毛利 透

最終更新日時:2017/06/20 09:47:36

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
毛利 透/モウリ トオル/Toru Mori
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
法学研究科/法政理論専攻公法講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
法学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本公法学会 Japan Public Law Association
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(法学) 京都大学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京大学 法学部第Ⅰ類(私法コース) 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1989〜 東京大学法学部助手 1989 Research Assistant, Faculty of Law, University of Tokyo
1993〜 筑波大学社会科学系講師 1993 Assistant Professor, Institute of Social Sciences, University of Tsukuba
1995〜 筑波大学社会科学系助教授 1995 Associate Professor, Institute of Social Sciences, University of Tsukuba
2001〜 京都大学法学研究科助教授 2001 Associate Professor, Graduate School of Law, Kyoto University
2003〜 京都大学法学研究科教授 2003 Professor, Graduate School of Law, Kyoto University
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
憲法訴訟、民主主義、表現の自由、行政権 constitutional litigation, democracy, freedom of speech, administrative power
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
公法学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
毛利 透 表現の自由と民主政 萎縮効果論に着目して 阪口正二郎ほか編『なぜ表現の自由か - 理論的視座と現況への問い』,26-48 2017/06 日本語
毛利 透 特定秘密保護法と表現の自由 阪口正二郎ほか編『なぜ表現の自由か - 理論的視座と現況への問い』,193-198 2017/06 日本語
毛利 透 インターネット上の匿名表現の要保護性について ― 表現者特定を認める要件についてのアメリカの裁判例の分析 樋口陽一ほか編『憲法の尊厳 奥平憲法学の継承と展開』,187-214 2017/05 日本語
毛利 透 憲法訴訟の実践と理論〔第1回〕- ヘイトデモ禁止仮処分命令事件 判例時報,2321,3-9 2017/04 日本語
毛利 透 萎縮効果論と公権力による監視 法学セミナー,742,57-61 2016/11 日本語
毛利 透 表現の自由と選挙権の適切な関連づけのために 法律時報,88,5,22-27 2016/05 日本語
毛利 透 法曹実務にとっての近代立憲主義〔第一回〕 表現の自由① 初回は大きな話から 判例時報,2275,4-11 2016/01 日本語
Toru Mori Die Rolle von Verfassungsrecht – bei Rawls, Habermas, und in Japan Jahrbuch des oeffentlichen Rechts,64,795-813 2016 ドイツ語
毛利 透 ケルゼンを使って「憲法適合的解釈は憲法違反である」といえるのか 法律時報,87,12,93-98 2015/11 日本語
毛利 透 Die Grenzen der Demokratie aus der Sicht der Generationengerechtigkeit Martin Gebauer u.a. (Hrsg.), Alternde Gesellschaft im Recht,73-82 2015 ドイツ語
毛利 透 憲法の前提としての国家と憲法による国家統合 『憲法の基底と憲法論 高見勝利先生古稀記念』,93-113 2015
毛利 透 「旧ヨーロッパ的」あるいは「実存主義的」ケルゼン - ホルスト・ドライアーのケルゼン研究に依りつつ 石川健治編『学問/政治/憲法 - 連関と緊張』,55-88 2014
毛利 透 ヘイトスピーチの法的規制について -アメリカ・ドイツの比較法的考察 法学論叢,176,2・3,210-239 2014
毛利 透 インターネットにおける他者の言論の引用者の法的責任 - 名誉棄損の場合のアメリカ法・ドイツ法との比較を中心に 『現代立憲主義の諸相 下 高橋和之先生古稀記念』,453-486 2013 日本語
毛利透 アレント理論における法 理想690号105―118頁 2013 日本語
毛利透 統治機構を支える自律と統治機構の自律性 憲法問題24号7-19頁 2013 日本語
毛利 透 法律による命令改正 : ドイツの実例 (初宿・位田教授退職記念号) 法学論叢,170,4,334-359 2012/03 日本語
毛利 透 GCOE全体研究会 ドイツにおけるプロバイダ責任法理の展開 : 危険源の設置者か、有益な表現の場の創出者か 新世代法政策学研究,15,0,31-82 2012/03 日本語
毛利透 行政権民主化論の諸相 樋口陽一他編『国家と自由・再論』327―344頁 2012 日本語
毛利透 ドイツにおける委任命令への議会による統制 『憲法改革の理念と展開 上巻 - 大石眞先生還暦記念』425―458頁 2012 日本語
Toru Mori Justice Frankfurter as the Pioneer of the Strict Scrutiny Test 7 National Taiwan University Law Review 91-122 2012 英語
毛利 透 アメリカ憲法における表現の自由の歴史的展開 : 厳格審査基準の先駆者としてのフランクファータ裁判官 聖学院大学総合研究所紀要,49,13-37 2011/01 日本語
