鈴木 史朗

最終更新日時:2017/05/25 20:14:47

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
鈴木 史朗/スズキ シロウ/Shiro Suzuki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生存圏研究所/生存圏診断統御研究系/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生命科学専攻 木質生命科学講座 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府宇治市五ヶ庄 京都大学生存圏研究所 Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
shiro-s @ rish.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本植物生理学会 Japanese Society of Plant Biologists
日本植物細胞分子生物学会 Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology
日本木材学会 Japan Wood Research Society
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本生物工学会 The Society for Biotechnology, Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程応用生命科学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程応用生命科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部林産工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
東京都立小石川高等学校 とうきょうとりつこいしかわこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2002/04/01〜2004/03/31 京都大学木質科学研究所(現 生存圏研究所)非常勤研究員 Wood Reserach Institute, Kyoto University 非常勤研究員 Post-doctoral Research Fellow
2004/04/01〜2006/04/30 米国ノースカロライナ州立大学森林バイオテクノロジーグループVincent L. Chiang研究室 Forest Biotechnology Group, North Carolina State University 日本学術振興会海外特別研究員 JSPS Post-doctoral Reserach Fellow
2006/05/01〜2010/03/31 京都大学生存基盤科学研究ユニット Institute of Sustainability Science, Kyoto University 科学技術振興助教 Assistant Professor
2010/04/01〜 京都大学生存圏研究所 Research Institute for Sustainable Humanosphere 助教 Assistant Professor
個人ホームページ
URL
https://www.researchgate.net/profile/Shiro_Suzuki/?ev=hdr_xprf
研究テーマ
(日本語)
木質バイオマス成分(ノルリグナン、リグナン、リグニン、ヘミセルロース)の生合成機構の解明、木質バイオマス成分の代謝工学、熱帯早生樹の分子育種、合成生物学による植物フェニルプロパノイド生産
(英語)
Biosynthesis of wood biomass components (norlignans, lignans, lignins and hemicelluloses), metabolic engeneering of wood biomass components, molecular breeding of tropical fast-growing trees, synthetic biology for plant phenylpropanoid production
研究概要
(日本語)
木質バイオマスは、地球上でもっとも豊富に存在する有機化合物であり、1年間に生物によって固定される二酸化炭素の約半分を占める。現在、人類は炭素資源としての石油に大きく依存しているが、木質バイオマスから有用物質を生産することが出来れば、石油に依存しない持続可能な低炭素社会の確立に貢献する。しかしながら、複雑な超分子構造を有する木質バイオマスから、有用物質を効率よく生産するのは難しい。そこで、本研究では、木質バイオマス成分の生合成機構を解明するとともに、その知見を活用して、木質バイオマス成分の代謝工学を行い、木質バイオマス生合成のポテンシャルを生かした有用物質生産系の確立や、容易に有用物質に変換可能な木質バイオマスを創出する。
(英語)
Wood biomass is the most abundant organic compounds and occupies almost the half of carbon dioxide sequestrated by organisms on the earth per year. Currently, human beings largely depend on petroleum, but if we produce useful chemicals from wood biomass components, we would contribute the establishment of sustainable low-carbon society. However, wood biomass is recalcitrant for production of useful chemicals. In this study, we will elucidate the mechanism for the biosynthesis of wood biomass components, engineer the metabolic flow, and develop the technology to generate wood biomass for biorefinary.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
木質バイオマス wood biomass
リグナン lignan
ノルリグナン norlignan
リグニン lignin
ヘミセルロース hemicelluloses
アカシア Acacia
早生樹 fast-growing tree
ポプラ poplar
イネ rice
発現配列タグ expressed sequence tags
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
林産科学・木質工学
応用生物化学
生物生産化学・生物有機化学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Yuri Takeda, Taichi Koshiba, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Shinya Murakami, Masaomi Yamamura, Md. Mahabubur Rahman, Toshiyuki Takano, Takefumi Hattori, Masahiro Sakamoto, Toshiaki Umezawa Regulation of CONIFERALDEHYDE 5-HYDROXYLASE expression to modulate cell wall lignin structure in rice Planta 2017/04 英語
Lam PY, Tobimatsu Y, Takeda Y, Suzuki S, Yamamura M, Umezawa T., Lo C. Disrupting Flavone Synthase II alters lignin and improves biomass digestibility Plant Physiology 2017/03 英語
Koshiba T, Yamamoto N, Tobimatsu Y, Yamamura M, Suzuki S, Hattori T, Mukai M, Noda S, Chibata D, Sakamoto M, Umezawa T MYB-mediated upregulation of lignin biosynthesis in Oryza sativa towards biomass refinery Plant Biotechnology,34,7-15 2017/01 英語
Misato Ohtani, Keiko Morisaki, Yuji Sawada, Ryosuke Sano, Abigail Loren Tung Uy, Atsushi Yamamoto, Tetsuya Kurata, Yoshimi Nakano, Shiro Suzuki, Mami Matsuda, Tomohisa Hasunuma, Masami Yokota Hirai, Taku Demura Primary metabolism during biosynthesis of secondary wall polymers of protoxylem vessel elements Plant Physiology,172,3,1612-1624 2016/11 英語
Noda, S., Koshiba, T., Yamaguchi, M., Hattori, T., Suzuki, S., Umezawa, T. The expression of a rice secondary wall-specific cellulose synthase gene, OsCesA7, is directly regulated by a rice transcription factor, OsMYB58/63 Planta,242,589-600 2015/09 英語
Hisato IKEGAYA, Shiro SUZUKI, Satoshi ICHISE, Seiko FURUTA, Takuji OHIGASHI, Daiya BAMBA, Hidetoshi NAMBU,Hiroshi KIHARA, Naoyuki KISHIMOTO and Kuniko TAKEMOTO Estimation of organic carbon content of the cyanobacterium Synechococcus sp. by soft X-ray microscopy Geomicrobiology Journal,32,9 2015/04 英語
Takefumi Hattori, Hiromichi Hisamori, Shiro Suzuki, Toshiaki Umezawa, Tsuyoshi Yoshimura, Haruko Sakai Rapid copper transfer and precipitation by wood-rotting fungi can effect copper removal from copper sulfate-treated wood blocks during solid-state fungal treatment International Biodeterioration & Biodegradation,97,195-201 2015 英語
Suzuki S, Koeduka T, Sugiyama A, Yazaki K, Umezawa T Microbial production of plant specialized metabolites Plant Biotechnology,31,465-482 2014/12 英語
Shiro Suzuki, Hideyuki Suzuki Recent advances in forest tree biotechnology Plant Biotechnology,31,1-9 2014/03 英語
Ragamustari SK, Yamamura M, Ono E, Hattori T, Suzuki S, Suzuki H, Shibata D, Umezawa T Substrate-enantiomer selectivity of matairesinol O-methyltransferases Plant Biotechnology,31,257-267 2014 英語
鈴木史朗,土田敬子,山村正臣,服部武文,梅澤俊明 チオグリコール酸リグニン法によるリグニンの迅速定量 生存圏研究,9,31-33 2013 日本語
山村正臣,服部武文,鈴木史朗,梅澤俊明 リグニン芳香核構成を分析するためのアルカリニトロベンゼン酸化分解法の高速・高精度ミクロスケールプロトコール 生存圏研究,9,41-44 2013 日本語
山村正臣,土田敬子,服部武文,鈴木史朗,梅澤俊明 リグニンβ-O-4構造を分析するためのチオアシドリシス法の高速ミクロスケールプロトコール 生存圏研究,9,45-47 2013 日本語
鈴木史朗、服部武文、梅澤俊明 熱帯アカシアの育種 Kyoto Working Papers on Area Studies 43 2009 日本語
鈴木史朗;梅澤俊明;梅澤俊明 バイオマス革新的技術による京都議定書目標達成への貢献 京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書,2007,153-156 2008/06/30 日本語
鈴木史朗、山村正臣、梅澤俊明 ヒノキレジノール合成酵素 化学と生物 592-594 2008 日本語
梅澤俊明、鈴木史朗 リグニンの改変技術 バイオインダストリー 25:50-60 2008 日本語
梅澤俊明、和田将平、山村正臣、榊原紀和、中坪朋文、鈴木史朗、服部武文、幸田みどり 森林バイオマス評価分析システムにおけるリグニン分析プロトコール 生存圏研究,3,73-75 2007 日本語
梅澤俊明、鈴木史朗 Acacia mangiumとAcacia auriculiformisの化学成分調査 生存圏研究,3,43-47 2007 日本語
梅澤俊明、鈴木史朗 熱帯早生樹の分子育種に対する研究基盤構築 生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書,2007,39-42 2007 日本語
鈴木史朗、梅澤俊明 マメ科Acacia属樹木バイオテクノロジーの現況について 生存圏研究 3:41-42 2007 日本語
梅澤俊明、鈴木史朗 熱帯早生樹の分子育種に対する研究基盤構築 生存基盤科学研究ユニット平成18年度成果報告書、21-22 2007 日本語
鈴木史朗、梅澤俊明 バイオマス革新的技術による京都議定書目標達成への貢献 生存基盤科学研究ユニット平成18年度研究成果報告書 85-88 2007 日本語
梅澤俊明,奥西智哉,三亀啓吾,鈴木史朗,リスウィドワチ,ワスリン・シャフィー,島田幹夫 高等植物におけるリグナン生合成機構(第二報) 環境科学総合研究所年報, 17, 29-36 1998 日本語
T. Koeduka; S. Suzuki; Y. Iijima; T. Ohnishi; H. Suzuki; B. Watanabe; D. Shibata; T. Umezawa; E. Pichersky; J. Hiratake Enhancement of production of eugenol and its glycosides in transgenic aspen plants via genetic engineering Biochemical and Biophysical Research Communications,436,1,73-78 2013/06/21 英語
S. Noda; M. Yamaguchi; Y. Tsurumaki; Y. Takahashi; N. Nishikubo; T. Hattori; T. Demura; S. Suzuki; T. Umezawa ATL54, a ubiquitin ligase gene related to secondary cell wall formation, is transcriptionally regulated by MYB46 Plant Biotechnology,30,5,503-U120 2013 英語
