上田 義勝

最終更新日時:2017/09/16 08:51:12

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
上田 義勝/ウエダ ヨシカツ/Yoshikatsu Ueda
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生存圏研究所/生存圏開発創成研究系/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
工学研究科 電気工学専攻 電波工学講座 助教
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
学際融合教育研究推進センター 宇宙総合学研究ユニット
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3869
電子メールアドレス
メールアドレス
yueda @ rish.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
電気化学会 The electrochemical society of japan
電子通信情報学会 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
地球電磁気・地球惑星圏学会 Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences
日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan
環境放射能除染学会 The Society for Remediation of Radioactive Contamination in the Environment
日本マイクロ・ナノバブル学会 Japan Micro Nano Bubble Society Corp.
日本混相流学会 The Japanese Society for Multiphase Flow
一般社団法人 ファインバブル産業会 個人正会員 Fine Bubble Industories Association
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Electrochemical society United States of America
American Geophysical Union United States of America
Australasian Colloids and Interface Society Australia
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 京都大学
博士(情報学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程電子通信工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部電子工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2002/11/16〜2004/03/31 京都大学宙空電波科学研究センター Radio Science Center for Space and Atmosphere, Kyoto University 助手 Research Associate
2004/04/01〜2007/03/31 京都大学生存圏研究所 Research Institute for Sustainable Humanosphere, Kyoto University 助手 Research Associate
2007/04/01〜 京都大学生存圏研究所 Research Institute for Sustainable Humanosphere, Kyoto University 助教 Assistant Professor
プロフィール
(日本語)
学歴 私立洛南高等学校 平成元年(1989年)4月1日入学 平成4年(1992年)3月1日卒業 京都大学工学部電気系学科 平成4年(1992年)4月1日入学 京都大学工学部電子工学科 平成9年(1997年)3月24日卒業 京都大学大学院工学研究科修士課程入学 電子通信工学専攻 平成9年(1997年)4月1日 平成11年(1999年)3月23日卒業 京都大学情報学研究科博士後期課程進学 通信情報システム専攻 平成11年(1999年)4月1日 平成14年(2002年)11月15日単位取得退学 京都大学博士(情報学) 平成16年(2004年)3月23日取得 職歴 京都大学宙空電波科学研究センター 助手 平成14年(2002年)11月16日より 平成16年(2004年)3月31日まで 京都大学生存圏研究所 助手 平成16年(2004年)4月1日より 京都大学生存圏研究所 助教 平成19年(2007年)4月1日より 兼職として 京都大学 工学部 非常勤講師(平成15年(2003年) 4月1日より現在に至る) 京都大学国際交流会館宇治分館主事 (平成22年(2010年) 9月1日より現在に至る) JAXA 宇宙科学研究本部 宇宙理学委員会 研究班 班員 (平成15年(2003年) 4月1日より現在に至る) JAXA 宇宙科学研究本部・Bepi-Colomboプロジェクト共同利用研究員 (平成16年(2004年) 4月1日より平成21年(2009年) 3月31日まで) JAXA 宇宙科学研究本部・GEOTAILプロジェクト共同利用研究員(平成19年(2009年) 4月1日より平成21年(2009年) 3月31日まで) 静岡県工業技術研究所 平成28年度外部研究員 (平成28年(2016年)6月20日より平成29年1月31日まで) 静岡県工業技術研究所 平成29年度外部研究員 (平成29年(2017年)より8月1日より12月28日まで) 京都大学体育会合気道部 顧問 (平成28年(2016年)7月15日より) 資格 第1種安全衛生管理者 京都大学 放射性同位元素等取扱等業務従事者 合気道四段、柔道初段
(英語)
---- C.V. ---- == Educational Background == March, 1997 Bachelor of Engineering, Department of Electrical and Electronic Engineering, Kyoto University March, 1999 Master of Engineering, Department of Electronic Engineering, Kyoto University 1/Apr/1999-15/Nov/2002 Doctoral student at Department of Communications and Computer Engineering, Graduate school of Infomatics, Kyoto University 16/Nov/2002-31/Mar/2004 Research Associate, Radio Science Center for Space and Atmosphere (RASC), Kyoto University 23/Mar/2004 The degree of Doctor of Philosophy in Faculty of Informatics of Kyoto University == Post == 1/Apr/2004- Research Associate, Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH), Kyoto University 1/Apr/2007- Associate Professor, Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH), Kyoto University == Concurrent post == Lecturer(part-time) of Engineering department in Kyoto University (1/Apr/2003-) House adviser, Uji International house at the Organization for the Promotion of International Relations (OPIR) , Kyoto University (1/Sep/2010-) Institute of Space and Astronautical Science (ISAS), Japan Space Exploration Agency (JAXA) - Member of Steering Committee for Space Science (SCSS), (1/Apr/2003-) - Bepi-Colombo project collaborative researcher (1/Apr/2004 -31/Mar/2009) - GEOTAIL project collaborative researcher (1/Apr/2007 -31/Mar/2009) Industrial Research Institute of Shizuoka Prefecture - Collaborative researcher (20/June/2016 - 31/Jan/2017) - Collaborative researcher (1/Aug/2017 - 28/Dec/2017) Adviser to Kyoto University Aikido Club (15/Jul/2016 -) == Other Interests == Aikido (4th dan), Judo (1st dan) License of safety and health controller Radiological Worker Training Practical Factors for Neutron Scattering Users at the High Flux Isotope Reactor (HFIR) and Spallation Neutron Source (SNS) (Oak Ridge National Laboratory, finished on 2011.3.17)
個人ホームページ
URL
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~yueda
研究テーマ
(日本語)
= 福島県における連携支援事業(除染及び農業分野) = 微細気泡水の基礎理化学特性の理論的検討と応用技術利用 = 高機能材料(プロトン伝導性素材)の電気化学特性の解析 == 過去の研究テーマ == SS-520-2号機北極ロケット実験 水星探査ミッション その他波動観測器の高機能化など 波動粒子相関計測器の開発 1チップ型波動粒子計測器の開発 電磁環境モニタ装置開発 磁気プラズマセイル実験系・シミュレーション R型二酸化マンガンを用いた宇宙利用への応用システムの研究 メソポーラスカーボンに関する中性子ビーム・電気化学を用いた特性解析
(英語)
Research for Fukushima reconstruction with advanced technology Use of water containing ultrafine bubbles for remediation of radioactive contamination and in horticultural applications Electrical and electrochemical properties of nano/micro bubbles in pure water Applicational research by using fine bubbles(nano/micro bubbles) Electrochemical property about proton conductive material == Past research theme == - SS-520-2 Rocket Experiment - Development of Plasma Wave Analyzer (PWA) - BepiColombo Mission - Development of Low noise amplifier and Small & lightweight receiver - Wave-Particle Correlater - 1-chip type micro plasma wave receiver - Study for space applications of R-type manganese dioxide - Neutron spectroscopy of hydrogen in meso-porous carbon for hydrogen gas storage application
研究概要
(日本語)
福島県における連携支援事業(除染及び農業分野) 【1.事業の概要】 本事業は、生存圏研究所及び化学研究所の連携により、福島原発近郊にて放射性セシウムで汚染された土壌の効率的な除染技術、及び、農作物への低吸収技術の提案を目的とした事業である。 本申請チームでは、福島県農業総合センターと緊密に連携し、実際の汚染土壌を用いて技術の実証研究を行う。申請者らのうち上田・徳田は平成23年度から継続して除染技術に関する調査研究を行ってきており、微細気泡を含んだ水(以下微細気泡水)を用いることで、除染に関する技術実証を立証してきた。平成25年度には現地(現在は高速道路ICを想定)にて微細気泡水による大規模除染作業を行い、その効果を確認する予定である。また、微細気泡だけでは効率良く除染出来ない場所についても、環境に優しく中和による減容化も可能な非界面活性剤系(珪酸ナトリウムを主材とする)を用いた洗浄試験を行っていく。 伊藤・杉山らも同様に震災直後から福島県と連携してダイズにおけるセシウム吸収抑制に関する研究を共同で行ってきており、研究についての環境が整いつつあるため、本格的な支援研究として事業を推進していく。 【2.事業の実施方法】 1)除染技術開発と実証実験(上田義勝・徳田陽明) 微細気泡水による除染効果は実証済みであるが、大規模な実証実験についてはまだ例が無く、またその効果の汎用性については検討がなされていない。また、申請チームにより微細気泡の持つ特性(電気伝導度、濃度、化学的反応性)については徐々に明らかにしてきているものの、気泡だけでは完全除染出来ない材料が存在する事も明らかになっている。そのため、環境に優しく、大量生産可能で減容化についても技術が見込まれる新たな洗浄剤に関する研究も行いつつあり、その試験もより精密に行う予定である。 2)蛍光X線を利用したセシウム吸収部位の高分解能解析と低吸収栽培技術の確立(伊藤嘉昭、杉山暁史)  X線分析顕微鏡による蛍光X線分析は、10μmの分解能で植物体内での元素の蓄積部位を調べることができるため、組織間でのセシウム蓄積能力の比較解析に極めて有効な方法である。また、特別な前処理を必要とせず、生きたままの状態で植物を分析できるという利点もある。食の安心・安全へ向けて、可食部のセシウム移行が少ないイネやダイズ品種の水耕栽培を用いたスクリーニングや施肥条件の検討、及びナノバブル水の効果について検証する。 【3.本学の発展に期待される効果】 生存圏研究所の理念は、「社会的な要請を背景にして人類の生存と繁栄を脅かす諸問題の解決に取り組む事」であり、未曾有の原発災害からの福島県農業の復興を目的とした本事業に最優先で対処していくことは必須である。本申請では、生存圏研究所、化学研究所の4名の教員が福島県農業総合センターと連携して本格的に福島県の農業復興に取り組む重要な研究事業であり、震災復興において本学が果たすべき社会的な役割の一端を担うものと信じる。
(英語)
Recently, ultrafine bubbles (UFBs) have found applications in various fields. We have reported the effectiveness of water containing UFBs (UFB water) of approximately 100 nm diameter for removal of radioactive cesium from soil and gravel conglomerate and nonwoven cotton. In Fukushima, this method of radioactive contamination removal using UFB water is currently under trial. We also investigated the UFB water for its ability to retain freshness and for its coloring effect on cut flowers such as a gentian. The detailed mechanism underlying the performance of UFB in the above-mentioned application is yet not well understood, although the relevance of ions (proton (H+) and hydroxide (OH-) ion) in solution has already been discussed by many researchers. Therefore, we are investigating the mechanism underlying the performance of UFB water through electrochemical measurements.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
電気化学 Electrochemistry
宇宙プラズマ Space plasma
プラズマ波動観測 Plasma wave observation
情報通信 Informatics
混相流 Multi-phase flow
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
機能材料・デバイス
超高層物理学
反応工学・プロセスシステム
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Shoichiro hamamoto; Naoto Nihei; Yoshikatsu Ueda; Per Moldrup; Taku Nishimura Effects of Flow Rate and Gas Species on Micro- and Nano-Bubble Transport in Porous Media Journal of Environmental Engineering 2016/12 英語
Shunichi Kaneko, Yomei Tokuda, Yuya Takahashi, Hirokazu Masai, Yoshikatsu Ueda Structural analysis of mixed alkali borosilicate glasses containing Cs+ and Na+ using strong magnetic field nuclear magnetic resonance Journal of Asian Ceramic Societies 2016/11 英語
Yomei Tokuda, Shun-ichi Kaneko, Yuya Takahashi, Hirokazu Masai, Yoshikatsu Ueda, Kenji Hara, Shigeto Fujimura, Yuji Ono, Toshinobu Yoko Local structure of alkalis in mixed alkali borate glass to elucidate the origin of mixed-alkali effect Journal Of Asian Ceramic Societies,185,10.1016/j.jascer.2015.09.002 2015/09 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 杉山 暁史, 小川 雄一, 白神 慧一郎 微細気泡水の電気化学的特性の定量的評価及び応用実験との相関について 日本混相流学会,28,5,555-562 2015/03 日本語
上田 義勝、徳田 陽明、二瓶 直登、杉山 暁史、小川 雄一 気液界面の「接着剤」としての微細気泡技術 日本接着学会,50,2,58-65 2015/02 日本語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda and Hiroshi Goto Remediation technology for cesium using microbubbled water containing sodium silicate Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, Springer 2015 英語