毛利 透 「政党と討議民主主義」『憲法理論の再創造』447―459頁(辻村みよ子・長谷部恭男編) 日本評論社 2011 日本語
Toru Mori Democratization of the Administration European-Asian Journal of Law and Governance, Special Issue: Constitutionalism in East Asia, 80-89 2011 英語
毛利 透 「自由『濫用』の許容性について」阪口正二郎編『自由への問い3 公共性』]44-75頁 岩波書店 2010 日本語
毛利 透 「議院内閣制における国会と内閣への権限分配」法学教室357号22-26頁 法学教室 2010 日本語
毛利 透 「基本法による行政統制」公法研究72号87-99頁 公法研究 2010 日本語
毛利 透 「消極国家とはどんな国家か-シュミットとハイエク」『各国憲法の差異と接点 初宿正典先生還暦記念論文集』3-30頁\n 2010 日本語
毛利透 「政党と討議民主主義」 法律時報82 巻7 号81 一87 頁(2010 年) 2010 日本語
毛利 透 「表現の自由をめぐる近年のドイツ連邦憲法裁判所判例」『国民主権と法の支配 佐藤幸治先生古稀記念論文集 下巻』269-293頁 2008 日本語
Toru Mori Ein rechtsvergleichender Kommentar ueber Verfassungsaenderung-Japan aus der Sicht der deutschen Staatsrechtslehre,in:Rainer Wahl (Hrsg.), Verfassungsaenderung, Verfassungswandel, Verfassungsinterpretation (2008),S.183-198 2008 その他外国語
Toru Mori Die Geschichte des Begriffs "Schmaehkritik" - Zur Wechselwirkung zwischen Bundesverfassungsgericht und Bundesgerichtshof Der Staat, Bd.47 (2008), S.258-276 2008 その他外国語
毛利透 「自らの名前を名乗ることと意見表明の自由、一般的人格権」 『ドイツの憲法判例Ⅲ 』153-158 頁 2008 日本語
毛利透 書評:川人貞人『日本の国会制度と政党政治』 レヴァイアサン42 号169-172 頁 2008 日本語
毛利透 ブックレビュー: 杉原泰雄編『新版体系憲法事典』 法律時報81 巻1 号93-95 頁(2009 年) 2008 日本語
毛利 透 憲法改正論議への比較法的視座--ドイツ憲法学の視点より 法学論叢,161,4,1-18 2007/07 日本語
毛利 透 「国家の時代の終わり?」『市民社会と責任』63-83頁(棚瀬孝雄編) 2007 日本語
毛利 透 「市民的自由は憲法学の基礎概念か」『岩波講座 憲法1』3-30頁(井上達夫編) 2007 日本語
毛利 透 「憲法改正論議への比較法的視座-ドイツ憲法学の視点より」法学論叢161巻4号1-18頁 京都大学法学会 2007 日本語
毛利 透 「官僚制の位置と機能」ジュリスト1311号64-71頁 ジュリスト 2006 日本語
毛利透 解題・クラウス・ギュンター「自由か、安全か―はざまに立つ世界市民」 『思想』984 号50-51 頁 2006 日本語
毛利 透 「国民主権原理と改憲論」『法律時報増刊 憲法改正問題』20-25頁 法律時報 2005 日本語
毛利 透 「代表概念」、「行政権の概念」『論点探求 憲法』248-256頁、293-302頁(小山剛・駒村圭吾編) 2005 日本語
Toru Mori Freedom in the Public Sphere and Democracy - What Ties Them Together?, Kyoto Journal of Law and Politics, Vol.2(1), at 55-69 (2005) 2005 英語
毛利 透 「アメリカの表現の自由判例における萎縮効果論 ― ウォーレン・コートからバーガー・コートへ(一)~(三)」法学論叢158巻1号1-23頁、3号1-32頁(2005)、4号28-62頁(2006) 京都大学法学会 2005 日本語
毛利 透 「自由な世論形成と民主主義 ― 公共圏における理性」憲法問題15号17-32頁 憲法問題 2004 日本語
毛利 透 「主権と平和 ― インゲボルク・マウス、そしてハーバーマス」樋口陽一他編『国家と自由 - 憲法学の可能性』265-287頁 2004 日本語
毛利 透 「結社の自由、または「ウォーレン・コート」の終焉と誕生」『憲法論集 (樋口陽一先生古稀記念)』81-115頁 2004 日本語
毛利 透 「「法治国家」から「法の支配」へ ― ドイツ憲法裁判の機能変化についての一仮説」法学論叢156巻5・6号330-357頁(2005) 京都大学法学会 2004 日本語
Toru Mori Plurality in "Acting in Concert" Archiv fuer Rechts- und Sozialphilosophie,vol.89, at 538-550 2003 英語
毛利 透 民主主義と行政組織のヒエラルヒー 法学論叢,152巻3号1-24頁 2003 その他外国語
毛利透 「ドイツの表現の自由判例における萎縮効果論―一九九〇年代」 法学論叢153 巻1 号1-29 頁 2003 日本語
毛利透 「ドイツの表現の自由判例における萎縮効果論―一九八〇年代まで」 『日独憲法学の創造力 上巻(栗 城嘉夫先生古稀記念)』573-594 頁 2003 日本語
毛利透 コメント「結社の自由と構成員の「思想・信条の自由」の衝突」 法学教室272 号 20-28 頁 2003 日本語
毛利透 対談:「毛利透& 大橋洋一 行政立法―憲法との対話 宇賀克也他編『対話で学ぶ行政法』(有斐閣) 第3 章 (37-52 頁) 2003 日本語
毛利 透 行政概念についての若干の考察 (特集 日本国憲法と新世紀の航路) -- (統治機構論の課題) ジュリスト,1222,132-139 2002/05 その他外国語
毛利透 翻訳:「発展史的パースペクティブにおける立憲国家」 ペーター・ヘーベルレ『文化科学の観点からみた立憲国家』(井上典之・畑尻剛編訳、尚学社)9-36 頁 2002 日本語
毛利 透 行政法学における「距離」についての覚書(上) ジュリスト,1212,80-86 2001/11 その他外国語
毛利 透 政党法制 ジュリスト,1192号164-170頁 2001 その他外国語
毛利 透 内閣と行政各部の連結のあり方 (内閣制度と行政機構) 公法研究,62,80-93 2000 その他外国語
