小島 洋児

最終更新日時:2017/06/27 10:52:38

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小島 洋児/コジマ ヨウジ/Yoji Kojima
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/未来生命科学開拓部門/特定拠点助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
研究テーマ
(日本語)
胚と幹細胞における多能性維持と細胞運命決定
(英語)
Lineage commitment and pluripotency maintenance in the embryo and stem cells
研究概要
(英語)
The aim of my research is to understand the nature of embryo-derived or reprogrammed stem cells to build up the knowledge to ensure the safety of clinical application for stem cell therapy and tissue regeneration. During my research in PhD, I realized that for clinical application of the stem cell therapy, further understanding the mechanisms of cell fate commitment in earlier stage of embryogenesis is a prerequisite, therefore, joined Prof Tam’s lab and commenced my research using epiblast stem cells (EpiSCs) as a tool. EpiSCs are derived from the epiblast of the mouse embryo shortly before the cells lose their pluripotency and undergo cell fate commitment, and are thought to retain some characteristics of the epiblast cells. We performed further characterization of the EpiSCs and identified that i) EpiSCs can be established from wide range of developmental stages but do not maintain the characteristics of their original stages, ii) EpiSCs acquire similar characteristics to late gastrula stage ectoderm as well as anterior primitive streak, and iii) EpiSC lines show different predisposition for germ layer potential and iv) the set of ‘signature’ genes related to germ layer lineages. This study built the benchmark for further understanding the “primed” pluripotency state, different from the “naïve” state of mouse ESCs, but common with human ESCs. The knowledge gleaned from the EpiSCs may be applicable for predicting the lineage potential of hESCs or hiPSCs, and for associating the behavior of these cells in embryo development.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
多能性、幹細胞、胚発生 Pluripotency, Stem cells, Embryo development
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
医化学一般
解剖学一般(含組織学・発生学)
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kaufman-Francis K, Goh HN, Kojima Y, Studdert JB, Jones V, Power MD, Wilkie E, Teber E, Loebel DA, Tam PP Differential response of epiblast stem cells to Nodal and Activin signalling: a paradigm of early endoderm development in the embryo. Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences,369,1657 2014/12
Kojima Y, Tam OH, Tam PP Timing of developmental events in the early mouse embryo. Seminars in cell & developmental biology,34,65-75 2014/10
S.S. Tanaka; Y. Kojima; Y.L. Yamaguchi; R. Nishinakamura; P.P.L. Tam Impact of WNT signaling on tissue lineage differentiation in the early mouse embryo Development Growth and Differentiation,53,7,843-856 2011/09 英語
Y. Kuwabara; K. Ono; T. Horie; H. Nishi; K. Nagao; M. Kinoshita; S. Watanabe; O. Baba; Y. Kojima; S. Shizuta; M. Imai; T. Tamura; T. Kita; T. Kimura Increased microRNA-1 and microRNA-133a levels in serum of patients with cardiovascular disease indicate myocardial damage Circulation: Cardiovascular Genetics,4,4,446-454 2011/08 英語
Nagao K, Ono K, Iwanaga Y, Tamaki Y, Kojima Y, Horie T, Nishi H, Kinoshita M, Kuwabara Y, Hasegawa K, Kita T, Kimura T Neural cell adhesion molecule is a cardioprotective factor up-regulated by metabolic stress. Journal of molecular and cellular cardiology,48,6,1157-1168 2010/06
