天野 恭子

最終更新日時: 2019/06/26 15:23:41

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
天野 恭子/アマノ キョウコ/Amano, Kyoko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
白眉センター/ /特定准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区吉田本町 京都大学本部構内 人文科学研究所209 Institute for Research in Humanities, Kyoto University, Yoshidahonmachi, Sakyo-ku Kyoto
全学電子メールアドレス
amano.kyoko.8x @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本印度学仏教学会 The Japanese Association of Indian and Buddhist Studies
インド思想史学会 Association for the Study of the History of Indian Thought
日本歴史言語学会 Japan Society for Historical Linguistics
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) Master of Arts 大阪大学 Osaka University
博士(印欧語比較言語学) Doktor der Philosophie フライブルク大学 Freiburg University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
大阪大学 Osaka University 大学院文学研究科修士課程哲学哲学史専攻 Graduate School of Letters Indian Philosophy 修了
大阪大学 Osaka University 大学院文学研究科博士課程哲学哲学史専攻 Graduate School of Letters Indian Philosophy 退学
フライブルク大学 Freiburg University 印欧語比較言語学科博士課程 Faculty of Philosophy Indo-European Historical Linguistic 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
大阪大学 Osaka University 文学部哲学科インド哲学専攻 Faculty of Letters Indian Philosophy 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
同志社高等学校 どうししゃこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2001/10/〜2003/03/ 大阪大学大学院文学研究科 Osaka University, Graduate School of Letters 助手 Assistant
2010/04/〜2010/10/__ 大阪大学大学院文学研究科 Osaka University, Graduate School of Letters 非常勤講師 Lecturer
2013/04/〜2016/03/ 京都大学人文科学研究所 Kyoto University, Institute for Research in Humanities 日本学術振興会特別研究員RPD JSPS Research Fellow (RPD)
2016/04/〜2017/09/ 大阪大学文学研究科 Osaka University, Graduate School of Letters 招聘研究員 Researcher
2017/04/〜2017/09/ 京都大学文学研究科 Kyoto University, Graduate School of Letters 非常勤講師 Lecturer
2017/10/〜 京都大学人文科学研究所・白眉センター Kyoto University, Institute for Research in Humanities / Hakubi Center 特定准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
4人の子育てによるブランク期間を含め、研究対象であるサンスクリット文献に向き合うことが、仕事であり人生の大切な一部と思い、続けてきました。最初は言語への興味が中心だったのが、今は文献成立に至る当時の社会状況、それに連なるすべてのことに興味があります。人はいつからでも変わり、成長できる、とは、学問を通じ私自身が教えてもらったことであると思っています。
(英語)
In spite of the interruption of my academic career because of bringing up my four children, I've been thinking that facing with my research object, Sanskrit literature, is my job as well as an essential part of my life. At the beginning, I'm interested in the language, and my interest now is the situation surrounding the composition of the literature and everything concerning to that. Man changes and matures from every time on. I've learned it through studying.
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000021258
研究テーマ
(日本語)
古代インド祭式文献の言語および社会的・文化的成立背景の研究
(英語)
Language adn social-cultural background of the ancient Indian ritual literature
研究概要
(日本語)
古代インド祭式文献の1つ、マイトラーヤニー・サンヒターについて、新写本資料を用いて新校訂本ならびに現代語訳と注釈を作成する。その成果に基づき、文献の言語分析により言語層を分解し、文献成立の社会的・文化的背景を探る。
(英語)
The study is based on work to make a new critical edition of Maitrayani Samhita, one of the ancient Indian ritual literature, with newfound manuscripts, and a translation with explanatory notes. On this basis, language analysis will be done to aim at clarifying linguistic layers and inquiring into the social and cultural background of composing the text.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
古代インド、ヴェーダ文献、言語、文体分析 ancient India, Vedic literature, Linguistics, stylistic analysis
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
