森 博幸

最終更新日時:2017/06/19 11:11:15

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
森 博幸/モリ ヒロユキ/Hiroyuki Mori
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/生命システム研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 化学専攻 生体分子動態化学 准教授
医学研究科 医学専攻 腫瘍ウイルス生物学 准教授
医学研究科 医科学専攻 腫瘍ウイルス生物学 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University, Shogo-in Kawaharacho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8507 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-3995
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学修士 大阪大学
博士(理学) 大阪大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
大阪大学 大学院理学研究科生物化学専攻前期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
大阪大学 理学部化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1992/04/01〜1993/03/31 大阪大学産業科学研究所 The Institute of Scientific and Industrial Research 教務職員
1993/04/01〜1996/09/30 東京薬科大学生命科学部 Tokyou University of Pharmacy and Life Sciences 助手 Assistant professor
1996/10/01〜2007/07/31 京都大学ウイルス研究所 Institue for Virus Research, Kyoto University 助教 Assistant professor
1997/08/01〜 京都大学ウイルス研究所 Institute for Virus Research, Kyoto University 准教授 Associate professor
プロフィール
(日本語)
タンパク質の膜透過の分子機構の研究を進めている。教育に関しては、理学部化学科の授業を通して、学生の生物学の基礎的知識の教授に努めると共に、研究室の大学院生との共同研究の中で、実践的に研究能力を身につけさせることに留意している。各種委員会にも参加し、大学の環境改善に勤しんでいる。
(英語)
I have been studying molecular mechanisms of protein translocation across the biological membrane. As for education, my goals are to help graduate students acquire basic biologcal knowledges by my lecture in Faculty of Science as well as the practical skills needed to conduct joint research. Furthermore, I take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university.
研究テーマ
(日本語)
タンパク質の膜透過機構
(英語)
Protein translocation
研究概要
(日本語)
細胞質で合成されたタンパク質が生体膜を透過する分子機構を、透過装置の構造・機能解析を通して研究している。
(英語)
We are studying molecular mechanisms of protein translocation across the bio-membrane by structural and biochemical approaches.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生体膜 Biomembrane
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Furukawa, A., Yoshikaie, K., Mori, T., Mori, H., Morimoto, Y. V., Sugano, Y., Iwaki, S., Minamino, T., Sugita, Y., Tanaka, Y. and Tsukazaki, T. Tunnel formation inferred from the I-form structures of the proton-driven protein secretion motor SecDF Cell Reports,19,895-901 2017 英語
Miyazaki, R., Yura, T., Suzuki, T. Dohmae, N., Mori, H. and Akiyama, Y.* A novel SRP recognition sequence in the homeostatic control region of heat shock transcription factor sigma 32 Scientfic reports,6,24147 2016/04 英語
K. Akiyama, S. Mizuno, Y. Hizukuri, H. Mori, T. Nogi, Y. Akiyama Roles of the membrane-reentrant β-hairpin-like loop of RseP protease in selective substrate cleavage eLIFE,4,e08928 2015/10 英語
E Ishii, S Chiba, N Hashimoto, S Kojima, M Homma, K Ito, Y Akiyama, H. Mori Nascent chain-monitored remodeling of the Sec machinery for salinity adaptation of marine bacteria Proceedings of the National Academy of Sciences,112,40,E5513-E5522 2015/09 英語
Kumazaki, K., Kishimoto, T., Furukawa, A., Mori, H., Tanaka, Y., Dohmae, N., Ishitani, R., Tsukazaki, T., and Nureki, O. Crystal structure of Escherichia coli YidC, a membrane protein chaperone and insertase. Scientific Reports,4,7299 2014/12 英語
Kumazaki, K. *, Chiba, S. *, Takemoto, M., Furukawa, A., Nishiyama, K., Sugano Y., Mori, T., Dohmae, N., Hirata, K., Nakada-Nakura, Y., Maturana, A., Tanaka, Y., Mori, H., Sugita, Y., Arisaka, F., Ito, K., Ishitani, R., Tsukazaki, T. and Nureki O. Structural basis for Sec-independent membrane protein insertion by YidC Nature,509,516-519 2014/05 英語
森 博幸、塚崎智也 細菌のタンパク質分泌を促進する膜タンパク質SecDFの構造と機能 化学と生物,51,1,28-35 2013/01 日本語
塚崎 智也;森 博幸 細菌型 Sec トランスロコンの構造から明らかとなったタンパク質膜透過装置の構造変化 生物物理,49,6,288-289 2009/12/25 日本語
森 博幸, 塚崎智也 立体構造解析からみえてきたSecA による蛋白質膜透過の分子メカニズム 蛋白質核酸酵素第54 巻pp685-695 2009 2009 日本語
森博幸 せなかあわせより、向かい合わせの方が好都合? トランスロコンのアセンブリー様式 蛋白質核酸酵素51,169-170 2006 日本語
