今井 友也

最終更新日時:2017/10/25 17:07:21

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
今井 友也/イマイ トモヤ/Tomoya Imai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生存圏研究所/生存圏診断統御研究系/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 森林科学専攻 木質バイオマス科学講座 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 Gokasyo, Uji-shi, Kyoto, 611-0011, Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
セルロース学会 Cellulose Society of Japan
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本顕微鏡学会 The Japanese Society of Microscopy
日本生物物理学会 The Biophysical Society of Japan
日本木材学会 The Japan Wood Research Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程林産工学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士課程森林科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部林産工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1997/04〜2000/03 京都大学木質科学研究所 Wood Reseaarch Institute, Kyoto University 日本学術振興会特別研究員(DC) JSPS Research Fellow (DC)
2000/04/01〜2000/09/27 東京農工大学 Tokyo University of Agriculture and Technology リサーチアソシエート Research Asociate
2000/10/01〜2002/03/19 フランス科学研究庁 植物高分子研究所 Research Center for Plant Macromolecules, National Center for Scientific Research 博士研究員 Post-Doctoral Fellow
2002/04/01〜2005/03/31 京都大学大学院理学研究科 Graduate School of Science, Kyoto University 日本学術振興会特別研究員(PD) JSPS Research Fellow (PD)
2005/04/01〜2008/03/31 京都大学大学院理学研究科 Graduate School of Sciene, Kyoto University 博士研究員 Post-doctoral fellow
プロフィール
(日本語)
学生から博士研究員の14年間に渡り、木質科学、高分子結晶学から生化学、構造生物学、神経科学分野の幅広い学術分野で研究を行ってきた。その経験に基づき広く視野を持ち、学生、博士研究員等の同僚とお互いに対等な立場で議論を行うべきとの認識で研究を進め、問題の本質を自分で考えられる人材育成を目指す。また内外との共同研究により研究手法・情報の交換を通じて開放的な研究を進め、生存圏研究所の共同利用・共同研究拠点活動と連携し、持続的発展可能な社会構築に資する新たな学問分野の創出を目指す。
(英語)
Research fields in my career, from an undergraduate to a post-doc, includes wood science, polymer crystallography, biochemistry, structural biology, and neuroscience. Taking a broad view of things, which is given by my background shown above, I will conduct researches with colleagues on equal terms about science for growing up younger talented persons. In addition, I will have collaborative works by exchanging scientific skills and information with each other, and then conduct disclosed researches to create a new science for sustainable humanosphere under the framework of Joint Usage/Research Center of RISH (Research Institute for Sustainable Humanosphere).
個人ホームページ
URL
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/lbmi/member/imai/
研究テーマ
(日本語)
バイオマス循環に関わる膜タンパク質の生化学 生化学/電子顕微鏡の融合研究 木材解剖学: 生命科学の観点から
(英語)
Biochemistry of membrane proteins for biomass formaion/degradation Inter-disciplinary research of biochemistry and electron microscopy Wood anatomy in a view from life science
研究概要
(日本語)
木質の主成分であるセルロース、ヘミセルロース、リグニンの生合成では、セルロース合成酵素やヘミセルロース合成酵素、モノリグノール輸送体など、膜タンパク質が直接に重要な役割を担っている。さらに海産バイオマスの多くを占めるキチンの合成酵素も膜タンパク質であり、バイオマス形成を理解するためには膜タンパク質研究が大変重要である。そこで、これらの膜タンパク質(特にセルロース合成酵素)によるバイオマス形成機構を、生化学的に理解することを目的とした研究を行っている。生化学および電子顕微鏡の手法を主に用いて研究を進めるが、バイオマス成分の多くは高分子であることから、高分子科学も重要な要素となる。これらの領域の研究をバランス良く複合的に行っている。
(英語)
Membrane proteins play a key role for the biosynthesis of cellulose, hemicellulose, and lignin, which are the major components of woody biomass. Furthermore chitin is synthesized by chitin synthase membrane protein as well. In order to clarify the biosynthesis mechanism of biomass, I analyze those membrane proteins, especially cellulose synthase, with biochemical and EM techniques. In addition, given that the biomass we think here is a flock of many polymeric molecules, polymer science aspects are considered adequately in those researches.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
セルロース Cellulose
電子顕微鏡 Electron Microscopy
膜タンパク質 Membrane Protein
バイオマス Biomass
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林産科学・木質工学
機能生物化学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Paavo A. Penttilä, Tomoya Imai, Junji Sugiyama Fibrillar assembly of bacterial cellulose in the presence of wood-based hemicelluloses International Journal of Biological Macromolecules,102,111-118 2017/09 英語
