田中 千尋

最終更新日時:2015/09/17 18:26:17

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
田中 千尋/タナカ チヒロ/Chihiro Tanaka
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/地域環境科学専攻生産生態科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa, Sakyo, Kyoto 606-8502, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6311
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本植物病理学会
日本菌学会
英国菌学会(The Britsh mycological Society)
日本遺伝学会
日本農薬学会
米国微生物学会(American Microbidogical Society)
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農林生物学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農林生物学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都府立大学 農学部農学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
農地や林地には様々な微生物が生育し,植物に多様な影響を与えています. 例えば,農林生産に壊滅的な被害をしばしもたらす病気の主原因は微生物によるものです.また,一方,微生物の中には植物と共生し,宿主の活力増進に寄与するものもいます.従って,農林生産性の向上と安定化のためには,これら微生物を巧く制御することが必要です.私は,これらの微生物,中でも菌類の制御・利用法の研究開発や分類学・生態学について,分子遺伝や生化学的手法を用いて展開しています.また,住環境や農産加工における微生物のもたらす問題の解決にむけての研究も手がけています.
研究テーマ
(日本語)
植物病原・共生菌の外界・宿主認識に関わるシグナル伝達系の解明 殺生性植物病原菌のゲノム進化に関する研究
研究概要
(日本語)
植物病原菌や植物共生菌は環境中の物理・化学的要因や宿主などの生物的要因を認知し,その刺激を細胞内で伝達し,特定の遺伝子を発現させて,適応することによって生きています.その機構を明らかにし,人為的にコントロールすることで有害な植物病原菌あるいは有用な植物共生菌を制御しようと研究を展開しています. 植物病原菌のゲノム配列を近縁種の菌類間で比較すると,遺伝子群の重複や獲得が認められます.これらの遺伝子群の破壊株を作出することにより,病原菌の生態における役割を明らかにしようとしています.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
遺伝学
糸状菌
分子生物
きのこ
殺菌剤
微生物制御
植物病原菌
共生菌
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
植物病理学
林学・森林工学
環境農学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
K. Hatoh; K. Izumitsu; A. Morita; K. Shimizu; A. Ohta; M. Kawai; T. Yamanaka; H. Neda; Y. Ota; C. Tanaka Transformation of the mushroom species Hypsizigus marmoreus, Flammulina velutipes, and Grifola frondosa by an agrobacterium-mediated method using a universal transformation plasmid Mycoscience,54,1,8-12 2013/01 英語
Y. Kaitsu; K. Shimizu; E. Tanaka; S. Shimano; S. Uchiyama; C. Tanaka; N. Kinjo Ophiocordyceps sessilis sp. nov., a new species of Ophiocordyceps on Camponotus ants in Japan Mycological Progress,12,4,755-761 2013 英語
Y. Ota; T. Yamanaka; H. Murata; H. Neda; A. Ohta; M. Kawai; A. Yamada; M. Konno; C. Tanaka Phylogenetic relationship and species delimitation of matsutake and allied species based on multilocus phylogeny and haplotype analyses Mycologia,104,6,1369-1380 2012/11 英語
K. Izumitsu; K. Hatoh; T. Sumita; Y. Kitade; A. Morita; A. Gafur; A. Ohta; M. Kawai; T. Yamanaka; H. Neda; Y. Ota; C. Tanaka Rapid and simple preparation of mushroom DNA directly from colonies and fruiting bodies for PCR Mycoscience,53,5,396-401 2012/09 英語
Y. Saitoh; K. Izumitsu; A. Morita; K. Shimizu; C. Tanaka Cloning of Sal1, a scytalone dehydratase gene involved in melanin biosynthesis in Cochliobolus heterostrophus Mycoscience,53,4,330-334 2012/07 英語
A. Morita; Y. Saitoh; K. Izumitsu; C. Tanaka Molecular organization of the mating type (Mat) locus of Exserohilum monoceras (Setosphaeria monoceras), a bioherbicide agent for Echinochloa weeds Mycoscience,53,2,92-101 2012/03 英語
A. Morita; Y. Saitoh; K. Izumitsu; C. Tanaka Teleomorph formation of Setosphaeria monoceras, a perfect state of Exserohilum monoceras, by Japanese isolates Mycoscience,53,2,144-146 2012/03 英語
