学研究科 高次生命科学専攻 高次生体機能学講座 助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0133568
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
細胞生物学 Cell Biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Hamasaki M, Matsumura S, Satou A, Takahashi C, Oda Y, Higashiura C, Ishihama Y, Toyoshima F Hamasaki M, Matsumura S, Satou A, Takahashi C, Oda Y, Higashiura C, Ishihama Y, Toyoshima F Hamasaki M, Matsumura S, Satou A, Takahashi C, Oda Y, Higashiura C, Ishihama Y, Toyoshima F Pregnenolone functions in centriole cohesion during mitosis. Pregnenolone functions in centriole cohesion during mitosis. Pregnenolone functions in centriole cohesion during mitosis. Chemistry & biology, 21, 12, 1707-1721 Chemistry & biology, 21, 12, 1707-1721 Chemistry & biology, 21, 12, 1707-1721 2014/12 公開
Oda Y, Otani T, Ikenouchi J, Furuse M Oda Y, Otani T, Ikenouchi J, Furuse M Oda Y, Otani T, Ikenouchi J, Furuse M Tricellulin regulates junctional tension of epithelial cells at tricellular contacts through Cdc42. Tricellulin regulates junctional tension of epithelial cells at tricellular contacts through Cdc42. Tricellulin regulates junctional tension of epithelial cells at tricellular contacts through Cdc42. Journal of cell science, 127, Pt 19, 4201-4212 Journal of cell science, 127, Pt 19, 4201-4212 Journal of cell science, 127, Pt 19, 4201-4212 2014/10 公開
Nakatsu D, Kano F, Taguchi Y, Sugawara T, Nishizono T, Nishikawa K, Oda Y, Furuse M, Murata M Nakatsu D, Kano F, Taguchi Y, Sugawara T, Nishizono T, Nishikawa K, Oda Y, Furuse M, Murata M Nakatsu D, Kano F, Taguchi Y, Sugawara T, Nishizono T, Nishikawa K, Oda Y, Furuse M, Murata M JNK1/2-dependent phosphorylation of angulin-1/LSR is required for the exclusive localization of angulin-1/LSR and tricellulin at tricellular contacts in EpH4 epithelial sheet. JNK1/2-dependent phosphorylation of angulin-1/LSR is required for the exclusive localization of angulin-1/LSR and tricellulin at tricellular contacts in EpH4 epithelial sheet. JNK1/2-dependent phosphorylation of angulin-1/LSR is required for the exclusive localization of angulin-1/LSR and tricellulin at tricellular contacts in EpH4 epithelial sheet. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 19, 7, 565-581 Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 19, 7, 565-581 Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 19, 7, 565-581 2014/07 公開
Furuse M, Izumi Y, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N Furuse M, Izumi Y, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N Furuse M, Izumi Y, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N Molecular organization of tricellular tight junctions. Molecular organization of tricellular tight junctions. Molecular organization of tricellular tight junctions. Tissue barriers, 2, e28960 Tissue barriers, 2, e28960 Tissue barriers, 2, e28960 2014 公開