H. Mori Molecular architecture of protein translocase Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme,49,7 Suppl,950-958 2004 日本語
Hong, R.-M., Mori, H., Fukui, T., Moriyama, Y., Futai, M., Yamamoto, A., Tashiro, Y. & Tagaya, M. Association of N-ethylmaleimide-sensitive factor with synaptic vesicles. FEBS Lett.,350,253-257 1994 英語
Hiroyuki Mori, Katsuyuki Tanizawa, Toshio Fukui Engineered plant phosphorylase showing extraordinarily high affinity for various α‐glucan molecules Protein Science,2,10,1621-1629 1993/10 英語
K. Mio; T. Tsukazaki; H. Mori; M. Kawata; T. Moriya; Y. Sasaki; R. Ishitani; K. Ito; O. Nureki; C. Sato Conformational variation of the translocon enhancing chaperone SecDF Journal of Structural and Functional Genomics,1-9 2014 英語
A. Saito; Y. Hizukuri; E.-I. Matsuo; S. Chiba; H. Mori; O. Nishimura; K. Ito; Y. Akiyama Post-liberation cleavage of signal peptides is catalyzed by the site-2 protease (S2P) in bacteria Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,108,33,13740-13745 2011/08/16 英語
T. Tsukazaki; H. Mori; Y. Echizen; R. Ishitani; S. Fukai; T. Tanaka; A. Perederina; D.G. Vassylyev; T. Kohno; A.D. Maturana; K. Ito; O. Nureki Structure and function of a membrane component SecDF that enhances protein export Nature,474,7350,235-238 2011/06/09 英語
Ito K. and Mori H. The Sec protein secretion system ・ pp. 3-22, in Bacterial Secreted Proteins Ed. K. Wooldridge, Caister Academic Press, Norfolk, UK, 2009 2009 英語
T. Tsukazaki; H. Mori; S. Fukai; R. Ishitani; T. Mori; N. Dohmae; A. Perederina; Y. Sugita; D.G. Vassylyev; K. Ito; O. Nureki Conformational transition of Sec machinery inferred from bacterial SecYE structures Nature,455,7215,988-991 2008 英語
D.G. Vassylyev; H. Mori; M.N. Vassylyeva; T. Tsukazaki; Y. Kimura; T.H. Tahirov; K. Ito Crystal Structure of the Translocation ATPase SecA from Thermus thermophilus Reveals a Parallel, Head-to-Head Dimer Journal of Molecular Biology,364,3,248-258 2006/12/01 英語
H. Mori; K. Ito Different modes of SecY-SecA interactions revealed by site-directed in vivo photo-cross-linking Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,103,44,16159-16164 2006/10/31 英語
M.N. Vassylyeva; H. Mori; T. Tsukazaki; S. Yokoyama; T.H. Tahirov; K. Ito; D.G. Vassylyev Cloning, expression, purification, crystallization and initial crystallographic analysis of the preprotein translocation ATPase SecA from Thermus thermophilus Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications,62,909-912 2006/09 英語
T. Tsukazaki; H. Mori; S. Fukai; T. Numata; A. Perederina; H. Adachi; H. Matsumura; K. Takano; S. Murakami; T. Inoue; Y. Mori; T. Sasaki; D.G. Vassylyev; O. Nureki; K. Ito Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction of SecDF, a translocon-associated membrane protein, from Thermus thermophilus Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications,62,376-380 2006/04 英語
H. Mori; K. Ito The long α-helix of SecA is important for the ATPase coupling of translocation Journal of Biological Chemistry,281,47,36249-36256 2006 英語
H. Nakatogawa; A. Murakami; H. Mori; K. Ito SecM facilitates translocase function of SecA by localizing its biosynthesis Genes and Development,19,4,436-444 2005/02/15 英語
H. Mori; N. Shimokawa; Y. Satoh; K. Ito Mutational analysis of transmembrane regions 3 and 4 of SecY, a central component of protein translocase Journal of Bacteriology,186,12,3960-3969 2004/06 英語
F. Cairrão; A. Cruz; H. Mori; C.M. Arraiano Cold shock induction of RNase R and its role in the maturation of the quality control mediator SsrA/tmRNA Molecular Microbiology,50,4,1349-1360 2003/11 英語
Y. Satoh; G. Matsumoto; H. Mori; K. Ito Nearest neighbor analysis of the SecYEG complex. 1. Identification of a SecY-SecG interface Biochemistry,42,24,7434-7441 2003/06/24 英語
Y. Satoh; H. Mori; K. Ito Nearest neighbor analysis of the SecYEG complex. 2. Identification of a SecY-SecE cytosolic interface Biochemistry,42,24,7442-7447 2003/06/24 英語
