木原 雅子

最終更新日時:2012/07/13 16:52:11

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
木原 雅子/キハラ マサコ/Masako Kihara
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/社会健康医学系専攻国際保健学講座社会疫学/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部先端科学研究棟204号室 Room 204, Frontier Science Building of Faculty of Medicine, Kyoto University, Yoshida-Konoe-cho, Sakyo-ku, Kyto 606-8501, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-4350
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本エイズ学会 Japanes Society for AIDS Research
日本性感染症学会 Japanese Society for Sexually Transmitted Infection
日本公衆衛生学会 Japanese Society of Public Health
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
医学博士 横浜市立大学
プロフィール
(日本語)
979-1991年の間、島根医科大学(現在の島根大学医学部)、京都大学、米国のクリーブランドクリニック研究所で循環器疾患の基礎的研究に従事したのち、1992年より神奈川県立がんセンター臨床研究所で、発がんの分子疫学的研究に従事し、肺がんの遺伝素因の研究で博士号を取得。1994年よりエイズの疫学研究に参加し、行動疫学研究や社会疫学的手法による予防研究を担当する。財団法人エイズ予防財団のリサーチレジデント、カリフォルニア大学サンフランシスコ校エイズ予防研究所リサーチコンサルタント、ニューサウスウエールズ大学国立エイズ社会学研究所(オーストラリア)客員研究員、長崎大学助手、広島大学講師などを経て、2003年より現職。厚生労働省HIV社会疫学研究班若者予防グループ代表、文部科学省性教育実践調査研究委員会メンバー、厚生労働省エイズ予防対策指針見直し検討会委員、(社)全国高等学校PTA連合会健全育成委員会協力委員長、国際協力機構保健医療分野課題別支援委員会委員等を歴任。京都大学医学研究科社会疫学分野に2006年設置された国連合同エイズ計画共同センター長、まだ若者の健康・福利向上のため、2009年に自ら設立した一般財団法人日本こども財団理事長も務める。著書に、「10代の性行動と日本社会-そしてWYSH教育の視点」(ミネルヴァ書房、2006年)、「Sex Behavior of Teenagers in Contemporary Japan:The WYSH Project」(Sanko Publisher、2011年)、その他「医学的研究のデザイン 第3版」(メディカルサイエンスインターナショナル社、2009年)他多数。また、NHKスペシャルなどエイズ予防啓発教育用テレビ/ビデオ出演多数。
(英語)
She started her research carreer as a basic researcher on cardiovascular disease in Shimane Medical University, Kyoto University in Japan and Cleveland Clinic Research Institute in USA during 1979-1991. In 1992, she began research on the molecular epidemiology of cancer at the Kanagawa Cancer Center Research Institute and obtained her doctorate for her research on the genetic predisposition to lung cancer. She embarked on epidemiological research on HIV in 1994 and now heads the prevention research based on behavioral epidemiology and socio-epidemiological methods. She has been in her current position since 2003 after serving as research consultant at the Center for AIDS Prevention Studies at the University of California at San Francisco, as visiting researcher at the University of New South Wales National Centre in HIV Social Research (Australia) and as assistant Professor at Nagasaki University, and lecturer at Hiroshima University. She is currently a principal investigator of the Ministry of Health, Labour and Welfare Study Group on Socio-epidemiology Youth Prevention Group, a member of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Research Council on the Practice of Sex Education, and co-chair of the Federation of All-Japan Senior High School Parent-Teachers' Associations Committee on Health and Development. She was appointed Director of the UNAIDS Collaborating Centre for Socio-epidemiological HIV Research established in Kyoto University School of Public Health in 2006 and Chairperson of The Japan Child Foundation, Kyoto, a non-profit organization which was founded in 2009 to promote the WYSH Project. She is the author of numerous books and papers and has appeared in a number of educational television programs and videos for HIV prevention.
