八田 太一

最終更新日時: 2019/09/28 13:31:10

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
八田 太一/ハッタ タイチ/Hatta, Taichi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/上廣倫理研究部門/特定助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本混合研究法学会 Japan Society for Mixed Methods Research
日本生命倫理学会 The Japan Association for Bioethics
日本心理学会 The Japanese Psychological Association
日本質的心理学会 Japanese Association of Qualitative Psychology
日本行動計量学会 Behaviormetric Society
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Mixed Methods International Research Association
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(医科学) Master of Science, Medical Science 京都大学 Kyoto University
博士(医学) Ph.D., Medicine 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University Graduate School 大学院医学研究科修士課程医科学専攻 Graduate School of Medicine Medical Science 修了
京都大学 Kyoto University Graduate School 大学院医学研究科博士課程医学専攻 Graduate School of Medicine Medicine 研究指導認定退学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
早稲田大学 Waseda University 教育学部理学科 Faculty of Education Department of Science 卒業
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000010694
研究テーマ
(日本語)
1)がん医療におけるインフォームド・コンセント観察研究 2)再生医療をめぐる法的倫理的社会的課題に関する調査研究
(英語)
1) Mixed methods Observational Research for Informed Consent [MORE-IC] 2) Empirical research for Ethical, Legal, and Social Issues(ELSI) involving regenerative medicine.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
混合研究法 Mixed Methods Research
方法論 Methodology
医療社会学 Medical Sociology
インフォームド・コンセント Informed Consent
がん医療 Clinical Oncology
医師患者関係 Physician-Patient Relationship
参与観察 Participant Observation
再生医療 Regenerative Medicine
幹細胞治療 Stem Cell Therapy
アーカイブ調査 Unobtrusive Measures
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ozeki-Hayashi R, Fujita M, Tsuchiya A, Hatta T, Nakazawa E, Takimoto Y, Akabayashi A Ozeki-Hayashi R, Fujita M, Tsuchiya A, Hatta T, Nakazawa E, Takimoto Y, Akabayashi A Ozeki-Hayashi R, Fujita M, Tsuchiya A, Hatta T, Nakazawa E, Takimoto Y, Akabayashi A Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. Breast cancer (Dove Medical Press), 11, 221-229 Breast cancer (Dove Medical Press), 11, 221-229 Breast cancer (Dove Medical Press), 11, 221-229 2019/07 公開
Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M Japan Significantly Relaxes Its Human-Animal Chimeric Embryo Research Regulations. Japan Significantly Relaxes Its Human-Animal Chimeric Embryo Research Regulations. Japan Significantly Relaxes Its Human-Animal Chimeric Embryo Research Regulations. Cell stem cell, 24, 4, 513-514 Cell stem cell, 24, 4, 513-514 Cell stem cell, 24, 4, 513-514 2019/04 公開
八田 太一 八田 太一 八田 太一 混合研究法の基本型デザインと統合 : 初学者が陥りやすい落とし穴 混合研究法の基本型デザインと統合 : 初学者が陥りやすい落とし穴 Mixed Methods Research Design and Integration : Pitfalls Faced by Novice Researchers 立命館人間科学研究, 39, 49-59 立命館人間科学研究, 39, 49-59 立命館人間科学研究, 39, 49-59 2019/03 日本語 公開
成田 慶一, 八田 太一, 平尾 和之, 三田村 仰, 山 愛美, 横出 正之 成田 慶一, 八田 太一, 平尾 和之, 三田村 仰, 山 愛美, 横出 正之 成田 慶一, 八田 太一, 平尾 和之, 三田村 仰, 山 愛美, 横出 正之 Affective Neuroscience Personality Scale日本語版の信頼性および妥当性の検討 : 感情神経科学に基づいたパーソナリティへのアプローチ Affective Neuroscience Personality Scale日本語版の信頼性および妥当性の検討 : 感情神経科学に基づいたパーソナリティへのアプローチ A Validation of the Affective Neuroscience Personality Scale in Japanese 臨床心理学 = Japanese journal of clinical psychology, 17, 5, 691-702 臨床心理学 = Japanese journal of clinical psychology, 17, 5, 691-702 臨床心理学 = Japanese journal of clinical psychology, 17, 5, 691-702 2017/09 日本語 公開
Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M The Japanese Generally Accept Human-Animal Chimeric Embryo Research but Are Concerned About Human Cells Contributing to Brain and Gametes. The Japanese Generally Accept Human-Animal Chimeric Embryo Research but Are Concerned About Human Cells Contributing to Brain and Gametes. The Japanese Generally Accept Human-Animal Chimeric Embryo Research but Are Concerned About Human Cells Contributing to Brain and Gametes. Stem cells translational medicine, 6, 8, 1749-1750 Stem cells translational medicine, 6, 8, 1749-1750 Stem cells translational medicine, 6, 8, 1749-1750 2017/08 公開
Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M Sawai T, Hatta T, Fujita M Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells. Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells. Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells. Regenerative medicine, 12, 3, 233-248 Regenerative medicine, 12, 3, 233-248 Regenerative medicine, 12, 3, 233-248 2017/04 公開
八田 太一 八田 太一 研究の意味 : 社会的価値,学術的意義,個人的意味 (特集 研究の意味 多領域との対話から) 研究の意味 : 社会的価値,学術的意義,個人的意味 (特集 研究の意味 多領域との対話から) 看護研究, 49, 7, 541-546 看護研究, 49, 7, 541-546 , 49, 7, 541-546 2016/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Takahashi N, Fujita M Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Takahashi N, Fujita M Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Takahashi N, Fujita M Evaluating the Quality of Website Information of Private-Practice Clinics Offering Cell Therapies in Japan. Evaluating the Quality of Website Information of Private-Practice Clinics Offering Cell Therapies in Japan. Evaluating the Quality of Website Information of Private-Practice Clinics Offering Cell Therapies in Japan. Interactive journal of medical research, 5, 2, e15 Interactive journal of medical research, 5, 2, e15 Interactive journal of medical research, 5, 2, e15 2016/05 公開
Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Erratum to: Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). Erratum to: Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). Erratum to: Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). BMC medical informatics and decision making, 16, 28 BMC medical informatics and decision making, 16, 28 BMC medical informatics and decision making, 16, 28 2016/03 公開
Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). BMC medical informatics and decision making, 16, 22 BMC medical informatics and decision making, 16, 22 BMC medical informatics and decision making, 16, 22 2016/02 公開
Fujita M, Hatta T, Ozeki R, Akabayashi A Fujita M, Hatta T, Ozeki R, Akabayashi A Fujita M, Hatta T, Ozeki R, Akabayashi A The current status of clinics providing private practice cell therapy in Japan. The current status of clinics providing private practice cell therapy in Japan. The current status of clinics providing private practice cell therapy in Japan. Regenerative medicine, 11, 1, 23-32 Regenerative medicine, 11, 1, 23-32 Regenerative medicine, 11, 1, 23-32 2016/01 公開
Ito-Ihara T, Hong JH, Kim OJ, Sumi E, Kim SY, Tanaka S, Narita K, Hatta T, Choi EK, Choi KJ, Miyagawa T, Minami M, Murayama T, Yokode M Ito-Ihara T, Hong JH, Kim OJ, Sumi E, Kim SY, Tanaka S, Narita K, Hatta T, Choi EK, Choi KJ, Miyagawa T, Minami M, Murayama T, Yokode M Ito-Ihara T, Hong JH, Kim OJ, Sumi E, Kim SY, Tanaka S, Narita K, Hatta T, Choi EK, Choi KJ, Miyagawa T, Minami M, Murayama T, Yokode M An international survey of physicians regarding clinical trials: a comparison between Kyoto University Hospital and Seoul National University Hospital. An international survey of physicians regarding clinical trials: a comparison between Kyoto University Hospital and Seoul National University Hospital. An international survey of physicians regarding clinical trials: a comparison between Kyoto University Hospital and Seoul National University Hospital. BMC medical research methodology, 13, 130 BMC medical research methodology, 13, 130 BMC medical research methodology, 13, 130 2013/10 公開