Yomei Tokuda, Yutaro Norikawa, Hirokazu Masai, Yoshikatsu Ueda, Naoto Nihei, and Shigeto Fujimura,Yuji Ono 1 Nuclear magnetic resonance study of Cs adsorption onto clay minerals   Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, Springer, 2015 英語
T. Minami, Y. Tokuda, H. Masai, Y Ueda, Y Ono, S. Fujimura, and T Yoko Structural analysis of alkali cations in mixed alkali silicate glasses by 23Na and 133Cs MAS NMR Journal Of Asian Ceramic Societies,2,4,333-338 2014/12 英語
Shigeto FUJIMURA, Yasuyuki MURAMATSU, Goshi Ono, Masaaki SAITOU, Yasukazu SUZUKI, Tomoyuki KOBAYASHI, Yoshikatsu UEDA, Kunio YOSHIOKA Relationship between the transfer of 137Cs from soil to brown rice and exchangeable 137Cs in soils collected in Fukushima Journal of Environmental Radioactivity,140,59-64 2014/10 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 矢島 豊, 矢吹 隆夫 微細気泡水を用いた切り花の鮮度保持効果について 日本混相流学会,28,3,340-344 2014/09 日本語
Yomei Tokuda, Hiroaki Matsuki, Yoshikatsu Ueda, Hirokazu Masai, and Toshinobu Yoko Crystal Growth of ZnO Microneedles in Water Containing Microbubbles New Journal of Glass and Ceramics,4,49-54 2014/07 英語
Akifumi Sugiyama, Yoshikatsu Ueda, Takahiro Zushi, Hisabumi Takase, Kazufumi Yazaki Changes in the bacterial community of the soybean rhizosphere during growth in the field PLoS ONE 9(6): e100709. doi:10.1371/journal.pone.0100709 2014/06 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 ケイ酸ナトリウムを主材とした水系洗浄剤による放射性セシウムの高効率除染・減容化に関する研究 日本原子力学会 2014年春の年会 要旨集 P.36 2014/03/27 日本語
T Minami, Y Tokuda, H Masai, Y Ueda, Y Ono, S Fujimura, and T Yoko Structural analysis of alkali cations in mixed alkali silicate glasses Proceedings of The International Symposium Organized by Institute for Chemical Research (ICRIS'14), P.212-213 2014/03 英語
徳田 陽明, 上田 義勝 固体NMR法を用いたセシウム吸着挙動の解明(133Cs NMR Study of Adsorption Behavior of Cesium on the Surfaces of Clay) ISS 平成24-25年度 研究成果報告会, p.13-14, ISSN 1883-0293 2014/03 日本語
二瓶 直登, 上田 義勝, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 伊藤 嘉昭 福島県下の農用地における放射性物質の分布調査とダイズの放射性セシウム移行状況の研究 第248回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム要旨集, P.159-160 2014/03 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 横尾 俊信 マイクロバブルを用いた酸化物ナノ粒子の合成 第248回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム要旨集, P.123-124 2014/03 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 微細気泡水生成における超音波と紫外線の電気化学的影響について 電気化学会第81回大会講演要旨集, P.59 2014/03 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 矢吹 隆夫, 岡 徹, 杉山 暁史 マイクロ・ナノバブルを用いた復興支援研究(除染・農業)「東日本大震災における原発事故対応」 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会 第2回学術総会プログラム・抄録集, P.20 2013/12 日本語
徳田陽明, 松木啓明, 上田義勝, 正井博和, 横尾俊信 マイクロバブルを用いたナノ粒子成長 公益社団法人日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム 2013/09 日本語
上田義勝, 徳田陽明, 松木啓明, 頭師 孝拓 気体種別の微細気泡水の電気化学特性とその応用利用に関する研究 2013年電気化学秋季大会 講演要旨集 P.164 2013/09 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 矢島 豊, 矢吹 隆夫 微細気泡水を用いた花き類(切り花)の鮮度保持効果について 日本混相流学会混相流シンポジウム2013要旨集, F-132 2013/08 日本語
Hideki Koyanaka, Yoshikatsu Ueda, Ken Takeuchi, and Alexander I. Kolesnikov Effect of crystal structure of manganese dioxide on response for electrolyte of a hydrogen sensor operative at room temperature Sensors & Actuators: B. Chemical,183,641-647 2013/07 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕, 非界面活性剤系洗浄剤(JPALⓇ)による 除染の高効率化に関する検討 環境放射能除染学会 第2回研究発表会 要旨集, P.105 2013/06/05 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 非界面活性剤系洗浄剤(ジェイパル)を用いた 放射性セシウムの除染実験 第2回JACI/GSC シンポジウム 予稿集, P.277 2013/06 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 横尾 俊信 マイクロバブル水を出発原料とする無機材料合成 第223回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム要旨集, P.127-128 2013/03 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 横尾 俊信 ナノ粒子分散型有機-無機ハイブリッド膜を用いた燃料電池用電解質膜の電気特性評価 The 14th International Meeting on Chemical Sensors Proceedings, PP.497-499 2013/03 日本語
Cesium Transfer from Granule Conglomerate Using Water Containing Nano-Sized Air Bubbles ECS Trans,50,22 2013
Yomei Tokuda, Satoshi Nishioka, Yoshikatsu Ueda, Hideki Koyanaka, Hirokazu Masai, Masahide Takahashi, and Toshinobu Yoko Preparation of proton-conductive organic-inorganic hybrid titanophosphite membranes Solid State Ionics,225,232-236 2012/10 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 古屋仲 秀樹, 福谷 哲 福島県下に於ける土壌・水質汚染の実地調査と放射性核種の高速除去技術の実証研究 生存圏学祭萌芽研究センター オープンセミナー要旨集, P.8 2012/03 日本語
上田 義勝 福島県における農業可能用地の土壌汚染調査とその対策 について 「生存圏研究」 No. 8 2012 日本語
上田義勝 福島県農業総合センターの土壌等に関する放射能汚染状況とその除染手法に関する検討 Radio Isotope ニュース NO.55, P.13, 京都大学 環境安全保健機構 放射性同位元素総合センター 2011 日本語
上田 義勝 二酸化マンガンナノ粒子を用いた水素ガスセンサ 「燃料電池」 技術情報TOPICS,VOL. 10, NO. 1, P.90-94 2010 日本語
上田 義勝 SS-520-2観測ロケットによって観測された極域におけるDC電場解析 電子情報通信学会論文誌B,J86B/2, 236-244 2003 日本語
上田 義勝 ノルウェーロケットによるDC電場およびELF波動解析(共著) 電子情報通信学科技術報告A・P2001,101/25, 79-82 2001 日本語
上田 義勝 SS-520-2号機ロケット実験におけるプラズマ波動観測 電子情報通信学会技術報告A・P2001, RCS2001,101/368, 1-6 2001 日本語
上田 義勝 北極上空ロケット実験搭載用プラズマ波動受信機の開発 電子情報通信学会技術報告A・P2001,101/25, 69-74 2001 日本語
上田 義勝 北極ロケット実験搭載用ディジタル制御型プラズマ波動受信機の開発 電子情報通信学会論文誌B,J84B/10, 1808-1818 2001 日本語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hideyuki Nagai, Hirokazu Masai and Toshinobu Yoko Analysis of Electrochemical Characteristicsof Organic-Inorganic Hybrid Titanophosphitemembranes ECS Transactions, 58(22): 45-52; doi:10.1149/05822.0045ecst 2014/02 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, and Takahiro Zushi Electrochemical Performance of Ultrafine Bubble Water, ECS transactions ECS Transactions, 58(19): 11-19; doi:10.1149/05819.0011ecst 2014/02 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hiroshi Goto, Tomoyuki Kobayashi, and Yuji Ono Removal of radioactive Cs using aqueous sodium metasilicate with reduced volumes of waste solution ECS Transactions, 58(19): 35-41; doi:10.1149/05819.0035ecst 2014/02 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hideyuki Nagai, Hirokazu Masai and Toshinobu Yoko Analysis of Electrochemical Characteristicsof Organic-Inorganic Hybrid Titanophosphitemembranes 224th ECS MEETING Proseedings 2013/10/27 英語
Yoshikatsu Ueda, Takahiro Zushi and Yomei Tokuda Electrochemical Performance of Ultrafine Bubble Water 224th ECS MEETING Proseedings 2013/10/27 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hiroshi Goto, Tomoyuki Kobayashi, and Yuji Ono Removal of Radioactive Cs Using Aqueous Sodium Metasilicate With Reduced Volumes of Waste Solution 224th ECS MEETING Proseedings 2013/10/27 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Shigeto Fujimura, Naoto Nihei, and Toru Oka Removal of radioactive Cs from gravel conglomerate using water containing air bubbles Water Science and Technology, 67.5, doi: 10.2166/wst.2013.650, 996-999, 2013.1 2013/02/24 英語
Yomei Tokuda, Yoshikatsu Ueda 133Cs NMR Study of Adsorption Behavior of Cesium on the Surfaces of Clay Proceedings of the International symposium "Cycle and Span of Sustainability", p.18,38-39 2012/10 英語
H. Koyanaka, Y. Ueda, K. Takeuchi, and A. I. Kolesnikov Proton conduction in electrolyte made of manganese dioxide for hydrogen gas sensor The 14th International Meeting on Chemical Sensors 5.5 Cation Conductor-based Gas Sensors, pp. 497-499, DOI 10.5162/IMCS2012/5.5.3, ISBN 978-3-9813484-2-2 2012 英語
Takeshi Kajimoto, Toshimitsu Hata, Masahito Tagawa, Hirotsugu Kojima, Yuji Imamura, Hajime Hayakawa, Hiroshi Yamakawa and Yoshikatsu Ueda Resistance for Erosion on Carbonized Lignin and Si in Combined Materials Journal of High Temperature Society 01/2011; 36(4):185-191. 2011/01 英語
Yomei Tokuda, Satoshi Oku, Teppei Yamada, Masahide Takahashi, Toshinobu Yoko, Hiroshi Kitagawa and Yoshikatsu Ueda Structure manufacturing of proton-conducting organic-inorganic hybrid silicophosphilte membranes by solventless synthesis Journal of Materials Research,In press 2011 英語
Yoshikatsu Ueda, Alexander I. Kolesnikov, and Hideki Koyanaka Sensoring hydrogen gas concentration using electrolyte made of proton conductive manganese dioxide Sensors & Actuators: B. Chemical 2011 英語
上田 義勝 Electrochemical Property of Hydrogen Gas Sensor Using A Manganese Dioxide Electrolyte PROCEEDINGS OF THE 49th CHEMICAL SENSOR SYMPOSIUM,VOL.26, Supplement A, P.31-33 2010 英語
Kojima, H., H. Fukuhara, Y. Mizuochi, S. Yagitani, H. Ikeda, Y. Miyake, H. Usui, H. Iwai, Y. Takizawa, Y. Ueda and H. Yamakawa Miniaturization of plasma wave receivers onboard scientific satellites and its application to the sensor network system for monitoring the electromagnetic environments in space Advances in Geosciences 2010 英語
上田 義勝 HYDROGEN GAS SENSOR USING NANO-SIZED R-MnO2 POWDER PROCEEDINGS OF THE 47th CHEMICAL SENSOR SYMPOSIUM,VOL.25, Supplement A, P.7-9 2009 英語
Fukuhara, H., H. Kojima, Y. Ueda, Y. Omura, Y. Katoh, and H. Yamakawa A new instrument for the study of wave-particle interactions in space: One-chip wave-particle interaction analyzer Earth Planets Space 2009 英語
上田 義勝 Hydrogen gas sensor using nano-sized R-MnO2 powder ECS Trans.,vol. 16, no. 11, pp.287-pp.292 2008 英語
上田 義勝 Lower Hybrid Waves Observed at the Dayside Polar-Region: SS-520-2 Rocket Experiment Radio Science, 2003 英語
上田 義勝 Software Wave Receiver for the SS-520-2 Rocket Experiment IEEE, Geoscience and Remote Sensing (GRS), 2003 英語
上田 義勝 Plasma Wave Analyzer for the SS-520-2 Rocket Experiment in the Polar Cusp Region(共著) Proceedings of the Japan Society for Aeronautical and Space Science and ISTS (International Symposium on Space Technology and Science),/ , 2092-2095 2002 英語