研究テーマ
(日本語)
①若者の性行動とその社会構築に関する社会疫学的研究、②若尾のHIV/性感染症予防に関する社会疫学的研究、③エイズ予防に関する政策学的研究
(英語)
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
1.Zamani S, Ono-Kihara M, Ichikawa S, Kihara M. Potential for sexual transmission of HIV infection from male injecting-drug users who have sex with men in Tehran, Iran.  Sex Transm Dis.37(11):715-8, 2010 2010 日本語
2. Visrutaratna S, Wongchai S, Jaikueankaew M, Kobori E, Ono-Kihara M, Kihara M. Sexual behavior of Japanese tourists visiting Thailand a key informant approach. J Pub Health Develop 8:33-44, 2010. 2010 英語
3. Ono-Kihara M, Sato T, Kato H, Suguimoto-Watanabe SP, Zamani S, Kihara M. Demographic and behavioral characterics of non-sex worker females attending sexually transmitted disease clinics in Japan: a nationwide case-control study. BMC Public Health. 10:106, 2010 2010 英語
4. Zamani S, Vazirian M, Nassirimanesh B, Razzaghi EM, Ono-Kihara M, Mortazavi Ravari S, Gouya MM, Kihara M. Needle and syringe sharing practices among injecting drug users in Tehran: a comparison of two neighborhoods, one with and one without a needle and syringe program. AIDS Behav. 14(4):885-90, 2010 AIDS Behav. 14(4):885-90, 2010 2010 英語
5. Kobori E, Visrutaratna S, Maeda Y, Wongchai S, Kada A, Ono-Kihara M, Hayami Y, Kihara M. Methamphetamine use and correlates in two villages of the highland ethnic Karen minority in northern Thailand: a cross sectional study. BMC Int Health Hum Rights. 9:11, 2009 2009 英語
8. Ma Q, Ono-Kihara M, Cong L, Xu G, Pan X, Zamani S, Ravari SM, Zhang D, Homma T, Kihara M. Early initiation of sexual activity: a risk factor for sexually transmitted diseases, HIV infection, and unwanted pregnancy among university students in China. BMC Public Health. 9:111, 2009 2009 英語
7 Ma Q, Ono-Kihara M, Cong L et al. Behavioral and psychosocial predictors of condom use among university students in Eastern China. AIDS Care (2009) 21:249-59. 2009 英語
8. Hoque HE, Ono-Kihara M, Zamani S, Ravari SM, Kihara M. HIV-related risk behaviours and the correlates among rickshaw pullers of Kamrangirchar, Dhaka, Bangladesh: a cross-sectional study using probability sampling. BMC Public Health. 9:80, 2009 2009 英語
9. Cong L, Ono-Kihara M, Xu G, Ma Q, Pan X, Zhang D, Kihara M. The characterisation of sexual behaviour in Chinese male university students who have sex with other men: a cross-sectional study. BMC Public Health (2008) Jul 22;8:250. 2008 英語
