Bjorn-Ole Kamm

最終更新日時: 2020/07/29 13:57:11

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
Björn-Ole Kamm/カム ビヨーンオーレ/Kamm, Bjorn-Ole
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/京都大学・ハイデルベルク大学国際連携文化越境専攻文化越境講座/講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学文学研究科 Kyoto University, Graduate School of Letters Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501
連絡先電話番号
種別 番号
職場 +81 75-753-2462
全学電子メールアドレス
kamm.bjornole.7e @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本漫画学会 Japan Society for Studies of Cartoons and Comics
アナログ・ゲーム・スタディーズ Analog Game Studies Japan (AGS)
日本シミュレーション&ゲーミング学会 Japan Association of Simulation and Gaming (JASAG)
日本デジタルゲーム学会 Digital Game Research Association (DiGRA) Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
European Association of Japanese Studies (EAJS) EU
German Association for Social Science Research on Japan (VSJF) ドイツ
German Association for Life-Action Roleplay (DLRV) ドイツ
International Simulation and Gaming Association (ISAGA) オランダ
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
M.A M.A. ライプチッヒ大学 Leipzig University
Ph.D. Ph.D. ハイデルベルク大学 Heidelberg University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
ライプチッヒ大学 Leipzig University 歴史・芸術・東洋学部日本学科/社会学哲学部コミュニケーション・メディア学科 Faculty of History, Arts, and Oriental Studies/Faculty of Social Sciences and Philosophy Japanology, Communication & Media Studies 修了
ハイデルベルク大学 Heidelberg University 哲学部日本学科博士課程日本文化研究 Faculty of Philosophy | Cluster "Asia and Europe" Japanology 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
ライプチヒ大学 Leipzig University 歴史・芸術・東洋学部/社会学哲学部 Faculty of History, Arts, and Oriental Studies/Faculty of Social Sciences and Philosophy 日本学科/コミュニケーション・メディア学科 Japanology, Communication & Media Studies 卒業
立命館大学 Ritsumeikan University 産業社会学部 College of Social Sciences メディア社会 Media & Society
プロフィール
(日本語)
研究関心でいうと、メディアの使用、公共的な言説、インターネット上のコミュニティ、ジェンダー論、それに社会的な包摂と排除の過程などへの関心である。前の研究は、ボイーズラブというジャンルのドイツと日本のユーザーの使用パターンについてであり、博士論文はアナログ・ロールプレイングゲームのトランスカルチュラル世界での交流に焦点に集めた。現在、ファンタジー・ロールプレイングの学習効果、ライブ・アクション・ロールプレイの方法について研究している。 その上、京都大学とハイデルベルク大学とのあいだで「文化越境研究」という共同学位プログラムの専属教員・コーディネーターである。 研究生への注記:受入教員になれません。アドミッション支援オフィス(AAO)に連絡してください。
(英語)
My previous work concerned the uses and gratifications of Japanese and German users of the so-called boys’ love genre and my doctoral dissertation focused on dynamics of inclusion and exclusion in networked communities of interest, the agency of stereotypes and of ‘cultural brokers’ within the transcultural sphere of roleplaying games. Currently, my research deals with learning effects of fantasy role-playing and its connection to psychodrama as well as live-action role-play as a method. I am also the coordinator of a new joint degree master program in Transcultural Studies with Heidelberg University. Note to Research Students (研究生): I cannot serve as your supervisor. Please go through the AAO for support and inquiries.