Fumiaki Yokoyama, Jun Kawamoto, Tomoya Imai, Tatsuo Kurihara Characterization of extracellular membrane vesicles of an Antarctic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10, and their enhanced production by alteration of phospholipid composition Extremophiles,21,4,723-731 2017/06 英語
Shi-jing Sun, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Satoshi Kimura CesA protein is included in the terminal complex of Acetobacter Cellulose,24,5,2017-2027 2017/05 英語
Yohei Uehara, Syunsuke Tamura, Yusuke Maki, Kenta Yagyu, Tadashi Mizoguchi, Hitoshi Tamiaki, Tomoya Imai, Tadashi Ishii, Takao Ohashi, Kazuhito Fujiyama, Takeshi Ishimizu Biochemical characterization of rhamnosyltransferase involved in biosynthesis of pectic rhamnogalacturonan I in plant cell wall Biochemical and Biophysical Research Communications,486,1,130-136 2017/04 英語
Yoshiki Horikawa, Tomoya Imai, Junji Sugiyama Visualization of cellulase interactions with cellulose microfibril by transmission electron microscopy Cellulose,24,1,1-9 2017/01 英語
Cheol Joo Kim, Motoki Ueda, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Shunsaku Kimura Tuning Viscoelasticity of Peptide Vesicles by Adjusting Hydrophobic Helical Blocks in Comprising Amphiphilic Polypeptides Langmuir,33,22,5243-5429 2017 英語
Shi-jing Sun, Yoshiki Horikawa, Masahisa Wada, Junji Sugiyama, Tomoya Imai Site-directed mutagenesis of bacterial cellulose synthase highlights sulfur–arene interaction as key to catalysis Carbohydrate Research,434,3,99-106 2016/11 英語
Kazuki Kawahara, Hiroya Oki, Shunsuke Fukakusa, Takuya Yoshida, Tomoya Imai, Takahiro Maruno, Yuji Kobayashi, Daisuke Motooka, Tetsuya Iida, Tadayasu Ohkubo, Shota Nakamura Homo-trimeric Structure of the Type IVb Minor Pilin CofB Suggests Mechanism of CFA/III Pilus Assembly in Human Enterotoxigenic Escherichia coli Journal of Molecular Biology,428,6,1209-1226 2016/03 英語
Hirotaka Uji, Hyunji Kim, Tomoya Imai, Syota Mitani, Junji Sugiyama and Shunsaku Kimura Electronic Properties of Tetrathiafulvalene-Modified Cyclic-β-Peptide Nanotube Peptide Science,106,3,275-282 2016 英語
PENTTILÄ Paavo, SUGIYAMA Junji, IMAI Tomoya Effects of reaction conditions on cellulose structures synthesized in vitro by bacterial cellulose synthases Carbohydrate Polymers,136,656-666 2016 英語
Yoshiki Horikawa, Tomoya Imai, Kentaro Abe, Keita Sakakibara, Yoshinobu Tsujii, Asako Mihashi, Yoshinori Kobayashi, Junji Sugiyama Assessment of endoglucanase activity by analyzing the degree of cellulose polymerization and high-throughput analysis by near-infrared spectroscopy Cellulose,23,3,1565-1572 2016 英語
Akihiro Uesaka, Isao Hara, Tomoya Imai, Junji Sugiyama and Shunsaku Kimura Unsymmetric Vesicles with a Different Design on Each Side for Near-Infrared Fluorescence Imaging of Tumor Tissues RSC Advances,5,14697-14703 2015/01 英語
IMAI Tomoya, SUN Shijing, HORIKAWA Yoshiki, WADA Masahisa, SUGIYAMA Junji Functional Reconstitution of Cellulose Synthase in Escherichia coli. Biomacromolecules,15,11,4206-4213 2014/10 英語
Zhai S, Horikawa T, Imai T, Sugiyama J Cell wall ultrastructure of palm leaf fibers IAWA Journal,35,2,127-134 2014 英語
M. Takahashi; K. Yoshioka; T. Imai; Y. Miyoshi; Y. Nakano; K. Yoshida; T. Yamashita; Y. Furuta; T. Watanabe; J. Sugiyama; T. Takeda Degradation and synthesis of β-glucans by a magnaporthe oryzae endotransglucosylase, a member of the glycoside hydrolase 7 family Journal of Biological Chemistry,288,19,13821-13830 2013/05/10 日本語
今井友也 セルロース生合成研究におけるバクテリアモデルの可能性 Cellulose Communications,18,4,156-162 2011/12 日本語
T. Imai; T. Watanabe; T. Yui; J. Sugiyama Directional degradation of β-chitin by chitinase A1 revealed by a novel reducing end labelling technique FEBS Letters,510,3,201-205 2002/01/16 日本語
Imai T.; Sugiyama J. Nanodomain of I<sub>α</sub> and I<sub>β</sub> cellulose in algal microfibril. (共著) Macromolecules,31,6275-6279 1998 英語
