篠原 美都

最終更新日時: 2019/06/22 09:32:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
篠原 美都/シノハラ ミト/Shinohara, Mito
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻遺伝医学講座分子遺伝学/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1998-2000 ペンシルバニア大学ボスドク
2001 京大 拠点研究ボスドク
2002-現在 学術振興会特別研究員 2002-2003 学術振興会と区別研究員
2003/10/01〜2007/03/31 先端領域融合医学研究機構 科学技術振興助手
2007/04/01〜 医学研究科 分子遺伝学分野 助教
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008427
研究テーマ
(日本語)
精子形成に関わる幹細胞の増殖と分化のメカニズムの解明、精子幹細胞を用いた遺伝子改変個体作成法の開発
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Shinohara T. Sendai virus-mediated transduction of mammalian spermatogonial stem cells. Sendai virus-mediated transduction of mammalian spermatogonial stem cells. Sendai virus-mediated transduction of mammalian spermatogonial stem cells. Biol. Reprod., 100, 2, 523-534 Biol. Reprod., 100, 2, 523-534 Biol. Reprod., 100, 2, 523-534 2019/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara, M., Morimoto H., Watanabe S., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara, M., Morimoto H., Watanabe S., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara, M., Morimoto H., Watanabe S., Shinohara T. Reversible inhibition of the blood-testis barrier protein improves stem cell homing in mouse testes. Reversible inhibition of the blood-testis barrier protein improves stem cell homing in mouse testes. Reversible inhibition of the blood-testis barrier protein improves stem cell homing in mouse testes. J. Reprod. Dev., 64, 6, 511-522 J. Reprod. Dev., 64, 6, 511-522 J. Reprod. Dev., 64, 6, 511-522 2018/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara, M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. In vivo genetic manipulateon of spermatogonial stem cells and their microenvironment by adeno-associated viruses. In vivo genetic manipulateon of spermatogonial stem cells and their microenvironment by adeno-associated viruses. In vivo genetic manipulateon of spermatogonial stem cells and their microenvironment by adeno-associated viruses. Stem Cell Reports, 18, 30132-30132 Stem Cell Reports, 18, 30132-30132 Stem Cell Reports, 18, 30132-30132 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Watanabe S., Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. Watanabe S., Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Matoba S., Ogura A., *Shinohara T. Adeno-associated virus-mediated delivery of genes to mouse spermatogonial stem cells. Adeno-associated virus-mediated delivery of genes to mouse spermatogonial stem cells. Adeno-associated virus-mediated delivery of genes to mouse spermatogonial stem cells. Biol. Reprod., 96, 1, 221-231 Biol. Reprod., 96, 1, 221-231 Biol. Reprod., 96, 1, 221-231 2017/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shinohara T., Kazuki K., Ogonuki N., Morimoto H., Matoba S., Hiramatsu K., Honma K., Suzuki T., Hara T., Ogura A., Oshimura M., * Kanatsu-Shinohara M., *Kazuki Y. Shinohara T., Kazuki K., Ogonuki N., Morimoto H., Matoba S., Hiramatsu K., Honma K., Suzuki T., Hara T., Ogura A., Oshimura M., * Kanatsu-Shinohara M., *Kazuki Y. Shinohara T., Kazuki K., Ogonuki N., Morimoto H., Matoba S., Hiramatsu K., Honma K., Suzuki T., Hara T., Ogura A., Oshimura M., * Kanatsu-Shinohara M., *Kazuki Y. Transfer of a mouse artificial chromosome into spermatogonial stem cell generates transchromosomic mice. Transfer of a mouse artificial chromosome into spermatogonial stem cell generates transchromosomic mice. Transfer of a mouse artificial chromosome into spermatogonial stem cell generates transchromosomic mice. Stem Cell Reports, 9, 4, 1180-1191 Stem Cell Reports, 9, 4, 1180-1191 Stem Cell Reports, 9, 4, 1180-1191 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
