諏訪 太朗

最終更新日時: 2019/06/19 00:23:45

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
諏訪 太朗/スワ タロウ/Suwa, Taro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/精神科神経科/助教
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学研究科 医学専攻
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院 精神科神経科 Department of Psychiatry, Kyoto University Hospital 54 Kawaharacho, Syogoin, Sakyo-ku, Kyoto City 606-8507
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-3373
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本精神神経学会
日本総合病院精神医学会
日本生物学的精神医学会
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程医学専攻精神医学講座 退学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/04/〜2000/05/31 京都大学医学部附属病院 研修医
2000/06/01〜2002/08/31 公立小浜病院 医員
2002/09/01〜2006/03/31 田附興風会医学研究所北野病院 医員
2008/04/01〜 京都大学医学部附属病院 助教
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008723
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Kawashima H, Kobayashi Y, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Kawashima H, Kobayashi Y, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Kawashima H, Kobayashi Y, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Successful switch from bilateral brief pulse to right unilateral ultrabrief pulse electroconvulsive therapy after failure to induce seizures. Successful switch from bilateral brief pulse to right unilateral ultrabrief pulse electroconvulsive therapy after failure to induce seizures. Successful switch from bilateral brief pulse to right unilateral ultrabrief pulse electroconvulsive therapy after failure to induce seizures. Neuropsychiatric disease and treatment, 14, 607-610 Neuropsychiatric disease and treatment, 14, 607-610 Neuropsychiatric disease and treatment, 14, 607-610 2018 英語 公開
Saito T, Ikeda M, Hashimoto R, Iwata N, Members of the Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan are the following., Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Miyata M, Mushiroda T, Ozeki T, Kubo M, Fujita K, Kida N, Nakai M, Otsuru T, Fukuji Y, Murakami M, Mizuno K, Shiratsuchi T, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Yada Y, Tanaka S, Kishi Y, Takaki M, Mamoto A, Taniguchi N, Sawa Y, Watanabe H, Noda T, Amano Y, Kimura T, Fukao T, Suwa T, Murai T, Kubota M, Ueda K, Tabuse H, Kanahara N, Kawai N, Nemoto K, Makinodan M, Nishihata Y, Hashimoto N, Kusumi I, Fujii Y, Miyata R, Hirakawa K, Ozaki N Saito T, Ikeda M, Hashimoto R, Iwata N, Members of the Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan are the following., Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Miyata M, Mushiroda T, Ozeki T, Kubo M, Fujita K, Kida N, Nakai M, Otsuru T, Fukuji Y, Murakami M, Mizuno K, Shiratsuchi T, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Yada