Uesaka A, Ueda M, Makino A, Imai T, Sugiyama J, Kimura S.\t Facile and precise formation of unsymmetric vesicles with using helix dipole, stereo-complex, and steric effects of peptides Langmuir\t30(15),4273-4279 2014/03 英語
A. Uesaka; M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Morphology control between twisted ribbon, helical ribbon, and nanotube self-assemblies with his-containing helical peptides in response to pH change Langmuir,30,4,1022-1028 2014/02/04 英語
Y. Horikawa; N. Konakahara; T. Imai; A. Kentaro; Y. Kobayashi; J. Sugiyama The structural changes in crystalline cellulose and effects on enzymatic digestibility Polymer Degradation and Stability,98,11,2351-2356 2013/11 英語
M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Versatile peptide rafts for conjugate morphologies by self-assembling amphiphilic helical peptides Polymer Journal,45,5,509-515 2013/05 英語
Tomonori Nakai, Yasushi Sugano, Makoto Shoda, Hitoshi Sakakibara, Kazuhiro Oiwa, Satoru Tuzi, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Miyuki Takeuchi, Daisuke Yamauchi, and Yoshinobu Mineyuki\t Formation of Highly Twisted Ribbons in a Strain of a Cellulose-Producing Bacterium Carboxymethylcellulase Gene-Disrupted J. Bacteriol. 195 (5) 958-964 2013/03/13 英語
T. Nakai; Y. Sugano; M. Shoda; H. Sakakibara; K. Oiwa; S. Tuzi; T. Imai; J. Sugiyama; M. Takeuchi; D. Yamauchi; Y. Mineyukia Formation of highly twisted ribbons in a carboxymethylcellulase gene-disrupted strain of a cellulose-producing bacterium Journal of Bacteriology,195,5,958-964 2013/03 英語
S. Zhai; T. Imai; Y. Horikawa; J. Sugiyama Anatomical and mechanical characteristics of leaf-sheath fibrovascular bundles in palmS IAWA Journal,34,3,285-300 2013 英語
S. Zhai; J. Sugiyama; T. Imai; Y. Horikawa Cell wall characterization of windmill palm (Trachycarpus fortunei) fibers and its functional implications IAWA Journal,34,1,20-33 2013 英語
A. Uesaka; M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Self-assemblies of triskelion A <sub>2</sub>B-type amphiphilic polypeptide showing pH-responsive morphology transformation Langmuir,28,14,6006-6012 2012/04/10 英語
Y. Horikawa; T. Imai; R. Takada; T. Watanabe; K. Takabe; Y. Kobayashi; J. Sugiyama Chemometric analysis with near-infrared spectroscopy for chemically pretreated Erianthus toward efficient bioethanol production Applied Biochemistry and Biotechnology,166,3,711-721 2012/02 英語
Shengcheng Zhai, Yoshiki Horikawa, Tomoya Imai, and Junji Sugiyama Cell wall characterization of windmill palm (Trachycarpus fortunei) fibers and its functional implications IAWA Journal 34 (1) 20-33 2012 英語
A. Hashimoto; K. Shimono; Y. Horikawa; T. Ichikawa; M. Wada; T. Imai; J. Sugiyama Extraction of cellulose-synthesizing activity of Gluconacetobacter xylinus by alkylmaltoside Carbohydrate Research,346,17,2760-2768 2011/12/13 英語
Y. Horikawa; T. Imai; R. Takada; T. Watanabe; K. Takabe; Y. Kobayashi; J. Sugiyama Near-infrared chemometric approach to exhaustive analysis of rice straw pretreated for bioethanol conversion Applied Biochemistry and Biotechnology,164,2,194-203 2011/05 英語
M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Temperature-triggered fusion of vesicles composed of right-handed and left-handed amphiphilic helical peptides Langmuir,27,8,4300-4304 2011/04/19 英語
T. Shimomura; K. Irie; H. Nagura; T. Imai; Y. Fujiyoshi Arrangement and mobility of the voltage sensor domain in prokaryotic voltage-gated sodium channels Journal of Biological Chemistry,286,9,7409-7417 2011/03/04 英語
M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Rational design of peptide nanotubes for varying diameters and lengths Journal of Peptide Science,17,2,94-99 2011/02 英語
M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Tubulation on peptide vesicles by phase-separation of a binary mixture of amphiphilic right-handed and left-handed helical peptides Soft Matter,7,9,4143-4146 2011 英語
