小林 慎治

最終更新日時: 2019/06/03 18:58:04

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小林 慎治/コバヤシ シンジ/Kobayashi, Shinji
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/EHR共同研究講座(共同研究)/特定准教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 九州大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
九州大学 大学院医学系学府博士課程病態修復内科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
九州大学 医学部医学科 卒業
使用言語
言語名
English
ORCID ID
https://orcid.org/https://orcid.org/0000-0001-5783-2631
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0146698
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
医療情報学 Medical Informatics
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Nagasaki T, Sato K, Kume N, Oguma T, Sunadome H, Ito I, Izuhara Y, Okamoto K, Kobayashi S, Ohno T, Mizukami A, Kobayashi A, Kaise T, Kuroda T, Mishima M, Matsumoto H Nagasaki T, Sato K, Kume N, Oguma T, Sunadome H, Ito I, Izuhara Y, Okamoto K, Kobayashi S, Ohno T, Mizukami A, Kobayashi A, Kaise T, Kuroda T, Mishima M, Matsumoto H Nagasaki T, Sato K, Kume N, Oguma T, Sunadome H, Ito I, Izuhara Y, Okamoto K, Kobayashi S, Ohno T, Mizukami A, Kobayashi A, Kaise T, Kuroda T, Mishima M, Matsumoto H The prevalence and disease burden of severe eosinophilic asthma in Japan. The prevalence and disease burden of severe eosinophilic asthma in Japan. The prevalence and disease burden of severe eosinophilic asthma in Japan. The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 1-12 The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 1-12 The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 1-12 2019/03 公開
Kobayashi S, Kane TB, Paton C Kobayashi S, Kane TB, Paton C Kobayashi S, Kane TB, Paton C The Privacy and Security Implications of Open Data in Healthcare. The Privacy and Security Implications of Open Data in Healthcare. The Privacy and Security Implications of Open Data in Healthcare. Yearbook of medical informatics, 27, 1, 41-47 Yearbook of medical informatics, 27, 1, 41-47 Yearbook of medical informatics, 27, 1, 41-47 2018/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shinji Kobayashi, Naoto Kume, Takahiro Nakahara, Hiroyuki Yoshihara Shinji Kobayashi, Naoto Kume, Takahiro Nakahara, Hiroyuki Yoshihara Shinji Kobayashi, Naoto Kume, Takahiro Nakahara, Hiroyuki Yoshihara Designing Clinical Concept Models for a Nationwide Electronic Health Records System For Japan Designing Clinical Concept Models for a Nationwide Electronic Health Records System For Japan Designing Clinical Concept Models for a Nationwide Electronic Health Records System For Japan European Journal for Biomedical Informatics, 14, 1, 16-21 European Journal for Biomedical Informatics, 14, 1, 16-21 European Journal for Biomedical Informatics, 14, 1, 16-21 2018/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
小林 慎治 小林 慎治 医療分野におけるオープンソースソフトウェアについての現状および病院コホートを利用した医療情報と外部データ突合用データマイニングシステムの紹介 医療分野におけるオープンソースソフトウェアについての現状および病院コホートを利用した医療情報と外部データ突合用データマイニングシステムの紹介 国立医療学会誌, 71, 11, 437-442 国立医療学会誌, 71, 11, 437-442 , 71, 11, 437-442 2017/11 日本語 公開
