松尾 英将

最終更新日時: 2019/06/23 12:17:31

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
松尾 英将/マツオ ヒデマサ/Matuo, Hidemasa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/人間健康科学系専攻医療検査展開学講座/助教
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-3938
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本臨床衛生検査技師会 Japanese Association of Medical Technologists
日本血液学会 Japanese Society of Hematology
日本超音波医学会 Japan Society of Ultrasonics in Medicine
日本癌学会 Japanese Cancer Association
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(人間健康科学) 京都大学
博士(人間健康科学) 京都大学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部保健学科検査技術科学専攻 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
京都教育大学附属高等学校
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2013/04/01〜2013/07/31 京都大学医学部附属病院検査部 特定臨床検査技師
2013/08/01〜2018/03/31 京都大学医学部附属病院検査部 臨床検査技師
2018/04/01〜 京都大学大学院医学系研究科人間健康科学系専攻 助教
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-7578-006X
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023069
研究テーマ
(日本語)
①急性骨髄性白血病の新規検査法及び治療法の開発 ②超音波を用いた関節リウマチとその合併症の病態評価法の確立
(英語)
1. Investigation of novel examinations and treatment strategies for acute myeloid leukemia. 2. Establishment of the assessment method for rheumatoid arthritis and coexisting diseases using ultrasound.
研究概要
(日本語)
臨床検体のゲノム解析及び細胞株やマウスモデルを用いた機能解析により、急性骨髄性白血病の新規検査法及び治療法の開発を行っている。 また、超音波検査士としての経験を生かして、超音波を用いた関節リウマチとその合併症の病態評価法の確立を行っている。 いずれの研究も、京都大学医学部附属病院の各部門・診療科(検査部、小児科、血液内科、リウマチセンター、呼吸器内科、放射線診断科など)との連携により進めている。
(英語)
I am investigating novel examinations and treatment strategies for acute myeloid leukemia, by genomic analysis of clinical samples and functional analysis using cell lines and mouse models. As a certified sonographer, I am also studying to establish improved assessment methods for rheumatoid arthritis and coexisting diseases using ultrasound. Both studies are proceeding through collaboration with each department of Kyoto University Hospital (Department of Laboratory Medicine, Pediatrics, Hematology, Rheumatoid Arthritis Center, Respiratory Medicine, Diagnostic Imaging and Nuclear Medicine, etc.).
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
臨床検査 Clinical examination
血液腫瘍 Hematological malignancies
ゲノム解析 Genomic analysis
予後因子 Prognostic factors
医用超音波 Medical ultrasound
関節リウマチ Rheumatoid arthritis
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Iijima-Yamashita Y*, Matsuo H*, Yamada M, Deguchi T, Kiyokawa N, Shimada A, Tawa A, Takahashi H, Tomizawa D, Taga T, Kinoshita A, Adachi S, Horibe K *equal contribution. Iijima-Yamashita Y*, Matsuo H*, Yamada M, Deguchi T, Kiyokawa N, Shimada A, Tawa A, Takahashi H, Tomizawa D, Taga T, Kinoshita A, Adachi S, Horibe K *equal contribution. Iijima-Yamashita Y*, Matsuo H*, Yamada M, Deguchi T, Kiyokawa N, Shimada A, Tawa A, Takahashi H, Tomizawa D, Taga T, Kinoshita A, Adachi S, Horibe K *equal contribution. Multiplex fusion gene testing in pediatric acute myeloid leukemia. Multiplex fusion gene testing in pediatric acute myeloid leukemia. Multiplex fusion gene testing in pediatric acute myeloid leukemia. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):47-51. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):47-51. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):47-51. 