Y, Tanaka S, Kishi Y, Takaki M, Mamoto A, Taniguchi N, Sawa Y, Watanabe H, Noda T, Amano Y, Kimura T, Fukao T, Suwa T, Murai T, Kubota M, Ueda K, Tabuse H, Kanahara N, Kawai N, Nemoto K, Makinodan M, Nishihata Y, Hashimoto N, Kusumi I, Fujii Y, Miyata R, Hirakawa K, Ozaki N Saito T, Ikeda M, Hashimoto R, Iwata N, Members of the Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan are the following., Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Miyata M, Mushiroda T, Ozeki T, Kubo M, Fujita K, Kida N, Nakai M, Otsuru T, Fukuji Y, Murakami M, Mizuno K, Shiratsuchi T, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Yada Y, Tanaka S, Kishi Y, Takaki M, Mamoto A, Taniguchi N, Sawa Y, Watanabe H, Noda T, Amano Y, Kimura T, Fukao T, Suwa T, Murai T, Kubota M, Ueda K, Tabuse H, Kanahara N, Kawai N, Nemoto K, Makinodan M, Nishihata Y, Hashimoto N, Kusumi I, Fujii Y, Miyata R, Hirakawa K, Ozaki N Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population. Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population. Transethnic Replication Study to Assess the Association Between Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia and Genes at 12p12.2 in a Japanese Population. Biological psychiatry, 82, 1, e9-e10 Biological psychiatry, 82, 1, e9-e10 Biological psychiatry, 82, 1, e9-e10 2017/07 公開
Saito T, Ikeda M, Mushiroda T, Ozeki T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Hashimoto S, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Ohi K, Takeda M, Kamatani Y, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Makinodan M, Nishihata Y, Kubota M, Kimura T, Kanahara N, Hashimoto N, Fujita K, Nemoto K, Fukao T, Suwa T, Noda T, Yada Y, Takaki M, Kida N, Otsuru T, Murakami M, Takahashi A, Kubo M, Hashimoto R, Iwata N Saito T, Ikeda M, Mushiroda T, Ozeki T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Hashimoto S, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Ohi K, Takeda M, Kamatani Y, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Makinodan M, Nishihata Y, Kubota M, Kimura T, Kanahara N, Hashimoto N, Fujita K, Nemoto K, Fukao T, Suwa T, Noda T, Yada Y, Takaki M, Kida N, Otsuru T, Murakami M, Takahashi A, Kubo M, Hashimoto R, Iwata N Saito T, Ikeda M, Mushiroda T, Ozeki T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Hashimoto S, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Ohi K, Takeda M, Kamatani Y, Numata S, Ohmori T, Ueno SI, Makinodan M, Nishihata Y, Kubota M, Kimura T, Kanahara N, Hashimoto N, Fujita K, Nemoto K, Fukao T, Suwa T, Noda T, Yada Y, Takaki M, Kida N, Otsuru T, Murakami M, Takahashi A, Kubo M, Hashimoto R, Iwata N Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population. Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population. Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population. Biological psychiatry, 80, 8, 636-642 Biological psychiatry, 80, 8, 636-642 Biological psychiatry, 80, 8, 636-642 2016/02 英語 公開
