大本 義正

最終更新日時:2016/07/31 16:48:34

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大本 義正/オオモト ヨシマサ/Yoshimasa Ohmoto
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/知能情報学専攻認知システム講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部 情報学科
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(学術) 東京大学
博士(学術)   東京大学
プロフィール
(日本語)
研究の中心として,人間の社会的行動のミクロレベルの理解を目指している. 認知科学的な視点から,少数の参加者によるインタラクションの場における 人間の活動に焦点を当てて研究を進めている.特に,人間の意図推定を 基本に置き,社会的行動によって受ける内発的・外発的な影響を考慮した 機械可読な形でのインタラクション行動の理解と,その成果の工学的な応用を 目的としている.
(英語)
Yoshimasa Ohmoto focuses on small multi-party interactions from a cognitive perspective for aiming at understanding social activities of humans at the micro-level. He places emphasis on estimating human's intention to machine-readablely comprehend interaction behavior which is intrinsically and extrinsically influenced by social activities and to apply them to real products.
個人ホームページ
URL
http://www.ii.ist.i.kyoto-u.ac.jp/?page_id=409&lang=ja
研究テーマ
(日本語)
研究の中心として,人間の社会的行動のミクロレベルの理解を目指している.認知科学的な視点から,少数の参加者によるインタラクションの場における人間の活動に焦点を当てて研究を進めており,特に,人間の意図推定を基本に置き,社会的行動によって受ける内発的・外発的な影響を考慮した機械可読な形でのインタラクション行動の理解と,その成果の工学的な応用を目的としている.
(英語)
He focuses on small multi-party interactions from a cognitive perspective for aiming at understanding social activities of humans at the micro-level. He places emphasis on estimating human’s intention to machine-readablely comprehend interaction behavior which is intrinsically and extrinsically influenced by social activities and to apply them to real products.
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
認知科学
知覚情報処理・知能ロボティクス
感性情報学・ソフトコンピューティング
知能情報学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
植田一博;竹内勇剛;大本義正;本田秀仁 成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化 人工知能学会誌,31,1,11-18 2016/01 日本語
植田一博;小野哲雄;今井倫太;長井隆行;竹内勇剛;鮫島和行;大本義正 意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用 人工知能学会誌,31,1,11-18 2016/01 日本語
大本義正;戸田泰史;植田一博;西田豊明 議論への参加態度と非言語情報に基づくファシリテーションの分析 情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM),52,12,3659-3670 2011/12/15 日本語
大本義正;戸田泰史;植田一博;西田豊明 議論への参加態度と非言語情報に基づくファシリテーションの分析 情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM),52,12,3659-3670 2011/12/15 日本語
大本 義正;植田 一博;大野 健彦 複数の非言語情報による自由なコミュニケーション中の嘘の自動判別の可能性の検討(ヒューマンコンピュータインタラクション,<特集>情報爆発論文) 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム,93,6,848-856 2010/06/01 日本語
大本義正;三宅峰;西田豊明 複数ユーザインタラクションにおける外発的な盛り上がりの雰囲気の判定方法と影響の検討 電子情報通信学会論文誌 D,J93-D,6,870-878 2010/06/01 日本語
大本義正;三宅峰;西田豊明 複数ユーザインタラクションにおける外発的な盛り上がりの雰囲気の判定方法と影響の検討 電子情報通信学会論文誌 D,J93-D,6,870-878 2010/06/01 日本語
大本義正・植田一博・大野健彦・小松孝徳 複数の非言語情報を利用した嘘の読み取りとその自動化 ヒューマンインタフェース学会論文誌,8,4,555-564 2006/11/25 日本語
植田一博;吉川佐紀子;伝康晴;長岡千賀;長岡千賀;大本義正;榎本美香 「会話情報学」会話の分析とモデル化 人工知能学会誌,21,2,169-175 2006/03/01 日本語
Y. Ohmoto; D. Lala; H. Saiga; H. Ohashi; S. Mori; K. Sakamoto; K. Kinoshita; T. Nishida Design of immersive environment for social interaction based on socio-spatial information and the applications Journal of Information Science and Engineering,29,4,663-679 2013/07 英語
Y. Xu; Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Komatsu; T. Okadome; K. Kamei; S. Okada; Y. Sumi; T. Nishida Active adaptation in human-agent collaborative interaction Journal of Intelligent Information Systems,37,1,23-38 2011/08 英語