Higashi T, Tokuda S, Kitajiri S, Masuda S, Nakamura H, Oda Y, Furuse M Higashi T, Tokuda S, Kitajiri S, Masuda S, Nakamura H, Oda Y, Furuse M Higashi T, Tokuda S, Kitajiri S, Masuda S, Nakamura H, Oda Y, Furuse M Analysis of the 'angulin' proteins LSR, ILDR1 and ILDR2--tricellulin recruitment, epithelial barrier function and implication in deafness pathogenesis. Analysis of the 'angulin' proteins LSR, ILDR1 and ILDR2--tricellulin recruitment, epithelial barrier function and implication in deafness pathogenesis. Analysis of the 'angulin' proteins LSR, ILDR1 and ILDR2--tricellulin recruitment, epithelial barrier function and implication in deafness pathogenesis. Journal of cell science, 126, Pt 4, 966-977 Journal of cell science, 126, Pt 4, 966-977 Journal of cell science, 126, Pt 4, 966-977 2013/02 公開
Furuse M, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N, Masuda S Furuse M, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N, Masuda S Furuse M, Oda Y, Higashi T, Iwamoto N, Masuda S Lipolysis-stimulated lipoprotein receptor: a novel membrane protein of tricellular tight junctions. Lipolysis-stimulated lipoprotein receptor: a novel membrane protein of tricellular tight junctions. Lipolysis-stimulated lipoprotein receptor: a novel membrane protein of tricellular tight junctions. Annals of the New York Academy of Sciences, 1257, 54-58 Annals of the New York Academy of Sciences, 1257, 54-58 Annals of the New York Academy of Sciences, 1257, 54-58 2012/06 公開
Masuda S, Oda Y, Sasaki H, Ikenouchi J, Higashi T, Akashi M, Nishi E, Furuse M Masuda S, Oda Y, Sasaki H, Ikenouchi J, Higashi T, Akashi M, Nishi E, Furuse M Masuda S, Oda Y, Sasaki H, Ikenouchi J, Higashi T, Akashi M, Nishi E, Furuse M LSR defines cell corners for tricellular tight junction formation in epithelial cells. LSR defines cell corners for tricellular tight junction formation in epithelial cells. LSR defines cell corners for tricellular tight junction formation in epithelial cells. Journal of cell science, 124, Pt 4, 548-555 Journal of cell science, 124, Pt 4, 548-555 Journal of cell science, 124, Pt 4, 548-555 2011/02 公開
Takahashi S, Iwamoto N, Sasaki H, Ohashi M, Oda Y, Tsukita S, Furuse M Takahashi S, Iwamoto N, Sasaki H, Ohashi M, Oda Y, Tsukita S, Furuse M Takahashi S, Iwamoto N, Sasaki H, Ohashi M, Oda Y, Tsukita S, Furuse M The E3 ubiquitin ligase LNX1p80 promotes the removal of claudins from tight junctions in MDCK cells. The E3 ubiquitin ligase LNX1p80 promotes the removal of claudins from tight junctions in MDCK cells. The E3 ubiquitin ligase LNX1p80 promotes the removal of claudins from tight junctions in MDCK cells. Journal of cell science, 122, Pt 7, 985-994 Journal of cell science, 122, Pt 7, 985-994 Journal of cell science, 122, Pt 7, 985-994 2009/04 公開
Morito D, Hirao K, Oda Y, Hosokawa N, Tokunaga F, Cyr DM, Tanaka K, Iwai K, Nagata K Morito D, Hirao K, Oda Y, Hosokawa N, Tokunaga F, Cyr DM, Tanaka K, Iwai K, Nagata K Morito D, Hirao K, Oda Y, Hosokawa N, Tokunaga F, Cyr DM, Tanaka K, Iwai K, Nagata K Gp78 cooperates with RMA1 in endoplasmic reticulum-associated degradation of CFTRDeltaF508. Gp78 cooperates with RMA1 in endoplasmic reticulum-associated degradation of CFTRDeltaF508. Gp78 cooperates with RMA1 in endoplasmic reticulum-associated degradation of CFTRDeltaF508. Molecular biology of the cell, 19, 4, 1328-1336 Molecular biology of the cell, 19, 4, 1328-1336 Molecular biology of the cell, 19, 4, 1328-1336 2008/04 公開
