松村 成暢

最終更新日時:2017/05/31 11:06:29

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
松村 成暢/マツムラ シゲノブ/Shigenobu Matsumura
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品健康科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程食品生物科学専攻 単位修得退学
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品生物科学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程食品生物科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
大阪府立大学 農学部応用生物化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2009.4 京都大学大学院農学研究科・助教採用
2008.4 京都大学大学院農学研究科・特定研究員採用
2006.4 京都大学大学院農学研究科・産学官連携研究員
プロフィール
(日本語)
1997年広島県立祗園北高等学校卒業、1997年大阪府立大学農学部応用生物化学科入学、2001年同学科卒業、2001年京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻修士課程入学、2003年同修士課程修了、2003年京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻修士課程入学、2007年同研究科博士 (農学)の学位取得。2006年より京都大学農学研究科産学官連携研究員、2009年、同研究科助教、現在に至る。研究は、食事制限による免疫増強作用、疲労感の発生機構、中枢神経系による感染時の発熱機構、油脂のおいしさに関する研究など多岐にわたる。
研究テーマ
(日本語)
高脂肪食品の嗜好性とその発現機序の解明
研究概要
(日本語)
脂肪を多く含む食品は我々を惹き付けてやまない。しかしながら、脂肪は無味であり、基本五味の中にも当然のことながら含まれていない。しかし、脂肪を多く含む食品の嗜好性は高いことは明らかであり、脂肪分子は舌上の味を感じる細胞(味細胞)で受容および認識されていると考えられる。そこで、脂肪分子が味細胞によりどのように受容されているのか、どのような受容体がそこに関与しているのかを細胞、小動物を用いた実験により検討している。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
栄養化学
生理学
油脂
美味しさ
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ohta H, Konishi M, Kobayashi Y, Kashio A, Mochiyama T, Matsumura S, Inoue K, Fushiki T, Nakao K, Kimura I, Itoh N Deletion of the Neurotrophic Factor neudesin Prevents Diet-induced Obesity by Increased Sympathetic Activity. Scientific reports,5,10049 2015/05
Tsai WW, Matsumura S, Liu W, Phillips NG, Sonntag T, Hao E, Lee S, Hai T, Montminy M ATF3 mediates inhibitory effects of ethanol on hepatic gluconeogenesis. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,112,9,2699-2704 2015/03
Blanchet E, Van de Velde S, Matsumura S, Hao E, LeLay J, Kaestner K, Montminy M Feedback inhibition of CREB signaling promotes beta cell dysfunction in insulin resistance. Cell reports,10,7,1149-1157 2015/02
Sakamoto K, Matsumura S, Okafuji Y, Eguchi A, Yoneda T, Mizushige T, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T The opioid system contributes to the acquisition of reinforcement for dietary fat but is not required for its maintenance. Physiology & behavior,138,227-235 2015/01
Sakamoto K, Okahashi T, Matsumura S, Okafuji Y, Adachi S, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T The opioid system majorly contributes to preference for fat emulsions but not sucrose solutions in mice. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,79,4,658-663 2015
Paz JC, Park S, Phillips N, Matsumura S, Tsai WW, Kasper L, Brindle PK, Zhang G, Zhou MM, Wright PE, Montminy M Combinatorial regulation of a signal-dependent activator by phosphorylation and acetylation. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,111,48,17116-17121 2014/12
Y. Hiraoka; T. Matsuoka; M. Ohno; K. Nakamura; S. Saijo; S. Matsumura; K. Nishi; J. Sakamoto; P.-M. Chen; K. Inoue; T. Fushiki; T. Kita; T. Kimura; E. Nishi Critical roles of nardilysin in the maintenance of body temperature homoeostasis Nature Communications,5,3224 2014 英語
Fujitani M, Matsumura S, Masuda D, Yamashita S, Fushiki T, Inoue K CD36, but not GPR120, is required for efficient fatty acid utilization during endurance exercise. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,78,11,1871-1878 2014