上田 義勝 DC electric fields and ELF waves observed by SS-520-2 sounding rocket in the polar region(共著) 電子情報通信学会技術報告A・P2001, RCS2001,101/368, 7-10 2001 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 マイクロバブル処理を施したケイ酸ナトリウム洗浄剤による セシウムの減容化について 福島の復興に向けての放射線対策に関するこれからの課題 シンポジウム報告書 2015/12 日本語
UEDA Yoshikatsu, TOKUDA Yomei, GOTO Hiroshi Cesium decontamination using a microbubble-treated aqueous solution of sodium metasilicate Proceedings of Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future 2015/12 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Naoto Nihei Fukushima reconstruction with ultra-fine bubble technology Abstract of Particle Systems Analysis 2014 2014/09 英語
Yomei Tokuda, Hiroaki Matsuki, Yoshikatsu Ueda, Hirokazu Masai, and Toshinobu Yoko Crystal growth of ZnO microparticles with microbubbles Abstract of Particle Systems Analysis 2014 2014/09 英語
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
上田 義勝, 徳田 陽明, 杉山 暁史, 伊藤 嘉昭, 二瓶 直登 京都大学生存圏シンポジウムを介した東日本大震災の復興支援研究 第5回 環境放射能除染学会 要旨集,110-110 2016/07 日本語
上田 義勝, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 伊藤 嘉昭, 二瓶 直登 微細気泡水効果の原理解明と環境・材料・農業分野への応用 生存圏科学の新領域開拓 ロングライフイノベーション共同研究成果報告,99-103 2015/07 日本語
二瓶 直登, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 上田 義勝 微細気泡水がダイズ幼植物の各種イオン吸収へ及ぼす影響について 日本混相流学会混相流シンポジウム2014要旨集,D,144 2014/08 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 杉山 暁史 微細気泡水の電気化学的特性の定量的評価及び応用実験との相関について 日本混相流学会混相流シンポジウム2014要旨集,D,143 2014/08 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 マイクロバブル圧壊処理工程を施したケイ酸ナトリウム洗浄剤の除染処理・減容化に関する研究 環境放射能除染学会 第3回研究発表会 要旨集,138 2014/07 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
徳田 陽明、上田 義勝 非界面活性剤系洗浄剤のセシウム除去メカニズム SPring-8/SACLA 利用研究成果集 2016/11 日本語
上田 義勝 生存圏における放射性物質の動態解明と低減を目指した新技術開発 生存圏科学の新領域開拓 ロングライフイノベーション共同研究 活動報告書,99-104 2014/06 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
上田 義勝, 徳田 陽明 ナノバブルを用いた化学反応作用について 新学術研究に向けた融合研究検討会(ミネルバライトラボにて開催) 2016/07 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 法川 勇太郎, 二瓶 直登, 藤村 恵人, 正井 博和, 横尾 俊信 セシウムの粘土化合物への固定化・移行メカニズムの理解 生存圏学際萌芽研究センター オープンセミナー要旨集,11-14 2015/09
上田 義勝, 徳田 陽明, 小川 雄一, 杉山 暁史, 二瓶 直登, 濱本 昌一郎 ナノ・マイクロ固体粒子および微細気泡の水中挙動に関する研究 混相流シンポジウム2015 2015/08
高柳 美希、宮尾 悠、上田 義勝、徳田 陽明、杉山 暁史, 岡 徹 微細気泡発生装置“CellAqua SS01”で生成した酸素微細気泡水の特性について 混相流シンポジウム2015 2015/08
大島 義徳, 新村 亮, 上田 義勝, 徳田 陽明, 元重 浩 微細気泡水を用いた洗浄の除染効果について 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,21,297-300 2015/06 日本語
徳田陽明,法川勇太郎,正井博和,上田義勝,二瓶直登,藤村恵人 粘土鉱物に吸着したCsのNMR研究 福島の復興に向けての放射線対策に関するこれからの課題 国際シンポジウム2015 2015/05
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 マイクロバブル処理を施したケイ酸ナトリウム洗浄剤によるセシウムの減容化について 福島の復興に向けての放射線対策に関するこれからの課題 国際シンポジウム2015 2015/05
二瓶直登, 濱本昌一郎, 杉山暁史, 徳田陽明, 上田義勝 ダイズ幼植物の各種イオン吸収へ及ぼす微細気泡水の影響 日本作物学会 第239回講演会 2015/03
徳田 陽明、上田 義勝 有機-無機コンポジット型プロトン伝導膜の創製 京都大学 学際融合教育研究推進センター 生存基盤科学研究ユニット 研究成果発表会 2015/03 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 杉山 暁史, 二瓶 直登 同一圃場内における土壌と作物の放射性セシウムの不均一性 日本原子力学会 2014年秋の年会 2014/09 日本語
二瓶 直登, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 上田 義勝 微細気泡水がダイズ幼植物の各種イオン吸収へ及ぼす影響について 日本混相流学会混相流シンポジウム2014 2014/07 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 マイクロバブル圧壊処理工程を施したケイ酸ナトリウム洗浄剤の除染処理・減容化に関する研究 環境放射能除染学会 第3回研究発表会 2014/07 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 微細気泡水生成における超音波と紫外線の電気化学的影響について 2014年 電気化学会第81回大会 2014/03/29 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 ケイ酸ナトリウムを主材とした水系洗浄剤による放射性セシウムの高効率除染・減容化に関する研究 日本原子力学会 2014年春の年会 2014/03/27 日本語
二瓶 直登, 上田 義勝, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 伊藤 嘉昭 福島県下の農用地における放射性物質の分布調査とダイズの放射性セシウム移行状況の研究 第248回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2014/03/10 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 横尾 俊信 マイクロバブルを用いた酸化物ナノ粒子の合成 第248回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2014/03/10 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝 固体NMR法を用いたセシウム吸着挙動の解明 平成25年度生存基盤科学研究ユニット成果発表会 2014/03/06 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 矢吹 隆夫, 岡 徹, 杉山 暁史 マイクロ・ナノバブルを用いた復興支援研究(除染・農業)「東日本大震災における原発事故対応」 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会 第2回学術総会 2013/12/15 日本語
上田義勝, 徳田陽明, 松木啓明, 頭師 孝拓 気体種別の微細気泡水の電気化学特性とその応用利用に関する研究 2013年電気化学秋季大会 2013/09/28 日本語
徳田陽明, 松木啓明, 上田義勝, 正井博和, 横尾俊信 マイクロバブルを用いたナノ粒子成長 公益社団法人日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム 2013/09/06 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 矢島 豊, 矢吹 隆夫 微細気泡水を用いた花き類(切り花)の鮮度保持効果について 日本混相流学会混相流シンポジウム2013 2013/08/09 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 非界面活性剤系洗浄剤(JPALⓇ)による 除染の高効率化に関する検討 環境放射能除染学会 第2回研究発表会 2013/06/05 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 非界面活性剤系洗浄剤(ジェイパル)を用いた 放射性セシウムの除染実験 第2回JACI/GSC シンポジウム 2013/06 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 後藤 裕 非界面活性剤系洗浄剤による放射性セシウムの除染 日本原子力学会 2013年春の年会 2013/03/28 日本語
堀井 亮伯,徳田 陽明,上田 義勝,西岡 聡,正井 博和,横尾 俊信 有機-無機ハイブリッドチタノリン酸塩系電解質膜の作製と無加湿下でのプロトン伝導性 日本セラミックス協会2013年年会 2013/03/17 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 横尾 俊信 マイクロバブル水を出発原料とする無機材料合成 第223回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2013/03/13 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 横尾 俊信 ナノ粒子分散型有機-無機ハイブリッド膜を用いた燃料電池用電解質膜の電気特性評価 第223回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2013/03/13 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 ナノバブル水を用いた放射性セシウムの直接洗浄効果の実証・除染モデル実証事業等の成果報告会 内閣府原子力被災者生活支援チーム 環境省 独立行政法人日本原子力研究開発機構 2012/03/26 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 藤村 恵人, 二瓶 直登 ナノバブル水を用いた砂礫中の放射性セシウムの除染効果について 日本原子力学会 2012年春の年会 2012/03/20 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 藤村 恵人, 二瓶 直登 ナノバブル水を用いた砂礫中の放射性セシウムの除染効果について 日本原子力学会 2012年春の年会・ 福井 2012/03/20 日本語
上田 義勝 京都大学アカデミックデイ:お茶を片手に座談会「トークライブ」 「震災からの1年:知の拠点たる「大学」がすべきこれからの仕事とは」・ 京都 2012/03/10 日本語
上田 義勝,古屋仲 秀樹,井藤 幹夫 木質材料粉末を利用したメソポーラスカーボンの生成と、その水素吸蔵性能の評価研究について 第197回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2012/03 日本語
上田 義勝,徳田 陽明, 横尾 俊信 「重合率傾斜型」有機-無機ハイブリッド膜の燃料電池用電解質膜の高機能化 第197回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2012/03 日本語
上田 義勝, 古屋仲 秀樹, 井藤 幹夫 木質材料粉末を利用したメソポーラスカーボンの生成と、その水素吸蔵性能の評価研究について 第197回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2012/03 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 横尾 俊信 「重合率傾斜型」有機-無機ハイブリッド膜の燃料電池用電解質膜の高機能化 第197回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム 2012/03 日本語
藤村 恵人, 上田 義勝 水田における放射性物質の動態(2)排水のトラップによる放射性物質の除去技術 第5回放射性物質試験研究課題に関する検討会・ 福島 2012/01/13 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 農業総合センターとの連携研究 (土壌・森林の除染について) 第191回生存圏シンポジウム 東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 2012/01/06 日本語
上田 義勝 福島県農業総合センターの土壌等に関する放射能汚染状況とその除染手法に関する検討・ 平成23年度放射性同位元素センター実験室利用成果発表会・ 京都 2012 日本語
上田 義勝 農業総合センター内のホットスポットとその洗浄についての検討 第4回放射性物質試験研究課題に関する検討会・ 福島 2011/11 日本語
藤村 恵人, 上田 義勝 稲ワラ焼却による放射性セシウム量の変化について 第4回放射性物質試験研究課題に関する検討会・ 福島 2011/11 日本語
上田 義勝 福島県における農業可能用地の土壌汚染調査とその対策について 第8回京都大学生存圏研究所公開講演会 2011/10/23 日本語
古屋仲 秀樹・上田 義勝・福谷 哲・徳田 陽明 放射性廃液の浮選法による処理技術、ならびに防腐処理木材の安全なリサイクル 技術 環境資源工学会シンポジウム 第23回: 震災廃棄物のリサイクルのための分離精製技術 2011/09/16 日本語
上田 義勝 福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と放射性核種の高速除去技術の実証研究 生存圏研究所第134回定例オープンセミナー 2011/09/14 日本語
徳田陽明・西岡聡史・上田義勝・古屋仲秀樹・正井博和・高橋雅英・横尾俊信 重合傾斜型チタノリン酸塩系有機-無機ハイブリッド材料の中温プロトン伝導 2011年電気化学秋季大会 2011/09/10 日本語
徳田 陽明, 西岡 聡史, 上田 義勝, 古屋仲 秀樹, 正井 博和, 高橋 雅英, 横尾 俊信 重合率傾斜型チタノリン酸塩系有機-無機ハイブリッド材料の中温プロトン伝導 2011年電気化学秋季大会 2011/09 日本語
古屋仲 秀樹, 上田 義勝, 福谷 哲, 徳田 陽明 放射性廃液の浮選法による処理技術、ならびに防腐処理木材の安全なリサイクル技術 環境資源工学会シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術 第23回 震災廃棄物のリサイクルのための分離精製技術 2011/09 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 古屋仲 秀樹, 福谷 哲 福島県下の土壌汚染の現地調査と合理的な放射性核種除染手法の検討 - 総長裁量経費による活動報告 - 第187回生存圏シンポジウム 東日本大震災復興に向けた生存圏科学 2011/08/30 日本語
上田 義勝 福島県下の土壌汚染の現地調査と合理的な放射性核種除染手法の検討 京都大学シンポジウムシリーズI -II「大震災後を考える」 京都大学発・新技術セミナー「土壌・水質汚染の実態と放射性核種の高速除去」・ 東京 2011/08 日本語
上田 義勝 放射性物質の除去・低減技術の開発状況について 農業分野における放射性物質試験研究課題成果説明会(第1回)・ 福島 2011/08 日本語
上田 義勝 福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と放射性核種の高速除去技術の実証研究 第1回放射性物質試験研究課題に関する検討会・ 福島 2011/07 日本語
上田 義勝 汚染土壌から長寿命放射性核種の高速除去を目的としたフロテーション法および吸着法の有効性を調査・実証するための実装活動 緊急に取り組む試験研究課題検討会・ 福島 2011/05 日本語
上田 義勝, 古屋仲 秀樹, 徳田 陽明, 竹内 謙 水素濃度計測用MnO2電解質の電気化学的特性 第51回電気化学センサ発表会 2011/03 日本語
徳田陽明, 西岡聡史, 正井博和, 上田義勝, 古屋仲秀樹, 横尾俊信, 高橋雅英 チタノリン酸塩系有機-無機ハイブリッド材料の中低温・無加湿条件下でのプロトン伝導特性 電気化学会第78回大会 2011/03 日本語
上田 義勝, 辻本 将彦, 古屋仲 秀樹, 竹内 謙, 徳田 陽明 二酸化マンガンナノ粒子を用いた水素ガスセンサの電気化学特性 第49回電気化学センサ発表会 2010/03 日本語
福原始, 小嶋浩嗣, 池田博一, 上田義勝 “科学衛星搭載用プラズマ波動観測器における小型波形捕捉・周波数掃引型受信器の開発” 地球電磁気・地球惑星圏学会・ 金沢 2009/09 日本語
福原始, 水落悠太, 小嶋浩嗣, 八木谷聡, 池田博一, 岩井誠人, 滝沢泰久, 山川宏, 上田義勝, 臼井英之 “宇宙電磁環境計測に向けたアナログ回路部の小型集積化” 第53回宇宙科学技術連合講演会・ 京都 2009/09 日本語
古屋仲 秀樹, 上田 義勝, 辻本 将彦, 高野 幹夫, 竹内 謙 Hydrogen gas sensor using nano-sized R-MnO2 powder 第4回 iCeMS国際シンポジウム 2009/05 日本語
H. Fukuhara, Y. Mizuochi, H. Kojima, H. Ikeda, Y. Satoshi, Y. Ueda “宇宙プラズマ観測に向けたワンチップ型波動粒子相互作用解析器(One-chip Wave-Particle Interaction Analyzer for Space Plasma Observations)” 日本地球惑星科学連合大会・ 千葉 2009/05 日本語
上田義勝, 辻本 将彦, 古屋仲 秀樹, 高野幹夫, 竹内 謙 R型二酸化マンガンナノ粒子を電解質に用いた水素ガスセンサ 電気化学会第76回大会 2009 日本語
上田義勝, 福原始, 小嶋浩嗣, 大村善治, 加藤雄人 次期磁気圏観測衛星検討WGSCOPE計画 - ワンチップ型波動-粒子相互作用解析装置 - 第9回宇宙科学シンポジウム・ P2-73 2009 日本語
Yasumasa Kasaba, Atsushi Kumamoto, Takayuki Ono, Hiroaki Misawa, Hirotsugu Kojima, Yoshikatsu Ueda, Satoshi Yagitani, Yoshiya Kasahara, Keigo Ishisaka Development of Electric field and Plasma Wave Investigations for Future Space Missions : ERG、 SCOPE and beyond 第9回宇宙科学シンポジウム・ P2-74 2009 日本語
