蝶名林 和久

最終更新日時: 2019/06/20 10:33:46

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
蝶名林 和久/チョウナバヤシ カズヒサ/Chonabayashi, Kazuhisa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(血液内科)/特定病院助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000010493
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
血液腫瘍学
血液内科学
幹細胞生物学
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Elbadry MI, Mizumaki H, Hosokawa K, Espinoza JL, Nakagawa N, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Hosomichi K, Zaimoku Y, Imi T, Nguyen MAT, Fujii Y, Tajima A, Ogawa S, Takenaka K, Akashi K, Nakao S Elbadry MI, Mizumaki H, Hosokawa K, Espinoza JL, Nakagawa N, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Hosomichi K, Zaimoku Y, Imi T, Nguyen MAT, Fujii Y, Tajima A, Ogawa S, Takenaka K, Akashi K, Nakao S Escape hematopoiesis by HLA-B5401-lacking hematopoietic stem progenitor cells in men with acquired aplastic anemia. Escape hematopoiesis by HLA-B5401-lacking hematopoietic stem progenitor cells in men with acquired aplastic anemia. Haematologica Haematologica 2019/03 公開
Takaki T, Inagaki A, Chonabayashi K, Inoue K, Miki K, Ohno S, Makiyama T, Horie M, Yoshida Y Takaki T, Inagaki A, Chonabayashi K, Inoue K, Miki K, Ohno S, Makiyama T, Horie M, Yoshida Y Optical Recording of Action Potentials in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiac Single Cells and Monolayers Generated from Long QT Syndrome Type 1 Patients. Optical Recording of Action Potentials in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiac Single Cells and Monolayers Generated from Long QT Syndrome Type 1 Patients. Stem cells international, 2019, 7532657 , 2019, 7532657 Stem cells international, 2019, 7532657 2019 公開
Wuriyanghai Y, Makiyama T, Sasaki K, Kamakura T, Yamamoto Y, Hayano M, Harita T, Nishiuchi S, Chen J, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Gao J, Chonabayashi K, Watanabe K, Ohno S, Yoshida Y, Kimura T, Horie M Wuriyanghai Y, Makiyama T, Sasaki K, Kamakura T, Yamamoto Y, Hayano M, Harita T, Nishiuchi S, Chen J, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Gao J, Chonabayashi K, Watanabe K, Ohno S, Yoshida Y, Kimura T, Horie M Complex aberrant splicing in the induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes from a patient with long QT syndrome carrying KCNQ1-A344Aspl mutation. Complex aberrant splicing in the induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes from a patient with long QT syndrome carrying KCNQ1-A344Aspl mutation. Heart rhythm, 15, 10, 1566-1574 , 15, 10, 1566-1574 Heart rhythm, 15, 10, 1566-1574 2018/10 公開