Takekita Y, Suwa T, Sunada N, Kawashima H, Fabbri C, Kato M, Tajika A, Kinoshita T, Furukawa TA, Serretti A Takekita Y, Suwa T, Sunada N, Kawashima H, Fabbri C, Kato M, Tajika A, Kinoshita T, Furukawa TA, Serretti A Takekita Y, Suwa T, Sunada N, Kawashima H, Fabbri C, Kato M, Tajika A, Kinoshita T, Furukawa TA, Serretti A Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. European archives of psychiatry and clinical neuroscience, 1-15 European archives of psychiatry and clinical neuroscience, 1-15 European archives of psychiatry and clinical neuroscience, 1-15 2016/01 英語 公開
Kawashima H, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Kawashima H, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Kawashima H, Suwa T, Murai T, Yoshioka R Elongation of pulse width as an augmentation strategy in electroconvulsive therapy. Elongation of pulse width as an augmentation strategy in electroconvulsive therapy. Elongation of pulse width as an augmentation strategy in electroconvulsive therapy. Neuropsychiatric disease and treatment, 10, 2009-2014 Neuropsychiatric disease and treatment, 10, 2009-2014 Neuropsychiatric disease and treatment, 10, 2009-2014 2014 公開
Suwa T, Namiki C, Takaya S, Oshita A, Ishizu K, Fukuyama H, Suga H, Murai T Suwa T, Namiki C, Takaya S, Oshita A, Ishizu K, Fukuyama H, Suga H, Murai T T. Suwa; C. Namiki; S. Takaya; A. Oshita; K. Ishizu; H. Fukuyama; H. Suga; T. Murai Corticolimbic balance shift of regional glucose metabolism in depressed patients treated with ECT. Corticolimbic balance shift of regional glucose metabolism in depressed patients treated with ECT. Corticolimbic balance shift of regional glucose metabolism in depressed patients treated with ECT Journal of affective disorders, 136, 3, 1039-1046 Journal of affective disorders, 136, 3, 1039-1046 Journal of Affective Disorders, 136, 3, 1039-1046 2012/02 英語 公開
Kunitomi A, Iida H, Kamiya Y, Hayashi M, Suwa T, Kanda J, Sao H Kunitomi A, Iida H, Kamiya Y, Hayashi M, Suwa T, Kanda J, Sao H A. Kunitomi; H. Iida; Y. Kamiya; M. Hayashi; T. Suwa; J. Kanda; H. Sao Insomnia and depression during protective isolation in patients with hematological disorders. Insomnia and depression during protective isolation in patients with hematological disorders. Insomnia and depression during protective isolation in patients with hematological disorders Internal medicine (Tokyo, Japan), 49, 1, 17-22 Internal medicine (Tokyo, Japan), 49, 1, 17-22 Internal Medicine, 49, 1, 17-22 2010 英語 公開