WAN Jianing;KOIKE Ayumi;YAMANAKA Katsuji;SOTOME Kozue;MORINAGA Tsutomu;TANAKA Chihiro;TERASHIMA Yoshie;AIMI Tadanori Genetic diversity of Tricholoma matsutake and close allies associated with broad-leaved trees in Asia 日本きのこ学会誌,19,4,167-174 2012/01/31 英語
S. Koeda; M. Hosokawa; B.-C. Kang; C. Tanaka; D. Choi; S. Sano; T. Shiina; M. Doi; S. Yazawa Defense response of a pepper cultivar cv. Sy-2 is induced at temperatures below 24°C Journal of Plant Research,125,1,137-145 2012/01 英語
E. Tanaka; T. Kumagawa; C. Tanaka; H. Koga Simple transformation of the rice false smut fungus Villosiclava virens by electroporation of intact conidia Mycoscience,52,5,344-348 2011/09 英語
T. Fukiharu; N.L. Bougher; P.K. Buchanan; A. Suzuki; C. Tanaka; N. Sagara Coprinopsis austrophlyctidospora sp. nov., an agaric ammonia fungus from Southern Hemisphere plantations and natural forests Mycoscience,52,2,137-142 2011/03 英語
A. Ishihara; T. Nakao; Y. Mashimo; M. Murai; N. Ichimaru; C. Tanaka; H. Nakajima; K. Wakasa; H. Miyagawa Probing the role of tryptophan-derived secondary metabolism in defense responses against Bipolaris oryzae infection in rice leaves by a suicide substrate of tryptophan decarboxylase Phytochemistry,72,1,7-13 2011/01 英語
J.K. Raut; A. Suzuki; T. Fukiharu; K. Shimizu; S. Kawamoto; C. Tanaka Coprinopsis neophlyctidospora sp. nov., a new ammonia fungus from boreal forests in Canada Mycotaxon,115,227-238 2011/01 英語
N. Osawa; R. Toft; N. Tuno; K. Kadowaki; T. Fukiharu; P.K. Buchanan; C. Tanaka The community structures of fungivorous insects on Amanita muscaria in New Zealand New Zealand Entomologist,34,40-44 2011 英語
Y. Saitoh; K. Izumitsu; A. Morita; K. Shimizu; C. Tanaka ChMCO1 of cochliobolus heterostrophus is a new class of metallo-oxidase, playing an important role in DHN-melanization Mycoscience,51,5,327-336 2010/09 英語
K. Izumitsu; S. Kimura; H. Kobayashi; A. Morita; Y. Saitoh; C. Tanaka Class I hydrophobin BcHpb1 is important for adhesion but not for later infection of Botrytis cinerea Journal of General Plant Pathology,76,4,254-260 2010/08 英語
Y. Saitoh; K. Izumitsu; A. Morita; C. Tanaka A copper-transporting ATPase BcCCC2 is necessary for pathogenicity of Botrytis cinerea Molecular Genetics and Genomics,284,1,33-43 2010/07 英語
T. Orihara; F. Sawada; S. Ikeda; M. Yamato; C. Tanaka; N. Shimomura; M. Hashiya; K. Iwase Taxonomic reconsideration of a sequestrate fungus, Octaviania columellifera, with the proposal of a new genus, Heliogaster, and its phylogenetic relationships in the Boletales Mycologia,102,1,108-121 2010/01 英語
K. Izumitsu; A. Yoshimi; S. Hamada; A. Morita; Y. Saitoh; C. Tanaka Dic2 and Dic3 loci confer osmotic adaptation and fungicidal sensitivity independent of the HOG pathway in Cochliobolus heterostrophus Mycological Research,113,1208-1215 2009/10 英語
田中千尋・泉津弘佑・吉見啓・清水公徳・木村真・本山高幸 病原糸状菌の浸透圧応答シグナル伝達経路 化学と生物,47,9,644-650 2009/09/01 日本語
A. Muroi; A. Ishihara; C. Tanaka; A. Ishizuka; J. Takabayashi; H. Miyoshi; T. Nishioka Accumulation of hydroxycinnamic acid amides induced by pathogen infection and identification of agmatine coumaroyltransferase in Arabidopsis thaliana Planta,230,3,517-527 2009/08 英語
