木村 泰久

最終更新日時:2013/06/13 16:42:14

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
木村 泰久/キムラ ヤスヒサ/Yasuhisa Kimura
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻応用生化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 京都大学農学研究科 606-8502 Kitashirakawa-Oiwakecho Sakyo-ku Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6469
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本生化学会 JBS
分子生物学会 MBSJ
農芸化学会 JSBBA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻博士後期課程 研究指導認定退学
京都大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻修士課程 修了
京都大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻博士後期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部生物機能科学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2007年1月 京都大学 大学院農学研究科助教 2007.1 Assistant professor of faculty of agriculture Kyoto-university
2006年4月 京都大学薬学研究科 研究員(COE) 2006.4 Researcher in faculty of pharmacy
2005年4月 理化学研究所播磨研究所 連携研究員  2005.4 Researcher in RIKEN
2003年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
プロフィール
(日本語)
学位取得後、大型放射光施設にて研究員。2007年1月より現職。膜タンパク質の発現精製、構造解析研究を行っている。
(英語)
研究テーマ
(日本語)
構造生物学的手法によるヒトABCタンパク質の機能解明
(英語)
研究概要
(日本語)
人には49種類のABCタンパク質があり、癌の多剤耐性やインスリンの分泌など重要な生理機能に関与している。ABCタンパク質は巨大な膜タンパク質であり単離解析が困難であることから特に生化学、構造生物学的側面からの研究が立ち遅れている。本研究ではタンパク質発現系などの基盤技術の開発を行うと共に構造生物学的手法による機能解明を目指す。
(英語)
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生化学
ABCタンパク質
構造生物学
哺乳類細胞発現系
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用生物化学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
木村 泰久 ATP hydrolysis-dependent multidrug efflux transporter: MDR1/P-glycoprotein(共著) Current Drug Metabolism,Volume 5, Issue 1, February 2004, Pages 1-10 2004 英語
木村 泰久 Microanalysis for MDR1 ATPase by high-performance liquid chromatography with a titanium dioxide column(共著) ANALYTICAL BIOCHEMISTRY,巻: 326 号: 2 ページ: 262-266 2004 英語
木村 泰久 ABC proteins: Key molecules for lipid homeostasis Medical Molecular Morphology,Volume 38, Issue 1, 2005, Pages 2-12 2005 英語
木村 泰久 KATP channel interaction with adenine nucleotides(共著) Journal of Molecular and Cellular Cardiology,Volume 38, Issue 6, June 2005, Pages 907-916 2005 英語
木村 泰久 A T3587G germ-line mutation of the MDR1 gene encodes a nonfunctional P-glycoprotein(共著) MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS,巻: 5 号: 4 ページ: 877-884 2006 英語
木村 泰久 Purification and ATPase activity of human ABCA1(共著) Journal of Biological Chemistry,Volume 281, Issue 16, 21 April 2006, Pages 10760-10768 2006 英語
木村 泰久 Cholesterol fill-in model: mechanism for substrate recognition by ABC proteins(共著) JOURNAL OF BIOENERGETICS AND BIOMEMBRANES,巻: 39 号: 5-6 ページ: 447-452 2007 英語
木村 泰久 Mechanism of multidrug recognition by MDR1/ABCB1(共著) CANCER SCIENCE,巻: 98 号: 9 ページ: 1303-1310 2007 英語
木村 泰久 Modulation of drug-stimulated ATPase activity of human MDR1/P-glycoprotein by cholesterol(共著) BIOCHEMICAL JOURNAL,巻: 401 ページ: 597-605 部: Part 2 2007 英語
木村 泰久 Formation of two intramolecular disulfide bonds is necessary for apoA-I-dependent cholesterol efflux mediated by ABCA1 Journal of Biological Chemistry,Volume 284, Issue 17, 24 April 2009, Pages 11293-11300 2009 英語