T. Suwa; C. Namiki; S. Takaya; A. Oshita; K. Ishizu; H. Fukuyama; H. Suga; T. Murai T. Suwa; C. Namiki; S. Takaya; A. Oshita; K. Ishizu; H. Fukuyama; H. Suga; T. Murai Erratum: Corticolimbic balance shift of regional glucose metabolism in depressed patients treated with ECT (Journal of Affective Disorders (2012) 136 (1039-1046)) Erratum: Corticolimbic balance shift of regional glucose metabolism in depressed patients treated with ECT (Journal of Affective Disorders (2012) 136 (1039-1046)) Journal of Affective Disorders, 152-154, 1, 543- , 152-154, 1, 543- Journal of Affective Disorders, 152-154, 1, 543- 2014 英語 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 統合失調症に対するECT 統合失調症に対するECT 最新精神医学, 24, 3 最新精神医学, 24, 3 , 24, 3 2019/05 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
三嶋 亮, 諏訪 太朗 三嶋 亮, 諏訪 太朗 三嶋 亮, 諏訪 太朗 【精神医学と芸術の多様な接点】 精神医学・精神疾患を描く文学・マンガ 【精神医学と芸術の多様な接点】 精神医学・精神疾患を描く文学・マンガ 【精神医学と芸術の多様な接点】 精神医学・精神疾患を描く文学・マンガ 臨床精神医学, 48, 3, 339-345 臨床精神医学, 48, 3, 339-345 臨床精神医学, 48, 3, 339-345 2019/03 日本語 公開
吉村 桃, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 吉村 桃, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 吉村 桃, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 電気けいれん療法によって多飲が軽快した治療抵抗性統合失調症の1例 電気けいれん療法によって多飲が軽快した治療抵抗性統合失調症の1例 電気けいれん療法によって多飲が軽快した治療抵抗性統合失調症の1例 精神神経学雑誌, 121, 1, 66-66 精神神経学雑誌, 121, 1, 66-66 精神神経学雑誌, 121, 1, 66-66 2019/01 日本語 公開
諏訪 太朗, 山崎 真平, 青木 宣篤, 川島 啓嗣, 嶽北 佳輝, 村井 俊哉, 和田 健 諏訪 太朗, 山崎 真平, 青木 宣篤, 川島 啓嗣, 嶽北 佳輝, 村井 俊哉, 和田 健 諏訪 太朗, 山崎 真平, 青木 宣篤, 川島 啓嗣, 嶽北 佳輝, 村井 俊哉, 和田 健 発作誘発困難例への対応と200%治療器について 電気けいれん療法に関する現況調査 発作誘発困難例への対応と200%治療器について 電気けいれん療法に関する現況調査 発作誘発困難例への対応と200%治療器について 電気けいれん療法に関する現況調査 総合病院精神医学, 30, Suppl., S-210 総合病院精神医学, 30, Suppl., S-210 総合病院精神医学, 30, Suppl., S-210 2018/11 日本語 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 諏訪 太朗 【精神科臨床144のQ&A】 (第13章)修正型電気けいれん療法(mECT) ECTはどのような患者さんに施行を検討するのでしょうか? 【精神科臨床144のQ&A】 (第13章)修正型電気けいれん療法(mECT) ECTはどのような患者さんに施行を検討するのでしょうか? 【精神科臨床144のQ&A】 (第13章)修正型電気けいれん療法(mECT) ECTはどのような患者さんに施行を検討するのでしょうか? 精神科治療学, 33, 増刊, 244-245 精神科治療学, 33, 増刊, 244-245 精神科治療学, 33, 増刊, 244-245 2018/11 日本語 公開
安藝 森央, 諏訪 太朗 安藝 森央, 諏訪 太朗 安藝 森央, 諏訪 太朗 統合失調症治療ガイドラインの使い方(第4回) 治療抵抗性 統合失調症治療ガイドラインの使い方(第4回) 治療抵抗性 統合失調症治療ガイドラインの使い方(第4回) 治療抵抗性 臨床精神薬理, 21, 9, 1243-1249 臨床精神薬理, 21, 9, 1243-1249 臨床精神薬理, 21, 9, 1243-1249 2018/09 日本語 公開
伊藤 有里, 梁瀬 まや, 菅野 裕之, 前田 奈津季, 中村 友美, 合田 文美, 重面 雄紀, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 伊藤 有里, 梁瀬 まや, 菅野 裕之, 前田 奈津季, 中村 友美, 合田 文美, 重面 雄紀, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 伊藤 有里, 梁瀬 まや, 菅野 裕之, 前田 奈津季, 中村 友美, 合田 文美, 重面 雄紀, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 治療抵抗性統合失調症患者の地域移行における認知行動療法の有用性 機能分析に基づくチームアプローチ 治療抵抗性統合失調症患者の地域移行における認知行動療法の有用性 機能分析に基づくチームアプローチ 治療抵抗性統合失調症患者の地域移行における認知行動療法の有用性 機能分析に基づくチームアプローチ 