設楽 成実

最終更新日時:2017/08/23 13:49:51

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
設楽 成実/シタラ ナルミ/Narumi Shitara
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
東南アジア地域研究研究所/社会共生研究部門/助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区吉田下安達町46 46 Shimoadachi-cho, Yoshida Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-7344
全学電子メールアドレス
shitara.narumi.6w @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本出版学会 The Japan Society of Pubklishing Studies
日本図書館情報学会 The Japan Society of Library and Information Science
東南アジア学会 Japan Society for Southeast Asian Studies
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(人間・環境学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院人間・環境学研究科修士課程文化・地域環境学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
同志社大学 文学部英文学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2011/07/01〜2012/03/31 京都大学東南アジア研究所 Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University 研究員 Researcher
研究テーマ
(日本語)
日本の学術誌の現状と課題 東南アジア地域研究の変遷―『東南アジア研究』の50年のあゆみをもとに
(英語)
Scholarly Publishing in Japan History of Southeast Asian Studies in Japan throurgh the Analysis of CSEAS' journal, Southeast Asian Studies
研究概要
(日本語)
学術出版におけるグローバル化が進み、英語による出版,インターネットを通した研究成果の発信が主流となる今日、日本発の学術出版はどのような道を進むべきか。研究所の刊行する学術誌Southeast Asian Studiesおよび『東南アジア研究』、日英による4つの叢書シリーズを刊行する研究所出版委員会のmanaging editorとしての経験を通して考えている。 1953年刊行の『東南アジア研究』の変遷の分析を通じ、日本における東南アジア地域研究の変遷をたどる。
(英語)
In the era of globalization of scholarly publishing how should Japanese scholarly publishing be? I consider this through the experience as managing editor of CSEAS's two academic journals and four monograph series. I consider the history of Southeast Asian area studies in Japan through the analysis of articles carried in Center's academic journal, Tonan Ajia Kenkyu since its publication in 1953.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
日本における学術出版 scholaryly publishing in Japan
日本における東南アジア研究 Southeast Asian Studies in Japan
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
設樂 成実 E1921 - 紀要編集者NWキックオフセミナー『紀要』の可能性<報告> カレントアウェアネス-E,326 2017/06 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Some Advice to Prepare a Paper to Be Accepted AAS in Asia 2016/06/26 英語
Some Advice to Prepare a Paper to Be Accepted by International Journals SEASIA 2015 2015/12/12 英語
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
「紀要編集者ネットワーク キックオフセミナー 『紀要』の可能性」 2017/03/24
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費補助金基盤研究挑戦的萌芽「実証的循環型コレクションモデルの創出による研究図書館の危機打開」(研究代表者:北村由美、2015-17年度) 分担 2015/04/01〜2018/03/31
科学研究費補助金 基盤研究C「紀要を見直す――被引用分析を通じた紀要の重要性の実証と紀要発展のための具体的提言」 代表 2017/04/01〜2020/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
科学研究費補助金基盤研究(C)「インドシナ3国逐次刊行物データベースによる機関横断型ネットワーク構築の研究」(研究代表者:大野美紀子、2014-16年度) 連携協力者 2014/04/01〜2016/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
人権委員会 2016/04/01〜2017/03/31
和文誌編集委員会 2016/04/01〜2018/03/31
英文誌編集委員会 2016/04/01〜2018/03/31
出版委員会 2016/04/01〜2018/03/31
広報委員会 2016/04/01〜2018/03/31
男女共同参画推進委員会 2016/04/01〜2018/03/31
人権相談窓口 2017/04/01〜2018/03/31
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
雑誌記事: コンテンツ紹介 The Royal Orders of Burma, A.D. 1598-1885 (10 vols.)」 『静修』 Vol.50, No.4 2014/01/
『東南アジア研究』の52年の軌跡―掲載論文の分析を通して― 21世紀の東南アジア研究 2015/12/
出版活動のこれまで 東南アジア研究所の出版活動のこれまでをまとめる 21世紀の東南アジア研究 2015/12/
Interview with Fujita Koichi, Chief Editor of Southeast Asian Studies Newslerrer CSEAS Newslerrer p.16-17 2014/11/30
その他活動:その他
活動名 内容 期間
Editorial Board Member of Japanese Journal of Southeast Asian Studies (ISSN 0563-8682) Managing Editor 2011/07/01〜
Editorial Board Member of Southeast Asian Studies (ISSN:2186-7275) Managing Editor 2011/07/01〜
Member of The Publications Committe of CSEAS, Kyoto University Managing Editor 2011/07/01〜
世界展開力・集中講義「東南アジア地域論」にて講義 学術出版の概要、特に国際的な学術雑誌の現状についての大学院生に向けた講義(2014年10月1日) 2014/10/01〜2014/10/01
CSEAS'S NEWS LETTER Editor(2014-2017)
世界展開力・集中講義「東南アジア地域論」にて講義 学術出版の概要、特に国際的な学術雑誌の現状についての大学院生に向けた講義(2016年9月30日) 2016/09/30〜2016/09/30
世界展開力・集中講義「東南アジア地域論」にて講義 学術出版の概要、特に国際的な学術雑誌の現状についての大学院生に向けた講義(2015年9月28日) 2015/09/28〜2015/09/28