N. Shimokawa; H. Mori; K. Ito Importance of transmembrane segments in Escherichia coli SecY Molecular Genetics and Genomics,269,2,180-187 2003/05 英語
H. Mori; T. Tsukazaki; R. Masui; S. Kuramitsu; S. Yokoyama; A.E. Johnson; Y. Kimura; Y. Akiyama; K. Ito Fluorescence resonance energy transfer analysis of protein translocase: SecYE from Thermus thermophilus HB8 forms a constitutive oligomer in membranes Journal of Biological Chemistry,278,16,14257-14264 2003/04/18 英語
H. Mori; Y. Akiyama; K. Ito A SecE mutation that modulates SecY-SecE translocase assembly, identified as a specific suppressor of SecY defects Journal of Bacteriology,185,3,948-956 2003/02 英語
H. Mori; K. Ito Biochemical characterization of a mutationally altered protein translocase: Proton motive force stimulation of the initiation phase of translocation Journal of Bacteriology,185,2,405-412 2003 英語
E. Matsuo; H. Mori; K. Ito Interfering mutations provide in vivo evidence that Escherichia coli SecE functions in multimeric states Molecular Genetics and Genomics,268,6,808-815 2003 英語
H. Mori; Y. Shimizu; K. Ito Superactive secY variants that fulfill the essential translocation function with a reduced cellular quantity Journal of Biological Chemistry,277,50,48550-48557 2002/12 英語
K. Chiba; H. Mori; K. Ito Roles of the C-terminal end of SecY in protein translocation and viability of Escherichia coli Journal of Bacteriology,184,8,2243-2250 2002/04 英語
H. Mori; K. Ito The Sec protein-translocation pathway Trends in Microbiology,9,10,494-500 2001/10 英語
H. Mori; K. Ito An essential amino acid residue in the protein translocation channel revealed by targeted random mutagenesis of SecY Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,98,9,5128-5133 2001/04 英語
G. Matsumoto; H. Nakatogawa; H. Mori; K. Ito Genetic dissection of SecA: Suppressor mutations against the secY205 translocase defect Genes to Cells,5,12,991-999 2000/12 英語
H. Nakatogawa; H. Mori; K. Ito Two independent mechanisms down-regulate the intrinsic SecA ATPase activity Journal of Biological Chemistry,275,43,33209-33212 2000/10/27 英語
S. Chiba; Y. Akiyama; H. Mori; E.-I. Matsuo; K. Ito Length recognition at the N-terminal tail for the initiation of FtsH-mediated proteolysis EMBO Reports,1,1,47-52 2000/07 英語
G. Matsumoto; T. Homma; H. Mori; K. Ito A mutation in secY that causes enhanced secA insertion and impaired late functions in protein translocation Journal of Bacteriology,182,12,3377-3382 2000/06 英語
H. Nakatogawa; H. Mori; G. Matsumoto; K. Ito Characterization of a mutant form of SecA that alleviates a SecY defect at low temperature and shows a synthetic defect with secy alteration at high temperature Journal of Biochemistry,127,6,1071-1079 2000/06 英語
G. Matsumoto; H. Mori; K. Ito Roles of SecG in ATP- and SecA-dependent protein translocation suppressor mutation Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,95,23,13567-13572 1998/11/10 英語
Y. Akiyama; A. Kihara; H. Mori; T. Ogura; K. Ito Roles of the periplasmic domain of Escherichia coli FtsH (HflB) in protein interactions and activity modulation Journal of Biological Chemistry,273,35,22326-22333 1998/08/28 英語
E.-I. Matsuo; H. Mori; T. Shimoike; K. Ito Syd, a secY-interacting protein, excludes SecA from the SecYE complex with an altered SecY24 subunit Journal of Biological Chemistry,273,30,18835-18840 1998/07/24 英語
H. Mori; H. Sugiyama; M. Yamanaka; K. Sato; M. Tagaya; S. Mizushima Amino-terminal region of SecA is involved in the function of SecG for protein translocation into Escherichia coli membrane vesicles Journal of Biochemistry,124,1,122-129 1998/07 英語
K. Sato; H. Mori; M. Yoshida; M. Tagaya; S. Mizushima In vitro analysis of the stop-transfer process during translocation across the cytoplasmic membrane of Escherichia coli Journal of Biological Chemistry,272,32,20082-20087 1997/08/08 英語