Kobayashi S, Kimura E, Ishihara K Kobayashi S, Kimura E, Ishihara K Kobayashi S, Kimura E, Ishihara K Archetype Model-Driven Development Framework for EHR Web System. Archetype Model-Driven Development Framework for EHR Web System. Archetype Model-Driven Development Framework for EHR Web System. Healthcare informatics research, 19, 4, 271-277 Healthcare informatics research, 19, 4, 271-277 Healthcare informatics research, 19, 4, 271-277 2013/12 公開
Shinji Kobayashi,Akimichi Tatsukawa Shinji Kobayashi,Akimichi Tatsukawa Shinji Kobayashi,Akimichi Tatsukawa Ruby Implementation of the OpenEHR Specifications. Ruby Implementation of the OpenEHR Specifications. Ruby Implementation of the OpenEHR Specifications. JACIII, 16, 1, 42-47 JACIII, 16, 1, 42-47 JACIII, 16, 1, 42-47 2012 公開
金谷 泰宏, 木村 映善, 小林 慎治, 玉置 洋, 荻野 大助, 吉原 博幸, 千葉 勉 金谷 泰宏, 木村 映善, 小林 慎治, 玉置 洋, 荻野 大助, 吉原 博幸, 千葉 勉 Kanatani Yasuhiro, Kimura Eizen, Kobayashi Shinji, Tamaki Yoh, Ogino Daisuke, Yoshihara Hiroyuki, Chiba Tsutomu 臨床調査個人票の有効活用及び臨床データベースの構築 臨床調査個人票の有効活用及び臨床データベースの構築 Utilization of clinical research forms and establishment of clinical database 保健医療科学, 60, 100-104 保健医療科学, 60, 100-104 Journal of the National Institute of Public Health, 60, 100-104 2011/04 公開
Shinji Kobayashi,Tetsushi Fujioka,Yuji Tanaka,Michiyoshi Inoue,Yoshiyuki Niho,Akira Miyoshi Shinji Kobayashi,Tetsushi Fujioka,Yuji Tanaka,Michiyoshi Inoue,Yoshiyuki Niho,Akira Miyoshi Shinji Kobayashi,Tetsushi Fujioka,Yuji Tanaka,Michiyoshi Inoue,Yoshiyuki Niho,Akira Miyoshi A Geographical Information System Using the Google Map API for Guidance to Referral Hospitals. A Geographical Information System Using the Google Map API for Guidance to Referral Hospitals. A Geographical Information System Using the Google Map API for Guidance to Referral Hospitals. J. Medical Systems, 34, 6, 1157-1160 J. Medical Systems, 34, 6, 1157-1160 J. Medical Systems, 34, 6, 1157-1160 2010 公開
藤岡 哲司, 小林 慎治, 田中 勇至 藤岡 哲司, 小林 慎治, 田中 勇至 藤岡 哲司, 小林 慎治, 田中 勇至 病院管理 Google Map APIを利用した地図情報システムによる近隣医療機関地図の作成 病院管理 Google Map APIを利用した地図情報システムによる近隣医療機関地図の作成 Geographical information system using Google Map API for inter-hospital relationship 共済医報, 57, 3, 305-308 共済医報, 57, 3, 305-308 The Kyosai medical journal, 57, 3, 305-308 2008/08 日本語 公開
小林 慎治 小林 慎治 中小病院に適応した情報戦略の検討 (第56回共済医学会特集) -- (シンポジウム 医療制度改革に対応した連合会病院の生き残りのための経営戦略) 中小病院に適応した情報戦略の検討 (第56回共済医学会特集) -- (シンポジウム 医療制度改革に対応した連合会病院の生き残りのための経営戦略) 共済医報, 57, 2, 206-208 共済医報, 57, 2, 206-208 , 57, 2, 206-208 2008/05 日本語 公開
Kobayashi S, Yahata K, Goudge M, Okada M, Nakahara T, Ishihara K Kobayashi S, Yahata K, Goudge M, Okada M, Nakahara T, Ishihara K Kobayashi S, Yahata K, Goudge M, Okada M, Nakahara T, Ishihara K Open Source Software in Medicine and its Implementation in Japan Open Source Software in Medicine and its Implementation in Japan Open Source Software in Medicine and its Implementation in Japan J on information technology in Healthcare, 7, 2, 95-101 J on information technology in Healthcare, 7, 2, 95-101 J on information technology in Healthcare, 7, 2, 95-101 2008 公開
小林 慎治, 八幡 勝也, 宮司 正道, 岡田 昌史, 中原 孝洋, 石原 謙 小林 慎治, 八幡 勝也, 宮司 正道, 岡田 昌史, 中原 孝洋, 石原 謙 KOBAYASHI S, YAHATA K, GOUDGE M, OKADA M, NAKAHARA T, ISHIHARA K 医療分野における Open Source Software 活用の現状と問題点 医療分野における Open Source Software 活用の現状と問題点 Current Review of Open Source Software in Medicine 医療情報学 = Japan journal of medical informatics, 26, 5, 341-350 医療情報学 = Japan journal of medical informatics, 26, 5, 341-350 Japan Journal of Medical Informatics, 26, 5, 341-350 2006/12/20 日本語 公開