木村 泰久 Sodium taurocholate-dependent lipid efflux by ABCA1: Effects of W590S mutation on lipid translocation and apolipoprotein A-I dissociation Journal of Lipid Research,Volume 50, Issue 6, June 2009, Pages 1165-1172 2009 英語
木村 泰久 Deleting two C-terminal α-helices is effective to crystallize the bacterial ABC transporter Escherichia coli MsbA complexed with AMP-PNP (共著) Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography,Volume 66, Issue 3, 12 February 2010, Pages 319-323 2010 英語
Terakado, K., Kodan, A., Nakano, N., Kimura, Y., Ueda, K., Nakatsu, T., and Kato, H. Deleting two C-terminal alpha-helices is effective to crystallize the bacterial ABC transporter Escherichia coli MsbA complexed with AMP-PNP Acta Cryst. D66: 319-323 2010 有り 英語
Kohjiro Nagao, Yasuhisa Kimura, Michinori Mastuo, Kazumitsu Ueda Lipid outward translocation by ABC proteins FEBS Lett. 584: 2717-2723 2010 無し 英語
Sato, T., Kodan, A., Kimura, Y., Ueda, K., Nakatsu, T. and Kato, H. Functional role of the linker region in purified human P-glycoprotein FEBS Lett. 276: 3504-3516 2009 有り 英語
Hozoji, M., Kimura, Y., Kioka, N. and Ueda, K. Formation of two intramolecular disulfide bonds is necessary for apoA-I-dependent cholesterol efflux mediated by ABCA1 J. Biol. Chem. 284: 11293-11300 2009 有り 英語
Nagao, K. Zhao, Y., Takahashi, K., Kimura, Y., and Ueda, K. Sodium taurocholate-dependent lipid efflux by ABCA1-Effects of W590S mutation on lipid translocation and apoA-I dissociation J. Lipid Res. 50: 1165-1172 2009 有り 英語
木村泰久、植田和光 ABCタンパク質の機能と輸送メカニズム 薬物トランスポーター活用ライブラリー(乾 賢一編) 羊土社  122-130 2009 無し 日本語
木村泰久 ATP加水分解に依存したABCA1の細胞外領域の構造変化 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
木村泰久 脂質代謝とABCトランスポーター 第130回薬学会130年会記念型シンポジウム トランスポーター:異物解毒と栄養素供給・利用との境界 2010 日本語
木村泰久 ABCA1によるHDL形成における4つのステップ 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Yasuhisa Kimura Large scale production and purification of ATP-sensitive potassium channels in cultured human cells 3rd FEBS special meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases”, 2010 英語
Yasuhisa Kimura Large scale production and purification of KATP channel in mammalian cells The fourth iCeMS International Symposium“Integrated Physical/Chemical Biology of the Cell: from Genes to Membrane Systems” 2009 英語
Yasuhisa Kimura Functional role of the linker region in purified human P-glycoprotein タケダシンポジウム 2009 英語
Yasuhisa Kimura Sodium taurocholate-dependent lipid efflux by ABCA1~ Four-step model for HDL formation ~ タケダシンポジウム 2009 英語
Yasuhisa Kimura Mechanism of multidrug recognition by MDR1 - cholesterol fill-in model 2nd FEBS Special Meeting on ABC Proteins, ABC2008 2008 英語
Yasuhisa Kimura Mechanism of multidrug recognition by MDR1 - cholesterol fill-in model The First iCeMS International Symposium, The Eleventh MEMBRANE RESEARCH FORUM 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
木村泰久 キメラタンパク質を用いたヒトMDR1(ABCB1)およびMDR3(ABCB4)の基質認識機構の解析 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
木村泰久 KATPチャネル複合体の精製および単粒子構造解析 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