天野 恭子 天野 恭子 Kyoko Amano Indication of Divergent Ritual Opinions in the Maitrayani Samhita Indication of Divergent Ritual Opinions in the Maitrayani Samhita Indication of Divergent Ritual Opinions in the Maitrayani Samhita Vedic Śākhās: Past, Present, Future. Proceedings of, 461-490 Vedic Śākhās: Past, Present, Future. Proceedings of, 461-490 Vedic Śākhās: Past, Present, Future. Proceedings of, 461-490 2016 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
天野 恭子 天野 恭子 Kyoko Amano Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā Vrātya culture in Vedic sources. Select Papers from the, 35-72 Vrātya culture in Vedic sources. Select Papers from the, 35-72 Vrātya culture in Vedic sources. Select Papers from the, 35-72 2016 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
天野 恭子 天野 恭子 Kyoko Amano Zur Klärung der Sprachschichten in der Maitrāyaṇī Samhitā Zur Klärung der Sprachschichten in der Maitrāyaṇī Samhitā Zur Klärung der Sprachschichten in der Maitrāyaṇī Samhitā Journal of Indological Studies, 26/27, 1-36 Journal of Indological Studies, 26/27, 1-36 Journal of Indological Studies, 26/27, 1-36 2014 ドイツ語 研究論文(研究会、シンポジウム資料等) 公開
天野 恭子 天野 恭子 Kyoko Amano Indras Geburt und Aditis Qual ― Rgveda 4.18 und zwei Geburtsmythen Indras in der Maitrayani Samhita Indras Geburt und Aditis Qual ― Rgveda 4.18 und zwei Geburtsmythen Indras in der Maitrayani Samhita Indras Geburt und Aditis Qual ― Rgveda 4.18 und zwei Geburtsmythen Indras in der Maitrayani Samhita Studien zur Indologie und Südasienstudien, 30, 1-19 Studien zur Indologie und Südasienstudien, 30, 1-19 Studien zur Indologie und Südasienstudien, 30, 1-19 2013 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
AMANO Kyoko AMANO Kyoko AMANO Kyoko A Ritual Explanation Concealing Its Name : Maitrayani Samhita Ⅰ 9 (caturhotr Chapter) A Ritual Explanation Concealing Its Name : Maitrayani Samhita Ⅰ 9 (caturhotr Chapter) A Ritual Explanation Concealing Its Name : Maitrayani Samhita Ⅰ 9 (caturhotr Chapter) 印度學佛教學研究, 65, 3, 1039-1046 印度學佛教學研究, 65, 3, 1039-1046 印度學佛教學研究, 65, 3, 1039-1046 2017/03 英語 公開
天野 恭子 天野 恭子 Amano Kyōko 祭式名を隠した祭式記述 祭式名を隠した祭式記述 A Ritual Explanation Concealing Its Name: 印度學佛教學研究, 65, 3, 1039-1046 印度學佛教學研究, 65, 3, 1039-1046 Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu), 65, 3, 1039-1046 2017 英語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko ヤジュルヴェーダマントラに現れるvidhenamanとvrdhatuの語を巡って ヤジュルヴェーダマントラに現れるvidhenamanとvrdhatuの語を巡って vidhenaman and vrdhatu in Yajurvedic Mantras 印度學佛教學研究, 64, 3, 1053-1060 印度學佛教學研究, 64, 3, 1053-1060 Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu), 64, 3, 1053-1060 2016 英語 公開
天野 恭子 天野 恭子 天野 恭子 祭式を裏付ける「知識」を巡って : 古ヴェーダ祭式文献におけるya evam vidvan/vedaの使用法と哲学思想の発展 祭式を裏付ける「知識」を巡って : 古ヴェーダ祭式文献におけるya evam vidvan/vedaの使用法と哲学思想の発展 Study of 'Knowledge' Justifying a Ritual Action : Uses of ya evam vidvan/veda and Development of Philosophical Thinking in the Old Vedic Ritual Literature 待兼山論叢, 50, 29-56 待兼山論叢, 50, 29-56 待兼山論叢, 50, 29-56 2016 日本語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko Maitrayani Samhita III巻1-5, Agniciti章の言語的特徴について Maitrayani Samhita III巻1-5, Agniciti章の言語的特徴について Style and Language of the Agniciti Chapter in the Maitrayani Samhita (III 1-5) 印度學佛教學研究, 63, 3, 1161-1167 印度學佛教學研究, 63, 3, 1161-1167 Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu), 63, 3, 1161-1167 2015 英語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko 祭官のための祭式 祭官のための祭式 Sacrifice for the Benefit of the Priest: 印度學佛教學研究, 62, 3, 1065-1071 印度學佛教學研究, 62, 3, 1065-1071 Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu), 62, 3, 1065-1071 2014 英語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko Maitrayani SamhitaにおけるKesin Darbhya Maitrayani SamhitaにおけるKesin Darbhya Kesin Darbhya in the Maitrayani Samhita: 印度學佛教學研究, 61, 3, 1073-1077 印度學佛教學研究, 61, 3, 1073-1077 Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu), 61, 3, 1073-1077 2013 英語 公開