Espinoza JL, Elbadry MI, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Harada K, Nakagawa N, Zaimoku Y, Imi T, Takamatsu H, Ozawa T, Maruyama H, Hassanein HA, Khalifa A Noreldin A, Takenaka K, Akashi K, Hamana H, Kishi H, Akatsuka Y, Nakao S Espinoza JL, Elbadry MI, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Harada K, Nakagawa N, Zaimoku Y, Imi T, Takamatsu H, Ozawa T, Maruyama H, Hassanein HA, Khalifa A Noreldin A, Takenaka K, Akashi K, Hamana H, Kishi H, Akatsuka Y, Nakao S Hematopoiesis by iPSC-derived hematopoietic stem cells of aplastic anemia that escape cytotoxic T-cell attack. Hematopoiesis by iPSC-derived hematopoietic stem cells of aplastic anemia that escape cytotoxic T-cell attack. Blood advances, 2, 4, 390-400 , 2, 4, 390-400 Blood advances, 2, 4, 390-400 2018/02 公開
Hayano M, Makiyama T, Kamakura T, Watanabe H, Sasaki K, Funakoshi S, Wuriyanghai Y, Nishiuchi S, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Chen J, Baba O, Horie T, Chonabayashi K, Ohno S, Toyoda F, Yoshida Y, Ono K, Horie M, Kimura T Hayano M, Makiyama T, Kamakura T, Watanabe H, Sasaki K, Funakoshi S, Wuriyanghai Y, Nishiuchi S, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Yokoi F, Chen J, Baba O, Horie T, Chonabayashi K, Ohno S, Toyoda F, Yoshida Y, Ono K, Horie M, Kimura T Development of a Patient-Derived Induced Pluripotent Stem Cell Model for the Investigation of SCN5A-D1275N-Related Cardiac Sodium Channelopathy. Development of a Patient-Derived Induced Pluripotent Stem Cell Model for the Investigation of SCN5A-D1275N-Related Cardiac Sodium Channelopathy. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 81, 12, 1783-1791 , 81, 12, 1783-1791 Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 81, 12, 1783-1791 2017/11 公開
Yamamoto Y, Makiyama T, Harita T, Sasaki K, Wuriyanghai Y, Hayano M, Nishiuchi S, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Yokoi F, Ishikawa T, Ohno S, Chonabayashi K, Motomura H, Yoshida Y, Horie M, Makita N, Kimura T Yamamoto Y, Makiyama T, Harita T, Sasaki K, Wuriyanghai Y, Hayano M, Nishiuchi S, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Yokoi F, Ishikawa T, Ohno S, Chonabayashi K, Motomura H, Yoshida Y, Horie M, Makita N, Kimura T Allele-specific ablation rescues electrophysiological abnormalities in a human iPS cell model of long-QT syndrome with a CALM2 mutation. Allele-specific ablation rescues electrophysiological abnormalities in a human iPS cell model of long-QT syndrome with a CALM2 mutation. Human molecular genetics, 26, 9, 1670-1677 , 26, 9, 1670-1677 Human molecular genetics, 26, 9, 1670-1677 2017/05 公開
Chonabayashi K, Yoshida Y, Takaori-Kondo A Chonabayashi K, Yoshida Y, Takaori-Kondo A Reprogramming technology reveals genetic and functional diversity of subclones in myelodysplastic syndromes. Reprogramming technology reveals genetic and functional diversity of subclones in myelodysplastic syndromes. [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 58, 7, 787-791 , 58, 7, 787-791 [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 58, 7, 787-791 2017 公開