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
日本語 Japanese jpn
英語 English eng
ドイツ語 German deu
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-8585-9177
researchmap URL
https://researchmap.jp/bjorn-ole-kamm
研究テーマ
(日本語)
文化的管理論、サイバー・エスノグラフィー、ロールプレイング、日本のポピュラーメディアの利用と満足論
(英語)
Cultural Ordering, Cyber-Ethnography, Role-Playing, Uses & Gratifications of Japanese Popular Media
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
メディア利用論 Media Use
ポピュラー・メディア Popular Media
ロールプレイング・ゲーム(TRPG) Role-Playing Games (TRPG)
ライブ・アクション・ロールプレイング(LARP) Live Action Role-Play (larp)
文化伝達 Cultural Mediation
パフォーマティビティ Performativity
物質的記号学 Material Semiotics
サイバー人類学 Cyber-Ethnography
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm A Short History of Table-Talk and Live-Action Role-Playing in Japan: Replays and the Horror Genre as Drivers of Popularity A Short History of Table-Talk and Live-Action Role-Playing in Japan: Replays and the Horror Genre as Drivers of Popularity A Short History of Table-Talk and Live-Action Role-Playing in Japan: Replays and the Horror Genre as Drivers of Popularity Simulation & Gaming, 50, 5, 621-644 Simulation & Gaming, 50, 5, 621-644 Simulation & Gaming, 50, 5, 621-644 2019/10 研究論文(学術雑誌) 公開
Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole <理論論文>「Nordic Larp」入門 : 芸術・政治的な教育LARPの理論と実践 <理論論文>「Nordic Larp」入門 : 芸術・政治的な教育LARPの理論と実践 RPG学研究 RPG学研究 2019/09/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
カム, ビョーン=オーレ カム, ビョーン=オーレ カム, ビョーン=オーレ ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法:「ひきこもり」についての LARP を例に ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法:「ひきこもり」についての LARP を例に ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法:「ひきこもり」についての LARP を例に 作業科学研究, 13, 1, 32-44 作業科学研究, 13, 1, 32-44 作業科学研究, 13, 1, 32-44 2019 研究論文(学術雑誌) 公開
Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Adapting Live-Action Role-Play in Japan — How German Roots Do Not Destine Japanese Routes Adapting Live-Action Role-Play in Japan — How German Roots Do Not Destine Japanese Routes Adapting Live-Action Role-Play in Japan — How German Roots Do Not Destine Japanese Routes Replaying Japan, 1, 1, 64 Replaying Japan, 1, 1, 64 Replaying Japan, 1, 1, 64 2019 公開
Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm The End of Cool Japan: Ethical, Legal, and Cultural Challenges to Japanese Popular Culture ed. by Mark McLelland The End of Cool Japan: Ethical, Legal, and Cultural Challenges to Japanese Popular Culture ed. by Mark McLelland The End of Cool Japan: Ethical, Legal, and Cultural Challenges to Japanese Popular Culture ed. by Mark McLelland The Journal of Japanese Studies, 45, 1, 129 The Journal of Japanese Studies, 45, 1, 129 The Journal of Japanese Studies, 45, 1, 129 2019 英語 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm 芸術・政治的な教育ラープ(LARP)と“ブリード”:ライブ•アクション•ロールプレイという意識向上を目的とした体験型ゲーム 芸術・政治的な教育ラープ(LARP)と“ブリード”:ライブ•アクション•ロールプレイという意識向上を目的とした体験型ゲーム Artistic, Political Edu-Larp and "Bleed" (in Japanese) 社会システムゲーミング, 32-40 社会システムゲーミング, 32-40 Society-System Gaming, 32-40 2017 日本語 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm Translating Research into Larp – Village, Shelter, Comfort Translating Research into Larp – Village, Shelter, Comfort Translating Research into Larp – Village, Shelter, Comfort LARP: Silberhochzeit, 31-60 LARP: Silberhochzeit, 31-60 LARP: Silberhochzeit, 31-60 2017 英語 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” Mutual Images Journal, 2, 44-81 Mutual Images Journal, 2, 44-81 Mutual Images Journal, 2, 44-81 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