Y. Nakashima; K. Ono; Y. Yoshida; Y. Kojima; T. Kita; M. Tanaka; T. Kimura The search for Nkx2-5-regulated genes using purified embryonic stem cell-derived cardiomyocytes with Nkx2-5 gene targeting Biochemical and Biophysical Research Communications,390,3,821-826 2009/12 英語
Y. Kojima; K. Ono; K. Inoue; Y. Takagi; K.-i. Kikuta; M. Nishimura; Y. Yoshida; Y. Nakashima; H. Matsumae; Y. Furukawa; N. Mikuni; M. Nobuyoshi; T. Kimura; T. Kita; M. Tanaka Progranulin expression in advanced human atherosclerotic plaque Atherosclerosis,206,1,102-108 2009/09 英語
H. Matsumae; Y. Yoshida; K. Ono; K. Togi; K. Inoue; Y. Furukawa; Y. Nakashima; Y. Kojima; M. Nobuyoshi; T. Kita; M. Tanaka CCN1 knockdown suppresses neointimal hyperplasia in a rat artery balloon injury model Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology,28,6,1077-1083 2008/06 英語
Y. Yoshida; K. Togi; H. Matsumae; Y. Nakashima; Y. Kojima; H. Yamamoto; K. Ono; T. Nakamura; T. Kita; M. Tanaka CCN1 protects cardiac myocytes from oxidative stress via β1 integrin-Akt pathway Biochemical and Biophysical Research Communications,355,3,611-618 2007/04 英語
K. Nagao; K. Ono; Y. Iwanaga; Y. Tamaki; Y. Kojima; T. Horie; H. Nishi; M. Kinoshita; Y. Kuwabara; K. Hasegawa; T. Kita; T. Kimura Neural cell adhesion molecule is a cardioprotective factor up-regulated by metabolic stress Journal of Molecular and Cellular Cardiology,48,6,1157-1168 2010/06 英語
S. Takenaka; K. Mitsudo; K. Inoue; T. Goto; K. Kadota; S. Fujii; H. Yamamoto; Y. Fuku; A. Hirono; H. Tanaka; M. Taba; A. Ikeda; Y. Kojima; J. Maekawa; S. Maekawa; N. Takahashi; H. Saeki; Y. Nakamura; T. Oonishi; N. Ueda Successful treatment of primary cardiac lymphoma with atrioventricular nodal block International Heart Journal,46,5,927-931 2005 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kojima Y, Studdert JB, Steiner KA, Kaufman-Francis K, Power MD, Loebel DAF, Tam PPL Characteristics of multipotent stem cells derived from epiblast and ectoderm of post-implantation mouse embryos 10th Annual Meeitng for International Society of Stem Cell Research 2012/06 英語
Kojima Y, Studdert JB, Steiner KA, Power MD, Loebel DAF, Tam PPL Characterization of mouse epiblast stem cells derived from gastrula-stage embryos 第44回 日本発生生物学会年次総会 2011/05 英語
KOJIMA Yoji;ONO Koh;INOUE Katsumi;YOSHIDA Yoshinori;NAKASHIMA Yasuhiro;NOBUYOSHI Masakiyo;KITA Toru;KIMURA Takeshi;TANAKA Makoto Progranulin is Expressed in the Human Atherosclerotic Plaque and Reduces IL-8 Secretion from Smooth Muscle Cells, Endothelial Cells, And Macrophages Circ J,74,Supplement 1,466 2010/03/01 英語
小島洋児、尾野亘、井上勝美、高木康志、菊田健一郎、西村真樹、吉田善紀、中島康弘、松前宏信、古川裕、三國信啓、延吉正清、木村剛、北徹、田中誠 Progranulin Expression in Advanced Human Atherosclerotic Plaque 第73回 日本循環器学会 年次総会 2009/03/23 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Characterisation of Epiblast Stem Cells (EpiSC) – Tool to understand gastrulation. CMRI seminar CMRI, Australia 2012/06/29 日本語
Pluripotency in epiblasts and stem cells. 15th NSW Stem Cell Workshop NSW Stem Cell Network, Australia 2011/08/31 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 ヒトES/iPS細胞の多能性維持におけるPRDM14の作用機序の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒトES/iPS細胞の多能性維持におけるPRDM14の作用機序の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
細胞と物質をつなぐ科学 Integrated Cell-Material Sciences 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03