K. Izumitsu; A. Yoshimi; D. Kubo; A. Morita; Y. Saitoh; C. Tanaka The MAPKK kinase ChSte11 regulates sexual/asexual development, melanization, pathogenicity, and adaptation to oxidative stress in Cochliobolus heterostrophus Current Genetics,55,4,439-448 2009/08 英語
Y. Saitoh; K. Izumitsu; C. Tanaka Phylogenetic analysis of heavy-metal ATPases in fungi and characterization of the copper-transporting ATPase of Cochliobolus heterostrophus Mycological Research,113,737-745 2009/06 英語
田中 栄爾・田中 千尋・柴田 昌三 日本国内におけるタケ・ササ類のてんぐ巣症状 日本菌学会会報 = Transactions of the Mycological Society of Japan,50,1,56-60 2009/05/01 日本語
E. Tanaka; T. Ashizawa; R. Sonoda; C. Tanaka Villosiclava virens gen. nov., comb. nov., teleomorph of Ustilaginoidea virens, the causal agent of rice false smut Mycotaxon,106,491-501 2008/10 英語
E. Tanaka; K. Shimizu; Y. Imanishi; F. Yasuda; C. Tanaka Isolation of basidiomycetous anamorphic yeast-like fungus Meira argovae found on Japanese bamboo Mycoscience,49,5,329-333 2008/10 英語
Y. Kitamura; M. Hosokawa; C. Tanaka; S. Yazawa Identification and sterilization of epiphytic bacterial flora near hydrangea shoot apical meristems Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,77,4,418-425 2008/10 英語
Taniguchi, Takeshi; Tanaka, Chihiro; Tamai, Shigenobu; Yamanaka, Norikazu; Futai, Kazuyoshi Identification of Cylindrocladium sp causing damping-off disease of Japanese black pine (Pinus thunbergii) and factors affecting the disease severity in a black locust (Robinia pseudoacacia)-dominated area JOURNAL OF FOREST RESEARCH,13,4,233-240 2008/08 英語
細矢剛;細矢剛;青木孝之;青木孝之;服部力;服部力;根田仁;根田仁;田中千尋;田中千尋;勝本謙;松本淳;松本淳 日本菌学会推奨和名の決定についての手順 日本菌学会会報,49,1,99-101 2008/06/01 日本語
K. Noge; M. Kato; N. Mori; M. Kataoka; C. Tanaka; Y. Yamasue; R. Nishida; Y. Kuwahara Geraniol dehydrogenase, the key enzyme in biosynthesis of the alarm pheromone, from the astigmatid mite Carpoglyphus lactis (Acari: Carpoglyphidae) FEBS Journal,275,11,2807-2817 2008/06 英語
A. Ishihara; Y. Hashimoto; C. Tanaka; J.G. Dubouzet; T. Nakao; F. Matsuda; T. Nishioka; H. Miyagawa; K. Wakasa The tryptophan pathway is involved in the defense responses of rice against pathogenic infection via serotonin production Plant Journal,54,3,481-495 2008/05 英語
E. Tanaka; C. Tanaka Phylogenetic study of clavicipitaceous fungi using acetaldehyde dehydrogenase gene sequences Mycoscience,49,2,115-125 2008/04 英語
N. Tuno; K.H. Takahashi; H. Yamashita; N. Osawa; C. Tanaka Tolerance of Drosophila flies to ibotenic acid poisons in mushrooms Journal of Chemical Ecology,33,2,311-317 2007/02 英語
K. Izumitsu; A. Yoshimi; C. Tanaka Two-component response regulators Ssk1p and Skn7p additively regulate high-osmolarity adaptation and fungicide sensitivity in Cochliobolus heterostrophus Eukaryotic Cell,6,2,171-181 2007/02 英語
HOSOYA Tsuyoshi;TANAKA Chihiro;YAMADA Akiyoshi;BAHARUDDIN Salleh Survey of Stream Spora of Penang Island and the Malay Peninsula Bull Natl Sci Mus Ser B,32,3,123-127 2006/09/22 英語