B. O. Kamm, J. Becker B. O. Kamm, J. Becker B. O. Kamm, J. Becker Live-Action Role-Play or the Performance of Realities Live-Action Role-Play or the Performance of Realities Live-Action Role-Play or the Performance of Realities SIMULATION AND GAMING IN THE NETWORK SOCIETY, 9, 35-51 SIMULATION AND GAMING IN THE NETWORK SOCIETY, 9, 35-51 SIMULATION AND GAMING IN THE NETWORK SOCIETY, 9, 35-51 2016 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm Cross-Gender Table-Talk-RPG auf Japanisch; oder, die beiläufigen Realitäten des Tischrollenspiels” [Cross-Gender Table-Talk-RPG in Japanese; or, the Collateral Realities of Table-Top Roleplaying] Cross-Gender Table-Talk-RPG auf Japanisch; oder, die beiläufigen Realitäten des Tischrollenspiels” [Cross-Gender Table-Talk-RPG in Japanese; or, the Collateral Realities of Table-Top Roleplaying] Cross-Gender Table-Talk-RPG auf Japanisch; oder, die beiläufigen Realitäten des Tischrollenspiels” [Cross-Gender Table-Talk-RPG in Japanese; or, the Collateral Realities of Table-Top Roleplaying] Japanische Populärkultur und Gender, 273-303 Japanische Populärkultur und Gender, 273-303 Japanische Populärkultur und Gender, 273-303 2016 ドイツ語 研究論文(その他学術会議資料等) 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm The Power of just 100 Yen: Larp in Japan The Power of just 100 Yen: Larp in Japan The Power of just 100 Yen: Larp in Japan LARP: Zeug - Aufsatzsammlung zum MittelPunkt 2015, 17-32 LARP: Zeug - Aufsatzsammlung zum MittelPunkt 2015, 17-32 LARP: Zeug - Aufsatzsammlung zum MittelPunkt 2015, 17-32 2015 英語 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm インターネット上の日本サブカルチャー研究の倫理論 インターネット上の日本サブカルチャー研究の倫理論 Ethics of Internet-based Research on Japanese Subcultures Social Innovation and Sustainability for the Future, 525-540 Social Innovation and Sustainability for the Future, 525-540 Social Innovation and Sustainability for the Future, 525-540 2013 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm 腐った使用パターン:ボーイズラブ研究に役立つ娯楽理論 腐った使用パターン:ボーイズラブ研究に役立つ娯楽理論 ’Rotten’ Use Patterns: What Entertainment Theories Can Do for the Study of Boys' Love Transformative Works and Cultures, 12 Transformative Works and Cultures, 12 Transformative Works and Cultures, 12 2013 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Vielfältig und Hybrid - Der Manga-Diskurs in Japan [Diverse and Hybrid - The Manga Discourse in Japan] Vielfältig und Hybrid - Der Manga-Diskurs in Japan [Diverse and Hybrid - The Manga Discourse in Japan] Vielfältig und Hybrid - Der Manga-Diskurs in Japan [Diverse and Hybrid - The Manga Discourse in Japan] JuLit, 1/12, 35-40 JuLit, 1/12, 35-40 JuLit, 1/12, 35-40 2012 ドイツ語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm 日本はなぜLARPがないか 日本はなぜLARPがないか Why Japan does not Larp Think larp. Academic Writings from KP2011, 52-69 Think larp. Academic Writings from KP2011, 52-69 Think larp. Academic Writings from KP2011, 52-69 2011 英語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Björn-Ole Kamm Medienkultivierung: Der Gay Boom im Japan der 1990er Jahre [Media Cultivation: Japan’s Gay Boom of the 90s] Medienkultivierung: Der Gay Boom im Japan der 1990er Jahre [Media Cultivation: Japan’s Gay Boom of the 90s] Medienkultivierung: Der Gay Boom im Japan der 1990er Jahre [Media Cultivation: Japan’s Gay Boom of the 90s] Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung, 32, 95-114 Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung, 32, 95-114 Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung, 32, 95-114 2008 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm 安心からの脱出 (Larp) 安心からの脱出 (Larp) Village, Shelter, Comfort (Larp) Knutepunkt 2017 Knutepunkt 2017 Knutepunkt 2017 2017/04 英語 公開