H. Mori; M. Araki; C. Hikita; M. Tagaya; S. Mizushima The hydrophobic region of signal peptides is involved in the interaction with membrane-bound SecA Biochimica et Biophysica Acta - Biomembranes,1326,1,23-36 1997/05/22 英語
K. Sato; H. Mori; M. Yoshida; M. Tagaya; S. Mizushima Short hydrophobic segments in the mature domain of ProOmpA determine its stepwise movement during translocation across the cytoplasmic membrane of Escherichia coli Journal of Biological Chemistry,272,9,5880-5886 1997/02/28 英語
K. Sato; H. Mori; M. Yoshida; S. Mizushima Characterization of a potential catalytic residue, Asp-133, in the high affinity ATP-binding site of Escherichia coli SecA, translocation ATPase Journal of Biological Chemistry,271,29,17439-17444 1996/07/19 英語
K. Uchida; H. Mori; S. Mizushima Stepwise movement of preproteins in the process of translocation across the cytoplasmic membrane of Escherichia coli Journal of Biological Chemistry,270,52,30862-30868 1995/12/29 英語
Mori H., Tanizawa, K. and Fukui, T. A chimeric α-glucan phosphorylase of plant type L and H isozymes (共著) The Jornal of Biological Chemistry,268/8,5574 1993/03 英語
Mori H., Tanizawa, K. and Fukui, T. Potato tuber phosphorylase type H isozyme : Molecular cloning, Nocleotide sequence, and expression of a full-length cDNA in ┣DBEscherichia coli (/)-┫DB (共著) The Jornal of Biological Chemistry,266,18446 1991/10 英語
Katsube, T., Kazuta, Y., Mori, H., Nakano, K., Tanizawa, K. & Fukui, T. UDP-Glucose pyrophosphorylase from potato tuber : cDNA cloning and sequencing(共著) Journal of Biochemistry,108,321-326 1990/08 英語
NAKANO, K; MORI, H; FUKUI, T MOLECULAR-CLONING OF CDNA-ENCODING POTATO AMYLOPLAST ALPHA-GLUCAN PHOSPHORYLASE AND THE STRUCTURE OF ITS TRANSIT PEPTIDE JOURNAL OF BIOCHEMISTRY,106,4,691-695 1989/10 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
橋本成祐,森博幸,秋山芳展,本間道夫,小嶋誠司 ビブリオ菌SecDF パラログの生理機能の解明に向けて 第9 回21世紀大腸菌研究会、長浜、2012年6月21日- 22日 2012 日本語
森博幸 タンパク質膜透過促進因子SecDF の構造と機能 2011年度国立遺伝学研究所研究会「単細胞システムの細胞構築と増殖制御の研究」、三島、2012年3月20 日-21 日 2012 日本語
宮崎亮次,由良 隆,森 博幸,秋山芳展 大腸菌熱ショック応答に関わる転写因子σ32 の膜へのtargeting を介した機能調節機構の解析 2012年度国立遺伝学研究所研 究会「代謝、増殖、分裂研究会」、三島、2 0 12 年12 月8 日-9 日 2012 日本語
森 博幸,塚崎智也,越前友香,町田裕紀子,秋山芳展,Andres D. Maturana ,濡木 理, 伊藤維昭 タンパク質の分泌を促進するSecDF 複合体の構造と機能 第37 回日本生体エネルギー研究会、京都、2011 年12 月20 日-22 日 2011 日本語
森 博幸 バクテリアの蛋白質膜透過チャネルSecYEG と相互作用する因子の解析 理研シンポジウム「第3 回生体分子の分離・解析法の進展一膜タンパク質への応用」, 和光, 2011 年10 月28 日 2011 日本語
塚崎智也, 森博幸, 越前由香, 石谷隆一郎, 深井周也, 田中剛史, Perederina A., Vassylyev D. G, 河野俊之, 伊藤維昭, 濡木理 Sec トランスロコンと共に機能するSecDF 膜 タンパク質の構造 第10 回蛋白質科学会年会, 札幌,2010 年6 月16 日-18 日 2010 日本語
森 博幸 タンパク質膜透過装置補助因子SecDF の構造と機能 遺伝研研究会「単細胞シ ステムの細胞構築と増殖機構の研究」, 三島,2010 年3 月30 日― 31日 2010 日本語
伊藤維昭,森博幸,塚畸智也,濡木理 Sed 莫透過装置の構造、機能および制御 九州大学 P&P 合同公開シンポジウム「生命活動を制御する高次複合体の構造と機能」2009 年12 月22 日-23 日、福岡 2009 日本語
田中夏子, 小林元, 堂前直, 鈴木健裕, 伊藤維昭, 秋山芳展, 森博幸 部位特異的 in vivo 光架橋実験法を用いたSecG 近接因子の同定 第6 回21 世紀大腸菌研究会, 静岡, 2009 年6 月11 日-12 日 2009 日本語
Tsukazaki, T ・, Mori, H ・, Fukai, S., Ishitani, R., Perederina, A ・ , Vassylyev, D. G. , Ito, K. and Nureki, 細菌型Sec トランスロコン腹合体の結晶構析 第46 回日本生物物理学会、福岡、2008 年12 月 3-5 日 2008 日本語
古沢宏幸, 森田 之, 三友秀之, 塚崎智也, 森博幸, 伊 昭, 岡畑恵 水晶発振子上での平二分子の構築とSec 系タンパクの固定化 第31 回日本分子生物学会年会、第81 回日本生化学会大会合同大会、神戸、2008 年12 月9-12 日 2008 日本語
武藤洋樹, 森博幸, 秋山芳展, 伊藤維昭 SecM の分泌は低温感受性の性 をもつ 大大学白研究所セミナー 「 白 の白 の と 抻入の分子メカニズムーその核心と 抻入の分子メカニズムーその核心にる」吹田 2008 年1 月24-25 日 2008 日本語
森田 之,古澤宏幸,塚崎智也,森博幸,伊 昭,岡畑恵 水晶発振子上でのSec 系 タンパク を導入した平面二分子膜の構築 日本化学会第88 春季年会、東京、2008 年3 月26-30 日 2008 日本語
三友秀之, 古澤宏幸, 塚畸智也, 森博幸, 伊藤維昭, 岡畑恵雄 水晶発振子を用いた膜タンパク質の機 能解析系の構築 第21 回生体機能関連部会, 題9 回バイオテクノロジー部会, 第9 回生命化学研究 会合同シンポジウム. 京大佳キャンパス,2006 2006 日本語
塚畸智也, 森博幸, 深井周也, 沼田倫征,A. Perederina, 安達宏昭, 松村浩由, 高野和文, 村上聡, 井 上豪, 森勇介, 佐々木孝友,D. Vassylyev, 濡木理, 伊藤維昭 高度好熱菌由来トランスロコン関連膜タンパク質SecDF の精製・結晶化ならびにX線回折 第6回日本蛋白質科学会年会. 要旨集P.40, 京都,2006 2006 日本語
村上亜希子,中戸川仁,武藤洋樹,森博幸,伊藤維昭 SecM によるSecA の翻訳と機能の調節 21世紀大腸菌研究会 「モデル生物大腸菌の統合的理解にむけて」 予稿集p.22. 6/23-24, 三重県志摩市, 2005 2005 日本語
