宮下 正弘

最終更新日時:2017/06/20 10:01:32

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
宮下 正弘/ミヤシタ マサヒロ/Masahiro Miyashita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
国際高等教育院/化学教室/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生命科学専攻 応用生化学講座 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa Oiwake-cho Sakyo-ku, Kyoto 606-8502
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6116
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 The Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本ペプチド学会 The Japanese Peptide Society
日本質量分析学会 The Mass Spectrometry Society of Japan
日本農薬学会 The Pesticide Science Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農芸化学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農芸化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/6〜2000/9 カリフォルニア大学デービス校 University of California, Davis 博士研究員 Postdoctral Researcher
プロフィール
(日本語)
大阪府立大手前高校を卒業後、京都大学農学部農芸化学科に入学し、学部生時代はサッカー部に所属した。研究室配属後はペプチド化学を主とした研究に従事し、博士課程まで進み学位を取得した。その後、U.C.Davisにポスドクとして研究に従事し、2000年より京都大学農学研究科助手、2016年より京都大学国際高等教育院准教授(農学研究科兼任)として勤務している。日本農芸化学会、日本農薬学会、日本ペプチド学会、日本質量分析学会に所属している。
研究テーマ
(日本語)
サソリ毒液に含まれる殺虫性毒素の単離・同定、ならびに植物の防御反応を誘導するペプチドの探索
研究概要
(日本語)
生理活性ペプチドの探索とその作用機構の解明を目指し、主に有機化学的手法に用いた研究を行っている。具体的には、昆虫に対して毒性を示すペプチドを、日本に生息するサソリの毒液より単離・同定し、さらにそれらを化学合成して構造と活性の関係について考察する。また、植物の防御応答システムを活性化するペプチドを、人工的に作製したランダムペプチドライブラリより探索し、その作用機構について考察する。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ペプチド Peptide
サソリ毒 Scorpion toxin
殺虫活性 Insecticide
植物化学 Plant chemistry
植物免疫 Plant immunity
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
生物生産化学・生物有機化学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kim Y, Miyashita M, Miyagawa H Early signaling events induced by the peptide elicitor PIP-1 necessary for acetosyringone accumulation in tobacco cells. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,80,6,1054-1057 2016/06
Abdel-Wahab M, Miyashita M, Kitanaka A, Juichi H, Sarhan M, Fouda M, Abdel-Rahman M, Saber S, Nakagawa Y Characterization of the venom of the vermivorous cone snail Conus fulgetrum. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,1-4 2016/04
Nagao J, Miyashita M, Nakagawa Y, Miyagawa H Chemical synthesis of La1 isolated from the venom of the scorpion Liocheles australasiae and determination of its disulfide bonding pattern. Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society,21,8,636-643 2015/08
Kim Y, Miyashita M, Miyagawa H Photocontrol of Elicitor Activity of PIP-1 to Investigate Temporal Factors Involved in Phytoalexin Biosynthesis. Journal of agricultural and food chemistry,63,25,5894-5901 2015/07
T. Nishioka, T. Kasama, T. Kinumi, H. Makabe, F. Matsuda, D. Miura, M. Miyashita, T. Nakamura, K. Tanaka, and A. Yamamoto Winners of CASMI2013: Automated Tools and Challenge Data Mass Spectrometry,3,S0039 2014 英語
Y. Kim, E. Komoda, M. Miyashita, and H. Miyagawa Continuous Stimulation of the Plant Immune System by the Peptide Elicitor PIP-1 Is Required for Phytoalexin Biosynthesis in Tobacco Cells J Agr Food Chem,62,5781-5788 2014 英語
S. Kamachi, J. Nagao, M. Miyashita, Y. Nakagawa, H. Miyagawa, and T. Tada Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of La1 from Liocheles australasiae Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications,70,915-917 2014 英語
T. Kawachi; M. Miyashita; Y. Nakagawa; H. Miyagawa Isolation and characterization of an anti-insect β-Toxin from the venom of the scorpion Isometrus maculatus Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,1,205-207 2013/01 英語
Y. Nihashi, M. Miyashita, H. Awane, and H. Miyagawa Differential 14N/15N-Labeling of Peptides Using N-Terminal Charge Derivatization with a High-Proton Affinity for Straightforward de novo Peptide Sequencing Mass Spectrometry,2,A0024 2013 英語
Y. Ichiki; T. Kawachi; M. Miyashita; Y. Nakagawa; H. Miyagawa Isolation and characterization of a novel non-selective β-toxin from the venom of the scorpion isometrus maculatus Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,76,11,2089-2092 2012/11 英語
M. Miyashita; K. Matsushita; S. Nakamura; S. Akahane; Y. Nakagawa; H. Miyagawa LC/MS/MS identification of 20-hydroxyecdysone in a scorpion (Liocheles australasiae) and its binding affinity to in vitro-translated molting hormone receptors Insect Biochemistry and Molecular Biology,41,12,932-937 2011/12 英語