仁保 喜之, 小林 慎治 仁保 喜之, 小林 慎治 千早病院の経営戦略について--小病院の取り組み (特集 医療費抑制の時代に生きる連合会病院の経営戦略--各病院の具体的取り組みとその成果) 千早病院の経営戦略について--小病院の取り組み (特集 医療費抑制の時代に生きる連合会病院の経営戦略--各病院の具体的取り組みとその成果) 共済医報, 55, 4, 288-292 共済医報, 55, 4, 288-292 , 55, 4, 288-292 2006/11 日本語 公開
Kobayashi S, Ueno T, Kato K, Nose Y, Harada M Kobayashi S, Ueno T, Kato K, Nose Y, Harada M Kobayashi S, Ueno T, Kato K, Nose Y, Harada M Peer-to-Peer Communication System for Sharing Electronic Medical Records Peer-to-Peer Communication System for Sharing Electronic Medical Records Peer-to-Peer Communication System for Sharing Electronic Medical Records J on Information Technology in Healthcare, 2, 5, 343-352 J on Information Technology in Healthcare, 2, 5, 343-352 J on Information Technology in Healthcare, 2, 5, 343-352 2004 公開
Kobayashi S1, Goudge M, Makie T, Hanada E, Harada M, Nose Y. Kobayashi S1, Goudge M, Makie T, Hanada E, Harada M, Nose Y. Kobayashi S1, Goudge M, Makie T, Hanada E, Harada M, Nose Y. A filter that prevents the spread of mail-attachment-type Trojan horse computer worms. A filter that prevents the spread of mail-attachment-type Trojan horse computer worms. A filter that prevents the spread of mail-attachment-type Trojan horse computer worms. J Med Syst, 26, 3, 221-5 J Med Syst, 26, 3, 221-5 J Med Syst, 26, 3, 221-5 2002 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Samar Helou, Shinji Kobayashi, Goshiro Yamamoto, Naoto Kume, Eiji Kondoh, Shusuke Hiragi, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda Samar Helou, Shinji Kobayashi, Goshiro Yamamoto, Naoto Kume, Eiji Kondoh, Shusuke Hiragi, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda Samar Helou, Shinji Kobayashi, Goshiro Yamamoto, Naoto Kume, Eiji Kondoh, Shusuke Hiragi, Kazuya Okamoto, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda Graph Databases for openEHR Clinical Repositories Graph Databases for openEHR Clinical Repositories Graph Databases for openEHR Clinical Repositories International Journal of Computational Science and Engineering International Journal of Computational Science and Engineering International Journal of Computational Science and Engineering 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Kobayashi S, Kume N, Yoshihara H Kobayashi S, Kume N, Yoshihara H Kobayashi S, Kume N, Yoshihara H Mapping HL7 CDA R2 Formatted Mass Screening Data to OpenEHR Archetypes. Mapping HL7 CDA R2 Formatted Mass Screening Data to OpenEHR Archetypes. Mapping HL7 CDA R2 Formatted Mass Screening Data to OpenEHR Archetypes. Studies in health technology and informatics, 245, 1328 Studies in health technology and informatics, 245, 1328 Studies in health technology and informatics, 245, 1328 2017 公開
小林 慎治 小林 慎治 小林 慎治 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み Engagement to apply information technology on health care, and its standardization 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT), 2014, 11, 1-2 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT), 2014, 11, 1-2 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT), 2014, 11, 1-2 2014/05/08 日本語 公開