*Kanatsu-Shinohara, M., Naoki, N., and Shinohara, T. *Kanatsu-Shinohara, M., Naoki, N., and Shinohara, T. *Kanatsu-Shinohara, M., Naoki, N., and Shinohara, T. Nonrandom contribution of left and right testes to germline transmission from mouse spermatogonial stem cells. Nonrandom contribution of left and right testes to germline transmission from mouse spermatogonial stem cells. Nonrandom contribution of left and right testes to germline transmission from mouse spermatogonial stem cells. Biol. Reprod., 92, 6, 902-910 Biol. Reprod., 92, 6, 902-910 Biol. Reprod., 92, 6, 902-910 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Naoki H., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Naoki H., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Naoki H., Shinohara T. Nonrandom germline transmission of mouse spermatogonial stem cells. Nonrandom germline transmission of mouse spermatogonial stem cells. Nonrandom germline transmission of mouse spermatogonial stem cells. Dev Cell, 38, 3, 248-261 Dev Cell, 38, 3, 248-261 Dev Cell, 38, 3, 248-261 2016/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., ✝Tanaka T., Ogonuki N., Ogura A., Morimoto H., Cheng PF., Eisenman RN., Trumpp A., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., ✝Tanaka T., Ogonuki N., Ogura A., Morimoto H., Cheng PF., Eisenman RN., Trumpp A., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., ✝Tanaka T., Ogonuki N., Ogura A., Morimoto H., Cheng PF., Eisenman RN., Trumpp A., *Shinohara T. Myc/Mycn-mediated glycolysis enhances mouse spermatogonial stem cell self-renewal. Myc/Mycn-mediated glycolysis enhances mouse spermatogonial stem cell self-renewal. Myc/Mycn-mediated glycolysis enhances mouse spermatogonial stem cell self-renewal. Genes Dev., 30, 23, 2637-2648 Genes Dev., 30, 23, 2637-2648 Genes Dev., 30, 23, 2637-2648 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tanaka T., Kanatsu-Shinohara M., Lei Z., Rao CV., *Shinohara T. Tanaka T., Kanatsu-Shinohara M., Lei Z., Rao CV., *Shinohara T. Tanaka T., Kanatsu-Shinohara M., Lei Z., Rao CV., *Shinohara T. The luteinizing hormone-testosterone pathway regulates mouse spermatogonial stem cell self-renewal by suppressing WNT5A expression in Sertoli cells. The luteinizing hormone-testosterone pathway regulates mouse spermatogonial stem cell self-renewal by suppressing WNT5A expression in Sertoli cells. The luteinizing hormone-testosterone pathway regulates mouse spermatogonial stem cell self-renewal by suppressing WNT5A expression in Sertoli cells. Stem Cell Reports, 7, 2, 279-291 Stem Cell Reports, 7, 2, 279-291 Stem Cell Reports, 7, 2, 279-291 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Fertility of male germline stem cells following spermatogonial transplantation in infertile mouse models. Fertility of male germline stem cells following spermatogonial transplantation in infertile mouse models. Fertility of male germline stem cells following spermatogonial transplantation in infertile mouse models. Biol Reprod., 94, 5, 112 Biol Reprod., 94, 5, 112 Biol Reprod., 94, 5, 112 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Morimoto H., *Shinohara T. Enrichment of mouse spermatogonial stem cells by the stem cell dye CDy1. Enrichment of mouse spermatogonial stem cells by the stem cell dye CDy1. Enrichment of mouse spermatogonial stem cells by the stem cell dye CDy1. Biol Reprod., 94, 1, 13 Biol Reprod., 94, 1, 13 Biol Reprod., 94, 1, 13 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Kato-Itoh M., Ikawa M., Takehashi M., Sanbo M., Morioka Y., Tanaka T., Morimoto H., Hirabayashi M., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Kato-Itoh M., Ikawa