M. Yamamura; S. Noda; T. Hattori; A. Shino; J. Kikuchi; K. Takabe; S. Tagane; M. Gau; N. Uwatoko; M. Mii; S. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Characterization of lignocellulose of Erianthus arundinaceus in relation to enzymatic saccharification efficiency Plant Biotechnology,30,1,25-35 2013 英語
T. Umezawa; S.K. Ragamustari; T. Nakatsubo; S. Wada; L. Li; M. Yamamura; N. Sakakibara; T. Hattori; S. Suzuki; V.L. Chiang A lignan O-methyltransferase catalyzing the regioselective methylation of matairesinol in Carthamus tinctorius Plant Biotechnology,30,2,97-109 2013 英語
T. Koshiba; N. Hirose; M. Mukai; M. Yamamura; T. Hattori; S. Suzuki; M. Sakamoto; T. Umezawa Characterization of 5-hydroxyconiferaldehyde O-methyltransferase in Oryza sativa Plant Biotechnology,30,2,157-167 2013 英語
S. Noda; Y. Takahashi; Y. Tsurumaki; M. Yamamura; N. Nishikubo; M. Yamaguchi; N. Sakurai; T. Hattori; H. Suzuki; T. Demura; D. Shibata; S. Suzuki; T. Umezawa ATL54, a RING-H2 domain protein selected by a gene co-expression network analysis, is associated with secondary cell wall formation in Arabidopsis Plant Biotechnology,30,2,169-U174 2013 英語
S.K. Ragamustari; N. Shiraiwa; T. Hattori; T. Nakatsubo; S. Suzuki; T. Umezawa Characterization of three cinnamyl alcohol dehydrogenases from Carthamus tinctorius Plant Biotechnology,30,4,315-U18 2013 英語
T. Koshiba; S. Murakami; T. Hattori; M. Mukai; A. Takahashi; A. Miyao; H. Hirochika; S. Suzuki; M. Sakamoto; T. Umezawa CAD2 deficiency causes both brown midrib and gold hull and internode phenotypes in Oryza sativa L. cv. Nipponbare Plant Biotechnology,30,4,365-373 2013 英語
S.K. Ragamustari; T. Nakatsubo; T. Hattori; E. Ono; Y. Kitamura; S. Suzuki; M. Yamamura; T. Umezawa A novel O-methyltransferase involved in the first methylation step of yatein biosynthesis from matairesinol in Anthriscus sylvestris Plant Biotechnology,30,4,375-384 2013 英語
H. Hisamori; T. Watanabe; S. Suzuki; K. Okawa; H. Sakai; T. Yoshimura; T. Umezawa; T. Hattori Cloning and expression analysis of a cDNA encoding an oxaloacetate acetylhydrolase from the brown-rot fungus Fomitopsis palustris Sustainable Humanosphere,9,57-64 2013 英語
M. Yamamura; K. Akashi; A. Yokota; T. Hattori; S. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Characterization of Jatropha curcas lignins Plant Biotechnology,29,2,179-183 2012 英語
T. Hattori; S. Murakami; M. Mukai; T. Yamada; H. Hirochika; M. Ike; K. Tokuyasu; S. Suzuki; M. Sakamoto; T. Umezawa Rapid analysis of transgenic rice straw using near-infrared spectroscopy Plant Biotechnology,29,4,359-366 2012 英語
S. Suzuki; J.F. Ma; N. Yamamoto; T. Hattori; M. Sakamoto; T. Umezawa Silicon deficiency promotes lignin accumulation in rice Plant Biotechnology,29,4,391-394 2012 英語
M. Yamamura; T. Hattori; S. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Microscale thioacidolysis method for the rapid analysis of β-O-4 substructures in lignin Plant Biotechnology,29,4,419-423 2012 英語
T. Koeduka; B. Watanabe; S. Suzuki; J. Hiratake; J. Mano; K. Yazaki Characterization of raspberry ketone/zingerone synthase, catalyzing the alpha, beta-hydrogenation of phenylbutenones in raspberry fruits Biochemical and Biophysical Research Communications,412,1,104-108 2011/08/19 英語
S. Suzuki; K. Suda; N. Sakurai; Y. Ogata; T. Hattori; H. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Analysis of expressed sequence tags in developing secondary xylem and shoot of Acacia mangium Journal of Wood Science,57,1,40-46 2011/02 英語
M. Yamamura; S. Wada; N. Sakakibara; T. Nakatsubo; S. Suzuki; T. Hattori; M. Takeda; N. Sakurai; H. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Occurrence of guaiacyl/p-hydroxyphenyl lignin in Arabidopsis thaliana T87 cells Plant Biotechnology,28,1,1-8 2011 英語
T. Watanabe; N. Shitan; S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada; K. Yazaki; T. Hattori Oxalate efflux transporter from the brown rot fungus Fomitopsis palustris Applied and Environmental Microbiology,76,23,7683-7690 2010/12 英語
K. Minato; Y. Konaka; I. Bremaud; S. Suzuki; E. Obataya Extractives of muirapiranga (Brosimun sp.) and its effects on the vibrational properties of wood Journal of Wood Science,56,1,41-46 2010/02 英語
S. Suzuki; N. Sakakibara; L. Li; T. Umezawa; V.L. Chiang Profiling of phenylpropanoid monomers in developing xylem tissue of transgenic aspen (Populus tremuloides) Journal of Wood Science,56,1,71-76 2010/02 英語
M. Yamamura; S. Suzuki; T. Hattori; T. Umezawa Subunit composition of hinokiresinol synthase controls enantiomeric selectivity in hinokiresinol formation Organic and Biomolecular Chemistry,8,5,1106-1110 2010 英語
M. Yamamura; T. Hattori; S. Suzuki; D. Shibata; T. Umezawa Microscale alkaline nitrobenzene oxidation method for high-throughput determination of lignin aromatic components Plant Biotechnology,27,4,305-310 2010 英語
S. Suzuki; Y. Suzuki; N. Yamamoto; T. Hattori; M. Sakamoto; T. Umezawa High-throughput determination of thioglycolic acid lignin from rice Plant Biotechnology,26,3,337-340 2009 英語
T. Nakatsubo; Y. Kitamura; N. Sakakibara; M. Mizutani; T. Hattori; N. Sakurai; D. Shibata; S. Suzuki; T. Umezawa At5g54160 gene encodes Arabidopsis thaliana 5-hydroxyconiferaldehyde O-methyltransferase Journal of Wood Science,54,4,312-317 2008/08 英語
T. Nakatsubo; M. Mizutani; S. Suzuki; T. Hattori; T. Umezawa Characterization of Arabidopsis thaliana pinoresinol reductase, a new type of enzyme involved in lignan biosynthesis Journal of Biological Chemistry,283,23,15550-15557 2008/06/06 英語
T. Umezawa; S. Suzuki; D. Shibata Tree biotechnology of tropical acacia Plant Biotechnology,25,3,309-313 2008 英語
S. Suzuki; M. Yamamura; T. Hattori; T. Nakatsubo; T. Umezawa The subunit composition of hinokiresinol synthase controls geometrical selectivity in norlignan formation Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,104,52,21008-21013 2007/12/26 英語
T. Nakatsubo; L. Li; T. Hattori; S. Lu; N. Sakakibara; V.L. Chiang; M. Shimada; S. Suzuki; T. Umezawa Roles of 5-hydroxyconiferylaldehyde and caffeoyl CoA O-methyltransferases in monolignol biosynthesis in Carthamus tinctorius Cellulose Chemistry and Technology,41,9-10,511-520 2007/11 英語
T. Hattori; K. Okawa; M. Fujimura; M. Mizoguchi; T. Watanabe; T. Tokimatsu; H. Inui; K. Baba; S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Subcellular localization of the oxalic acid-producing enzyme, cytochrome c-dependent glyoxylate dehydrogenase in brown-rot fungus Fomitopsis palustris Cellulose Chemistry and Technology,41,9-10,545-553 2007/11 英語
S. Suzuki; T. Umezawa Biosynthesis of lignans and norlignans Journal of Wood Science,53,4,273-284 2007/08 英語
N. Sakakibara; T. Nakatsubo; S. Suzuki; D. Shibata; M. Shimada; T. Umezawa Metabolic analysis of the cinnamate/monolignol pathway in Carthamus tinctorius seeds by a stable-isotope-dilution method Organic and Biomolecular Chemistry,5,5,802-815 2007 英語
S. Suzuki; L. Li; Y.-H. Sun; V.L. Chiang The cellulose synthase gene superfamily and biochemical functions of xylem-specific cellulose synthase-like genes in Populus trichocarpa Plant Physiology,142,3,1233-1245 2006/11 英語
T. Okunishi; N. Sakakibara; S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Stereochemistry of matairesinol formation by Daphne secoisolariciresinol dehydrogenase Journal of Wood Science,50,1,77-81 2004 英語