小林 慎治 小林 慎治 小林 慎治 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み Engagement to apply information technology on health care, and its standardization 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 2014, 11, 1-2 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 2014, 11, 1-2 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), 2014, 11, 1-2 2014/05/08 日本語 公開
小林 慎治 小林 慎治 Kobayashi Shinji 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み(招待講演,ライフログ活用技術,オフィス情報システム,グループウェアとネットワークサービス,セキュリティ心理学とトラスト,ほか関連テーマ) 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み(招待講演,ライフログ活用技術,オフィス情報システム,グループウェアとネットワークサービス,セキュリティ心理学とトラスト,ほか関連テーマ) Engagement to apply information technology on health care, and its standardization 電子情報通信学会技術研究報告. LOIS, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム, 114, 32, 63-64 電子情報通信学会技術研究報告. LOIS, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム, 114, 32, 63-64 IEICE technical report. Life intelligence and office information systems, 114, 32, 63-64 2014/05/08 日本語 公開
Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K HTML5 microdata as a semantic container for medical information exchange. HTML5 microdata as a semantic container for medical information exchange. HTML5 microdata as a semantic container for medical information exchange. Studies in health technology and informatics, 205, 418-422 Studies in health technology and informatics, 205, 418-422 Studies in health technology and informatics, 205, 418-422 2014 研究論文 公開
Tapuria A, Kalra D, Kobayashi S Tapuria A, Kalra D, Kobayashi S Tapuria A, Kalra D, Kobayashi S Contribution of Clinical Archetypes, and the Challenges, towards Achieving Semantic Interoperability for EHRs. Contribution of Clinical Archetypes, and the Challenges, towards Achieving Semantic Interoperability for EHRs. Contribution of Clinical Archetypes, and the Challenges, towards Achieving Semantic Interoperability for EHRs. Healthcare informatics research, 19, 4, 286-292 Healthcare informatics research, 19, 4, 286-292 Healthcare informatics research, 19, 4, 286-292 2013/12 公開
山之内 純, 羽藤 高明, 三好 一宏, 小林 慎治, 東 太地, 長谷川 均, 安川 正貴 山之内 純, 羽藤 高明, 三好 一宏, 小林 慎治, 東 太地, 長谷川 均, 安川 正貴 YAMANOUCHI Jun, HATO Takaaki, MIYOSHI Kazuhiro, KOBAYASHI Shinji, AZUMA Taichi, HASEGAWA Hitoshi, YASUKAWA Masaki rituximab を投与した難治性血栓性血小板減少性紫斑病の3症例 rituximab を投与した難治性血栓性血小板減少性紫斑病の3症例 Rituximab for managing refractory thrombotic thrombocytopenic purpura : a report of three cases 臨床血液, 54, 2, 205-209 臨床血液, 54, 2, 205-209 Rinsho Ketsueki, 54, 2, 205-209 2013/02/28 日本語 公開
Yoshikawa T, Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K Yoshikawa T, Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K Yoshikawa T, Kimura E, Kobayashi S, Ishihara K Verification system for postoperative autologous blood retransfusion. Verification system for postoperative autologous blood retransfusion. Verification system for postoperative autologous blood retransfusion. Studies in health technology and informatics, 192, 977 Studies in health technology and informatics, 192, 977 Studies in health technology and informatics, 192, 977 2013 公開