Toru Mori Die Meinungs- und Kunstfreiheit und der Strafschutz der Staatssymbole Jahrbuch des oeffentlichen Rechts,vol.48, at 117-137 2000 その他外国語
Toru Mori Die staatliche Willensbildung in der differenzierten Gesellschaft Archiv fuer Rechts- und Sozialphilosophie,vol.86, at 185-206 2000 その他外国語
毛利 透 ドイツ宰相の基本方針決定権限と「宰相民主政」 筑波法政,27,39-117 1999/11 その他外国語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Toru Mori Disputes about the Legitimacy of the “New” Democratic Constitution in Postwar Japan Democratization and Constitution in East Asia (国立ソウル大学 2017年6月9日)での報告 2017/06 英語
Toru Mori Legal Problems of Defamatory Speech on the Internet – From the Perspective of Japanese Law The 2nd KYOTO-SWISS Symposium 2016 (京都大学 2016年10月31日―11月1日)での報告 2016/11 英語
Toru Mori Die Rolle von Verfassungsrecht 1. Deutsch-Japanisches Verfassungsgespräch „Verfassungsentwicklung – Auslegung, Wandlung und Änderung der Verfassung“ (2015年9月14-15日 慶應義塾大学)での報告 2015/09 ドイツ語
毛利 透 Redistribution by Public Sectors and the Change of the Public Law in Japan International Symposium on Roles of the State in the Non-Profit Transfers. Oct.8, 2014, Kyoto 2014/10
毛利 透 最近の日本での憲法改正要件をめぐる議論について 台湾大学法律学院・京都大学法学研究科交流シンポジウム、2013年9月17日、国立台湾大学 2013/09
Toru Mori Grenzen der Demokratie aus der Sicht der Generationengerechtigkeit Siebtes deutsch-japanisches Symposium „Rechtsprobleme alternder Gesellschaften“ (2012年9月3・4日、テュービンゲン大学)での報告 2012/09 ドイツ語
毛利 透 Internetfreiheit versus Regulierungsbedarf - Diskussionen ueber die Haftung des Host-Providers Das dritte internationale Thyssen-Symposium, Sep.17, 2011, Taipei 2011/09
Toru Mori Democratization of the Administration - from the top down and /or from the bottom up 25th IVR World Congress SW52 (Roles of Citizens/Civil Society and Responsibility of State), Aug.16, 2011, Frankfurt am Main(Germany) 2011/08 英語
毛利透 「基本法による行政統制」 第74 回日本公法学会第一部会での報告(2009 年10 月11 日、京都大学) 2009/10 日本語
毛利透 「日本の基本権保護義務論」 日台憲法共同研究会 2008 日本語
毛利透 「憲法の制定と改正」 日台憲法共同研究会 2006 日本語
毛利透 「自由な世論形成と民主主義」 全国憲法研究会春季研究集会、2003 年5 月10 日、工学院大学 2003 日本語
毛利透 「行政権開放の諸形態とその法理」 日本法哲学会2010 年度学術大会での報告(11 月21 日、西南学院大学) 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Mori Toru Das Datenschutzrecht in Japan und die Medienfreiheit 日墺国際セミナー, ウィーン大学 2006 ドイツ語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
憲法の前提としての国家と憲法による国家統合 日本政治思想学会 2014/05/24 日本語
統治機構を支える自律と統治機構の自律性 全国憲法研究会春季研究集会 2012/05/12 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
毛利 透ほか 『憲法Ⅰ 総論・統治』『憲法Ⅱ 人権』(第2版) 有斐閣 2017/05
毛利 透 (共訳) トーマス・ヴェスティング『法理論の再興』 成文堂 2015/04
毛利 透 『統治構造の憲法論』 岩波書店 2014
毛利 透 グラフィック憲法入門 新世社 2014
毛利 透・小泉良幸・浅野博宣・松本哲治 『憲法Ⅱ 人権』 有斐閣 2013
毛利透・小泉良幸・浅野博宣・松本哲治 『憲法Ⅰ』 第1章憲法総論と第4章平和主義を担当 有斐閣 2011 日本語
高橋和之編著、毛利透ほか著 『ケースブック憲法』 2011
毛利 透 『表現の自由  その公共性ともろさについて』 岩波書店 2008 日本語
毛利透・初宿正典他との共著 『憲法 Cases and Materials 憲法訴訟』 有斐閣 2007 日本語
毛利透・初宿正典他との共著、 『憲法 Cases and Materials 人権 (基礎編)』、『同 (展開編)』 有斐閣 2005 日本語
毛利透・君塚正臣、藤井樹也との共著 『VIRTUAL 憲法』 悠々社 2005 日本語