S. Suzuki; M. Yamamura; M. Shimada; T. Umezawa A heartwood norlignan, (E)-hinokiresinol, is formed from 4-coumaryl 4-coumarate by a Cryptomeria japonica enzyme preparation Chemical Communications,24,2838-2839 2004 英語
N. Sakakibara; S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Biosynthesis of yatein in Anthriscus sylvestris Organic and Biomolecular Chemistry,1,14,2474-2485 2003 英語
S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Stereochemical diversity in lignan biosynthesis of Arctium lappa L. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,66,6,1262-1269 2002/06 英語
S. Suzuki; T. Nakatsubo; T. Umezawa; M. Shimada First in vitro norlignan formation with Asparagus officinalis enzyme preparation Chemical Communications,10,1088-1089 2002 英語
T. Okunishi; N. Takaku; P. Wattanawikkit; N. Sakakibara; S. Suzuki; F. Sakai; T. Umezawa; M. Shimada Lignan production in Daphne odora cell cultures Journal of Wood Science,48,3,237-241 2002 英語
S. Suzuki; N. Sakakibara; T. Umezawa; M. Shimada Survey and enzymatic formation of lignans of Anthriscus sylvestris Journal of Wood Science,48,6,536-541 2002 英語
M. Hosokawa; S. Suzuki; T. Umezawa; Y. Sato Progress of lignification mediated by intercellular transportation of monolignols during tracheary element differentiation of isolated Zinnia mesophyll cells Plant and Cell Physiology,42,9,959-968 2001/09 英語
N. Takaku; D.-H. Choi; K. Mikame; T. Okunishi; S. Suzuki; H. Ohashi; T. Umezawa; M. Shimada Lignans of Chamaecyparis obtusa Journal of Wood Science,47,6,476-482 2001 英語
N. Takaku; K. Mikame; T. Okunishi; S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada New lignan, isoactifolin, from Chamaecyparis obtusa cv. Breviramea Journal of Wood Science,47,6,493-496 2001 英語
S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Norlignan biosynthesis in Asparagus officinalis L.: The norlignan originates from two non-identical phenylpropane units Journal of the Chemical Society. Perkin Transactions 1,24,3252-3257 2001 英語
S. Suzuki; T. Umezawa; M. Shimada Stereochemical Difference in Secoisolariciresinol Formation between Cell-free Extracts from Petioles and from Ripening Seeds of Arctium lappa L. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,62,7,1468-1470 1998/07 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
鈴木 史朗 熱帯アカシアのバイオテクノロジー 生存圏研究,7,79-83 2012/02 日本語
SUZUKI S Stereochemical Diversity in Lignan Biosynthesis and Establishment of Norlignan Biosynthetic Pathway. Wood Res,89,52-60 2002/09 英語
LISWIDOWATI;KARINA M;SYAFII W;SUZUKI S;UMEZAWA T;SHIMADA M Isolation of Syringaresinol from Paraserianthes falcataria (L.) Nielsen. Wood Res,88,40-41 2001/09 英語
Shiro Suzuki, Toshiaki Umezawa, Mikio Shimada Stereochemical Selectivity in Secoisolariciresinol Formation by Cell-free Extracts from Arctium lappa L. Ripening Seeds Wood research : bulletin of the Wood Research Institute Kyoto University,86,37-38 1999/09 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Toshiaki Umezawa, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Takuji Miyamoto, Rie Takada Molecular breeding of grass biomass plants with higher-heating values Summary of The 1st SATREPS Conference (Bogor, Indonesia) November 14, 2016 2016/11/04 英語
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、Steven Karlen、山村正臣、服部武文、坂本正弘、John Ralph、鈴木史朗、梅澤俊明 p-クマロイルエステル3-ヒドロキシラーゼ遺伝子OsC3H1の発現抑制によるイネリグニンの構造改変 平成28年度新学術「植物細胞壁機能」領域若手ワークショップ/第10回細胞壁ネットワーク定例研究会(熱海)2016年10月2〜4日 2016/10
宮本託志、林晃大、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、高田理江、児嶋美穂、高部圭司、梅澤俊明 大型イネ科バイオマス植物のリグノセルロース性状比較解析 第61回リグニン討論会(京都・宇治)2016年10月27〜28日 2016/10
武田ゆり、鈴木史朗、飛松裕基、山村正臣、坂本正弘、刑部敬史、梅澤俊明 CRISPR/Cas9システムを用いたコニフェルアルデヒド5-ヒドロキシラーゼ機能欠損イネの作出 第61回リグニン討論会(京都・宇治)2016年10月27〜28日 2016/10 日本語
肥塚崇男、鈴木史朗、飛松裕基、宮本託志、梅澤俊明、松井健二 フェニルプロペン香気成分の生合成に関わるモノリグノールアセチル化酵素遺伝子の単離と機能解析 第61回リグニン討論会(京都・宇治)2016年10月27〜28日 2016/10 日本語
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、Steven Karlen、山村正臣、服部武文、坂本正弘、John Ralph、鈴木史朗、梅澤俊明 OsC3H1の発現抑制によるイネリグニンの芳香核組成改変 第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)2016年9月1〜3日 2016/09 日本語
宮本託志、林晃大、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、児嶋美穂、高部圭司、梅澤俊明 大型イネ科バイオマス植物エリアサスのリグノセルロース性状解析 日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会(佐賀)2016年9月20〜22日 2016/09 日本語
宮本託志、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、高田理江、三橋麻子、小林良則、梅澤俊明 バガス前処理物及び糖化残渣のリグノセルロース性状解析 セルラーゼ研究会第30回大会(佐久)2016年7月8〜9日 2016/07 日本語
Matsumoto, N., Lam, P.Y., Takeda, Y., Suzuki, S., Lan, W., Yamamura, M., Sakamoto, M., Lo, C., Ralph, J., ◯Tobimatsu, Y., Umezawa, T. Delineating lignin biosynthetic pathway in monocots: A rice O-methyltransferase involved in the formation of syringyl and tricin lignin components in rice cell walls Lignobiotech IV (Madrid, Spain) June 2016 2016/06 英語
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、村上真也、山村正臣、坂本正弘、鈴木史朗、梅澤俊明 p-クマロイルエステル 3-ヒドロキシラーゼ遺伝子の発現制御によるイネリグニンの構造改変 第66回 日本木材学会大会(名古屋)2016年3月27〜29日 2016/03 日本語
宮本託志、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、児島美穂、高部圭司、梅澤俊明 大型イネ科バイオマス植物エリアンサス及びサトウキビのアルカリ処理前・後におけるリグノセルロース性状解析 第66回 日本木材学会大会(名古屋)2016年3月27〜29日 2016/03 日本語
宮川泰幸、山村正臣、鈴木史朗、飛松裕基、高野俊幸、梅澤俊明 ヨウ化水素酸によるリグニン由来芳香族化合物の還元的酸分解 第66回 日本木材学会大会(名古屋)2016年3月27〜29日 2016/03 日本語
林 晃大、山村正臣、飛松裕基、宮本託志、児嶋美穂、高部圭司、鈴木史朗、梅澤俊明 エリアンサスおよびソルガム茎の組織分画物におけるリグノセルロースの性状解析 第66回 日本木材学会大会(名古屋)2016年3月27〜29日 2016/03 日本語
松本直之、武田ゆり、飛松裕基、小柴太一、鈴木史朗、坂本正弘、梅澤俊明 イネリグニン生合成に関わるシンナミルアルコールデヒドロゲナーゼ遺伝子群の発現解析と変異体の性状評価 第66回 日本木材学会大会(名古屋)2016年3月27〜29日 2016/03
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、山村正臣、服部武文、坂本正弘、高野俊幸、鈴木史朗、梅澤俊明 フェルラ酸 5-ヒドロキシラーゼOsF5H1の発現制御によるイネリグニンの構造改変 第60回 リグニン討論会(筑波)2015年11月5〜6日 2015/11
有賀哲、飛松裕基、鈴木史朗、Eric Allen、John Ralph、上高原浩、梅澤俊明、高野俊幸 合成モノリグノールプローブを活用した細胞壁リグニンの蛍光生体標識 第60回 リグニン討論会(筑波)2015年11月5〜6日 2015/11
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、山村正臣、服部武文、坂本正弘、高野俊幸、鈴木史朗、梅澤俊明 リグノセルロース利用促進を目指したイネリグニンのG/S芳香核組成の改変 平成27年度新学術領域「植物細胞壁機能」若手ワークショップ/第9回細胞壁ネットワーク研究会(大阪) 2015/09
Umezawa T, Takeda Y, Koshiba T, Tobimatsu Y, Yamamura M, Sakamoto M, Takano T, Suzuki S, Hattori T Structural modification and increase of lignin in Oryza sativa for biomass refinery 54th Annual Meeting of the Phytochemical Society of North America (PSNA), Illinois, USA (August 9-12, 2015) 2015/08
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、山村正臣、坂本正弘、高野俊幸、鈴木史朗、梅澤俊明 OsF5H1ノックダウンによるイネリグニン生合成の改変 第65回日本木材学会大会研究発表要旨集 2015/03
Noda S, Yamaguchi M, Nishikubo N, Sakurai N, Yamamura M, Hattori T, Suzuki H, Shibata D, Demura T, ◯Suzuki S, Umezawa T An E3 ubiquitin ligase involved in secondary wall formation International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03 英語
Umezawa T, Sakamoto M, Koshiba T, Hattori T, Suzuki S, Yamamura M Lignin Metabolic Engineering in Oryza sativa for Biomass Refinering International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03 英語
Yamamura M, Suzuki S, Hattori T, Umezawa T High-throughput protocols of lignin analysis International Symposium on Wood Science and Technology 2015 2015/03 英語
高居知弘,粟野達也,高部圭司,鈴木史朗,高田直樹 形質転換ポプラおよびイネを用いたゴルジ装置のライブセルイメージング 第65回 日本木材学会大会(東京) 2015/03 日本語
鈴木史朗,鈴木秀幸,山村正臣,服部武文,梅澤俊明 アスパラガスのp-クマロイルCoA:p-クマリルアルコール転移酵素遺伝子の探索 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集 p. 185 2014/03 日本語
服部武文,鈴木史朗,吉村剛,梅澤俊明,酒井温子 銅耐性担子菌による銅含有木材防腐剤処理廃材からの銅除去機構 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集 p. 192 2014/03 日本語