八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 猪原 登志子, 南 学, 村山 敏典, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 猪原 登志子, 南 学, 村山 敏典, 横出 正之 医療に関する達成動機尺度の開発~がん医療インフォームド・コンセントの観察研究にむけて~ 医療に関する達成動機尺度の開発~がん医療インフォームド・コンセントの観察研究にむけて~ 心身医学, 51, 1, 73-79 心身医学, 51, 1, 73-79 , 51, 1, 73-79 2011 公開
Taichi Hatta, Keiichi Narita, Kazuhiro Yanagihara, Hiroshi Ishiguro, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode Taichi Hatta, Keiichi Narita, Kazuhiro Yanagihara, Hiroshi Ishiguro, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode Crossover Mixed Analysis in a Convergent Mixed Methods Design Used to Investigate Clinical Dialogues About Cancer Treatment in the Japanese Context Crossover Mixed Analysis in a Convergent Mixed Methods Design Used to Investigate Clinical Dialogues About Cancer Treatment in the Japanese Context Journal of Mixed Methods Research, Online first , Online first Journal of Mixed Methods Research, Online first 2018/08 英語 公開
Fujita, M., Hatta, T., Sawai, T., & Takahashi, J Fujita, M., Hatta, T., Sawai, T., & Takahashi, J Risk of Tumorigenesis and Patient Hope Risk of Tumorigenesis and Patient Hope AJOB Neuroscience, 6, 1, 69-70 , 6, 1, 69-70 AJOB Neuroscience, 6, 1, 69-70 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hatta, T., Murayama, T., Narita, K., Sumi, E., & Yokode, M Hatta, T., Murayama, T., Narita, K., Sumi, E., & Yokode, M Trend Analysis of Informed Consent Research in Clinical Trials: Comprehensive Retrieval via Electronic Databases. Trend Analysis of Informed Consent Research in Clinical Trials: Comprehensive Retrieval via Electronic Databases. apanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 42, 1, 21-25 , 42, 1, 21-25 apanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 42, 1, 21-25 2011 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
人間科学における混合研究法の基礎と実践 人間科学における混合研究法の基礎と実践 MMIRA Asia Regional Conference 2019 プレカンファレンスワークショップ MMIRA Asia Regional Conference 2019 プレカンファレンスワークショップ 2019/09/14 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
人間科学と混合研究法~実践編〜[招待あり] 人間科学と混合研究法~実践編〜 [招待あり] 2018年度人間科学研究所年次総会 2018年度人間科学研究所年次総会 2019/02/26 日本語 口頭発表(基調) 公開
混合研究法概説 混合研究法概説 第2回混合研究法(MMR)コロキウム 第2回混合研究法(MMR)コロキウム 2019/02/16 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
生命倫理学と混合研究法の接点ーインフォームド・コンセント観察研究の経験を踏まえてー 生命倫理学と混合研究法の接点ーインフォームド・コンセント観察研究の経験を踏まえてー 第30回日本生命倫理学会年次大会 第30回日本生命倫理学会年次大会 2018/12/09 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
混合研究法概説[招待あり] 混合研究法概説 [招待あり] 第1回 混合研究法(MMR)コロキウム 第1回 混合研究法(MMR)コロキウム 2018/06/10 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
動物性集合胚研究に対する一般市民の意識調査 動物性集合胚研究に対する一般市民の意識調査 第29回日本生命倫理学会年次大会 第29回日本生命倫理学会年次大会 2017/12/17 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
細胞治療を提供する自由診療クリニックのWebサイト:探索的調査結果と規制の動向[招待あり] 細胞治療を提供する自由診療クリニックのWebサイト:探索的調査結果と規制の動向 [招待あり] 第16回日本再生医療学会総会 第16回日本再生医療学会総会 2017/03/07 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
MMRオープンフォーラム MMRオープンフォーラム 第2回日本混合研究法学会年次大会 第2回日本混合研究法学会年次大会 2016/08/27 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
混合研究法を用いたプライマリ・ケア研究をデザインしよう[招待あり] 混合研究法を用いたプライマリ・ケア研究をデザインしよう [招待あり] Let’s Design a Mixed Methods Research Project for Primary Care! [招待あり] 第7 回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 第7 回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2016/06/05 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