日本社会精神医学会雑誌, 27, 3, 253-253 日本社会精神医学会雑誌, 27, 3, 253-253 日本社会精神医学会雑誌, 27, 3, 253-253 2018/08 日本語 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 諏訪 太朗 【診断と治療のABC[136]統合失調症】 (第3章)治療・支援 治療抵抗性の病態 重症例への対応、電気けいれん療法とクロザピンを中心に 【診断と治療のABC[136]統合失調症】 (第3章)治療・支援 治療抵抗性の病態 重症例への対応、電気けいれん療法とクロザピンを中心に 【診断と治療のABC[136]統合失調症】 (第3章)治療・支援 治療抵抗性の病態 重症例への対応、電気けいれん療法とクロザピンを中心に 最新医学, 別冊, 統合失調症, 121-131 最新医学, 別冊, 統合失調症, 121-131 最新医学, 別冊, 統合失調症, 121-131 2018/07 日本語 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 諏訪 太朗 血清NMR(核磁気共鳴)データを用いた難治性精神疾患に対する薬物治療の効果・副作用予測 血清NMR(核磁気共鳴)データを用いた難治性精神疾患に対する薬物治療の効果・副作用予測 血清NMR(核磁気共鳴)データを用いた難治性精神疾患に対する薬物治療の効果・副作用予測 先進医薬研究振興財団研究成果報告集, 2017年度, 42-43 先進医薬研究振興財団研究成果報告集, 2017年度, 42-43 先進医薬研究振興財団研究成果報告集, 2017年度, 42-43 2018/03 日本語 公開
大荒 哲, 安藝 森央, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 大荒 哲, 安藝 森央, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 大荒 哲, 安藝 森央, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 クロザピン使用開始4年後に顆粒球減少をきたした薬物治療抵抗性統合失調症の1例 クロザピン使用開始4年後に顆粒球減少をきたした薬物治療抵抗性統合失調症の1例 クロザピン使用開始4年後に顆粒球減少をきたした薬物治療抵抗性統合失調症の1例 精神神経学雑誌, 119, 9, 701-701 精神神経学雑誌, 119, 9, 701-701 精神神経学雑誌, 119, 9, 701-701 2017/09 日本語 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 諏訪 太朗 【パルス波電気けいれん療法は正しく行われているか】 統合失調症に対する電気けいれん療法(ECT) Clozapineとの関連を含めて 【パルス波電気けいれん療法は正しく行われているか】 統合失調症に対する電気けいれん療法(ECT) Clozapineとの関連を含めて 【パルス波電気けいれん療法は正しく行われているか】 統合失調症に対する電気けいれん療法(ECT) Clozapineとの関連を含めて 精神科治療学, 31, 12, 1557-1564 精神科治療学, 31, 12, 1557-1564 精神科治療学, 31, 12, 1557-1564 2016/12 日本語 公開
橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 統合失調症薬物療法ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 統合失調症薬物療法ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 統合失調症薬物療法ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 精神神経学雑誌, 2016特別号, S234-S234 精神神経学雑誌, 2016特別号, S234-S234 精神神経学雑誌, 2016特別号, S234-S234 2016/06 日本語 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 諏訪 太朗 精神疾患における脳刺激法 電気けいれん療法における刺激パラメータ 精神疾患における脳刺激法 電気けいれん療法における刺激パラメータ 精神疾患における脳刺激法 電気けいれん療法における刺激パラメータ 臨床神経生理学, 43, 5, 334-334 臨床神経生理学, 43, 5, 334-334 臨床神経生理学, 43, 5, 334-334 2015/10 日本語 公開
橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 橋本 亮太, 諏訪 太朗, 嶽北 佳輝, 三澤 史斉, 宮田 量治, 榎本 哲郎 統合失調症の薬物治療ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 統合失調症の薬物治療ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 統合失調症の薬物治療ガイドライン (第四章)「治療抵抗性」概説 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 108-108 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 108-108 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 108-108 2015/09 日本語 公開