10. Homma T, Ono-Kihara M, Zamani S, Nishimura YH, Kobori E, Hidaka Y, Ravari SM, Kihara M. Demographic and behavioral characteristics of male sexually transmitted disease patients in Japan: A nationwide case-control study. Sex Transm Dis (2008) 5(12):990-6 2008 英語
Saman Zamani, Ramin Radfar, Pardis Nematollahi, Reza Fadaie, Marjan Meshkati, Shahrzad Mortazavi, Abbas Sedaghat, Masako Ono-Kihara, Masahiro Kihara Prevalence of HIV/HCV/HBV infections and drug-related risk behaviours amongst IDUs recruited through peer-driven sampling in Iran International Journal of Drug Policy 21(2010), 493-500 2010/04/19 有り 英語
Saman Zamani, Marziyeh Farnia, Alireza Torknejad, Behrouz Abbasi Alaei, Mehran Gholizadeh, Farzad Kasraee, Masako Ono-Kihara, Koji Oba, and Masahiro Kihara Patterns of Drug Use and HIV-Related Risk Behaviors among Incarcerated People in a Prison in Iran Journal of urban Health: Bulletin of the New York Academy of Medicine 2010/04/14 有り 英語
木原正博、西村由実子、加藤秀子、木原雅子 先進諸国における早期梅毒流行の再興とその背景要因について 日本性感染症学会誌 22:30-39 2011 無し 日本語
木原雅子、木原正博 社会と健康を科学するパブリックヘルス(2) ソシオ・エピデミオロジー(社会疫学)-その方法論的特徴と実践例について 日本公衆衛生雑誌 58: 58-61 2011 有り 日本語
木原雅子、木原正博 現代社会にはびこる「みえない精神的暴力」 -その背景とし人間的つながりの希薄化 現代のエスプリ 511:27-38 2010 無し 日本語
木原正博、鬼塚哲郎、小野寺昭一、木原雅子、橋本修二 世界的HIV流行の新局面(ニューグローバルウェーブ)と日本 日本エイズ学会誌12(2):41-45 2010 無し 日本語
木原雅子、加藤秀子、木原正博 新時代のHIV感染症予防戦略 臨床とウィルス 38:270-6 2010 有り 日本語
木原正博、木原雅子 日本のHIV流行の現状と推計・予測及び今後の展望について 公衆衛生 74(11):6-9 2010 有り 日本語
木原雅子、加藤秀子  世界のエイズ最新事情と「複合予防」としてのWYSHプロジェクト 健 39(9):22-27 2010 有り 日本語
木原雅子、加藤秀子、木原正博 単純予防から複合予防へ:進化するエイズ/HIV教育の現在 健 38(9):22-27 2009 有り 日本語
木原正博、西村由実子、木原雅子、樽井正義 アジア及び東アジアにおけるHIV/AIDS流行の現状と課題 日本エイズ学会誌 11(2):67-71 2009 有り 日本語
木原雅子、木原正博 エイズとその異性間感染の予防対策 産婦人科治療 99(2):141-145 2009 有り 日本語
木原正博、森重裕子、小堀栄子、木原雅子 我が国のHIV/AIDSサーベイランスの現状と問題点 日本性感染症学会誌 20(1):50-56 2009 有り 日本語
木原正博、木原雅子 エイズと行動変容戦略-その現状と課題 保健医療科学 58(1):26-32 2009 有り 日本語
木原雅子、小堀栄子、西村由実子、森重裕子、木原正博 性感染症の疫学-我が国の国際的特徴について 日本臨床 67(1):16-22 2009 有り 日本語
木原雅子 現代社会と若者の性行動 母子保健情報 60:59-62 2009 有り 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Masako Ono-Kihara Sex behavior of teenagers in contemporary Japan: The WYSH Project. Sanko Publisher 2010 英語
木原正博、木原雅子訳 疫学-医学的研究と実践のサイエンス3版 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2010 日本語
木原雅子、木原正博 HIV感染予防と社会 -複合予防とWYSHプロジェクト 最新医学別冊「HIV感染症とAIDS」 最新医学社 2010 日本語
木原正博、木原雅子 エイズの流行-人間の安全保障を脅かす感染症 地球環境学辞典 弘文堂 2010 日本語
木原雅子、木原正博訳 医学的研究のデザイン-研究の質を高める疫学的アプローチ3版 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