Nishizawa M, Chonabayashi K, Nomura M, Tanaka A, Nakamura M, Inagaki A, Nishikawa M, Takei I, Oishi A, Tanabe K, Ohnuki M, Yokota H, Koyanagi-Aoi M, Okita K, Watanabe A, Takaori-Kondo A, Yamanaka S, Yoshida Y Nishizawa M, Chonabayashi K, Nomura M, Tanaka A, Nakamura M, Inagaki A, Nishikawa M, Takei I, Oishi A, Tanabe K, Ohnuki M, Yokota H, Koyanagi-Aoi M, Okita K, Watanabe A, Takaori-Kondo A, Yamanaka S, Yoshida Y Epigenetic Variation between Human Induced Pluripotent Stem Cell Lines Is an Indicator of Differentiation Capacity. Epigenetic Variation between Human Induced Pluripotent Stem Cell Lines Is an Indicator of Differentiation Capacity. Cell stem cell, 19, 3, 341-354 , 19, 3, 341-354 Cell stem cell, 19, 3, 341-354 2016/09 公開
Funakoshi S, Miki K, Takaki T, Okubo C, Hatani T, Chonabayashi K, Nishikawa M, Takei I, Oishi A, Narita M, Hoshijima M, Kimura T, Yamanaka S, Yoshida Y Funakoshi S, Miki K, Takaki T, Okubo C, Hatani T, Chonabayashi K, Nishikawa M, Takei I, Oishi A, Narita M, Hoshijima M, Kimura T, Yamanaka S, Yoshida Y Enhanced engraftment, proliferation, and therapeutic potential in heart using optimized human iPSC-derived cardiomyocytes. Enhanced engraftment, proliferation, and therapeutic potential in heart using optimized human iPSC-derived cardiomyocytes. Scientific reports, 6, 19111 , 6, 19111 Scientific reports, 6, 19111 2016/01 公開
Chonabayashi K, Tamori S, Taniwaki M, Fujita H, Shimazu Y, Matsui Y, Hishizawa M, Usami K, Takaori-Kondo A Chonabayashi K, Tamori S, Taniwaki M, Fujita H, Shimazu Y, Matsui Y, Hishizawa M, Usami K, Takaori-Kondo A Refractory IGκ/IRF4-positive DLBCL with CDKN2A/2B deletion. Refractory IGκ/IRF4-positive DLBCL with CDKN2A/2B deletion. Annals of hematology, 93, 5, 893-894 , 93, 5, 893-894 Annals of hematology, 93, 5, 893-894 2014/05 公開
Chonabayashi K, Hishizawa M, Matsui M, Kondo T, Ohno T, Ishikawa T, Takaori-Kondo A Chonabayashi K, Hishizawa M, Matsui M, Kondo T, Ohno T, Ishikawa T, Takaori-Kondo A Successful allogeneic stem cell transplantation with long-term remission of ETV6/FLT3-positive myeloid/lymphoid neoplasm with eosinophilia. Successful allogeneic stem cell transplantation with long-term remission of ETV6/FLT3-positive myeloid/lymphoid neoplasm with eosinophilia. Annals of hematology, 93, 3, 535-537 , 93, 3, 535-537 Annals of hematology, 93, 3, 535-537 2014/03 公開