ビョーン=オーレ・カム, ユリア・ベッカー ビョーン=オーレ・カム, ユリア・ベッカー Björn-Ole Kamm, Julia Becker Staying Alive (Larp) Staying Alive (Larp) Staying Alive (Larp) Cultural Mediation: Creativity, Performance, Display Cultural Mediation: Creativity, Performance, Display Cultural Mediation: Creativity, Performance, Display 2014/10 英語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Replays and the Horror Genre as Driving the Popularity of Live-Action Role-Play in Japan Replays and the Horror Genre as Driving the Popularity of Live-Action Role-Play in Japan Replays and the Horror Genre as Driving the Popularity of Live-Action Role-Play in Japan Replaying Japan 2019 Conference Replaying Japan 2019 Conference Replaying Japan 2019 Conference 2019/08/11 英語 口頭発表(一般) 公開
Transcultural Learning and Live-Action Role-Play in Japan Transcultural Learning and Live-Action Role-Play in Japan Transcultural Learning and Live-Action Role-Play in Japan DiGRA 2019 DiGRA 2019 DiGRA 2019 2019/08/09 英語 口頭発表(一般) 公開
Asymmetric Flows of Analog Gaming between Japan and Germany[招待あり] Asymmetric Flows of Analog Gaming between Japan and Germany [招待あり] Asymmetric Flows of Analog Gaming between Japan and Germany [招待あり] 山岡財団若者文化シンポジウム 山岡財団若者文化シンポジウム Youth Culture Symposium. Yamaoka Memorial Foundation 2019/03/19 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法[招待あり] ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法 [招待あり] Live-Action Role-Play (Larp) as a Serious Gaming Tool for Awareness Raising [招待あり] 第22回作業科学セミナー 第22回作業科学セミナー 22nd Occupational Science Seminar 2018/12/12 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
インターネットが足りない:日本におけるライブ・アクション・ロールプレイのサイバー人類学的な研究 インターネットが足りない:日本におけるライブ・アクション・ロールプレイのサイバー人類学的な研究 The Internet is not enough: A cyber-ethnographic study on live-action role-play in Japan 第17回ドイツ語圏日本研究者学会 第17回ドイツ語圏日本研究者学会 17th German-language Japanese Studies Conference 2018/08/31 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
Live-Action Role-Play and Japan: How “German” Roots do not destine “Japanese” Routes Live-Action Role-Play and Japan: How “German” Roots do not destine “Japanese” Routes Live-Action Role-Play and Japan: How “German” Roots do not destine “Japanese” Routes 山岡財団若者文化シンポジウム 山岡財団若者文化シンポジウム Yamaoka Youth Culture Symposium 2018/03/18 ドイツ語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
文化越境研究の出発点と地平[招待あり] 文化越境研究の出発点と地平 [招待あり] History and Horizons of Transcultural Studies [招待あり] 文化越境のダイナミクス(以文会) 文化越境のダイナミクス(以文会) Rethinking Transcultural Dynamics (Ibunkai) 2017/12/09 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Experience Design for Understanding Social Withdrawal: Learning and Awareness-Raising through Live-Action Role-Play[招待あり] Experience Design for Understanding Social Withdrawal: Learning and Awareness-Raising through Live-Action Role-Play [招待あり] Experience Design for Understanding Social Withdrawal: Learning and Awareness-Raising through Live-Action Role-Play [招待あり] TEDx Kyoto University TEDx Kyoto University TEDx Kyoto University 2017/07/08 英語 口頭発表(一般) 公開
声のない他者と彼らのあり方との出会い:異世界の橋になる想像の現場研究 声のない他者と彼らのあり方との出会い:異世界の橋になる想像の現場研究 Encountering Silent Others and Their Ways of Being: Fieldwork at the Site where Fiction Bridges Worlds カルチュラル・タイフーン カルチュラル・タイフーン Cultural Typhoon 2017 2017/06/24 英語 口頭発表(一般) 公開