安井あゆみ,山村正臣,鈴木史朗,梅澤俊明 イネ科植物細胞壁成分フェルラ酸二量体の測定のための基盤構築 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集 p. 106 2014/03 日本語
服部武文,鈴木史朗,吉村剛,梅澤俊明,酒井温子 銅耐性担子菌による銅含有木材防腐剤処理廃材からの銅除去機構 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集 p. 192 2014/03 日本語
小柴太一,村上真也,向井まい,服部武文,宮尾安藝雄,廣近洋彦,鈴木史朗,坂本正弘,梅澤俊明 イネbrown-midrib 変異体の解析 第58回リグニン討論会講演集 p.2-5 2013/11 日本語
Safendrri K. Ragamustari,服部武文,小埜栄一郎,鈴木史朗,山村正臣,梅澤俊明 Anthriscus sylvestris のリグナンOMTの機能解析 第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム講演要旨集 p.83 2013/09 日本語
母利大地,鈴木史朗,山村正臣,服部武文,三上文三,梅澤俊明 アスパラガスcis -ヒノキレジノール合成酵素 βサブユニットの結晶化 第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム講演要旨集 p.198 2013/09 日本語
鈴木史朗、鶴巻勇太、池谷仁里、粟野達也、大谷美沙都、鈴木秀幸、服部武文、出村拓、梅澤俊明 キメラMYB転写因子の過剰発現による二次壁成分生合成の変化 第63回日本木材学会大会 2013/03/29 日本語
山村正臣、明石欣也、横田明穂、服部武文、鈴木史朗、柴田大輔、梅澤俊明 ヤトロファリグニンのキャラクタリゼーション 第63回日本木材学会大会 2013/03/27 日本語
小柴太一,山村正臣,鈴木史朗,服部武文,坂本正弘,梅澤俊明 イネリグニン生合成の増強 日本農芸化学会2013年度大会 p.89 2013/03 日本語
久森弘道,酒井温子,鈴木史朗,吉村剛,梅澤俊明,服部武文 銅耐性担子菌による銅含有木材防腐剤処理廃材からの銅回収 第63回日本木材学会大会研究発表要旨集 p.172 2013/03 日本語
久森弘道;酒井温子;鈴木史朗;吉村剛;梅澤俊明;梅澤俊明;服部武文 銅耐性担子菌による銅含有木材防腐剤処理廃材からの銅回収 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),63rd,ROMBUNNO.N28-P-PM07 2013 日本語
小柴太一、廣瀬孝江、向井まい、山村正臣、服部武文、鈴木史朗、坂本正弘、梅澤俊明 イネのリグニン生合成経路の解明 日本農芸化学会2012年度大会(京都) 2012/03/23 日本語
山村正臣;大竹雄一郎;野田壮一郎;服部武文;高部圭司;鈴木史朗;櫻井望;鈴木秀幸;池正和;徳安健;菊地淳;柴田大輔;梅澤俊明;梅澤俊明 エリアンサスのリグニン及び関連物質の量と酵素糖化率の節間間変動解析 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 2A31A02 2012/03/05 日本語
山村正臣、大竹雄一郎、野田壮一郎、服部武文、高部圭司、鈴木史朗、櫻井望、鈴木秀幸、池正和、徳安健、菊地淳、柴田大輔、梅澤俊明 Erianthus ravennaeのリグニン及び関連物質の基本的性状と酵素糖化性 第29回日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会・シンポジウム講演要旨集、p. 137 2011/09 日本語
野田壮一郎、鈴木史朗、山口雅利、西窪伸之、櫻井望、服部武文、鈴木秀幸、出村拓、柴田大輔、梅澤俊明 RING fingerタンパク質ATL54の機能解析 第29回日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会・シンポジウム講演要旨集、p. 96 2011/09 日本語
山村正臣;大竹雄一郎;野田壮一郎;服部武文;高部圭司;鈴木史朗;櫻井望;鈴木秀幸;池正和;徳安健;菊地淳;柴田大輔;梅澤俊明 Erianthus ravennaeのリグニンの性状 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,162 2011/03/05 日本語
服部武文;村上真也;山田竜彦;向井まい;小柴太一;鈴木史朗;池正和;徳安健;廣近洋彦;坂本正弘;梅澤俊明 近赤外スペクトルのケモメトリックスによる形質転換イナワラの解析 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),61st,ROMBUNNO.L18-08-1445 2011 日本語
山村正臣,大竹雄一郎,野田壮一郎,服部武文,高部圭司,鈴木史朗,櫻井望,鈴木秀幸,池正和,徳安健,菊地淳,柴田大輔,梅澤俊明 エリアンサスのリグニンの性状 第61回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 59,2011. 2011 日本語
山村正臣,和田将平,服部武文,鈴木史朗,竹田みぎわ,櫻井望,鈴木秀幸,柴田大輔 シロイヌナズナT87液体培養細胞のリグニンの性状 日本農芸化学会大会講演要旨集(2011・京都),p. 306,2011. 2011 日本語
市澤博生,河合真吾,西田友昭,鈴木史朗,梅澤俊明 ヤマモモ抽出成分ミリカノールの生合成―13C標識前駆体の競合的投与とIII型PKS遺伝子の取得― 第61回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 149,2011. 2011 日本語
小柴太一,廣瀬孝江,向井まい,山村正臣,坂本正弘,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 イネにおけるシリンギルリグニン生合成経路の解明 第56回リグニン討論会講演集,p.114-117,2011. 2011 日本語
梅澤俊明,坂本正弘,服部武文,鈴木史朗,小柴太一,山村正臣,向井まい エネルギー植物のリグニン代謝工学 第61回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 87,2011. 2011 日本語
野田壮一郎,鈴木史朗,山口雅利,服部武文,西窪伸之,出村拓,梅澤俊明 二次壁形成に関わるRING fingerタンパク質の局在と転写因子による発現制御 第61回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 6,2011. 2011 日本語
Suzuki, S., Suda, K., Sakurai, N., Ogata, Y., Hattori, T., Shibata, D., Umezawa, T. Construction and characterization of expressed sequence tags of Acacia mangium developing secondary xylem and shoot Lignobiotech One, Reims 2010/03 英語
RAHMAN Md. Mahabubur;SUZUKI Shiro;HATTORI Takefumi;MII Masahiro;UMEZAWA Toshiaki In vitro regeneration and Agrobacterium-mediated genetic transformation of tropical Acacia spp. 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),60th,ROMBUNNO.A19-1000 2010 日本語
山村正臣,服部武文,鈴木史朗,柴田大輔,梅澤俊明 ミクロスケール・ハイスループットニトロベンゼン酸化法 第60回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 64,2010. 2010 日本語
山村正臣,服部武文,鈴木史朗,柴田大輔,梅澤俊明 ミクロスケール・ハイスループット・高精度ニトロベンゼン酸化法の確立 第28回日本植物細胞分子生物学会(仙台)大会・シンポジウム講演要旨集,p. 105,2010. 2010 日本語
山村正臣,和田将平,榊原紀和,中坪朋文,鈴木史朗,服部武文,武田みぎわ,櫻井望,鈴木秀幸,柴田大輔,梅澤俊明 シロイヌナズナT87培養細胞のリグニン分析 第55回リグニン討論会講演集,p. 46-49,2010. 2010 日本語
小篠貴臣,大和麻子,大和政秀,岩瀬剛二,鈴木史朗,梅澤俊明,服部武文 アルミニウムによる外生菌根菌の有機酸代謝変動 第60回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 88,2010. 2010 日本語
野田壮一郎,鈴木史朗,西窪伸之,山口雅利,出村拓,服部武文,梅澤俊明 木化初期に発現するRING fingerタンパク質の機能解析 第60回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 148,2010. 2010 日本語
Suzuki, S EST analysis and establishment of regeneration system of tropical Acacia for cellulosic biomass production The 5th Korea-Japan Joint Symposium –Current status and understanding of biomass/bioenergy in Korea and Japan,14 2010 英語
村上真也;鈴木史朗;山田竜彦;服部武史;西川智太郎;廣近洋彦;坂本正弘;梅澤俊明;梅澤俊明 近赤外分光法を用いた稲わらのリグニン分析 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,27th,127 2009/07/29 日本語
RAHMAN Md. Mahabubur;SUZUKI Shiro;HATTORI Takefumi;MII Masahiro;UMEZAWA Toshiaki Regeneration and Genetic Transformation of Tropical Acacia 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,27th,66 2009/07/29 日本語
鈴木史朗;須田邦裕;櫻井望;鶴巻勇太;服部武文;鈴木秀幸;柴田大輔;梅澤俊明;梅澤俊明 アカシア・マンギウムにおける分化中木部およびシュートのEST解析 日本植物生理学会年会要旨集,50th,366 2009/03/16 日本語
山村正臣,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 ヒノキレジノール合成酵素のキャラクタリゼーション 日本農芸化学会関西支部例会(第459回講演会),2009年5月30日. 2009 日本語
山村正臣,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 アスパラガスhinokiresinol synthaseの立体化学に関する研究 第27回日本植物細胞分子生物学会(藤沢)大会・シンポジウム講演要旨集,p. 128,2009. 2009 日本語
村上真也,服部武文,向井まい,宮尾安藝雄,池正和,鈴木史朗,徳安健,廣近洋彦,坂本正弘,梅澤俊明 イネCAD遺伝子変異体gh2の稲わらの糖化効率 第54回リグニン討論会講演集,p. 14-17,2009. 2009 日本語
鶴巻勇太,鈴木史朗,櫻井望,服部武文,鈴木秀幸,柴田大輔,梅澤俊明 木化制御遺伝子が破壊されたシロイヌナズナ変異体における代謝物網羅解析 第59回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 144,2009. 2009 日本語
鈴木史朗,須田邦裕,櫻井望,鶴巻勇太,服部武文,鈴木秀幸,柴田大輔,梅澤俊明 アカシア・マンギウムのEST解析 第59回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 150,2009. 2009 日本語
鈴木史朗,鈴木良枝,山本直樹,服部武文,坂本正弘,梅澤俊明 チオグリコール酸リグニン法による稲わらリグニンの迅速定量 第27回日本植物細胞分子生物学会(藤沢)大会・シンポジウム講演要旨集,p. 126,2009. 2009 日本語
Rahman, M. M., Suzuki, S., Hattori, T., Mii, M., Umezawa, T. Regeneration and Genetic Transformation of Acacia spp. 1st International Symposium of Indonesian Wood Research Society,135 2009
山本直樹,鈴木史朗,村上真也,坂本正弘,服部武文,梅澤俊明 イネのケイヒ酸モノリグノール経路遺伝子の検索と遺伝子発現解析 第53回リグニン討論会講演要旨集,p. 2,2008. 2008 日本語
山本直樹,鈴木史朗,服部武文,坂本正弘,梅澤俊明 イネのケイヒ酸モノリグノール経路遺伝子の探索と遺伝子発現解析 第26回植物細胞分子生物学会大阪大会・シンポジウム講演要旨集,p. 118,2008. 2008 日本語
中坪朋文,水谷正治,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 Arabidopsis thalianaのリグナン生合成酵素遺伝子の機能解析 第58回日本木材学会大会講演要旨集,p. 70,2008. 2008 日本語
中坪朋文,水谷正治,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 ピノレジノールレダクターゼによるリグナンのエナンチオマー組成の制御 第26回植物細胞分子生物学会大阪大会・シンポジウム講演要旨集,p. 154,2008. 2008 日本語
渡邉智樹,士反伸和,矢崎一史,島田幹夫,梅澤俊明,鈴木史朗,服部武文 褐色腐朽菌オオウズラタケのシュウ酸輸送体のcDNA クローニングと輸送解析 第58 回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 73,2008. 2008 日本語
鈴木史朗,山村正臣,服部武文,中坪朋文,梅澤俊明 ヒノキレジノール生成反応の幾何選択性はヒノキレジノール合成酵素のサブユニット組成に依存する 第49回日本植物生理学会年会,札幌,p. 143,2008. 2008 日本語
Yamamura, M., Suzuki, S., Hattori, T., Umezawa, T. The subunit composition of hinokiresinol synthase controls both geometric and enantiomeric selectivities in hinokirsinol formation 1st International conference on secondary metabolism,18-19 2008 英語
Nakatsubo, T., Mizutani, M., Suzuki, S., Hattori, T., Umezawa, T. Arabidopsis thaliana pinoresinol reductases control enantiomeric compositions of lariciresinol Proceedings of Phytochemical Society of North America 2008 Annual Meeting,47 2008 英語
山村正臣,鈴木史朗,梅澤俊明 ヒノキレジノールの立体化学に関する研究 第58回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 71,2008. 2008 日本語
RAGAMUSTARI Safendrri Komara;SUZUKI Shiro;KITAMURA Yu;YAMAMURA Masaomi;ONO Eiichiro;HATTORI Takefumi;UMEZAWA Toshiaki Isolation of Anthriscus sylvestris O-methyltransferase cDNAs リグニン討論会講演集,52nd,38-41 2007/10/31 日本語