伊藤維昭,森博幸,下畑宣行,秋山芳展 膜蛋白質の形成におけるトランスロコンの機能と機能不全感知システム 第28回日本分子生物学会年会 ワークショップ「タンパク質と脂質の オーケストレーションによる膜の形成」 要旨集 p. 112. 12.7-10, 福岡, 2005 2005 日本語
Ito K., Tsukazaki T., Mori H., Nureki O. Structure, function and regulation of bacterial Sec machinery. International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Symposium "Bacterial Protein Transport", September 6-10, Sapporo, Japan 2011 2011 英語
Yura T, Lim B, Gross C, Ito K, Mori H, Akiyama Y SRP-dependent targeting of sigma 32 to the membrane: A critical step for the chaperone-mediated feedback control in bacterial heat shock response. The 3rd International Symposium on Protein Community, Nara, September 13-16, 2010 2010 英語
Tsukazaki T, Mori H, Echizen Y, Ishitani R, Fukai S, Tanaka T, Perederina A, Vassylyev D G, Kohno H, Echizen Y, Ishitani R, Fukai S, Tanaka T, Perederina A, Vassylyev D G, Kohno T, Ito K, Nureki O Crystal structure of SecDF, a Sec translocon-associated membrane protein. The 3rd International Symposium on Protein Community, Nara, September 13-16, 2010 2010 英語
Mori H, Tsukazaki T, Nureki 0, Ito K, Akiyama Y A functionally important intramolecular interaction in SecA: involvement of hydrophobic amino acids in motif IV and anti-parallel beta sheet in translocase activation The 3rd International Symposium on Protein Community, Nara, September 13-16, 2010 2010 英語
Tsukazaki T, Mori H, Ito K, Nureki O Structural Analysis of Bacterial Sec Translocon machinery. Gordon Research Conferences on Protein Transport Across Cell Membranes, Galveston, U.S.A, March 7-12, 2010 2010 英語
Tsukazaki T., Mori H., Fukai S., Ishitani R., Mori T., Dohmae N., Perederina A., Sugita Y., Vassylyev D. G., Ito K., Nureki O. Crystal structure of T. thermophilus Sec translocon with an Fab fragment implies a translocation-initiating state of SecY. シンポジウム 「タンパク機発現システム - シャペロンからトランスロケーターまで」 第 回日本分子生物学会年会、第 回日本生化学会大会 合同大会 神戸 2008 年12月9-12 日 2008 英語
Mori H., Shimokawa N., Ito K. Site-specific crosslinking studies of in vivo SecY-SecA interactions. ASM-FEMS Conerence Protein Traffic in Prokaryotes. Abstract p. 53, May 6-10, 2006 2006 英語
Ito K., Nagamori S., Shimohata N., Mori H., Akiyama Y., Kaback H.R. SecY alterations that impair membrane protein folding and generate a membrane stress. ASM-FEMS Conerence Protein Traffic in Prokaryotes. Abstract p. 14, May 6-10, 2006 2006 英語
Mitomo H., Ishizu Y., Furusawa H., Tsukazaki T., Mori H., Ito K., Okahata Y. Preparation of supported lipid membrane for analyses of membrane proteins on a quartz-crystal microbalance (QCM) . 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Abstract p. 337, Jun 18-23, 2006 2006 英語
Ito K., Shimohata N., Nagamori S., Kaback H.R., Sakoh M., Chiba S., Mori H., Akiyama Y. Protein quality control devices in the Escherichia coli plasma membrane. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Symposium Quality Control of Proteins and Proteolysis, Abstract p. 75, Jun 18-23,2006 2006 英語
Tsukazaki T., Mori H., Peredrerina A., Vassylyev D. G., Fukai S., Nureki O., Ito K. Structural analysis of Thermus thermophilus protein translocation complexes. International Symposium on Life of Proteins. Maturation, Translocation and Quality Control in the Cell. 10.30-11.3, Awajisima, Hyogo, Japan, 2005 2005 英語
Ito K., Shimohata N., Nakatogawa H., Murakami A., Muto H., Akiyama Y., Tsukazaki T., Mori H. Coordinated functions of SecA-SecYEG protein translocation system. International Symposium on Life of Proteins. Maturation, Translocation and Quality Control in the Cell. 10.30-11.3, Awajisima, Hyogo, Japan, 2005 2005 英語
Mori H., Ito K. The long α-helix of SecA is important for the coupling of ATP hydrolysis \nwith protein translocation Gordon Research Conferences "Protein transport across cell membranes". June 15-17, New Hampshre, USA, 2005 2005 英語