白井 隆光, 堀川 健志, 小林 恭子, 中江 尊保, 成田 実, 諏訪 太朗, 小島 修, 林 拓二 白井 隆光, 堀川 健志, 小林 恭子, 中江 尊保, 成田 実, 諏訪 太朗, 小島 修, 林 拓二 白井 隆光, 堀川 健志, 小林 恭子, 中江 尊保, 成田 実, 諏訪 太朗, 小島 修, 林 拓二 身体合併症を有する昏迷状態の高齢者に対し修正型電気けいれん療法が奏効した1例 身体合併症を有する昏迷状態の高齢者に対し修正型電気けいれん療法が奏効した1例 身体合併症を有する昏迷状態の高齢者に対し修正型電気けいれん療法が奏効した1例 精神神経学雑誌, 117, 2, 163-163 精神神経学雑誌, 117, 2, 163-163 精神神経学雑誌, 117, 2, 163-163 2015/02 日本語 公開
川島 啓嗣, 諏訪 太朗 川島 啓嗣, 諏訪 太朗 川島 啓嗣, 諏訪 太朗 パルス波ECTの必須手技 真の臨床効果を求めて ECTにおける刺激パラメータの理解と適切な設定 特にパルス周波数、パルス幅、持続時間に着目して パルス波ECTの必須手技 真の臨床効果を求めて ECTにおける刺激パラメータの理解と適切な設定 特にパルス周波数、パルス幅、持続時間に着目して パルス波ECTの必須手技 真の臨床効果を求めて ECTにおける刺激パラメータの理解と適切な設定 特にパルス周波数、パルス幅、持続時間に着目して 精神神経学雑誌, 2014特別, S505-S505 精神神経学雑誌, 2014特別, S505-S505 精神神経学雑誌, 2014特別, S505-S505 2014/06 日本語 公開
川島 啓嗣, 諏訪 太朗, 村井 俊哉, 吉岡 隆一 川島 啓嗣, 諏訪 太朗, 村井 俊哉, 吉岡 隆一 川島 啓嗣, 諏訪 太朗, 村井 俊哉, 吉岡 隆一 電気けいれん療法における刺激パラメータ調節の可能性 電気けいれん療法における刺激パラメータ調節の可能性 電気けいれん療法における刺激パラメータ調節の可能性 総合病院精神医学, 26, 2, 168-174 総合病院精神医学, 26, 2, 168-174 総合病院精神医学, 26, 2, 168-174 2014/04 日本語 公開
有馬 祐美子, 村井 俊哉, 諏訪 太朗, 上野 幸枝, 山根 寛 有馬 祐美子, 村井 俊哉, 諏訪 太朗, 上野 幸枝, 山根 寛 有馬 祐美子, 村井 俊哉, 諏訪 太朗, 上野 幸枝, 山根 寛 クロザピンを使用した治療抵抗性統合失調症患者の地域移行支援 クロザピンを使用した治療抵抗性統合失調症患者の地域移行支援 クロザピンを使用した治療抵抗性統合失調症患者の地域移行支援 日本作業療法学会抄録集, 47回, O213-O213 日本作業療法学会抄録集, 47回, O213-O213 日本作業療法学会抄録集, 47回, O213-O213 2013/06 日本語 公開
佐藤 雅美, 広田 喜一, 諏訪 太朗, 挾間 雅章, 白神 豪太郎, 村井 俊哉, 福田 和彦 佐藤 雅美, 広田 喜一, 諏訪 太朗, 挾間 雅章, 白神 豪太郎, 村井 俊哉, 福田 和彦 佐藤 雅美, 広田 喜一, 諏訪 太朗, 挾間 雅章, 白神 豪太郎, 村井 俊哉, 福田 和彦 【通電療法アップデート】 日帰り電気けいれん療法の麻酔・周術期管理 【通電療法アップデート】 日帰り電気けいれん療法の麻酔・周術期管理 【通電療法アップデート】 日帰り電気けいれん療法の麻酔・周術期管理 臨床精神医学, 42, 4, 443-450 臨床精神医学, 42, 4, 443-450 臨床精神医学, 42, 4, 443-450 2013/04 日本語 公開
白井 隆光, 上野 幸枝, 八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 白井 隆光, 上野 幸枝, 八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 白井 隆光, 上野 幸枝, 八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 Clozapineによって病状の改善が得られたが、好中球減少をはじめとする副作用に種々の対応を要した治療抵抗性統合失調症の1例 Clozapineによって病状の改善が得られたが、好中球減少をはじめとする副作用に種々の対応を要した治療抵抗性統合失調症の1例 Clozapineによって病状の改善が得られたが、好中球減少をはじめとする副作用に種々の対応を要した治療抵抗性統合失調症の1例 精神神経学雑誌, 115, 1, 104-104 精神神経学雑誌, 115, 1, 104-104 精神神経学雑誌, 115, 1, 104-104 2013/01 日本語 公開
八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 権道 直人, 深津 祥央, 矢野 育子, 村井 俊哉, 松原 和夫 八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 権道 直人, 深津 祥央, 矢野 育子, 村井 俊哉, 松原 和夫 八田 眞菜美, 諏訪 太朗, 権道 直人, 深津 祥央, 矢野 育子, 村井 俊哉, 松原 和夫 炭酸リチウム及びアデニンの投与によってクロザピン治療を継続できた治療抵抗性統合失調症の2症例 炭酸リチウム及びアデニンの投与によってクロザピン治療を継続できた治療抵抗性統合失調症の2症例 炭酸リチウム及びアデニンの投与によってクロザピン治療を継続できた治療抵抗性統合失調症の2症例 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 22回・42回, 174-174 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 22回・42回, 174-174 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 22回・42回, 174-174 2012/10 日本語 公開
島澤 明子, 諏訪 太朗, 野間 俊一, 村井 俊哉 島澤 明子, 諏訪 太朗, 野間 俊一, 村井 俊哉 島澤 明子, 諏訪 太朗, 野間 俊一, 村井 俊哉 神経性過食症に対する教育入院の1例 神経性過食症に対する教育入院の1例 神経性過食症に対する教育入院の1例 精神神経学雑誌, 114, 9, 1110-1110 精神神経学雑誌, 114, 9, 1110-1110 精神神経学雑誌, 114, 9, 1110-1110 2012/09 日本語 公開