高橋資典,鈴木史朗,服部武文,櫻井望,尾形善之,柴田大輔,梅澤俊明 シロイヌナズナ花茎の二次壁形成時に発現する調節遺伝子の発現解析 第57回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 136,2007. 2007 日本語
中坪朋文,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 ベニバナ種子からクローニングした新規O-メチル基転移酵素の機能について 第25 回日本植物細胞分子生物学会千葉大会・シンポジウム講演要旨集,p. 121,2007. 2007 日本語
鶴巻勇太,鈴木史朗,服部武文,Laigeng Li,Vincent L. Chiang,梅澤俊明 Populus trichocarpaにおけるCADおよびMYB遺伝子ファミリーの発現解析 第57回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 61,2007. 2007 日本語
湊和也,小中悠滋,Iris Bremaud,鈴木史朗 パドウクおよびムィラピランガの振動特性に及ぼす抽出成分の影響 第57回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 63,2007. 2007 日本語
Safendrri Komara Ragamustari,中坪朋文,白岩直子,鈴木史朗,服部武文,梅澤俊明 Characteriation of Carthamus tinctorius cinnamyl alcohol dehydrogenases 第51回リグニン討論会講演集,p. 6,2006. 2006 日本語
鈴木史朗,Laigeng Li, Ting-Feng Yeh, Ying-Hsuan Sun, Vincent L. Chiang Populus trichocarpaの二次木部特異的マンナン/グルコマンナン合成酵素 第56回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. N09-1515,2006. 2006 日本語
鈴木史朗,Ting-Feng Yeh, Laigeng Li, Ying-Hsuan Sun, Vincent L. Chiang 木部特異的マンナン/グルコマンナン合成酵素について 日本植物細胞分子生物学会つくば大会・シンポジウム講演要旨集、p. 144, 2006. 2006 日本語
山村正臣,中坪朋文,鈴木史朗,島田幹夫,梅澤俊明 アスパラガスhinokiresinol synthase組換え酵素の発現とキャラクタリゼーション 第55回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 129,2005. 2005 日本語
梅澤俊明,Laigeng Li,中坪朋文,和田将平,榊原紀和,鈴木史朗,Vincent L. Chiang リグナンの位置選択的メチル化を触媒する新規O-methyltransferaseのcDNAクローニング 第23回日本植物細胞分子生物学会京都大会・シンポジウム講演要旨集,p. 122,2005. 2005 日本語
Suzuki, S., Yamamura, M., Shimada, M., Umezawa, T. (E)-Hinokiresinol Synthase Proceedings of the 5th International Wood Science Symposium, p. 387 2004 英語
Sakakibara, N., Suzuki, S., Nakatsubo, T., Shimada, M., Shibata, D., Umezawa, T. Analysis of the Cinnnamate/Monolignol Pathway by Means of the Metabolic Profiling Proceedings of the 5th International Wood Science Symposium, p. 388 2004 英語
榊原紀和,鈴木史朗,中坪朋文,島田幹夫,柴田大輔,梅澤俊明 メタボリックプロファイリングによるケイヒ酸/モノリグノール経路の解析 第54回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 342,2004. 2004 日本語
Suzuki, S., Yamamura, M., Hattori, T., Nakatsubo, T., Shimada, M., Umezawa, T. Biosynthesis of heartwood norlignans Book of Abstracts, 9th International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, p. 149-150 2004 英語
梅澤俊明,Laigeng Li,鈴木史朗,榊原紀和,中坪朋文,Vincent L. Chiang リグナンの位置選択的メチル化を触媒する新規O-メチルトランスフェラーゼ 第49回リグニン討論会講演集,p. 33-36, 2004. 2004 日本語
鈴木史朗,山村正臣,島田幹夫,梅澤俊明 (E)-hinokiresinol 合成酵素について 第54回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 340,2004. 2004 日本語
奥西智哉,榊原紀和,鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Daphneセコイソラリシレジノールデヒドロゲナーゼによるマタイレジノール生成の立体化学 第53回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 388,2003. 2003 日本語
鈴木史朗,中坪朋文,梅澤俊明,島田幹夫 アスパラガスの(Z)-hinokiresinol生合成酵素について 第52回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 366,2002. 2002 日本語
Okunishi, T., Takaku, N., Wattanawikkit, P., Sakakibara, N., Suzuki, S., Sakai, F., Umemzawa, T., Shimada, M. Establishment of Daphne odora cell culture producing stereochemically unique lignans Proceedings of the 4th International Wood Science Symposium, p. 319 2002 英語
Nakatsubo, T., Suzuki, S., Chiang, V.L., Umezawa, T., Shimada, M. Regeneration system for Robinia pseudoacacia Proceedings of the 4th International Wood Science Symposium, p. 334 2002 英語
Suzuki, S., Nakatsubo, T., Umezawa, T., Shimada, M. Biosynthesis of heartwood substances in a model plant -First in vitro norlignan formation- Proceedings of the 4th International Wood Science Symposium,341 2002
鈴木史朗,奥西智哉,梅澤俊明,島田幹夫 リグナン生合成における立体化学の多様性について 日本農芸化学会2001年度大会,京都,2001年3月. 2001 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 アスパラガス培養細胞におけるcis-ヒノキレジノールの生合成 日本農芸化学会2001年度大会,京都,2001年3月. 2001 日本語
細川麻美;鈴木史朗;梅沢俊明;佐藤康 ヒャクニチソウ管状要素分化過程における細胞外リグニン前駆体の存在とリグニン化への影響 リグニン討論会講演集,45th,13-16 2000/10/10 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 アスパラガス培養細胞の産生するcis-ヒノキレジノールの生合成について 第50回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 424,2000. 2000 日本語
高久尚裕,奥西智哉,三亀啓吾,鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 チャボヒバ(Chamaecyparis obtusa cv. Bremiramea)から単離された新規リグナンについて 第44回リグニン討論会講演集,p. 147,1999. 1999 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 ゴボウ(Arctium lappa)におけるセコイソラリシレジノール生成の立体化学的選択性について 第44回リグニン討論会講演集,p. 49,1999. 1999 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Arctium lappa登熟種子におけるリグナンの生合成について 第48回日本木材学会大会研究発表要旨集,p.416,1998. 1998 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Anthriscus sylvestrisのリグナンの生合成について 第43回リグニン討論会講演集,p. 131,1998. 1998 日本語
宮本託志、林晃大、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、児嶋美穂、高部圭司、梅澤俊明 大型イネ科バイオマス植物の細胞壁構造解析 ーエリアンサス、ソルガム、サトウキビの比較ー 平成28年度新学術「植物細胞壁機能」領域若手ワークショップ/第10回細胞壁ネットワーク定例研究会(熱海)2016年10月2〜4日 日本語
Umezawa, T., Ragamustari, S.K., Nakatsubo, T., Wada, S., Li, L., Yamamura, M., Sakakibara, N., Hattori, T., Ono, E., Suzuki, S., Chiang, V.L. O-Methyltransferases Involved in Lignan Biosynthesis 52nd Annual Meeting of the Phytochemical Society of North America, Program & Abstracts p.5 2013/08 英語
Umezawa, T., Nakatsubo, T., Ragamustari, S. K., Ono, E., Suzuki, S., Hattori, T. Stereoselective and Regioselective Control in Lignan Biosynthesis 2nd International conference on secondary metabolism 2011 英語
Suzuki, S., Tsurumaki, Y., Hattori, M., Chiang, V. L., Umezawa, T. A transcription factor involved in lignin biosynthesis in secondary xylem of poplar Banff International Conference on Plant Metablism 2010 英語
Nakatsubo, T., Hattori, T., Suzuki, S., Li, L., Chiang, V. L., Umezawa, T. Roles of O-methyltransferases in the cinnamate/monolignol pathway St. Petersburg, Florida, 50th Annual Phytochemical Society of North America Meeting and Symposia, p. 88 2010 英語
Watanabe, T., Shitan, N., Suzuki, S., Umezawa, T., Shimada, M., Yazaki, K., Hattori, T. Cloning and functional characterization of a novel oxalate efflux transporter from brown-rot fungus Fomitopsis palustris Lignobiotech ONE Symposium, Reims, March 28–April 1, 2010. 2010 英語
Suzuki, S., Rahman, M. M., Hattori, T., and Umezawa, T. Molecular Breeding of Tropical Acacia The Second G-COE International Conference "Biosphere as a Global Force of Change", P5 2009 英語
Suzuki, S., Li, L., Sun, Y., Chiang, V.L. The cellulose synthase gene superfamily and biochemical functions of xylem-specific cellulose synthase-like genes in Populus trichocarpa 10th International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, p. 39 2007 英語
Umezawa, T., Suzuki, S., Shibata, D. Tree Biotechnology of Tropical Acacia JSPS-Sweden (SU)/Japan (NAIST) Colloquium on Frontiers of Plant Biotechnology 2007 英語
Suzuki, S. Tree Biotechnology of Acacia mangium –Current Status and Future Prospects- 69th RISH Symposium-Tropical Tree Biotechnology Initiative, p. 15 2007 英語
Suzuki, S. Enhancing carbon sequestration by genetic engineering of fast-growing trees IR3S/KSI/RCS/ZJU International Symposium Sustainability – from "Now" to the "Future", p. 2 2007 英語
Umezawa, T., Wada, S., Ogata, Y., Sakurai, S., Sakakibara, N., Nakatsubo, T., Suzuki, S., Takahashi, Y., Hattori, T., Shibata, D. Characterization of Transcription Factors Controlling the Cinnamate/Monolignol Pathway by Gene-Coexpression Network Analysis of Microarray Data Sets 10th International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry, p. 34 2007 英語
Suzuki, S., Yamamura, M., Hattori, T., Nakatsubo, T., Umezawa, T. Subunit Composition of Hinokiresinol Synthase Controls Geometrical Selectivity in Hinokiresinol Formaion Proceedings of Phytochemical Society of North America Annual Meeting 2007, p. 59 2007 英語
