向山 政志

最終更新日時:2012/01/04 10:33:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
向山 政志/ムコウヤマ マサシ/Masashi Mukouyama
生年月日
1958/09/05
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻内科学講座腎臓内科学/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町54 54 Shogoin Kawahara-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8507, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4285
電子メールアドレス
メールアドレス
muko @ kuhp.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本内分泌学会 Japan Endocrine Society
日本腎臓学会 Jananese Society of Nephrology
日本内科学会 Japanese Society of Internal Medicine
日本心血管内分泌代謝学会 Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism
日本高血圧学会 Japanese Society of Hypertension
日本臨床分子医学会 Japanese Society of Molecular Medicine
高血圧関連疾患モデル(SHR)学会 Society for Hypertension Related Disease Model Research
日本糖尿病学会 Japan Diabetes Society
日本糖尿病合併症学会 Japan Society of Diabetic Complications
日本透析医学会 Japanese Society for Dialysis Therapy
日本痛風・核酸代謝学会 Japanese Society of Gout and Nucleic Acid Metabolism
日本循環器学会 Japanese Circulation Society
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Society of Nephrology 米国
International Society of Nephrology 米国
International Society of Hypertension 英国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
医学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学院名(日本語) 大学院名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
京都大学 医学部医学進学課程 修了
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1991/05/01〜1994/03/31 米国スタンフォード大学医学部心臓血管研究所 Stanford University School of Medicine, Falk Cardiovascular Research Center 研究員 Research Fellow
1995/03/01〜1999/03/15 京都大学大学院医学研究科臨床病態医科学 Kyoto University Graduate School of Medicine, Department of Medicine and Clinical Science 助手 Assistant Professor
1999/03/16〜2000/08/15 生産開発科学研究所主任研究員 Research Insitude for Production Development 主任研究員 Senior Researcher
2000/08/16〜2002/03/31 京都大学大学院医学研究科臨床病態医科学 Kyoto University Graduate School of Medicine, Department of Medicine and Clinical Science 助手 Assistant Professor
2002/04/01〜2006/03/31 京都大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科 Kyoto University Graduate School of Medicine, Department of Medicine and Clinical Science 講師 Lecturer
2006/04/01〜2007/03/31 京都大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科 Kyoto University Graduate School of Medicine, Department of Medicine and Clinical Science 助教授 Associate Professor
2007/04/01〜 京都大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科 Kyoto University Graduate School of Medicine, Department of Medicine and Clinical Science 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
生活習慣病を中心とする内科学全般のなかで、主に腎臓内科学、内分泌代謝学を専門とした臨床医学研究者として、教育・診療・研究に携わっている。生活習慣病を代表とする内科疾患に対して病態を全身で捉える必要性、全身を診ることの重要性を学生・若手医師に対して教育するとともに、全身の恒常性の破綻から病態を捉えるという観点から研究を行っている。学会活動や医師会活動を通して、学外活動も積極的に行っている。
(英語)
I am conducting clinical work as well as researches on life style-related diseases, especially in the field of nephrology, endocrinology and metabolism. As for education, one of my goals is to help graduate students and residents grasp a disease as unbalanced whole-body homeostasis and communication. I also participate in many activities from regional medical conferences to domestic as well as international medical societies on nephrology and endocrinology.
研究テーマ
(日本語)
腎臓病学・高血圧・内分泌代謝学
(英語)
nephrology, hypertension, endocrinology and metabolism
研究概要
(日本語)
生活習慣病の合併症としての腎臓病研究を中心に、主に内分泌的立場からみた腎臓生理機能調節と病態の解明、糖尿病性腎症の発症進展機序について研究を行い、特にNa利尿ペプチド系やレニン・アンジオテンシン系を軸としたトランスレーショナルリサーチを目指して研究を行っている。
(英語)
My main research theme is to investigate the pathophysiology of renal disease progression as life style-related diseases, especially from the aspect of endocrinology and metabolism. One of my chief projects is the elucidation of the mechanism of diabetic nephropathy. My goal is to develop novel therapeutic strategies as a translational medicine through researches on natriuretic peptides and the renin-angiotensin system.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
高血圧 hypertension
糖尿病性腎症 diabetic nephropathy
Na利尿ペプチド natriuretic peptide
レニン・アンジオテンシン系 renin-angiotensin system
トランスレーショナルリサーチ translational research
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
腎臓内科学
内分泌学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Mukoyama M, et al. Brain natriuretic peptide as a novel cardiac hormone in humans. Journal of Clinical Investigation 87/4,1402-1412 1991 有り 英語
Mukoyama M, et al. Expression cloning of type 2 angiotensin II receptor reveals a unique class of seven-transmembrane receptors. Journal of Biological Chemistry 268/33, 24539-24542 1993 有り 英語