M. Ueda; A. Makino; T. Imai; J. Sugiyama; S. Kimura Transformation of peptide nanotubes into a vesicle via fusion driven by stereo-complex formation Chemical Communications,47,11,3204-3206 2011 英語
H. Nagura; K. Irie; T. Imai; T. Shimomura; T. Hige; Y. Fujiyoshi Evidence for lateral mobility of voltage sensors in prokaryotic voltage-gated sodium channels Biochemical and Biophysical Research Communications,399,3,341-346 2010/08/27 英語
K. Irie; K. Kitagawa; H. Nagura; T. Imai; T. Shimomura; Y. Fujiyoshi Comparative study of the gating motif and C-type inactivation in prokaryotic voltage-gated sodium channels Journal of Biological Chemistry,285,6,3685-3694 2010/02/05 英語
N.-H. Kim; T. Imai; M. Wada; J. Sugiyama Molecular directionality in cellulose polymorphs Biomacromolecules,7,1,274-280 2006/01 英語
M. Faijes; T. Imai; V. Bulone; A. Planas In vitro synthesis of a crystalline (1 → 3, 1 → 4)-β-D-glucan by a mutated (1 → 3, 1 → 4)-β-D-glucanase from Bacillus Biochemical Journal,380,635-641 2004/06/15 英語
T. Imai; T. Watanabe; T. Yui; J. Sugiyama The directionality of chitin biosynthesis: A revisit Biochemical Journal,374,755-760 2003/09/14 英語
L. Pelosi; T. Imai; H. Chanzy; L. Heux; E. Buhler; V. Bulone Structural and morphological diversity of (1→3)-β-D-glucans synthesized in vitro by enzymes from Saprolegnia monoïca. Comparison with a corresponding in vitro product from blackberry (Rubus fruticosus) Biochemistry,42,20,6264-6274 2003/05/27 英語
T. Imai; J.-L. Putaux; J. Sugiyama Geometric phase analysis of lattice images from algal cellulose microfibrils Polymer,44,6,1871-1879 2003/03 英語
J. Lai-Kee-Him; H. Chanzy; M. Müller; J.-L. Putaux; T. Imai; V. Bulone In vitro versus in vivo cellulose microfibrils from plant primary wall synthases: Structural differences Journal of Biological Chemistry,277,40,36931-36939 2002/10/04 英語
M. Hrmova; T. Imai; S.J. Rutten; J.K. Fairweather; L. Pelosi; V. Bulone; H. Driguez; G.B. Fincher Mutated barley (1,3)-beta-D-glucan endohydrolases synthesize crystalline (1,3)-beta-D-glucans. Journal of Biological Chemistry,277,33,30102-30111 2002 英語
J. Sakamoto; J. Sugiyama; S. Kimura; T. Imai; T. Itoh; T. Watanabe; S. Kobayashi Artificial chitin spherulites composed of single crystalline ribbons of α-chitin via enzymatic polymerization Macromolecules,33,11,4155-4160 2000 英語
S. Kobayashi; L.J. Hobson; J. Sakamoto; S. Kimura; J. Sugiyama; T. Imai; T. Itoh Formation and structure of artificial cellulose spherulites via enzymatic polymerization Biomacromolecules,1,2,168-173 2000 英語
J. Sugiyama; T. Imai Aspects of Native Cellulose Microfibrils at Molecular Resolution Trends in Glycoscience and Glycotechnology,11,57,23-31 1999/01 英語
T. Imai; J. Sugiyama; T. Itoh; F. Horii Almost pure I(α) cellulose in the cell wall of Glaucocystis Journal of Structural Biology,127,3,248-257 1999 英語
T. Imai; C. Boisset; M. Samejima; K. Igarashi; J. Sugiyama Unidirectional processive action of cellobiohydrolase Cel7A on Valonia cellulose microcrystals FEBS Letters,432,3,113-116 1998/08/07 英語
M. Koyama; W. Helbert; T. Imai; J. Sugiyama; B. Henrissat Parallel-up structure evidences the molecular directionality during biosynthesis of bacterial cellulose Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,94,17,9091-9095 1997/08/19 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Paavo A. Penttilä, Tomoya Imai, Masahiro Mizuno, Yoshihiko Amano, Junji Sugiyama, Ralf Schweins Applications of small-angle scattering for characterizing the nanoscale morphology of bacterial cellulose The 3rd International Symposium on Bacterial Nano Cellulose 2017/10 英語
Shi-jing Sun, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Satoshi Kimura Molecular anatomy of cellulose synthase complex in Acetobacter The 3rd International Symposium on Bacterial Nano Cellulose 2017/10 英語