Chonabayashi K, Hishizawa M, Kawamata S, Nagai Y, Ohno T, Ishikawa T, Uchiyama T, Takaori-Kondo A Chonabayashi K, Hishizawa M, Kawamata S, Nagai Y, Ohno T, Ishikawa T, Uchiyama T, Takaori-Kondo A Direct binding of Grb2 has an important role in the development of myeloproliferative disease induced by ETV6/FLT3. Direct binding of Grb2 has an important role in the development of myeloproliferative disease induced by ETV6/FLT3. Leukemia, 27, 6, 1433-1436 , 27, 6, 1433-1436 Leukemia, 27, 6, 1433-1436 2013/06 公開
Horie T, Baba O, Kuwabara Y, Chujo Y, Watanabe S, Kinoshita M, Horiguchi M, Nakamura T, Chonabayashi K, Hishizawa M, Hasegawa K, Kume N, Yokode M, Kita T, Kimura T, Ono K Horie T, Baba O, Kuwabara Y, Chujo Y, Watanabe S, Kinoshita M, Horiguchi M, Nakamura T, Chonabayashi K, Hishizawa M, Hasegawa K, Kume N, Yokode M, Kita T, Kimura T, Ono K MicroRNA-33 deficiency reduces the progression of atherosclerotic plaque in ApoE-/- mice. MicroRNA-33 deficiency reduces the progression of atherosclerotic plaque in ApoE-/- mice. Journal of the American Heart Association, 1, 6, e003376 , 1, 6, e003376 Journal of the American Heart Association, 1, 6, e003376 2012/12 公開
Chonabayashi K, Kondo T, Yamamoto K, Tanaka Y, Nagai Y, Hishizawa M, Takaori-Kondo A Chonabayashi K, Kondo T, Yamamoto K, Tanaka Y, Nagai Y, Hishizawa M, Takaori-Kondo A Successful use of second cord blood transplantation to achieve long-term remission in cord blood donor cell-derived AML harboring a FLT3-ITD and an NPM1 mutation. Successful use of second cord blood transplantation to achieve long-term remission in cord blood donor cell-derived AML harboring a FLT3-ITD and an NPM1 mutation. Bone marrow transplantation, 47, 9, 1252-1253 , 47, 9, 1252-1253 Bone marrow transplantation, 47, 9, 1252-1253 2012/09 公開
Kawahara M, Hori T, Chonabayashi K, Oka T, Sudol M, Uchiyama T Kawahara M, Hori T, Chonabayashi K, Oka T, Sudol M, Uchiyama T Kpm/Lats2 is linked to chemosensitivity of leukemic cells through the stabilization of p73. Kpm/Lats2 is linked to chemosensitivity of leukemic cells through the stabilization of p73. Blood, 112, 9, 3856-3866 , 112, 9, 3856-3866 Blood, 112, 9, 3856-3866 2008/11 公開
Chonabayashi K, Kondo T, Tanaka Y, Ichinohe T, Ishikawa T, Uchiyama T Chonabayashi K, Kondo T, Tanaka Y, Ichinohe T, Ishikawa T, Uchiyama T Sustained complete remission of refractory enteropathy-type T-cell lymphoma following reduced-intensity unrelated cord blood transplantation. Sustained complete remission of refractory enteropathy-type T-cell lymphoma following reduced-intensity unrelated cord blood transplantation. Bone marrow transplantation, 40, 9, 905-906 , 40, 9, 905-906 Bone marrow transplantation, 40, 9, 905-906 2007/11 公開
Hishizawa M, Okamoto K, Chonabayashi K, Kaneko H, Watanabe M, Tsudo M Hishizawa M, Okamoto K, Chonabayashi K, Kaneko H, Watanabe M, Tsudo M Primary large B-cell lymphoma of the bone marrow. Primary large B-cell lymphoma of the bone marrow. British journal of haematology, 136, 3, 351 , 136, 3, 351 British journal of haematology, 136, 3, 351 2007/02 公開