Tanaka C, Izumitsu K, Yoshimi A The histidine kinase Dic1p regulates HOG1-MAPK involved in glycerol accumulation of Cochliobolus heterostrophus. Meyer W, Pearce C (eds.) 8th International Mycological Congress pp. 1-6, Medimond Srl, Bologna, Italy 2006 英語
A. Yoshimi; K. Kojima; Y. Takano; C. Tanaka Group III histidine kinase is a positive regulator of Hog1-type mitogen-activated protein kinase in filamentous fungi Eukaryotic Cell,4,11,1820-1828 2005/11 英語
H. Yamashita; C. Tanaka; H. Nakayama; N. Tuno; N. Osawa New host record for three scuttle flies, Megaselia flava, M. kanekoi and M. gotoi (Diptera: Phoridae), on the poisonous fungus Amanita ibotengutake (Agaricales: Amanitaceae) Entomological Science,8,3,223-225 2005/09 英語
K. Noge; N. Mori; C. Tanaka; R. Nishida; M. Tsuda; Y. Kuwahara Identification of astigmatid mites using the second internal transcribed spacer (ITS2) region and its application for phylogenetic study Experimental and Applied Acarology,35,1-2,29-46 2005 英語
A. Oikawa; A. Ishihara; C. Tanaka; N. Mori; M. Tsuda; H. Iwamura Accumulation of HDMBOA-Glc is induced by biotic stresses prior to the release of MBOA in maize leaves Phytochemistry,65,22,2995-3001 2004/11 英語
K. Kojima; Y. Takano; A. Yoshimi; C. Tanaka; T. Kikuchi; T. Okuno Fungicide activity through activation of a fungal signalling pathway Molecular Microbiology,53,6,1785-1796 2004/09 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Molecular phylogeny and biogeography of the widely distributed Amanita species, A. muscaria and A. pantherina Mycological Research,108,885-896 2004/08 英語
M. Ono; C. Nishigori; C. Tanaka; S. Tanaka; M. Tsuda; Y. Miyachi Cutaneous alternariosis in an immunocompetent patient: Analysis of the internal transcribed spacer region of rDNA and Brm2 of isolated Alternaria alternata [3] British Journal of Dermatology,150,4,773-775 2004/04 英語
Yoshimi, A; Tsuda, M; Tanaka, C Cloning and characterization of the histidine kinase gene Dic1 from Cochliobolus heterostrophus that confers dicarboximide resistance and osmotic adaptation MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS,271,2,228-236 2004/03 英語
Ichikawa K, Kawasaki S, Tanaka C, Tsuda M Induced resistance against Fusarium diseases of Cymbidium species by weakly virulent strain HPF-1 (Fusarium sp.) Journal of general plant pathology : JGPP,69,6,400-405 2003/12/25 英語
E. Tanaka; C. Tanaka; N. Mori; Y. Kuwahara; M. Tsuda Phenylpropanoid amides of serotonin accumulate in witches\\' broom diseased bamboo Phytochemistry,64,5,965-969 2003/11 英語
Y.-L. Zhou; K. Izumitsu; R. Sonoda; T. Nakazaki; E. Tanaka; M. Tsuda; C. Tanaka PCR-based specific detection of Ustilaginoidea virens and Ephelis japonica Journal of Phytopathology,151,9,513-518 2003/09 英語
A. Suzuki; T. Fukiharu; C. Tanaka; T. Ohono; P.K. Buchanan Saprobic and ectomycorrhizal ammonia fungi in the Southern Hemisphere New Zealand Journal of Botany,41,3,391-406 2003/09 英語
Yoshimi A, Imanishi J. Gafur A, Tanaka C, Tsuda M Characterization and genetic analysis of laboratory mutants of Cochliobolus heterostrophus resistant to dicarboximide and phenylpyrrole fungicides Journal of general plant pathology : JGPP,69,2,101-108 2003/04/25 英語