Ito K., Shimohata N., Mori H., Kanehara K., Akiyama Y. Stress response devices in the E. coli plasma membrane and their ability to sense abnormality of integral membrane proteins. IUMS 2005. XI International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology. Symposium "Envelope Stress". Abstracts p. 214-215. July 23-28, San Francisco, California, USA, 2005 2005 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
森 博幸 新生鎖 VemP による V.SecDF2の発現制御を利用した Vibrio 菌の 環境適応 2014 年度遺伝研研究会「単細胞の増殖メカニズムの先端的研究」三島 2015/03 日本語
三登 一八、町田 裕紀子、塚崎 智也、伊藤 維昭、秋山 芳展、森 博幸 部位特異的 in vivo 光架橋法によるタンパク質膜透過促進因子SecDF の基質結合部位の探索 第10回 21世紀大腸菌研究会、伊豆 2013/06 日本語
森 博幸 ビブリオ菌SecDFパラログの発現制御機構 2012年度国立遺伝学研究所研究会「単細胞システムの構築とその維持機構の研究」、三島 2013/03 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Nascent chain-monitored remodeling of the Sec machinery for salinity adaptation of marine bacteria. [Invited] NASCENT CHAIN BIOLOGY 2016/09/01 英語
Environmental adaptation of marine Vibrio by nascent chain-mediated remodeling of protein export machinery. [Invited] 2016/06/27 英語
Nascent chain-monitored remodeling of the Sec machinery for salinity adaptation of marine bacteria. [Invited] BMB2015 2015/12/03 英語
タンパク質分泌を駆動する反復モーターの駆動原理. [招待あり] 第53回生物物理学会年会シンポジウム「生体マシナリーにおける力発生と進化の共通原理」 2015/09/14 日本語
Nascent chain-mediated regulation of a SecDF paralog optimizes sodium dependence of protein export for environmental adaptation of a marine-estuarine bacterium, Vibrio alginolyticus. [Invited] Kyushu-U and Stanford-U Joint Research and Education Program, First Symposium: From Genes to Human Diseases, Fukuoka, 2015/03/16 英語
[Invited] 2013/10/28 英語
ビブリオ菌のタンパク質分泌マシナリー:SecDFパラログの発現制御機構 [招待あり] 第85回日本生化学会大会シンポジウム「運動超分子マシナリーの機能メカニズム」 日本生化学会 2012/12/15 日本語
細菌の蛋白質膜透過装置の構造・機能・病原性との関わり. [招待あり] 第48回細菌学会中部支部会 (特別講演) , 名古屋, 2011年10月21日-22日 2011/10/21 日本語
蛋白質の分泌を促進する膜因子SecDFの構造と機能 [招待あり] 第84回日本生化学会大会シンポジウム「生体膜エネルギー変換装置の超分子科学」 日本生化学会 2011/09/21 日本語
プロトン駆動力を用いたSecDFによる蛋白質膜透過の昂進機構 [招待あり] 第11回日本蛋白質科学会年会ワークショップ「細胞膜ダイナミクス:In vitro再構成系によるアプローチ」 日本蛋白質科学会 2011/06/07 日本語
バクテリアのタンパク質膜透過装置の構造と機能 [招待あり] 第83回日本細菌学会総会ワークショップ「細菌のタンパク質分泌系」 日本細菌学会 2010/03/27 日本語
バクテリアのタンパク質膜透過装置の 構造と機能 [招待あり] 第82 回日本生化学会大会 シンポジウム「タンパク質膜透過装置の構造とダイナミックな機能」、神戸、2009 年10 月21 日-24 日 2009 日本語
SecA ATPase はどのようにtranslocon と相互作用し、タンパク を 動しているのか [招待あり] 「 蛋白質の膜内挿入の分子メカニズムーその核心に迫る」 阪大 蛋白質研究所セミナー 吹田 2008 年1 月24-25 日 2008/01/24 日本語
タンパク質膜透過装置の構造、機能、調節について [招待あり] 京都大学ウイルス研究所コロキウ ム「膜輸送研究の新展開」 2.14-15, 京都, 2005 2005/02/14 日本語
2つの反復モーターによるタンパク質膜透過駆動メカニズム 大阪大学蛋白質研究所セミナー第6回分子モーター研究の最前線 日本語
Structure, function and evolution of bacterial protein translocation machinery [Invited] 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会ワークショップ「進化からみたタンパク質社会」 日本分子生物学会・日本生化学会 2010/12/10 英語
Molecular mechanisms of SecA mediated protein translocation [Invited] 第47回日本生物物理学会年会 シンポジウム「蛋白質の膜透過輸送の最前線」 日本生物物理学会 2009/10/31 英語
Functional dissection of bacterial Sec translocation machinery. [Invited] International Symposium Innovative Nanoscience of Supermolecular Motor Proteins Working in Biomembranes',Kyoto, Japan, September 8-10,2009 2009/09/08 英語
How does SecA ATPase interact with translocon and drive protein translocation? [Invited] G-COE in Chemistry " Frontier of Organelle Dynamics and Protein Functions " March 11-13, Nagoya, Japan, 2008 2008/03/12 英語
How does SecA ATPase drive protein translocation? [Invited] The 14th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, November 14, 2007 Tokyo, Japan 2007 英語
Functional forms of SecA. [Invited] International Symposium "Milestones in the Life of Proteins" 16 March, Kyoto 2007 2007 英語
Structure, function and regulation of the protein translocation machine of E. coli. [Invited] Discussion on Theory and Simulation of Biomolecular Nano-machines. December 12-16, Kobe, Japan,2006 2006 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
細菌のタンパク質膜透過装置の構造と機能 [招待あり] 第4回細菌学若手コロッセウム 日本細菌学会 2010/08/26 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
蛋白質膜透過を促進する膜内在性因子SecDF の構造と機能 第84 回日本生化学会大会シンポジウム「生体膜エネルギー変換装置の超分子科学」, 京都 2011 年9 月21 日-24 日 2011 日本語