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Handa T, Tsuchiya M, Kubo T, Yoshizawa A, Nakayama Y, Shiga S, Hitomi T, Adachi S, Date H, Hirai T, Ichiyama S Matsuo H, Handa T, Tsuchiya M, Kubo T, Yoshizawa A, Nakayama Y, Shiga S, Hitomi T, Adachi S, Date H, Hirai T, Ichiyama S Matsuo H, Handa T, Tsuchiya M, Kubo T, Yoshizawa A, Nakayama Y, Shiga S, Hitomi T, Adachi S, Date H, Hirai T, Ichiyama S Progressive Restrictive Ventilatory Impairment in Idiopathic Diffuse Pulmonary Ossification. Progressive Restrictive Ventilatory Impairment in Idiopathic Diffuse Pulmonary Ossification. Progressive Restrictive Ventilatory Impairment in Idiopathic Diffuse Pulmonary Ossification. Intern Med. 2018 Jun 1;57(11):1631-1636. Intern Med. 2018 Jun 1;57(11):1631-1636. Intern Med. 2018 Jun 1;57(11):1631-1636. 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Iijima-Yamashita Y, Yamada M, Deguchi T, Kiyokawa N, Shimada A, Tawa A, Tomizawa D, Taga T, Kinoshita A, Adachi S, Horibe K Matsuo H, Iijima-Yamashita Y, Yamada M, Deguchi T, Kiyokawa N, Shimada A, Tawa A, Tomizawa D, Taga T, Kinoshita A, Adachi S, Horibe K Monitoring of fusion gene transcripts to predict relapses in pediatric acute myeloid leukemia. Monitoring of fusion gene transcripts to predict relapses in pediatric acute myeloid leukemia. Monitoring of fusion gene transcripts to predict relapses in pediatric acute myeloid leukemia. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):41-46. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):41-46. Pediatr Int. 2018 Jan;60(1):41-46. 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Yoshida K, Fukumura K, Nakatani K, Noguchi Y, Takasaki S, Noura M, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Okada A, Nannya Y, Takeda J, Ueno H, Shiba N, Yamato G, Handa H, Ono Y, Hiramoto N, Ishikawa T, Usuki K, Ishiyama K, Miyawaki S, Itonaga H, Miyazaki Y, Kawamura M, Yamaguchi H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Taga T, Tawa A, Hayashi Y, Mano H, Miyano S, Kamikubo Y, Ogawa S, Adachi S. Matsuo H, Yoshida K, Fukumura K, Nakatani K, Noguchi Y, Takasaki S, Noura M, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Okada A, Nannya Y, Takeda J, Ueno H, Shiba N, Yamato G, Handa H, Ono Y, Hiramoto N, Ishikawa T, Usuki K, Ishiyama K, Miyawaki S, Itonaga H, Miyazaki Y, Kawamura M, Yamaguchi H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Taga T, Tawa A, Hayashi Y, Mano H, Miyano S, Kamikubo Y, Ogawa S, Adachi S. Matsuo H, Yoshida K, Fukumura K, Nakatani K, Noguchi Y, Takasaki S, Noura M, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Okada A, Nannya Y, Takeda J, Ueno H, Shiba N, Yamato G, Handa H, Ono Y, Hiramoto N, Ishikawa T, Usuki K, Ishiyama K, Miyawaki S, Itonaga H, Miyazaki Y, Kawamura M, Yamaguchi H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Taga T, Tawa A, Hayashi Y, Mano H, Miyano S, Kamikubo Y, Ogawa S, Adachi S. Recurrent CCND3 mutations in MLL-rearranged acute myeloid leukemia. Recurrent CCND3 mutations in MLL-rearranged acute myeloid leukemia. Recurrent CCND3 mutations in MLL-rearranged acute myeloid leukemia. Blood Adv. 2018 Nov 13;2(21):2879-2889. Blood Adv. 2018 Nov 13;2(21):2879-2889. Blood Adv. 2018 Nov 13;2(21):2879-2889. 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Morita K, Noura M, Tokushige C, Maeda S, Kiyose H, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Bando T, Yoshida K, Ozaki T, Matsuo H, Ogawa S, Liu PP, Nakahata T, Kamikubo Y Morita K, Noura M, Tokushige C, Maeda S, Kiyose H, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Bando T, Yoshida K, Ozaki T, Matsuo H, Ogawa S, Liu PP, Nakahata T, Kamikubo Y Morita K, Noura M, Tokushige C, Maeda S, Kiyose H, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Bando T, Yoshida K, Ozaki T, Matsuo H, Ogawa S, Liu PP, Nakahata T, Kamikubo Y Autonomous feedback loop of RUNX1-p53-CBFB in acute myeloid leukemia cells. Autonomous feedback loop of RUNX1-p53-CBFB in acute myeloid leukemia cells. Autonomous feedback loop of RUNX1-p53-CBFB in acute myeloid leukemia cells. Sci Rep. 2017 Nov 30;7(1):16604. Sci Rep. 2017 Nov 30;7(1):16604. Sci Rep. 2017 Nov 30;7(1):16604. 