小嶋浩嗣, 加藤雄人, 大村善治, 上田義勝 ERG衛星用ソフトウェア型波動-粒子相互作用解析装置 第9回宇宙科学シンポジウム・ P2-76 2009 日本語
福原始, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 大村善治, 加藤雄人, 山川宏 “宇宙プラズマ観測に向けたワンチップ型波動粒子相互作用解析器(One-chip Wave-Particle Interaction Analyzer for Space Plasma Observations)” 地球電磁気・地球惑星圏学会 第124回総会及び講演会 2008/10 日本語
小嶋浩嗣, 齋藤悠人, 水落悠太, 八木谷, 岩井誠人, 滝沢泰久, 山川宏, 上田義勝 “宇宙圏電磁環境モニターのシステム検討(System design of the Monitor system for Space Electromagnetic Environments)” , J239-XXX(ポスター), 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ, 千葉, 2008年5月25-30日. 2008/05 日本語
福原始, 上田義勝, 小嶋浩嗣, 山川宏 “ワンチップ型波動-粒子相関計測器(Study on One-Chip Wave-Particle Correlator for Space Plasma Observations)” E116-XXX(ポスター)・ 日本地球惑星科学連合大会・幕張メッセ・千葉 2008/05 日本語
上田義勝, 大村善治, 小嶋浩嗣, 橋本弘藏, 山川宏, 福原始 1次元電磁粒子コードによる波動粒子相関計測シミュレーション(Wave particle correlater simulation via 1D electromagnetic particle code)・ E116-XXX(ポスター), 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ, 千葉 2008/05 日本語
佐々木大祐, 藤本, 船木一幸, 山川宏, 南祐一郎, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 臼井英之 “磁気セイル宇宙機のMHD解析に向けて・” RISH KDKシンポジウム 2008/03 日本語
熊本篤志,小野高幸,飯島雅英,加藤雄人,笠原禎也,八木谷聡,井町智彦,後藤由貴, 岡田敏美,石坂圭吾,三宅壮聡,小嶋浩嗣,大村善治,上田義勝,笠羽康正,早川基 ERG 衛星による内部磁気圏電場・プラズマ波動観測計画 日本地球惑星科学連合大会・幕張メッセ・千葉 2008/03 日本語
古屋仲 秀樹, 辻本 将彦, 上田義勝, 竹内謙 R型二酸化マンガンを電解質に用いた室温作動型燃料電池 電気化学会第75回大会・ 山梨 2008/03 日本語
上田義勝, 福原始, 小嶋浩嗣, 山川宏, 齋藤義文, 横田勝一郎 ”SCOPE衛星搭載用粒子波動相関計測器の開発状況・” スペースプラズマ研究会 2008/03 日本語
南祐一郎, 佐々木大祐, 山川宏, 中村武恒, 船木一幸, 小嶋浩嗣, 上田義勝 ” 磁気プラズマセイル宇宙機のための超伝導コイルの基礎研究” 第51回宇宙科学技術連合講演会・ 札幌 2007/10 日本語
小嶋浩嗣, 今久保洋, 松本陽史, 北川伸太郎, 齋藤悠人, 滝沢泰久, 上田義勝, 臼井英之, 山川宏, 岩井誠人 “宇宙圏電磁環境モニターシステム(System for monitoring the electromagnetic environment in space)” 日本地球惑星科学連合大会・ J250-011(口頭) 2007/05 日本語
今久保洋, 松本陽史, 齋藤悠人, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 山川宏 “科学衛星搭載用プラズマ波動観測器アナログ回路部の集積化に関する研究(Study on the integration of analog circuits for plasma wave instruments onboard scientific satellites)” 日本地球惑星科学連合大会・ J250-P006(ポスター)・ 幕張メッセ・ 千葉 2007/05 日本語
松本陽史, 今久保洋, 齋藤悠人, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 山川宏 “宇宙電磁環境モニターに関するアナログ集積回路の開発・研究(Study on the development of analog integrated circuits for the space electromagnetic environment monitor)” 日本地球惑星科学連合大会・ J250-P007(ポスター)・ 幕張メッセ・ 千葉 2007/05 日本語
北川伸太郎, 滝沢泰久, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 岩井誠人, 山川宏 “宇宙電磁環境モニター装置の位置捕捉手法(Location estimation of the space electromagnetic environment monitor)” 日本地球惑星科学連合大会・ J250-P008(ポスター)・ 幕張メッセ・ 千葉 2007/05 日本語
南祐一郎, 山川宏, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 中村武恒, 船木一幸 “磁気セイル用超伝導コイルに関する基礎研究(Basic Study about Superconducting Coils for Magnetic Sail)” 日本地球惑星科学連合大会・ J250-P001(ポスター)・ 幕張メッセ・ 千葉 2007/05 日本語
松本陽史,今久保洋,小嶋浩嗣,山川宏,上田義勝 “宇宙電磁環境モニターに関するアナログ集積回路の開発・研究(Study on development of analog integrated circuits for space electromagnetic environment monitor)” 21世紀COEプログラム成果発表会(エネルギーCOEポスター) 2007/03 日本語
松岡彩子, 樋口健, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 笠羽康正, 石坂圭吾 次期磁気圏観測衛星検討WG活動報告:精密電磁場観測の検討 第8回宇宙科学シンポジウム・ 神奈川 2007 日本語
加藤雄人, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 大村善治, 平原聖文, 三好由純, 笠原慧, 高島健, 浅村和史, 熊本篤志, 小野高幸, 石坂圭吾, ERG理学班 ERG用Wave Particle Interaction Analyzer (WPIA)の検討 第8回宇宙科学シンポジウム・ 神奈川 2007 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 加藤雄人, 大村善治, 齋藤義文, 平原聖文 プラズマ波動粒子相関計測器の開発と現状課題について 第8回惑星圏研究会・ 仙台 2007 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 加藤雄人, 大村善治, 齋藤義文, 平原聖文 波動粒子相関計測器に関する検討 第7回宇宙科学シンポジウム・ 神奈川 2007 日本語
小嶋浩嗣, 今久保洋, 松本陽史, 山川宏, 八木谷聡, 臼井英之, 上田義勝, 松沢泰久, 岩井誠人 “宇宙電磁環境モニターシステム” 第3回宇宙環境シンポジウム・ 筑波 2006 日本語
小嶋浩嗣, 松本 陽史, 今久保 洋, 上田義勝, 山川宏 “チップ化プラズマ波動観測装置とその宇宙電磁環境モニターシステムへの応用” 第120回地球電磁気地球惑星圏学会(SGEPSS)総会および講演会・  2006 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 斎藤 義文, 松本紘 宇宙機搭載用プラズマ波動観測器とその高性能化について 2006年地球惑星科学関連学会合同大会・ U054・ 幕張メッセ 2006 日本語
松本 陽史, 小嶋 浩嗣, 上田義勝, 松本紘, 今久保 洋 小型宇宙環境モニターアナログ部チップ化に関する研究 2006年地球惑星科学関連学会合同大会・ E010・ 幕張メッセ 2006 日本語
上田義勝, 豊村 崇, 小嶋浩嗣, 斎藤 義文, 松本紘 デジタル波動粒子相関計測器の特性と評価手法の検討 2005年地球惑星科学関連学会合同大会・ E040・ 幕張メッセ 2005 日本語
小嶋 浩嗣, 今久保 洋, 松本 陽史, 畑 俊充, 上田義勝, 松本 紘 宇宙電磁環境モニターの開発 2005年地球惑星科学関連学会合同大会・ E010・ 幕張メッセ 2005 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 斎藤 義文, 豊村 崇 デジタル型波動粒子相関計測器の開発 2004年地球惑星科学関連学会合同大会・ J022・ 幕張メッセ 2004 日本語
三宅壮聡, 宮川 潤, 岡田敏美, 石坂圭吾, 上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘 SS-520-2ロケットで観測されたDC電場及びパルス性ノイズの研究 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会・ A12-02・ 富山 2003 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 豊村 崇, 斎藤 義文 デジタル処理型波動粒子相関計測器の開発 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会・ C12-06・ 富山 2003 日本語
豊村崇, 上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本 紘, 佐藤義弘 水星磁気圏探査用プラズマ波動観測器 2003年地球惑星科学関連学会合同大会・ J022-P009・ 東京 2003 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 斎藤 義文 小型・軽量波動粒子相関計測器の試作及び性能評価 2003年地球惑星科学関連学会合同大会・ J022-P010・ 東京 2003 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美, 向井利典 Lower Hybrid Waves Observed at the Dayside Polar Region: SS-520-2 Rocket Experiment RASC電波科学計算機実験シンポジウム・ 京都 2003 日本語
宮川 潤, 三宅 壮聡, 岡田 敏美, 石坂 圭吾, 小嶋 浩嗣, 上田義勝, 松本 紘 SS-520-2ロケットによって観測された光電子パルスの解析 第112回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会・ B41-P68・ 東京 2002 日本語
宮川潤, 三宅壮聡, 岡田敏美, 富嶋大輔, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 SS-520-2ロケットによって観測されたDC電場及び光電子パルスの解析 2002年地球惑星科学関連学会合同大会・ E020-P003・ 東京 2002 日本語
三宅壮聡, 富嶋大輔, 岡田敏美, 宮川潤, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 SS-520-2ロケットによって観測された極域におけるELF帯波動の解析 2002年地球惑星科学関連学会合同大会・ E020-020・ 東京 2002 日本語
上田義勝, 藤原亮介, 小嶋浩嗣, 松本紘, 斎藤義文 波動粒子相関計測器の小型軽量化に向けての検討 2002年地球惑星科学関連学会合同大会・ J012-P007・ 東京 2002 日本語
三宅壮聡, 岡田敏美, 富嶋大輔, 宮川潤, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 SS-520-2ロケットによって観測された極域におけるDC電場及びELF波動の解析 RASC電波科学計算機実験シンポジウム・ 京都 2002 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美, 向井利典, 岩井宏徳, 藤原亮介 SS-520-2号機ロケット実験におけるプラズマ波動観測 第2回宇宙科学シンポジウム 2001 日本語
藤原亮介, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 波形観測をベースとした宇宙プラズマ波動観測手法の研究 第110回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会・ A12-P11. 九州 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美, 向井利典, 岩井宏徳, 藤原亮介 SS-520-2号機ロケット実験におけるプラズマ波動計測 第110回 地球電磁気・地球惑星圏学会電子情報通信学会アンテナ伝播研究会.講演会・ A12-12. 九州 2001 日本語
三宅壮聡, 富嶋大輔, 岡田敏美, 宮川潤, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 Analysis of DC Electric Fields and ELF Waves Observed by SS-520-2 Sounding Rocket in the Polar Region 電子情報通信学会 アンテナ伝播・無線通信システム研究会・ 富山 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美, 向井利典, 岩井宏徳, 藤原亮介 SS-520-2号機ロケット実験におけるプラズマ波動観測 電子情報通信学会 アンテナ伝播・無線通信システム研究会・ 富山 2001 日本語
Taketoshi Miyake, Daisuke Tomishima, Jun Miyakawa, Toshimi Okada, Hirotsugu Kojima, Yoshikatsu Ueda Analysis of DC Electric Fields and ELF Waves Observed by SS-520-2 Rocket in the Polar Region Kanazawa Workshop on Waves In Plasmas・ SGEPPS波動分科会・ WAVE03-P09・金沢 2001 日本語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Kozo Hashimoto, Isamu Nagano, Toshimi Okada Plasma Wave Observation in the Polar Cusp Region: SS-520-2 Rocket Experiment Kanazawa Workshop on Waves In Plasmas・ SGEPPS波動分科会・ WAVE03-P08・ 金沢 2001 日本語
富嶋大輔, 三宅壮聡, 岡田敏美, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 SS-520-2ロケットによるELF帯プラズマ波動の観測 2001年地球惑星科学関連学会合同大会・ Eu-P011・ 東京 2001 日本語
三宅壮聡, 渡辺義史, 岡田敏美, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 松本紘 カスプ域におけるDC電場のSS-520-2ロケット観測 2001年地球惑星科学関連学会合同大会・ Eu-P010・ 東京 2001 日本語
藤原亮介, 小嶋浩嗣, 上田義勝, 岩井宏徳, 橋本弘藏, 松本紘, 長野勇, 岡田敏美 SS-520-2号機ロケット実験搭載用プラズマ波動受信機とその性能評価 2001年地球惑星科学関連学会合同大会・ Em-P003・ 東京 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 岩井宏徳, 藤原亮介, 長野勇, 岡田敏美, 向井利典 極域カスプ領域SS-520-2ロケット実験で観測されたプラズマ波動の初期解析報告 2001年地球惑星科学関連学会合同大会・ Eu-018・ 東京 2001 日本語
三宅壮聡, 岡田敏美, 渡辺義史, 富嶋大輔, 宮川潤, 野田篤志, 小嶋浩嗣, 上田義勝 , 松本紘 ノルウェーロケットによるDC電場およびELF波動解析 電子情報通信学会アンテナ伝播研究会・ 京都 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 岩井宏徳, 藤原亮介, 松本紘, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美 北極上空ロケット実験搭載用プラズマ波動受信機の開発 電子情報通信学会アンテナ伝播研究会・ 京都 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘, 橋本弘藏, 岩井宏徳, 藤原亮介 北極上空ロケット実験搭載用プラズマ波動受信機におけるデジタル制御 電子情報通信学会総合大会・ B-1-47・ 滋賀 2001 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 松本紘 北極ロケット実験におけるプラズマ波動観測 RASC電波科学計算機実験シンポジウム・ 京都 2001 日本語
上田義勝, 松本紘, 小嶋浩嗣, 橋本弘藏, 長野勇, 岡田敏美, 笠原禎也, 向井利典, 高野博史, 岩井宏徳, 藤原亮介 カスプ領域における流出イオンの加熱機構に関する研究 RASC電波科学計算機実験シンポジウム・ 京都 2000 日本語
上田義勝, 小嶋浩嗣, 橋本弘藏, 長野 勇, 岡田敏美, 笠原禎也, 松本紘, 向井利典, 高野博史, 壁内幹人, 岩井宏徳 カスプ領域ロケット実験におけるプラズマ波動計測 第106回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会・ C21-P139・ 仙台 1999 日本語
上田義勝, 中村行宏, 松本紘, 大村善治, 泉知論 電磁粒子シミュレーションコードのハードウェア化に関する研究 1999年地球惑星科学関連学会合同大会・ Eh-P004・ 東京 1999 日本語
上田義勝, 中村行宏, 塩澤恒道, 須山敬之 動的再構成可能回路を用いた新しい電磁粒子シミュレーション回路の設計 デザインガイア'98・ 福岡 1998 日本語
Y Tokuda, T Minami, H Masai, Y Ueda, Y Ono, S Fujimura, and T Yoko Structural analysis of alkali cations in mixed alkali silicate glasses Institute for Chemical Research International Symposium 2014 2014/03/10 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda Cesium decontamination by using ultra fine bubble in Fukushima nuclear accident (in Japanese) 2nd International Symposium on Fine Bubble Technology 2013/12/13 英語