Umezawa T., Li, L., Suzuki, S., Sakakibara, N., Nakatsubo, T., Wada, S., Chiang, V.L. First cDNA cloning of a lignan O-methyltransferase catalyzing regioselective methylation of matairesinol Proceedings of the 6th International Wood Science Symposium, p. 75 2005 英語
Umezawa, T., Suzuki, S., Yamamura, M., Nakatsubo, T., Hattori, T., Shimada, M. Biosynthesis of norlignans International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005 2005 英語
Sakakibara, N., Suzuki, S., Umezawa, T., Shimada, M. Biosynthetic pathway for heartwood syringyl lignans and antitumor podophyllotoxin Proceedings of the 4th International Wood Science Symposium, p. 342 2002 英語
Umezawa, T., Suzuki, S., Sakakibara, N., Shimada, M. Biosynthesis of Norlignans and Lignans French-Japanese Workshop, Cell wall components structure, engineering and practical exploitation, p. 40 2001 英語
Umezawa, T., Okunishi, T., Mikame, K., Suzuki, S., Shimada, M. Stereochemical difference in lignan biosynthesis between several plant species 10th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry, p. 14-17 1999 英語
Umezawa, T., Okunishi, T., Mikame, K., Suzuki, S., Shimada, M. Stereochemical diversity in lignan biosynthesis Phytochemical Society of North America 1998 Conference, p. 30 1998 英語
Umezawa, T., Suzuki, S., Okunishi, T., Mikame, K., Shimada, M. Chemistry and biochemistry of lignan biosynthesis Proceedings of the 2nd International Wood Science Seminar, p. D10 1998 英語
Liswidowati, Syafii, W., Suzuki, S., Umezawa, T., Shimada, M. Syringaresinol isolated from Paraserianthes falcataria Proceedings of the 2nd International Wood Science Seminar, p. E19-E22 1998 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Koshiba, T., Yamamoto, N., Hattori, T., Mukai, M., Suzuki, S., Sakamoto, M., Umezawa, T. Upregulation of lignin biosynthesis in Oryza sativa for biomass refining XXVIIth International Conference on Polyphenols 2014/09 英語
Noda, S., Koshiba, T., Yamaguchi, M., Hattori, T., Suzuki, S., Umezawa, T. Functional characterization of rice MYB transcription factors involved in secondary cell wall biosynthesis XXVIIth International Conference on Polyphenols 2014/09 英語
Koshiba, T., Murakami, S., Hattori, T., Mukai, M., Takahashi, A., Miyao, A., Hirochika, H., Suzuki, S., Sakamoto, M., Umezawa, T. CAD2 deficiency causes both brown midrib and gold hull and internode phenotypes in Oryza sativa The 53rd Annual Meeting of the Phytochemical Society of North America 2014/08 英語
Rahman, M. M., Suzuki, S., Hattori, T., Mii, M., Umezawa, T. Agrobacterium tumefaciens-mediated genetic transformation of Acacia crassicarpa IUFRO Acacia 2014 2014/03 英語
Koshiba, T., Hirose, N., Mukai, M., Yamamura, M., Sakamoto, M., Suzuki, S., Hattori, T., Umezawa, T. Biosynthetic pathway for syringyl lignin in rice (Oryza sativa) The 4th International Conference on Pulping, Papermaking and Biotechnology (ICPPB) 2012/11 英語
Koshiba, T., Hirose, N., Mukai, M., Yamamura, M., Sakamoto, M., Suzuki, S., Hattori, T., Umezawa, T. Lignin biosynthesis in rice (Oryza sativa) 51st annual meeting of Phytochemical Society of North America 2012/08 英語
Suzuki, S., Yamamura, M., Hattori, T., Umezawa, T. Biosynthesis of Hinokiresinols International Conference of Natural Products Biosynthesis (ICNPB) (8th US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products),28 2012/06 英語
Suzuki, S., Tsurumaki, Y., Ikegaya, H., Awano, T., Noda, S., Hattori, T., Demura, T., Umezawa, T. Alteration of hemicellulose biosynthesis by engineered MYB transcription factors Lignobiotech Two Symposium 2012 英語
Yamamura, M., Otake, Y., Noda, S., Hattori, T., Suzuki, S., Sakurai, N., Suzuki, H., Ike, M., Tokuyasu, K., Kikuchi, J., Shibata, D., Umezawa, T. Characterization of lignin and related compounds of Erianthus ravennae 50th Anniversary Symposium Meeting of Phytochemical Society of North America 2011/12 英語
Suzuki, M., Suzuki, S., Igarashi, K., Umezawa, T., Samejima, M Heterologous expression of 4-coumaroyl transferase from Asparagus officinalis in Pichia pastoris The 4th Conference on Biosynthesis of Plant Cell Wall,85 2011/10 英語
Umezawa, T., Nakatsubo, T., Ragamustari, S. K., Ono, E., Suzuki, S., Hattori, T. Stereoselective and regioselective control in lignan biosynthesis. 2nd International Conference on Secondary Metabolism 2nd International Conference on Secondary Metabolism 2011/07 英語
Nakatsubo, Tomoyuki, Masaomi Yamamura, Shiro Suzuki, Takefumi Hattori, Toshiaki Umezawa Stereochemical Mechanisms for Lignan and Norlignan Biosynthesis American Chemical Society 2009 Annual Meeting Anselme Payen Award Symposium 2009/03 英語
Yamamura, M., Suzuki, S., Hattori, T., Umezawa, T. The Subunit Composition Of Hinokiresinol Synthase Controls Enantiomeric Composition Of Hinokiresinol Formation 49th Annual Phytochemical Society of North America Meeting and Symposia,28 2009 英語
Yamamura, M., Suzuki, S., Nakatsubo, T., Hattori, T., Shimada, M., Umezawa, T. cDNA cloning of Asparagus officinalis hinokiresinol synthase Proceedings of International Symposium on Wood Science and Technology 2005,345-346 2005 英語
Yamamura, M., Suzuki, S., Nakatsubo, T., Hattori, T., Shimada, M., Umezawa, T. The characterization of Asparagus hinokiresinol synthase -The first molecular cloning of norlignan synthase Proceedings of the 6th International Wood Science Symposium,76 2005 英語
Umezawa, T., Li, L., Suzuki, S., Sakakibara, N., Nakatsubo, T., Wada, S., Chiang, V. L. A novel lignan O-methyltransferase catalyzing regioselective methylation of matairesinol IUFRO Tree Biotechnology 2005,S8.23P 2005 英語
Sakakibara, N., Nakatsubo, T., Suzuki, S., Shibata, D., Shimada, M., Umezawa, T. Metabolic profiling of the cinnamate/monolignol pathway by the use of stable-isotope-dilution method IUFRO Tree Biotechnology 2005,S8.6 2005 英語
Yamamura, M., Suzuki, S., Nakatsubo, T., Hattori, T., Shimada, M., Umezawa, T. cDNA cloning of Asparagus officinalis hinokiresinol synthase IUFRO Tree Biotechnology 2005,S8.22P 2005 英語
Suzuki, S., Umezawa, T., Shimada, M. Norlignan biosynthesis in Asparagus officinalis L. Pre-symposium on Recent Advances in Lignin Biodegradation and Biosynthesis 2001/06 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
宮本託志 、三橋麻子、山村正臣、飛松裕基、鈴木史朗、高田理江、小林良則、梅澤俊明 各種前処理を施したサトウキビバガスのリグニン構造と酵素糖化効率の比較解析 日本農芸化学会2017年度京都大会(京都) 2017/03/20 日本語
久留奈美、鈴木史朗、内海龍太郎、梅澤俊明 Blautia producta ATCC27340におけるリグナンO-デメチラーゼ候補遺伝子の探索 日本農芸化学会2017年度京都大会(京都) 2017/03/20 日本語
田中拓人、鈴木史朗、武田ゆり、飛松裕基、刑部敬史、梅澤俊明 リグニン合成酵素p-クマロイル-CoAモノリグノールトランスフェラーゼの機能欠損変異イネの作出と性状解析 第67回日本木材学会大会(福岡) 2017/03/18 日本語
東 篤志、坂 直樹、鈴木史朗、山村正臣、三上文三、梅澤俊明 アスパラガス(Z)-ヒノキレジノール合成酵素βサブユニットの結晶構造解析 第67回日本木材学会大会(福岡) 2017/03/18 日本語
小柴太一、山本直樹、飛松裕基、山村正臣、鈴木史朗、服部武文、向井まい、野田壮一郎、柴田大輔、坂本正弘、◯梅澤俊明 バイオマスリファイナリー展開に向けた活性型転写因子の過剰発現によるリグニン生合成の増強 第67回日本木材学会大会(福岡) 2017/03/17 日本語
武田ゆり、鈴木史朗、飛松裕基、山村正臣、坂本正弘、刑部敬史、梅澤俊明 ゲノム編集技術を用いたコニフェルアルデヒド5-ヒドロキシラーゼ機能欠損イネの作出とリグニン構造解析 第67回日本木材学会大会(福岡) 2017/03/17 日本語
松本直之、武田ゆり、飛松裕基、鈴木史朗、山村正臣、小柴太一、刑部敬史、坂本正弘、梅澤俊明 リグニンの量ならびに構造を改変したイネのCADおよびCAldOMT二重変異体の作出と性状解析 第67回日本木材学会大会(福岡) 2017/03/17 日本語
Yuri Takeda, Taichi Koshiba, Yuki Tobimatsu, Steven D. Karlen, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Takefumi Hattori, Masahiro Sakamoto, John Ralph, Toshiaki Umezawa Structural Modification of Rice Lignin by Regulating p-coumaroyl Ester 3-Hydroxylase Gene Expression Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science (Penang, Malaysia) 2017/02/20 英語