Kimura E, Kobayashi S, Kanatani Y, Ishihara K, Mimori T, Takahashi R, Chiba T, Yoshihara H Kimura E, Kobayashi S, Kanatani Y, Ishihara K, Mimori T, Takahashi R, Chiba T, Yoshihara H Kimura E, Kobayashi S, Kanatani Y, Ishihara K, Mimori T, Takahashi R, Chiba T, Yoshihara H Developing an electronic health record for intractable diseases in Japan. Developing an electronic health record for intractable diseases in Japan. Developing an electronic health record for intractable diseases in Japan. Studies in health technology and informatics, 169, 255-259 Studies in health technology and informatics, 169, 255-259 Studies in health technology and informatics, 169, 255-259 2011 公開
木村 映善, 小林 慎治, 黒田 知宏, 石原 謙, 吉原 博幸, 三森 経世, 高橋 良輔, 千葉 勉 木村 映善, 小林 慎治, 黒田 知宏, 石原 謙, 吉原 博幸, 三森 経世, 高橋 良輔, 千葉 勉 Kimura E, Kobayashi S, Kuroda T, Ishihara K, Yoshihara H, Mimori T, Takahashi R, Chiba T 疫学的研究の基盤としてのopenEHR利活用に向けた検討—臨床個人調査票のarchetypeへのモデリングを通して— 疫学的研究の基盤としてのopenEHR利活用に向けた検討—臨床個人調査票のarchetypeへのモデリングを通して— Lessons Learned from Modeling Archetypes for Intractable Disease Surveys 医療情報学, 30, 3, 173-182 医療情報学, 30, 3, 173-182 Japan Journal of Medical Informatics, 30, 3, 173-182 2010 日本語 公開
坂本 昌平, 春野 政虎, 田中 博文, 中須賀 一太, 江島 準一, 小林 慎治, 浅野 嘉延, 仁保 喜之, 東原 秀行, 岡崎 正敏 坂本 昌平, 春野 政虎, 田中 博文, 中須賀 一太, 江島 準一, 小林 慎治, 浅野 嘉延, 仁保 喜之, 東原 秀行, 岡崎 正敏 SAKAMOTO Shohei, HARUNO Masatora, TANAKA Hirofumi, NAKASUGA Kazuta, EJIMA Junichi, KOBAYASHI Shinji, ASANO Yoshinobu, NIHO Yoshiyuki, HIGASHIHARA Hideyuki, OKAZAKI Masatoshi 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法施行後に腫瘍崩壊症候群を発症した1例 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法施行後に腫瘍崩壊症候群を発症した1例 Acute tumor lysis syndrome associated with transcatheter hepatic arterial chemoembolization therapy of hepatocellular carcinoma : a case report 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 48, 7, 331-337 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 48, 7, 331-337 Kanzo, 48, 7, 331-337 2007/07/25 日本語 公開
Kobayashi S, Harada M Kobayashi S, Harada M Kobayashi S, Harada M [Hematopoietic stem cell transplantation]. [Hematopoietic stem cell transplantation]. [Hematopoietic stem cell transplantation]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 1, 717-723 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 1, 717-723 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 60 Suppl 1, 717-723 2002/01 公開
伊藤 能清, 小林 慎治, 橋口 道俊, 杉尾 康浩, 稲葉 顕一 伊藤 能清, 小林 慎治, 橋口 道俊, 杉尾 康浩, 稲葉 顕一 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)4自験例の治療経験 : 日本アフェレシス学会第6回九州地方会 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)4自験例の治療経験 : 日本アフェレシス学会第6回九州地方会 日本アフェレシス学会雑誌, 19, 3, 247-248 日本アフェレシス学会雑誌, 19, 3, 247-248 , 19, 3, 247-248 2000 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
ヘルスケア領域におけるオープンデータの検討 ヘルスケア領域におけるオープンデータの検討 第38回医療情報学連合大会 第38回医療情報学連合大会 2018/11/25 日本語 口頭発表(一般) 公開
Designing standardized message based on clinical concept models for nation-wide EHR system. Designing standardized message based on clinical concept models for nation-wide EHR system. Designing standardized message based on clinical concept models for nation-wide EHR system. APAMI2018 APAMI2018 APAMI2018 2018/10/10 英語 口頭発表(一般) 公開
千年カルテプロジェクトと KEGG, KEGG MEDICUS との連携可能性について 千年カルテプロジェクトと KEGG, KEGG MEDICUS との連携可能性について トーゴーの日シンポジウムで2018 トーゴーの日シンポジウムで2018 2018/10/05 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
MML 4.2, 5.0とHL7 FHIR, openEHRの実装について MML 4.2, 5.0とHL7 FHIR, openEHRの実装について 2018/05/18 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