Kanda J, Chonabayashi K, Watanabe M, Arima N, Tsudo M Kanda J, Chonabayashi K, Watanabe M, Arima N, Tsudo M [Successful treatment with cyclosporine of sodium valproate-induced pure red cell aplasia]. [Successful treatment with cyclosporine of sodium valproate-induced pure red cell aplasia]. [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 46, 10, 1114-1117 , 46, 10, 1114-1117 [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 46, 10, 1114-1117 2005/10 公開
Uemura K, Kitagawa N, Kohno R, Kuzuya A, Kageyama T, Chonabayashi K, Shibasaki H, Shimohama S Uemura K, Kitagawa N, Kohno R, Kuzuya A, Kageyama T, Chonabayashi K, Shibasaki H, Shimohama S Presenilin 1 is involved in maturation and trafficking of N-cadherin to the plasma membrane. Presenilin 1 is involved in maturation and trafficking of N-cadherin to the plasma membrane. Journal of neuroscience research, 74, 2, 184-191 , 74, 2, 184-191 Journal of neuroscience research, 74, 2, 184-191 2003/10 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
森本 有紀, 蝶名林 和久, 川端 浩, 高折 晃史, 吉田 善紀 森本 有紀, 蝶名林 和久, 川端 浩, 高折 晃史, 吉田 善紀 疾患iPS細胞を用いたX連鎖性鉄芽球性貧血の病態解明(Modeling X-linked sideroblastic anemia with patient-derived human induced pluripotent stem cells) 疾患iPS細胞を用いたX連鎖性鉄芽球性貧血の病態解明(Modeling X-linked sideroblastic anemia with patient-derived human induced pluripotent stem cells) 臨床血液, 59, 9, 1498-1498 臨床血液, 59, 9, 1498-1498 , 59, 9, 1498-1498 2018/09 英語 公開
蝶名林 和久, 吉田 善紀, 高折 晃史 蝶名林 和久, 吉田 善紀, 高折 晃史 リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の腫瘍内遺伝的・機能的多様性の解明 リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の腫瘍内遺伝的・機能的多様性の解明 臨床血液, 58, 7, 787-791 臨床血液, 58, 7, 787-791 , 58, 7, 787-791 2017/07 日本語 公開
山本雄大, 牧山武, 張田健志, 佐々木健一, 早野護, 西内英, ウリヤンハイ イミン, 糀谷泰彦, 廣瀬紗也子, チン カヨウ, 石川泰輔, 大野聖子, 蝶名林和久, 吉田善紀, 堀江稔, 蒔田直昌, 木村剛 山本雄大, 牧山武, 張田健志, 佐々木健一, 早野護, 西内英, ウリヤンハイ イミン, 糀谷泰彦, 廣瀬紗也子, チン カヨウ, 石川泰輔, 大野聖子, 蝶名林和久, 吉田善紀, 堀江稔, 蒔田直昌, 木村剛 CALM遺伝子変異によるQT延長症候群の患者由来iPS細胞を用いた疾患モデルにおける変異アレル特異的ノックアウトによる治療的アプローチ CALM遺伝子変異によるQT延長症候群の患者由来iPS細胞を用いた疾患モデルにおける変異アレル特異的ノックアウトによる治療的アプローチ 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 39th, ROMBUNNO.1P‐0016 (WEB ONLY) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 39th, ROMBUNNO.1P‐0016 (WEB ONLY) , 39th, ROMBUNNO.1P‐0016 (WEB ONLY) 2016 日本語 公開
蝶名林和久, 吉田善紀, 高折晃史 蝶名林和久, 吉田善紀, 高折晃史 血液・免疫疾患 6.リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の病態解明と新規治療の可能性 血液・免疫疾患 6.リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の病態解明と新規治療の可能性 遺伝子医学MOOK, 27, 147-151 遺伝子医学MOOK, 27, 147-151 , 27, 147-151 2015/02/05 日本語 公開