日本で提供されている幹細胞治療の特徴-海外のウェブサイト調査との比較- 日本で提供されている幹細胞治療の特徴-海外のウェブサイト調査との比較- 第15回日本再生医療学会総会 第15回日本再生医療学会総会 2016/03/17 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
国内自由診療下で提供されている幹細胞治療の特徴-海外との比較- 国内自由診療下で提供されている幹細胞治療の特徴-海外との比較- 第27回日本生命倫理学会年次大会 第27回日本生命倫理学会年次大会 2015/11/27 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
13. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(1) : 当意即妙を捉える方法論(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 13. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(1) : 当意即妙を捉える方法論(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学 心身医学 2015 日本語 公開
14. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(2) : 当意即妙が機能する事例(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 14. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(2) : 当意即妙が機能する事例(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学 心身医学 2015 日本語 公開
1. 外来化学療法のインフォームド・コンセントにおけるこころとからだのモードバランス : 質問紙と対話内容をあわせたミックス法を用いた観察研究より(一般演題,第51回日本心身医学会近畿地方会演題抄録,学会報告[地方会抄録]) 1. 外来化学療法のインフォームド・コンセントにおけるこころとからだのモードバランス : 質問紙と対話内容をあわせたミックス法を用いた観察研究より(一般演題,第51回日本心身医学会近畿地方会演題抄録,学会報告[地方会抄録]) 心身医学 心身医学 2014 日本語 公開
18. 二次検診受診者における治療への動機づけ : 『医療に関する達成動機尺度』の確認的因子分析(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 18. 二次検診受診者における治療への動機づけ : 『医療に関する達成動機尺度』の確認的因子分析(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学 心身医学 2014 日本語 公開
25. 『医療に関する達成動機尺度』の検討 : 大学生における対人的自己イメージとの関連(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 25. 『医療に関する達成動機尺度』の検討 : 大学生における対人的自己イメージとの関連(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学 心身医学 2014 日本語 公開
21. 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 : 医療に関する達成動機と医師患者のIC主観評価との数量的関係(一般演題,第49回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 21. 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 : 医療に関する達成動機と医師患者のIC主観評価との数量的関係(一般演題,第49回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学 心身医学 2013 日本語 公開
外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究[招待あり] 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 [招待あり] 第18回ヘルスリサーチフォーラム 第18回ヘルスリサーチフォーラム 2011/11 日本語 口頭発表(一般) 公開
27-339 インフォームド・コンセントを受ける前の心理状態評価ツールの開発 : 医師患者間相互作用を捉えるために(社会医学系,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会) 27-339 インフォームド・コンセントを受ける前の心理状態評価ツールの開発 : 医師患者間相互作用を捉えるために(社会医学系,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会) 心身医学 心身医学 2009 日本語 公開
Mixed Methods Research in Asia: Understanding the Current State and Opportunities[招待あり] Mixed Methods Research in Asia: Understanding the Current State and Opportunities [招待あり] MMIRA Asia Regional Conference 2019 MMIRA Asia Regional Conference 2019 2019/09/16 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Twisting Qualitative Approach into Traditional Scientific Reasoning Style Twisting Qualitative Approach into Traditional Scientific Reasoning Style MMIRA Asia Regional Conference 2019 MMIRA Asia Regional Conference 2019 2019/09/15 英語 口頭発表(一般) 公開
Public Awareness and Acceptance of the Creation and Use of Human iPS Cell-Derived Gametes in Japan Public Awareness and Acceptance of the Creation and Use of Human iPS Cell-Derived Gametes in Japan ASHBi 2019 ASHBi 2019 2019/08/21 英語 ポスター発表 公開
Preliminary Analysis of the Current Status of Stem Cell Therapy and its Experimental Use in Japan Preliminary Analysis of the Current Status of Stem Cell Therapy and its Experimental Use in Japan ISSCR 2018 Annual Meeting ISSCR 2018 Annual Meeting 2018/06/21 英語 ポスター発表 公開