Adachi S, Eguchi A, Sakamoto K, Asano H, Manabe Y, Matsumura S, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T Behavioral palatability of dietary fatty acids correlates with the intracellular calcium ion levels induced by the fatty acids in GPR120-expressing cells. Biomedical research (Tokyo, Japan),35,6,357-367 2014
Nakano K, Kyutoku Y, Sawa M, Matsumura S, Dan I, Fushiki T Analyzing comprehensive palatability of cheese products by multivariate regression to its subdomains. Food science & nutrition,1,5,369-376 2013/09
S. Tsuzuki; M. Takai; Y. Matsuno; Y. Kozai; M. Fujioka; K. Kamei; H. Inagaki; A. Eguchi; S. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki A synthetic peptide-based assay system for detecting binding between CD36 and an oxidized low-density lipoprotein Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,1,132-137 2013 英語
M. Takai; S. Tsuzuki; Y. Matsuno; Y. Kozai; A. Eguchi; S. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki Assessment of key amino-acid residues of CD36 in specific binding interaction with an oxidized low-density lipoprotein Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,5,1134-1137 2013 英語
K. Nakano; H. Kubo; S. Matsumura; T. Saito; T. Fushiki Effects of aroma components from oxidized olive oil on preference Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,6,1166-1170 2013 英語
S.-I. Adachi; Y. Endo; T. Mizushige; S. Tsuzuki; S. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki Increased levels of extracellular dopamine in the nucleus accumbens and amygdala of rats by ingesting a low concentration of a long-chain fatty acid Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,77,11,2175-2180 2013 英語
T. Horie; T. Nishino; O. Baba; Y. Kuwabara; T. Nakao; M. Nishiga; S. Usami; M. Izuhara; N. Sowa; N. Yahagi; H. Shimano; S. Matsumura; K. Inoue; H. Marusawa; T. Nakamura; K. Hasegawa; N. Kume; M. Yokode; T. Kita; T. Kimura; K. Ono MicroRNA-33 regulates sterol regulatory element-binding protein 1 expression in mice Nature Communications,4,2883 2013 英語
K. Kuramoto; T. Okamura; T. Yamaguchi; T.Y. Nakamura; S. Wakabayashi; H. Morinaga; M. Nomura; T. Yanase; K. Otsu; N. Usuda; S. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki; Y. Kojima; T. Hashimoto; F. Sakai; F. Hirose; T. Osumi Perilipin 5, a lipid droplet-binding protein, protects heart from oxidative burden by sequestering fatty acid from excessive oxidation Journal of Biological Chemistry,287,28,23852-23863 2012/07 英語
S. Matsumura; A. Eguchi; Y. Okafuji; S. Tatsu; T. Mizushige; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Dietary fat ingestion activates β-endorphin neurons in the hypothalamus FEBS Letters,586,8,1231-1235 2012/04 英語
H. Yamada; Y. Iwaki; R. Kitaoka; M. Fujitani; T. Shibakusa; T. Fujikawa; S. Matsumura; T. Fushiki; K. Inoue Blood lactate functions as a signal for enhancing fatty acid metabolism during exercise via TGF-β in the brain Journal of Nutritional Science and Vitaminology,58,2,88-95 2012 英語
N. Mori; F. Kawabata; S. Matsumura; H. Hosokawa; S. Kobayashi; K. Inoue; T. Fushiki Intragastric administration of allyl isothiocyanate increases carbohydrate oxidation via TRPV1 but not TRPV1 in mice American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology,300,6,R1494-R1505-505 2011/06 英語
T. Miyaki; T. Fujikawa; R. Kitaoka; N. Hirano; S. Matsumura; T. Fushiki; K. Inoue Noradrenergic projections to the ventromedial hypothalamus regulate fat metabolism during endurance exercise Neuroscience,190,239-250 2011 英語