Educational and Therapeutic Role-Playing in Japan (Larp) Educational and Therapeutic Role-Playing in Japan (Larp) Educational and Therapeutic Role-Playing in Japan (Larp) Knutepunkt Knutepunkt Knutepunkt 2017/02/25 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
芸術?政治的な教育ラープ(LARP)の理論と実施[招待あり] 芸術?政治的な教育ラープ(LARP)の理論と実施 [招待あり] Theory and Practice of Artistic and Political Edu-Live-Action Role-Play [招待あり] 日文研 日文研 Nichibunken 2016/12/09 日本語 公開
ライブRPGを用いた引きこもり支援:日本文化学とメディア研究の立場から[招待あり] ライブRPGを用いた引きこもり支援:日本文化学とメディア研究の立場から [招待あり] Hikikomori-Support and Live-Action Role-Play: From the Perspective of Japanese and Media Studies [招待あり] 日本発達心理学会 日本発達心理学会 Japan Society of Developmental Psychology 2016/11/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
100円の力 ー 日本におけるラープ 100円の力 ー 日本におけるラープ The Power of 100 Yen — Larp in Japan 2nd EAJS in Japan Conference 2nd EAJS in Japan Conference 2nd EAJS in Japan Conference 2016/09/24 英語 公開
Larp & “Bleed:” Immersion and Learning in Fantastic Spaces Larp & “Bleed:” Immersion and Learning in Fantastic Spaces Larp & “Bleed:” Immersion and Learning in Fantastic Spaces Kyoto Manga Museum Kyoto Manga Museum Kyoto Manga Museum 2016/06/18 英語 公開
PAC Analysis – A Tool for Evaluating Larp Learning? PAC Analysis – A Tool for Evaluating Larp Learning? PAC Analysis – A Tool for Evaluating Larp Learning? Solmukohta Solmukohta Solmukohta 2016/03/11 英語 公開
Live-Action Roleplay; or the Performance of Realities Live-Action Roleplay; or the Performance of Realities Live-Action Roleplay; or the Performance of Realities ISAGA/JASAG 2015, Kyoto ISAGA/JASAG 2015, Kyoto ISAGA/JASAG 2015, Kyoto 2015/07/18 英語 公開
Conflicted Mediators: Nodes of (Non)Translation in Japanese-Language Cyberspace[招待あり] Conflicted Mediators: Nodes of (Non)Translation in Japanese-Language Cyberspace [招待あり] Conflicted Mediators: Nodes of (Non)Translation in Japanese-Language Cyberspace [招待あり] 4th HeKKSaGOn Presidents’ Meeting, Sendai 4th HeKKSaGOn Presidents’ Meeting, Sendai 4th HeKKSaGOn Presidents’ Meeting, Sendai 2015/04/17 英語 公開
Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” Brokers of “Japaneseness:” Bringing table-top J-RPGs to the “West” 3rd Mutual Images Workshop, Kobe 3rd Mutual Images Workshop, Kobe 3rd Mutual Images Workshop, Kobe 2015 英語 公開
Manga as a Medium[招待あり] Manga as a Medium [招待あり] Manga as a Medium [招待あり] Exhibition Manga-dō — The Way of Manga, Munich Exhibition Manga-dō — The Way of Manga, Munich Exhibition Manga-dō — The Way of Manga, Munich 2014 英語 公開
Making-up the Otaku[招待あり] Making-up the Otaku [招待あり] Making-up the Otaku [招待あり] GCOE The Intimate and the Public Spheres, Kyoto GCOE The Intimate and the Public Spheres, Kyoto GCOE The Intimate and the Public Spheres, Kyoto 2013 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm 日本のロールプレイング・ゲーム:文化越境のダイナミックと秩序 日本のロールプレイング・ゲーム:文化越境のダイナミックと秩序 Role-Playing Games of Japan: Transcultural Dynamics and Orderings Palgrave Macmillan Palgrave Macmillan Palgrave Macmillan 2020 単著 公開
パトリック・ガルブレース, カム・ティアム・フアト, ビョーン=オーレ・カム パトリック・ガルブレース, カム・ティアム・フアト, ビョーン=オーレ・カム Patrick W. Galbraith, Thiam Huat Kam, Björn-Ole Kamm 現代日本のオタク論-歴史的視点と新たな視野 現代日本のオタク論-歴史的視点と新たな視野 Debating Otaku in Contemporary Japan – Historical Perspectives and New Horizons Bloomsbury Academic Bloomsbury Academic Bloomsbury Academic 2015/05 英語 共編者 公開