Expectations and concerns regarding the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: a survey of the general population in Japan Expectations and concerns regarding the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: a survey of the general population in Japan ISSCR 2017 Annual Meeting ISSCR 2017 Annual Meeting 2017/06/16 英語 ポスター発表 公開
Attitudes Toward the Creation and Use of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Gametes: A Survey of the General Population in Japan Attitudes Toward the Creation and Use of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Gametes: A Survey of the General Population in Japan ISSCR 2017 Annual Meeting ISSCR 2017 Annual Meeting 2017/06/15 英語 ポスター発表 公開
Attitude survey of Japanese public toward the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: preliminary report Attitude survey of Japanese public toward the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: preliminary report Uehiro-Carnegie-Oxford Ethics Conference 2017 Uehiro-Carnegie-Oxford Ethics Conference 2017 2017/05/25 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Acceptability of human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells: a survey among the public and researchers Acceptability of human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells: a survey among the public and researchers ISSCR 2016 Annual Meeting ISSCR 2016 Annual Meeting 2016/06/24 英語 ポスター発表 公開
Humanized animals harboring human brain neurons and germ cells: a survey among the public and researchers Humanized animals harboring human brain neurons and germ cells: a survey among the public and researchers ISSCR 2016 Annual Meeting ISSCR 2016 Annual Meeting 2016/04/23 英語 ポスター発表 公開
Public and researcher attitudes towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells Public and researcher attitudes towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells IAB 2016 Conference IAB 2016 Conference 2016 英語 ポスター発表 公開
Observing changes in physician-patient interaction during Japanese informed consent consultations Observing changes in physician-patient interaction during Japanese informed consent consultations 21st Qualitative Health Research Conference 21st Qualitative Health Research Conference 2015/10/20 英語 口頭発表(一般) 公開
The state of Japanese clinics that offer untested cell therapies The state of Japanese clinics that offer untested cell therapies The 2015 ASBH Annual Meeting The 2015 ASBH Annual Meeting 2015/10 英語 ポスター発表 公開
Website information quality of private clinics offering unapproved regenerative therapy/ stem cell therapy in Japan Website information quality of private clinics offering unapproved regenerative therapy/ stem cell therapy in Japan The 2015 ASBH Annual Meeting The 2015 ASBH Annual Meeting 2015/10 英語 ポスター発表 公開
Exploring a mixed-methods design with analytic-holistic thinking: observation of participants during Japanese informed consent consultation Exploring a mixed-methods design with analytic-holistic thinking: observation of participants during Japanese informed consent consultation MMIRA Asia Regional Conference 2015 MMIRA Asia Regional Conference 2015 2015/09/19 英語 口頭発表(一般) 公開
Focusing on Temporal Sequence in Qualitative Analysis of Mixed Methods. Focusing on Temporal Sequence in Qualitative Analysis of Mixed Methods. 1st Annual MMIRA Conference 1st Annual MMIRA Conference 2014/06/26 英語 口頭発表(一般) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
チャールズ・テッドリー, アッバス・タシャコリ (著). 土屋敦, 八田太一, 藤田みさお(監訳) チャールズ・テッドリー, アッバス・タシャコリ (著). 土屋敦, 八田太一, 藤田みさお(監訳) 混合研究法の基礎:社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合 混合研究法の基礎:社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合 西村書店 西村書店 2017/10 日本語 その他 公開