T. Fujikawa; R. Fujita; Y. Iwaki; S. Matsumura; T. Fushiki; K. Inoue Inhibition of fatty acid oxidation activates transforming growth factor-beta in cerebrospinal fluid and decreases spontaneous motor activity Physiology and Behavior,101,3,370-375 2010/10/05 英語
S. Matsumura; A. Eguchi; N. Kitabayashi; M. Tanida; J. Shen; Y. Horii; K. Nagai; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Effect of an intraduodenal injection of fat on the activities of the adrenal efferent sympathetic nerve and the gastric efferent parasympathetic nerve in urethane-anesthetized rats Neuroscience Research,67,3,236-244 2010/07 英語
R. Kitaoka; T. Fujikawa; T. Miyaki; S. Matsumura; T. Fushiki; K. Inoue Increased noradrenergic activity in the ventromedial hypothalamus during treadmill running in rats Journal of Nutritional Science and Vitaminology,56,3,185-190 2010/06 英語
S. Matsumura; T. Yoneda; S. Aki; A. Eguchi; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Intragastric infusion of glucose enhances the rewarding effect of sorbitol fatty acid ester ingestion as measured by conditioned place preference in mice Physiology and Behavior,99,4,509-514 2010/03/30 英語
Manabe Y, Matsumura S, Fushiki T Preference for High-Fat Food in Animals. Fat Detection: Taste, Texture, and Post Ingestive Effects. 2010 英語
松村 成暢 大脳前頭外側部で計測される味と匂いの相互作用 2011年度農芸化学会 2010 日本語
松村 成暢 鰹だしの味に影響を与える鰹節由来香気成分の研究 2011年度農芸化学会 2010 日本語
松村 成暢 美味しさの評価系の構築と応用 2011年度農芸化学会 2010 日本語
松村 成暢 CD36(149-168)における酸化型低密度リポタンパク質結合に必須なアミノ酸残基の解析 2011年度農芸化学会 2010 日本語
F. Kawabata; N. Inoue; Y. Masamoto; S. Matsumura; W. Kimura; M. Kadowaki; T. Higashi; M. Tominaga; K. Inoue; T. Fushiki Non-pungent capsaicin analogs (capsinoids) increase metabolic rate and enhance thermogenesis via gastrointestinal TRPV1 in mice Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,73,12,2690-2697 2009/12 英語
Y. Hotta; H. Nakamura; M. Konishi; Y. Murata; H. Takagi; S. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki; N. Itoh Fibroblast growth factor 21 regulates lipolysis in white adipose tissue but is not required for ketogenesis and triglyceride clearance in liver Endocrinology,150,10,4625-4633 2009/10 英語
T. Mizushige; K. Saitoh; Y. Manabe; T. Nishizuka; Y. Taka; A. Eguchi; T. Yoneda; S. Matsumura; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Preference for dietary fat induced by release of beta-endorphin in rats Life Sciences,84,21-22,760-765 2009/05/22 英語
T. Yoneda; K. Saitou; H. Asano; T. Mizushige; S. Matsumura; A. Eguchi; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Assessing palatability of long-chain fatty acids from the licking behavior of BALB/c mice Physiology and Behavior,96,4-5,735-741 2009/03/23 英語
S. Matsumura; A. Eguchi; T. Mizushige; N. Kitabayashi; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Colocalization of GPR120 with phospholipase-Cβ2 and α-gustducin in the taste bud cells in mice Neuroscience Letters,450,2,186-190 2009/01/30 英語
K. Saitou; T. Yoneda; T. Mizushige; H. Asano; M. Okamura; S. Matsumura; A. Eguchi; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Contribution of gustation to the palatability of linoleic acid Physiology and Behavior,96,1,142-148 2009/01/08 英語
松村 成暢 食脂肪の嗜好性に対する中脳ドーパミン作動性神経の関与 2010年度農芸化学会 2009 日本語
松村 成暢 Allyl isothiocyanate投与によるマウスの糖質代謝亢進作用機序の検討 2010年度農芸化学会 2009 日本語
