高石 繁生

最終更新日時: 2019/09/04 17:30:08

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
高石 繁生/タカイシ シゲオ/Takaishi, Shigeo
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/メディカルイノベーションセンター/特定准教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本内科学会 The Japanese Society of Internal Medicine (JSIM)
日本消化器病学会 The Japanese Society of Gastroenterology (JSG)
日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society (JGES)
日本がん治療学会 Japan Society of Clinical Oncology (JSCO)
日本臨床腫瘍学会 Japanese Society of Medical Oncology (JSMO)
日本消化管学会 The Japanese Gastroenterological Association (JGA)
日本ヘリコバクター学会 The Japanese Society for Helicobacter Research (JSHR)
日本再生医療学会 the Japanese Society for Regenerative Medicine (JSRM)
日本癌学会 the Japanese Cancer Association (JCA)
日本胃癌学会 Japanese Gastric Cancer Association(JGCA)
日本がん免疫学会 Japanese Association of Cancer Immunology (JCI)

  • <<
  • >>
  • 表示
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Gastroenterological Association (AGA) USA
American Association for Cancer Research (AACR) USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
使用言語
言語名
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0152691
研究テーマ
(日本語)
(1)消化器癌幹細胞における上皮間質転換(Epithelial-Mesenchymal Transition, EMTと略記)の意義と治療抵抗性の分子機構の解明 (2)消化器癌自然発症モデルマウス(胃癌・膵癌等)を用いた、細胞初期化関連因子(Oct-4, Nanog等)の発癌における役割の解明治療標的分子としての可能性の検証
(英語)
(1) The Clarification of the Role of the Epithelial-Mesenchymal Transition and the Mechanism of the Therapeutic Resistance of Cancer Stem Cells in Digestive Organs. (2) The Elucidation of the Role of Reprograming factors in Digestive Organ Carcinogenesis and the Search for the Possibilities of These Genes as Therapeutic Targets.
研究概要
(日本語)
(1)各種消化器癌培養細胞株および患者検体を用いて、EMTの様式およびその関連因子の癌幹細胞維持における役割を解析する。さらに、治療抵抗性を担う分子機構を明らかにし、創薬シーズの探索を行う。 (2)胃癌・膵癌等の消化器癌自然発症モデルマウスにおける細胞初期化関連因子(Oct-4, Nanog等)の発現様式を、組織ごとかつ時系列的に追跡することにより、発癌への関与を詳しく調べる。そして、これらの因子の条件付きノックアウトマウスと交配することにより、発癌が抑制されうるかを解析して、治療標的分子の可能性を検証する。
(英語)
(1) We will clarify the role of the epithelial-mesenchymal transition (EMT) and the mechanism of the therapeutic resistance of cancer stem cells in digestive organs by analyzing cancer cell lines as well as patients surgical specimens of gastric and pancreato-biliary cancers. (2) We elucidate the role of reprograming factors such as Nanog and Oct-4 in digestive organ carcinogenesis and search for the possibilities of these genes as therapeutic targets by analyzing the mouse models of gastric and pancreatic cancers with conditional knockout technology.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
消化器内科学 Gastroenterology
分子腫瘍学 Molecular Oncology
癌幹細胞 Cancer Stem Cells
消化器癌 Cancers in Digestive Organs
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 膵癌発症マウスにおける骨髄由来線維芽細胞・筋線維芽細胞の役割とその分子機構の解明 2017/04/01〜2020/03/31
基盤研究(C) 代表 ヘリコバクター感染胃癌マウスにおける骨髄由来細胞とインターロイキン17の役割 2011/04/01〜2015/03/31