A. Kiselev; B.A. Hacker; T. Wankerl; Y. Ohmoto; N. Abdikeev; T. Nishida Integrating the emotional intelligence into the virtual technical support engineer Smart Innovation, Systems and Technologies,2010,1,157-178 2010 英語
Y. Ohmoto; T. Miyake; T. Nishida Judgement as to whether or not people are "involved, enjoying and excited," based on the visual and physiological information Smart Innovation, Systems and Technologies,2010,1,35-52 2010 英語
Xu, Y., Ohmoto, Y., Okada, S., Ueda, K., Komatsu, T., Okadome, T., Kamei, K., Sumi, Y. & Nishida, T. Formation conditions of mutual adaptation in human-agent collaborative interaction Applied Intelligence. pp 1-21. 2010 英語
Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Ohno Real-time system for measuring gaze direction and facial features: Towards automatic discrimination of lies using diverse nonverbal information AI and Society,23,2,187-200 2009 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
本田 秀仁;久松 稜介;大本 義正;植田 一博 対面販売場面における店員と顧客のインタラクション 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),30th 2016 日本語
陶山昂司;大本義正;西田豊明 志向姿勢誘発・維持のための循環的意図更新モデル 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),30th 2016 日本語
松田 貴大;西田 豊明;大本 義正 パフォーマンスと生理指標を用いた技能タスクの習熟段階推定 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),30th 2016 日本語
樋口 修;西田 豊明;大本 義正 点群データキャプチャと没入型環境を用いたインタラクティブな3次元空間デザインツール 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),30th 2016 日本語
陶山昂司;大本義正;西田豊明 志向姿勢誘発エージェントによるVR運動ゲームに対するユーザのコミットメント向上. 『情報処理学会全国大会(第77回)論文集』(CD-ROM).,77th 2015 日本語
武田星児;大本義正;西田豊明 生理指標を含むマルチモーダルデータを用いた運動中のストレス状態の推定と仮想空間への反映. 『情報処理学会全国大会(第77回)論文集』(CD-ROM).,77th 2015 日本語
陶山昂司;大本義正;西田豊明 ユーザの状態観測に基づく戦略行動の動的変更によるエンゲージメント向上 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),29th 2015 日本語
松本麻見;大本義正;西田豊明 目的意図と作業意図間の関係性ネットワークを用いた循環的推定 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),29th 2015 日本語
武田星児;大本義正;西田豊明 複数の生理指標を用いた運動ゲームにおける集中度推定法 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),29th 2015 日本語
堀井荘志;大本義正;西田豊明 連続タスクにおける重視要因の発展的推定によるエージェントへの信憑性印象の向上 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),29th 2015 日本語
大本 義正;片岡 操;西田 豊明 社会シグナルに基づくエージェント対話リズムモデル化によるユーザの対話姿勢誘発. 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),28th 2014 日本語
片岡 操・周藤 沙月・大本 義正・西田 豊明 テーマ表現提示による目標明確化機能を持つ対話型提案システムの実現 『人工知能学会全国大会(第27回)論文集』(CD-ROM). 2013 日本語
丹下 雄太・大本 義正・西田 豊明 話題展開構造を用いる擬似会話生成システムの提案と実装 『人工知能学会全国大会(第27回)論文集』(CD-ROM). 2013 日本語
伊豆蔵拓也;大本義正;西田豊明 指導者が注目する身体部位のトラッキングに基づく社交ダンス動作指標抽出システム 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),27th,ROMBUNNO.1H4-OS-02B-6-54 2013 日本語
矢野 正治・大本 義正・西田 豊明 RGB・深度センサを用いた複数人数会話の三次元記録環境の構築 『人工知能学会全国大会(第26回)論文集』(CD-ROM). 2012 日本語
片岡 操・大本 義正・西田 豊明 コンサルエージェント実現のためのコンフリクト多寡をふまえた合意形成支援手法の提案 『人工知能学会全国大会(第26回)論文集』(CD-ROM). 2012 日本語
古谷 純・大本 義正・西田 豊明 提示情報制御によるHAIにおける能動性の誘発 『人工知能学会全国大会(第26回)論文集』(CD-ROM). 2012 日本語
大橋洋輝・大本義正・西田豊明 直感的ロボットWOZ システムの構築とそれを利用したHRIとHHI の比較. 『人工知能学会全国大会(第25回)論文集』(CD-ROM). 2011 日本語
大本義正・三宅峰・箭内亮太・西田豊明. ヒューマンエージェントインタラクションを通じた人間の選好構造の推定. 『人工知能学会全国大会(第25回)論文集』(CD-ROM). 2011 日本語
森 槙悟・大本 義正・西田 豊明. 多地点からの画像に基づくHAI 用没入型仮想空間の構築. 『人工知能学会全国大会(第25回)論文集』(CD-ROM). 2011 日本語