Tomoya Imai, Shi-jing Sun, Junji Sugiyama CESEC: a platform to assay cellulose synthase activity The 4th International Cellulose Conference 2017 2017/10 英語
IMAI Tomoya, Junji Sugiyama Cellulose II formation by cellulose synthase: Negative data can make themselves positive? The 253rd ACS National Meeting spring 2017/04 英語
Toshifumi, Yui, Takuya Uto, M. Takemoto, Tomoya Imai Dynamics behaviours of a baccterila expansin on cellulose crystal surface ACS National Meeting 2016 Spring 2016/03 英語
Paavo A. Penttilä, Junji Sugiyama, Tomoya Imai Fibrillar assembly of bacterial cellulose in the presence of wood hemicelluloses ACS National Meeting 2016 2016/03 英語
Yoshiki Horikawa, Tomoya Imai, Junji Sugiyama Longitudinal order on cellulose microfibrils in aquatic algae ACS National Meeting 2016 Spring 2016/03 英語
Shi-jing Sun, Yoshiki Horikawa, Junji Sugiyama, Tomoya Imai Cellulose synthase activity assayed in the living cell ACS National Meeting 2016 Spring 2016/03 英語
Paavo A. Penttil?, Junji Sugiyama, Tomoya Imai In vitro synthesis of cellulose under various conditions 249th American Chemical Society National Meeting & Exposition 2015/03/23
Horikawa Y., Imai T., Sugiyama J Longitudinal suprastructure of cellulose microfibril in green algae International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03/16
Shi-jing Sun, Yoshiki Horikawa, Junji Sugiyama, Tomoya Imai Function analysis of cellulose synthase by site-directed mutagenesis International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03/16
Paavo A. Penttil?, Junji Sugiyama, Tomoya Imai Effects of reaction conditions on cellulose structures synthesized in vitro International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03/16
Horikawa, Y., Imai, T., Sugiyama, J., Sakakibara, K., Tsujii, Y., Kobayashi, Y. Assessment of endoglucanase activity by analyzing degree of polymerization (DP) of cellulose and its high-throughput analysis International Symposium on Wood Quality and Utilization 2013(8th Joint Seminar of China-Korea-Japan on Wood Quality and Utilization of domestic species) 2013/10
Horikawa, Y., Imai, T., Sugiyama, J., Sakakibara, K., Tsujii, Y., Kobayashi, Y. Practical evaluation for cellulase activity by estimating degree of polymerization (DP) of cellulose and its high-throughput analysis The 8th Pacific Regional Wood Anatomy Conference (PRWAC 2013), combined with the Annual Meeting of International Academy of Wood Science 2013 (IAWS-2013) 2013/10
Horikawa Y., Imai M., Kanai K., Imai T., Takada R., Watanabe T., Takabe K., Kobayashi Y., Sugiyama J. High-throughput analysis by near-infrared spectroscopy toward efficient ethanol production Lignobiotech II Symposium 2012/10
Yoshiki Horikawa, Tomoya Imai, Junji Sugiyama “Ceiling” phenomenon in saccharification The 5th Bio-energy Symposium Cellulosic Bio-energy 2011/12
Yoshiki Horikawa, Makiko Imai, Keiko Kanai, Tomoya Imai, Takeshi Watanabe, Keiji Takabe, Junji Sugiyama NIR High-throughput analysis toward efficient saccharification The 5th Bio-energy Symposium Cellulosic Bio-energy 2011/12
Masato Naruse, Tomoya Imai, Yoshiki Horikawa, Katsuro Yaoi, Kentaro Miyazaki, Junji Sugiyama Functional Analysis of Expansin with Infrared Spectroscopy The 4th Conference on Biosynthesis of Plant Cell Wall 2011/10

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Hirotaka Tajima, Paavo Penttilä, Tomoya Imai, Junji Sugiyama, Yoshiaki Yuguchi Time-resolved SAXS measurement of cellulose synthesized in vitro 2017/09 英語
Paavo Penttilä、今井友也、湯口宜明 時分割小角X線散乱測定によるセルロース合成酵素活性のその場観察 セルロース学会第24回年次大会 2017/07 日本語
河原一樹、沖大也、深草俊輔、吉田卓也、今井友也、丸野孝浩、小林祐次、元岡大祐、飯田哲也、大久保忠恭、中村昇太 腸管毒素原性大腸菌(ETEC)が産生するIV型線毛の立体構造解析 日本結晶学会平成28年度年会 2016/11 日本語
堀川祥生、清水美智子、齋藤継之、磯貝明、今井友也、杉山淳司 セルロースミクロフィブリルの長さ方向における高次構造 第23回セルロース学会年次大会 2016/07 日本語
村野玲奈、渡辺耕平、今井友也、磯野拓也、佐藤敏文、田島健次 遺伝子組換えによるセルロース合成大腸菌の創製 第23回セルロース学会年次大会 2016/07 日本語
孫世静、今井友也、杉山淳司、木村聡 セルロース合成酵素複合体の分子解剖研究 第23回セルロース学会年次大会 2016/07 日本語