天野 恭子, Amano Kyoko 天野 恭子, Amano Kyoko Maitrayani Samhita Ⅳ 2,1(Gonamika章冒頭)の研究 Maitrayani Samhita Ⅳ 2,1(Gonamika章冒頭)の研究 待兼山論叢, 44, 1-17 待兼山論叢, 44, 1-17 , 44, 1-17 2010 日本語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko マイトラーヤニー・サンヒターにおけるatasとatraの使用法 (四天王寺国際仏教大学における第五十六回学術大会紀要(2)) マイトラーヤニー・サンヒターにおけるatasとatraの使用法 (四天王寺国際仏教大学における第五十六回学術大会紀要(2)) The Uses of atas and atra in the Maitrayani Samhita 印度学仏教学研究, 54, 2, 877-873 印度学仏教学研究, 54, 2, 877-873 Journal of Indian and Buddhist studies, 54, 2, 877-873 2006/03 日本語 公開
天野 恭子 天野 恭子 AMANO Kyoko マイトラーヤニー・サンヒターにおける <i>átas</i> と <i>átra</i> の使用法 マイトラーヤニー・サンヒターにおける <i>átas</i> と <i>átra</i> の使用法 The Uses of <i>átas</i> and <i>átra</i> in the Maitrayani Samhita 印度學佛教學研究, 54, 2, 877-873,1325 印度學佛教學研究, 54, 2, 877-873,1325 jibs, 54, 2, 877-873,1325 2006 その他外国語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
願望祭とヴェーダ期における社会秩序の維持 願望祭とヴェーダ期における社会秩序の維持 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム. 南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」第6回シンポジウム『王権と宗教』 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム. 南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」第6回シンポジウム『王権と宗教』 2019/03/23 日本語 口頭発表(一般) 公開
Agni Vaiśvānaraの持つ機能 Agni Vaiśvānaraの持つ機能 第11回ヴェーダ文献研究会 第11回ヴェーダ文献研究会 2019/02/16 日本語 口頭発表(一般) 公開
願望祭とヴェーダ期における社会秩序の維持 願望祭とヴェーダ期における社会秩序の維持 京都大学人文科学研究所共同研究班「ブラフマニズムとヒンドゥイズム」定例研究会 京都大学人文科学研究所共同研究班「ブラフマニズムとヒンドゥイズム」定例研究会 2019/02/08 日本語 口頭発表(一般) 公開
A Non-Śrauta Ritual in the Oldest Yajurveda Text. Maitrāyaṇī Saṁhitā IV 2 (Gonāmika Chapter) A Non-Śrauta Ritual in the Oldest Yajurveda Text. Maitrāyaṇī Saṁhitā IV 2 (Gonāmika Chapter) A Non-Śrauta Ritual in the Oldest Yajurveda Text. Maitrāyaṇī Saṁhitā IV 2 (Gonāmika Chapter) The 17 th World Sanskrit Conference The 17 th World Sanskrit Conference The 17 th World Sanskrit Conference 2018/07/12 英語 口頭発表(一般) 公開
ヴェーダ文献に見られる牝牛崇拝の萌芽 ヴェーダ文献に見られる牝牛崇拝の萌芽 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム. 南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」第4回シンポジウム『古代・中世インドの[儀礼][制度][社会]』 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム. 南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」第4回シンポジウム『古代・中世インドの[儀礼][制度][社会]』 2018/01/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
Sprachschichten in den älteren vedischen Prosa-Texten: Verwendung von ha sma mit dem Indikativ Präsens und ha mit dem narrativen Perfekt[招待あり] Sprachschichten in den älteren vedischen Prosa-Texten: Verwendung von ha sma mit dem Indikativ Präsens und ha mit dem narrativen Perfekt [招待あり] Sprachschichten in den älteren vedischen Prosa-Texten: Verwendung von ha sma mit dem Indikativ Präsens und ha mit dem narrativen Perfekt [招待あり] Collegium Turfanicum 89 Collegium Turfanicum 89 Collegium Turfanicum 89 2017/05/18 ドイツ語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Uses of ha / ha vái / ha sma vái with or without the Narrative Perfect and Language Layers in the Old Yajurveda-Samhitā Texts Uses of ha / ha vái / ha sma vái with or without the Narrative Perfect and Language Layers in the Old Yajurveda-Samhitā Texts Uses of ha / ha vái / ha sma vái with or without the Narrative Perfect and Language Layers in the Old Yajurveda-Sahitā Texts The 33rd South Asian Languages Analysis Roundtable The 33rd South Asian Languages Analysis Roundtable The 33rd South Asian Languages Analysis Roundtable 2017/05/16 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