寺西 聡司, 諏訪 太朗, 大下 顕, 村井 俊哉 寺西 聡司, 諏訪 太朗, 大下 顕, 村井 俊哉 寺西 聡司, 諏訪 太朗, 大下 顕, 村井 俊哉 低用量ピルの使用にて精神状態の改善が得られた統合失調症の一例 低用量ピルの使用にて精神状態の改善が得られた統合失調症の一例 低用量ピルの使用にて精神状態の改善が得られた統合失調症の一例 精神神経学雑誌, 113, 8, 806-806 精神神経学雑誌, 113, 8, 806-806 精神神経学雑誌, 113, 8, 806-806 2011/08 日本語 公開
久保田 学, 諏訪 太朗, 宮田 淳, 上床 輝久, 上原 美奈子, 義村 さや香, 笹本 彰彦, 村井 俊哉 久保田 学, 諏訪 太朗, 宮田 淳, 上床 輝久, 上原 美奈子, 義村 さや香, 笹本 彰彦, 村井 俊哉 久保田 学, 諏訪 太朗, 宮田 淳, 上床 輝久, 上原 美奈子, 義村 さや香, 笹本 彰彦, 村井 俊哉 初発、再発の統合失調症患者におけるアリピプラゾールの有用性についての検討 初発、再発の統合失調症患者におけるアリピプラゾールの有用性についての検討 初発、再発の統合失調症患者におけるアリピプラゾールの有用性についての検討 精神神経学雑誌, 113, 7, 720-720 精神神経学雑誌, 113, 7, 720-720 精神神経学雑誌, 113, 7, 720-720 2011/07 日本語 公開
寺西 聡司, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 寺西 聡司, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 寺西 聡司, 諏訪 太朗, 村井 俊哉 長期にわたる電気痙攣療法(ECT)の後に全身けいれん発作を呈した解体型・緊張型統合失調症の一例 長期にわたる電気痙攣療法(ECT)の後に全身けいれん発作を呈した解体型・緊張型統合失調症の一例 長期にわたる電気痙攣療法(ECT)の後に全身けいれん発作を呈した解体型・緊張型統合失調症の一例 精神神経学雑誌, 113, 7, 719-719 精神神経学雑誌, 113, 7, 719-719 精神神経学雑誌, 113, 7, 719-719 2011/07 日本語 公開
山中 崇弘, 諏訪 太朗 山中 崇弘, 諏訪 太朗 山中 崇弘, 諏訪 太朗 高血圧による脳皮質下虚血性病変を伴ったうつ病の症例 高血圧による脳皮質下虚血性病変を伴ったうつ病の症例 高血圧による脳皮質下虚血性病変を伴ったうつ病の症例 精神神経学雑誌, 111, 8, 994-994 精神神経学雑誌, 111, 8, 994-994 精神神経学雑誌, 111, 8, 994-994 2009/08 日本語 公開
須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗 須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗 須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性 精神神経学雑誌, 2007特別, S275-S275 精神神経学雑誌, 2007特別, S275-S275 精神神経学雑誌, 2007特別, S275-S275 2007/05 日本語 公開
諏訪 太朗, 岸本 卓三, 並木 千尋, 大下 顕, 須賀 英道 諏訪 太朗, 岸本 卓三, 並木 千尋, 大下 顕, 須賀 英道 諏訪 太朗, 岸本 卓三, 並木 千尋, 大下 顕, 須賀 英道 修正型電気けいれん療法が奏功した遅発性緊張病症例6例 修正型電気けいれん療法が奏功した遅発性緊張病症例6例 修正型電気けいれん療法が奏功した遅発性緊張病症例6例 精神神経学雑誌, 2007特別, S174-S174 精神神経学雑誌, 2007特別, S174-S174 精神神経学雑誌, 2007特別, S174-S174 2007/05 日本語 公開
須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗, 坂田 大介 須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗, 坂田 大介 須賀 英道, 大下 顕, 諏訪 太朗, 坂田 大介 【電気けいれん療法(ECT)の治療経験 症例を中心に】 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性(予備研究) 【電気けいれん療法(ECT)の治療経験 症例を中心に】 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性(予備研究) 【電気けいれん療法(ECT)の治療経験 症例を中心に】 難治性うつ病におけるECTの有効性と再燃性(予備研究) 臨床精神医学, 35, 9, 1183-1188 臨床精神医学, 35, 9, 1183-1188 臨床精神医学, 35, 9, 1183-1188 2006/09 日本語 公開
福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 Paroxetineと非定型抗精神病薬の併用投与による体重増加 Paroxetineと非定型抗精神病薬の併用投与による体重増加 Paroxetineと非定型抗精神病薬の併用投与による体重増加 精神科治療学, 17, 8, 1013-1018 精神科治療学, 17, 8, 1013-1018 精神科治療学, 17, 8, 1013-1018 2002/08 日本語 公開
福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 OlanzapineによりMeige症候群が著明に改善した精神分裂病患者の1例 OlanzapineによりMeige症候群が著明に改善した精神分裂病患者の1例 OlanzapineによりMeige症候群が著明に改善した精神分裂病患者の1例 精神科治療学, 17, 1, 75-78 精神科治療学, 17, 1, 75-78 精神科治療学, 17, 1, 75-78 2002/01 日本語 公開