Paavo A Penttilä、Junji Sugiyama、Tomoya Imai Fibrillar assembly of bacterial cellulose in the presence of wood hemicelluloses The 23rd annual meeting of the cellulose society of Japan 2016/07 英語
横山 文秋、川本 純、今井 友也、小川 拓哉、栗原 達夫 低温菌 Shewanella livingstonensis Ac10 の菌体外膜小胞の解析 日本農芸化学会2016年度大会 2016/03 日本語
今井 友也、杉山 淳司 セルロース合成酵素の大腸菌発現系最適化 第66回日本木材学会大会 2016/03 日本語
今井 友也、杉山 淳司 放射性同位元素を使用しないセルロース合成酵素活性測定系 −光散乱による計数法ー 第38回日本分子生物学会 第88回日本生化学会 合同大会 2015/12 日本語
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 水生藻類シャジクモセルロースの長さ方向における高次構造 セルロース学会第22回年次大会 2015/07 日本語
Paavo A. Penttila, Junji Sugiyama, Tomoya Imai In vitro synthesis of cellulose under different conditions セルロース学会第22回年次大会 2015/07 英語
三谷果穂、杉山淳司、今井友也 セルロース合成酵素複合体におけるサブユニット配置 第65回日本木材学会大会 2015/03 日本語
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 透過型電子顕微鏡によるセルラーゼ-セルロース相互作用の可視化 第65回日本木材学会大会 2015/03 日本語
孫世静、今井友也、杉山淳司 部位特異的変異導入によるセルロース合成酵素の機能解析(II) 第87回日本生化学会大会 2014/10 日本語
2014/09 英語
孫世静、堀川祥生、杉山淳司、今井友也 Quantification of the cellulose produced by recombinant cellulose synthase in E.coli セルロース学会第21回年次大会 2014/07
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 透過型電子顕微鏡を用いた酵素-基質相互作用の可視化 セルラーゼ研究会第28回大会 2014/07
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 TEMによる酵素-基質相互作用の可視化 セルロース学会第21回年次大会 2014/07
今井友也、孫世静、堀川祥生、和田昌久、杉山淳司 セルロース合成酵素の大腸菌内機能再構成 セルロース学会第21回年次大会 2014/07 日本語
Shijing Sun, Yoshiki Horikawa, Junji Sugiyama and Tomoya Imai Function Analysis of Cys308 in Cellulose Synthase A gene from Gluconacetobacter xylinus 第64回日本木材学会大会 2014/03
堀川祥生、阿部賢太郎、今井友也、榊原圭太、辻井敬亘、小林良則 、杉山淳司 セルロースの重合度測定によるエンドグルカナーゼ活性評価法の開発とそのハイスループット解析 日本木材学会 2014/03
Shijing Sun, Yoshiki Horikawa, Junji Sugiyama and Tomoya Imai Functional Analysis of Cellulose Synthase by Site‐directed Mutagenesis 第7回細胞壁ネットワーク研究会 2013/11
Imai, T., Sun, S., Horikawa, Y., Wada, M., Sugiyama, J. Functional reconstitution of cellulose synthase in Escherichia coli EPNOE2013 2013/10 英語
今井友也、孫世静、堀川祥生、杉山淳司 部位特異的変異導入によるセルロース合成酵素の機能解析 第86回日本生化学会大会 2013/09 日本語
孫世静,堀川祥生,杉山淳司,今井友也 Site-directed Mutagenesis on Cellulose Synthase from Gluconacetobacter xylinum and Its Characterization 第20回日本セルロース学会年次大会 2013/07
堀川祥生、阿部賢太郎、今井友也、杉山淳司、榊原圭太、辻井敬亘、小林良則 セルロースの固体構造から観た基質と酵素の相互作用 セルラーゼ研究会第27回大会 2013/07
堀川祥生、阿部賢太郎、今井友也、榊原圭太、辻井敬亘、小林良則 、杉山淳司 重合度測定によるセルラーゼ活性評価法の開発とそのハイスループット化 セルロース学会第20回年次大会 2013/07
今井友也、堀川祥生、杉山淳司 CESECシステム: 組換え体セルロース合成酵素によるセルロース合成 第63回日本木材学会大会 2013/03 日本語
李智慧、今井友也、杉山淳司 古木版に使われる有用広葉樹の道管分布に関する研究 第63回日本木材学会大会 2013/03
堀川祥生、阿部賢太郎、今井友也、榊原圭太、辻井敬亘、小林良則、杉山淳司 分子量測定による新規セルラーゼ活性評価法の開発とそのハイスループット化 第63回日本木材学会大会 2013/03
牧 祐介、俣木 彩恵子、石井 忠、今井友也、長谷川 友香、大橋 貴生、藤山 和仁、石水 毅 ペクチンラムノガラクツロナンの合成に関与するラムノース転移酵素の活性測定法 日本農芸化学会2013年度大会 2013 日本語
Tomoya Imai, Akira Hashimoto, Kenji Shimono1, Yoshiki Horikawa, Masahisa Wada, Junji Sugiyama Reinvestigation of cellulose-synthesizing activityof Gluconacetobacter xylinus The 3rd International Cellulose Conference 2012/10 英語
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 低濃度酵素による糖化率頭打ち現象の打破を目指したセルロース前処理の検討 第19回日本セルロース学会 2012/07
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 頭打ち現象の打破を目的としたセルロース前処理の検討 II 第26回 セルラーゼ研究会 2012/07
下農健治、杉山淳司、今井友也 セルロース合成活性の速度論的解析 第19回日本セルロース学会 2012/07 日本語
下農健治、杉山淳司、今井友也 界面活性剤による可溶化が膜タンパク質酵素の活性に及ぼす影響−セルロース合成活性を例に− 第59回 日本生化学会近畿支部例会 2012/05 日本語
下農健治、堀川祥生、杉山淳司、今井友也 セルロース合成活性の速度論的解析−可溶化が合成活性に及ぼす影響− 第62回日本木材学会大会 2012/03
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 低濃度酵素による頭打ち現象の打破を目的としたセルロース前処理の検討 第62回日本木材学会大会 2012/03
今井友也、菅野亜美、杉山淳司、岩崎憲治 セルロース合成酵素の単粒子構造解析(I) ―制御サブユニットGxCesB タンパク質の構造解析― 第62回日本木材学会大会 2012/03 日本語
下農健治、堀川祥生、杉山淳司、今井友也 セルロース合成活性の速度論的解析 -酢酸菌を用いて- 第5回植物細胞壁ネットワーク定例研究会 2011/10
下農健治、杉山淳司、今井友也 酢酸菌の膜内在性セルロース合成活性の再評価 第84回日本生化学会大会 2011/09
下農健治、堀川祥生、今井友也、杉山淳司 脂質再構成法によるセルロースのin vitro合成 第18回日本セルロース学会年次大会 2011/07
菅野亜美、杉山淳司、今井友也、岩崎憲治 GxCesB(酢酸菌セルロース合成酵素制御サブユニット)の電子顕微鏡構造解析 第18回日本セルロース学会年次大会 2011/07
成瀬理人、今井友也、堀川祥生、杉山淳司、矢追克郎、宮崎健太郎 細菌性ホモログを用いたエクスパンシンの機能解析 第18回日本セルロース学会年次大会 2011/07
堀川祥生、今井牧子、金井恵子、今井友也、渡辺隆司、高田理江、吉岡康一、高部圭司、小林良則、杉山淳司 高効率エタノール生産を目指した近赤外スペクトルによるハイスループット解析 第18回日本セルロース学会年次大会 2011/07