ビョーン=オーレ・カム ビョーン=オーレ・カム Björn-Ole Kamm Nutzen und Gratifikationen bei Boys' Love Manga - Fujoshi oder Verdorbene Mädchen in Japan und Deutschland [Uses and Gratifications of Boys‘ Love Manga] Nutzen und Gratifikationen bei Boys' Love Manga - Fujoshi oder Verdorbene Mädchen in Japan und Deutschland [Uses and Gratifications of Boys‘ Love Manga] Nutzen und Gratifikationen bei Boys' Love Manga - Fujoshi oder Verdorbene Mädchen in Japan und Deutschland [Uses and Gratifications of Boys‘ Love Manga] Kovac Kovac Kovac 2010 ドイツ語 単著 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 疑似共在性を用いての文化越境的学習:自分と違う文化と生活世界の実際体験方法 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
山岡財団 Björn-Ole Kamm アナンログ・ゲーミングの日独間の非対称流れ Asymmetric Flows of Analog Gaming between Japan and Germany 2018/04/01〜2019/01/31
科学技術融合振興財団(FOST) Björn-Ole Kamm ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)の学習効果分析:シリアス・ ゲームによる意識向上を目的とした「ひきこもり」体験を例に Analysis of Larp Learning Effects: A “Social Withdrawal” Experience in the Form on an Awareness Raising Serious Game 2016/04/01〜2018/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
Japan at Play Japan at Play 後期 文学研究科 2015/04/01〜2016/03/31
Japan at Play Japan at Play 後期 文学部 2015/04/01〜2016/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学研究科 2015/04/01〜2016/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学部 2015/04/01〜2016/03/31
Debating Otaku in Contemporary Japan Debating Otaku in Contemporary Japan 前期 文学研究科 2016/04/01〜2017/03/31
Debating Otaku in Contemporary Japan Debating Otaku in Contemporary Japan 前期 文学部 2016/04/01〜2017/03/31
Intro to Transcultural Studies Intro to Transcultural Studies 前期 文学研究科 2016/04/01〜2017/03/31
Intro to Transcultural Studies Intro to Transcultural Studies 前期 文学部 2016/04/01〜2017/03/31
Japan at Play Japan at Play 後期 文学研究科 2016/04/01〜2017/03/31
Japan at Play Japan at Play 後期 文学部 2016/04/01〜2017/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学研究科 2016/04/01〜2017/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学部 2016/04/01〜2017/03/31
Debating Otaku in Contemporary Japan Debating Otaku in Contemporary Japan 前期 文学研究科 2017/04/01〜2018/03/31
Debating Otaku in Contemporary Japan Debating Otaku in Contemporary Japan 前期 文学部 2017/04/01〜2018/03/31
Introduction to Transcultural Studies (lecture series) Introduction to Transcultural Studies (lecture series) 前期 文学研究科 2017/04/01〜2018/03/31
Introduction to Transcultural Studies (lecture series) Introduction to Transcultural Studies (lecture series) 前期 文学部 2017/04/01〜2018/03/31
Introduction to Transcultural Studies (tutorium) Introduction to Transcultural Studies (tutorium) 前期 文学研究科 2017/04/01〜2018/03/31
Introduction to Transcultural Studies (tutorium) Introduction to Transcultural Studies (tutorium) 前期 文学部 2017/04/01〜2018/03/31
Japan at Play Japan at Play 後期 文学研究科 2017/04/01〜2018/03/31
Japan at Play Japan at Play 後期 文学部 2017/04/01〜2018/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学研究科 2017/04/01〜2018/03/31
Japanese Contemporary Popular Culture Japanese Contemporary Popular Culture 後期 文学部 2017/04/01〜2018/03/31
Introduction-Introductory seminar (VMC) Introduction-Introductory seminar (VMC) 前期 文学研究科 2018/04〜2019/03
Introduction-Transcultural Studies (Lecture) Introduction-Transcultural Studies (Lecture) 前期 文学研究科 2018/04〜2019/03
Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) 前期 文学研究科 2018/04〜2019/03
Master's Thesis Master's Thesis 前期集中 文学研究科 2018/04〜2019/03
Master's Thesis Master's Thesis 後期集中 文学研究科 2018/04〜2019/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
Research 2-Research internship Research 2-Research internship 後期不定 文学研究科 2018/04〜2019/03
Research 3&MA Thesis-Research Colloquium Research 3&MA Thesis-Research Colloquium 後期不定 文学研究科 2018/04〜2019/03