松村 成暢 美味しさを評価するProfile of Palate Element法の構築 2010年度農芸化学会 2009 日本語
S. Matsumura; K. Saitou; T. Miyaki; T. Yoneda; T. Mizushige; A. Eguchi; T. Shibakusa; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Mercaptoacetate inhibition of fatty acid β-oxidation attenuates the oral acceptance of fat in BALB/c mice American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology,295,1,R82-R91-91 2008/07/01 英語
S. Matsumura; T. Shibakusa; T. Fujikawa; H. Yamada; K. Matsumura; K. Inoue; T. Fushiki Intracisternal administration of transforming growth factor-β evokes fever through the induction of cyclooxygenase-2 in brain endothelial cells American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology,294,1,R266-R275-75 2008/01 英語
T. Yoneda; Y. Taka; M. Okamura; T. Mizushige; S. Matsumura; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Reinforcing effect for corn oil stimulus was concentration dependent in an operant task in mice Life Sciences,81,23-24,1585-1592 2007/11 英語
T. Fujikawa; S. Matsumura; H. Yamada; K. Inoue; T. Fushiki Transforming growth factor-beta in the brain enhances fat oxidation via noradrenergic neurons in the ventromedial and paraventricular hypothalamic nucleus Brain Research,1173,1,92-101 2007/10 英語
T. Yoneda; K. Saitou; T. Mizushige; S. Matsumura; Y. Manabe; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki The palatability of corn oil and linoleic acid to mice as measured by short-term two-bottle choice and licking tests Physiology and Behavior,91,2-3,304-309 2007/06 英語
T. Shibakusa; W. Mizunoya; Y. Okabe; S. Matsumura; Y. Iwaki; A. Okuno; K. Shibata; K. Inoue; T. Fushiki Transforming growth factor-β in the brain is activated by exercise and increases mobilization of fat-related energy substrates in rats American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology,292,5,R1851-R1861-61 2007/05 英語
S. Matsumura; T. Mizushige; T. Yoneda; T. Iwanaga; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki GPR expression in the rat taste bud relating to fatty acid sensing Biomedical Research,28,1,49-55 2007/02 英語
S. Matsumura; T. Shibakusa; T. Fujikawa; H. Yamada; K. Inoue; T. Fushiki Increase in transforming growth factor-β in the brain during infection is related to fever, not depression of spontaneous motor activity Neuroscience,144,3,1133-1140 2007 英語
T. Shibakusa; Y. Iwaki; W. Mizunoya; S. Matsumura; Y. Nishizawa; K. Inoue; T. Fushiki The physiological and behavioral effects of subchronic intracisternal administration of TGF-β in rats: Comparison with the effects of CRF Biomedical Research,27,6,297-305 2007 英語
T. Mizushige; S. Matsumura; T. Yoneda; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki Daily increase of fat ingestion mediated via mu-opioid receptor signaling pathway Biomedical Research,27,6,259-263 2007 英語
Shibakusa T, Iwaki Y, Mizunoya W, Matsumura S, Nishizawa Y, Inoue K, Fushiki T The physiological and behavioral effects of subchronic intracisternal administration of TGF-beta in rats: comparison with the effects of CRF. Biomedical research (Tokyo, Japan),27,6,297-305 2006/12
Mizushige T, Matsumura S, Yoneda T, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T Daily increase of fat ingestion mediated via mu-opioid receptor signaling pathway. Biomedical research (Tokyo, Japan),27,6,259-263 2006/12