Toshiaki Umezawa, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Takuji Miyamoto, Rie Takada, Satya Nugroho Molecular Breeding of Grass Biomass Plants for Sustainable Biomass Production and Utilization 2nd JASTIP Bioresources and Biodiversity Lab Workshop & Humanosphere Asia Research Node Workshop toward Sustainable Utilization of Tropical Bioresources (Kyoto, Uji) 2017/01/23 英語
飛松裕基、有賀哲、鈴木史朗、Eric Allen、上高原浩、梅澤俊明、 John Ralph、高野俊幸 化学プローブを利用したリグノセルロース形成過程の可視化 第13回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム/第6回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム (京都) 2017/01/10 日本語
鈴木史朗、Venkata Ramana Pidatala、飛松裕基、野田壮一郎、小柴太一、Jenny Mortimer、梅澤俊明 シロイヌナズナAtMYB63過剰発現イネの解析 第13回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム/第6回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム (京都) 2017/01/10 日本語
Takuji Miyamoto, Yuri Takeda, Rie Takada, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Masahiro Sakamoto, Toshiaki Umezawa Development of grass biomass plants with higher-heating value -Altering lignin composition and content by gene modification- The 6th ISSH (Bogor, Indonesia) November 15-16, 2016 2016/11/15 英語
武田ゆり、小柴太一、飛松裕基、山村正臣、坂本正弘、高野俊幸、鈴木史朗、梅澤俊明 OsF5H1発現制御によるイネリグニン芳香核組成改変 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム講演要旨集,118-118 2015/08 日本語
川村篤史、鈴木綾乃、米田夕子、西田友昭、河合真吾、山村正臣、鈴木史朗、梅澤俊明 5-O-メチルツヤプリカチンの4位メチル化に関与するO-メチルトランスフェラーゼ 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム講演要旨集,134-134 2015/08 日本語
林晃大、山村正臣、高部圭司、坂本正弘、鈴木史朗、梅澤俊明 大型イネ科植物エリアンサスのリグノセルロース特性における組織間の差異 第65回日本木材学会大会研究発表要旨集 2015/03 日本語
小柴太一,向井まい,服部武文,鈴木史朗,坂本正弘,梅澤俊明 リグノセルロース酵素糖化に及ぼす試料加熱前処理の効果 第59回リグニン討論会講演集,30-33 2014/09 日本語
鈴木綾乃,萩原迪子,米田夕子,河合真吾,西田友昭,サフェンドリ・コマラ・ラガムスタリ,鈴木史朗,梅澤俊明 アオモリヒバのリグナン生合成に関与するO-メチルトランスフェラーゼ遺伝子の取得 第57回リグニン討論会講演集,86 2013/10 日本語
Safendrri Komara Ragamustari, Takfeumi Hattori, Eiichiro Ono, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Toshiaki Umezawa O-Methyltransferases involved in lignin biosynthesis in Anthriscus sylvestris 第57回リグニン討論会講演集,86 2013 英語
Md. Mahabubur Rahman, Shiro Suzuki, Takefumi Hattori, Masahiro Mii, Toshiaki Umezawa Regeneration and Agrobacterium tumefaciens-mediated Genetic Transformation of Acacia crassicarpa A. Cunn. ex Benth 第31回植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム講演要旨集,135 2013 英語
Md. Mahabubur Rahman, Shiro Suzuki, Takefumi Hattori, Masahiro Mii, Toshiaki Umezawa Genetic transformation of Acacia crassicarpa A. Cunn. Ex Benth. 第63回日本木材学会大会研究発表要旨集,3 2013 英語
河合真吾,笠井美波,市澤博生,米田夕子,西田友昭,鈴木史朗,梅澤俊明 ヤマモモの環状ジアリールヘプタノイド生合成酵素の探索 第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会・シンポジウム講演要旨集,200 2012 日本語
山村正臣,服部武文,鈴木史朗,柴田大輔,梅澤俊明 チオアシドリシス法のハイスループットミクロスケール化 第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会・シンポジウム講演要旨集,73 2012 日本語
鈴木史朗,馬建鋒,山本直樹,服部武文,坂本正弘,梅澤俊明 ケイ素欠乏はイネ地上部におけるリグニンの蓄積を促進する 第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会・シンポジウム講演要旨集,72 2012 日本語
肥塚崇男,鈴木史朗,飯島陽子,杉本貢一,鈴木秀幸,渡辺文太,平竹潤 オイゲノール生合成能を付与した形質転換植物の解析 第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会・シンポジウム講演要旨集,60 2012 日本語
久森弘道,渡邉知樹,鈴木史朗,大川久美子,酒井温子,吉村剛,梅澤俊明,服部武文 銅耐性褐色腐朽菌オオウズラタケ(Formitopsis palustris)のシュウ酸生合成におけるオキサロ酢酸加水分解酵素の役割 第62回日本木材学会研究発表要旨集,173 2012 日本語
小柴太一,村上真也,向井まい,服部武文,宮尾安藝雄,廣近洋彦,鈴木史朗,坂本正弘,梅澤俊明 イネのbrown-midrib mutantの解析 第53回日本植物生理学会年会(京都),212 2012 日本語
鈴木史朗,鶴巻勇太,服部武文,Vincent L. Chiang,梅澤俊明 ポプラ二次木部において高発現するMYB転写因子の機能解析 第28回日本植物細胞分子生物学会(仙台)大会・シンポジウム講演要旨集,164 2010 日本語
169. 野田壮一郎,鈴木史朗,西窪伸之,山口雅利,出村拓,服部武文,梅澤俊明 シロイヌナズナの二次壁形成に関与するRING fingerタンパク質の機能解析 日本農芸化学会関西支部例会(第463回講演会),6 2010 日本語
鈴木史朗,服部武文,山村正臣,中坪朋文,島田幹夫,梅澤俊明 アスパラガスhinokiresinol synthaseの精製とその遺伝子クローニング 第55回日本木材学会研究発表要旨集,129 2005 日本語
山村正臣,鈴木史朗,中坪朋文,服部武文,島田幹夫,梅澤俊明 アスパラガスHinokiresinol synthase組換え酵素のキャラクタリゼーション 第23回日本植物細胞分子生物学会京都大会・シンポジウム講演要旨集,121 2005 日本語
榊原紀和,鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Anthriscus sylvestrisのシリンギル型リグナンにおけるツヤプリカチンの役割 第52回日本木材学会大会研究発表要旨集,367 2002 日本語
榊原紀和,鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Anthriscus sylvestrisにおけるシリンギル型リグナン生合成経路について 第51回日本木材学会大会研究発表要旨集,397 2001 日本語
榊原紀和,鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 Anthriscus sylvestrisにおけるシリンギル型リグナン生合成経路について 第46回リグニン討論会講演集,139 2001 日本語
鈴木史朗,梅澤俊明,島田幹夫 アスパラガス培養細胞の産生するcis-ヒノキレジノールの生合成機構について 第45回リグニン討論会講演集,17 2000 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
植物細胞壁の化学構造をデザインする 産総研コンソーシアム 持続性木質資源工業技術研究会第34回研究会(講演会) 2016/07/08 日本語
Unravelling Secondary Cell Wall Formation and Phenylpropanoid Biosynthesis [Invited] Guest Seminar, Joint BioEnergy Institute 2016/03/11 英語
木質バイオマス形成の遺伝子発現制御 第14回けいはんな地区植物科学懇談会 2014/11/11 日本語
オミクスデータを活用した木材成分生合成研究 第57 回日本木材学会大会研究発表要旨集,p. 175,2007. 2007 日本語
植物ゲノム解析と分子育種―木材の物理的・化学的性質の遺伝的改良に向けて 第264 回日本材料学会木質材料部門委員会定例研究会講演要旨,p. 10,2007. 日本材料学会木質材料部門委員会 2007 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
サブユニット組成によるノルリグナン生合成反応の制御機構 第4回生合成マシナリー公開シンポジウム 文部科学省科学研究費補助金新学術領域「生合成マシナリー」 2012/12/07 日本語
有用植物資源の「寿命」と革新的バイオ技術によるパラダイム・チェンジ 生存基盤科学研究ユニット国際シンポジウム 京都大学生存基盤科学研究ユニット 2012/10/27 日本語
ヒノキレジノールの生合成機構 第34回GRLバイオサイエンスセミナー「植物二次代謝フロンティアシンポジウム」 静岡大学GRL 2012/09/01 日本語
樹木のヘミセルロース生合成を制御する転写因子 第6回京大植物縦横無尽の会ワークショップ ~ゲノム解析とイメージング最先端から見えてきたこと~ 京大植物縦横無尽の会 2011/11/25 日本語
木質バイオマス改良技術 日本農芸化学会大会講演要旨集 2008/03 日本語
熱帯アカシアのバイオテクノロジー 第90 回生存圏シンポジウム「未来を拓く樹木バイオテクノロジー」 2008/02/18 日本語
アカシアESTプロジェクト 第70回生存圏シンポジウム「熱帯木質バイオマス資源の持続的生産利用へのロードマップ」 2007/03/20 日本語
生産性向上のための早生樹遺伝子解析と分子育種 第65回生存圏シンポジウム「生存圏萌芽・融合ミッションシンポジウム」 2007/03/15 日本語
実用樹木バイオテクノロジーの研究開発基盤 65 回生存圈シンポジウム「生存圈萌芽・融合ミッションシンポジウム」2007/3/15, 宇治, 67-69, 2007 2007 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
二次壁形成に関与するイネMYB転写因子の機能解析 第9回植物細胞壁研究者ネットワーク研究会定例会 2015/09/15 日本語
ヒノキレジノールの生合成 新学術領域「生合成マシナリー」第3回若手シンポジウム(第7回生合成マシナリー勉強会) 2011/12 日本語
木部形成の遺伝子発現制御機構とその応用 生存圏研究所学際萌芽研究センター第105回定例オープンセミナー 生存圏研究所学際萌芽研究センター 2009/11/18 日本語
リグニンの代謝制御による木質バイオマスの改良 日本農芸化学会薮田セミナー「バイオマスデザインとリファイナリー―競合から共存へ―」,p. 5,2008. 2008 日本語
燃料・化学製品生産のための植物バイオテクノロジー 生存圏研究所学際萌芽研究センター第39回定例オープンセミナー 生存圏研究所学際萌芽研究センター 2006/10/18 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
鈴木 史朗 植物細胞壁実験法 弘前大学出版会 2016/02
福島和彦、船田良、杉山淳司、高部圭司、梅澤俊明、山本浩之 編 木質の形成・第二版 「ヘミセルロース生合成の分子生物学」 海青社 2011/10/30 日本語
Umezawa, T., Yamamura, M., Nakatsubo, T., Suzuki, S., Hattori, T. Stereoselectivity of the Biosynthesis of Norlignans and Related Compounds, The Biological Activity of Phytochemicals (共著) The Biological Activity of Phytochemicals, Recent Advance in Phytochemistry 41 2011 英語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
梅澤俊明、坂本正弘、服部武文、鈴木史朗 糖類の製造方法 特許出願 特願2012-019086 2012/01/31
小埜栄一郎、梅澤俊明、服部武文、鈴木史朗 リグナンメチル化酵素をコードする遺伝子およびその用途 特許公開 特開2010-207169(P2010-207169A) 2010/09/24
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
2013年度日本植物細胞分子生物学会論文賞 The JSPCMB Excellent Paper Award 日本植物細胞分子生物学会 Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biolog 2013/09/10
2011年度日本植物分子細胞生物学会奨励賞 The JSPCMB Award for Young Scientists 日本植物分子細胞生物学会 Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology 2011/09/06
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
木の抗菌物質作る酵素-京大特定・アスパラガスから 産経新聞・夕刊 12面 2007/12/11
スギやヒノキの抗菌成分-生産酵素を解明 京都新聞・夕刊 10面 2007/12/11
植物の抗菌-合成酵素発見 読売新聞・夕刊 13面 2007/12/11
ヒノキレジノール選択的に合成-京大が酵素遺伝子を同定 日刊工業新聞 22面 2007/12/12
巨木のもと?アスパラから合成 朝日新聞・夕刊 11面 2007/12/12
京大,アスパラガス酵素が2 タイプの抗菌成分合成を発見 日経産業新聞 19面 2007/12/17
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
第4回植物細胞壁研究者ネットワーク 植物細胞壁研究者ネットワーク 2010/10/30
第2回植物二次代謝フロンティア研究会 第2回植物二次代謝フロンティア研究会 2013/11/23