S. Horita; N. Matsushita; T. Kawachi; R. Ayabe; M. Miyashita; T. Miyakawa; Y. Nakagawa; K. Nagata; H. Miyagawa; M. Tanokura Solution structure of a short-chain insecticidal toxin LaIT1 from the venom of scorpion Liocheles australasiae Biochemical and Biophysical Research Communications,411,4,738-744 2011/08/12 英語
M. Miyashita; M. Oda; Y. Ono; E. Komoda; H. Miyagawa Discovery of a Small Peptide from Combinatorial Libraries That Can Activate the Plant Immune System by a Jasmonic Acid Signaling Pathway ChemBioChem,12,9,1323-1329 2011/06/14 英語
M. Miyashita; Y. Hanai; H. Awane; T. Yoshikawa; H. Miyagawa Improving peptide fragmentation by N-terminal derivatization with high proton affinity Rapid Communications in Mass Spectrometry,25,9,1130-1140 2011 英語
M. Miyashita; A. Sakai; N. Matsushita; Y. Hanai; Y. Nakagawa; H. Miyagawa A novel amphipathic linear peptide with both insect toxicity and antimicrobial activity from the venom of the scorpion isometrus maculatus Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,74,2,364-369 2010/02 英語
M. Miyashita Studies on bioorganic chemistry of peptides active against insects and plants Journal of Pesticide Science,35,4,496-498 2010 英語
N. Matsushita; M. Miyashita; Y. Ichiki; T. Ogura; E. Sakuradani; Y. Nakagawa; S. Shimizu; H. Miyagawa Purification and cDNA cloning of LaIT2, a novel insecticidal toxin from venom of the scorpion Liocheles australasiae Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,73,12,2769-2772 2009/12 英語
T. Mizuno; M. Miyashita; H. Miyagawa Cellular internalization of arginine-rich peptides into tobacco suspension cells: A structure-activity relationship study Journal of Peptide Science,15,4,259-263 2009/04 英語
M. Miyashita; H. Miyagawa Plant pathogen recognition as a natural, original and simple model for chemogenomics: A brief overview of cell-based assays to screen for pep tides acting as plant defense activators Combinatorial Chemistry and High Throughput Screening,11,8,647-652 2008/09 英語
M. Miyashita; Y. Otake; M. Oda; H. Miyagawa Development of a high-throughput screening method using a cell-based, lawn format assay for the identification of novel plant defense activators from combinatorial peptide libraries Journal of Agricultural and Food Chemistry,55,3,806-811 2007 英語
M. Miyashita; J. Otsuki; Y. Hanai; Y. Nakagawa; H. Miyagawa Characterization of peptide components in the venom of the scorpion Liocheles australasiae (Hemiscorpiidae) Toxicon,50,3,428-437 2007 英語
N. Matsushita; M. Miyashita; A. Sakai; Y. Nakagawa; H. Miyagawa Purification and characterization of a novel short-chain insecticidal toxin with two disulfide bridges from the venom of the scorpion Liocheles australasiae Toxicon,50,6,861-867 2007 英語
Y. Nakagawa; A. Sakai; F. Magata; T. Ogura; M. Miyashita; H. Miyagawa Molecular cloning of the ecdysone receptor and the retinoid X receptor from the scorpion Liocheles australasiae FEBS Journal,274,23,6191-6203 2007 英語
H. Tamaki; A. Shimada; Y. Ito; M. Ohya; J. Takase; M. Miyashita; H. Miyagawa; H. Nozaki; R. Nakayama; H. Kumagai LPT1 encodes a membrane-bound O-acyltransferase involved in the acylation of lysophospholipids in the yeast Saccharomyces cerevisiae Journal of Biological Chemistry,282,47,34288-34298 2007 英語
K.-I. Miyata; M. Miyashita; R. Nose; Y. Otake; H. Miyagawa Development of a colorimetric assay for determining the amount of H <sub>2</sub>O<sub>2</sub> generated in tobacco cells in response to elicitors and its application to study of the structure-activity relationship of flagellin-derived peptides Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,70,9,2138-2144 2006 英語
M. Miyashita; T. Shimada; H. Miyagawa; M. Akamatsu Surface plasmon resonance-based immunoassay for 17β-estradiol and its application to the measurement of estrogen receptor-binding activity Analytical and Bioanalytical Chemistry,381,3,667-673 2005/02 英語
F. Matsuda; K. Morino; H. Miyazawa; M. Miyashita; H. Miyagawa Determination of potato glycoalkaloids using high-pressure liquid chromatography-electrospray ionisation/mass spectrometry Phytochemical Analysis,15,2,121-124 2004/03 英語
M. Miyashita; T. Shimada; S. Nakagami; N. Kurihara; H. Miyagawa; M. Akamatsu Enantioselective recognition of mono-demethylated methoxychlor metabolites by the estrogen receptor Chemosphere,54,8,1273-1276 2004/02 英語