TANAKA E;TANAKA C;ISHIHARA A;KUWAHARA Y;TSUDA M Indole-3-acetic acid biosynthesis in Aciculosporium take, a causal agent of witches' broom of bamboo. J Gen Plant Pathol,69,1,1-6 2003/02 英語
M. Hosokawa; C. Tanaka; M. Tsuda Conidium morphology of Curvularia geniculata and allied species Mycoscience,44,3,227-237 2003 英語
G. Sun; S. Oide; E. Tanaka; K. Shimizu; C. Tanaka; M. Tsuda Species separation in Curvularia "geniculata" group inferred from Brn1 gene sequences Mycoscience,44,3,239-244 2003 英語
Zhou Y-L, Tanaka C, Tsuda M Genetic transformation of Exserohilum turcicum mediated by Agrobacterium tumefaciens. Mycosystema 22:374-379 2003 英語
北川陽介・山岸真孝・斎藤禎一・田中千尋・三野 徹 畑地における窒素の挙動とその制御(5)固定化担体を用いた脱窒バイオリアクターの開発とその性能試験. 畑地農業No. 538, pp. 2-7 2003 日本語
築山拓司・中崎鉄也・寺地 徹・田中千尋・奥本 裕・谷坂隆俊 GST融合タンパク質発現系を用いたイネPR-3キチナーゼの精製 近畿作育研究 48:47-51 2003 日本語
田中栄爾;田中千尋;津田盛也 タケ類てんぐ巣病菌の伝播および種内変異 森林研究,74,13-20 2002/12/10 日本語
Tanaka C, Shimizu K, Gafur A, Tsuda M Polyoxin Resistance of Reddish Brown Laboratory Mutants of Cochliobolus heterostrophus Journal of general plant pathology : JGPP,68,2,141-146 2002/05/25 英語
Y. Nihashi; C.-H. Lim; C. Tanaka; H. Miyagawa; T. Ueno Phytotoxic sesterterpene, 11-epiterpestacin, from Bipolaris sorokiniana NSDR-011 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,66,3,685-688 2002/03 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Amanita concentrica: A new species in Amanita section Amanita from Japan Mycoscience,43,1,81-83 2002 英語
E. Tanaka; C. Tanaka; A. Gafur; M. Tsuda Heteroepichloë, gen. nov. (Clavicipitaceae; Ascomycotina) on bamboo plants in East Asia Mycoscience,43,2,87-93 2002 英語
A. Suzuki; C. Tanaka; N.L. Bougher; I.C. Tommerup; P.K. Buchanan; T. Fukiharu; S. Tsuchida; M. Tsuda; T. Oda; J. Fukada; N. Sagara ITS rDNA variation of the Coprinopsis phlyctidospora (syn.: Coprinus phlyctidosporus) complex in the Northern and Southern Hemispheres Mycoscience,43,3,229-238 2002 英語
C. Tanaka; H. Miyagawa; Y. Kuwahara; M. Tsuda Accumulation of anthraquinones in the reddish brown-colored polyoxin-resistant mutants of Cochliobolus heterostrophus Mycoscience,43,4,317-320 2002 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Two new species of Amanita from Japan Mycoscience,43,4,351-355 2002 英語
Oda T, Yamazaki T, Tanaka C, Terashita T, Taniguchi N, Tsuda M Amanita ibotengutake sp. nov., a poisonous fungus from Japan. Mycol Prog 1:355-365 2002 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Amanita imazekii - A new species in amanita section caesareae Mycologia,93,6,1231-1234 2001/11 英語
E. Tanaka; S. Kawasaki; K. Matsumura; R. Kusuda; C. Tanaka; Y.-L. Peng; T. Tsukiboshi; M. Tsuda Phylogenetic studies of ephelis species from various locations and hosts in Asia Mycological Research,105,811-817 2001/07 英語
Gafur A, Tanaka C, Shimizu K, Ouchi S, Tsuda M Studies on iprodione resistance in Cochliobolus heterostrophus. In Zeng S, Zhou G, Li H (eds.), Plant Diseases and Their Control. pp. 162-164, China Agricultural ScienTech Press, Beijing, China 2001 英語
Matsuura, K; Tanaka, C; Nishida, T Symbiosis of a termite and a sclerotium-forming fungus: Sclerotia mimic termite eggs ECOLOGICAL RESEARCH,15,4,405-414 2000/12 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Amanita sinensis, new to Japan and Nepal Mycoscience,41,4,403-405 2000 英語