大橋洋輝・高橋暁弘・岡田将吾・大本義正・西田豊明. コミュニケーションエッセンスを有する自律ロボットの実現に向けたWOZ 環境の構築. 『人工知能学会全国大会(第24回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
大本義正・戸田泰史・植田一博・岡田将吾・西田豊明 議論の発散収束と非言語情報に基づくファシリテーション行動の分析. 『人工知能学会全国大会(第24回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
大本義正・植田一博・大野健彦 非接触計測可能な複数の非言語情報による嘘の自動判別. 『日本認知科学会第26回大会発表論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
大橋洋輝・高橋暁弘・岡田将吾・大本義正・西田豊明 エージェントを介した遠隔地コミュニケーションの実現に向けたWOZ システムの開発. 『情報処理学会全国大会(第50回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
大本義正・三宅峰・西田豊明. 交渉時のエージェントの性格パラメータの影響の検討. 『情報処理学会全国大会(第50回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
山形佳祐・大本義正・西田豊明. ロボットの意思表示によるインタラクションの円滑化. 『情報処理学会全国大会(第50回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
神田賢一,・大本義正・西田豊明. 知識空間の可視化と共有支援システムの開発とその利用. 『情報処理学会全国大会(第50回)論文集』(CD-ROM). 2010 日本語
大本義正・植田一博・大野健彦 コミュニケーション中の非言語情報に基づく嘘の自動判別. 『人工知能学会全国大会(第23回)論文集』(CD-ROM). 2009 日本語
大本義正・植田一博・大野健彦 複数の非言語情報を利用したコミュニケーション時の嘘の判別 日本認知科学会大会発表論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society,23,136-137 2006/08/02 日本語
大本義正・植田一博 コミュニケーションにおける隠された情報の読み取り. 『ヒューマンインターフェースシンポジウム2004論文集』. pp 1015-1020. 2004 日本語
Ohmoto, Y., Suyama, T. & Nishida, T. Effect on The Mental Stance of An Agent’s Encouraging Behavior in A Virtual Exercise Game The Eighth International Conference on Advanced Cognitive Technologies and Applications,10-15 2016 英語
Ohmoto, Y., Horii, S. & Nishida, T. The Effects of Extended Estimation on Affective Attitudes in an Interactional Series of Tasks The Eighth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services,62-67 2015 英語
Ohmoto, Y., Matsumoto, A. & Nishida, T. The Effect of Alternating Propagation of Local Objective and Global Purpose by a Network-Connected Two-Layer Model of Emphasizing Factors. EuroAsianPacific Joint Conference on Cognitive Science 2015 英語
Ohmoto, Y., Takeda, S. & Nishida, T. Distinction of Intrinsic and Extrinsic Stress in an Exercise Game by Combining Multiple Physiological Indices. Seventh International Conference on Virtual Worlds and Games for Serious Applications 2015 英語
Ookaki, T., Abe, M., Yoshino, M., Ohmoto, Y. & Nishida, T. Synthetic Evidential Study for Deepening Inside Their Heart. Current Approaches in Applied Artificial Intelligence,161-170 2015 英語
Nishida, T., Nakazawa, A., Ohmoto, Y., Nitschke, C., Mohammad, Y., Thovuttikul, S., Lala, D., Abe, M., Ookaki, T. Synthetic Evidential Study as Primordial Soup of Conversation. Databases in Networked Information Systems,74-83 2015 英語
Nishida, T., Abe, M., Ookaki, T., Lala, D., Thovuttikul, S., Song, H., Mohammad, Y., Nitschke, C., Ohmoto, Y., Nakazawa, A. & others. Synthetic Evidential Study as Augmented Collective Thought Process -- Preliminary Report. Intelligent Information and Database Systems,13-22 2015 英語
Ohmoto, Y., Furutani, J. & Nishida, T. Induction of Intentional Stance in Human-Agent Interaction by Presenting Goal-Oriented Behavior using Multimodal Information. 7th International Conference on Advanced Cognitive Technologies and Applications,90-95 2015 英語
Tatsumi, S., Mohammad, Y., Ohmoto, Y., & Nishida, T. Detection of Hidden Laughter for Human-agent Interaction. Procedia Computer Science,35,1053-1062 2014 英語