MML (Medical Markup Language)の問題点とVersion 4の開発について MML (Medical Markup Language)の問題点とVersion 4の開発について Problems on MML(Medicl Markup Language) and updates for MML Version 4 第37回医療情報連合大会 第37回医療情報連合大会 The 37th Japan Conference on Medical Informatics 2017/11/22 日本語 口頭発表(一般) 公開
The Overview of Free/Libre and Open Source Software in Medical Domain, from Asia and the World The Overview of Free/Libre and Open Source Software in Medical Domain, from Asia and the World The Overview of Free/Libre and Open Source Software in Medical Domain, from Asia and the World APAMI 2016 APAMI 2016 APAMI 2016 2016/11/04 英語 口頭発表(一般) 公開
Restructuring an EHR system and the Medical Markup Language (MML) standard to improve interoperability by archetype technology. Restructuring an EHR system and the Medical Markup Language (MML) standard to improve interoperability by archetype technology. Restructuring an EHR system and the Medical Markup Language (MML) standard to improve interoperability by archetype technology. Studies in health technology and informatics Studies in health technology and informatics Studies in health technology and informatics 2015 英語 ポスター発表 公開
Development of Unified Lab Test Result Master for Multiple Facilities. Development of Unified Lab Test Result Master for Multiple Facilities. Development of Unified Lab Test Result Master for Multiple Facilities. Studies in health technology and informatics Studies in health technology and informatics Studies in health technology and informatics 2015 英語 ポスター発表 公開
Archetype Based Nationwide Electronic Health Record Development in Japan. Archetype Based Nationwide Electronic Health Record Development in Japan. Archetype Based Nationwide Electronic Health Record Development in Japan. AMIA 2015, American Medical Informatics Association Annual Symposium, San Francisco, CA, USA, November 14-18, 2015 AMIA 2015, American Medical Informatics Association Annual Symposium, San Francisco, CA, USA, November 14-18, 2015 AMIA 2015, American Medical Informatics Association Annual Symposium, San Francisco, CA, USA, November 14-18, 2015 2015 公開
医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み(招待講演,ライフログ活用技術,オフィス情報システム,グループウェアとネットワークサービス,セキュリティ心理学とトラスト,ほか関連テーマ)[招待あり] 医療情報分野への情報技術の応用と標準化への取り組み(招待講演,ライフログ活用技術,オフィス情報システム,グループウェアとネットワークサービス,セキュリティ心理学とトラスト,ほか関連テーマ) [招待あり] Engagement to apply information technology on health care, and its standardization [招待あり] 電子情報通信学会技術研究報告. LOIS, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム 電子情報通信学会技術研究報告. LOIS, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム IEICE technical report. Life intelligence and office information systems 2014/05/08 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Designing clinical models of EHR (Electronic Health Records) for long-term care providers to elderly persons. Designing clinical models of EHR (Electronic Health Records) for long-term care providers to elderly persons. Designing clinical models of EHR (Electronic Health Records) for long-term care providers to elderly persons. AMIA 2014, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Washington, DC, USA, November 15-19, 2014 AMIA 2014, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Washington, DC, USA, November 15-19, 2014 AMIA 2014, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Washington, DC, USA, November 15-19, 2014 2014 英語 ポスター発表 公開