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 頭打ち現象の打破を目的としたセルロース前処理の検討 セルラーゼ研究会第25回大会 2011/05
今井友也、菅野亜美、杉山淳司、岩崎憲治 セルロース合成酵素複合体における制御サブユニットGxCesBの単粒子構造解析 日本顕微鏡学会第67回学術講演会 2011/05 日本語
下農健治、堀川祥生、今井友也、杉山淳司 酢酸菌の in vitro セルロース合成活性の 界面活性剤濃度依存性 第61回日本木材学会大会 2011/03
菅野亜美、杉山淳司、今井友也 組換え体セルロース合成酵素の複合体精製 第61回日本木材学会大会 2011/03
成瀬理人、堀川祥生、今井友也、杉山淳司、矢追克郎、宮崎健太郎 セルロースの高次構造変化から見たエクスパンシン様タンパク質の機能解析 第61回日本木材学会大会 2011/03
堀川祥生、今井牧子、金井恵子、今井友也、渡辺隆司、高田理江、吉岡康一、高部圭司、小林良則、杉山淳司 NIRを用いた前処理バイオマスのハイスループット解析 第61回日本木材学会大会 2011/03
成瀬理人、堀川祥生、今井友也、杉山淳司、矢追克郎、宮崎健太郎 エクスパンシンの作用機序〜細菌性エクスパンシン様タンパク質と海藻セルロースを使ったモデル実験〜 2010年度植物細胞壁研究者ネットワーク定例会 2010/11
成瀬理人、堀川祥生、今井友也、杉山淳司、矢追克郎、宮崎健太郎 セルラーゼ活性促進タンパク質Expansinの水素結合切断能の検証 セルラーゼ研究会第24回大会 2010/07
堀川祥生、今井友也、渡辺隆司、高田理江、高部圭司、小林良則、杉山淳司 近赤外スペクトルによる前処理エリアンサスのハイスループット解析 セルラーゼ研究会第24回大会 2010/07
成瀬理人、堀川祥生、今井友也、杉山淳司、矢追克郎、宮崎健太郎 FT-IRによる重水素化セルロースを用いたエクスパンシン水素結合切断能の検証 第17回日本セルロース学会年次大会 2010/07 日本語
菅野亜美、杉山淳司、岩崎憲治、今井友也 電子顕微鏡によるGxCesBの構造解析 第17回日本セルロース学会年次大会 2010/07 日本語
堀川祥生、今井友也、杉山淳司 近赤外スペクトルによるセルロース評価 第17回日本セルロース学会年次大会 2010/07 日本語
橋本章、堀川祥生、今井友也、和田昌久、杉山淳司 酢酸菌による試験管内合成 セルロースの総合的構造解析 第17回日本セルロース学会年次大会 2010/07 日本語
中井 朋則, 辻 暁 , 今井 友也, 杉山 淳司, 榊原 斉 , 大岩 和弘, 竹内 美由紀 , 山内 大輔, 峰雪 芳宣 酢酸菌のセルラーゼ遺伝子破壊株は非常にねじれたセルロースII 繊維を合成する 第62回日本細胞生物学会大会 2010/05 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Biosynthesis of cellulose: enzymatic synthesis of an assembly of molecules [Invited] Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science Kyoto Univerisity and University Sains Malaysia 2017/02/21 英語
セルロース合成酵素のミクロフィブリル構造形成機構の解明に向けて [招待あり] 第11回トランスポーター研究会 2016/07/03 日本語
Escherichia coli as a platform to assay cellulose synthase EMN Meeting Cellulose 2016/03/09 英語
How to produce cellulose into "microfibril"? [Invited] OIST Mini-workshop "Unraveling the mysteries of cellulose" Okinawa Institute of Science and Technology 2015/04/22 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
セルロース合成酵素の研究からみえる細胞壁形成機構の解明の難しさ [招待あり] 日本木材学会 組織と材質研究会 2017/03/19 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
セルロースの合成に学ぶ高分子構造の制御 第25回京都大学宇治キャンパス産学交流会 京都大学・京都大学宇治キャンパス産学交流企業連絡会・京都府中小企業技術センター・(公財)京都産業21 2017/09/22 日本語
分子集合体であるセルロースの生合成機構 [招待あり] 第1回生物資源・次世代農業セミナー「循環型炭素資源ー植物細胞壁の研究動向」 立命館大学R-GIRO「90億人時代に向けた気候変動対応型農業の基盤創生」拠点 2017/01/20 日本語
セルロースの生合成機構 -生化学と高分子科学の協調による研究- [招待あり] グリーンサイエンス講演会2013  -グリーン・バイオポリマーのフロンティア- 高知大学 土佐さきがけプログラム 2013/06/07 日本語
基質の高次構造からみたエクスパンシンの機能解析 [招待あり] 平成24年度園芸学会春季大会 小集会 園芸学会 園芸植物細胞壁研究集会 2012/03/27 日本語
セルロース生合成研究におけるバクテリアモデルの可能性 [招待あり] セルロース学会北海道・東北支部セミナー 「バイオポリマー ~合成機構解明から材料応用まで~ 」 セルロース学会 北海道・東北支部 2012/02/23 日本語
セルロース生合成の研究におけるバクテリアモデルの可能性 [招待あり] 宮崎大学自然共生技術研究センター講演会「セルロースの合成から分解までを 分子の視点で追跡する 」 宮崎大学自然共生技術研究センター 2011/09/16 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
矢野浩之、今井友也 工業材料 日刊工業新聞社 2017/08
今井友也 セルロースのおもしろ科学とびっくり活用 講談社 2012/11 日本語
今井友也、木村聡、川越靖、杉山淳司  木質の形成(第二版) 海青社 2011/10 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
京都大学 セルロース製造用発現ベクター形質転換体およびセルロースの製造方法 特許出願 特願2012-288335 2012/12/28
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
平成15年セルロース学会奨励賞The Cellulose Society of Japan Progress Award for 2003 日本セルロース学会 The Cellulose Society of Japan 2004/07/15
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(A) 分担 細胞壁多糖のインビトロ合成とそのキャラクタリゼーション In vitro synthesis and characterizatino of cell wall polysaccharides 2007/04/01〜2010/03/01
挑戦的萌芽 分担 セルロース合成酵素の機能解析基盤の構築 Start-up study for functional analysis of cellulose synthase 2010/04/01〜2012/03/31
若手A 代表 セルロース合成酵素複合体の構造解析基盤の構築 Start-up study of structural analysis of cellulose synthase complex 2010/04/01〜2013/03/31
挑戦的萌芽 代表 光散乱および分光法によるセルロース合成酵素活性の新規定量法の開発 Exploitation of protocols for assaying cellulose synthase activity by using light-scattering and spectroscopy 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 セルロース合成酵素複合体の会合構造決定 Structural detrmination of the cellulose synthase complex in oligomeric state 2015/04/01〜2019/03/31