Ohmoto, Y., Kataoka, M. & Nishida, T. The effect of convergent interaction using subjective opinions in the decision-making process. The 36th Annual Conference of the Cognitive Science Society,2711-2716 2014 英語
Ohmoto, Y., Kataoka, M. & Nishida, T. Methods to Dynamically Estimate Emphasizing Points for Group Decision-making and their Evaluation The 9th International Conference on Cognitive Science 2013 英語
Ohmoto, Y., Miyake, T. & Nishida, T. Dynamic estimation of emphasizing points for user satisfaction evaluations Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society 2012 英語
S. Thovuttikul; D. Lala; N. Van Kleef; Y. Ohmoto; T. Nishida Comparing people\\'s preference on culture-dependent queuing behaviors in a simulated crowd Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing, ICCI*CC 2012,153-162 2012 英語
Thovuttikul, S., Lala, D., Ohashi, H., Okada, S., Ohmoto, Y. & Nishida, T. Simulated Crowd: Towards a Synthetic Culture for Engaging a Learner in Culture-dependent Nonverbal Interaction. 2nd Workshop on Eye Gaze in Intelligent Human Machine Interaction. 2011 英語
S. Mori; Y. Ohmoto; T. Nishida Constructing immersive virtual space for HAI with photos Proceedings - 2011 IEEE International Conference on Granular Computing, GrC 2011,479-484 2011 英語
Y. Ohmoto; M. Kataoka; T. Miyake; T. Nishida A method to dynamically estimate emphasizing points and degree by using verbal and nonverbal information and physiological indices Proceedings - 2011 IEEE International Conference on Granular Computing, GrC 2011,508-514 2011 英語
Y. Ohmoto; H. Ohashi; D. Lala; S. Mori; K. Sakamoto; K. Kinoshita; T. Nishida ICIE: Immersive environment for social interaction based on socio-spacial information Proceedings - 2011 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2011,119-125 2011 英語
Y. Ohmoto; A. Takahashi; H. Ohashi; T. Nishida Capture and express behavior environment (CEBE) for realizing enculturating human-agent interaction Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),6259 LNCS,41-54 2010 英語
Ohmoto, Y., Toda, Y., Ueda, K. & Nishida, T. Analyses of the facilitating behavior by using discussion conditions, participant stances and nonverbal behavior. Proceedings of Social Intelligence Design 2010 (SID2010), (CD-ROM). 2010 英語
Ohmoto, Y., Takahashi, A., Ohashi, H., & Nishida, T. Capture and Express Behavior Environment (CEBE) as WOZ system to realize effective human-agent interaction. In Proceedings of International Workshop on Interacting with ECAs as Virtual Characters In conjunction with AAMAS 2010, pp 63-69. 2010 英語
Y. Ohmoto; T. Miyake; T. Nishida A method to detect an atmosphere of "involvement, enjoyment, and/or excitement" in multi-user interaction Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),5773 LNAI,537-538 2009 英語
Y. Xu; Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Komatsu; T. Okadome; K. Kamei; S. Okada; Y. Sumi; T. Nishida Establishing adaptation loop in interaction between human user and adaptive agent Proceedings - 2009 IEEE International Conference on Intelligent Computing and Intelligent Systems, ICIS 2009,3,647-651 2009 英語