T. Oda; C. Tanaka; M. Tsuda Molecular phylogeny of Japanese Amanita species based on nucleotide sequences of the internal transcribed spacer region of nuclear ribosomal DNA Mycoscience,40,1,57-64 1999 英語
K. Shimizu; C. Tanaka; Y.-L. Peng; M. Tsuda Phylogeny of Bipolaris inferred from nucleotide sequences of Brn1, a reductase gene involved in melanin biosynthesis Journal of General and Applied Microbiology,44,4,251-258 1998/08 英語
Gafur A, Tanaka C, Shimizu K, Ouchi S, Tsuda M Genetic analysis of Cochliobolus heterostrophus polyoxinresistant mutants Mycoscience,39,2,155-159 1998/07/15 英語
A. Gafur; C. Tanaka; K. Shimizu; S. Ouchi; M. Tsuda Molecular analysis and characterization of the Cochliobolus heterostrophus β-tubulin gene and its possible role in conferring resistance to benomyl Journal of General and Applied Microbiology,44,3,217-223 1998/06 英語
Y. Kuwahara; N. Mori; K. Shimizu; C. Tanaka; M. Tsuda Pheromone Studies on Astigmatid Mites: Recent Progress - A Comparison of Molecular Phylogeny, Distribution and Function of Female Sex Pheromone in Caloglyphus spp. (Acarina: Acaridae) Journal of Asia-Pacific Entomology,1,1,9-15 1998 英語
Gafur A, Tanaka C, Ouchi S, Tsuda M A PCR-based method for mating type determination in Cochliobolus heterostrophus Mycoscience,38,4,455-458 1997/12/15 英語
K. Shimizu; C. Tanaka; M. Tsuda Cloning of Brn1, a reductase gene involved in melanin biosynthesis in Cochliobolus heterostrophus Journal of General and Applied Microbiology,43,3,145-150 1997/06 英語
Tsuda M, Shimizu K, Matsumura K, Tanaka E, Tanaka C, Doi Y Host range of Aciculosporium take, the causal agent of witches' broom of bamboo plants. Bull Natl Sci Mus Tokyo Ser B 23:25-34 1997 英語
Shimizu K, Tanaka C, Tsuda M Genetic analyses of Cochliobolus heterostrophus albino mutant with deficiencies at two loci Mycoscience,37,3,345-349 1996/10/15 英語
C. Tanaka; N. Taniguchi; M. Tsuda Genetic analysis of Cochliobolus heterostrophus beige mutant Mycological Research,99,621-622 1995/05 英語
M. Nakada; C. Tanaka; K. Tsunewaki; M. Tsuda RFLP analysis for species separation in the genera Bipolaris and Curvularia Mycoscience,35,3,271-278 1994 英語
TANAKA, C; TAJIMA, S; FURUSAWA, I; TSUDA, M THE PGR1 MUTANT OF COCHLIOBOLUS-HETEROSTROPHUS LACKS A P-DIPHENOL OXIDASE INVOLVED IN NAPHTHALENEDIOL MELANIN SYNTHESIS MYCOLOGICAL RESEARCH,96,959-964 1992/11 英語
Tanaka C, Nakada M, Tsuda M Electrophoretic separation of chromosomes of some graminicolous fungi. Trans Mycol Soc Jpn 33:95-102 1992 英語
KISHI, T; TAHARA, S; TANIGUCHI, N; TSUDA, M; TANAKA, C; TAKAHASHI, S NEW PERYLENEQUINONES FROM SHIRAIA-BAMBUSICOLA PLANTA MEDICA,57,4,376-379 1991/08 英語
TANAKA, C; KUBO, Y; TSUDA, M GENETIC-ANALYSIS AND CHARACTERIZATION OF COCHLIOBOLUS-HETEROSTROPHUS COLOR MUTANTS MYCOLOGICAL RESEARCH,95,49-56 1991/01 英語
Tsuda M, Tanaka C, Kishi T, Amano N, Doi Y A new synanamorph of Shiraia bambusicola. Trans Mycol Soc Jpn 30:493-498 1989 英語
本郷次雄・田中千尋・服部 力・稲塚岳博・山中高史・村上康明・吹春俊光 朝日の森のきのこ類. 森林文化研究 10:209-216 1989 日本語