Hirayama S, Yamazaki Y, Kitamura A, Oda Y, Morito D, Okawa K, Kimura H, Cyr DM, Kubota H, Nagata K Hirayama S, Yamazaki Y, Kitamura A, Oda Y, Morito D, Okawa K, Kimura H, Cyr DM, Kubota H, Nagata K Hirayama S, Yamazaki Y, Kitamura A, Oda Y, Morito D, Okawa K, Kimura H, Cyr DM, Kubota H, Nagata K MKKS is a centrosome-shuttling protein degraded by disease-causing mutations via CHIP-mediated ubiquitination. MKKS is a centrosome-shuttling protein degraded by disease-causing mutations via CHIP-mediated ubiquitination. MKKS is a centrosome-shuttling protein degraded by disease-causing mutations via CHIP-mediated ubiquitination. Molecular biology of the cell, 19, 3, 899-911 Molecular biology of the cell, 19, 3, 899-911 Molecular biology of the cell, 19, 3, 899-911 2008/03 公開
Oda Y, Okada T, Yoshida H, Kaufman RJ, Nagata K, Mori K Oda Y, Okada T, Yoshida H, Kaufman RJ, Nagata K, Mori K Oda Y, Okada T, Yoshida H, Kaufman RJ, Nagata K, Mori K Derlin-2 and Derlin-3 are regulated by the mammalian unfolded protein response and are required for ER-associated degradation. Derlin-2 and Derlin-3 are regulated by the mammalian unfolded protein response and are required for ER-associated degradation. Derlin-2 and Derlin-3 are regulated by the mammalian unfolded protein response and are required for ER-associated degradation. The Journal of cell biology, 172, 3, 383-393 The Journal of cell biology, 172, 3, 383-393 The Journal of cell biology, 172, 3, 383-393 2006/01 公開
小田裕香子,森和俊 小田裕香子,森和俊 小胞体ストレス応答によって制御されるDerlins 小胞体ストレス応答によって制御されるDerlins 実験医学「細胞内タンパク質の社会学」 (永田和宏,遠藤斗志也編)Vol. 23, No. 15 : 2345-2351(2005) 実験医学「細胞内タンパク質の社会学」 (永田和宏,遠藤斗志也編)Vol. 23, No. 15 : 2345-2351(2005) 2005 日本語 公開
Oda Y, Hosokawa N, Wada I, Nagata K Oda Y, Hosokawa N, Wada I, Nagata K Oda Y, Hosokawa N, Wada I, Nagata K EDEM as an acceptor of terminally misfolded glycoproteins released from calnexin. EDEM as an acceptor of terminally misfolded glycoproteins released from calnexin. EDEM as an acceptor of terminally misfolded glycoproteins released from calnexin. Science (New York, N.Y.), 299, 5611, 1394-1397 Science (New York, N.Y.), 299, 5611, 1394-1397 Science (New York, N.Y.), 299, 5611, 1394-1397 2003/02 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
小田裕香子, 大谷哲久, 池ノ内順一, 豊島文子, 古瀬幹夫 小田裕香子, 大谷哲久, 池ノ内順一, 豊島文子, 古瀬幹夫 ODA YUKAKO, OTANI TETSUHISA, IKENOUCHI JUN'ICHI, TOYOSHIMA FUMIKO, FURUSE MIKIO 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 2014 日本語 公開
小田裕香子, 大谷哲久, 池ノ内順一, 豊島文子, 古瀬幹夫 小田裕香子, 大谷哲久, 池ノ内順一, 豊島文子, 古瀬幹夫 ODA YUKAKO, OTANI TETSUHISA, IKENOUCHI JUN'ICHI, TOYOSHIMA FUMIKO, FURUSE MIKIO 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 上皮細胞のトリセルラージャンクションにおいてトリセルリンはTuba‐Cdc42を介して細胞間接着部位の張力を制御する 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, WEB ONLY 1P-0367 2014 日本語 公開