Y. Ohmoto; T. Miyake; T. Nishida A method to detect an atmosphere of "involvement, enjoyment, and/or excitement" in multi-user interaction Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),5773 LNAI,537-538 2009 英語
Y. Xu; Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Komatsu; T. Okadome; K. Kamei; S. Okada; Y. Sumi; T. Nishida A platform system for developing a collaborative mutually adaptive agent Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),5579 LNAI,576-585 2009 英語
Y. Xu; Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Komatsu; T. Okadome; K. Kamei; S. Okada; Y. Sumi; T. Nishida Actively adaptive agent for human-agent collaborative task Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),5820 LNCS,19-30 2009 英語
Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Ohno A method to detect lies in free communication using diverse nonverbal information: Towards an attentive agent Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),5820 LNCS,42-53 2009 英語
Komatsu, T., Ohmoto, Y., Ueda, K., Okadome, T., Sumi, Y. & Nishida, T. Definition of Mutual Adaptation Processes Based on Akaike’s Information Criterion. Proceedings of Social Intelligence Design 2008 (SID2008), (CD-ROM). 2008 英語
Ohmoto,Y. Ueda,K. & Ohno,T. Enhancement of people’s lie detection ability by showing the mechanically measured nonverbal information. Proceedings of Social Intelligence Design 2008 (SID2008), (CD-ROM). 2008 英語
Xu, Y., Ohmoto, Y., Ueda, K., Komatsu, T., Okadome, T., Kamei, K., Okada, S., Sumi, Y., and Nishida, T. Twolayered communicative protocol model in a cooperative directional guidance task. Proceedings of Social Intelligence Design (SID2008), (CD-ROM). 2008 英語
Y. Xu; Y. Ohmoto; S. Okada; T. Nishida Role of stop instruction in a human-robot interactive directional guidance task ISSNIP 2008 - Proceedings of the 2008 International Conference on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing,231-236 2008 英語
Ohmoto,Y., Ueda,K. & Ohno,T. The real-time system of measuring gaze direction and facial features, and applying the system to discriminating lies by diverse nonverbal information. Proceedings of Social Intelligence Design 2006 (SID2006), pp23-30. 2006 英語
Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Ohno Discrimination of lies in communication by using automatic measuring system of nonverbal information 9th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 2006, ICARCV \\'06 2006 英語
Ohmoto,Y., Ueda,K. & Ohno,T. The method of automatic discrimination of lies by synthetically using multimodal nonverbal information. Proceedings of the Third Conference on Computational Intelligence, Robotics and Autonomous Systems (CD-ROM). 2005 英語
Y. Ohmoto; K. Ueda; T. Komatsu Reading of intentions that appear as diverse nonverbal information in face-to-face communication Proceedings of the Symposium on Conversational Informatics for Supporting Social Intelligence and Interaction: Situational and Environmental Information Enforcing Involvement in Conversation,52-57 2005 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Conversational Informatics: A Data-Intensive Approach with Emphasis on Nonverbal Communication. Springer 2014