平成20年度厚生労働科学研究費補助金 代表 エイズ対策研究事業「若年者等におけるHIV感染症の性感染予防に関する学際的研究」
平成20年度厚生労働科学研究費補助 エイズ予防のための戦略研究、副研究リーダー
平成21年度厚生労働科学研究費補助 代表 エイズ対策研究事業「ポピュレーション戦略及びハイリスク戦略による若者に対するHIV予防啓発手法の開発と普及に関する社会疫学的研究」
平成22年度厚生労働科学研究費補助 代表 エイズ対策研究事業「国内外のHIV感染症の流行動向及びリスク関連情報の戦略的収集と統合的分析に関する研究」
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
社会疫学 I 前期 医学研究科 2011/04〜2012/03
社会疫学 II 後期 医学研究科 2011/04〜2012/03
社会疫学 II Socio-epidemiology II 後期 医学研究科 2012/04〜2013/03
社会疫学 I Socio-epidemiology I 前期 医学研究科 2012/04〜2013/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
社会健康医学系専攻教務委員
医の倫理委員会専門小委員会委員
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
三重県立北星高等学校 PTA講演及び座談会 「人とつながれない」「傷つきやすい」「自立できないこどもたち」 ~学校でできることは何か?~ -WYSH教育の視点からー 2011/12/17
平成23年度 健康教育指導者養成研修 健康コース(西部ブロック) 個別の課題を抱える児童生徒に対する指導のあり方 ~WYSHプロジェクトの視点からー 2011/12/08
平成23年度 三重県高等学校保健部研究会 第2回研修会 「人とつながれない」「傷つきやすい」「自立できないこどもたち」 ~学校でできることは何か?~ -WYSH教育の視点からー 2011/11/30
平成23年度 山口県「性に関する指導」普及推進研修会 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/11/22
鳥取県立日野高等学校 生徒の「やる気スイッチ」を入れるには? -指示待ちから自分で考え、自分で判断できるへの転換~ -WYSH教育の視点からー 2011/11/17
福井県高等学校教育研究会保健体育部会 学校における効果的な性に関する指導について ~WYSH教育の視点から~ 2011/11/15
平成23年度 健康教育指導者養成研修 健康コース(東部ブロック) 個別の課題を抱える児童生徒に対する指導のあり方 ~WYSHプロジェクトの視点からー 2011/11/10
第60回北海道学校保健研究大会宗谷(稚内)大会 コミュニケーションとれない、我慢ができない子供たち ~子どもたちの心身の健康を守るために、大人ができることは? -WYSH教育の視点からー 2011/11/06
静岡県立相良高等学校 職員研修会 「子どもたちのために私たち大人ができること ~WYSH教育の視点から~」 2011/11/01
第61回全国学校保健研究大会 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/10/27
千葉県八千代市PTA連絡協議会 思春期の性と生について 2011/10/01
大学コンソーシアム京都(全学共通教育センター)「エイズ社会を映す鏡」 みんなで考えよう!!!エイズ・性感染症について 2011/09/16
京都市中京区社会福祉協議会思春期の子どもと向き合うセミナー イマドキのこどもたち ~わが子に本気スイッチが入るとき~ 2011/09/08
WYSH中学校向け集団指導研修会(25日:基礎コース/26日:応用コース) 2011/08/25
WYSH中学校・高等学校向け個別指導研修会 2011/08/24
WYSH高等学校向け集団指導研修会(22日:基礎コース/23日:応用コース) 2011/08/22
WYSH小学校向け集団指導研修会(18日:基礎コース/19日:応用コース) 2011/08/18
第15回 唐津地区明るい社会づくり運動推進協議会 教育講演会 「子どもの気力、忍耐力、人間力は失われつつあるのでしょうか? ~今、私たち大人にできること~ WYSH教育の視点から 2011/08/06
平成23年度 全国養護教諭研究大会 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/08/05
「平成23年度:熊本県『性に関する教育』担当者研修会」 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/07/29
平成23年度三重県鈴鹿保健福祉事務所ハートライフの会研修会 「学校における生教育の実際を学ぶ」 2011/07/27
「平成23年度:初任者研修等年次研修会」 保健室来室者からの相談への対応 ~「人とつながれない」「傷つきやすい」「自立できないこどもたち」 -WYSH教育の視点からー 2011/07/25
「平成23年度 鳥取県性教育・エイズ教育研修会」 学校における「性に関する指導のあり方」 ~「性教育」から「生きる教育」へ、予防教育から希望教育へ~ -WYSH教育の視点からー 2011/07/08
『平成23年度生徒指導指導者養成研修「性・薬物に関わる非行への対応」』 性・薬物に関わる非行への対応 『便利な社会に生きる子どもたちの課題と取組』 ~WYSH教育の紹介~ 2011/07/06