T. Mizushige; T. Kawai; S. Matsumura; T. Yoneda; T. Kawada; S. Tsuzuki; K. Inoue; T. Fushiki POMC and orexin mRNA expressions induced by anticipation of a corn-oil emulsion feeding are maintained at the high levels until oil ingestion Biomedical Research,27,5,227-232 2006/10 英語
Yamazaki, H; Arai, M; Matsumura, S; Inoue, K; Fushiki, T Intracranial administration of transforming growth factor-beta 3 increases fat oxidation in rats AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM,283,3,E536-E544-44 2002/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
辰草太郎;松村成暢;福原寛央;前田祥貴;高瀬嘉彦;川村泰司;伏木亨 乳化油脂の粒子径が美味しさに与える影響について 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,238 2011/03/05 日本語
松村 成暢 摂取した脂肪が胃副交感神経活動に与える影響 味と匂学会第44回大会 2010 日本語
松村 成暢 脂肪十二指腸投与が胃副交感神経活動に与える影響 第64回 日本栄養食糧学会大会 2010 日本語
松村 成暢 鰹だしの美味しさを形成するにおいの影響 第64回 日本栄養食糧学会大会 2010 日本語
森村あかね;松村成暢;伏木亨 カプシエイトの口腔内刺激がヒトの体温上昇作用及び温熱感覚変化に与える影響 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,238 2009/03/05 日本語
Shigenobu Matsumura Recognition of dietary fat in the oral cavity The 11th Scientific Meeting of the Australasian Association for ChemoSensory Science 2009 英語
Shigenobu Matsumura Intragastric administration of Allyl isothiocyanate increases carbohydrate oxidation via TRPV1 but not PRTA1 in mice The 11th Scientific Meeting of the Australasian Association for ChemoSensory Science 2009 英語
松村 成暢 舌上における脂肪酸受容体GPR120の発現 味と匂学会第43回大会 2009 日本語
松村 成暢 油脂摂取がドーパミン作動性神経活動に与える影響について 味と匂学会第43回大会 2009 日本語
松村 成暢 鰹だしの美味しさを形成するにおいの研究 味と匂学会第43回大会 2009 日本語
松村 成暢 舌上における脂肪酸をリガンドとするGタンパク共役型受容体の発現 第63回 日本栄養食糧学会大会 2009 日本語
松村 成暢 脂肪酸受容体GPR120のリガンドスクリーニング 第63回 日本栄養食糧学会大会 2009 日本語
松村 成暢 長鎖脂肪酸に対する報酬系ドーパミン作動性神経の応答 第63回 日本栄養食糧学会大会 2009 日本語
松村 成暢 ノルアドレナリン作動性神経による持久運動時のエネルギー代謝調節 第63回 日本栄養食糧学会大会 2009 日本語
松村 成暢 摂取した脂肪を燃焼できないと脂肪の美味しさがわからなくなる 日本農芸化学会2008年度大会 2009 日本語
松村 成暢 美味しさを評価できる式の構築に関する研究 日本農芸化学会2008年度大会 2009 日本語
松村 成暢 allyl isothiocyanate投与によるマウスのエネルギー代謝変化および作用機序の検討 日本農芸化学会2008年度大会 2009 日本語
浅野裕基;齋藤勝義;米田武志;岡村摩耶;松村成暢;都築巧;井上和生;伏木亨 嗅覚遮断マウスを用いた油脂の嗜好性評価 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,62nd,258 2008/04/01 日本語
東海林亜希;米田武志;松村成暢;都築巧;井上和生;伏木亨 油脂の口腔内刺激が報酬効果に与える影響の検討 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,62nd,257 2008/04/01 日本語
松村 成暢 カプシエイトの口腔内での作用がヒトの体温及び温熱感覚に及ぼす影響 第23回 日本香辛料研究会 2008 日本語
松村 成暢 わさびの辛味成分allyl isothiocyanate がマウスのエネルギー代謝に及ぼす影響 第23回 日本香辛料研究会 2008 日本語
Shigenobu Matsumura Long-chain fatty acids induce intracellular Ca2+ via G-protein coupled Receptor 120 and positive licking behavior in mice XV International symposium on olfaction and taste 2008 英語
松村 成暢 脂肪酸beta酸化阻害剤投与による脂肪摂取行動の抑制 味と匂学会第42回大会 2008 日本語
松村 成暢 Gタンパク共役型脂肪酸受容体GPR120のリガンドスクリーニング 味と匂学会第42回大会 2008 日本語
松村 成暢 油脂の報酬効果に対するカロリーの関与の検討 第62回 日本栄養食糧学会大会 2008 日本語
Shigenobu Matsumura GPR expression in the rat taste bud relating to fatty acid sensing XV International symposium on olfaction and taste 2008 英語
松村 成暢 嗅覚遮断マウスを用いた油脂の嗜好性評価 味と匂学会第42回大会 2008 日本語
伏木 亨、松村 成暢 味を感じるメカニズムと脂肪の受容 ファルマシア,43,5,411-416 2007

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
油のおいしさとその科学的メカニズム 第20回 日本健康医学会総会 2010 日本語
INCREASE IN TRANSFORMING GROWTH FACTOR-BETA IN THE BRAIN DURING INFECTION IS RELATED TO FEVER, NOT DEPRESSION OF SPONTANEOUS MOTOR ACTIVITY The 3rd international siymposium on physiology and pharmacology of thermoregulation 2009 英語
Ligand specificities to putative fat receptor candidates CD36 and GPR120 and licking behavior corresponding to the ligands in mice AChemS 2009 Annual Meeting XXXI 2009 英語