蝶名林 和久, 吉田 善紀, 高折 晃史 蝶名林 和久, 吉田 善紀, 高折 晃史 【iPS細胞を用いた難病研究-臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見】 (第4章)血液・免疫疾患 リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の病態解明と新規治療の可能性 【iPS細胞を用いた難病研究-臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見】 (第4章)血液・免疫疾患 リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の病態解明と新規治療の可能性 遺伝子医学MOOK, 27, 147-151 遺伝子医学MOOK, 27, 147-151 , 27, 147-151 2015/02 日本語 公開
蝶名林和久, 吉田善紀 蝶名林和久, 吉田善紀 疾患特異的iPS細胞を活用した特発性造血障害の病態解析と新規治療法開発 骨髄異形成症候群に関わる研究開発 疾患特異的iPS細胞を活用した特発性造血障害の病態解析と新規治療法開発 骨髄異形成症候群に関わる研究開発 疾患特異的iPS細胞を活用した特発性造血障害の病態解析と新規治療法の開発 平成26年度 委託業務成果報告書, 13‐17 疾患特異的iPS細胞を活用した特発性造血障害の病態解析と新規治療法の開発 平成26年度 委託業務成果報告書, 13‐17 , 13‐17 2015 日本語 公開
蝶名林 和久, 菱澤 方勝, 石川 隆之, 内山 卓 蝶名林 和久, 菱澤 方勝, 石川 隆之, 内山 卓 ETV6/FLT3はマウス骨髄移植モデルにおいて骨髄増殖性疾患を誘導する(Efficient and rapid induction of myeloproliferative disorder by ETV6/FLT3 using a murine bone marrow transplant model) ETV6/FLT3はマウス骨髄移植モデルにおいて骨髄増殖性疾患を誘導する(Efficient and rapid induction of myeloproliferative disorder by ETV6/FLT3 using a murine bone marrow transplant model) 日本癌学会総会記事, 68回, 333-333 日本癌学会総会記事, 68回, 333-333 , 68回, 333-333 2009/08 英語 公開
堀利行, 河原真大, 蝶名林和久, 内山卓 堀利行, 河原真大, 蝶名林和久, 内山卓 難治性白血病におけるHippo経路の破綻と治療抵抗性の分子機構 難治性白血病におけるHippo経路の破綻と治療抵抗性の分子機構 臨床血液, 49, 9, 882-882 臨床血液, 49, 9, 882-882 , 49, 9, 882-882 2008/09/30 日本語 公開
河原 真大, 蝶名林 和久, 内山 卓, 岡 勉, スドール・マリウス, 堀 利行 河原 真大, 蝶名林 和久, 内山 卓, 岡 勉, スドール・マリウス, 堀 利行 Hippo経路とDNA傷害シグナルの関係 Kpm/Lats2は白血病細胞の抗がん剤感受性に影響する(Relationship between the Hippo pathway and DNA damage signals: Kpm/Lats2 affects chemo-sensitivity of leukemic cells) Hippo経路とDNA傷害シグナルの関係 Kpm/Lats2は白血病細胞の抗がん剤感受性に影響する(Relationship between the Hippo pathway and DNA damage signals: Kpm/Lats2 affects chemo-sensitivity of leukemic cells) 日本癌学会総会記事, 67回, 136-136 日本癌学会総会記事, 67回, 136-136 , 67回, 136-136 2008/09 英語 公開
松井道志, 諌田淳也, 一戸辰夫, 井尾克宏, 蝶名林和久, 石上隆宏, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 山下浩平, 近藤忠一, 高折晃史, 堀利行, 門脇則光, 石川隆之, 内山卓 松井道志, 諌田淳也, 一戸辰夫, 井尾克宏, 蝶名林和久, 石上隆宏, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 山下浩平, 近藤忠一, 高折晃史, 堀利行, 門脇則光, 石川隆之, 内山卓 緩和な前処置を用いた同種造血幹細胞移植における幹細胞源としての骨髄と末梢血の比較 緩和な前処置を用いた同種造血幹細胞移植における幹細胞源としての骨髄と末梢血の比較 臨床血液, 48, 9, 885-885 臨床血液, 48, 9, 885-885 , 48, 9, 885-885 2007/09/30 日本語 公開
蝶名林和久, 石川隆之, 一戸辰夫, 井尾克宏, 石上隆宏, 松井道志, 鷹尾珠美子, 近藤忠一, 山下浩平, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 高折晃史, 門脇則光, 堀利行, 内山卓 蝶名林和久, 石川隆之, 一戸辰夫, 井尾克宏, 石上隆宏, 松井道志, 鷹尾珠美子, 近藤忠一, 山下浩平, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 高折晃史, 門脇則光, 堀利行, 内山卓 HTLV‐I陰性成熟T/NK細胞腫瘍に対する同種造血幹細胞移植 HTLV‐I陰性成熟T/NK細胞腫瘍に対する同種造血幹細胞移植 臨床血液, 48, 9, 957-957 臨床血液, 48, 9, 957-957 , 48, 9, 957-957 2007/09/30 日本語 公開