Mikio Furuse, Noriko Iwamoto, Yukako Oda, Tomohito Higashi Mikio Furuse, Noriko Iwamoto, Yukako Oda, Tomohito Higashi The structure of tight junctions in brain endothelial cells The structure of tight junctions in brain endothelial cells 日本神経科学学会 日本神経科学学会 2012 公開
Yukako Oda, Tetsuhisa Otani, Junichi Ikenouchi, and Mikio Furuse Yukako Oda, Tetsuhisa Otani, Junichi Ikenouchi, and Mikio Furuse Tricellulin regulates epithelial cell shape by controlling actomyosin organization via a Cdc42GEF Tuba Tricellulin regulates epithelial cell shape by controlling actomyosin organization via a Cdc42GEF Tuba 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会 2012 公開
古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 細胞間接着装置―膜蛋白質の解析から見えてくるもの― 細胞間接着装置―膜蛋白質の解析から見えてくるもの― 日本顕微鏡学会第67回学術講演会 日本顕微鏡学会第67回学術講演会 2011 公開
古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 FURUSE MIKIO, MASUDA SAYURI, ODA YUKAKO トリセルラータイトジャンクションの分子構築 トリセルラータイトジャンクションの分子構築 トリセルラータイトジャンクションの分子構築 生化学, ROMBUNNO.2W6-1 生化学, ROMBUNNO.2W6-1 生化学, ROMBUNNO.2W6-1 2010 日本語 公開
古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 古瀬幹夫, 増田小百合, 小田裕香子 FURUSE MIKIO, MASUDA SAYURI, ODA YUKAKO トリセルラータイトジャンクションの分子構築 トリセルラータイトジャンクションの分子構築 トリセルラータイトジャンクションの分子構築 生化学, 27th, ROMBUNNO.2W6-1 生化学, 27th, ROMBUNNO.2W6-1 生化学, 27th, ROMBUNNO.2W6-1 2010 日本語 公開
小田裕香子, 池ノ内順一, 増田小百合, 古瀬幹夫 小田裕香子, 池ノ内順一, 増田小百合, 古瀬幹夫 ODA YUKAKO, IKENOUCHI JUN'ICHI, MASUDA SAYURI, FURUSE MIKIO 3細胞接着部位における細胞骨格制御 3細胞接着部位における細胞骨格制御 3細胞接着部位における細胞骨格制御 生化学, ROMBUNNO.4S19P-5 生化学, ROMBUNNO.4S19P-5 生化学, ROMBUNNO.4S19P-5 2009/09/25 日本語 公開
Yukako Oda, Junichi Ikuenouchi, Mikio Furuse Yukako Oda, Junichi Ikuenouchi, Mikio Furuse Actin-Myosin Organization at Tricellular Contacts Actin-Myosin Organization at Tricellular Contacts ASCB/JSCB/RIKEN CDB Summer Meeting ASCB/JSCB/RIKEN CDB Summer Meeting 2009 公開
小田裕香子, 池ノ内順一, 古瀬幹夫 小田裕香子, 池ノ内順一, 古瀬幹夫 Tricellulin regulates actin-myosin organization at tricellular contacts Tricellulin regulates actin-myosin organization at tricellular contacts 第32回日本分子生物学会年会 第32回日本分子生物学会年会 2009 公開
蜷川暁, 岡田徹也, 小田裕香子, 大川克也, 森和俊 蜷川暁, 岡田徹也, 小田裕香子, 大川克也, 森和俊 NINAGAWA SATOSHI, OKADA TETSUYA, ODA YUKAKO, OKAWA KATSUYA, MORI KAZUTOSHI 小胞体関連分解構成因子Derlinsに結合するタンパク質の同定と解析 小胞体関連分解構成因子Derlinsに結合するタンパク質の同定と解析 小胞体関連分解構成因子Derlinsに結合するタンパク質の同定と解析 生化学, 4P-0199 生化学, 4P-0199 生化学, 4P-0199 2007 日本語 公開
Shoshiro Hirayama, Yuji Yamazaki, Akira Kitamura, Yukako Oda, Daisuke Morito, Katsuya Okawa, Hiroshi Kimura, Douglas M. Cyr, Hiroshi Kubota & Kazuhiro Nagata Shoshiro Hirayama, Yuji Yamazaki, Akira Kitamura, Yukako Oda, Daisuke Morito, Katsuya Okawa, Hiroshi Kimura, Douglas M. Cyr, Hiroshi Kubota & Kazuhiro Nagata マックジック-カウフマン病タンパク質は細胞質と中心体を素早く行き来し,その疾患原因変異体タンパク質は品質管理E3 リガーゼCHIP により素早く分解される マックジック-カウフマン病タンパク質は細胞質と中心体を素早く行き来し,その疾患原因変異体タンパク質は品質管理E3 リガーゼCHIP により素早く分解される 第40 回日本発生生物学会・第59 回日本細胞生物学会合同大会,福岡市,2007.5.28-30 第40 回日本発生生物学会・第59 回日本細胞生物学会合同大会,福岡市,2007.5.28-30 2007 日本語 公開
小田裕香子 小田裕香子 哺乳動物細胞の小胞体関連分解における逆輸送機構 哺乳動物細胞の小胞体関連分解における逆輸送機構 小田裕香子細胞機能調節学分野,若手研究者発表会(2006.3.15) 小田裕香子細胞機能調節学分野,若手研究者発表会(2006.3.15) 2006 日本語 公開
Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida. Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida. Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Role of Derlins in ER-associated degradation of misfolded proteins from the ER to the cytosol Role of Derlins in ER-associated degradation of misfolded proteins from the ER to the cytosol The Joint Symposium of the IVR 50th Anniversary Symposium and The 2nd International Symposium of the Institute Network The Joint Symposium of the IVR 50th Anniversary Symposium and The 2nd International Symposium of the Institute Network 2006 公開
Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida, Randal J. Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida, Randal J. Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Derlin-2 and Derlin-3 regulated by mammalian Unfolded Protein Response are required for ER-associated Degradation Derlin-2 and Derlin-3 regulated by mammalian Unfolded Protein Response are required for ER-associated Degradation International Symposium on Life of Proteins International Symposium on Life of Proteins 2005 公開
Hiroshi Kubota, Yuji Yamazaki , Akira Kitamura, Yukako Oda, Shoshiro Hirayama and Kazuhiro Nagata Hiroshi Kubota, Yuji Yamazaki , Akira Kitamura, Yukako Oda, Shoshiro Hirayama and Kazuhiro Nagata Mckusick-Kaufman syndrome gene product is a chaperonin-like molecule abundant in the centrosome and degraded upon disease-causing mutations Mckusick-Kaufman syndrome gene product is a chaperonin-like molecule abundant in the centrosome and degraded upon disease-causing mutations 第58回日本細胞生物学会大会 第58回日本細胞生物学会大会 2005 公開
小田裕香子, 岡田徹也, 吉田秀郎, KAUFMAN R J, 永田和宏, 森和俊 小田裕香子, 岡田徹也, 吉田秀郎, KAUFMAN R J, 永田和宏, 森和俊 ODA YUKAKO, OKADA TETSUYA, YOSHIDA HIDERO, KAUFMAN R J, NAGATA KAZUHIRO, MORI KAZUTOSHI IRE1‐XBP1経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin‐2の機能解析 IRE1‐XBP1経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin‐2の機能解析 IRE1‐XBP1経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin‐2の機能解析 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 738 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 738 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 738 2004/11/25 日本語 公開
小田裕香子,岡田徹也,吉田秀郎,Randal J. Kaufman,永田和宏,森和俊 小田裕香子,岡田徹也,吉田秀郎,Randal J. Kaufman,永田和宏,森和俊 IRE1-XBP1 経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin-2 の機能解析 IRE1-XBP1 経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin-2 の機能解析 第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市) 第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市) 2004 日本語 公開
Tetsuya Okada, Yukako Oda, Hiderou Yoshida, Randal J Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Tetsuya Okada, Yukako Oda, Hiderou Yoshida, Randal J Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori CERD, a novel component of ER-associated degradation machinery, regulated by the IRE1-XBP1 pathway CERD, a novel component of ER-associated degradation machinery, regulated by the IRE1-XBP1 pathway FASEB 2004 Summer Research Conferences FASEB 2004 Summer Research Conferences 2004 公開