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Nakayama H, Tomizawa D, Tanaka S, Iwamoto S, Shimada A, Saito AM, Yamashita Y, Moritake H, Terui K, Taga T, Matsuo H, Kosaka Y, Koh K, Hosoi H, Kurosawa H, Isoyama K, Horibe K, Mizutani S, Adachi S Nakayama H, Tomizawa D, Tanaka S, Iwamoto S, Shimada A, Saito AM, Yamashita Y, Moritake H, Terui K, Taga T, Matsuo H, Kosaka Y, Koh K, Hosoi H, Kurosawa H, Isoyama K, Horibe K, Mizutani S, Adachi S Fludarabine, cytarabine, G-CSF and idarubicin for children with relapsed AML. Fludarabine, cytarabine, G-CSF and idarubicin for children with relapsed AML. Fludarabine, cytarabine, G-CSF and idarubicin for children with relapsed AML. Pediatr Int. 2017 Oct;59(10):1046-1052. Pediatr Int. 2017 Oct;59(10):1046-1052. Pediatr Int. 2017 Oct;59(10):1046-1052. 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Morita K, Suzuki K, Maeda S, Matsuo A, Mitsuda Y, Tokushige C, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Maeda R, Noura M, Hirata M, Kataoka T, Yano A, Yamada Y, Kiyose H, Tokumasu M, Matsuo H, Tanaka S, Okuno Y, Muto M, Naka K, Ito K, Kitamura T, Kaneda Y, Liu PP, Bando T, Adachi S, Sugiyama H, Kamikubo Y Morita K, Suzuki K, Maeda S, Matsuo A, Mitsuda Y, Tokushige C, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Maeda R, Noura M, Hirata M, Kataoka T, Yano A, Yamada Y, Kiyose H, Tokumasu M, Matsuo H, Tanaka S, Okuno Y, Muto M, Naka K, Ito K, Kitamura T, Kaneda Y, Liu PP, Bando T, Adachi S, Sugiyama H, Kamikubo Y Morita K, Suzuki K, Maeda S, Matsuo A, Mitsuda Y, Tokushige C, Kashiwazaki G, Taniguchi J, Maeda R, Noura M, Hirata M, Kataoka T, Yano A, Yamada Y, Kiyose H, Tokumasu M, Matsuo H, Tanaka S, Okuno Y, Muto M, Naka K, Ito K, Kitamura T, Kaneda Y, Liu PP, Bando T, Adachi S, Sugiyama H, Kamikubo Y Genetic regulation of the RUNX transcription factor family has antitumor effects. Genetic regulation of the RUNX transcription factor family has antitumor effects. Genetic regulation of the RUNX transcription factor family has antitumor effects. J Clin Invest. 2017 Jun 30;127(7):2815-2828. J Clin Invest. 2017 Jun 30;127(7):2815-2828. J Clin Invest. 2017 Jun 30;127(7):2815-2828. 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Shiga S, Imai T, Kamikubo Y, Toki T, Terui K, Ito E, Adachi S Matsuo H, Shiga S, Imai T, Kamikubo Y, Toki T, Terui K, Ito E, Adachi S Matsuo H, Shiga S, Imai T, Kamikubo Y, Toki T, Terui K, Ito E, Adachi S Purification of leukemic blast cells from blood smears using laser microdissection. Purification of leukemic blast cells from blood smears using laser microdissection. Purification of leukemic blast cells from blood smears using laser microdissection. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):55-59. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):55-59. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):55-59. 