Creating Electronic Health Records within 15 Minutes with Ruby on Rails And ISO 13606/OpenEHR Standardized Clinical Models. Creating Electronic Health Records within 15 Minutes with Ruby on Rails And ISO 13606/OpenEHR Standardized Clinical Models. Creating Electronic Health Records within 15 Minutes with Ruby on Rails And ISO 13606/OpenEHR Standardized Clinical Models. MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark 2013 公開
The openEHR Developers' Workshop. The openEHR Developers' Workshop. The openEHR Developers' Workshop. MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark MEDINFO 2013 - Proceedings of the 14th World Congress on Medical and Health Informatics, 20-13 August 2013, Copenhagen, Denmark 2013 公開
Feasibility study of archetype-driven development architecture. Feasibility study of archetype-driven development architecture. Feasibility study of archetype-driven development architecture. AMIA 2012, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Chicago, Illinois, USA, November 3-7, 2012 AMIA 2012, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Chicago, Illinois, USA, November 3-7, 2012 AMIA 2012, American Medical Informatics Association Annual Symposium, Chicago, Illinois, USA, November 3-7, 2012 2012 公開
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)4自験例の治療経験 : 日本アフェレシス学会第6回九州地方会 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)4自験例の治療経験 : 日本アフェレシス学会第6回九州地方会 日本アフェレシス学会雑誌 日本アフェレシス学会雑誌 2000 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
小林 慎治, 長瀬 嘉秀, 大崎 瑶, まつもと ゆきひろ 小林 慎治, 長瀬 嘉秀, 大崎 瑶, まつもと ゆきひろ アジャイル時代のオブジェクト脳のつくり方 : Rubyで学ぶ究極の基礎講座 アジャイル時代のオブジェクト脳のつくり方 : Rubyで学ぶ究極の基礎講座 翔泳社 翔泳社 2017 日本語 共著 公開
小林 慎治 小林 慎治 KOBAYASHI Shinji Open source software development on medical domain. Open source software development on medical domain. Open source software development on medical domain. Intech Intech Intech 2012 共著 公開
Tisdall James D., 水島 洋, 明石 浩史, ま たぬき, 小林 慎治 Tisdall James D., 水島 洋, 明石 浩史, ま たぬき, 小林 慎治 バイオインフォマティクスのためのPerl入門 バイオインフォマティクスのためのPerl入門 オライリー・ジャパン, オーム社 (発売) オライリー・ジャパン, オーム社 (発売) 2002 日本語 共訳 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
小林 慎治, 稲葉 頌一, 二宗 みのり 小林 慎治, 稲葉 頌一, 二宗 みのり 輸血業務管理サーバ及び輸血業務管理システム 輸血業務管理サーバ及び輸血業務管理システム 特許公開 特開2003-296445 2003/10/17 公開
水野 晋一, 小林 慎治, 飯野 忠史, 小澤 秀俊, 伊地知 暢広 水野 晋一, 小林 慎治, 飯野 忠史, 小澤 秀俊, 伊地知 暢広 情報使用の仲介システム 情報使用の仲介システム 特許公開 特開2002-092374 2002/03/29 公開
水野 晋一, 飯野 忠史, 小林 慎治, 稲葉 頌一 水野 晋一, 飯野 忠史, 小林 慎治, 稲葉 頌一 患者認証用表示片 患者認証用表示片 特許公開 特開2002-136603 2002/05/14 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 診療情報の意味論的解析を行う自律エージェントアルゴリズムの研究 2012〜2014
基盤研究(C) 代表 診療情報の意味論的解析を行う自律エージェントアルゴリズムの研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
地域医療基盤開発推進研究事業 分担 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
未踏ソフトウェア創造事業 小林慎治 診療情報の共有を推進するP2P基盤形成 2003/07/01〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
医療情報学 Medical Informatics 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
医療情報学 Medical Informatics 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
特定非営利活動法人日本openEHR協会 副理事長 2015/12/22〜
その他活動:その他
活動名 内容 期間
医療オープンソースソフトウェア協議会 医療分野でのオープンソースソフトウェア開発や啓蒙活動 2003/04/11〜