齊藤 大樹

最終更新日時:2015/07/07 14:52:29

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
齊藤 大樹/サイトウ ヒロキ/Hiroki Saitoh
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学研究科附属農場/ /助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本育種学会 Japanese Society of Breeding
日本植物生理学会 Japanese Society of Plant Physiology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 神戸大学
博士(農学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2001/04/01〜2004/02/28 タキイ種苗株式会社 TAKII & CO., LTD. 研究員 Breeder
2008/04/01〜2008/07/31 京都大学 高等教育開発推進センター Center for the Promotion of Excellence in Higher Education 非常勤講師 Part‐time instructor
プロフィール
(日本語)
これまで研究対象とした植物は、アズキ、ダイコン、ニンジン、カブ、イネ、ダイズ。
研究テーマ
(日本語)
イネの出穂期突然変異系統を利用した出穂期制御遺伝子の機能解析
研究概要
(日本語)
イネの開花期(出穂期)は生産性・収量性に関わる重要形質の一つです。イネは短日植物であることから、短日条件で出穂が促進し、長日条件で遅延します。しかし、このような出穂期制御メカニズムは明らかになっていません。そこで、遺伝子レベルで出穂期制御メカニズムを解明することを目的として、突然変異により出穂期が変化した系統を作出し、その原因遺伝子を特定するとともに、出穂期制御遺伝子間ネットワークの構築を目指しています。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
育種学
イネ
花成制御
突然変異
遺伝子
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
育種学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Q. Xu; H. Saito; I. Hirose; K. Katsura; Y. Yoshitake; T. Yokoo; T. Tsukiyama; M. Teraishi; T. Tanisaka; Y. Okumoto The effects of the photoperiod-insensitive alleles, se13, hd1 and ghd7, on yield components in rice Molecular Breeding,33,4,813-819 2014 英語
K. Yasuda; T. Tsukiyama; S. Karki; Y. Okumoto; M. Teraishi; H. Saito; T. Tanisaka Mobilization of the active transposon mPing in interspecific hybrid rice between Oryza sativa and O. glaberrima Euphytica,192,1,17-24 2013/07 英語
T. Tsukiyama; S. Teramoto; K. Yasuda; A. Horibata; N. Mori; Y. Okumoto; M. Teraishi; H. Saito; A. Onishi; K. Tamura; T. Tanisaka Loss-of-function of a ubiquitin-related modifier promotes the mobilization of the active MITE mPing Molecular Plant,6,3,790-801 2013 英語
K. Yasuda; M. Ito; T. Sugita; T. Tsukiyama; H. Saito; K. Naito; M. Teraishi; T. Tanisaka; Y. Okumoto Utilization of transposable element mPing as a novel genetic tool for modification of the stress response in rice Molecular Breeding,32,3,505-516 2013 英語
H. Saito; Y. Okumoto; Y. Yoshitake; H. Inoue; Q. Yuan; M. Teraishi; T. Tsukiyama; H. Nishida; T. Tanisaka Complete loss of photoperiodic response in the rice mutant line X61 is caused by deficiency of phytochrome chromophore biosynthesis gene Theoretical and Applied Genetics,122,1,109-118 2011/01 英語
中村岳史;寺石政義;関功介;平田香里;平田香里;吉川貴徳;吉川貴徳;斉藤大樹;佐山貴司;佐山貴司;築山拓司;中崎鉄也;矢ケ崎和弘;奥本裕;谷坂隆俊 ダイズの発芽時冠水抵抗性に関する評価法の確立 育種学研究,12,61 2010/09/24 日本語
Q. Yuan; H. Saito; Y. Okumoto; H. Inoue; H. Nishida; T. Tsukiyama; M. Teraishi; T. Tanisaka Identification of a novel gene ef7 conferring an extremely long basic vegetative growth phase in rice Theoretical and Applied Genetics,119,4,675-684 2009/08 英語
H. Saito; Q. Yuan; Y. Okumoto; K. Doi; A. Yoshimura; H. Inoue; M. Teraishi; T. Tsukiyama; T. Tanisaka Multiple alleles at Early flowering 1 locus making variation in the basic vegetative growth period in rice (Oryza sativa L.) Theoretical and Applied Genetics,119,2,315-323 2009/07 英語
J. Wang; T. Nakazaki; S. Chen; W. Chen; H. Saito; T. Tsukiyama; Y. Okumoto; Z. Xu; T. Tanisaka Identification and characterization of the erect-pose panicle gene EP conferring high grain yield in rice (Oryza sativa L.) Theoretical and Applied Genetics,119,1,85-91 2009/06 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
H. Saito; E. Ogiso-Tanaka; Y. Okumoto; Y. Yoshitake; H. Izumi; T. Yokoo; K. Matsubara; K. Hori; M. Yano; H. Inoue; T. Tanisaka Ef7 encodes an ELF3-like protein and promotes rice flowering by negatively regulating the floral repressor gene Ghd7 under both short-and long-day conditions Plant and Cell Physiology,53,4,717-728 2012 英語