Yoshikatsu Ueda, Takahiro Zushi and Yomei Tokuda Electrochemical Performance of Ultrafine Bubble Water ECS 224th Meeting - San Francisco, CA - The Electrochemical Society 2013/10/30 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hiroshi Goto, Tomoyuki Kobayashi, and Yuji Ono Removal of Radioactive Cs Using Aqueous Sodium Metasilicate With Reduced Volumes of Waste Solution ECS 224th Meeting - San Francisco, CA - The Electrochemical Society 2013/10/30 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hideyuki Nagai, Hirokazu Masai and Toshinobu Yoko Analysis of Electrochemical Characteristicsof Organic-Inorganic Hybrid Titanophosphitemembranes ECS 224th Meeting - San Francisco, CA - The Electrochemical Society 2013/10/29 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Shigeto Fujimura, Naoto Nihei and Toru Oka Cesium Transfer from Granule Conglomerate Using Water Containing Nano-Sized Air Bubbles 222th Meeting of ECS (The Electrochemical Society Prime2012) 2012/10 英語
H. Koyanaka, Y. Ueda, K. Takeuchi, and A. I. Kolesnikov Proton conduction in electrolyte made of manganese dioxide for hydrogen gas sensor IMCS 2012 - The 14th International Meeting on Chemical Sensors 2012/05/23 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Hideki Koyanaka Electrochemical property of proton-conductive manganese dioxide for sensoring hydrogen gas concentration 18th International Conference on Solid State Ionics 2011/07 英語
Y. Tokuda, S. Nishioka, H. Masai, Y. Ueda, M. Takahashi, H. Koyanaka, T. Yoko Preparation of proton-conductive organic-inorganic hybrid titanophosphite membranes 18th International Conference on Solid State Ionics 2011/07 英語
Yoshikatsu Ueda, H. Koyanaka, Y. Tokuda and K. Takeuchi ELECTROCHEMICAL PROPERTY OF MANGANESE DIOXIDE ELECTROLYTE FOR SENSORING HYDROGEN GAS CONCENTRATION PROCEEDINGS OF THE 51th CHEMICAL SENSOR SYMPOSIUM, 2011 VOL.27, Supplement A, P.121-123 2011 英語
Hideki KOYANAKA, Yoshikatsu UEDA, Masahiko TSUJIMOTO , Mikio TAKANO, and Ken TAKEUCHI Hydrogen gas sensor using nano-sized R-MnO2 powder Integrated Physical/Chemical Biology of the Cell: from Genes to Membrane Systems 2009/05 英語
Kojima, H., Y. Mizuochi, H. Fukuhara, S. Yagitani, H. Ikeda, H. Iwai, Y. Takizawa, H. Yamakawa, Y. Ueda, and H. Usui Miniaturization of plasma wave receivers onboard scientific satellites and its application to the sensor network system for monitoring the electromagnetic environment in space European Geophysical Union, Wien 2009 英語
Yoshikatsu Ueda, M. Tsujimoto, K. Takeuchi, H. Koyanaka, and M. Takano Hydrogen gas sensor using nano-sized R-MnO2 powder 214th Meeting of ECS(The Electrochemical Society), Hawaii, USA 2008/10 英語
Kojima, H., S. Yagitani, H. Iwai, Y. Takizawa, Y. Mizuochi, H. Fukuhara, H. Ikeda, H. Yamakawa, H. Usui, Y. Ueda Monitor System for Space Electromagnetic Environments: Sensor Network in Space American Geophysical Union Fall meeting, San Fransisco 2008 英語
Mizuochi Y., Y. Saito, Y. Ueda, H. Kojima, and H.Yamakawa Study on integration of analog circuits of plasma wave instrument for small scientific satellite The 59th International Astronautical Congress, Glasgow, UK,September p29-October 3 2008 英語
Hirotsugu Kojima, Yuto Saito, Yuta Mizuochi, Yasuhisa Takizawa, Hisato Iwai, Satoshi Yagitani, Hiroshi Yamakawa, and Yoshikatsu Ueda onitor System for Space Electromagnetic Environments 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, Japan 2008 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Yoshiharu Omura Computer experiment of Wave-Particle Correlation Measurement in Space Plasmas The 37th COSPAR Scientific Assembly, Canada 2008 英語
Hajime Fukuhara, Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Yamakawa System Design of One-chip Wave Particle Interaction Analyzer for SCOPE mission. The 37th COSPAR Scientific Assembly, Canada 2008 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Yoshifumi Saito, Yoshiharu Omura, Yuto Katoh, Masafumi Hirahara Scientific objectives and development status of Wave Particle Correlator Future Perspectives of Space Plasma and Particle Instrumentation and International Collaborations, Tokyo 2006/11 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Yoshifumi Saito and Hiroshi Matsumoto Preliminary test results of Digital Wave Particle Correlator (DWPC) Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 2006, Singapore 2006 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Yoshifumi Saito and Hiroshi Matsumoto System Design for Wave Particle Correlator Program and Abstracts of 2nd Kanazawa Workshop 2006 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Takashi Toyomura, Hiroshi Matsumoto, Yoshifumi Saito Observation Characteristics of Digital Wave Particle Correlator (DWPC) The 7th International School/Symposium for Space Simulations, Kyoto 2005 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Yoshifumi Saito and Hiroshi Matsumoto Observation Characteristics of Digital Wave Particle Correlator (DWPC) PROGRAMME POSTERPRESENTATIONS, International Union of Radio Science, XXVIIIth General Assembly, India 2005 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Yoshifumi Saito, Takashi Toyomura System Design and Development of Digital Wave Particle Correlator Asia-Pacific Radio Science Conference(AP-RASC2004), China 2004 英語
Taketoshi Miyake, Toshimi Okada, Daisuke Tomishima, Jun Miyakawa, Keigo Ishisaka, Hirotsugu Kojima, Yoshikatsu Ueda, Hiroshi Matsumoto Analysis of DC Electric Fields and ELF Waves Observed by SS-520-2 Sounding Rocket in the Polar Region International Union of Radio Science XXVIIth General Assembly Poster Presentations, H4.P.12, 148, Maastricht, Netherlands 2002 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Kozo Hashimoto, Isamu Nagano, Toshimi Okada, Toshifumi Mukai Traveling Ion Cyclotron Harmonic Waves Observed in the Dayside Polar Region: SS-520-2 Rocket Experiment International Union of Radio Science XXVIIth General Assembly Poster Presentations, HG1.P.2, 148, Maastricht, Netherlands 2002 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Kozo Hashimoto, Hironori Iwai, Ryosuke Fujiwara, Isamu Nagano, Toshimi Okada, Toshifumi Mukai Plasma Wave Observation in the Polar Region via SS-520-2 Rocket Experiment The 6th International School/Symposium for Space Simulations, Garching, Germany 2001 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Kozo Hashimoto, Hironori Iwai, Ryosuke Fujiwara, Isamu Nagano, Toshimi Okada, Toshifumi Mukai Plasma Wave Observation in the Polar Region via SS-520-2 Rocket Experiment Asia-Pacific Radio Science Conference(AP-RASC2001), Tokyo 2001 英語
Yoshikatsu Ueda, Hiroshi Matsumoto, Hirotsugu Kojima, Kozo Hashimoto, Isamu Nagano, Toshimi Okada, Toshifumi Mukai Plasma Waves in the Relation to Heating Heavy Ions in the Polar Cusp Region: Rocket Experiment The First S-RAMP(Solar-Terrestrial Energy Program (STEP) - Results, Applications and Modeling Phase) Conference, S13-P12, Hokkaido 2000 英語
Yoshikatsu Ueda, Hirotsugu Kojima, Hiroshi Matsumoto, Kozo Hashimoto, Isamu Nagano, Toshimi Okada, Toshifumi Mukai Role of Plasma Waves for Heating Heavy Ions in the Polar Cusp Region: Rocket Experiment and Computer Experiment AGU 1999 Fall Meeting, Vol.80, No.46, November 16, 1999, SM51B-05, F901, San Francisco, America 1999 英語
Yoshikatsu Ueda, Yoshiharu Omura, Hideyuki Usui Electromagnetic Particle Simulations via Parallel Virtual Machines The Fifth International School/Symposium for Space Simulations, 399-402 1997 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masakazu Daidai, Yoko Katsura, Toshiharu Hiraoka, Takashi Watanabe, Chen Qu, Hiroshi Nishimura, Toshimitsu Hata, Yoshikatsu Ueda, Takeko Matsumura, Kazunori Yamshita, Yomei Tokuda, Sumio Wakabayashi Studies on Microwave Chemical Processes toward Production in Chemical Industry The 2nd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science 2017/07 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda , Shoichiro Hamamoto, Yuichi Ogawa, Akifumi Sugiyama, Naoto Nihei Basic Properties of nano bubble and nano particle in pure water 2nd International Symposium on Application of High-voltage, Plasmas & Micro/Nano Bubbles to Agriculture and Aquaculture (ISHPMNB2017),HPMNB-08,11-12 2017/07 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Naoto Nihei Fukushima reconstruction via nano bubble technology 2nd International Symposium on Application of High-voltage, Plasmas & Micro/Nano Bubbles to Agriculture and Aquaculture (ISHPMNB2017),HPMNB-09,13-14 2017/07 英語
UEDA Yoshikatsu, TOKUDA Yomei, NIHEI Naoto, HAMAMOTO Shoichiro, OGAWA Yuichi, SUGIYAMA Akifumi Electric and electrochemical properties of nano bubbles in pure water The eigth biennial Australian Colloid and Interface Symposium 2017/02 英語
Ueda Yoshikatsu, Tokuda Yomei, Nihei Naoto, Hamamoto Shoichiro, Ogawa Yuichi, Sugiyama Akifumi Properties of Fine Bubbles and of Nano Particles in Pure Water the 9th International Conference on Multiphase Flow,191-191 2016/05 英語
Naoto Nihei, Yoshikatsu Ueda, Keitaro Tanoi and Tomoko M. Nakanishi The radioactive cesium distribution brought by the flood First International Conference on Radioanalytical and Nuclear Chemistry (RANC-2016),491-491 2016/04 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Naoto Nihei, Shoichiro Hamamoto, Yuichi Ogawa, Akifumi Sugiyama Effects on the interfaces between fine particles and pure water the 9th International Symposium on Measurement Techniques for Multiphase Flows,33-35 2015/09 英語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Naoto Nihei Fukushima reconstruction with ultra-fine bubble technology Particle Systems Analysis 2014 2014/09 英語
Yomei Tokuda, Hiroaki Matsuki, Yoshikatsu Ueda, Hirokazu Masai, and Toshinobu Yoko Crystal growth of ZnO microparticles with microbubbles Particle Systems Analysis 2014 2014/09 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