Heidelberg-Strasbourg Student Workshop Heidelberg-Strasbourg Student Workshop 後期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Introduction-Introductory seminar (VMC) Introduction-Introductory seminar (VMC) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
Introduction-Transcultural Studies (Lecture) Introduction-Transcultural Studies (Lecture) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
Master's Thesis Master's Thesis 前期集中 文学研究科 2019/04〜2020/03
Master's Thesis Master's Thesis 後期集中 文学研究科 2019/04〜2020/03
Oral Master Examination - Oral Examination Oral Master Examination - Oral Examination 前期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Oral Master Examination - Oral Examination Oral Master Examination - Oral Examination 後期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学研究科 2019/04〜2020/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学部 2019/04〜2020/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) 後期 文学研究科 2019/04〜2020/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) 後期 文学部 2019/04〜2020/03
Research 2-Research internship Research 2-Research internship 後期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Research 3&MA Thesis-Research Colloquium Research 3&MA Thesis-Research Colloquium 前期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Research 3&MA Thesis-Research Colloquium Research 3&MA Thesis-Research Colloquium 後期不定 文学研究科 2019/04〜2020/03
Heidelberg-Strasbourg Student Workshop Heidelberg-Strasbourg Student Workshop 後期不定 文学研究科 2020/04〜2021/03
Introduction-Introductory seminar (VMC) Introduction-Introductory seminar (VMC) 前期 文学研究科 2020/04〜2021/03
Introduction-Introductory seminar (VMC) Introduction-Introductory seminar (VMC) 前期 文学部 2020/04〜2021/03
Introduction-Transcultural Studies (Lecture) Introduction-Transcultural Studies (Lecture) 前期 文学研究科 2020/04〜2021/03
Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) Introduction-Transcultural Studies (Tutorium) 前期 文学研究科 2020/04〜2021/03
Master's Thesis Master's Thesis 前期集中 文学研究科 2020/04〜2021/03
Master's Thesis Master's Thesis 後期集中 文学研究科 2020/04〜2021/03
Oral Master Examination - Oral Examination Oral Master Examination - Oral Examination 前期不定 文学研究科 2020/04〜2021/03
Oral Master Examination - Oral Examination Oral Master Examination - Oral Examination 後期不定 文学研究科 2020/04〜2021/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) Research 1~3-Seminar (KBR/SEG)(Lecture) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquim) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) Research 1~3-Seminar (SEG/VMC)(Colloquium) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
Research 3&MA Thesis-Research Colloquium Research 3&MA Thesis-Research Colloquium 前期不定 文学研究科 2020/04〜2021/03
Research 3&MA Thesis-Research Colloquium Research 3&MA Thesis-Research Colloquium 後期不定 文学研究科 2020/04〜2021/03

  • <<
  • >>
  • 表示
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
京都大学RPG研究会 Kyoto University RPG Club 2017/05/01〜
部局運営(役職等)
役職名 期間
国際交流委員会 2019/04/01〜2021/03/31
共同学位プログラム運営委員会委員 2017/10/01〜
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
ドイツ・ライブ・アクション・ロールプレイ同盟 German Association for Life-Action Roleplay (DLRV) 研究会幹事長 Research Working Group Executive 2012/03/15〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本RPG学研究会 Japanese Association for Role-Playing Game Studies RPG学研究(JARPS) Japanese Journal of Analog Role-Playing Game Studie 編集者 2019/04/01〜
その他活動:その他
活動名 内容 期間
Village, Shelter, Comfort Larp (安心からの脱出) 理解啓発のための教育ライブ・アクション・ロールプレイ 2016/10/01〜