F. Matsuda; K. Morino; M. Miyashita; H. Miyagawa Metabolic flux analysis of the phenylpropanoid pathway in wound-healing potato tuber tissue using stable isotope-labeled tracer and LC-MS spectroscopy Plant and Cell Physiology,44,5,510-517 2003/05 英語
M. Miyashita; T. Nakamori; H. Miyagawa; M. Akamatsu; T. Ueno Inhibitory activity of analogs of AM-toxin, a host-specific phytotoxin from the Alternaria alternata apple pathotype, on photosynthetic O<sub>2</sub> evolution in apple leaves Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,3,635-638 2003/03 英語
M. Miyashita Applications of accelerator mass spectrometry (AMS) to biochemical studies Journal of Pesticide Sciences,27,1,71-76 2002 日本語
M. Miyashita; T. Nakamori; T. Murai; T. Yonemoto; H. Miyagawa; M. Akamatsu; T. Ueno Structure-activity relationship study of host-specific phytotoxins (AM-toxin analogs) using a new assay method with leaves from apple meristem culture Zeitschrift fur Naturforschung - Section C Journal of Biosciences,56,11-12,1029-1037 2001/11 英語
M. Miyashita; M. Akamatsu; Y. Hayashi; T. Ueno Three-dimensional quantitative structure-activity relationship analyses of RGD mimetics as fibrinogen receptor antagonists Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters,10,9,859-863 2000/05/01 英語
M. Miyashita; M. Akamatsu; H. Ueno; Y. Nakagawa; K. Nishimura; Y. Hayashi; Y. Sato; T. Ueno Structure-activity relationships of RGD mimetics as fibrinogen-receptor antagonists Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,63,10,1684-1690 1999/10 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masahiro Miyashita Investigation of plant defense responses induced by the novel elicitor peptide, PIP-1 Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium,2010 2011/03/01 英語
Masahiro Miyashita Characterization of insect toxins isolated from the venom of the scorpion Liocheles australasiae 13th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry 2010 英語
Masahiro Miyashita Structure-activity relationship study of the insecticidal peptide, LaIT1, isolated from the venom of the scorpion Liocheles australasiae Fifth International Peptide Symposium 2010 英語
Masahiro Miyashita Efficient synthesis of the scorpion toxin LaIT1 using native chemical ligation Fifth International Peptide Symposium 2010 英語
Masahiro Miyashita Investigation of the defense responses induced by the novel plant immunity-activating peptide, PIP-1 12th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry 2010 英語
宮下正弘 Native Chemical Ligation 法によるサソリ毒素ペプチド LaIT1 の効率的合成 日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会) 2010 日本語
宮下正弘 ヤエヤマサソリ毒液由来の殺虫性ペプチドLaIT1の構造活性相関 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
宮下正弘 新規エリシターペプチドの受容体探索にむけたラベル体の合成 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
宮下正弘 Native Chemical Ligation 法を用いた殺虫性ペプチド LaIT1 の効率的合成 日本農薬学会第35回大会 2010 日本語
宮下正弘 マダラサソリ毒液に含まれる殺虫性ペプチド Im-3 の単離と同定 日本農薬学会第36回大会 2010 日本語
宮下正弘 新規エリシターペプチドの植物における防御応答誘導機構 日本農薬学会第37回大会 2010 日本語
宮下正弘 マダラサソリ(Isometrus maculatus)より単離したペプチド毒素Im-1 の昆虫毒性ならびに抗菌活性の評価 日本農芸化学会関西支部例会(第462回講演会) 2009 日本語
Masahiro Miyashita Structure-activity relationship study of a novel hexapeptide that can activate the plant immune system 1th China-Japan-Korea Workshop on Pesticide Science 2009 英語
Masahiro Miyashita Novel linear pep,de with both insect toxicity and an,microbial actvity from the venom of the scorpion Isometrus maculatus 1st China-Japan-Korea Workshop on Pesticide Science 2009 英語
宮下正弘 15N置換した4-アミジノ安息香酸のN末端導入によるペプチドde novo 配列解析 第57回質量分析総合討論会 2009 日本語
宮下正弘 マダラサソリ毒液に含まれる殺虫性ペプチドの単離・同定 (第2報) 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
宮下正弘 ヤエヤマサソリにおける脱皮ホルモンの探索 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
宮下正弘 サソリ毒液由来殺虫性ペプチド LaIT1 の昆虫中枢神経系に対する作用 日本農薬学会第34回大会 2009 日本語
宮下正弘 オリゴアルギニンの植物細胞における透過性と新規エリシタースクリーニングへの応用 日本農薬学会第34回大会 2009 日本語
宮下正弘 ペプチドN末端への高プロトン親和性基の導入によるフラグメンテーションの改善 第56回質量分析総合討論会 2009 日本語
宮下正弘 A301 コンビナトリアルケミストリー手法によって作製したランダムライブラリからの新奇エリシター活性ペプチドの発見 講演要旨集,33 2008/03/11 日本語
宮下正弘 A302 コンビナトリアルライブラリより見出した新奇エリシター活性ペプチドの構造と活性の関係 講演要旨集,33 2008/03/11 日本語
宮下正弘 C214 マダラサソリ毒液に含まれる殺虫性ペプチドの単離・同定 講演要旨集,33 2008/03/11 日本語
小野友慈;宮下正弘;宮川恒 新奇エリシターペプチドの構造活性相関と植物二次代謝に対する影響 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,454th,7 2008 日本語