全国高等学校PTA連合会 総会 2011/06/26
『平成23年度課題別研修「性に関する教育」』 学校における「性に関する指導のあり方」 ~「性教育」から「生きる教育」へ、予防教育から希望教育へ~ -WYSH教育の視点からー 2011/06/24
「平成23年度:奈良県高等学校PTA連絡協議会 創設60周年記念講演」 「やる気が出ない、ケータイから離れられない、夢が見つけられない子どもたち」 ~私たち大人にできることは何か?~ -WYSH教育の視点からー 2011/06/11
第60回日本臨床衛生検査技師会「学校等でのエイズ・STI予防啓発活動の普及についての報告会」 「青少年のエイズ・性感染症予防啓発の方向性について」-学校におけるWYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/06/05
兵庫県豊岡健康福祉事務所「平成22年度HIV/AIDS等予防教育に関する研修会」 「子どもたちに失われつつあるもの? 忍耐力、気力、人間力」 ~今私たち教育・保健関係者にできることは何か?~ ーWYSH教育の視点からー 2011/03/03
平成22年度性に関する普及啓発講習会 (文部科学省) 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2011/02/28
「京都市立中学校PTA連絡協議会 中京支部研修会」 WYSH教育について 2011/02/23
滋賀県 草津市PTA大会 WYSH教育について 2011/02/06
平成22年度:全国高等学校PTA連合会 総会 「子どもたちのメンタルヘルス」 2011/02/06
高知県立伊野商業高等学校 PTA研修会 心を育てる教育について 2011/02/05
京都府立木津高等学校PTA教育講演会 「今の子供たち -その環境と行動の変化を理解するー」 ~問題行動・いじめの背景にあるものと学校、保護者としての支援について~ 2011/01/29
山形県立左沢高等学校講演会 「子どもたちの心とその背景~高校生の生活・意識と保護 者・教員の支援のあり方~」 2011/01/14
北海道高等学校PTA連合会WYSHペアレンツ研修会 「WYSH教育:授業実践における講話・助言・指導」 2011/01/08
平成22年度大阪府「性に関する教育普及推進事業性教育研修会 学校における「性に関する指導」のあり方「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ~WYSH(ウィッシュ)教育の視点から~ 2010/12/16
平成22年度 健康教育指導者養成研修 西部ブロック 学校における「性に関する指導」のあり方「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ~WYSH(ウィッシュ)教育の視点から~ 2010/12/09
長野県教育委員会「長野県性に関する教育」研修会 「学校における性に関する指導のあり方」 2010/12/07
平成22年度:近畿地区高等学校PTA連合会シンポジウム 社会教育による地域の教育力強化プロジェクト研修会 「してもらう」「させられる」から自分で生きる毎日へ -高校生の現状と私たち大人にできることー ~WYSH教育の視点から~ 2010/12/03
平成22年度:関東地区高等学校PTA連合会シンポジウム 社会教育による地域の教育力強化プロジェクト研修会 子どもたちのメンタルヘルスと意欲 2010/12/01
平成22年度 愛媛県高等学校PTA連合会フォーラム 「気づいてください。子どもの周りの人間環境破壊!」 ~高校生の現状と私たち大人にできること~ ーWYSH教育の視点からー 2010/11/27
岡山県教育委員会教職員研修会「第2回性に関する教育普及推進研究会」 学校における「性に関する指導」のあり方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2010/11/26
0014
第60回全国学校保健研究大会 課題別研究協議会(第5課題性に関する教育・エイズ教育) 学校における「性に関する教育」の進め方 「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2010/11/19
平成22年度:北信越地区高等学校PTA連合会シンポジウム 「子どものメンタルヘルスを考える ~高校の生活・意識と保護者の支援のあり方~ 2010/11/18
平成22年度:九州地区高等学校PTA連合会シンポジウム 「子どもたちの『生きる力』は十分でしょうか?」 -子どものメンタルヘルスの現状と私たち大人にできること― ~WYSH教育の視点から~ 2010/11/12
平成22年度 健康教育指導者養成研修 東部ブロック 「学校における性に関する指導のあり方」 2010/11/11
京都府私立中学高等学校連合会「平成22年度教職員研修会」 「子どもたちに失われつつあるもの? 忍耐力、気力、人間力」 ~今私たち教員にできることは何か?~ ーWYSH教育の視点からー 2010/11/04
宮崎県教育委員会指導者研修会「性に関する指導について」 学校における性に関する教育の在り方 2010/11/02
大学コンソーシアム京都(全学共通教育センター) エイズと若者~日本の若者の性の現状~ 2010/09/12
『第58回日本PTA全国研究大会ちば大会』 「がまんできない、人間関係作れない、でもひとりになれないこどもたち」~子供たちの性の現状と私たち大人にできること~ -WYSH教育の視点からー 2010/08/27