木村泰久 ヒト浮遊培養細胞を用いたヒトMDR3の大量発現および精製 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
木村泰久 核内受容体Liver X receptor の精製系の構築 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
木村泰久 多剤排出ポンプMDR1の胆汁酸輸送活性の検討 BMB2010 2010 日本語
Yasuhisa Kimura Structural study of ATP-sensitive potassium channel using the electron microscopy. BMB2010 2010 英語
木村泰久 ヒト培養細胞を用いたヒトABCG1の大量培養および高純度精製 日本農芸化学会 2010年度(平成22年度)大会 2010 日本語
Yasuhisa Kimura Large scale production and purification of ATP-sensitive potassium channels in cultured human cells 日本農芸化学会2010年度大会 2010 英語
木村泰久 コレステロール恒常性に関与するABCA1の分子内ジスルフィド結合の解析 第82回日本生化学会 2009 日本語
木村泰久 単粒子解析法を用いたATP感受性カリウムチャネルの構造研究 第82回 日本生化学会大会 2009 日本語
木村泰久 コレステロールトランスポーターABCG1がラフト構造とアミロイド産生に与える影響 第82回 日本生化学会大会 2009 日本語
木村泰久 ヒトABCG1の大量培養・精製系の構築 第82回日本生化学会大会 2009 日本語
木村泰久 ヒト培養細胞を用いたATP感受性カリウムチャネルの大量発現・精製手法の開発 第82回 日本生化学会大会 2009 日本語
木村泰久 ヒトABCG1の大量培養系の構築・安定化条件の探索 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
木村泰久 P-糖タンパク質とGramicidin S類縁体との相互作用 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
木村泰久 コレステロール恒常性に関与するABCA1の分子内ジスルフィド結合の解析 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
木村泰久 ヒト培養細胞を用いたATP感受性カリウムチャネル複合体の大量生産、高純度精製 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
木村泰久 多剤排出トランスポーターP糖タンパク質のリンカー領域の薬物輸送における役割 日本薬学会 第129回年会 2009 日本語
木村泰久 ABCA1によるHDL形成における3つの独立したステップ 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2009) 2008 日本語
木村泰久 ABCA1によるHDL形成における3つの独立したステップ BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会) 2008 日本語
木村泰久 ヒト培養細胞を用いたヒトABCトランスポーターの大量発現系の構築および精製条件スクリーニング手法の開発 BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会) 2008 日本語
木村泰久 WAVE2はPKAホロ酵素と複合体を形成する 第31回 日本分子生物学会年会・第81回 日本生化学会大会 合同大会 2008 日本語
木村泰久 ヒト培養細胞を用いたヒトABCタンパク質の大量発現・精製手法の構築 日本農芸化学会関西支部大会 2008 日本語
木村泰久 薬物排出に関わるP-糖タンパク質の基質認識機-さまざまな農薬の構造とATPase活性との関係-構 日本農薬学会第33回大会 2008 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
招待講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ヒト多剤トランスポーター(MDR1)の基質認識におけるコレステロールの寄与:コレステロール充填モデル 第5回トランスポーター研究会年会 2010 日本語
特許
権利者名 番号 タイトル 審査の段階 年月
2006-304726 ABCトランスポーター基質の判定法
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 電子線単粒子解析によるスルフォニル尿素剤受容体の制御機構解明
若手研究(B) 代表 HDL形成に関与するABCタンパク質の機能解析 2012〜2013
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 複合体解析によるKATPチャネル制御機構解明 2013〜2014
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
分子生物学実験 後期 農学部 2011/04〜2012/03
細胞生化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
細胞生化学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
分子生物学実験 Laboratory Course in Molecular Biology 後期 農学部 2012/04〜2013/03
分子生物学実験 Laboratory Course in Molecular Biology 後期 農学部 2013/04〜2014/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
分子生物学実験 Laboratory Course in Molecular Biology 後期 農学部 2014/04〜2015/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
分子生物学実験 Laboratory Course in Molecular Biology 後期 農学部 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻実験1 Experimental Course of Cellular Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻演習1 Cellular Biochemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
体育会山岳部 Kyoto University Alpine Club