毛利 透 『民主政の規範理論 憲法パトリオティズムは可能か』 勁草書房, 2002 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 分担 アジアにおける西欧立憲主義の継受と変容 2010〜2012
基盤研究(C) 代表 インターネットでの表現活動に関与する諸主体の法的責任の明確化 2008〜2010
基盤研究(A) 分担 国家による「非営利型移転」の支援と公共サービスの設計 2012〜2015
基盤研究(B) 代表 世代間正義と民主主義の緊張関係についての法理論的・法制度論的考察 2014〜2017
基盤研究(B) 分担 ドイツ公法学における「ケルゼン・ルネッサンス」の検討 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(A) 分担 持続可能な公共財としての原子力法システムの可能性 2016/04/01〜2020/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
21 世紀COE プログラム [21 世紀型法秩序形成プログラム] 2003〜2007
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
人権の基礎理論 後期 法学研究科 2011/04〜2012/03
公法総合3-③ 前期 法学研究科 2011/04〜2012/03
演習(憲法) 後期 法学部 2011/04〜2012/03
情報法 前期 法学研究科 2011/04〜2012/03
人権の基礎理論、公法総合2、公法総合3、情報法 Basic Theory of Fundamental Rights, Public Law 2, Public Law 3, Information Law
公法総合2-③ 後期 法学研究科 2011/04〜2012/03
人権の基礎理論 Basic Theory of Fundamental Rights 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2012/04〜2013/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2012/04〜2013/03
憲法第一部 Constitutional Law I 前期 教育学部 2012/04〜2013/03
憲法第一部 Constitutional Law, Part 1 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
憲法第一部(総論・統治機構) Constitutional Law I 前期 法学部 2012/04〜2013/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 後期 法学部 2012/04〜2013/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 前期 法学部 2013/04〜2014/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 後期 法学部 2013/04〜2014/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2013/04〜2014/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2013/04〜2014/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2013/04〜2014/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2013/04〜2014/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2013/04〜2014/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2013/04〜2014/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2013/04〜2014/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2013/04〜2014/03
情報管理論 Government and Information Law 後期 公共政策教育部 2013/04〜2014/03
人権の基礎理論 Basic Theory of Fundamental Rights 後期 法学研究科(法科大学院) 2013/04〜2014/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2013/04〜2014/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科(法科大学院) 2013/04〜2014/03
情報法 Information Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2013/04〜2014/03
憲法第二部 Constitutional Law II 後期 教育学部 2014/04〜2015/03
憲法第二部(基本権) Constitutional Law II 後期 法学部 2014/04〜2015/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 前期 法学部 2014/04〜2015/03
憲法第二部 Constitutional Law, Part 2 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2014/04〜2015/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2014/04〜2015/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2014/04〜2015/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科(法科大学院) 2014/04〜2015/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科(法科大学院) 2015/04〜2016/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2015/04〜2016/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2015/04〜2016/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2015/04〜2016/03