第3回植物二次代謝フロンティア研究会 第3回植物二次代謝フロンティア研究会 2014/11/23
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 樹木の木部細胞壁形成における遺伝子発現制御機構の解明 Elucidation of the regulatory mechanism of geneexpression in xylem cell wall formation in trees 2010〜2012
若手研究(B) 代表 熱帯早生樹アカシア・マンギウムの木部発現遺伝子の網羅的解析  Transcriptomic analysis of the genes expressed in xylem of a tropical fast-growing tree, Acacia mangium 2007〜2008
基盤研究(B) 分担 代謝ネットワーク制御に基づくバイオ燃料化に適した木質の分子育種 Molecular breeding for wood biomass suitable for biofuel based on metabolic network control 2008〜2012
挑戦的萌芽 分担 リグノセルロース超分子構造形成におけるリグニン生合成の寄与 Contribution of lignin biosynthesis in lignocellulosic supramolecular structure formation 2011〜2013
基盤研究(C) 分担 銅耐性担子菌による銅含有木材防腐剤処理廃材からの銅回収 Recovery of cupper from Cu-containing anti-rotting reagent treated wood by cupper-torelant basidiomycetes 2011〜2013
基盤研究(B) 分担 心材成分生合成の分子機構解明に関する基礎研究 Basic study on elucidation of molecular mechanism of the biosynthesis of heartwood substances 2004〜2007
生存圏研究所生存圏科学萌芽研究 代表 樹木の細胞壁厚を制御する遺伝子の同定 Identification of the gene that regulates the cell wall thickness of trees 2009/09/01〜2010/03/31
新学術領域研究・生合成マシナリー 代表 サブユニット組成によるノルリグナン生合成反応の制御機構 Mechanism of norlignan biosynthetic reaction regulated by subunit composition 2011〜2012
基盤研究(C) 代表 モノリグノールアシル化酵素遺伝子の同定と発現制御によるリグノセルロース代謝工学 Identification of acyltransferase involved in monolignol biosynthesis and metabolic engineering of lignocellulose using the coding gene 2013/04/01〜2016/03/31
生存基盤科学研究ユニット萌芽研究 代表 有用植物資源の「寿命」と革新的バイオ技術によるパラダイム・チェンジ Paradigm change of lifecycle span of useful plant resources 2012/04/01〜2013/03/31
基盤研究(B) 分担 代謝工学と有機化学の連携による新規有用リグニンの開発 2013/04/01〜2016/03/31
生存基盤科学研究ユニット萌芽研究 分担 白色LED光源を用いたエネルギーの効率的利用と有用物質生産を目指した基礎研究 2014/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽 分担 細菌のリグナン変換反応を利用したリグニン芳香核組成の単純化 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 モノリグノールアシル化酵素遺伝子の同定と発現制御によるリグノセルロース代謝工学 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 シリンギルリグニン生合成を制御する転写因子の網羅的探索と機能解析 Search and characterization of transcription factors that regulate syringyl lignin biosynthesis 2016/04/01〜2020/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
農林水産省委託研究・新農業ゲノム展開プロジェクト 梅澤俊明 イネリグニン合成パスウェイの改変 Metabolic engeneering of lignin biosynthetic pathway in rice 2008〜2012
新エネルギー技術研究開発/バイオマスエネルギー等高効率転換技術開発(先導技術開発) 梅澤俊明 イネ細胞壁の改変による高効率糖化に向けた先導的技術の研究開発 Research and development towards high-efficient saccharification by modificatin of rice cell wall 2007〜2008
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
森林代謝機能化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
森林代謝機能化学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
森林代謝機能化学講義 Plant Metabolic Science 前期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林代謝機能化学専攻演習 Seminar on Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林代謝機能化学専攻実験 Experimental Course of Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
森林代謝機能化学講義 Plant Metabolic Science 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林代謝機能化学専攻演習 Seminar on Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林代謝機能化学専攻実験 Experimental Course of Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林代謝機能化学専攻実験1 Experimental Course of Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林代謝機能化学専攻実験 Experimental Course of Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林代謝機能化学専攻演習1 Seminar on Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林代謝機能化学専攻演習 Seminar on Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林代謝機能化学講義 Plant Metabolic Science 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林代謝機能化学専攻実験1 Experimental Course of Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻実験2 Experimental Course of Plant Metabolic Science2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻実験 Experimental Course of Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻演習1 Seminar on Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻演習2 Seminar on Plant Metabolic Science2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻演習 Seminar on Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学講義 Plant Metabolic Science 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林代謝機能化学専攻実験1 Experimental Course of Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学専攻実験2 Experimental Course of Plant Metabolic Science2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学専攻実験 Experimental Course of Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学専攻演習1 Seminar on Plant Metabolic Science1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学専攻演習2 Seminar on Plant Metabolic Science2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学専攻演習 Seminar on Plant Metabolic Science 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森林代謝機能化学講義 Plant Metabolic Science 前期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
鶴巻 勇太 第59回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2009/03/17
高居知弘 第65回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2015/03/18
武田ゆり 第60回リグニン討論会口頭発表の部S賞 第60回リグニン討論会 2015/11/6
武田ゆり 最優秀学生口頭発表賞 平成28年度新学術「植物細胞壁機能」領域若手ワークショップ/第10回細胞壁ネットワーク定例研究会 2016/10/02
武田ゆり 第61回リグニン討論会学生ポスター発表賞 第61回リグニン討論会 2016/10/28
部局運営(役職等)
役職名 期間
京都大学宇治事業場衛生委員会委員 2013/04/01〜2014/03/31
生存圏研究所安全衛生委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
生存圏研究所概算要求・競争的資金委員会委員 2014/04/01〜2016/03/31
生存圏研究所生存圏フォーラム委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所通信情報委員会 2016/04/01〜2018/03/31
生存圏研究所情報セキュリティ委員会 2016/04/01〜2018/03/31
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本木材学会 Japan Wood Research Society 日本木材学会誌 Journal of Wood Science 編集委員 2014/04/01〜2016/03/31
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
日本木材学会 Japan Wood Research Society Journal of Wood Science Journal of Wood Science
植物細胞分子生物学会 Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology Plant Biotechnology Plant Biotechnology
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry Bioscience, Biochemistry, and Biotechnology Bioscience, Biochemistry, and Biotechnology
Planta Planta
Holtzforschung Holtzforschung
日本植物生理学会 Japanese Society of Plant Physiologists Plant & Cell Physiology Plant & Cell Physiology
New Phytologist New Phytologist
Plant Cell Reports Plant Cell Reports
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本木材学会 抽出成分と木材利用研究会 幹事 2010〜2010
日本木材学会 抽出成分利用研究会 幹事(会計) 2011〜
日本木材学会 大会 実行委員会委員 2010〜2010
日本農芸化学会 大会 プログラム編成委員会委員 2010〜2011
Lignobiotech II プログラム委員 2012〜
植物二次代謝フロンティア研究会 世話人 2013/04/01〜2015/03/31
植物細胞壁研究者ネットワーク定例会 幹事 2010/04/01〜2011/03/31
リグニン討論会 世話人 2016〜
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
植物細胞分子生物学会 大会・シンポジウム 2011/09/08
日本木材学会 年次大会 2011/03/
日本農芸化学会 大会 2011/03/
リグニン討論会 リグニン討論会 2010/10/
リグニン討論会 リグニン討論会 2009/10/
日本木材学会 大会 2013/32/7
日本農芸化学会 大会 2012/03/23
日本農芸化学会 大会 2012/03/24
植物細胞分子生物学会 大会・シンポジウム 2012/08/04
リグニン討論会 リグニン討論会 2012/10/18
日本木材学会 第63回日本木材学会大会 2013/03/27
日本木材学会 第64回日本木材学会大会 2014/03/13
日本農芸化学会 大会(京都) 2017/03/18

  • <<
  • >>
  • 表示
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
ノースカロライナ州立大学 天然資源学部 Biosynthesis of hemicelluloses 米国 2004/04/01〜2006/05/31
Lawrence Berkeley National Laboratory Joint BioEnergy Institute Hemicellulose analysis of rice mutants and synthetic biology for phenylpropanoids アメリカ合衆国 2016/02/15〜2016/03/15
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Nunung Harijati Brawijaya University Department of Biology Biosynthesis of glucomannan in Amorphaphallus Indonesia 2011/10/01〜2012/01/30