井尾克宏, 鎌田淳也, 一戸辰夫, 松井道志, 蝶名林和久, 石上隆宏, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 山下浩平, 近藤忠一, 高折晃史, 堀利行, 門脇則光, 石川隆之, 内山卓 井尾克宏, 鎌田淳也, 一戸辰夫, 松井道志, 蝶名林和久, 石上隆宏, 菱澤方勝, 錦織桃子, 川端浩, 山下浩平, 近藤忠一, 高折晃史, 堀利行, 門脇則光, 石川隆之, 内山卓 急性骨髄性白血病・ハイリスク骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植の成績に急性GVHDが与える影響 急性骨髄性白血病・ハイリスク骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植の成績に急性GVHDが与える影響 臨床血液, 48, 9, 1025-1025 臨床血液, 48, 9, 1025-1025 , 48, 9, 1025-1025 2007/09/30 日本語 公開
石上隆宏, 斉藤崇, 石川隆之, 井尾克宏, 松井道志, 蝶名林和久, 一戸辰夫, 山下浩平, 近藤忠一, 一山智, 内山卓 石上隆宏, 斉藤崇, 石川隆之, 井尾克宏, 松井道志, 蝶名林和久, 一戸辰夫, 山下浩平, 近藤忠一, 一山智, 内山卓 血液内科病棟におけるカルバペネム系抗菌剤使用制限 血液内科病棟におけるカルバペネム系抗菌剤使用制限 臨床血液, 48, 9, 1207-1207 臨床血液, 48, 9, 1207-1207 , 48, 9, 1207-1207 2007/09/30 日本語 公開
蝶名林和久, 渡邊光正, 諫田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 蝶名林和久, 渡邊光正, 諫田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 Major ABO不適合非血縁者間骨髄移植後の赤芽球癆に対し血漿交換が奏効した慢性骨髄性白血病 Major ABO不適合非血縁者間骨髄移植後の赤芽球癆に対し血漿交換が奏効した慢性骨髄性白血病 日赤医学, 57, 2, 425-430 日赤医学, 57, 2, 425-430 , 57, 2, 425-430 2007/07/10 日本語 公開
蝶名林和久, 國立裕之 蝶名林和久, 國立裕之 症例から学ぶピットフォール 代謝低下に起因する血中CEAの上昇 症例から学ぶピットフォール 代謝低下に起因する血中CEAの上昇 内科, 99, 4, 730-731 内科, 99, 4, 730-731 , 99, 4, 730-731 2007/04/01 日本語 公開
金子仁臣, 松本雅則, 岡本浩平, 蝶名林和久, 菱沢方勝, 渡邊光正, 藤村吉博, 通堂満 金子仁臣, 松本雅則, 岡本浩平, 蝶名林和久, 菱沢方勝, 渡邊光正, 藤村吉博, 通堂満 Rituximabとvincristineの併用が奏効した難治性血栓性血小板減少性紫斑病 Rituximabとvincristineの併用が奏効した難治性血栓性血小板減少性紫斑病 臨床血液, 48, 2, 144-147 臨床血液, 48, 2, 144-147 , 48, 2, 144-147 2007/02/28 日本語 公開
岡本浩平, 菱澤方勝, 西澤正俊, 蝶名林和久, 金子仁臣, 渡邊光正, 通堂満 岡本浩平, 菱澤方勝, 西澤正俊, 蝶名林和久, 金子仁臣, 渡邊光正, 通堂満 骨髄非破壊的同種造血幹細胞移植を行った末梢性T細胞リンパ腫の2例 骨髄非破壊的同種造血幹細胞移植を行った末梢性T細胞リンパ腫の2例 臨床血液, 47, 9, 1201-1201 臨床血液, 47, 9, 1201-1201 , 47, 9, 1201-1201 2006/09/30 日本語 公開
諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 有馬靖佳, 通堂満 諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 有馬靖佳, 通堂満 シクロスポリン投与により軽快したバルプロ酸ナトリウムによる赤芽球ろう シクロスポリン投与により軽快したバルプロ酸ナトリウムによる赤芽球ろう 臨床血液, 46, 10, 1114-1117 臨床血液, 46, 10, 1114-1117 , 46, 10, 1114-1117 2005/10/30 日本語 公開
諌田 淳也, 蝶名林 和久, 渡邊 光正, 有馬 靖佳, 通堂 満 諌田 淳也, 蝶名林 和久, 渡邊 光正, 有馬 靖佳, 通堂 満 シクロスポリン投与により軽快したバルプロ酸ナトリウムによる赤芽球癆 シクロスポリン投与により軽快したバルプロ酸ナトリウムによる赤芽球癆 臨床血液, 46, 10, 1114-1117 臨床血液, 46, 10, 1114-1117 , 46, 10, 1114-1117 2005/10 日本語 公開
蝶名林 和久, 渡邊 光正, 諌田 淳也, 有馬 靖佳, 通堂 満 蝶名林 和久, 渡邊 光正, 諌田 淳也, 有馬 靖佳, 通堂 満 非血縁者間骨髄移植後の赤芽球癆に対し血漿交換が奏効した慢性骨髄性白血病の一例 非血縁者間骨髄移植後の赤芽球癆に対し血漿交換が奏効した慢性骨髄性白血病の一例 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 67回・47回, 864-864 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 67回・47回, 864-864 , 67回・47回, 864-864 2005/09 日本語 公開
渡邊 光正, 蝶名林 和久, 諌田 淳也, 有馬 靖佳, 通堂 満 渡邊 光正, 蝶名林 和久, 諌田 淳也, 有馬 靖佳, 通堂 満 Rituximabが著効したCD5陰性B-CLLに合併した赤芽球癆の1例 Rituximabが著効したCD5陰性B-CLLに合併した赤芽球癆の1例 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 67回・47回, 852-852 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 67回・47回, 852-852 , 67回・47回, 852-852 2005/09 日本語 公開