M., Takehashi M., Sanbo M., Morioka Y., Tanaka T., Morimoto H., Hirabayashi M., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Kato-Itoh M., Ikawa M., Takehashi M., Sanbo M., Morioka Y., Tanaka T., Morimoto H., Hirabayashi M., Shinohara T. Homologous recombination in rat germline stem cells. Biol. Reprod. In press Homologous recombination in rat germline stem cells. Biol. Reprod. In press Homologous recombination in rat germline stem cells. Biol. Reprod. In press Biol. Reprod., 85, 1, 208-217 Biol. Reprod., 85, 1, 208-217 Biol. Reprod., 85, 1, 208-217 2011 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shinohara T., Ishii K., Kanatsu-Shinohara M. Shinohara T., Ishii K., Kanatsu-Shinohara M. Shinohara T., Ishii K., Kanatsu-Shinohara M. Unstable side population phenotype of mouse spermatogonial stem cells in vitro. J. Reprod. Dev. 2011 Jan 6. PMID:21224526 Unstable side population phenotype of mouse spermatogonial stem cells in vitro. J. Reprod. Dev. 2011 Jan 6. PMID:21224526 Unstable side population phenotype of mouse spermatogonial stem cells in vitro. J. Reprod. Dev. 2011 Jan 6. PMID:21224526 2011 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Inoue K., Ogonuki N., Morimoto H., Ogura A., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Inoue K., Ogonuki N., Morimoto H., Ogura A., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Inoue K., Ogonuki N., Morimoto H., Ogura A., Shinohara T. Serum- and feeder-free culture of mouse germline stem cells. Biol. Reprod. 2011; 84(1):97-105 Serum- and feeder-free culture of mouse germline stem cells. Biol. Reprod. 2011; 84(1):97-105 Serum- and feeder-free culture of mouse germline stem cells. Biol. Reprod. 2011; 84(1):97-105 2011 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Germline modification using mouse spermatogonial stem cells. Methods Enzymol. 2010; 477:17-36 Germline modification using mouse spermatogonial stem cells. Methods Enzymol. 2010; 477:17-36 Germline modification using mouse spermatogonial stem cells. Methods Enzymol. 2010; 477:17-36 2010 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Takashima S., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Takashima S., Shinohara T. Transmission distortion by loss of p21 or p27 cyclin-dependent kinase inhibitors following competitive spermatogonial transplantation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107(14):6210-5 (2010) Transmission distortion by loss of p21 or p27 cyclin-dependent kinase inhibitors following competitive spermatogonial transplantation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107(14):6210-5 (2010) 2010 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takehashi M., Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Takehashi M., Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Takehashi M., Kanatsu-Shinohara M., Shinohara T. Generation of genetically modified animals using spermatogonial stem cells. Dev.Growth Differ.52(3):303-10 (2010) Generation of genetically modified animals using spermatogonial stem cells. Dev.Growth Differ.52(3):303-10 (2010) Generation of genetically modified animals using spermatogonial stem cells. Dev.Growth Differ.52(3):303-10 (2010) 2010 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Miki H., Inoue K., Morimoto H., Takashima S., Ogura A., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Miki H., Inoue K., Morimoto H., Takashima S., Ogura A., Shinohara T. Kanatsu-Shinohara M., Ogonuki N., Miki H., Inoue K., Morimoto H., Takashima S., Ogura A., Shinohara T. Genetic influences in mouse spermatogonial stem cell self-renewal. J.Reprod.Dev.56(1):145-153 (2010) Genetic influences in mouse spermatogonial stem cell