祭式を裏付ける「知識」を巡って —古ヴェーダ祭式文献におけるya evam vidvan / vedaの使用法と哲学思想の発展 祭式を裏付ける「知識」を巡って —古ヴェーダ祭式文献におけるya evam vidvan / vedaの使用法と哲学思想の発展 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム—南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性—」第一回シンポジウム 京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム—南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性—」第一回シンポジウム 2016/10/08 日本語 口頭発表(一般) 公開
What is ‘knowledge' justifying a ritual action? Uses of yá evám véda / yá evám vidvan in the Maitrayani Samhita[招待あり] What is ‘knowledge' justifying a ritual action? Uses of yá evám véda / yá evám vidvan in the Maitrayani Samhita [招待あり] What is ‘knowledge' justifying a ritual action? Uses of yá evám véda / yá evám vidvan in the Maitrayani Samhita [招待あり] International Conference "To the Sources of the Indo-Iranian Liturgies" International Conference "To the Sources of the Indo-Iranian Liturgies" International Conference "To the Sources of the Indo-Iranian Liturgies" 2016/06/11 英語 口頭発表(一般) 公開
Reflections of the "Preclassical" Rituals in the Maitrāyaṇī Samhitā Reflections of the "Preclassical" Rituals in the Maitrāyaṇī Samhitā Reflections of the "Preclassical" Rituals in the Maitrāyaṇī Samhitā Symposium: Brahmanism and Hinduism: Change and Continuity in South Asian Society and Religion Prolegomena Symposium: Brahmanism and Hinduism: Change and Continuity in South Asian Society and Religion Prolegomena Symposium: Brahmanism and Hinduism: Change and Continuity in South Asian Society and Religion Prolegomena 2016/03/11 英語 口頭発表(一般) 公開
Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā Ritual Contexts of Sattra Myths in the Maitrāyaṇī Samhitā XVI World Sanskrit Conference XVI World Sanskrit Conference XVI World Sanskrit Conference 2015/06/19 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
天野 恭子 天野 恭子 天野 恭子 Maitrāyaṇī Saṁhitā I-II : Übersetzung der Prosapartien mit Kommentar zur Lexik und Syntax der älteren vedischen Prosa Maitrāyaṇī Saṁhitā I-II : Übersetzung der Prosapartien mit Kommentar zur Lexik und Syntax der älteren vedischen Prosa Maitrāyaṇī Saṁhitā I-II : Übersetzung der Prosapartien mit Kommentar zur Lexik und Syntax der älteren vedischen Prosa Hempen Hempen Hempen 2009 ドイツ語 公開
タイトル言語:
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
第1回ヴェーダ文献研究会 2013/08/10
第2回ヴェーダ文献研究会 2014/06/01
第11回ヴェーダ文献研究会 2019/02/16
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 マイトラーヤニー・サンヒターの新写本による校訂本作成と言語及び祭式・思想の研究 (平成29年度分) Critical edition with newfund manuscripts and study of language and ritual of Maitrayani Samhita 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 マイトラーヤニー・サンヒターの翻訳(ドイツ語)および言語学的注釈 German translation of Maitrayani Samhita with explanatory notes about its language 2002/04/01〜2003/03/31
特別研究員奨励費 代表 マイトラーヤニー・サンヒターの写本校訂と翻訳(ドイツ語) Critical edition and German translation of Maitrayani Samhita 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 マイトラーヤニー・サンヒターの新写本による校訂本作成と言語及び祭式・思想の研究 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 マイトラーヤニー・サンヒター研究の基礎資料(校訂本・翻訳)の完全整備 Basic materials (critical edition and translation) for study of Maitrayani Samhita 2019/04/01〜2024/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
サンスクリット(2時間コース) Sanskrit(2H) 通年 文学研究科 2018/04〜2019/03
サンスクリット(2時間コース) Sanskrit(2H) 通年 文学部 2018/04〜2019/03
サンスクリット(2時間コース) Sanskrit(2H) 通年 文学研究科 2019/04〜2020/03
サンスクリット(2時間コース) Sanskrit(2H) 通年 文学部 2019/04〜2020/03
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
フライブルク大学 印欧語比較言語学科 ヴェーダ語の統語論 ドイツ 1997/10/01〜2001/08/14