Functional dissection of bacterial protein translocation machinery 第86回日本細菌学会ワークショップ 「細胞構造研究の新展開」 特定領域研究「革新的ナノバイオ」 2009/09/08 日本語
Structure and function of SecDF, a membrane integrated protein translocation enhancing factor 第86回日本細菌学会ワークショップ 「細胞構造研究の新展開」 日本細菌学会 2013/03/19 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
森 博幸、塚崎智也 細菌のタンパク質分泌を促進する 膜タンパク質 SecDF の構造と機能 日本農芸化学会「化学と生物」 2013/01/01 日本語
森 博幸、塚崎智也 「立体構造解析からみえてきたSecA による蛋白質膜透過の分子メカニズム」蛋白質核酸酵素54, 685-695 共立出版 2009 日本語
Ito, K. and Mori, H. The Sec protein secretion system Caister Academic Press, Norfolk, UK. 2009 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 タンパク質膜透過におけるSecDFの機能とプロトン駆動力の役割 Roles of SecDF function and the proton motive force in protein translocation 2010/04/01〜2012/03/31
基盤研究(B) 代表 高度好熱菌SecA−SecYE複合体の立体構造解析 Structural study of SecA-SecYEG complex from Thermus thermophilus 2007/04/01〜2009/03/31
特定領域研究 代表 SecAに依存したタンパク質膜透過反応機構の解明 Study on mechanism of SecA mediated protein translocation 2009〜2010
挑戦的萌芽研究 代表 部位特異的in vivo光架橋実験によるSecトランスロコンの網羅的相互作用解析 Exhaustive interaction analyses of Sec translocon by site-directed in vivo photo-crosslinking 2009〜2010
日本学術振興会・挑戦的萌芽研究 代表 SRPを介した膜局在化による熱ショック転写因子シグマ32の分解機構 Degradation mechanisms of sigma 32 by membrane targeting via SRP pathway 2011/04/01〜2013/03/31
特定領域研究 代表 タンパク質膜透過システムの一分子計測 SIngle molecule analysis of protein translocation system 2007/04/01〜2009/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 タンパク質の分泌を駆動する反復モータの作動原理の解明 Study on molecular machanisms of repetitive motor proteins mediating protein translocation 2012〜2017/03/31
萌芽研究 代表 In vivo光架橋実験によるタンパク質膜透過装置の相互作用ネットワーク解析 Interaction network analyses of protein translocation machineray by in vivo photo-crosslinking 2007/06/28〜2008/03/31
若手研究(B) 代表 高度好熱菌SecYEタンパク質膜透過チャンネルの構造生物学的解析 Structural analysis of SecYE complex from Thermus thermophilus 2002/04/01〜2003/03/31
基盤研究(C) 代表 タンパク質膜透過装紙SecA-SecYE複合体の構造解析 Structural analysis of SecA-SecYE complex from Thermus thermophilus 2004/04/01〜2006/03/31
奨励研究(A) 代表 SecYEGチャンネルによる膜透過活性発現機構のアミノ酸残基レベルでの解析 Identification of essential amino acid residues in SecYEG channel for protein translocation 2000/04/01〜2002/03/31
奨励研究(A) 代表 分泌型タンパク質の膜透過効率を制御する新たな細胞因子 A novel cytoplasmic factor involved in stimulation of protein translocation 1998/04/01〜2000/03/31
基盤研究(B) 分担 膜内タンパク質切断による新規な細胞機能調節機構の研究 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 分担 大腸菌内膜ストレス応答機構の解析 Analysis of the membrane stress response in E. coli 2008/04/01〜2011/03/31
特定領域研究 分担 大腸菌膜タンパク質の機能発現と秩序維持機能 Quality control of E. coli membrane proteins 2007/04/01〜2012/03/31
特定領域研究 分担 膜を越えたタンパク質の動きを制御するシステム Cellular systems that control protein dynamism across the membrane 2002/04/01〜2007/03/31
奨励研究(A) 代表 分泌型タンパク質の膜内移動の分子機構 Molecular mechanisms of protien translocation across the cytoplasmic membrane 1996/04/01〜1997/03/31
奨励研究(A) 代表 膜透過反応における分泌型タンパク質とSecAとの相互作用の分子機構 Molecular mechanisms of SecA-secretory proteins interactions during protein translocation 1995/04/01〜1996/03/31
重点領域研究 代表 分子シャペロンとしてのSecAの機能 SecA function as molecular chaperone 1995/04/01〜1996/03/31
奨励研究(A) 代表 分泌型蛋白質の膜内移動の分子機構 Molecular mechanisms of protien translocation across the cytoplasmic membrane 1994/04/01〜1995/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 タンパク質の分泌を駆動する反復モータの作動原理の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 タンパク質の分泌を駆動する反復モータの作動原理の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域 代表 新生鎖VemPの翻訳伸長停止/解除機構の解明 Elucidation of molecular mechanisms of elongation arrest and restart of VemP trasnlation 2017/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究 代表 膜タンパク質複合体の成熟化過程をin vivo活写する In vivo describing vividly maturation processes of membrane proteins 2017/04/01〜2019/03/31
基盤研究(C) 代表 プロトン駆動力を用いたSecDFによるタンパク質膜透過促進機構の解明 Elucidation of facilitation of protein translocation driven by SecDF using proton motive forve 2017/04/01〜2020/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