齊藤大樹 イネ早生突然変異系統の超長日条件における出穂遅延の多様性 日本育種学会第119回講演会 2011 日本語
齊藤大樹 ダイズゲノムにおける活性型転移因子の探索 日本育種学会第117回講演会 2010 日本語
Y. Monden; K. Naito; Y. Okumoto; H. Saito; N. Oki; T. Tsukiyama; O. Ideta; T. Nakazaki; S.R. Wessler; T. Tanisaka High potential of a transposon mPing as a marker system in japonica × japonica cross in rice DNA Research,16,2,131-140 2009/04 英語
T. Sayama; T. Nakazaki; G. Ishikawa; K. Yagasaki; N. Yamada; N. Hirota; K. Hirata; T. Yoshikawa; H. Saito; M. Teraishi; Y. Okumoto; T. Tsukiyama; T. Tanisaka QTL analysis of seed-flooding tolerance in soybean (Glycine max [L.] Merr.) Plant Science,176,4,514-521 2009/04 英語
齊藤大樹 イネ転移因子の爆発的増殖がもたらす遺伝子制御網への影響 日本育種学会第116回講演会 2009 日本語
齊藤大樹 極早生突然変異系統X61のもつ不感光性遺伝子se13の機能解析 日本育種学会第116回講演会 2009 日本語
齊藤大樹 不感光性突然変異系統X61のもつ新規突然変異遺伝子の単離およびその育種的利用 日本育種学会第116回講演会 2009 日本語
齊藤大樹 mPing SCARマーカーを用いた新規出穂期突然変異遺伝子の同定 日本育種学会第116回講演会 2009 日本語
齊藤大樹 北海道品種に見いだされたイネ感光性遺伝子座E1座の新規機能欠損型対立遺伝子 日本育種学会第116回講演会 2009 日本語
Hiroki Saito A loss-of-function allele of phytochromobilin synthase gene completekly eliminates photoperiod sensitivity The 6th International Rice Genetics Symposium 2009 英語
K. Naito; F. Zhang; T. Tsukiyama; H. Saito; C.N. Hancock; A.O. Richardson; Y. Okumoto; T. Tanisaka; S.R. Wessler Unexpected consequences of a sudden and massive transposon amplification on rice gene expression Nature,461,7267,1130-1134 2009 英語
齊藤大樹 Oryza rufipogonに見出された新規感光性遺伝子はSe1座に不感光性対立遺伝子が存在しても感光性を著しく増大させる 日本育種学会第115回講演会 2008 日本語
齊藤大樹 イネの生育相転換期における開花誘導遺伝子の発現解析 日本育種学会第114回講演会 2008 日本語
H. Saito; Y. Okumoto; T. Teranishi; Y. Qingbo; T. Nakazaki; T. Tanisaka Heading time genes responsible for the regional adaptability of \\'Tongil-type short-culmed rice cultivars\\' developed in Korea Breeding Science,57,2,135-143 2007/06 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 多重突然変異系統を用いたイネの新規花成誘導機構の解明 2009〜2011
若手研究(B) 代表 突然変異による概日リズムのゆらぎがイネの光合成能力および生産性に及ぼす効果の検証 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
栽培技術論と実習II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
栽培技術論と実習I 通年 農学部 2011/04〜2012/03
生産管理科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
植物生産管理学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物生産管理学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
栽培技術論と実習I Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2012/04〜2013/03
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
栽培技術論と実習I Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2013/04〜2014/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期 農学部 2013/04〜2014/03
植物生産管理学演習 Plant Production Control Science Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物生産管理学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
栽培技術論と実習I Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2014/04〜2015/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
植物生産管理学演習 Plant Production Control Science Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
植物生産管理学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
栽培技術論と実習I Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2015/04〜2016/03
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期 農学部 2015/04〜2016/03
植物生産管理学専攻実験1 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物生産管理学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物生産管理学演習1 Plant Production Control Science Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物生産管理学演習 Plant Production Control Science Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示