宮下正弘 質量分析を用いるアミノ酸配列解析法の改良―新規ペプチドN末端誘導体化試薬の開発 日本農芸化学会関西支部例会(第457回講演会) 2008 日本語
Masahiro Miyashita Isolation and Characterization of a Short-Chain Insecticidal Toxin LaIT1 from the Venom of the Scorpion Liocheles australasiae 4th Pan Pacific Conference on Pesticide Science 2008 英語
Masahiro Miyashita Novel Peptide Elicitor Identified from Combinatorial Random Peptide Libraries 4th Pan Pacific Conference on Pesticide Science 2008 英語
Masahiro Miyashita Cellular Internalization of Arginine-Rich Peptides into Plant Cells 4th Pan Pacific Conference on Pesticide Science 2008 英語
宮下正弘 コンビナトリアルライブラリからの新奇エリシター活性ペプチドの発見 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語
宮下正弘 コンビナトリアルライブラリより見出した新奇エリシター活性ペプチドの構造と活性の関係 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語
宮下正弘 コンビナトリアルライブラリからの新奇エリシター活性ペプチドの発見 日本農芸化学会2008年度大会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Screening for peptides active against insect and plant from natural and synthetic libraries Commemorative International Symposium for the 50th Anniversary of KSABC 2010 英語
植物および昆虫生理活性を有するペプチド類の生物有機化学的研究 日本農薬学会第35回大会 2010 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本農薬学会奨励賞 日本農薬学会 2010
日本質量分析学会奨励賞 日本質量分析学会 2015/06/18
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ランダムライブラリより見出した活性ペプチドを分子プローブとした植物免疫機構の解明 2009〜2010
基盤研究(C) 代表 細胞透過性ペプチドを用いた植物免疫機構の解明と新たな免疫活性化剤の創出 2011〜2013
基盤研究(C) 代表 サソリ由来のペプチド毒素LaIT1の昆虫選択的毒性発現機構の解明 2015/04/01〜2018/03/01
基盤研究(C) 代表 ヤエヤマサソリ由来のペプチド毒素LaIT1の昆虫選択的毒性発現機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 ヤエヤマサソリ由来のペプチド毒素LaIT1の昆虫選択的毒性発現機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
有機化学実験 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物調節化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
生物調節化学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
生物調節化学講義 Chemistry of Bioregulation 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物調節化学専攻演習 Bioregulation Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物調節化学専攻実験 Experimental Course of Bioregulation Chemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生物調節化学講義 Chemistry of Bioregulation 後期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
生物調節化学専攻演習 Bioregulation Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生物調節化学専攻実験 Experimental Course of Bioregulation Chemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生物調節化学専攻実験1 Experimental Course of Bioregulation Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物調節化学専攻実験 Experimental Course of Bioregulation Chemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物調節化学専攻演習1 Bioregulation Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物調節化学専攻演習 Bioregulation Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物調節化学講義 Chemistry of Bioregulation 後期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2016/04〜2017/03
有機反応機構論II Organic Reaction Mechanism II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻実験1 Experimental Course of Bioregulation Chemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻実験2 Experimental Course of Bioregulation Chemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻実験 Experimental Course of Bioregulation Chemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻演習1 Bioregulation Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻演習2 Bioregulation Chemistry Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学専攻演習 Bioregulation Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物調節化学講義 Chemistry of Bioregulation 後期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2017/04〜2018/03
有機反応機構論II Organic Reaction Mechanism II 後期 農学部 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻実験1 Experimental Course of Bioregulation Chemistry1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻実験2 Experimental Course of Bioregulation Chemistry2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻実験 Experimental Course of Bioregulation Chemistry 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻演習1 Bioregulation Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻演習2 Bioregulation Chemistry Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学専攻演習 Bioregulation Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物調節化学講義 Chemistry of Bioregulation 後期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示