八田 太一 八田 太一 混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ 混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ 遠見書房 遠見書房 2016/08 日本語 分担執筆 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
八田 太一 八田 太一 講演会参加報告:「混合研究法のこれまでとこれから」(抱井尚子) 講演会参加報告:「混合研究法のこれまでとこれから」(抱井尚子) 日本混合研究法学会ニースレター, 6, 1-2 日本混合研究法学会ニースレター, 6, 1-2 , 6, 1-2 2018/07 日本語 速報、短報、研究ノート等(学術雑誌) 公開
八田 太一 八田 太一 MMIRA Asia Regional 2017/JSMMR 2017 Pre Conference WS参加報告:”Introduction to Mixed Analysis”Anthony J. Onwuegbuzie MMIRA Asia Regional 2017/JSMMR 2017 Pre Conference WS参加報告:”Introduction to Mixed Analysis”Anthony J. Onwuegbuzie 日本混合研究法学会ニースレター, 5, 8-8 日本混合研究法学会ニースレター, 5, 8-8 , 5, 8-8 2018/01 日本語 速報、短報、研究ノート等(学術雑誌) 公開
八田 太一 八田 太一 MMIRA2015ワークショップ参加報告:「質的アプローチを用いた混合研究法研究(Sharlene Hesse-Biber) MMIRA2015ワークショップ参加報告:「質的アプローチを用いた混合研究法研究(Sharlene Hesse-Biber) 日本混合研究法学会ニースレター, 3, 9-9 日本混合研究法学会ニースレター, 3, 9-9 , 3, 9-9 2017/02 日本語 速報、短報、研究ノート等(学術雑誌) 公開
八田 太一 八田 太一 Michigan Mixed Methods spring workshop 2016 ~Mixed Methodsに浸かりきった三日間を振り返って~ 参加報告 Michigan Mixed Methods spring workshop 2016 ~Mixed Methodsに浸かりきった三日間を振り返って~ 参加報告 日本混合研究法学会ニースレター, 2, 5-6 日本混合研究法学会ニースレター, 2, 5-6 , 2, 5-6 2016/06 日本語 速報、短報、研究ノート等(学術雑誌) 公開
成田 慶一, 八田 太一, 三田村 仰, 柳原 一広, 石黒 洋, 村山 敏典, 横出 正之 成田 慶一, 八田 太一, 三田村 仰, 柳原 一広, 石黒 洋, 村山 敏典, 横出 正之 14. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(2) : 当意即妙が機能する事例(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 14. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(2) : 当意即妙が機能する事例(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学, 55, 10 心身医学, 55, 10 , 55, 10 2015 日本語 公開
八田 太一, 成田 慶一, 三田村 仰, 柳原 一広, 石黒 洋, 村山 敏典, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 三田村 仰, 柳原 一広, 石黒 洋, 村山 敏典, 横出 正之 13. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(1) : 当意即妙を捉える方法論(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 13. がん医療における生存期間中央値の伝えられ方(1) : 当意即妙を捉える方法論(一般演題,第53回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学, 55, 10 心身医学, 55, 10 , 55, 10 2015 日本語 公開
三田村 仰, 八田 太一, 井上 美沙, 成田 慶一, 横出 正之 三田村 仰, 八田 太一, 井上 美沙, 成田 慶一, 横出 正之 25. 『医療に関する達成動機尺度』の検討 : 大学生における対人的自己イメージとの関連(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 25. 『医療に関する達成動機尺度』の検討 : 大学生における対人的自己イメージとの関連(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学, 54, 11 心身医学, 54, 11 , 54, 11 2014 日本語 公開
八田 太一, 成田 慶一, 井上 美沙, 三田村 仰, 武田 和夫, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 井上 美沙, 三田村 仰, 武田 和夫, 横出 正之 18. 二次検診受診者における治療への動機づけ : 『医療に関する達成動機尺度』の確認的因子分析(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 18. 二次検診受診者における治療への動機づけ : 『医療に関する達成動機尺度』の確認的因子分析(一般演題,第52回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学, 54, 11 心身医学, 54, 11 , 54, 11 2014 日本語 公開
八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 村山 敏典, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 村山 敏典, 横出 正之 1. 外来化学療法のインフォームド・コンセントにおけるこころとからだのモードバランス : 質問紙と対話内容をあわせたミックス法を用いた観察研究より(一般演題,第51回日本心身医学会近畿地方会演題抄録,学会報告[地方会抄録]) 1. 外来化学療法のインフォームド・コンセントにおけるこころとからだのモードバランス : 質問紙と対話内容をあわせたミックス法を用いた観察研究より(一般演題,第51回日本心身医学会近畿地方会演題抄録,学会報告[地方会抄録]) 心身医学, 54, 3 心身医学, 54, 3 , 54, 3 2014 日本語 公開
八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 村山 敏典, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, 村山 敏典, 横出 正之 21. 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 : 医療に関する達成動機と医師患者のIC主観評価との数量的関係(一般演題,第49回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 21. 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 : 医療に関する達成動機と医師患者のIC主観評価との数量的関係(一般演題,第49回日本心身医学会近畿地方会演題抄録) 心身医学, 53, 1 心身医学, 53, 1 , 53, 1 2013 日本語 公開