憲法第二部 Constitutional Law II 後期 教育学部 2015/04〜2016/03
憲法第二部 Constitutional Law, Part 2 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
憲法第二部(基本権) Constitutional Law II 後期 法学部 2015/04〜2016/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2015/04〜2016/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 前期 法学部 2015/04〜2016/03
人権の基礎理論 Basic Theory of Fundamental Rights 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
情報法 Information Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
情報管理論 Government and Information Law 後期 公共政策教育部 2016/04〜2017/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2016/04〜2017/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2016/04〜2017/03
法律基礎科目演習A Legal Writing (Basic) A 通年 法学研究科(法科大学院) 2016/04〜2017/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 前期 法学部 2016/04〜2017/03
人権の基礎理論 Basic Theory of Fundamental Rights 前期 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
公法総合3 Public Law (Advanced) III 前期 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
公法総合2 Public Law (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
国法学研究A General Legal Theory of State A 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
国法学研究B General Legal Theory of State B 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
国法学研究演習A General Legal Theory of State A -Seminar 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
国法学研究演習B General Legal Theory of State B -Seminar 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
外国法文献読解 Research on Foreign Literature [Foreign Law] 前期後半 法学研究科 2017/04〜2018/03
憲法2A Constitutional Law IIA 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
憲法2B Constitutional Law IIB 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
憲法演習2A Constitutional Law IIA -Seminar 前期 法学研究科 2017/04〜2018/03
憲法演習2B Constitutional Law IIB -Seminar 後期 法学研究科 2017/04〜2018/03
憲法理論演習 Seminar on Constitutional Theory 後期 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
法律基礎科目演習B Legal Writing (Basic) B 通年 法学研究科(法科大学院) 2017/04〜2018/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 前期 法学部 2017/04〜2018/03
演習(憲法) Seminar - Constitutional Law 後期 法学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
学生部委員会 委員 2010/04/01〜2011/03/31
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2013/08/01〜2015/03/31
教育制度委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
教育制度委員会:GPAに関する検討WG 委員 2014/04/01〜2015/03/31
教育制度委員会:教務情報システム検討WG 委員 2014/04/01〜2015/03/31
教育制度委員会WG1 委員 2014/04/01〜2015/03/31
教育制度委員会WG1 委員 2015/04/01〜2016/03/31
教育制度委員会WG2 委員 2015/04/01〜2016/03/31
オープンキャンパス委員会 委員 2016/01/01〜2016/12/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2017/04/01〜
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
司法試験考査委員 2008〜2014
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
フランクフルト・アム・マイン大学 社会学部 主権論、民主主義論 ドイツ 1996/10/〜1998/09/
フランクフルト・アム・マイン大学 法学部 メディア法と民主政 ドイツ 2006/08/〜2007/07/