森 慶太

最終更新日時: 2019/06/21 19:29:47

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
森 慶太/モリ ケイタ/Mori, Keita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/メディカルイノベーションセンター/特定助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000021613
研究テーマ
(日本語)
腎臓病に関与するバイオマーカーの探索・評価、ナトリウム利尿ペプチド系に着目した腎臓病の病態生理
(英語)
Exploring biomarkers related to kidney diseases and elucidating renal pathophysiology focusing on the natriuretic peptide system
研究概要
(日本語)
糖尿病性腎臓病などの腎臓病に重要なバイオマーカー(アルブミン尿、NGAL尿など)の探索・評価や、ナトリウム利尿ペプチド系に着目した腎臓病、腎と他臓器間の臓器連関の病態生理の解明を主なテーマとしている。
(英語)
My research targets are exploring biomarkers related to kidney diseases and elucidating renal pathophysiology and crosstalk between kidney and other organs focusing on natriuretic peptide system.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
腎臓病 kidney diseasae
バイオマーカー biomarker
ナトリウム利尿ペプチド natriuretic peptide
臓器連関 organ crosstalk
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 腎疾患におけるオステオクリン/NPR-C系に着目した筋・骨・腎連関の意義の解析 (平成30年度分) Osteo-musculo-renal interaction in CKD via Osteoclin/Npr3 signaling 2017/04/01〜2019/03/31
若手 代表 腎疾患におけるナトリウム利尿ペプチド系-p38MAPKのクロストークに関する研究 Crosstalk between natriuretic-peptide system and p38 MAPK in kidney diseases 2019/04/01〜2022/03/31