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Nakamura N, Tomizawa D, Saito AM, Kiyokawa N, Horibe K, Nishinaka-Arai Y, Tokumasu M, Itoh H, Kamikubo Y, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S Matsuo H, Nakamura N, Tomizawa D, Saito AM, Kiyokawa N, Horibe K, Nishinaka-Arai Y, Tokumasu M, Itoh H, Kamikubo Y, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S Matsuo H, Nakamura N, Tomizawa D, Saito AM, Kiyokawa N, Horibe K, Nishinaka-Arai Y, Tokumasu M, Itoh H, Kamikubo Y, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S CXCR4 Overexpression is a Poor Prognostic Factor in Pediatric Acute Myeloid Leukemia With Low Risk: A Report From the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. CXCR4 Overexpression is a Poor Prognostic Factor in Pediatric Acute Myeloid Leukemia With Low Risk: A Report From the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. CXCR4 Overexpression is a Poor Prognostic Factor in Pediatric Acute Myeloid Leukemia With Low Risk: A Report From the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Pediatr Blood Cancer. 2016 Aug;63(8):1394-9. Pediatr Blood Cancer. 2016 Aug;63(8):1394-9. Pediatr Blood Cancer. 2016 Aug;63(8):1394-9. 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Itoh H, Kitamura N, Kamikubo Y, Higuchi T, Shiga S, Ichiyama S, Kondo T, Takaori-Kondo A, Adachi S Matsuo H, Itoh H, Kitamura N, Kamikubo Y, Higuchi T, Shiga S, Ichiyama S, Kondo T, Takaori-Kondo A, Adachi S Matsuo H, Itoh H, Kitamura N, Kamikubo Y, Higuchi T, Shiga S, Ichiyama S, Kondo T, Takaori-Kondo A, Adachi S Intravenous immunoglobulin enhances the killing activity and autophagy of neutrophils isolated from immunocompromised patients against multidrug-resistant bacteria. Intravenous immunoglobulin enhances the killing activity and autophagy of neutrophils isolated from immunocompromised patients against multidrug-resistant bacteria. Intravenous immunoglobulin enhances the killing activity and autophagy of neutrophils isolated from immunocompromised patients against multidrug-resistant bacteria. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Aug 14;464(1):94-9. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Aug 14;464(1):94-9. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Aug 14;464(1):94-9. 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Itoh H*, Matsuo H*, Kitamura N, Yamamoto S, Higuchi T, Takematsu H, Kamikubo Y, Kondo T, Yamashita K, Sasada M, Takaori-Kondo A, Adachi S *equal contribution. Itoh H*, Matsuo H*, Kitamura N, Yamamoto S, Higuchi T, Takematsu H, Kamikubo Y, Kondo T, Yamashita K, Sasada M, Takaori-Kondo A, Adachi S *equal contribution. Itoh H*, Matsuo H*, Kitamura N, Yamamoto S, Higuchi T, Takematsu H, Kamikubo Y, Kondo T, Yamashita K, Sasada M, Takaori-Kondo A, Adachi S *equal contribution. Enhancement of neutrophil autophagy by an IVIG preparation against multidrug-resistant bacteria as well as drug-sensitive strains. Enhancement of neutrophil autophagy by an IVIG preparation against multidrug-resistant bacteria as well as drug-sensitive strains. Enhancement of neutrophil autophagy by an IVIG preparation against multidrug-resistant bacteria as well as drug-sensitive strains. J Leukoc Biol. 2015 Jul;98(1):107-17. J Leukoc Biol. 2015 Jul;98(1):107-17. J Leukoc Biol. 2015 Jul;98(1):107-17. 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Goyama S, Kamikubo Y, Adachi S Matsuo H, Goyama S, Kamikubo Y, Adachi S Matsuo H, Goyama S, Kamikubo Y, Adachi S The subtype-specific features of EVI1 and PRDM16 in acute myeloid leukemia. The subtype-specific features of EVI1 and PRDM16 in acute myeloid leukemia. The subtype-specific features of EVI1 and PRDM16 in acute myeloid leukemia. Haematologica. 2015 Mar;100(3):e116-7. Haematologica. 2015 Mar;100(3):e116-7. Haematologica. 2015 Mar;100(3):e116-7. 