挑戦的萌芽 代表 細胞膜改変大腸菌による膜タンパク質発現系の構築 Desiging the expression system for membrane proteins with lipid-modified E. coli 2015/04/01〜2017/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 細胞膜改変大腸菌による膜タンパク質発現系の構築 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 セルロース合成酵素複合体の会合構造決定 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
バイオマス形態情報学特論 II Biomass Morphogenesis and Information II
バイオマス形態情報学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
バイオマス形態情報学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
バイオマス形態情報学Ⅱ 農学研究科 2011/04〜2012/03
バイオマス形態情報学 II Biomass Morphogenesis and Information II 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
バイオマス形態情報学演習 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
バイオマス形態情報学専攻実験 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
バイオマス形態情報学演習 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
バイオマス形態情報学専攻実験 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
バイオマス形態情報学 II Biomass Morphogenesis and Information II 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
バイオマス形態情報学専攻実験1 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
バイオマス形態情報学専攻実験 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
バイオマス形態情報学演習1 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
バイオマス形態情報学演習 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
バイオマス形態情報学専攻実験1 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学専攻実験2 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学専攻実験 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学演習1 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学演習2 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学演習 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
バイオマス形態情報学2 Biomass Morphogenesis and Information II 前期 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学専攻実験1 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学専攻実験2 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学専攻実験 Laboratory Course of Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学演習1 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学演習2 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
バイオマス形態情報学演習 Seminar in Biomass Morphogenesis and Information 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
Ridwan Yahya VARIATION OF FIBER PROPERTIES IN RELATION TO THE DISTANCE FROM VESSELS IN ACACIA MANGIUM(アカシア・マンギウム木繊維の道管との距離による性質変化) 副査 2012/03/26
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
孫世静 The poster award International Symposium on Wood Science and Technology 2015/03/17
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学組換えDNA実験安全委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
宇治地区共通施設運営委員会委員 2013/01/01〜2014/12/31
京都大学宇治事業場衛生委員会委員 2012/04/01〜2014/03/31
京都大学宇治事業場衛生委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
生存圏研究所ハラスメント窓口相談員 2012/04/01〜2014/03/31
生存圏研究所ミッション推進委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
生存圏研究所客員教員審査委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
低温物質科学研究センター寒剤供給管理運営委員会委員 2011/04/01〜2013/03/31
生存圏研究所客員審査委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所ミッション推進委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所生存圏フォーラム委員会 2015/09/01〜2016/03/31
生存圏研究所期末評価対応WG 2015/09/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本木材学会 Japan Wood Research Society 木材学会誌 Journal of Wood Science 編集員 2015/04/01〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本木材学会 第61回日本木材学会大会 実行委員会 会計担当 2010/04/01〜2011/07/31
日本木材学会 木材学会年次大会 プログラム小委員会 2010/04/01〜2015/73/1
セルロース学会 第20回セルロース学会年次大会 実行委員会 会計 2013/04/01〜2014/03/31
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
セルロース学会 Cellulose Society of Japan 関西支部委員 2011/12/01〜
日本顕微鏡学会 The Japanese Society of Microscopy 代議員 2013/04/01〜
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
宮崎大学自然共生技術研究センター講演会「セルロースの合成から分解までを分子の視点で追跡する」 セルロース生合成の研究におけるバクテリアモデルの可能性 2011/09/16
セルロース学会北海道・東北支部セミナー「バイオポリマー ~合成機構解明から材料応用まで~ 」 セルロース生合成の研究におけるバクテリアモデルの可能性 2012/02/23
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
平成15年度セルロース学会奨励賞 日本セルロース学会 2004/07/15