上田 義勝, 徳田 陽明、日高 義晴 酸化還元電位から見た水素ナノバブル水の特性について 2017年電気化学秋季大会,2H06-2H06 2017/09 日本語
小浦 節子,並木 琢磨,上田 勝義, 杉山 暁史, 徳田 陽明 酸素ナノバブル水の効果と作用メカニズムの検討 2017年電気化学秋季大会,1K20-1K20 2017/09 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 超音波を用いた微細気泡濃度推定について 混相流シンポジウム 2017,F122-F122 2017/08 日本語
大代 正和, 西村 裕志, Chen Qu, 上田 義勝, 畑 俊充, 徳田 陽明, 若林 澄夫, 平岡 俊治, 蓑毛 長弘, 桂 陽子, 山下 和則, 松村 竹子, 渡辺 隆司 化学工業生産への適用を目指したマイクロ波化学プロセスの研究 分離技術会 2017/05 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 ファインバブル(ナノバブル)を含む水の電気分解特性に関する調査 電気化学会第84回大会 2017/03 日本語
二瓶 直登, 杉山 暁史, 上田 義勝, 伊藤 嘉昭 放射性セシウム(137Cs)/安定セシウム(133Cs)比 を用いた土壌や作物の特性評価 第335回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,189-189 2017/02 日本語
Stanislaw Gawronski, Yoshikatsu Ueda, Naoto Nihei, Akifumi Sugiyama, Yomei Tokuda The role of trees in accumulation of particulate matter including 137Cs in Fukushima The 335th Symposium on Sustainable Humanosphere,159-159 2017/02 英語
小浦 節子, 竹内 謙, 徳田 陽明, 小川 雄一, 上田 義勝 微細気泡水の分子ダイナミクス解析 第335回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,173-173 2017/02 日本語
藤村 恵人, 江口 哲也, 上田 義勝, 杉山 暁史 水稲におけるセシウム吸収・分配機構の解明 第335回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,141-141 2017/02 日本語
濱本 昌一郎 二瓶 直登 上田 義勝 土壌における微細気泡の包括的移動機構の解明 第335回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,139-139 2017/02 日本語
山下 和則, 松村 竹子, Chen Qu, 西村 裕志, 畑 俊充, 大代 正和, 桂 陽子, 平岡 俊治, 上田 義勝, 徳田 陽明, 若林 澄夫, 渡辺隆司 化学工業生産への適用を目指した マイクロ波化学プロセスの研究 第335回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,199-199 2017/02 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 濱本 昌一郎, 小川 雄一, 杉山 暁史 微細気泡水の基礎特性とその応用利用可能性について 日本混相流学会 混相流シンポジウム2016,E132 2016/08 日本語
濱本 昌一郎, 上田 義勝, 二瓶 直登 地盤内における微細気泡移動モデルの構築 第307回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,53-54 2016/03 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝, 金子 俊一 固体NMR およびEXAFSによるセシウム固定化・移行メカニズムの解明 第307回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,89-90 2016/03 日本語
藤村 恵人, 上田 義勝, 杉山 暁史 水稲におけるセシウム吸収量の品種間差異への土壌可給態カリウム濃度の関与 第307回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,57-58 2016/03 日本語
二瓶 直登, 杉山 暁史, 上田 義勝, 徳田 陽明, 伊藤 嘉昭 ダイズの放射性セシウム吸収解析および福島県における効果的なカリ施肥法の検討 第307回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,91-92 2016/03 日本語
上田 義勝, 杉山 暁史, 徳田 陽明, 伊藤 嘉昭, 二瓶 直登 圏間応用研究 「微細気泡水効果の原理解明と環境・材料・農業分野への応用」 第307回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,101-102 2016/03 日本語
濱本 昌一郎、二瓶 直登、上田 義勝、西村 拓 流速およびガス種の違いが多孔質媒体内の微細気泡挙動に与える影響 第57回土壌物理学会大会 2015/10 日本語
濱本 昌一郎, 二瓶 直登, 上田 義勝, 西村 拓 多孔質媒体内の微細気泡挙動に関する基礎的研究 第50回 地盤工学研究発表会 2015/09 日本語
徳田 陽明, 松木 啓明, 上田 義勝, 正井 博和, 横尾 俊信 微細気泡の酸化物微粒子成長への応用 公益社団法人日本セラミックス協会 第28回秋季シンポジウム 2015/09 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明, 杉山 暁史, 伊藤 嘉昭, 二瓶 直登 東日本大震災以後の京都大学-東京大学-福島県農業総合センターにおける 復興支援研究の取組 第4回 環境放射能除染研究発表会,1-1 2015/07 日本語
杉山 暁史, 上田 義勝, 高瀬 尚文, 矢崎 一史 圃場環境下でのダイズ根圏微生物叢及び微生物活性の変動 日本農芸科学会2015年度大会 2015/03 日本語
上田 義勝,杉山 暁史,徳田 陽明,宮尾 悠,高柳 美希,二瓶 直登,岡 徹 ファインバブル水の気液界面における電気化学的挙動について 電気化学会第82回大会,2E01 2015/03 日本語
徳田 陽明、南 智弘、法川 勇太郎、上田 義勝、正井 博和、横尾 俊信 固体NMR法によるセシウムイオンの固定化・溶出機構の解明 第275回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,135-135 2015/02 日本語
二瓶 直登、上田 義勝、杉山 暁史、徳田 陽明、伊藤 嘉昭 放射性物質の農産物への移行の経年変化と根圏環境が放射性セシウム吸収に及ぼす影響解析 第275回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,179-179 2015/02 日本語
藤村 恵人、石川 淳子、上田 義勝、杉山 暁史 イネ根域のカリウム条件が根におけるカリウム輸送体発現量に及ぼす影響の解明 第275回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム,185-185 2015/02 日本語
徳田陽明, 南智弘, 高橋勇也, 正井博和, 上田義勝, 小野勇治, 藤村恵人, 横尾俊信 固体 NMR を用いた酸化物ガラス中のアルカリ金属イオンの局所構造解析 第 55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会 2014/11 日本語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda, Akifumi Sugiyama, Naoto Nihei, Yoshiaki Ito Inter-sphere researches on ultrafine bubble water: basic properties and applications for environments, chemical synthesis and agriculture International Symposium on Frontier Researches in Sustainable Humanosphere 2014,71-77 2014/11 英語
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 杉山 暁史 微細気泡水の電気化学的特性の定量的評価及び応用実験との相関について 日本混相流学会混相流シンポジウム2014 2014/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
徳田 陽明, 上田 義勝, 二瓶 直登, 藤村 恵人 福島原発事故後の除染活動に関する研究 海洋科学研究(月例卓話),30,1,39-42 2017/04 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 固体NMRによる可給態セシウムの寿命について(化学状態解析) H28年度グローバルユニット成果報告書 2017/02 日本語
上田 義勝 福島県での研究活動についての紹介(国際共同研究に向けて) 平成28年度 京都大学環境安全保健機構 放射性同位元素総合センター実験室利用成果発表会 2017/02 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明 京都大学・滋賀大学におけるファインバブル研究 第8回ファインバブル国際シンポジウム 2016/12 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝 京都大学・滋賀大学における ファインバブル研究とその成果について 第8回ファインバブル国際シンポジウム 2016/12 日本語
Shoichiro Hamamoto, Naoto Nihei, Yoshikatsu Ueda, Taku Nishimura Effects of Flow Velocity and Particle Size on Transport of Ultrafine Bubbles in Porous Media AGU Fall Meeting 2015,H21G-1454 2015/12 英語
UEDA Yoshikatsu Interdisciplinary research of the ultra fine bubble water Kyoto University Supporting Program for InteRaction-based Initiative Team Studies,2013-2014,24-24 2015/12 英語
上田 義勝, 徳田 陽明 京都大学(生存圏研究所・化学研究所)における ファインバブル研究とその成果について1(除染・農業) 第6回ファインバブル国際シンポジウム 2015/11 日本語
徳田 陽明, 上田 義勝 京都大学(生存圏研究所・化学研究所)における ファインバブル研究とその成果について2 (化学合成) 第6回ファインバブル国際シンポジウム 2015/11 日本語
岡 徹, 高柳 美希, 杉山 暁史, 上田 義勝, 徳田 陽明 ナノバブル水が植物に与える影響評価と作用メカニズムの解明 生存圏研究所 平成27年度DASH共同研究成果報告会 2015/06 日本語
上田 義勝 福島県農業総合センターの土壌等に関する放射能汚染状況とその除染手法に関する検討 京都大学環境安全保健機構 放射性同位元素総合センター 平成26年度センター実験室利用成果発表会 2015/03 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ファインバブルの基礎物性と応用利用可能性について(電気・化学・農学) [招待あり] 第 8回ファインバブル国際シンポジウム 2016/12/06 日本語
Correlations between Nano Materials and Pure Water; a Theoretical Approach [Invited] Kyoto-Heidelberg Workshop 2015 2015/08/31 英語
微細気泡及び非界面活性剤系洗浄剤による放射性セシウムの除染研究について 生存圏科学の新領域開拓に向けた取り組み(福島県との連携研究) 京都大学生存圏研究所・福島県農業総合センター 2013/02/21 日本語
農業総合センターとの連携研究について(除染及び農業分野への応用利用) 第215回生存圏シンポジウム 京都大学生存圏研究所 2012/11/30 日本語
微細気泡技術を用いたセシウム汚染土壌の浄化とその応用利用について 第6回 京都大学宇治キャンパス産学交流会 京都府中小企業技術センター 2012/09/24 日本語
ナノバブル水を用いた放射性セシウムの除染 第 30 回関西界面科学セミナー 環境・浄化・洗浄・ナノ ―時代が求めるコロイド界面科学― 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部 2012/07/06 日本語
ナノバブル水を用いた放射性セシウムの直接洗浄効果の実証 除染モデル実証事業等の成果報告会 内閣府原子力被災者生活支援チーム 環境省 独立行政法人日本原子力研究開発機構 2012/03/26 日本語
水田における放射性物質の動態 (2)排水のトラップによる放射性物質の除去技術 第5回放射性物質試験研究課題に関する検討会 福島県農業総合センター 2012/01/13 日本語
農業総合センターとの連携研究 (土壌・森林の除染について) 第191回生存圏シンポジウム 東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 京都大学生存圏研究所 2012/01/06 日本語
「農業総合センター内のホットスポットとその洗浄についての検討」 第4回放射性物質試験研究課題に関する検討会 福島県農業総合センター 2011/11/09 日本語
「稲ワラ焼却による放射性セシウム量の変化について」 第4回放射性物質試験研究課題に関する検討会 福島県農業総合センター 2011/11/09 日本語
福島県における農業可能用地の土壌汚染調査とその対策について 第8回京都大学生存圏研究所公開講演会 京都大学生存圏研究所 2011/10/23 日本語
福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と放射性核種の高速除去技術の実証研究 生存圏研究所第134回定例オープンセミナー 京都大学生存圏研究所 2011/09/14 日本語
福島県下の土壌汚染の現地調査と合理的な放射性核種除染手法の検討 第187回生存圏シンポジウム 東日本大震災復興に向けた生存圏科学 京都大学生存圏研究所 2011/08/30 日本語
福島県下の土壌汚染の現地調査と合理的な放射性核種除染手法の検討 京都大学シンポジウムシリーズI -II「大震災後を考える」 京都大学発・新技術セミナー「土壌・水質汚染の実態と放射性核種の高速除去」 京都大学 2011/08/04 日本語
放射性物質の除去・低減技術の開発状況について 農業分野における放射性物質試験研究課題成果説明会(第1回) 福島県 2011/08 日本語
福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と放射性核種の高速除去技術の実証研究 第1回放射性物質試験研究課題に関する検討会 福島県農業総合センター 2011/07 日本語
汚染土壌から長寿命放射性核種の高速除去を目的としたフロテーション法および吸着法の有効性を調査・実証するための実装活動 緊急に取り組む試験研究課題検討会 福島県農業総合センター 2011/05 日本語
Remediation/Cleanup Technologies of Radioactive Contamination for Support Fukushima Humanosphere Science School (HSS) (the 208th symposium on Sustainable Humanosphere) Research and Development Unit for Biomaterial (RDUN) and LIPI, Indonesia 2012/08/27 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Basic property of ultra-fine bubbles in pure water [Invited] International fine-bubble discussion Fachhochschule Dortmund 2016/05/20 英語
これまでの福島県に於ける震災対応研究について 第240回生存圏シンポジウム第3回 「東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて」 京都大学生存圏研究所 2013/12/20 日本語
マイクロ・ナノバブルを用いた復興支援研究(除染・農業)「東日本大震災における原発事故対応」 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会 第2回学術総会 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会 2013/12/15 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
京都大学と東京大学の連携研究について [招待あり] 第293回生存圏シンポジウム 第5回 東日本大震災以降の福島県の現状及び支援の 取り組みについて 2015/09/08 日本語
福島県下における放射線モニタリングの現状と今後の展望 (第2回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み 京都大学生存圏研究所 2014/03/04 日本語
133Cs NMR Study of Adsorption Behavior of Cesium on the Surfaces of Clay Institute of Sustainability Science, Kyoto University 2012/10/27 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
微細気泡研究事例の紹介(ファインバブル、マイクロナノバブル) [招待あり] 静岡県工業技術研究所 2017/09/04 日本語
Correlations between Micro/Nano Bubbles and Pure Water; a Theoretical Approach [Invited] Student lecture in Rajamangala University of Technology Lanna, Chiang Rai campus 2017/07/31 英語
ファインバブルの基礎特性と実験に関する研究紹介 [招待あり] ファインバブルセミナー 高知工業高等専門学校 2017/06/16 日本語
ファインバブルを含有する水の電気的・電気化学的特性について [招待あり] 第 8回ファイン ファイン バブル 技術講習会 2017/03/30 日本語
ナノバブルの電磁気学的特性についての検討 [招待あり] 龍谷大学 2016年度 第8回 REC BIZ-NET研究会 2017/03/13 日本語
京都大学生存圏研究所における連携支援研究の紹介 第4 回「原発事故被災地域における放射線量マッピングシステムの技術開発・運用とデータ解析に関する研究会 2017/01/11 日本語
東日本大震災以後の共同研究の紹介(福島県との連携研究他) [招待あり] 大気圏科学セミナー(12/9) 2016/12/09 日本語
Discussion of particulate matter including radio active cesium in Fukushima humanosphere [Invited] Local discussions at Faculty of Horticulture, Warsaw University of Life Sciences 2016/09/06 英語
福島原発事故後の除染活動と復興支援に関する研究 キンカ京都化学者クラブ 2016/08/06 日本語
これまでに取り組んだバブル関連の研究とバブルの評価法 (粒計計測など) [招待あり] 静岡県工業技術研究所 学術指導講演 2016/06/24 日本語
京都大学におけるファインバブル応用利用(事例研究報告) FBIA第2回事例研究会及び成果報告会 2015/10/27 日本語