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Shiba N, Ohki K, Hayashi Y, Yamashita Y, Adachi S Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Shiba N, Ohki K, Hayashi Y, Yamashita Y, Adachi S Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Shiba N, Ohki K, Hayashi Y, Yamashita Y, Adachi S EVI1 overexpression is a poor prognostic factor in pediatric patients with mixed lineage leukemia-AF9 rearranged acute myeloid leukemia. EVI1 overexpression is a poor prognostic factor in pediatric patients with mixed lineage leukemia-AF9 rearranged acute myeloid leukemia. EVI1 overexpression is a poor prognostic factor in pediatric patients with mixed lineage leukemia-AF9 rearranged acute myeloid leukemia. Haematologica. 2014 Nov;99(11):e225-7. Haematologica. 2014 Nov;99(11):e225-7. Haematologica. 2014 Nov;99(11):e225-7. 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kinoshita A, Miyachi H, Matsushita H, Yabe M, Taki T, Watanabe T, Saito AM, Tomizawa D, Taga T, Takahashi H, Matsuo H, Kodama K, Ohki K, Hayashi Y, Tawa A, Horibe K, Adachi S Kinoshita A, Miyachi H, Matsushita H, Yabe M, Taki T, Watanabe T, Saito AM, Tomizawa D, Taga T, Takahashi H, Matsuo H, Kodama K, Ohki K, Hayashi Y, Tawa A, Horibe K, Adachi S Kinoshita A, Miyachi H, Matsushita H, Yabe M, Taki T, Watanabe T, Saito AM, Tomizawa D, Taga T, Takahashi H, Matsuo H, Kodama K, Ohki K, Hayashi Y, Tawa A, Horibe K, Adachi S Acute myeloid leukaemia with myelodysplastic features in children: a report of Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group. Acute myeloid leukaemia with myelodysplastic features in children: a report of Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group. Acute myeloid leukaemia with myelodysplastic features in children: a report of Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group. Br J Haematol. 2014 Oct;167(1):80-6. Br J Haematol. 2014 Oct;167(1):80-6. Br J Haematol. 2014 Oct;167(1):80-6. 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S Prognostic implications of CEBPA mutations in pediatric acute myeloid leukemia: a report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Prognostic implications of CEBPA mutations in pediatric acute myeloid leukemia: a report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Prognostic implications of CEBPA mutations in pediatric acute myeloid leukemia: a report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Blood Cancer J. 2014 Jul 11;4:e226. Blood Cancer J. 2014 Jul 11;4:e226. Blood Cancer J. 2014 Jul 11;4:e226. 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
松尾 英将 松尾 英将 Introduce My Article Introduce My Article 臨床血液, 60, 3, 256 臨床血液, 60, 3, 256 , 60, 3, 256 2019 日本語 総説・解説(学術雑誌) 公開
松尾 英将、足立 壯一 松尾 英将、足立 壯一 小児急性骨髄性白血病の分子的理解と臨床応用 小児急性骨髄性白血病の分子的理解と臨床応用 血液フロンティア (医薬ジャーナル社), 26, 11, 1513-1521 血液フロンティア (医薬ジャーナル社), 26, 11, 1513-1521 , 26, 11, 1513-1521 2016 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将 松尾 英将 「遺伝子分析科学認定士制度」第5回一級認定試験を受験・合格して 「遺伝子分析科学認定士制度」第5回一級認定試験を受験・合格して 日本臨床検査同学院通信, 41, 201 日本臨床検査同学院通信, 41, 201 , 41, 201 2016 日本語 その他記事 公開
大﨑 博之、菊地 良介、松尾 英将、岡田 光貴、井垣 歩、坂本 秀生 大﨑 博之、菊地 良介、松尾 英将、岡田 光貴、井垣 歩、坂本 秀生 Special Report 第32回世界医学検査学会 国際学生フォーラム Special Report 第32回世界医学検査学会 国際学生フォーラム Medical Technology (医歯薬出版), 44, 12, 1332-1333 Medical Technology (医歯薬出版), 44, 12, 1332-1333 , 44, 12, 1332-1333 2016 日本語 会議報告等 公開