平成22年度全国科学的エイズ予防教育研修会(高等学校) 2010/08/24
『平成22年度WYSH教育プロジェクト研修会(高等学校)』 2010/08/23
『全国高等学校PTA連合会 東京大会』 「子供に失われつつあるもの? 忍耐力、気力、人間力」 ~今私たち大人にできることは何か?~ WYSH教育の視点から 2010/08/21
『平成22年度WYSH教育プロジェクト研修会(小学校)』 2010/08/19
平成22年度全国科学的エイズ予防教育研修会(中学校) 2010/08/18
『平成22年度WYSH教育プロジェクト研修会(中学校)』 2010/08/17
『第398回福岡地区小児科医会学術講演会』 『思春期の性行動の現状と予防の方向性「単純予防」から「複合予防Combination prevention」へ -WYSH(ウィッシュ)教育の視点からー』 2010/07/28
平成22年度全国地方自治体保健所等の青少年エイズ対策推進プログラム研修会 2010/07/15
『平成22年度健康教育管理職等研修会』 講師 「性教育」から「生きる教育」へ。「予防教育」から「希望教育」へ -児童生徒の現状と学校における指導の展望ー ~WYSH教育の視点から~ 2010/07/09
『高知県:『性に関する教育』指導者研修会』 講師 学校における「性に関する指導」のあり方「性教育」から「生(きる)教育」へ、「予防教育」から「希望教育」へ~WYSH(ウィッシュ)教育の視点から~ 2010/06/25
『平成22年度生徒指導指導者養成研修』 講師 性・薬物に関わる非行への対応 『便利な社会に生きる子どもたちの課題と取組』 ~WYSH教育の紹介~ 2010/06/24
『平成22年度全国高等学校PTA連合会 講演』 2010/06/20
『高知県エイズ予防ネットワーク学術講演会』 「10代若者の性行動の現状と今後の予防対策の方向性について」ーWYSH(ウィッシュ)教育の経験からー 2010/05/28
『北広島町芸北ブロック研究会 講演』 「思い出してください!人と人のつながりの大切さを」~子供の現状と私たちにできること~ WYSH教育の視点~ 2010/05/06
『国際ソロプチミスト小松認証25周年記念 講演』 「思い出してください!人と人のつながりの大切さを」~子供の現状と私たちにできること~ WYSH教育の視点~ 2010/04/18
『第3回 思春期健康教育市民フォーラム 講演』 2010/03/13
『台湾:高級技術者派遣指導』 青少年性教育及びエイズ予防教育 2010/02/23
『にいがた思春期研究会 講演』 2010/02/20
『平成21年度全国高等学校PTA連合会 総会』 講演 2010/02/13
『第17回静岡エイズシンポジウム』 2010/01/30
『WYSH山県郡 県内学校職員研修』 2010/01/16
WYSHペアレンツ北海道プロジェクト 『フォローアップ研修会』 2010/01/09
西三河地方教育事務協議会学校保健研修会 2012/08/01
浜松市養護教諭研究会 2012/07/10
平成24年度生徒指導指導者養成研修 2012/07/03
沖縄県教育庁 『性(エイズ)・薬物乱用防止教育研修会 2012/06/26
平成24年度宮崎県教育委員会 『学校における性に関する教育の在り方』 2012/06/12
第111回日本皮膚科学会 総会教育講演 2012/06/03
平成24年度 茨城県高等学校PTA連合会 総会 2012/05/25
国際ソロプチミスト小松 2012/05/30
豊岡市教育研究協議会 第5回 健康教育部研究会 2012/03/17
国立病院機構 熊本医療センター 研修生講義 2012/02/29
山県郡自主研修グループねっこの会 『WYSH教育を進めていくために』 2012/02/25
文部科学省性教育講習会 2012/02/23
全国高等学校PTA連合会 総会 2012/02/12
平成23年度 島根県思春期保健関係者研修会 2012/02/02
平成23年度 滋賀県高等学校等教育相談研究会第5回研究会 2012/01/31
平成23年度 和歌山県「性に関する指導」研修会 2012/01/26
平成23年度 性感染症予防研修会 2012/01/20
第20回宮城県性教育指導者研修会 2012/01/13
平成23年度 WYSHペアレンツ北海道プロジェクトフォローアップ研修会 2012/01/07
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
個別指導 個別指導 岩手県立釜石高等学校  岩手県 2011/10/24
WYSHモデル授業 WYSHモデル授業 広島県北広島町立芸北中学校 広島県 2009
WYSHモデル授業 WYSHモデル授業 広島県北広島町千代田中学校 広島県 2009
WYSHモデル授業 WYSHモデル授業 長野県池田工業高等学校 長野県 2009
WYSHモデル授業 WYSHモデル授業 千葉県四街道市立南小学校 千葉県 2010
WYSHモデル授業 WYSHモデル授業 長野県諏訪実業高等学校 長野県 2011
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
文部科学省 性教育実践事例集作成のための検討会委員
厚生労働省エイズ施策評価検討会委員
厚生労働省予防接種部会ワクチン評価に関する小委員会委員
厚生労働省エイズ予防指針見直し検討委員会専門委員
大阪市エイズ対策評価検討会議委員