Nishida, T., Ohmoto, Y., Miyake, T., Mohammad, Y., Ohashi, H., Huan, H.H., Kiselev, A., Modelling Machine Emotions for Realizing Intelligence 2010 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
分担 会話エージェント研究共有プラットフォームの構築と利用技術の研究 2008〜
分担 会話エージェント研究共有プラットフォームの構築と利用技術の研究 2009〜
分担 会話エージェント研究共有プラットフォームの構築と利用技術の研究 2010〜
分担 実世界インタラクションの分析・支援・コンテンツ化 2008〜
分担 実世界インタラクションの分析・支援・コンテンツ化 2009〜
分担 実世界インタラクションの分析・支援・コンテンツ化 2010〜
基盤研究(A) 分担 人間・エージェントの円滑で確実な意思疎通のためのコミュニケーション基盤 2012/04/01〜2013/03/31
基盤研究(A) 分担 人間・エージェントの円滑で確実な意思疎通のためのコミュニケーション基盤 2013/04/01〜2014/03/31
基盤研究(A) 分担 人間・エージェントの円滑で確実な意思疎通のためのコミュニケーション基盤 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(A) 分担 人間・エージェントの円滑で確実な意思疎通のためのコミュニケーション基盤 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 タスク遂行における重視要因順位の協調的な推測・形成手法の開発と評価 2013/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 タスク遂行における重視要因順位の協調的な推測・形成手法の開発と評価(平成25年度分) 2013/04/01〜2014/03/31
若手研究(B) 代表 タスク遂行における重視要因順位の協調的な推測・形成手法の開発と評価 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 タスク遂行における重視要因順位の協調的な推測・形成手法の開発と評価 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 意思を持つと感じられる人工物のインタラクションモデルの開発と評価 2016/04/01〜2019/03/31
若手研究(B) 代表 意思を持つと感じられる人工物のインタラクションモデルの開発と評価(平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究 分担 成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化 2014/10/01〜2015/03/31
新学術領域研究 分担 認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用 2014/10/01〜2015/03/31
新学術領域研究 分担 成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究 分担 認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究 分担 成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究 分担 認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
実世界インタラクションの計測分析法 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
計算機科学実験及演習1(計算機) 前期 工学部 2011/04〜2012/03
人工知能特論 Artificial Intelligence, Adv. 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
実世界インタラクションの計測分析法 Measurement and Analysis of Realworld Interaction 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
計算機科学実験及演習3 Computer Science Laboratory and Exercise 3 前期 工学部 2012/04〜2013/03
計算機科学実験及演習3 Computer Science Laboratory and Exercise 3 前期 工学部 2013/04〜2014/03
人工知能特論 Artificial Intelligence, Adv. 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
計算機科学実験及演習3 Computer Science Laboratory and Exercise 3 前期 工学部 2014/04〜2015/03
人工知能特論 Artificial Intelligence, Adv. 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Artificial Intelligence, Adv. Artificial Intelligence, Adv. 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Artificial Intelligence, Adv. Artificial Intelligence, Adv. 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
人工知能特論 Artificial Intelligence, Adv. 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
計算機科学実験及演習3 Computer Science Laboratory and Exercise 3 前期 工学部 2015/04〜2016/03
Conversational Informatics Conversational Informatics 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
会話情報学 Conversational informatics 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
計算機科学実験及演習3 Computer Science Laboratory and Exercise 3 前期 工学部 2016/04〜2017/03
計算機科学のための数学演習 Mathematics in Practice for Computer Science 前期 工学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティWG委員 2015/04/01〜2016/03/31
システム運用WG委員 2015/04/01〜2016/03/31