松尾 英将 松尾 英将 国際学会に行こう!「はじめてで不安」「英語に自信がない」というあなたのために 第4回 発表をしよう!<当日編> 国際学会に行こう!「はじめてで不安」「英語に自信がない」というあなたのために 第4回 発表をしよう!<当日編> Medical Technology (医歯薬出版), 44, 2, 203-208 Medical Technology (医歯薬出版), 44, 2, 203-208 , 44, 2, 203-208 2016 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将 松尾 英将 国際学会に行こう!「はじめてで不安」「英語に自信がない」というあなたのために 第3回 発表をしよう!<準備編> 国際学会に行こう!「はじめてで不安」「英語に自信がない」というあなたのために 第3回 発表をしよう!<準備編> Medical Technology (医歯薬出版), 44, 1, 99-103 Medical Technology (医歯薬出版), 44, 1, 99-103 , 44, 1, 99-103 2016 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将、坂本 秀生 松尾 英将、坂本 秀生 今知りたい 臨床検査技師の国際資格制度:ASCP International Certification―最新情報から受験体験記まで― 今知りたい 臨床検査技師の国際資格制度:ASCP International Certification―最新情報から受験体験記まで― Medical Technology (医歯薬出版), 43, 4, 407-415 Medical Technology (医歯薬出版), 43, 4, 407-415 , 43, 4, 407-415 2015 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将、足立 壯一 松尾 英将、足立 壯一 造血器腫瘍の発症、治療におけるオートファジーの意義 造血器腫瘍の発症、治療におけるオートファジーの意義 血液内科 (科学評論社), 71, 6, 748-754 血液内科 (科学評論社), 71, 6, 748-754 , 71, 6, 748-754 2015 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将 松尾 英将 アメリカ臨床検査技師の国際資格International Medical Technologist, MT(ASCPi)取得に挑戦して アメリカ臨床検査技師の国際資格International Medical Technologist, MT(ASCPi)取得に挑戦して 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻紀要 : 健康科学 : health science, 9, 52-54 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻紀要 : 健康科学 : health science, 9, 52-54 , 9, 52-54 2014 日本語 総説・解説(大学・研究機関紀要) 公開
松尾 英将 松尾 英将 人間健康科学を学んで 人間健康科学を学んで 京都大学大学案内「知と自由への誘い 2014」, 53 京都大学大学案内「知と自由への誘い 2014」, 53 , 53 2014 日本語 その他記事 公開
松尾 英将 松尾 英将 米国臨床検査技師の国際資格:International Medical Technologist, MT(ASCPi)を取得して 米国臨床検査技師の国際資格:International Medical Technologist, MT(ASCPi)を取得して THE MEDICAL & TEST JOURNAL (じほう), 1242, 5 THE MEDICAL & TEST JOURNAL (じほう), 1242, 5 , 1242, 5 2013 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
松尾 英将、足立 壯一 松尾 英将、足立 壯一 DISCアポトーシス複合体によるネクローシス抑制 DISCアポトーシス複合体によるネクローシス抑制 血液内科 (科学評論社), 64, 6, 767-774 血液内科 (科学評論社), 64, 6, 767-774 , 64, 6, 767-774 2012 日本語 総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
ddPCRを用いた小児APLの微小残存病変の解析:AML-P17付随研究 ddPCRを用いた小児APLの微小残存病変の解析:AML-P17付随研究 2019年度第1回JCCG血液腫瘍分科会(JPLSG)全体会議・合同班会議 2019年度第1回JCCG血液腫瘍分科会(JPLSG)全体会議・合同班会議 2019/06 公開
関節リウマチ患者の再燃予測に有用な関節エコー検査部位の探索 関節リウマチ患者の再燃予測に有用な関節エコー検査部位の探索 第92回日本超音波医学会学術集会 第92回日本超音波医学会学術集会 2019/05 公開
Comprehensive Analysis of 343 Genes Using Targeted Sequencing Panel By Next-Generation Sequencer in 77 Pediatric AML Patients with Normal and Complex Karyotypes: Jccg Study, JPLSG AML-05. Comprehensive Analysis of 343 Genes Using Targeted Sequencing Panel By Next-Generation Sequencer in 77 Pediatric AML Patients with Normal and Complex Karyotypes: Jccg Study, JPLSG AML-05. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018/12 公開
Recurrent genomic aberrations of D-type cyclins are therapeutic targets of CDK4/6 inhibitors in t(8;21) and MLL-rearranged acute myeloid leukemia. Recurrent genomic aberrations of D-type cyclins are therapeutic targets of CDK4/6 inhibitors in t(8;21) and MLL-rearranged acute myeloid leukemia. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018/12 公開
Identification of recurrent CCND3 mutations in MLL-rearranged acute myeloid leukemia. Identification of recurrent CCND3 mutations in MLL-rearranged acute myeloid leukemia. 第80回日本血液学会学術集会 第80回日本血液学会学術集会 2018/10 公開
The detection of minor clones with somatic KIT D816V mutations in pediatric de novo AML The detection of minor clones with somatic KIT D816V mutations in pediatric de novo AML 第80回日本血液学会学術集会 第80回日本血液学会学術集会 2018/10 公開
Landscape and prognostic significance of coexisting mutations in pediatric MLL-rearranged AML. Landscape and prognostic significance of coexisting mutations in pediatric MLL-rearranged AML. The 33rd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) The 33rd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) 2018/09 公開
小児AMLにおけるG-CSFR isoform IV発現解析 小児AMLにおけるG-CSFR isoform IV発現解析 第13 回京都地区小児血液腫瘍研究会 第13 回京都地区小児血液腫瘍研究会 2018/07 公開