有機-無機ハイブリッド膜を用いた燃料電池用電解質膜の電気特性評価 [招待あり] 技術情報協会セミナー 「中温・無加湿燃料電池へ向けた 電解質膜の設計と発電性能向上」 2015/08/27 日本語
応用事例紹介「ファインバブル技術を活用した道路管理 -橋梁・トイレ洗浄等」 2014 洗浄総合展 主催者, (公社)日本洗浄技能開発協会/日本産業洗浄協議会/日刊工業新聞社 2014/10/17 日本語
福島県農業総合センターの土壌等に関する放射能汚染状況とその除染手法に関する検討 平成23年度放射性同位元素総合センター 実験室利用成果発表会 京都大学 環境安全保健機構 放射性同位元素総合センター 2012/02/20 日本語
Electromagnetic Particle Simulations via Parallel Virtual Machines The Fifth International School/Symposium for Space Simulations International School/Symposium for Space Simulations 1997 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
上田 義勝 京都から福島へ ─震災支援研究と人とのつながり─ 電気学会誌 Vol. 137(2017) No. 7 CB記事 2017/07
徳田 陽明, 上田 義勝 放射性物質の吸着・除染および 耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術 技術情報協会 2014/11
上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登 微細気泡の最新技術 vol. 2 NTS 2014/08
上田 義勝 生存圏における放射性物質の動態解明と低減を目指した新技術開発 平成24年度 生存圏科学の新領域開拓 ロングライフイノベーション共同研究 活動報告書, P.99-104 2014/06 日本語
上田義勝, 徳田陽明 福島県農業総合センターとの連携研究 (除染及び農業分野への応用利用)-微細気泡生成技術- 東京大学アイソトープ総合センターニュース, Vol. 43, No. 3, p.2-10 2012/12/31 日本語
上田 義勝, 徳田 陽明  (期待される放射性物質の除去技術5)微細気泡で汚染土壌を浄化 「化学」2012年(67巻)11月号, 38-40 2012/11 日本語
上田 義勝 R型二酸化マンガンを用いた室温動作型燃料電池システムの開発 公益財団法人 村田学術振興財団 2011年報 Annual Report of The Murata Science Foundation, 2011 no.25, P.300-308 2011/12 日本語
上田義勝 R型二酸化マンガンナノ粒子を用いた室温動作可能な燃焼性ガスセンサの開発 財団法人 近畿地方発明センター 平成22年度 研究助成成果報告書, 2011, P.52-55 2011 日本語
古屋仲 秀樹, 上田 義勝 二酸化マンガンナノ粒子を用いた水素ガスセンサ 「燃料電池」 技術情報TOPICS 2010 日本語
Yoshikatsu Ueda, Yomei Tokuda Research for Fukushima Reconstruction with Advanced Technology Kyoto University Research Activities 2013, vol.3, no.2, p.24 2013/09 英語
Yomei Tokuda, Yoshikatsu Ueda, Toshinobu Yoko Electrochemical properties of hydrogen gas sensor using novel proton conductive materials ISS NEWS LETTER from Institute of Sustainability Science, Vol. 13, P.3, ISSN:1882-9929 2012/09 英語
Hideki Koyanaka, Yoshikatsu Ueda Sensoring Hydrogen Gas Concentration at Room Temperature Using Electrolyte Made of roton Conductive Manganese Dioxide Kyoto University Research Activities 2011, vol.1, no.1 2011 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
上田義勝 放射性物質の除染方法 特許出願 特願特願2012-268482 2012/12/04
上田義勝 放射性物質汚染物の汚染除去方法 特許公開 特開特願2012-000763 特開2013-140096 2013/07/18
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
Young Scientist Award Young Scientist Award International Union of Radio Science, XXVIIIth General Assembly International Union of Radio Science, XXVIIIth General Assembly 2005
第8回木質炭化学会大会・優秀発表賞 The 8th Wood Carbonization Research Society outstanding presentation award 木質炭化学会 Wood Carbonization Research Society 2010
第2回新化学技術研究奨励賞(特別課題) New Chemical Technology Research Encouragement Award 公益社団法人 新化学技術推進協会 Japan Association for Chemical Innovation (JACI) 2013/05/20
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
水素ガス濃度 計測コスト 1/100 京大、燃料系向けセンサー 日本経済新聞 科学面 2010/01/11
ナノテクノロジーの光と影 -その2- ナノテクの光と影に向き合う社会 市民科学第28号 2010/01/
最新センサ技術とその用途 ―安全・環境・健康のために― 東レリサーチセンター 2010/04/
宇宙の不思議、教授らが解説 七夕出前授業がスタート 洛南タイムス 2010/07/06
宇宙に興味 膨らませて専門家が小中高へ 京都新聞 2010/07/06
七夕出前授業(京田辺市立草内小) eoケーブルテレビ 111ch K-cat ホットニュース 2010/07/07
京都大学合気道部創部五十周年記念 合気道新聞 2011/01/
児童に夢を 「はやぶさ」授業 宇治小で京大助教 帰還までの様子など 読売新聞 2011/01/29
セシウム結合に効果 県、薬品使い水田除洗実験 福島民友新聞 2011/08/04
土壌の放射性物質低減化へ研究着手 福島県農業総合センター 福島民報 2011/05/22
ナノバブル水 川砂除染に大役 朝日新聞 社会面 2011/10/22
超微細気泡で洗浄 読売新聞 地方欄 2011/11/09
原研機構、除染実証事業25件を採択 日本経済新聞 2011/11/10
除染技術募集結果発表 原子力開発機構 KFB福島放送 2011/11/10
除染技術公募で25件選定 原子力機構、年度内に試験 共同通信 2011/11/11
原子力機構、平成23年度「除染技術実証試験事業」公募結果を発表 環境ビジネス 2011/11/11
効率、減容化技術を確立/除染実証試験に25件採択/原子力機構 建設通信新聞 2011/11/11
原子力機構:東芝、大林組、熊谷組などに除染の実証試験を委託 ブルームバーグ 2011/11/11
Japan funds projects to clean up Fukushima Nature doi:10.1038/nature.2011.935 2011/11/11
実証 除染技術 9 「ナノバブル水」の効果検討 日刊工業新聞 科学技術面 2011/12/23
シンポジウム「東日本大震災以後の福島県の現状及び支援の取り組みについて」 朝日新聞 イベント欄 2012/01/06
「農地の除染、効果探る」 京大宇治キャンパスシンポ、支援も報告 京都新聞 社会面 2012/01/07
セシウム除染 ナノバブル水で効果 毎日新聞 京都面 2012/01/07
ナノバブル水で除染 京大助教ら、実証例を報告 朝日新聞 第2京都 2012/01/19
環境負荷少ない水系洗浄剤 化学工業日報 企画記事 2012/02/14
放射性物質除染に期待の「水」 産経新聞 京阪奈・京市内 2012/02/21
専門離れて研究 除染の技術 朝日新聞 南京都面 2012/03/30
平成23年度 総長裁量経費による採択事項 京大広報 資料欄 P.3678 2012/06/
京都大生存圏シンポジウム「東日本大震災以後の福島県の現状と支援」 朝日新聞 イベント欄 2012/11/29
「環境配慮型が存在感増す 産業用洗剤」経済性優れる水タイプ、放射性セシウム対策にも 化学工業日報 企画記事 2013/02/19
第2回新化学技術研究奨励賞には11名 化学工業日報 企画記事 2013/05/24
新化学技術研究奨励賞で授賞式 JACI 化学工業日報 総合 2013/06/03
「福島復興 意見寄せて」 京都新聞 地方版 2013/12/01
除染廃液、大幅に減容化 化学工業日報 企画記事 2014/10/14

  • <<
  • >>
  • 表示
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
「東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて」 第191回生存圏シンポジウム 2012/01/06
第2回 「東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて」 第215回生存圏シンポジウム 2012/11/30
生存圏科学の新領域開拓に向けた取り組み(福島県との連携研究) 生存圏新領域研究 2013/02/21
第3回 「東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて」 第240回生存圏シンポジウム 2013/12/20
(第2回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み 生存圏新領域研究 2014/03/04
東日本大震災からの復興に向けた大学での取り組みについて - 震災から1300日、福島の明るい未来のために – 第271回生存圏シンポジウム 2014/12/07
(第3回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み  生存圏新領域研究 2014/12/07
(第4回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み - 福島県及び大学間連携融合研究に向けたパネルディスカッション - 生存圏新領域研究 2015/03/09
(第5回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み 「新領域開拓に向けた微細気泡研究会」 生存圏新領域研究 2015/03/12
第5回 東日本大震災以降の福島県の現状及び支援の 取り組みについて 第293回生存圏シンポジウム 2015/09/08
圏間研究型微細気泡研究会 第294回生存圏シンポジウム 2015/10/14
(第7回)生存圏科学の新領域開拓・融合研究に向けた取り組み (震災関連・微細気泡関連) 生存圏新領域研究 2016/02/04
ナノバブルとマイクロ波の相互作用について(融合研究) 新学術研究に向けた融合研究検討会(ミネルバライトラボにて開催) 2016/07/12
第2回微細気泡研究会 第325回生存圏シンポジウム 2016/08/22
6th international symposium of collaborative researches in Fukushima since the Great East Japan Earthquake (327th RISH Symposium) 第327回生存圏シンポジウム 2016/10/26
微細気泡に関する研究活動報告 千葉工業大学にて 2017/06/24
第2回ファインバブルセミナー 滋賀大・龍谷大・高知高専によるファインバブル合同研究グループ 2017/09/15

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
平成14年度(2002) (財)宇宙科学振興会 国際学会出席旅費支援 代表 Traveling Ion Cyclotron Harmonic Waves Observed in the Dayside Polar Region: SS-520-2 Rocket Experiment 2002〜2002
科学研究費補助金 分担 衛星観測と計算機実験による地球磁気圏におけるイオン-波動-粒子結合系の物理 2003〜2005
科学研究費補助金 代表 デジタル型宇宙プラズマ用波動粒子相関計測器の開発 2004〜2006
平成18年度(2006) 地球電磁気・地球惑星圏学会 国際学術交流若手派遣 代表 Preliminary test results of Digital Wave Particle Correlator(DWPC) 2006〜2006
科学研究費補助金 分担 多層カーボンナノチューブを有する木質系炭素材料からの新規リチウムイオン電池の開発 2006〜2009
科学研究費補助金 分担 宇宙圏電磁環境モニター装置に関する研究 2007〜2010
科学研究費補助金 分担 環境調和型材料としての宇宙用導電性木質材料の研究 2008/04/01〜2010/03/31
平成22年度(2010) 財団法人近畿地方発明センター 研究開発助成金 代表 R型二酸化マンガンナノ粒子を用いた室温動作可能な燃焼性ガスセンサの開発 2010/04/01〜2011/03/31
平成22年度(2010) 財団法人村田学術振興財団 代表 R型二酸化マンガンを用いた室温動作型燃料電池システムの開発 2010/04/01〜2011/03/31
平成23年度(2011) 財団法人稲森財団 研究助成金  代表 R型二酸化マンガンを用いたプロトン導電型ガスセンサの開発 2011/04/01〜2012/03/31
日本原子力研究開発機構 平成23年度除染技術実証試験事業 代表 ナノバブル水を用いた放射性セシウムの直接洗浄効果の実証 2011/11/01〜2011/03/31
国立大学協会 平成23年度 震災復興・日本再生支援事業 代表 福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と放射線核種の高速除去技術の実証研究 2011/12/01〜2012/03/31
国立大学協会 平成24年度 震災復興・日本再生支援事業 代表 福島県下におけるナノバブル水を用いた除染と農作物育種に対する効果の研究 2012/04/01〜2013/03/31
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2012年度 内藤記念若手研究者海外派遣助成金(秋期)  代表 2012年電気化学日米合同大会(アメリカ・ハワイ) 題目「Cesium transfer from granule conglomerate using water containing nano-sized air bubbles」 2012年電気化学日米合同大会(アメリカ・ハワイ) 題目「Cesium transfer from granule conglomerate using water containing nano-sized air bubbles」 2012/10/07〜2012/10/12
国立大学協会 平成25年度 震災復興・日本再生支援事業 代表 福島県における除染技術の実証と作物育種に関する連携支援研究 2013/04/01〜2014/03/31
一般財団法人 伊藤忠兵衛基金(旧 昭和報公会)「2013年度(平成25年度)学術研究助成金」 代表 放射性セシウムの除染のための微細気泡生成技術 2013/04/01〜2014/03/31
公益財団法人マツダ財団 第29回 (2013年度)マツダ研究助成 - 科学技術振興関係 - 分担 マイクロバブルを反応場とするナノ粒子成長 2013/11/01〜2014/10/31
平成27年度(2015) 財団法人村田学術振興財団 分担 微細気泡の評価手法の確立と基礎物性の解明 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
生存圏研究所ミッション研究 小嶋浩嗣 宇宙用導電性木質材料の開発 2004/04/01〜2005/03/31
京都大学総長裁量経費 三谷 友彦 「透明電波吸収体」の基礎研究, 「透明電波吸収体」の応用展開 2005/04/01〜2006/03/31
生存圏研究所ミッション研究 山川 宏 磁気プラズマセイル用超伝導電磁石の開発 2006/04/01〜2007/03/31
生存圏研究所ミッション研究 上田 義勝 SCOPE衛星用デジタル処理型波動粒子相関計測器の開発 2009/04/01〜2010/03/31
生存圏研究所ミッション研究 上田 義勝 燃焼性ガスセンサ利用のための二酸化マンガンの電気特性解析 2009/04/01〜2010/03/31
生存圏研究所萌芽研究 上田 義勝 燃料電池利用に向けたケイリン酸塩系有機-無機ハイブリッド膜の電気特性に関する研究 2009/04/01〜2010/03/31
生存圏研究所ミッション研究 小嶋 浩嗣 科学衛星における電磁環境適合性 (EMC: ElectroMagnetic Compatibility) に関する研究 2009/04/01〜2011/03/31
生存基盤科学研究ユニット 徳田 陽明 水素イオン伝導性材料を用いた水素ガスセンサの開発と電気特性評価 2010/04/01〜2012/03/31
生存圏研究所ミッション研究 上田 義勝 燃料電池利用に向けた有機-無機ハイブリッド膜のメソ構造制御と電気化学特性の評価 2010/04/01〜2011/03/31
平成22年度(2010) 財団法人村田学術振興財団 研究助成金 上田 義勝 R型二酸化マンガンを用いた室温動作型燃料電池システムの開発 Fuel cell system application via R-type manganese dioxide 2010/04/01〜2011/03/31
生存圏研究所ミッション研究 上田 義勝 燃料電池利用に向けた有機-無機ハイブリッド膜のメソ構造制御と電気化学特性の評価 Electrio chemical characterization investigation of organic-inorganic hybrid material of silicophosphate for fuel cell 2010/04/01〜2011/03/31
Spallation Neutron Source (SNS) facility at Oak Ridge National Laboratory (ORNL) Yoshikatsu Ueda パルスニュートロンビームを用いた酸化物金属微粒子と多孔質カーボン・パラジウムハイブリッド材料のプロトン伝導性・水素吸蔵性能の計測 Neutron spectroscopy of hydrogen in meso-porous carbon with deposited nano-palladium for hydrogen gas storage application 2010/__/__〜2010/__/__
平成22年度(2010) 財団法人近畿地方発明センター 上田 義勝 R型二酸化マンガンナノ粒子を用いた室温動作可能な水素ガスセンサの開発 Hydrogen gas sensor using nano-sized R-MnO2 powder 2010/04/01〜2011/03/31
京都大学総長裁量経費 上田 義勝 福島県下における土壌・水質汚染の実地調査と、放射性核種の高速除去技術の実証研究 2011/04/01〜2012/03/31
生存圏研究所萌芽研究 上田 義勝 木質材料粉末を利用したメソポーラスカーボンの生成と、その水素吸蔵性能の評価研究について 2011/04/01〜2012/03/31
生存圏研究所ミッション研究 上田 義勝 「重合率傾斜型」有機-無機ハイブリッド膜の燃料電池用電解質膜の高機能化 2011/04/01〜2012/03/31
京都大学生存圏研究所 研究集会(共同利用・共同研究拠点) 上田義勝 東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 2012/01/06〜2012/01/06