The palatability of long-chain fatty acids to mice The 6th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception 2008 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
運動と栄養と食品 朝倉書店 2006
Molecular Medicine Vol. 41 No. 10 中山書店 2005
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
川村 泰司, 田嶋 和夫, 伏木 亨, 松村 成暢, 高瀬 嘉彦, 福原 寛央, 前田 祥貴, 上田 いずみ 嗜好性食品 特許公開 特開2012-170449 2012/09/10
伏木 亨, 井上 和生, 都築 巧, 松村 成暢, 米田 武志 高嗜好性食品 特許公開 特開2008-237032 2008/10/09
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 動物の高脂肪食品への執着にいたる機序の解明 2010〜2011
若手研究(A) 代表 高脂肪食品の嗜好性と過食に関する研究                       2012〜2015
若手研究(A) 代表 高脂肪食品の嗜好性と過食に関する研究                       2012/04/01〜2016/03/31
若手研究(A) 代表 高脂肪食品の嗜好性と過食に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(A) 代表 高脂肪食品の嗜好性と過食に関する研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 遺伝子転写因子 CRTC1 欠損による糖尿病発生機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 脂肪のおいしさとストレスが引き起こす過食の分子生物学的機序の解明と制御 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
食品・栄養化学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04〜2012/03
栄養化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
栄養化学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
栄養化学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Chemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
栄養化学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Chemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
栄養化学専攻演習 Nutrition Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
栄養化学専攻実験 Experimental Course in Nutrition Chemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
栄養化学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Chemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
栄養化学専攻演習 Nutrition Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
栄養化学専攻実験 Experimental Course in Nutrition Chemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
栄養化学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Chemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03
栄養化学専攻実験1 Experimental Course in Nutrition Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栄養化学専攻実験 Experimental Course in Nutrition Chemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栄養化学専攻演習1 Nutrition Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栄養化学専攻演習 Nutrition Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
栄養化学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Chemistry 後期 農学部 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻実験1 Experimental Course in Nutrition Chemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻実験2 Experimental Course in Nutrition Chemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻実験 Experimental Course in Nutrition Chemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻演習1 Nutrition Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻演習2 Nutrition Chemistry Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻演習 Nutrition Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栄養化学専攻実験1 Experimental Course in Nutrition Chemistry1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
栄養化学専攻実験2 Experimental Course in Nutrition Chemistry2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
栄養化学専攻演習1 Nutrition Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
栄養化学専攻演習2 Nutrition Chemistry Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
栄養生理学実験及び実験法 Laboratory course in Nutrition Physiology 後期 農学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示