福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 福井 裕輝, 諏訪 太朗, 山村 茂樹, 村井 俊哉 抗精神病薬投与による薬剤性好中球減少症に対してAdenineが奏効した1例 抗精神病薬投与による薬剤性好中球減少症に対してAdenineが奏効した1例 抗精神病薬投与による薬剤性好中球減少症に対してAdenineが奏効した1例 精神科治療学, 16, 10, 1085-1088 精神科治療学, 16, 10, 1085-1088 精神科治療学, 16, 10, 1085-1088 2001/10 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
電気けいれん療法における刺激パラメータ[招待あり] 電気けいれん療法における刺激パラメータ [招待あり] 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 シンポジウム9 精神疾患における脳刺激法 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 シンポジウム9 精神疾患における脳刺激法 2015/11/06 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
28年間に渡り入院を継続している重症の(いわゆる)破瓜緊張型統合失調症の一例[招待あり] 28年間に渡り入院を継続している重症の(いわゆる)破瓜緊張型統合失調症の一例 [招待あり] 第9回日本統合失調症学会総会 ケースカンファレンス(精神病理) 第9回日本統合失調症学会総会 ケースカンファレンス(精神病理) 2014/03/15 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
緊張型統合失調症5例の修正型電気けいれん療法(mECT)前後の脳局所糖代謝 緊張型統合失調症5例の修正型電気けいれん療法(mECT)前後の脳局所糖代謝 第9回日本統合失調症学会総会 第9回日本統合失調症学会総会 2014/03/15 日本語 ポスター発表 公開
「クロザピンと生理的な好中球低値」[招待あり] 「クロザピンと生理的な好中球低値」 [招待あり] 第26回日本総合病院精神医学会総会 ワークショップ4 クロザピンの臨床 第26回日本総合病院精神医学会総会 ワークショップ4 クロザピンの臨床 2013/11/30 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
ECTと脳局所糖代謝画像[招待あり] ECTと脳局所糖代謝画像 [招待あり] 第34回生物学的精神医学会総会 シンポジウム8 電気痙攣療法・磁気刺激療法の生物学的基盤 第34回生物学的精神医学会総会 シンポジウム8 電気痙攣療法・磁気刺激療法の生物学的基盤 2012/09/28 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 Taro Suwa <電気ショック>の時代-ニューロモデュレーションの系譜- <電気ショック>の時代-ニューロモデュレーションの系譜- Shock Therapy-History of Electroconvulsive Therapy- みすず書房 みすず書房 2018/02 共訳 公開
福山秀直(監訳) Huettel SA, Song AW, McCarthy G(著) 福山秀直(監訳) Huettel SA, Song AW, McCarthy G(著) fMRI 原理と実践 fMRI 原理と実践 Functional Magnetic Resonance Imaging 3rd edition メディカル・サイエンス・インターナショナル メディカル・サイエンス・インターナショナル 2016/05 その他 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 精神医学のおくゆき:深化するパラダイム 精神医学のおくゆき:深化するパラダイム 創元社 創元社 2015/03 分担執筆 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス―診断と治療へのアプローチ 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス―診断と治療へのアプローチ 2014/07 分担執筆 公開
諏訪 太朗 諏訪 太朗 精神医学へのいざない:脳・こころ・社会のインターフェイス 精神医学へのいざない:脳・こころ・社会のインターフェイス 創元社 創元社 2012/08 分担執筆 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 多モダリティ脳画像を用いたコネクティビティ解析による緊張病症候群の神経基盤の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 多モダリティ脳画像を用いたコネクティビティ解析による緊張病症候群の神経基盤の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 多モダリティ脳画像を用いたコネクティビティ解析による緊張病症候群の神経基盤の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 多モダリティ脳画像を用いたコネクティビティ解析による緊張病症候群の神経基盤の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究 代表 核磁気共鳴計測を用いた治療抵抗性統合失調症におけるクロザピン忍容性指標の探索 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
精神病理学入門(A群) Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
精神病理学入門(B群) Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
精神病理学入門 Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03