渡辺光正, 蝶名林和久, 諌田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 渡辺光正, 蝶名林和久, 諌田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 Rituximabが著効したCD5陰性B‐CLLに合併した赤芽球ろうの1例 Rituximabが著効したCD5陰性B‐CLLに合併した赤芽球ろうの1例 臨床血液, 46, 8, 852 臨床血液, 46, 8, 852 , 46, 8, 852 2005/08/30 日本語 公開
蝶名林和久, 渡辺光正, 諌田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 蝶名林和久, 渡辺光正, 諌田淳也, 有馬靖佳, 通堂満 非血縁者間骨髄移植後の赤芽球ろうに対し血しょう交換が奏効した慢性骨髄性白血病の一例 非血縁者間骨髄移植後の赤芽球ろうに対し血しょう交換が奏効した慢性骨髄性白血病の一例 臨床血液, 46, 8, 864 臨床血液, 46, 8, 864 , 46, 8, 864 2005/08/30 日本語 公開
諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 有馬靖佳, 通堂満 諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 有馬靖佳, 通堂満 Lemierre症候群の1例 Lemierre症候群の1例 内科, 96, 2, 386-388 内科, 96, 2, 386-388 , 96, 2, 386-388 2005/08/01 日本語 公開
渡邊 光正, 蝶名林 和久, 諫田 淳也, 赤坂 浩司, 有馬 靖佳, 通堂 満 渡邊 光正, 蝶名林 和久, 諫田 淳也, 赤坂 浩司, 有馬 靖佳, 通堂 満 R-CHOP療法が著効したB-PLLの1例 R-CHOP療法が著効したB-PLLの1例 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 66回・46回, 967-967 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 66回・46回, 967-967 , 66回・46回, 967-967 2004/09 日本語 公開
諌田 淳也, 蝶名林 和久, 渡邊 光正, 赤坂 浩司, 有馬 靖佳, 通堂 満 諌田 淳也, 蝶名林 和久, 渡邊 光正, 赤坂 浩司, 有馬 靖佳, 通堂 満 腰椎圧迫骨折,高カルシウム血症で発症した急性巨核芽球性白血病の2症例 腰椎圧迫骨折,高カルシウム血症で発症した急性巨核芽球性白血病の2症例 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 66回・46回, 905-905 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 66回・46回, 905-905 , 66回・46回, 905-905 2004/09 日本語 公開
渡辺光正, 蝶名林和久, 諌田淳也, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 渡辺光正, 蝶名林和久, 諌田淳也, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 R‐CHOP療法が著効したB‐PLLの1例 R‐CHOP療法が著効したB‐PLLの1例 臨床血液, 45, 8, 967 臨床血液, 45, 8, 967 , 45, 8, 967 2004/08/30 日本語 公開
諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 腰椎圧迫骨折,高カルシウム血症で発症した急性巨核芽球性白血病の2症例 腰椎圧迫骨折,高カルシウム血症で発症した急性巨核芽球性白血病の2症例 臨床血液, 45, 8, 905 臨床血液, 45, 8, 905 , 45, 8, 905 2004/08/30 日本語 公開
諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 諌田淳也, 蝶名林和久, 渡辺光正, 赤坂浩司, 有馬靖佳, 通堂満 MTX大量療法,自家末梢血幹細胞移植により完全寛解に至った脳原発および脳内再発悪性リンパ腫の2症例 MTX大量療法,自家末梢血幹細胞移植により完全寛解に至った脳原発および脳内再発悪性リンパ腫の2症例 日本リンパ網内系学会会誌, 44, 139-139 日本リンパ網内系学会会誌, 44, 139-139 , 44, 139-139 2004/06/10 日本語 公開
金森弘志, 蝶名林和久, 松原雄, 長井幸二郎, 若月芳雄, 荒井秀典, 北徹, 深津敦司 金森弘志, 蝶名林和久, 松原雄, 長井幸二郎, 若月芳雄, 荒井秀典, 北徹, 深津敦司 古典的結節性多発動脈炎(PN)と鑑別を要した顕微鏡的多発血管炎(MPA)の一例 古典的結節性多発動脈炎(PN)と鑑別を要した顕微鏡的多発血管炎(MPA)の一例 Pharma Medica, 21, 4, 154-156 Pharma Medica, 21, 4, 154-156 , 21, 4, 154-156 2003/04/10 日本語 公開
蝶名林和久, 金森弘志, 若月芳雄, 田中誠, 堀内久徳, 深津敦司, 北徹 蝶名林和久, 金森弘志, 若月芳雄, 田中誠, 堀内久徳, 深津敦司, 北徹 抗好中球細胞質抗体(MPO‐ANCA)陽性の,古典的結節性多発動脈炎(PN)と考えられた症例 抗好中球細胞質抗体(MPO‐ANCA)陽性の,古典的結節性多発動脈炎(PN)と考えられた症例 日本老年医学会雑誌, 39, 4, 473-473 日本老年医学会雑誌, 39, 4, 473-473 , 39, 4, 473-473 2002/07/25 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本血液学会奨励賞 日本血液学会 2015/10/16
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 リプログラミング技術を用いた骨髄異形成症候群の病態解明と新規治療薬の探索 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31