上原記念生命科学財団研究助成金 森 博幸 SecD/Fパラログの 生理機能の解明 Physiological functions of SecD/F paralogs 2011/04/01〜2012/03/31
野田産業科学研究所研究助成 森 博幸 膜タンパク質複合体SecDFによるタンパク質分泌促進機構 Molecular mechanisms of SecDF mediated protein export stimulation 2012/04/01〜2013/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生物化学III 後期 理学部 2011/04〜2012/03
生物化学演習 後期 理学部 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2012/04〜2013/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2012/04〜2013/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生体分子動態論 Dynamic aspects of proteins in the cell 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学ゼミナールIIA Seminar on Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学ゼミナールIIB Seminar on Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学ゼミナールIIC Seminar on Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学ゼミナールIID Seminar on Biochemistry IID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学演習IIA Advanced Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学演習IIB Advanced Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学演習IIC Advanced Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物化学演習IID Advanced Biochemistry IID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生物化学ゼミナールIIA Seminar on Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学ゼミナールIIB Seminar on Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学ゼミナールIIC Seminar on Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学ゼミナールIID Seminar on Biochemistry IID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学演習IIA Advanced Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学演習IIB Advanced Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学演習IIC Advanced Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学演習IID Advanced Biochemistry IID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生体分子動態論 Dynamic aspects of proteins in the cell 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2016/04〜2017/03
生物化学ゼミナールIIA Seminar on Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学ゼミナールIIB Seminar on Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学ゼミナールIIC Seminar on Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学ゼミナールIID Seminar on Biochemistry IID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学演習IIA Advanced Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学演習IIB Advanced Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学演習IIC Advanced Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学演習IID Advanced Biochemistry IID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
生物化学III Biochemistry III 後期 理学部 2017/04〜2018/03
生物化学ゼミナールIIA Seminar on Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学ゼミナールIIB Seminar on Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学ゼミナールIIC Seminar on Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学ゼミナールIID Seminar on Biochemistry IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学演習IIA Advanced Biochemistry IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学演習IIB Advanced Biochemistry IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学演習IIC Advanced Biochemistry IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学演習IID Advanced Biochemistry IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学演習 Exercises in Biochemistry 後期 理学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
化学物質専門委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
化学物質管理委員会 委員長 2011/04/01〜2013/03/31
自己点検・評価委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
動物実験委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
霊長類小委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
安全衛生委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
動物実験委員会 委員 2014/04/01〜2018/03/31
共同利用機器等委員会 2016/04/01〜2017/03/31
ウイルス動物実験専門委員会 委員 2016/10/01〜
(旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員 2016/10/01〜