Tanaka C, Kubo Y, Tsuda M Comparison of mutagens in Cochliobolus heterostrophus mutagenesis. Ann Phytopatol Soc Jpn 54:503-509 1988 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
室井敦,石原亨,田中千尋,石塚晶啓,高林純示,三芳秀人,西岡孝明 シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究 日本農芸化学会 2010 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
植物病原糸状菌の浸透圧応答シグナル伝達系 日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム 日本農芸化学会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Dicarboximide and phenylpyrole resistant genes in Cochliobolus heterostrophus, Dic2 and Dic3 are independent of HOG pathway 4th International Symposium on Pesticides and Environmental Safety IUPAC 2012/09/19 英語
Two-component signaling system for osmotic regulation and fungicide sensitivity in Cochliobolus heterostrophus. 24th Fungal Getetics Conference Genetics Society of America 2007/03/21 英語
「菌類の外来種問題-それってなあに?-」 公開講演「菌類にもある外来種と絶滅危惧種問題」 国立科学博物館・日本菌学会 2006/11/23 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Tanaka C, Izumitsu K Two-Component signaling system in filamentous fungi and the mode of action of dicarboximide and phenylpyrrole fungicides. In: Carisse O (ed.) Fungicides, pp. 523-538 InTech, Rijeka, Croatia 2010 英語
Tuno N, Tanaka C, Osawa N Fungal toxins relevant to animals ―the case of Amanita. In: Zhang W and Liu H (eds.) Behavioral and Chemical Ecology, pp. 235-250 Nova Science Publishers, NY, USA 2010 英語
田中千尋・奥野哲郎 植物を病気から守る. 21 世紀の農学 第3巻(佐久間正幸編)pp. 195-241 京大出版会,京都 2007 日本語
田中千尋 微生物の生態と地球化学的物質循環への寄与. 微生物学(青木健次編著)pp. 171-183 化学同人,京都 2007 日本語
田中千尋 真菌類. 微生物学 (青木健次編著)pp. 35-39 化学同人,京都 2007 日本語
津田盛也・田中千尋 菌類集団の多様性と種分化.菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統(杉山純多編)pp. 137-143 裳華房, 東京 2005 日本語
津田盛也・田中千尋 菌蕈類テングタケ属の形態進化と分子進化.菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統(杉山純多編)pp. 293-294 裳華房, 東京 2005 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本菌学会賞 MSJ Award 日本菌学会 Mycological Society of Japan 2012/05/26
Distingushed Asian Mycologist Award Asian Mycological Association 2013/08/20
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
国際学術研究 分担 中国雲南省及び福建省武夷山地の隠花植物相・菌類相に関する研究 1993〜1994
奨励研究(A) 代表 トウモロコシごま葉枯病菌のポリオキシン耐性に関する生化遺伝学的研究 1995〜1995
奨励研究(A) 代表 植物病原菌のダイカルボキシイミド耐性とその発現機構の解明 1999〜2000
基盤研究(C) 分担 森林内遷移過程における初期侵入性菌類の分散と定着に関する研究 2001〜2003
基盤研究(B) 代表 きのこときのこを利用する昆虫の相互関係に関する群集生態学的研究 2003〜2006
基盤研究(B) 代表 ニュージーランドにおける外来菌根菌のナンキョクブナ林侵入定着に関する研究 Studies on the exotic mycorrhizal fungus, invaded native forests of nothofagii in New Zealand 2005〜2008
基盤研究(B) 分担 人為的に導入された日本在来の海外侵入生物の管理システムに関する応用生態学的研究 2008〜2011
基盤研究(B) 代表 外生菌根共生の分子研究基盤整備と共生機構の解明 2010〜2012
基盤研究(B) 分担 マツタケ菌根のケミカルエコロジー 2011〜2013
基盤研究(A) 分担 捕食性侵入種による在来種の競争排除に関する群集生態学的研究 2012〜2015
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
イネ科植物葉枯病菌の遺伝学的研究 Genetic study of graminicolous fungi 1993〜
高等菌類の遺伝生態学的研究 Genetic and ecological study of higher fungi 1993〜
殺菌剤ターゲットとしての糸状菌類のシグナル伝達システムの解明 1993〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
農薬科学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
微生物学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学概論IV 後期 農学部 2011/04〜2012/03
微生物制御科学 農学研究科 2011/04〜2012/03