三浦 和美, 八田 太一, 村山 敏典, 秋山 治彦, 後藤 公志, 赤水 尚史, 中村 孝志, 横出 正之 三浦 和美, 八田 太一, 村山 敏典, 秋山 治彦, 後藤 公志, 赤水 尚史, 中村 孝志, 横出 正之 MIURA Kazumi, HATTA Taichi, MURAYAMA Toshinori, AKIYAMA Haruhiko, GOTO Koji, AKAMIZU Takashi, NAKAMURA Takashi, YOKODE Masayuki 自主臨床試験に参加した被験者を対象としたCRCの貢献に関する質問票調査 自主臨床試験に参加した被験者を対象としたCRCの貢献に関する質問票調査 Survey of Participants' Satisfaction with an Investigator-initiated Clinical Trial and Their Appraisal of Clinical Research Coordinators 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology, 41, 1, 53-57 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology, 41, 1, 53-57 Rinsho yakuri/Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 41, 1, 53-57 2010/01/31 日本語 公開
八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 岸本 寛史, 林 晶子, 猪原 登志子, 南 学, 村山 敏典, 横出 正之 八田 太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 岸本 寛史, 林 晶子, 猪原 登志子, 南 学, 村山 敏典, 横出 正之 27-339 インフォームド・コンセントを受ける前の心理状態評価ツールの開発 : 医師患者間相互作用を捉えるために(社会医学系,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会) 27-339 インフォームド・コンセントを受ける前の心理状態評価ツールの開発 : 医師患者間相互作用を捉えるために(社会医学系,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会) 心身医学, 49, 6 心身医学, 49, 6 , 49, 6 2009 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
「再生医療」サイト うのみしないで 京都新聞 夕刊 2016/07/04
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
MMR Asia Open Forum 国際混合研究法学会アジア地域会議/第5回日本混合研究法学会年次大会 2019/09/16
ワークショップ:人間科学における混合研究法の基礎と実践 国際混合研究法学会アジア地域会議/第5回日本混合研究法学会年次大会 2019/09/14
第2回 混合研究法(MMR)コロキウム 日本混合研究法学会 2019/02/19
学会企画ラウンドテーブル「結局、混合研究法の何が難しいのか?」 第4回日本混合研究法学会年次大会 2018/09/18
混合研究法レクチャー&ワークショップ:MMR-Kyoto 日本混合研究法学会 2018/02/03
MMRオープンフォーラム「事例研究再考」 国際混合研究法学会アジア地域会議/第3回日本混合研究法学会年次大会 2017/08/06
ワークショップ:混合研究法で道草を楽しむ 国際混合研究法学会アジア地域会議/第3回日本混合研究法学会年次大会 2017/08/04
MMRオープンフォーラム 第2回日本混合研究法学会年次大会 2016/08/27
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ミックス法を用いたインフォームド・コンセント観察研究の方法論的検討 Discussing mixed methodology of the observational study for informed consent 2014/04/01〜2017/13/31
若手研究(B) 代表 インフォームド・コンセントの内省と自己学習を促すための観察研究 Mixed methods observational research of Informed Consent 2011/04/01〜2013/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
京都大学融合チーム研究プログラム(SPIRITS)国際型 八田太一 「痛み」の統合的ケアプログラムに向けての複合的観察研究 An integrative observational study for the multi-disciplinary pain treatment program 2009/04/01〜2010/04/30
財団法人がん研究振興財団 八田太一 外来化学療法導入と効果判定に関する患者と医師の葛藤 ~ミックス法を用いた縦断的インフォームド・コンセント観察研究~ 2011/04/01〜2012/03/31
財団法人 ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成 八田太一 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 ~患者と医師を対象にした質問紙と観察によるミックス法を用いた研究~ Mixed-methods Observational Research Employing both qualitative and quantitative approach for outpatient chemotherapy IC 2009/11/01〜2010/10/30
財団法人京都がん協会がん研究助成支援制度 八田太一 外来化学療法導入後の患者の動機づけの変遷と医師との相互作用に関する研究 2011/01/13〜2011/12/31
財団法人医療科学研究所 研究助成金 八田太一 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究 ~患者と医師を対象にした質問紙と観察によるマルチメソッド研究~ 2008/11/01〜2009/12/31
藤原記念財団 平成20年度 少壮研究者奨励金 八田太一 がん医療におけるインフォームド・コンセントと臨床試験における インフォームド・コンセント ~患者と医療従事者の双方の視点を量的・質的に調査した マルチメソッド研究~ 2008/07/01〜2009/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本混合研究法学会 Japan Society for Mixed Methods Research 理事 Borad Member 2016/09/09〜
国際混合研究法学会 Mixed Methods International Research Association (MMIRA) 一般理事 Board Member at large 2019/09/01〜2020/06/23
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
細胞治療に関するウェブサイト情報と近年の法改正 CiRAニュースレターVol.33 倫理の窓から見たiPS細胞 2018/04/20
アクセスしやすい幹細胞治療の落とし穴 CiRAニュースレターVol.27 倫理の窓から見たiPS細胞 2016/10/28
過剰な期待と切実な願い ~『治療』と『研究』の誤解~ CiRAニュースレターVol.20 倫理の窓から見たiPS細胞 2015/01/29