久保田広志, 山崎裕自, 吉田尊雄, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 久保田広志, 山崎裕自, 吉田尊雄, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 中心体に豊富なシャペロニン様タンパク質MKKSPの病因変具体は急速な細胞内分解を受ける 中心体に豊富なシャペロニン様タンパク質MKKSPの病因変具体は急速な細胞内分解を受ける 第9回臨床ストレス蛋白質研究会 第9回臨床ストレス蛋白質研究会 2004 公開
久保田広志, 山崎裕自, 吉田尊雌, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 久保田広志, 山崎裕自, 吉田尊雌, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 シャペロニン様Mckusick-Kaufman syndromeタンパク質の病因変異体はプロテアソーム依存的に急速に分解される シャペロニン様Mckusick-Kaufman syndromeタンパク質の病因変異体はプロテアソーム依存的に急速に分解される 第27回日本分子生物学会大会 第27回日本分子生物学会大会 2004 公開
久保田広志, 山崎裕自, 吉田導雄, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 久保田広志, 山崎裕自, 吉田導雄, 安永卓生, 北村朗, 小田裕香子, 永田和宏 Mckusick-Kaufman syndromeタンパク質:中心体に豊富な新規シャペロニン Mckusick-Kaufman syndromeタンパク質:中心体に豊富な新規シャペロニン 第77回日本生化学会大会 第77回日本生化学会大会 2004 公開
小田裕香子, 細川暢子, 和田郁夫, 永田和宏 小田裕香子, 細川暢子, 和田郁夫, 永田和宏 ODA YUKAKO, HOSOKAWA NOBUKO, WADA IKUO, NAGATA KAZUHIRO ERADにおけるEDEMとcalnexinの機能解析 ERADにおけるEDEMとcalnexinの機能解析 ERADにおけるEDEMとcalnexinの機能解析 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 61 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 61 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 61 2003 日本語 公開
Kazuhiro Nagata, Yukako Oda, Kazuyoshi Hirao, Nobuko Hosokawa Kazuhiro Nagata, Yukako Oda, Kazuyoshi Hirao, Nobuko Hosokawa Possible functions of EDEM in the ERAD of terminally misfolded proteins Possible functions of EDEM in the ERAD of terminally misfolded proteins 1st International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine 1st International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine 2003 公開
Yukako Oda, Nobuko Hosokawa and Kazuhiro Nagata Yukako Oda, Nobuko Hosokawa and Kazuhiro Nagata EDEM cooperates with calnexin in the ER associated degradation of unfolded proteins EDEM cooperates with calnexin in the ER associated degradation of unfolded proteins EURESCO Conferences on Biology of Molecular Chaperones EURESCO Conferences on Biology of Molecular Chaperones 2003 公開
小田裕香子, 細川暢子, 和田郁夫, 永田和宏 小田裕香子, 細川暢子, 和田郁夫, 永田和宏 ODA YUKAKO, HOSOKAWA NOBUKO, WADA IKUO, NAGATA KAZUHIRO ERAD経路においてEDEMと相互作用するタンパク質との解析 ERAD経路においてEDEMと相互作用するタンパク質との解析 ERAD経路においてEDEMと相互作用するタンパク質との解析 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 55th, 71 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 55th, 71 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 55th, 71 2002 日本語 公開
Kazuhiro Nagata, Yukako Oda, Nobuko Hosokawa Kazuhiro Nagata, Yukako Oda, Nobuko Hosokawa Quality control of the nascent proteins in the endoplasmic reticulum Quality control of the nascent proteins in the endoplasmic reticulum The 4th APOCB Congress, The Asian Pacific Organization for Cell Biology The 4th APOCB Congress, The Asian Pacific Organization for Cell Biology 2002 公開
小田裕香子,細川暢子,和田郁夫,永田和宏 小田裕香子,細川暢子,和田郁夫,永田和宏 ERAD 経路におけるEDEM-calnexin complex の解析 ERAD 経路におけるEDEM-calnexin complex の解析 第25回日本分子生物学会年会 第25回日本分子生物学会年会 2002 公開
永田和宏, 小田裕香子,細川陽子 永田和宏, 小田裕香子,細川陽子 小胞体におけるタンパク質の品質管理に関わる3つの糖鎖認識シャペロン様分子 小胞体におけるタンパク質の品質管理に関わる3つの糖鎖認識シャペロン様分子 第25回 日本分子生物学会年会ワークショップ 第25回 日本分子生物学会年会ワークショップ 2002 公開
Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida, Randal J. kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Yukako Oda, Tetsuya Okada, Hiderou Yoshida, Randal J. kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Darlin-2 and Darlin-3 regulated by mammalian Unfolded Protein Response are required for ER-associated Degradation. Darlin-2 and Darlin-3 regulated by mammalian Unfolded Protein Response are required for ER-associated Degradation. International Symposium on Life of Proteins, Awaji (Japan), 2005. 10. 30-11.3 International Symposium on Life of Proteins, Awaji (Japan), 2005. 10. 30-11.3 2005/10/30 英語 公開
Hiroshi Kubota, Yuji Yamazaki, Akira Kitamura, Yukako Oda, Shoshiro Hirayama, Kazuhiro Nagata Hiroshi Kubota, Yuji Yamazaki, Akira Kitamura, Yukako Oda, Shoshiro Hirayama, Kazuhiro Nagata Mckusich- Kaufman syndrome gene product is a chaperonin-like molecule abundan in the centrosome and degraded upon disease-causing mutation Mckusich- Kaufman syndrome gene product is a chaperonin-like molecule abundan in the centrosome and degraded upon disease-causing mutation 第58 回日本細胞生物学会大会, さいたま市, 2005. 6. 14-17 第58 回日本細胞生物学会大会, さいたま市, 2005. 6. 14-17 2005 英語 公開
Tetsuya Okada, Yukako Oda, Hiderou Yoshida, Randal J. Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori Tetsuya Okada, Yukako Oda, Hiderou Yoshida, Randal J. Kaufman, Kazuhiro Nagata, Kazutoshi Mori CERD, a novel \ncomponent of ER-associated degradation machinery, regulated by the IRE1-XBP1 pathway. CERD, a novel \ncomponent of ER-associated degradation machinery, regulated by the IRE1-XBP1 pathway. FASEB 2004 Summer Reserch Conferences(2004.9.31~8.5. Vermont (USA) FASEB 2004 Summer Reserch Conferences(2004.9.31~8.5. Vermont (USA) 2004 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの分子構築および機能 上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの分子構築および機能 京都産業大学第166回細胞生物学セミナー 京都産業大学第166回細胞生物学セミナー 2014/07/24 日本語 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
小田 裕香子 小田 裕香子 タイトジャンクション形成誘導剤 タイトジャンクション形成誘導剤 特許出願 特願2019-115248 2019/06/21 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの構築機構とその役割 2015/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 上皮細胞のトリセルラージャンクションによる細胞・組織形態維持機構の解析 2011/04/01〜2014/03/31
若手(B) 代表 上皮細胞のトリセルラージャンクションによる細胞・組織形態維持機構の解析 2009/04/01〜2011/03/31
若手研究(スタートアップ) 代表 細胞接着装置タイトジャンクションの再編成と分解制御 2007/04/01〜2009/03/31
特定領域研究 分担 がん細胞の細胞間接着異常の分子機構,特定領域研究 2005/04/01〜2010/03/31
基盤研究(C) 代表 上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの構築機構とその役割 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの構築機構とその役割 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 上皮細胞におけるトリセルラージャンクションの構築機構とその役割 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 上皮バリア形成メカニズムの解明 2018/04/01〜2021/03/31
基盤研究(B) 代表 上皮バリア形成メカニズムの解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本学術振興会特別研究員奨励費 小田裕香子 小胞体ストレス応答における異常タンパク質の分解および逆輸送メカニズムの解析 2006/04/01〜2007/03/31
日本学術振興会特別研究員奨励費 小田裕香子 小胞体品質管理機構におけるEDEMとカルネキシンの機能解析 2004/04/01〜2006/03/31
日本分子生物学会若手研究助成富澤基金 小田裕香子 バリア形成機構の解明 2018/06/01〜2020/05/30
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員会 委員 2014/04/01〜
共同利用機器等委員会 委員 2015/04/01〜
化学物質管理委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31