微生物環境制御学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
微生物環境制御学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
博物館実習(自然史) Practical Training at Museum (Natural History) 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
微生物学 Microbiology 後期 農学部 2012/04〜2013/03
微生物生態学 Microbial Ecology 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生産生態科学演習 Seminar in Agro-ecosystem Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
農薬科学 Pesticide Science 後期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学概論B Outline of Bioresource Science B 後期 農学部 2013/04〜2014/03
微生物学 Microbiology 後期 農学部 2013/04〜2014/03
真菌科学 Fungal Science 前期 農学部 2013/04〜2014/03
農薬科学 Pesticide Science 後期 農学部 2013/04〜2014/03
生産生態科学演習 Seminar in Agro-ecosystem Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
微生物制御科学 Special Lecture on Microbial Management 後期 農学研究科 2013/04〜2014/03
微生物環境制御学専攻演習 Seminar in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
微生物環境制御学専攻実験 Research in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
博物館実習(自然史) Practical Training at Museum (Natural History) 前期集中 全学共通科目 2013/04〜2014/03
資源生物科学概論B Outline of Bioresource Science B 後期 農学部 2014/04〜2015/03
微生物学 Microbiology 後期 農学部 2014/04〜2015/03
真菌科学 Fungal Science 前期 農学部 2014/04〜2015/03
農薬科学 Pesticide Science 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生産生態科学演習 Seminar in Agro-ecosystem Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
微生物生態学特論 Special Lecture on Microbial Ecology 後期 農学研究科 2014/04〜2015/03
微生物環境制御学専攻演習 Seminar in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
微生物環境制御学専攻実験 Research in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
博物館実習(自然史) Practical Training at Museum (Natural History) 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
博物館実習(自然史) Practical Training at Museum (Natural History) 前期集中 全学共通科目 2015/04〜2016/03
微生物制御科学 Special Lecture on Microbial Management 後期 農学研究科 2015/04〜2016/03
微生物学 Microbiology 後期 農学部 2015/04〜2016/03
微生物環境制御学専攻実験1 Research in Environmental Microbiology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
微生物環境制御学専攻実験 Research in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
微生物環境制御学専攻演習1 Seminar in Environmental Microbiology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
微生物環境制御学専攻演習 Seminar in Environmental Microbiology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生産生態科学演習 Seminar in Agro-ecosystem Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
真菌科学 Fungal Science 前期 農学部 2015/04〜2016/03
資源生物科学専門外書講義I Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
資源生物科学概論B Outline of Bioresource Science B 後期 農学部 2015/04〜2016/03
農薬科学 Pesticide Science 後期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
学術情報メディアセンター協議員 2014/04/01〜2016/03/31
情報環境機構KUINS利用負担金検討委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
総合博物館運営委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
環境・安全・衛生委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
情報セキュリティ・システム委員会 委員 2013/04/01〜
地域環境科学専攻長 2015/04/01〜2016/03/31
評価委員会 委員 2015/04/01〜2016/03/31
防火・防災委員会 委員 2015/04/01〜2016/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
亀山市史自然編執筆委員 2009〜2009