Cell-autonomous feedback loop of RUNX1-p53-CBFB in acute myeloid leukemia cells Cell-autonomous feedback loop of RUNX1-p53-CBFB in acute myeloid leukemia cells 59th ASH Annual Meeting & Exposition 59th ASH Annual Meeting & Exposition 2017/12 公開
RUNX cluster regulation by GENE SWITCH triggers a profound tumor regression of diverse origins RUNX cluster regulation by GENE SWITCH triggers a profound tumor regression of diverse origins 第79回日本血液学会学術集会 第79回日本血液学会学術集会 2017/10 公開
特発性びまん性肺骨形成の1例 特発性びまん性肺骨形成の1例 平成29年度NPO夏季学術集会 平成29年度NPO夏季学術集会 2017/07 公開
Distribution of the driver mutations among blood cell compartments in MDS and AML Distribution of the driver mutations among blood cell compartments in MDS and AML 第78回日本血液学会学術集会 第78回日本血液学会学術集会 2016/10 公開
Experience of the first certification of ISO15189:2012 in physiological examination in Japan Experience of the first certification of ISO15189:2012 in physiological examination in Japan The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) 2016/08 公開
法的脳死判定における脳波検査および聴性脳幹誘発電位検査の経験 法的脳死判定における脳波検査および聴性脳幹誘発電位検査の経験 平成28年度日臨技近畿支部医学検査学会 平成28年度日臨技近畿支部医学検査学会 2016/05 公開
Prognostic Significance of CXCR4 Overexpression in Pediatric Acute Myeloid Leukemia with Low-Risk: A Report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group Prognostic Significance of CXCR4 Overexpression in Pediatric Acute Myeloid Leukemia with Low-Risk: A Report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group 57th ASH Annual Meeting and Exposition 57th ASH Annual Meeting and Exposition 2015/12 公開
ISO15189:2012 生理学的分野の拡大審査認定取得 概要と今後の展望 ISO15189:2012 生理学的分野の拡大審査認定取得 概要と今後の展望 第58回日本臨床検査医学会近畿支部総会 第58回日本臨床検査医学会近畿支部総会 2015/10 公開
Prognostic significance of CXCR4 overexpression in pediatric AML: the JPLSG AML-05 study Prognostic significance of CXCR4 overexpression in pediatric AML: the JPLSG AML-05 study 第77回日本血液学会学術集会 第77回日本血液学会学術集会 2015/10 公開
Investigation of new cell surface markers in acute myeloid leukemia using multi-color flow cytometry Investigation of new cell surface markers in acute myeloid leukemia using multi-color flow cytometry 第77回日本血液学会学術集会 第77回日本血液学会学術集会 2015/10 公開
世界の医療をリードする臨床検査技師を目指して 世界の医療をリードする臨床検査技師を目指して 第64回日本医学検査学会 第64回日本医学検査学会 2015/05 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
A novel method to investigate prognostic factors by purifying leukemic blast cells from blood smears A novel method to investigate prognostic factors by purifying leukemic blast cells from blood smears The 31st World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) The 31st World Congress of Biomedical Laboratory Science (IFBLS) 2014/10 公開
好中球の殺菌能におけるオートファジー機構の役割 好中球の殺菌能におけるオートファジー機構の役割 第25回日本生体防御学会学術総会 第25回日本生体防御学会学術総会 2014/07 公開
THE PROGNOSTIC RELEVANCE OF THE 2008 WHO CLASSIFICATION OF MYELOID NEOPLASMS IN CHILDHOOD ACUTE MYELOID LEUKEMIA THE PROGNOSTIC RELEVANCE OF THE 2008 WHO CLASSIFICATION OF MYELOID NEOPLASMS IN CHILDHOOD ACUTE MYELOID LEUKEMIA 19th Congress of the European Hematology Association 19th Congress of the European Hematology Association 2014/06 公開
レーザーマイクロダイセクションを用いてスメア標本より純化した白血病細胞を用いた小児AMLの新規予後因子探索 レーザーマイクロダイセクションを用いてスメア標本より純化した白血病細胞を用いた小児AMLの新規予後因子探索 平成26 年度第1 回合同班会議 JPLSG 総会・研究会 平成26 年度第1 回合同班会議 JPLSG 総会・研究会 2014/06 公開
Investigation of the clinical significance of CEBPA mutation in child AML: the JPLSG AML-05 study Investigation of the clinical significance of CEBPA mutation in child AML: the JPLSG AML-05 study 第75回日本血液学会学術集会 第75回日本血液学会学術集会 2013/10 公開
血液疾患の予後因子をスメア標本より検出するシステムの確立 血液疾患の予後因子をスメア標本より検出するシステムの確立 第8回日本臨床検査学教育学会 第8回日本臨床検査学教育学会 2013/08 公開