self-renewal. J.Reprod.Dev.56(1):145-153 (2010) Genetic influences in mouse spermatogonial stem cell self-renewal. J.Reprod.Dev.56(1):145-153 (2010) 2010 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Morimoto H., Kanatsu-Shionohara M., Takashima S., Chuma S., Nakatsuji N., Shinohara T. Morimoto H., Kanatsu-Shionohara M., Takashima S., Chuma S., Nakatsuji N., Shinohara T. Morimoto H., Kanatsu-Shionohara M., Takashima S., Chuma S., Nakatsuji N., Shinohara T. Phenotypic plasticity of mouse spermatogonial stem cells. PLoS One 2009 Nov 19;4(11):e7909 Phenotypic plasticity of mouse spermatogonial stem cells. PLoS One 2009 Nov 19;4(11):e7909 Phenotypic plasticity of mouse spermatogonial stem cells. PLoS One 2009 Nov 19;4(11):e7909 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
長期培養における精子幹細胞の老化 長期培養における精子幹細胞の老化 第1回AMED-CREST機能低下・睡眠グループ分科会 第1回AMED-CREST機能低下・睡眠グループ分科会 2018/12/13 口頭発表(一般) 公開
精子を作る幹細胞とその操作技術 精子を作る幹細胞とその操作技術 日本女性科学者の会 60周年記念シンポジウム 日本女性科学者の会 60周年記念シンポジウム 2018/11/03 日本語 ポスター発表 公開
精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 新学術領域「幹細胞老化と疾患」第5回領域会議 新学術領域「幹細胞老化と疾患」第5回領域会議 2018/06/01 口頭発表(一般) 公開
精子幹細胞の自己複製と維持のメカニズムの解明[招待あり] 精子幹細胞の自己複製と維持のメカニズムの解明 [招待あり] 第23回日本女性科学者の会奨励賞 受賞記念講演 第23回日本女性科学者の会奨励賞 受賞記念講演 2018/05/27 口頭発表(招待・特別) 公開
精子幹細胞の寿命制御とアンチエイジング機構[招待あり] 精子幹細胞の寿命制御とアンチエイジング機構 [招待あり] 第7回細胞再生医療研究会 第7回細胞再生医療研究会 2017/08/19 口頭発表(招待・特別) 公開
精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 新学術領域「幹細胞老化と疾患」第4回領域会議 新学術領域「幹細胞老化と疾患」第4回領域会議 2017/06/28 日本語 口頭発表(一般) 公開
精子幹細胞の寿命と精子形成への寄与の動態解明[招待あり] 精子幹細胞の寿命と精子形成への寄与の動態解明 [招待あり] 生命動態システム科学四拠点 合同シンポジウム 生命動態システム科学四拠点 合同シンポジウム 2017/03/18 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
H19-22年度 科学研究費補助金 若手研究(A) (研究代表者) 代表 「精子幹細胞の自己複製機構の解明」
H20-21年度 科学研究費補助金 特定領域研究 (研究代表者) 代表 「精子幹細胞を用いた神経疾患モデルラット作成技術の開発」 
H20-21年度 科学研究費補助金 特定領域研究 (研究代表者)  代表 「精子幹細胞のニッシェ構成分子の機能的同定」 
H20-21年度 科学研究費補助金 特定領域研究 (研究代表者) 代表 「精子幹細胞の発がんの分子機構の解明」
H20-21年度 科学研究費補助金 特定領域研究 (研究代表者) 代表 「精子幹細胞の細胞周期の調節機構の解明」 
H21-22年度 科学研究費補助金 新学術領域研究 (研究代表者) 代表 「マウス精子幹細胞ニッシェ制御におけるG蛋白質分子の役割の解明析」
H21-22年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 (研究代表者)  代表 「世代を超えて伝達するエピジェネティック異常のモデル動物の作成」
H21-23年度 厚生労働科学研究費補助金 創薬基盤推進研究事業 (研究代表者) 代表 「精子幹細胞を用いた創薬モデルラットの作成技術の開発」
H22-23年度 科学研究費補助金 特定領域研究 (研究代表者) 代表 「精子幹細胞の寿命制御における細胞周期調節分子の役割の解明」
生殖生物学 2002〜2005
若手研究(A) 精子幹細胞の自己複製機構の解明 2007〜2010
特定領域研究 精子幹細胞のニッシェ構成分子の機能的同定 2008〜2009
特定領域研究 精子幹細胞を用いた神経疾患モデルラット作成技術の開発 2008〜2009
特定領域研究 精子幹細胞の発がんの分子機構の解明 2008〜2009
特定領域研究 精子幹細胞の細胞周期の調節機構の解明 2008〜2009
挑戦的萌芽研究 世代を超えて伝達するエピジェネティック異常のモデル動物の作成 2009〜2010
新学術領域研究(研究領域提案型) マウス精子幹細胞ニッシェにおけるG蛋白質分子の役割の解明 2009〜2010
特定領域研究 精子幹細胞の寿命制御における細胞周期調節分子の役割の解明 2010〜2011
挑戦的萌芽研究 代表 Leydig幹細胞の長期培養系の確立 2013〜2014
基盤研究(B) 代表 精子幹細胞の自己複製制御におけるCDK inhibitorの役割の解明 2013〜2015
基盤研究(B) 代表 精子幹細胞の自己複製制御におけるCDK inhibitorの役割の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 精子幹細胞の自己複製制御におけるCDK inhibitorの役割の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 長期培養系を用いた精子幹細胞の老化メカニズムの解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 Leydig幹細胞の試験管内増幅技術の確立 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 Leydig幹細胞の試験管内増幅技術の確立 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 精子幹細胞の自己複製制御におけるCDK inhibitorの役割の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 長期培養系を用いた精子幹細胞の老化メカニズムの解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 Leydig幹細胞の試験管内増幅技術の確立 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 ヒト精子幹細胞の長期培養系の確立 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
最先端・次世代研究開発支援プログラム 篠原 美都 ホーミングにおける精子幹細胞の動態の分子的解析 2010〜2013
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員
エネルギー対策委員
RI管理係
医学図書館図書連絡委員 2013/04/01〜2019/03/31
医学研究科等安全衛生委員会 2013/04/01〜2019/03/31
動物実験施設運営委員会 2014/04/01〜2016/03/31