京都大学生存圏研究所 研究集会(共同利用・共同研究拠点) 上田義勝 (第2回)東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 2012/11/30〜2012/11/30
生存基盤科学研究ユニット 徳田 陽明 固体NMR 法を用いたセシウム吸着挙動の解明 133Cs NMR study of adsorption behavior of cesium on the surfaces of clay 2012/04/01〜2013/03/31
生存圏ミッション研究 上田 義勝 ナノ粒子分散型有機-無機ハイブリッド膜を用いた燃料電池用電解質膜の電気 特性評価 2012/07/02〜2012/02/28
生存圏研究所萌芽研究 徳田陽明 マイクロバブル水を出発原料とする無機材料合成 2012/07/02〜2012/02/28
生存圏研究所新領域開拓推進費 上田義勝 生存圏における放射性物質の動態解明と低減を目指した新技術開発 2012/12/28〜2013/03/31
京都大学生存圏研究所 研究集会(共同利用・共同研究拠点) 上田義勝 (第3回)東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 2013/12/20〜2013/12/20
化学研究所共同利用・共同研究拠点 小野 勇治 固体NMRを用いたセシウムの土壌への吸着の解明 2013/04/01〜2014/03/31
生存圏ミッション研究 二瓶直登 放射性物質の農産物への移行の経年変化と根圏環境が放射性セシウム吸収に及ぼす影響解析 2013/07/05〜2014/03/31
生存圏研究所萌芽研究 徳田陽明 マイクロバブルを用いた酸化物ナノ粒子の合成 2013/07/05〜2014/03/31
生存圏研究所 新領域開拓 圏間共同研究 上田 義勝 微細気泡水を用いた圏間応用研究 「微細気泡水効果の原理解明と環境・材料・農業分野への応用」 Inter-sphere researches on ultrafine bubble water: basic properties and applications for environments, chemical synthesis and agriculture 2013/11/01〜2014/03/31
研究大学強化促進事業 学際・国際・人際融合事業「知の越境」 平成25年度 融合チーム研究プログラム-SPIRITS- 上田 義勝 微細気泡水を極める(異分野融合からの多角的研究) 2013/12/27〜2015/03/31
生存基盤科学研究ユニット 徳田 陽明 有機-無機コンポジット型プロトン伝導膜の創製 Preparation of proton conductive organic-inorganic composite materials 2014/04/01〜2015/03/31
化学研究所共同利用・共同研究拠点 二瓶 直登 微細気泡の電気化学的特性と作物のイオン取り込み効率の相関解明 2014/04/01〜2015/03/31
化学研究所共同利用・共同研究拠点 藤村 恵人 固体NMRを用いたセシウムの土壌中での動態の解明 Analysis on the dynamic behavior of cesium ions in soils using solid state NMR 2014/04/01〜2015/03/31
生存圏研究所 先進素材開発解析システム共同利用研究 上田 義勝 純水中に含まれる微細気泡の誘電率の測定と応用研究について 2014/04/01〜2015/02/28
京都大学生存圏研究所 研究集会(共同利用・共同研究拠点) 上田 義勝 (第4回)東日本大震災以後の福島県の状況及び支援の取り組みについて 2014/04/01〜2015/03/31
生存圏研究所萌芽研究 徳田 陽明 固体NMR法によるセシウムイオンの固定化・溶出機構の解明 2014/04/01〜2015/02/28
生存圏研究所 新領域開拓 圏間共同研究 上田義勝 微細気泡水を用いた圏間応用研究 「微細気泡水効果の原理解明と環境・材料・農業分野への応用」 Inter-sphere researches on ultrafine bubble water: basic properties and applications for environments, chemical synthesis and agriculture 2014/04/01〜2015/03/31
生存圏ミッション研究 藤村 恵人 イネ根域のカリウム条件が根におけるカリウム輸送体発現量に及ぼす影響の解 明 2014/04/01〜2015/02/28
生存圏ミッション研究 二瓶 直登 放射性物質の農産物への移行の経年変化と根圏環境が放射性セシウム吸収に及ぼす影響解析 Analysis in Radiocesium Absorption of Soybean and Examination of Effective Potassium fertilization in Fukushima 2015/04/01〜2016/02/29
生存圏研究所萌芽研究 濱本 昌一郎 地盤内における微細気泡移動モデルの構築 Model Development of Fine Bubble Transport in Soils 2015/04/01〜2016/02/29
生存圏研究所萌芽研究 藤村 恵人 水稲におけるセシウム吸収量の品種間差異への土壌可給態カリウム濃度の関与 2015/04/01〜2016/02/29
生存圏ミッション研究 徳田 陽明 固体NMR およびEXAFSによるセシウム固定化・移行メカニズムの解明 2015/04/01〜2016/02/29
Humanosphere Mission Research Stanislaw Gawronski 福島県におけるCs-137含有ナノ粒子の森林への蓄積 The role of trees in accumulation of particulate matter including 137Cs in Fukushima 2016/04/01〜2017/02/28
生存圏ミッション研究 小浦 節子 微細気泡水の分子ダイナミクス解析 Molecular dynamics analysis of fine bubble water 2016/04/01〜2017/02/28
生存圏ミッション研究 二瓶 直登 放射性セシウム(137Cs)/安定セシウム(133Cs)比を用いた土壌や作物の特性評価 Characteristics of soils and crops based on the ratio of radiocesium (137Cs) to stablecesium (133Cs) 2016/04/01〜2017/02/28
生存圏研究所萌芽研究 藤村 恵人 水稲におけるセシウム吸収・分配機構の解明 Mechanism of cesium uptake and distribution in rice plant 2016/04/01〜2017/02/28
生存圏研究所萌芽研究 濱本 昌一郎 土壌における微細気泡の包括的移動機構の解明 Transport of Fine Bubbles in Soils 2016/04/01〜2017/02/28
生存基盤科学研究ユニット 上田 義勝 固体NMRによる可給態セシウムの寿命について(化学状態解析) 2016/04/01〜2017/03/31
Future Development Funding Program 2016 Kyoto University Research Coordination Alliance Yoshikatsu Ueda 福島県下における環境放射能含有ナノ粒子測定に関する新規研究のための議論 Discussion of the accumulation of particulate matter including 137Cs in Fukushima forestsphere 2016/09/04〜2016/09/14
Future Development Funding Program 2017 Kyoto University Research Coordination Alliance 上田 義勝 微細気泡技術を用いた基礎・応用に関わる国際共同研究体制についての打ち合わせ及び現地実験 2017/07/23〜2017/08/04
Future Development Funding Program 2017 Kyoto University Research Coordination Alliance Asst.Prof. Rattanaporn Norarat レーザー散乱測定技術を利用した微細気泡濃度の簡易測定システムの開発と論理的考察 2017/09/16〜2017/09/30

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
工学部電気電子工学科学生実験A,学生実験B
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
京都大学体育会合気道部水輪会 理事・事務局長 Secretary-general of Minawakai belonging to Kyoto University Aikido Club 2004/11/23〜2012/11/23
京都大学合気道部創部五十周年記念実行委員会 委員長 Committee chair of 50th memorial of Kyoto University Aikido Club 2009/04/01〜2011/03/31
京都大学体育会合気道部水輪会 理事 Trustee of Minawakai belonging to Kyoto University Aikido Club 2012/11/24〜
京都大学体育会合気道部 顧問・副部長 Adviser to Kyoto University Aikido Club 2017/07/15〜
全学運営(役職等)
役職名 期間
生存圏研究所 通信情報委員
       学生・教育委員
       広報委員
       ホームページ更新担当
       安全衛生管理者(2006-2007)
       安全衛生分野担当
国際交流会館(宇治分館)主事 2010/09/01〜2016/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
生存圏研究所安全衛生委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
生存圏研究所通信情報委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
生存圏研究所安全衛生委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所点検・評価委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所生存圏フォーラム委員会 2015/09/01〜2016/03/31
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
京都府と奈良県において合気道の指導を行っている Teaching aikido (Kyoto, Nara)
テネシー大学合気道部との交流 Cultural interchange with University of Tennessee Aikido club.
ノックスビル合気道道場との交流 Cultural interchange with Knoxville aikido.
ポーランドにおける合気道交流会 Cultural interchange with Warsaw Aikido dojo. 2011/07/02〜2011/07/09
インドネシアにおける合気道の紹介 Aikido demonstration in Indonesia 2012/08/29〜2012/08/29
イギリスにおける合気道の交流 Cultural interchange with Marple Aikido dojo 2014/09/17〜2014/09/18
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
京都大学アカデミックデイ, お茶を片手に座談会「トークライブ」 「震災からの1年:知の拠点たる「大学」がすべきこれからの仕事とは」 2012/03/10
平成27年度 京都大学高大連携事業 京都大学サマースクール2015 東日本大震災における福島県での復興支援(農業・除染) 2015/08/20
京都大学ジュニアキャンパス2015 東日本大震災における福島県での復興支援(農業・除染) 2015/09/13
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
京都大学宇宙総合学研究ユニット・七夕出張講義 北極でロケットを打ち上げた話 京田辺市立大住中学校 京都府 2010/07/05
京都大学宇宙総合学研究ユニット・七夕出張講義 北極でロケットを打ち上げた話 京田辺市立草内小学校 京都府 2010/07/05
京都大学宇宙総合学研究ユニット・はやぶさ出張授業 宇治市立宇治小学校 京都府 2011/01/28
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 北極ロケット実験の紹介 京都府立宮津高等学校 京都府 2011/11/15
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 宇宙に関する講義 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2011/12/13
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 福島県での放射能について 京都府立精華南中学校 京都府 2012/12/07
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 北極でロケットを打ち上げた話 京都府立西舞鶴高校 京都府 2012/12/11
大阪府立住吉高等学校授業+見学ツアー 宇宙圏航行システム工学分野の紹介 大阪府立住吉高等学校 大阪府 2013/03/05
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 北極でロケットを打ち上げた話 京都府立西舞鶴高校 京都府 2013/12/10
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 北極でロケットを打ち上げた話 京都府立網野高校 京都府 2013/12/12
福島原発事故の影響と復興への取組み「出前授業」 放射線の基礎,除染に関する諸問題 和歌山信愛高等学校 和歌山県 2014/07/24
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 東日本大震災に関する研究(福島県との復興支援研究) 城陽市立寺田南小学校 京都府 2014/10/17
福島原発事故の影響と復興への取組み「出前授業」 放射線の基礎,除染に関する諸問題 東京都立戸山高校 東京都 2014/11/15
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 東日本大震災に関する研究(福島県との復興支援研究) 京都府立峰山高校 京都府 2015/03/14
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 材料を電気で調べる 亀岡市立千代川小学校 京都府 2015/12/18
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 東日本大震災に関する研究(福島県での復興支援研究) 木津川市立州見台小学校 京都府 2016/06/29
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 東日本大震災に関する研究(福島県での復興支援研究) 亀岡市立亀岡高校 京都府 2016/10/11
子どもの好奇心をくすぐる体験授業「出前・受入授業」 東日本大震災に関する研究(福島県での復興支援研究) 木津川市立高の原小学校 京都府 2016/12/12

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
宮津高校で京大から出前授業 宮津高校での出前授業の模様の掲載 産経新聞 地方版 2011/11/16
原発汚染 解決糸口探る 京大生存研 6日 宇治でシンポ 第191回生存研シンポジウムの紹介(発起人代表) 京都新聞 地域 2011/12/28
第191回生存圏シンポジウムイベント掲載 第191回生存圏シンポジウム「東日本大震災以後の福島県の現状及び支援の取り組みについて」の掲載 科学技術振興機構(JST)サイエンスポータル http://scienceportal.jp/events/index.php/component/option,com_spjevcal/task,view_fourteendays/year,2012/month,1/day,6 2011/12/28
第191回生存研シンポ イベントの掲載 第191回生存研シンポ イベントの掲載 京都新聞 イベント情報 http://info.kyoto-np.co.jp/event/?type=week&sub_category_id=5 2011/12/20
親子でナットク イチから、Q! 取材協力 NHK総合 2012/01/05
生存圏研究所の東日本大震災以後の福島県の現状及び支援の取り組みについて 研究所の震災支援活動報告 生存圏だより no.10 P.2-3 2012/03/
震災復興へ大学の役割は? 京大で研究者と市民交流 大学として震災対応についてどのような事が出来たか。 京都新聞 2012/03/11
第215回生存圏シンポジウムイベント掲載 第215回生存研シンポジウムの紹介(発起人代表) 科学技術振興機構(JST)サイエンスポータル http://scienceportal.jp/events/index.php/component/option,com_spjevcal/task,view_fourteendays/year,2012/month,11/day,30 2012/10/18
放射線や除染活動学ぶ 京大研究者を招き授業 精華南中学校での出前授業の様子 京都新聞 地方欄 2012/12/08
宇宙環境と宇宙利用 - 新しい飛行計画・推進・測定技術開発 - 研究所紹介マンガ 生存圏だより マンガ欄 2012/03/31
小冊子「国立大学の東日本大震災復興支援」 震災対応研究・シンポジウムの紹介 一般社団法人 国立大学協会 http://www.janu.jp/shinsai/post.html 2013/03/11
福島県における復興支援研究の現状 震災対応研究の紹介 生存圏だより no.13, p.11 最新記事 2013/10/1

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:その他
活動名 内容 期間
琵琶湖環境ビジネスメッセ2011にてポスター展示 福島県における農業可能用地の土壌汚染調査とその対策について 2011/10/19〜2011/10/21
福島県農業総合センター見学会 被災地に於ける支援研究の状況を見学する(東京理科大学との共同) 2012/08/19〜2012/08/21
福島復興に関する第1回国際交流セミナー 京大の「除染グループ」の活動やこれまでのセミナー(昨年夏のセミナーや東京オフィスの活動など)の紹介 京都から東日本大地震被災者を支援する会 2012/02/08〜2012/02/08
琵琶湖環境ビジネスメッセ2012にてポスター展示 福島県との連携研究(微細気泡水を用いた除染と農業応用利用) 2012/10/24〜2012/10/26
市民交流セミナー 秋の森を語ろう-京の里山・福島の森- 11・30京大シンポジウム要旨「農業総合センターとの連携研究について」 とこれまでの国内重要講演・シンポの資料紹介 主催 分子ハーブ研究所 後援 京都から東日本大地震被災者を支援する会 2012/11/23〜2012/11/23
福島県被災地に於ける見学会(東京理科大学) 東京理科大学の学生に福島県の被災地の状況と復興支援状況を紹介する 2013/08/25〜2013/08/27
福島県被災地における支援研究の紹介 東京理科大学の学生に福島県の被災地の状況と復興支援状況を紹介する 2014/08/25〜2014/08/27
福島県被災地に於ける見学会(東京理科大学) 東京理科大学の学生に福島県の被災地の状況と復興支援状況を紹介する 2015/08/24〜2015/08/25
福島県被災地に於ける見学会(東京理科大学) 東京理科大学の学生に福島県の被災地の状況と復興支援状況を紹介する 2016/08/29〜2016/08/31
福島県被災地に於ける見学会(東京理科大学) 東京理科大学の学生に福島県の被災地の状況と復興支援状況を紹介する 2017/08/28〜2017/08/30