感染症治療における好中球の殺菌能の意義とオートファジーの役割について 感染症治療における好中球の殺菌能の意義とオートファジーの役割について 第22回日本Cell Death学会 第22回日本Cell Death学会 2013/07 公開
AML-D11付随研究:ダウン症候群に合併した急性骨髄性白血病(AML-DS)の新規予後因子探索 AML-D11付随研究:ダウン症候群に合併した急性骨髄性白血病(AML-DS)の新規予後因子探索 平成25年度第1回JPLSG全体会議・合同班会議 平成25年度第1回JPLSG全体会議・合同班会議 2013/06 公開
免疫グロブリン製剤による多剤耐性菌に対する好中球の殺菌能増強効果~移植後免疫抑制患者における検討~ 免疫グロブリン製剤による多剤耐性菌に対する好中球の殺菌能増強効果~移植後免疫抑制患者における検討~ 第87回日本感染症学会総会学術集会 第87回日本感染症学会総会学術集会 2013/06 公開
AMLおよびMDSの新規予後因子探索プロジェクトについて AMLおよびMDSの新規予後因子探索プロジェクトについて 平成24年度第2回JPLSG全体会議・合同班会議 平成24年度第2回JPLSG全体会議・合同班会議 2012/11 公開
免疫グロブリン製剤による貪食刺激好中球のオートファジー増強とその役割 免疫グロブリン製剤による貪食刺激好中球のオートファジー増強とその役割 第21回日本Cell Death学会 第21回日本Cell Death学会 2012/07 公開
好中球のオートファジーを介した多剤耐性菌殺菌機構と免疫グロブリン製剤による増強作用 好中球のオートファジーを介した多剤耐性菌殺菌機構と免疫グロブリン製剤による増強作用 第86 回日本感染症学会総会学術集会 第86 回日本感染症学会総会学術集会 2012/04 公開
免疫グロブリン製剤による多剤耐性菌に対する好中球殺菌増強作用 免疫グロブリン製剤による多剤耐性菌に対する好中球殺菌増強作用 第85回日本感染症学会総会学術集会 第85回日本感染症学会総会学術集会 2011/04 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
乳がん薬 白血病抑える 京大、細胞実験で確認 日本経済新聞 朝刊42面 2018/11/01
白血病、既存の乳がん薬が効果 京大が遺伝子変異特定 日経電子版 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO37173800R31C18A0000000?s=3 2018/11/01
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科研費 若手研究(B) 代表 白血病細胞純化システムを用いた急性骨髄性白血病の新規予後因子探索 2016/04/01〜2019/03/31
科研費 若手研究 代表 小児急性骨髄性白血病におけるD型サイクリン遺伝子異常の解明と新規治療法開発 2019/04/01〜2023/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
公益財団法人 黒住医学研究振興財団 第25回研究助成金 松尾英将 正常核型急性骨髄性白血病における新規予後因子探索 2017/11/01〜2018/10/31
日本血液学会 平成29年度研究助成金 松尾英将 小児MLL再構成AMLにおける新規遺伝子変異の機能解析および新規治療法開発 2017/04/01〜2018/03/31
公益信託日本白血病研究基金 助成金 松尾英将 小児急性骨髄性白血病におけるD-type Cyclin遺伝子の3’ UTR構造異常の解明 2018/10/27〜2019/09/30
日本血液学会 平成30年度研究助成金 松尾英将 網羅的遺伝子解析により同定したt(8;21)AMLの新規遺伝子変異をターゲットとした治療法開発 2018/04/01〜2019/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
客員研究員 名古屋医療センター 2017/06/01〜
拠点研究員 東京大学医科学研究所 2019/04/01〜2020/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
血液検査学実習 Practice of Hematological Laboratory Medicine 前期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
臨床検査総論実習 Practice of General Clinical Laboratory 前期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
病態生理学 Pathophysiology 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2018/04/01〜2019/03/31
臨床生理・超音波診断学実習 Practice of Clinical Physiology and Diagnosis by Ultrasonogr 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
人間健康科学IV Introduction to Human Health Sciences IV 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
生体応答解析学実習 Practice of Biological Response Analysis 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
免疫学実習 Immunology training 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
臨床病態情報解析学演習 Practice of Informative Clinical Medicine 後期 医学部(人間健康科学科) 2018/04/01〜2019/03/31
免疫学実習 Immunology training 後期 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
病態生理学 Pathophysiology 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04〜2020/03
臨床生理・超音波診断学実習 Practice of Clinical Physiology and Diagnosis by Ultrasonogr 後期前半 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
臨床病態情報解析学演習 Practice of Informative Clinical Medicine 後期 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
血液学実習 Practice of Hematology 前期 医学部(人間健康科学科) 2019/04/〜2020/03/
臨床検査総論実習 Practice of General Clinical Laboratory 前期 医学部(人間健康科学科) 2019/04/〜2020/03/

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
多職種教育・合同教育TF 2018/04/01〜2019/03/31
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
Abstract Achievement Award 米国血液学会 2015/10/24
京都大学総長賞 京都大学 2016/03/14
日臨技学生表彰 会長賞 日本臨床衛生検査技師会 2018/02/22
若手一般研究賞 日本白血病研究基金 2018/10/27