Goto M, Mukoyama M, et al. Growth-dependent induction of angiotensin II type 2 receptor in rat mesangial cells. Hypertension 30/3, 358-362 1997 有り 英語
Michibata H, Mukoyama M, et al. Autocrine/paracrine role of adrenomedullin in cultured endothelial and mesangial cells. Kidney International 53/4, 979-985 1998 有り 英語
Kasahara M, Mukoyama M, et al. Ameliorated glomerular injury in mice overexpressing brain natriuretic peptide with renal ablation. Journal of the American Society of Nephrology 11/9, 1691-1701 2000 有り 英語
Tamura N, Mukoyama M, et al. Cardiac fibrosis in mice lacking brain natriuretic peptide. Proceedings of National Academy of Sciences in USA 97/8, 4239-4244 2000 有り 英語
Suganami T, Mukoyama M, et al. Overexpression of brain natriuretic peptide in mice ameliorates immune-mediated renal injury. Journal of the American Society of Nephrology 12/12, 2652-2663 2001 有り 英語
Makino H, Mukoyama M, et al. Prevention of diabetic nephropathy in rats by prostaglandin E receptor EP1-selective antagonist. Journal of the American Society of Nephrology 13/7, 1757-1765 2002 有り 英語
Yokoi H, Mukoyama M, et al. Role of connective tissue growth factor in fibronectin expression and tubulointerstitial fibrosis. American Journal of Physiology Renal Physiology 282/5, F933-F942 2002 有り 英語
Yokoi H, Mukoyama M, et al. Reduction in connective tissue growth factor by antisense treatment ameliorates renal tubuliointerstitial fibrosis. Journal of the American Society of Nephrology 15/6, 1130-1140 2004 有り 英語
Suganami T, Mukoyama M, et al. Prevention and reversal of renal injury by leptin in a new mouse model of diabetic nephropathy. FASEB Journal 19/1, 127-129 2005 有り 英語
Koshikawa M, Mukoyama M, et al. Role of p38 mitogen-activated protein kinase activation in podocyte injury and proteinuria in experimental nephrotic syndrome. Journal of the American Society of Nephrology 16/9, 2690-2701 2005 有り 英語
Makino H, Mukoyama M, et al. Transgenic overexpression of brain natriuretic peptide prevents the progression of diabetic nephropathy in mice. Diabetologia 49/10, 2514-2524 2006 有り 英語
Sawai K, Mukoyama M, et al. Expression of CCN1 (CYR61) in developing, normal, and diseased human kidney. American Journal of Physiology Renal Physiology 293/4, F1363-F1372 2007 有り 英語
Yokoi H, Mukoyama M, et al. Overexpression of connective tissue growth factor in podocytes worsens diabetic nephropathy in mice. Kidney International 73/4, 446-455 2008 有り 英語
Nagae T, Mukoyama, M, et al. Adrenomedullin inhibits connective tissue growth factor expression, extracellular signal-regulated kinase activation and renal fibrosis. Kidney International 74/1, 70-80 2008 有り 英語
Kuwabara T, Mukoyama M, et al. Urinary neutrophil gelatinase-associated lipocalin levels reflect damage to glomeruli, proximal tubules, and distal nephrons. Kidney International 75/3, 285-294 2009 有り 英語
Nakao K, Mukoyama M, et al. Translational research of novel hormones: lessons from animal models and rare human diseases to common human diseases. Journal of Molecular Medicine 87/10, 1029-1039 2009 有り 英語
Yokoi H, Mukoyama M, et al. Podocyte-specific expression of tamoxifen-inducible Cre recombinase in mice. Nephrology, Dialysis and Transplantation 25/7, 2120-2124 2010 有り 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本循環器学会若手研究奨励賞 日本循環器学会 1991
成人血管病研究振興財団 岡本研究奨励賞 成人血管病研究振興財団 1997
日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉研究奨励賞 日本心血管内分泌代謝学会 2002
日本内分泌学会研究奨励賞 日本内分泌学会 2003
日本高血圧学会 Hypertension Research Novartis賞 日本高血圧学会 2003
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 腎臓におけるNa利尿ペプチド系のトランスレーショナルリサーチと探索的臨床応用 2008/04/01〜2011/03/31
基盤研究(C) 代表 糖尿病性腎症における糸球体硬化進行・退縮の分子機序解明と新規内分泌因子の意義 2005/04/01〜2007/03/31
基盤研究(C) 代表 ナトリウム利尿ペプチド系の臓器保護・再生における意義とその分子機構 2001/04/01〜2003/03/31
基盤研究(B) 代表 腎臓のプロスタノイド受容体の病態生理的および臨床的意義に関する研究 1999/04/01〜2001/03/31
基盤研究(C) 代表 腎アンジオテンシン系およびアドレノメデュリン系の臨床的意義に関する分子医学的研究 1997/04/01〜1999/03/31
基盤研究(C) 代表 アンジオテンシン受容体ファミリーの臨床的意義に関する発生学的・分子生物学的研究 1996/04/01〜1997/03/31
基盤研究(C) 代表 メタボリック症候群関連腎症の発症・進展における内分泌因子の意義 2011/04/01〜2014/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
病態代謝研究会研究助成金 向山政志 糖尿病性腎症の発症・進展におけるCCNファミリーの意義の解明と新規治療開発への応用 2004/04/01〜2005/03/31
ソルト・サイエンス研究財団研究助成金 向山政志 ナトリウム利尿ペプチドの生活習慣病関連腎および骨疾患における病態生理的意義とその探索的臨床応用 2007/04/01〜2008/03/31
喫煙科学研究財団研究助成金 向山政志 ニコチンの腎機能に与える影響と内因性抗酸化因子の意義 2008/04/01〜2012/03/31
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
第14回国際内分泌学会議 14th International Congress of Endocrinology 事務局長 Secretary General 2008〜2010/03/30